EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

足立 浩平

Adachi Kouhei

人間科学研究科 人間科学専攻,教授

keyword Multivariate Analysis,Matrix Decomposition,Computational Statistics,Psychometrics,多変量解析,行列分解,計算機統計学,心理統計学

研究内容・専門分野

  • 情報通信,統計科学

所属学会

  • International Statistical Institute (Elected Member)
  • Psychometric Society
  • 日本計算機統計学会
  • 日本統計学会
  • 日本分類学会
  • 日本心理学会
  • 日本行動計量学会

論文

  • 行列分解に基づく因子分析の新展開,足立浩平,伊藤真道,宇野光平,計算機統計学,Vol. 32,No. 1,p. 61-77,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Permutimin: Factor Rotation to Simple Structure with Permutation of Variables,Yamashita, Naoto,Adachi, Kohei,Multivariate Behavioral Research,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 55,No. 1,p. 17-29,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Factor Analysis: Latent Variable, Matrix Decomposition, and Constrained Uniqueness Formulations,Kohei Adachi,WIREs Computational Statistcs,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Clustered Common Factor Exploration in Factor Analysis,Kohei Uno,Kohei Adachi,Nickolay,T. Trendafilov,Psychometrika,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Modified k-Means Clustering Procedure for Obtaining a Cardinality-Constrained Centroid Matrix,Naoto Yamashita,Kohei Adachi,Journal of Classification,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Some inequalities contrasting principal component and factor analyses solutions,Kohei Adachi,Nickolay T. Trendafilov,Japanese Journal of Statistics and Data Science,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Some Mathematical Properties of the Matrix Decomposition Solution in Factor Analysis,Kohei Adachi,Nickolay T. Trendafilov,Psychometrika,Springer New York LLC,Vol. 83,No. 2,p. 407-424,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • SPARK: A new clustering algorithm for obtaining sparse and interpretable centroids,Naoto Yamashita,Kohei Adachi,Springer Proceedings in Mathematics and Statistics,Vol. 233,p. 407-416,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sparse Exploratory Factor Analysis,Nickolay T. Trendafilov,Sara Fontanella,Kohei Adachi,PSYCHOMETRIKA,SPRINGER,Vol. 82,No. 3,p. 778-794,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Sparsest factor analysis for clustering variables: a matrix decomposition approach,Kohei Adachi,Nickolay T. Trendafilov,Advances in Data Analysis and Classification,Springer Verlag,Vol. 12,No. 3,p. 1-27,2017年04月13日,研究論文(学術雑誌)
  • Sparse principal component analysis subject to prespecified cardinality of loadings,Kohei Adachi,Nickolay T. Trendafilov,COMPUTATIONAL STATISTICS,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 31,No. 4,p. 1403-1427,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Sparse Tucker2 analysis of three-way data subject to a constrained number of zero elements in a core array,Hiroki Ikemoto,Kohei Adachi,Computational Statistics & Data Analysis,Elsevier BV,Vol. 98,p. 1-18,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Fixed factor analysis with clustered factor score constraint,Kohei Uno,Hironori Satomura,Kohei Adachi,COMPUTATIONAL STATISTICS & DATA ANALYSIS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 94,p. 265-274,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Sparse Versus Simple Structure Loadings,Nickolay T. Trendafilov,Kohei Adachi,PSYCHOMETRIKA,SPRINGER,Vol. 80,No. 3,p. 776-790,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • A New Algorithm for Generalized Least Squares Factor Analysis with a Majorization Technique,Kohei Adachi,Open Journal of Statistics,Vol. 5,p. 165-172,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 因子分析への行列集約アプローチ,足立浩平,日本統計学会誌,Vol. 44,No. 2,p. 1-20,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A restrained condition number least squares technique with its applications to avoiding rank deficiency,Kohei Adachi,Journal of the Japanese Society of Computational Statistics,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Generalized joint Procrustes analysis,Kohei Adachi,COMPUTATIONAL STATISTICS,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 28,No. 6,p. 2449-2464,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Oblique Rotaton in Canonical Correlation Analysis Reformulated as Maximizing the Generalized Coefficient of Determination,Hironori Satomura,Kohei Adachi,Psychometrika,Vol. 78,No. 3,p. 526-537,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Factor Analysis with EM Algorithm Never Gives Improper Solutions when Sample Covariance and Initial Parameter Matrices Are Proper,Kohei Adachi,PSYCHOMETRIKA,SPRINGER,Vol. 78,No. 2,p. 380-394,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Some Contributions to Data-fitting Factor Analysis with Empirical Comprisons to Covariance-fitting Factor Analysis,Kohei Adachi,Journal of Japanese Society of Computational Statistics,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 最小二乗置換によるサイズ固定クラスタリング,足立浩平,データ分析の理論と応用,Vol. 1,No. 1,p. 11-22,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Three-Way Tucker2 Component Analysis Solutions of Stimuli x Responses x Individuals Data with Simple Structure and the Fewest Core Differences,Kohei Adachi,PSYCHOMETRIKA,SPRINGER,Vol. 76,No. 2,p. 285-305,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Constrained principal component analysis of standardized data for biplots with unit-length variable vectors,Kohei Adachi,ADVANCES IN DATA ANALYSIS AND CLASSIFICATION,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 5,No. 1,p. 23-36,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Joint Procrustes Analysis for Simultaneous Nonsingular Transformation of Component Score and Loading Matrices,Kohei Adachi,PSYCHOMETRIKA,SPRINGER,Vol. 74,No. 4,p. 667-683,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Trend Vector Representation of Multiple Transition Matrices by Penalized Optimal Scaling,Kohei Adachi,Journal of the Japanese Society of Computational Statistics,Vol. 20,No. 1,p. 19-37,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Correct Classification Rates in Multiple Correspondence Analysis,K. Adachi,Journal of the Japanese Society of Computational Statistics,2005年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Oblique Promax Rotation Applied to the Solutions in Multiple Correspondence Analysis,K. Adachi,Behaviormetrika,Vol. 31,No. 1,p. 1-12,2004年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimal Quantification of a Longitudinal Indicator Matrix: Homogeneity and Smoothness Analysis,K. Adachi,Journal of Classification,2002年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Nonmetric multidimensional scaling with clustering of subjects,K Adachi,JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH,BLACKWELL PUBL LTD,Vol. 42,No. 2,p. 112-122,2000年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimal scaling of a longitudinal choice variable with time-varying representation of individuals,Kohei Adachi,British Journal of Mathematical and Statistical Psychology,British Psychological Society,Vol. 53,No. 2,p. 233-253,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • Growth Curve Representation and Custering under Optimal Scaling of Repeated Choice Data,K. Adachi,Behaviormetrika,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Constrained Multidimensional Unfolding of Confusion Matrices: Goal Point and Slide Vector Models,K. Adachi,Japanese Psychological Research,Vol. 41,No. 3,p. 152-162,1999年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Homogeneity Analysis of Transition Matrices for Spatially Representing a Transition Trend,K. Adachi,Behaviormetrika,Vol. 24,No. 2,p. 159-178,1997年07月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 心理統計学と多変量データ解析,足立浩平,計算機統計学,Vol. 14,No. 2,p. 139-161,2002年
  • Optimal quantification of a longitudinal indicator matrix: Homogeneity and smoothness analysis,K Adachi,JOURNAL OF CLASSIFICATION,SPRINGER-VERLAG,Vol. 19,No. 2,p. 215-248,2002年
  • Optimal scaling of a longitudinal choice variable with time-varying representation of individuals,K Adachi,BRITISH JOURNAL OF MATHEMATICAL & STATISTICAL PSYCHOLOGY,BRITISH PSYCHOLOGICAL SOC,Vol. 53,No. 2,p. 233-253,2000年11月
  • 計量多次元展開法の変量モデル,行動計量学,Vol. 27,No. 1,p. 12-23,2000年
  • Growth Curve Representation and Clustering under Optimal Scaling of Repeated Choice Data,Behaviormetrika,Vol. 27,No. 1,p. 15-32,2000年
  • 多変量ガテゴリカルデータの数量化と主成分分析,心理学評論,Vol. 43,No. 4,p. 487-500,2000年
  • Nometric Multidimensional Scaling with Clustering of Subjects,ADACHI Kohei,Japanese Psychological Research,Vol. 42,No. 2,p. 112-122,2000年
  • Growth Curve Representation and Clustering under Optimal Scaling of Repeated Choice Data,Behaviormetrika,Vol. 27,No. 1,p. 15-32,2000年
  • Nonmetric multidimensional scaling with clustering of subjects,Kohei Adachi,Japanese Psychological Research,Blackwell Publishing Ltd,Vol. 42,No. 2,p. 112-122,2000年
  • Constrained multidimensional unfolding of confusion matrices: Goal point and slide vector models,K Adachi,JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH,BLACKWELL PUBL LTD,Vol. 41,No. 3,p. 152-162,1999年09月
  • 類似性および特徴データの解析法に関する計量心理学的研究,(京都大学博士学位論文),1998年
  • 複数移動表の制約つき数量化法,行動計量学,Vol. 25,No. 1,p. 29-37,1998年
  • Homogeneity Analysis of Transition Matrices for Spatially Representing a Transition Trend,Behaviormetrika,Vol. 24,No. 2,p. 159-178,1997年
  • 対象間の非類似性を外的基準としたカテゴリカル属性の尺度構成法,行動計量学,Vol. 22,No. 2,p. 110-125,1995年

著書

  • Matrix-based introduction to multivariate data analysis: Second edition,Kohei Adachi,Springer,ISBN:9789811541025,2020年06月
  • 文化情報学事典 (村上征勝 監修) B3節 (pp. 699-781),足立浩平,勉誠出版,ISBN:9784585200710,2019年12月
  • 統計科学百科事典 (日本統計学会 編),足立浩平,丸善出版,ISBN:9784621303108,2018年12月
  • 最小二乗法・交互最小二乗法,森, 裕一,黒田, 正博,足立, 浩平,共立出版,ISBN:9784320112544,2017年09月
  • 教科書・概説・概論,統計学Ⅲ: 多変量データ解析法 オフィシャル スタディノート,岩崎 学,足立浩平,渡辺美智子,宿久 洋,芳賀麻誉美,日本統計協会,ISBN:9784822339463,2017年06月
  • 学術書,現代統計学 (美添泰人・竹村彰通・宿久 洋 (編); 3章 重回帰分析, 4章 主成分分析と因子分析, 5章 正準相関分析と多重対応分析, 6章 クラスター分析と判別分析),足立浩平,日本評論社,2017年03月
  • 教科書・概説・概論,Matrix-Based Introduction to Multivariate Data Analysis,Kohei Adachi,Springer,ISBN:9789811023408,2016年10月
  • 学術書,Applied Matrix and Tensor Variate Data Analysis (Toshio Sakata (Ed.)) pp. 1-21, Three-Way Principal Component Analysis with Its Applications to Psychology,Kohei Adachi,Springer,ISBN:9784431553878,2016年02月
  • 学術書,数学セミナー54巻8号 (統計教育大学間連携ネットワーク監修 「正準相関・多重対応・判別・クラスター分析」, 66-72頁),足立浩平,日本評論社,2015年07月
  • 学術書,数学セミナー54巻7号 (統計教育大学間連携ネットワーク監修 「主成分分析と因子分析」, 69-75頁),足立浩平,日本評論社,2015年06月
  • 学術書,数学セミナー54巻6号 (統計教育大学間連携ネットワーク監修 「重回帰分析」, 69-75頁),足立浩平,日本評論社,2015年05月
  • 学術書,Advances in latent variables (M. Carpita, et al. (Ed)), pp. 227-239, Sparse orthogonal factor analysis,Kohei Adachi,Nickolay T. Trendafilov,Springer,ISBN:9783319029665,2014年12月
  • 学術書,最新 心理学事典 (内田伸子・繁桝算男・杉山憲司((編)) 「多変量解析・回帰分析・主成分分析・クラスター分析・多次元尺度法」,足立浩平,平凡社,ISBN:9784582106039,2013年12月
  • 学術書,統計応用の百科事典 (松原 望・美添泰人・岩崎 学・金 明哲・竹村和久・林 文・山岡和枝(編)),足立浩平,丸善出版,2011年10月
  • 学術書,非計量多変量解析法―主成分分析から多重対応分析へ―,足立浩平,村上 隆,朝倉書店,2011年08月
  • 学術書,心理学フロンティア,Ⅰ-15節 多次元尺度法,Ⅰ-16節 構造方程式モデリング,足立浩平,新曜社,2008年06月
  • 学術書,実践的研究のすすめ―人間科学のリアリティ― 第9章.統計解析,足立浩平,有斐閤,2007年07月
  • 教科書・概説・概論,多変量データ解析法 ― 心理・教育・社会系のための入門―,足立浩平,ナカニシヤ出版,2006年07月
  • 学術書,心理学総合辞典 (海保博之・楠見 孝 監修) 3.4節 心理データ解析,足立浩平,朝倉書店,2006年06月
  • 学術書,教育評価事典 (辰野千壽・石田恒好・北尾倫彦 監修),足立浩平,図書文化,2006年06月
  • 学術書,心理学辞典- 普及版- (藤永保・仲真紀子 監修),足立浩平,丸善,2005年02月
  • 学術書,SPSS辞典: 7章, 9.2節 (小野寺孝義・山本嘉一郎編),足立浩平,ナカニシヤ出版,2004年10月
  • 学術書,文科系の学生のための数学入門2: 9章・10章(小野寺孝義・狩野 裕 編),足立浩平,ナカニシヤ出版,2003年06月
  • 学術書,New Developments in Psychometrics (H. Yanai. A. Okada, K. Shigemasu, Y. Kano, & J.J. Meulman Eds.),Kohei Adachi,Springer,2003年04月
  • 学術書,認知科学辞典 9項目(日本認知科学会 編),足立浩平,共立出版,2002年08月
  • 学術書,多変量解析実例ハンドブック 1章(柳井晴夫・岡太彬訓・繁桝算男・高木廣文・岩崎 学 編),足立浩平,朝倉書店,2002年06月
  • 学術書,Measurement and Multivariate analysis (S. Nishisato, Y. Baba, H. Bozdogan, & K. Kanefuji Eds.),Kohei Adachi,Springer,2002年04月
  • 学術書,心理統計の技法: 2章・13章 (渡部 洋 編),足立浩平,福村出版,2002年04月

受賞

  • 貢献賞,足立 浩平,日本計算機統計学会,2016年11月
  • Ig Nobel Prize (in the field of Perception),東山篤規,足立浩平,2016年09月
  • 林知己夫賞 (功績賞),足立 浩平,日本行動計量学会,2016年09月
  • 論文賞,足立 浩平,日本計算機統計学会,2007年05月
  • 優秀論文賞,足立 浩平,日本心理学会,2001年11月
  • 優秀賞,足立 浩平,日本行動計量学会,1997年09月

委員歴

  • 学協会,日本統計学会,代議員,2015年06月 ~ 継続中
  • 学協会,Computational Statistics 誌,編集委員,2012年01月 ~ 継続中
  • 日本計算機統計学会,評議員,2011年01月 ~ 継続中
  • 学協会,日本行動計量学会,理事,2003年09月 ~ 継続中
  • 学協会,日本計算機統計学会,会長,2019年01月 ~ 2020年12月
  • 学協会,Data Science, Statistics, and Visualisation (DSSV) 2019,Local Organising Committee 委員長,2018年06月 ~ 2019年12月
  • 日本計算機統計学会,副会長,2015年01月 ~ 2018年12月
  • 日本計算機統計学会,欧文誌編集理事,2013年01月 ~ 2016年12月
  • 日本計算機統計学会第30回大会,実行委員長,2015年04月 ~ 2016年05月
  • 日本行動計量学会,欧文誌編集委員長,2009年04月 ~ 2012年03月