EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

植木 祥高

Ueki Yoshitaka

工学研究科 機械工学専攻,助教

keyword 機械学習,音響工学,相界面,熱工学,核融合炉工学

学歴

  • 2007年 ~ 2012年,京都大学,大学院工学研究科,原子核工学専攻
  • 2003年 ~ 2007年,京都大学,工学部,物理工学科

経歴

  • 2014年 ~ 継続中,大阪大学,大学院,助教
  • 2012年 ~ 2014年,カリフォルニア大学ロサンゼルス校,機械航空工学科,博士研究員
  • 2010年 ~ 2012年,日本学術振興会,特別研究員

研究内容・専門分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),流体工学
  • エネルギー,原子力工学
  • エネルギー,核融合学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),熱工学

所属学会

  • 日本原子力学会
  • 日本伝熱学会
  • 日本機械学会

論文

  • Molecular dynamic study of evaporation in nanoslit: Influence of slit geometry and wettability,Yoshitaka Ueki,Hideaki Murashima,Masahiko Shibahara,International Journal of Heat and Mass Transfer,Vol. 163,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Experimental study of influence of nanoparticles adhesion and sedimentation layer on solid-liquid interfacial thermal resistance,Yoshitaka Ueki,Tomoya Oyabu,Masahiko Shibahara,International Communications in Heat and Mass Transfer,Vol. 117,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular dynamics study of thermal resistance of solid-liquid interface in contact with single layer of nanoparticles,Yoshitaka Ueki,Yasuhiro Miyazaki,Masahiko Shibahara,Taku Ohara,International Journal of Heat and Mass Transfer,Elsevier Ltd,Vol. 120,p. 608-623,2018年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • VELOCITY PROFILE MEASUREMENT OF LEAD-LITHIUM FLOWS BY HIGH-TEMPERATURE ULTRASONIC DOPPLER VELOCIMETRY,Y. Ueki,M. Hirabayashi,T. Kunugi,K. Nagai,J. Saito,K. Ara,N. B. Morley,FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY,AMER NUCLEAR SOC,Vol. 60,No. 2,p. 506-510,2011年08月,研究論文(学術雑誌)
  • ACOUSTIC PROPERTIES OF Pb-17Li ALLOY FOR ULTRASONIC DOPPLER VELOCIMETRY,Y. Ueki,M. Hirabayashi,T. Kunugi,T. Yokomine,K. Ara,FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY,AMER NUCLEAR SOC,Vol. 56,No. 2,p. 846-850,2009年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular dynamics simulation on effects of nanostructure on interfacial thermal resistance during condensation,Akito Fujii,Kunio Fujiwara,Yoshitaka Ueki,Masahiko Shibahara,Journal of Thermal Science and Technology,Vol. 15,No. 1,p. 1-11,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Thermal conductivity of nanofluids: A comparison of EMD and NEMD calculations,K. Fujiwara,M. Daimo,Y. Ueki,T. Ohara,M. Shibahara,International Journal of Heat and Mass Transfer,Elsevier BV,Vol. 144,p. 118695-118695,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Japanese activities of the R&D on silicon carbide composites in the broader approach period and beyond,Takashi Nozawa,Kazumi Ozawa,Chang Ho Park,Joon Soo Park,Akira Kohyama,Akira Hasegawa,Shuhei Nogami,Tatsuya Hinoki,Sosuke Kondo,Toyohiko Yano,Tamaki Shibayama,Bun Tsuchiya,Tatsuo Shikama,Shinji Nagata,Teruya Tanaka,Hirotomo Iwakiri,Yasushi Yamamoto,Satoshi Konishi,Ryuta Kasada,Masatoshi Kondo,Tomoaki Kunugi,Takehiko Yokomine,Yoshitaka Ueki,Nariaki Okubo,Tomitsugu Taguchi,Hiroyasu Tanigawa,Journal of Nuclear Materials,Vol. 511,p. 582-590,2018年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Thermal conductivity of suspension fluids of fine carbon particles: Influence of sedimentation and aggregation diameter,Yoshitaka Ueki,Kenta Ueda,Masahiko Shibahara,International Journal of Heat and Mass Transfer,Elsevier BV,Vol. 127,p. 138-144,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular dynamics study on effects of nanostructures on adsorption onto solid surface,Takanori Suwa,Yoshitaka Ueki,Masahiko Shibahara,Computers and Fluids,Elsevier Ltd,Vol. 164,p. 12-17,2018年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • ナノ凹凸構造が凝縮核生成に及ぼす影響に関する分子動力学的研究,宇野 元気,藤原 邦夫,植木 祥高,芝原 正彦,日本機械学会論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 84,No. 858,p. 17-00409-17-00409,2018年
  • Molecular dynamics study on effect of structure on nucleation of water droplets,Kenshiro Matsui,Kunio Fujiwara,Yoshitaka Ueki,Masahiko Shibahara,International Heat Transfer Conference,Vol. 2018-August,p. 7067-7072,2018年01月01日
  • Thermal resistance of nanoparticle layer deposited solid-liquid interface,Yoshitaka Ueki,Tomoya Oyabu,Masahiko Shibahara,International Heat Transfer Conference,Vol. 2018-August,p. 8621-8628,2018年01月01日
  • Molten salt thermal conductivity enhancement by mixing nanoparticles,Yoshitaka Ueki,Naoyuki Fujita,Masaya Kawai,Masahiko Shibahara,Fusion Engineering and Design,Elsevier Ltd,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Thermophysical properties of carbon-based material nanofluid,Yoshitaka Ueki,Takashi Aoki,Kenta Ueda,Masahiko Shibahara,INTERNATIONAL JOURNAL OF HEAT AND MASS TRANSFER,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 113,p. 1130-1134,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Thermal conductivity of molten salt-based nanofluid,Yoshitaka Ueki,Naoyuki Fujita,Masaya Kawai,Masahiko Shibahara,AIP ADVANCES,AMER INST PHYSICS,Vol. 7,No. 5,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Thermal conductivity measurement of fluoride molten salt FLiNaK by transient hot-wire method,Yoshitaka Ueki,Naoyuki Fujita,Juro Yagi,Masahiko Shibaraha,Akio Sagara,HIGH TEMPERATURES-HIGH PRESSURES,OLD CITY PUBLISHING INC,Vol. 46,No. 3,p. 247-254,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Ultrasonic Doppler Velocimetry Experiment of Lead-Lithium Flow with Oroshhi-2 Loop,Yoshitaka Ueki,Yuya Noguchi,Juro Yagi,Teruya Tanaka,Takehiko Yokomine,Masaru Hirabayashi,Kuniaki Ara,Tomoaki Kunugi,Akio Sagara,FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY,TAYLOR & FRANCIS INC,Vol. 72,No. 3,p. 530-536,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Gas absorption and discharge behaviors of lead-lithium,Toshiro Sakabe,Takehiko Yokomine,Tomoaki Kunugi,Zensaku Kawara,Yoshitaka Ueki,Teruya Tanaka,FUSION ENGINEERING AND DESIGN,ELSEVIER SCIENCE SA,Vol. 89,No. 7-8,p. 1417-1420,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • EXPERIMENTAL INVESTIGATION ON LIQUID-METAL FLOW DISTRIBUTION IN INSULATING MANIFOLD UNDER UNIFORM MAGNETIC FIELD,Yoshitaka Ueki,Masato Miura,Takehiko Yokomine,Tomoaki Kunugi,PROCEEDINGS OF THE 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR ENGINEERING - 2013, VOL 5,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Oxygen influence on ultrasonic Doppler velocimetry of lead-lithium flow using titanium transducer,Yoshitaka Ueki,Masaru Hirabayashi,Tomoaki Kunugi,Keiichi Nagai,Kuniaki Ara,FUSION ENGINEERING AND DESIGN,ELSEVIER SCIENCE SA,Vol. 89,No. 1,p. 77-81,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Construction and initial operation of MHD PbLi facility at UCLA,S. Smolentsev,F. -C. Li,N. Morley,Y. Ueki,M. Abdou,T. Sketchley,FUSION ENGINEERING AND DESIGN,ELSEVIER SCIENCE SA,Vol. 88,No. 5,p. 317-326,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Status of "TITAN" Task 1-3 "Flow Control and Thermofluid Modeling",S. Smolentsev,T. Kunugi,K. Messadek,T. Yokomine,J. Young,K. Yuki,Y. Ueki,T. Sketchley,F. -C. Li,N. Morley,M. Abdou,FUSION ENGINEERING AND DESIGN,ELSEVIER SCIENCE SA,Vol. 87,No. 5-6,p. 777-781,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • High-temperature ultrasonic Doppler velocimetry for Lead-Lithium flows,Yoshitaka Ueki,Tomoaki Kunugi,Masaru Hirabayashi,Keiichi Nagai,Junichi Saito,Kuniaki Ara,Neil B. Morley,Takehiko Yokomine,Green Energy and Technology,Vol. 108,p. 267-272,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Contact angle measurement of molten lead-lithium on silicon carbide surfaces,Yoshitaka Ueki,Keiichi Nagai,Tomoaki Kunugi,Masaru Hirabayashi,Kuniaki Ara,Yukihiro Yonemoto,Tatsuya Hinoki,FUSION ENGINEERING AND DESIGN,ELSEVIER SCIENCE SA,Vol. 86,No. 9-11,p. 2297-2300,2011年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Experimental investigation on contact angles of molten lead-lithium on silicon carbide surface,Yoshitaka Ueki,Tomoaki Kunugi,Keiichi Nagai,Masaru Hirabayashi,Kuniaki Ara,Yukihiro Yonemoto,Tatsuya Hinoki,Green Energy and Technology,Vol. 66,p. 271-277,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Consideration of Heat Transfer Enhancement Mechanism of Nano- and Micro-Scale Porous Layer via Flow Visualization,Haomin Sun,Zensaku Kawara,Yoshitaka Ueki,Tetsuo Naritomi,Tomoaki Kunugi,HEAT TRANSFER ENGINEERING,TAYLOR & FRANCIS INC,Vol. 32,No. 11-12,p. 968-973,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Electrical insulation test of alumina coating fabricated by sol-gel method in molten PbLi pool,Yoshitaka Ueki,Tomoaki Kunugi,Neil B. Morley,Mohamed A. Abdou,FUSION ENGINEERING AND DESIGN,ELSEVIER SCIENCE SA,Vol. 85,No. 10-12,p. 1824-1828,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Consideration of Alumina Coating Fabricated by Sol-Gel Method for PbLi Flow,Yoshitaka Ueki,Tomoaki Kunugi,Masatoshi Kondo,Akio Sagara,Neil B. Morley,Mohamed A. Abdou,Green Energy and Technology,Vol. 44,p. 373-379,2010年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Molecular Dynamics Study of Droplets on Flat Crystalline Surface during Cooling and Ice Formation,Yoshitaka Ueki,Yuta Tsutsumi,Masahiko Shibahara,arXiv,2021年04月26日,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • Molecular Dynamic Study of Local Interfacial Thermal Resistance of Solid-Liquid and Solid-Solid Interfaces: Water and Nanotextured Surface,Yoshitaka Ueki,Satoshi Matsuo,Masahiko Shibahara,arXiv,2020年11月06日,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 機械学習を用いた沸騰検知と状態遷移把握,植木祥高,三宅正人,芝原正彦,荒邦章,第58回日本伝熱シンポジウム講演論文集,2021年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 原子炉内の沸騰音検知に向けた機械学習手法の開発,植木 祥高,荒 邦章,日本機械学会年次大会,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2020,No. 0,2020年
  • 様々な濡れ性の固体表面における水滴の冷却および結晶化についての分子動力学的研究,堤 祐太,植木 祥高,藤原 邦夫,松本 亮介,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2020,No. 0,p. 98-98,2020年
  • ナノスリット内の液体の蒸発に関する分子動力学的研究:構造特性と濡れ性が与える影響,植木 祥高,村島 秀明,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2020,No. 0,p. 19-19,2020年
  • Molecular dynamics study of evaporation in nanoslits,H. Murashima,Y. Ueki,M. Shibahara,Proceedings of 7th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow (ASCHT 2019),2019年09月
  • Numerical modeling of thermal conductivity of nanoparticle-mixed-molten-salt,Y. Ueki,M. Shibahara,Proceedings of 7th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow (ASCHT 2019),2019年09月
  • ナノ粒子懸濁液のエネルギー輸送機構に関する分子動力学的研究,山本 幸宏,藤原 邦夫,植木 祥高,小原 拓,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2019,No. 0,p. 24-24,2019年
  • 微粒子を懸濁した溶融塩の熱物性:実験研究と分子動力学的研究,植木 祥高,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2019,No. 0,p. 15-15,2019年,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 氷‐微細構造界面に生じる熱抵抗に関する分子動力学的研究,松尾聡志,植木祥高,芝原正彦,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 56th,2019年
  • ナノ粒子が液体のエネルギー輸送機構に与える影響に関する分子動力学的研究,大茂昌史,藤原邦夫,植木祥高,小原拓,芝原正彦,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 56th,2019年
  • 微粒子混合による溶融塩の熱物性変化,植木祥高,福田恭之,芝原正彦,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 56th,2019年
  • 微粒子混合による溶融塩の熱伝導率変化,植木祥高,藤田尚之,芝原正彦,日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),Vol. 2018,2018年03月08日
  • 熱・物質流動ループOroshhi‐2を用いた液体増殖材研究の最前線,八木重郎,田中照也,相良明男,中村晶樹,楠見紘司,WU Y,功刀資彰,横峯健彦,河原全作,野口雄矢,植木祥高,興野文人,向井啓祐,小西哲之,高橋光俊,三浦邦明,室賀健夫,プラズマ・核融合学会年会(Web),Vol. 35th,2018年
  • 平行平板間の架橋液の蒸発に関する分子動力学的研究,植木 祥高,村島 秀明,芝原 正彦,年次大会,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,2018年
  • ナノ粒子による液体の熱伝導率変化に関する分子動力学的研究,大茂昌史,藤原邦夫,植木祥高,芝原正彦,小原拓,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 55th,2018年
  • 高温液体金属界面の音響特性,植木祥高,野口雄矢,芝原正彦,八木重郎,田中照也,相良明男,核融合エネルギー連合講演会(CD-ROM),Vol. 12th,2018年
  • 耐凍結性を有する表面微細構造に関する分子動力学的研究,植木祥高,松尾聡志,芝原正彦,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 55th,2018年
  • Qualification Experiment of Ultrasonic Doppler Velocimetry of Lead-Lithium Flow,Y. Ueki,Y. Noguchi,M. Shibahara,2017年12月
  • 炭素系材料微粒子を含む液体の熱物性変化,植木祥高,青木貴嗣,上田健太,芝原正彦,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 54th,2017年
  • 単一微小液滴の蒸発過程における混合分子の挙動と影響に関する分子動力学的研究,伊森大記,芝原正彦,植木祥高,藤原邦夫,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 54th,2017年
  • PbLi流れのUDV計測条件に関する基礎的研究,野口 雄矢,植木 祥高,八木 重郎,芝原 正彦,相良 明男,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2017,No. 0,2017年
  • ナノ液滴の混合成分が蒸発速度に及ぼす影響に関する分子動力学的研究,伊森 大記,芝原 正彦,植木 祥高,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2017,No. 0,2017年
  • PbLi流動ループOroshhi‐2における超音波ドップラー流速計測,植木祥高,野口雄矢,八木重郎,田中照也,横峯健彦,平林勝,荒邦章,功刀資彰,相良明男,可視化情報学会誌,Vol. 36,No. Suppl.1(CD-ROM),2016年07月
  • フッ化物溶融塩FLiNaKの熱伝導率測定,植木祥高,藤田尚之,八木重郎,芝原正彦,相良明男,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 53rd,2016年
  • ナノメートルスケールの壁面微細構造が凝縮核生成に及ぼす影響に関する分子動力学的研究,宇野元気,芝原正彦,植木祥高,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 53rd,2016年
  • ナノ粒子層が固液界面熱抵抗に及ぼす影響に関する分子動力学的研究,宮崎靖広,芝原正彦,植木祥高,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 53rd,2016年
  • 燃焼生成微粒子を混合した液体の熱物性に関する研究,上田健太,植木祥高,青木貴嗣,芝原正彦,日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集(CD-ROM),Vol. 2016,2016年
  • 単一微小液滴の混合成分が蒸発速度に及ぼす影響に関する分子動力学的研究,伊森 大記,植木 祥高,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,2016年
  • 燃焼生成微粒子を混合した液体の熱物性に関する研究(メカボケーション学生研究発表セッション),上田 健太,三嶋 泰広,植木 祥高,柴原 正彦,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 398-398,2016年
  • リチウム鉛流れのUVP計測と核融合炉工学研究,植木 祥高,可視化情報学会誌,社団法人 可視化情報学会,Vol. 36,No. 142,p. 16-20,2016年
  • 応用理工学科機械工学科目「情報活用基礎B」を担当して,植木 祥高,サイバーメディア・フォーラム,大阪大学サイバーメディアセンター,Vol. 16,No. 16,p. 27-28,2015年10月
  • スリット状微細構造が固液界面エネルギー輸送に及ぼす影響に関する分子動力学的研究,芝原正彦,戸田亮平,植木祥高,小原拓,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 52nd,2015年
  • スリット状ナノ構造が分子吸着及び固気界面における適応係数に及ぼす影響(OS-13:分子シミュレーション(1)),諏訪 孝典,植木 祥高,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _C213-1_-_C213-2_,2015年
  • ナノメートルスケールの壁面微細構造が凝縮核生成に及ぼす影響に関する分子動力学的研究(OS-13:分子シミュレーション(1)),宇野 元気,植木 祥高,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _C211-1_-_C211-2_,2015年
  • ナノ粒子層が固液界面熱抵抗に及ぼす影響に関する分子動力学的研究(OS-13:分子シミュレーション(1)),宮崎 靖広,植木 祥高,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _C212-1_-_C212-2_,2015年
  • 固液界面に付着したナノ粒子層が熱抵抗に及ぼす影響に関する実験的研究(一般講演(10)),倉田 晃成,植木 祥高,芝原 正彦,熱工学コンファレンス講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _E232-1_-_E232-2_,2015年
  • A Molecular Dynamics Study on Effects of Nanostructures on Adsorption onto Solid Wall in Contact with Vapor,T. Suwa,Y. Ueki,Y. Oda,M. Shibahara,Proc. of The 25th International Symposium on Transport Phenomena,2014年11月
  • A Molecular Dynamics Study on the Cooling Process of Carbon Nanoparticles,T. Mitani,Y. Ueki,M. Shibahara,Proc. of The 25th International Symposium on Transport Phenomena,2014年11月
  • Molecular Dynamics Study on Adhesion of Nanoparticle on Solid-Liquid Interface,T. Kanda,M. Shibahara,Y. Ueki,Proc. of The 25th International Symposium on Transport Phenomena,2014年11月
  • Molecular Dynamics Study on Influence of Nanoparticle Layer on Liquid-Solid Interfacial Thermal Resistance,Y. Ueki,M. Shibahara,Y. Ishida,Proc. of The 25th International Symposium on Transport Phenomena,2014年11月
  • Molecular Dynamics Study on the Influences of Nanostructure on the Thermal Energy Transport at a Liquid-Solid Interface,R. Toda,Y. Ueki,M. Shibahara,T. Ohara,Proc. of The 25th International Symposium on Transport Phenomena,2014年11月
  • 熱流動制御とモデリング (プロジェクトレビュー 日米科学技術協力事業TITANプロジェクト) -- (第一壁・ブランケットの物質熱輸送に関する研究),功刀 資彰,横峯 健彦,植木 祥高,結城 和久,佐竹 信一,江原 真司,橋爪 秀利,プラズマ・核融合学会誌,プラズマ・核融合学会,Vol. 89,No. 11,p. 719-724,2013年11月
  • VERIFICATION TEST OF A THREE-SURFACE-MULTI-LAYERED CHANNEL TO REDUCE MHD PRESSURE DROP,Mitsuhiro Aoyagi,Yoshiki Inage,Satoshi Ito,Shinji Ebara,Yoshitaka Ueki,Kazuhisa Yuki,Feng-Chen Li,Sergey Smolentsev,Takehiko Yokomine,Tomoaki Kunugi,Tom Sketchley,Mohamed Abdou,Proceedings of the Eighth Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety,2012年12月
  • 超音波送受器を有する電気伝導壁流路内の液体金属MHDの三次元数値解析(日米協力TITAN計画),植木祥高,功刀資彰,SMOLENTSEV S,横峯健彦,ABDOU M,核融合エネルギー連合講演会予稿集,Vol. 9th (CD-ROM),2012年
  • 非構造格子系における高精度・高効率気液二相流数値解析手法の開発と実規模ガス巻込み現象への適用,功刀資彰,小瀬裕男,植木祥高,大島宏之,伊藤啓,日本原子力研究開発機構JAEA-Review(Web),No. 2011-030,2011年08月
  • 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究事情,植木 祥高,混相流 = Japanese journal of multiphase flow,日本混相流学会,Vol. 25,No. 2,p. 152-155,2011年06月15日
  • 非構造格子系における高精度・高効率気液二相流数値解析手法の開発と実規模ガス巻込み現象への適用,功刀資彰,永武拓,小瀬裕男,植木祥高,大島宏之,伊藤啓,日本原子力研究開発機構JAEA-Review(Web),No. 2010-035,2010年08月
  • Task1‐3 流動制御と熱流動モデリング(高温PbLi超音波流速計測法の確立),植木祥高,功刀資彰,横峯健彦,佐竹信一,結城和久,MORLEY N,MESSADEK K,SMOLENTSEV S,核融合エネルギー連合講演会予稿集,Vol. 8th (CD-ROM),2010年
  • Task1‐3 熱流動制御モデリング(SiC表面におけるリチウム鉛の接触角),功刀資彰,植木祥高,永井桂一,平林勝,荒邦章,核融合エネルギー連合講演会予稿集,Vol. 8th (CD-ROM),2010年
  • 高速炉ガス巻込み現象を直接評価できる数値解析手法の開発 非構造格子系における高精度・高効率気液二相流数値解析手法の開発と実規模ガス巻込み現象への適用,大島宏之,伊藤啓,永武拓,小瀬裕男,植木祥高,日本原子力研究開発機構JAEA-Review,p. 87-92,2009年09月
  • UDV計測に向けた液体リチウム鉛の音響基礎データベースの構築,植木祥高,平林勝,功刀資彰,横峯健彦,荒邦章,下田一哉,檜木達也,日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),Vol. 2009,2009年03月06日
  • PbLi MHD熱流動研究に向けたゾルゲル法アルミナ被膜の適用可能性の検討,植木 祥高,功刀 資彰,近藤 正聡,相良 明男,Morley Neil,Abdou Mohamed,日本原子力学会 年会・大会予稿集,一般社団法人 日本原子力学会,Vol. 2009,No. 0,p. 758-758,2009年
  • CONSIDERATION OF HEAT TRANSFER ENHANCEMENT MECHANISM USING NANO- AND MICRO-SCALE POROUS LAYER,T. Kunugi,Y. Ueki,T. Naritomi,H. Son,Z. Kawara,S. Muko,S. Wakamori,2008 SECOND INTERNATIONAL CONFERENCE ON THERMAL ISSUES IN EMERGING TECHNOLOGIES - THEORY AND APPLICATION (THETA),IEEE,p. 21-+,2008年
  • ナノ・ミクロ多重多孔質層の伝熱促進効果の定量的検討,功刀資彰,植木祥高,向創太,若森聖三,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 44th,2007年

受賞

  • 奨励賞(研究),植木 祥高,日本機械学会,2018年
  • 第9回核融合工学部会賞,植木 祥高,日本原子力学会,2012年
  • フェロー賞,植木 祥高,日本原子力学会,2009年
  • Outstanding Reviewer: Fusion Engineering and Design,植木 祥高,Elsevier,2017年

講演・口頭発表等

  • Molecular Dynamics Study of Evaporation in Nanoslit,Yoshitaka Ueki,Hideaki Murashima,Masahiko Shibahara,The 3rd International Conference of Microfluidics, Nanofluidics and Lab-on-a-Chip (ICMFLOC 2021),2021年07月04日
  • ナノスリット内の液体の蒸発に関する分子動力学的研究:構造特性と濡れ性が与える影響,植木祥高,村島秀明,芝原正彦,日本機械学会熱工学カンファレンス,2020年10月
  • 原子炉内の沸騰音検知に向けた機械学習手法の開発,植木祥高,荒邦章,日本機械学会2020年度年次大会,2020年09月
  • ナノスリット内の液体の蒸発に関する分子動力学的研究,植木祥高,村島秀明,芝原正彦,第57回日本伝熱シンポジウム,2020年06月
  • 機械学習を用いた沸騰検知と状態遷移把握,植木祥高,三宅正人,芝原正彦,荒邦章,第58回日本伝熱シンポジウム,2021年05月
  • Thermal Properties of Nanoparticle-Mixed Molten-Salt: Experimental and Molecular Dynamics Study,Y. Ueki,M. Shibahara,The 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference,2019年12月
  • Numerical modeling of thermal conductivity of nanoparticle-mixed-molten-salt,Y. Ueki,M. Shibahara,7th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow (ASCHT 2019),2019年09月
  • 微粒子混合による溶融塩の熱物性変化,植木祥高,福田恭之,芝原正彦,第56回日本伝熱シンポジウム,2019年05月
  • 平行平板間の架橋液の蒸発に関する分子動力学的研究,植木 祥高,2018年度機械学会年次大会,2018年09月
  • Thermal resistance of nanoparticle layer deposited solid-liquid interface,植木 祥高,International Heat Transfer Conference 16,2018年08月
  • 高温液体金属界面の音響特性,植木 祥高,第12回核融合エネルギー連合講演会,2018年06月
  • 耐凍結性を有する表面微細構造に関する分子動力学的研究,植木 祥高,第55回日本伝熱シンポジウム,2018年05月
  • 微粒子混合による溶融塩の熱伝導率変化,植木 祥高,原子力学会2018年春の年会,2018年03月
  • Qualification Experiment of Ultrasonic Doppler Velocimetry of Lead-Lithium Flow,植木 祥高,11th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing (PSFVIP-11),2017年12月
  • Thermal Resistance Measurement of Nanoparticle Layer Deposited Solid-Liquid Interface,植木 祥高,9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC9),2017年10月
  • 作動流体内分散物が固液界面伝熱特性に与える影響,植木 祥高,日本機械学会関西支部秋季フォーラム,2017年10月
  • ナノ粒子懸濁流体の熱物性と固液界面熱抵抗,植木 祥高,日本伝熱学会関西支部講演討論会,2017年07月
  • Molecular Dynamics Study on Influence of Nanoparticles on Thermal Resistance Over a Solid-Liquid Interface,植木 祥高,1st Asian Conference on Thermal Sciences (ACTS2017),2017年03月
  • Ultrasonic Doppler Velocimetry Experiment of High Temperature Liquid Metal Lead-lithium,植木 祥高,1st Asian Conference on Thermal Sciences (ACTS2017),2017年03月
  • Thermal Conductivity Measurement of Molten Salt FLiNaK by Transient Hot-Wire Method,植木 祥高,4th International Forum on Heat Transfer (IFHT2016),2016年11月
  • Thermal Conductivity Measurement of Fluoride Molten Salt FLiNaK by Transient Hot-Wire Method,植木 祥高,11th Asian Thermal Properties Conference,2016年10月
  • Ultrasonic Doppler Velocimetry Experiment of Lead-Lithium Flow,植木 祥高,10th International Symposium on Ultrasonic Doppler Methods for Fluid Mechanics and Fluid Engineering (ISUD10),2016年09月
  • Ultrasonic Doppler Velocimetry Experiment of Lead-Lithium Flow with Oroshhi-2 Loop,植木 祥高,22nd Topical Meeting on the Technology of Fusion Energy,2016年08月
  • Velocity profile measurement of lead-lithium duct flow by ultrasonic Doppler velocimetry,植木 祥高,25th International Toki Conference,2015年11月
  • Molecular Dynamics Study on Influence of Layer of Nanoparticles on Liquid-Solid Interfacial Thermal Resistance,植木 祥高,5th International Symposium on Micro and Nano Transfer,2015年05月
  • Molecular Dynamics Study on Influence of Nanoparticle Layer on Liquid-Solid Interfacial Thermal Resistance,植木 祥高,25th International Symposium on Transport Phenomena,2014年11月
  • Molecular dynamics study on the influence of a nanoparticle layer on interfacial thermal resistance at a liquid-solid interface,植木 祥高,7th Taiwan-Japan Workshop on Mechanical and Aerospace Engineering,2014年09月
  • 3D numerical analysis of MHD flow in an electrically conducting duct with electrical disturbances by flow diagnostics,植木 祥高,10th International Symposium on Fusion Nuclear Technology,2011年09月
  • Development of the Lead-Lithium High-Temperature Ultrasonic Doppler Velocimetry,植木 祥高,19th Topical Meeting on the Technology of Fusion Energy (TOFE),2010年11月
  • Consideration of Alumina Coating Fabricated by Sol-gel Process as MHD Coating against Liquid Pb-17Li,植木 祥高,9th International Symposium on Fusion Nuclear Technology (ISFNT-9),2009年10月
  • Consideration of Alumina Coating Fabricated by Sol-Gel Method as MHD coating against PbLi,植木 祥高,13th International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics (NURETH-13),2009年09月
  • Acoustic properties of Pb-17Li Alloy for Ultrasonic Doppler Velocimetry,植木 祥高,18th Topical Meeting on the Technology of Fusion Energy (TOFE),2008年09月
  • 微細周期構造表面における液滴の蒸発に関する実験的研究,志賀颯,植木祥高,藤原邦夫,芝原正彦,日本機械学会関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会
  • 界面固体構造接点における熱輸送機構に関する分子動力学的研究,本川祐輝,藤原邦夫,植木祥高,芝原正彦,日本機械学会関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会
  • 伝熱面における微細構造が蒸発に与える影響に関する分子動力学的研究,礒部佑磨,植木祥高,芝原正彦,日本機械学会関西支部第96期定時総会講演会
  • 様々な濡れ性の固体表面における水滴の冷却および結晶化についての分子動力学的研究,堤祐太,植木祥高,藤原邦夫,松本亮介,芝原正彦,日本機械学会熱工学コンファレンス2020

委員歴

  • 学協会,日本原子力学会,枠組み編成WGメンバー,2020年 ~ 継続中
  • 学協会,日本伝熱学会,グリーンテクノロジー研究会・幹事,2020年 ~ 継続中
  • 学協会,日本原子力学会,プログラム編集WGメンバー,2019年 ~ 継続中
  • 学協会,日本原子力学会核融合工学部会,庶務委員,2019年 ~ 2021年
  • 学協会,日本伝熱学会関西支部,国際交流委員,2019年 ~ 2020年
  • 学協会,日本伝熱学会関西支部,幹事,2018年 ~ 2020年
  • 学協会,日本伝熱学会関西支部,伝熱技術フォーラム・幹事,2017年 ~ 2019年
  • 学協会,日本伝熱学会関西支部,セミナー委員,2016年 ~ 2018年
  • 学協会,日本伝熱学会関西支部,総務委員,2015年 ~ 2017年
  • 学協会,日本機械学会熱工学部門,講習会委員,2014年 ~ 2016年