EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

川端 亮

Kawabata Akira

人間科学研究科 人間科学専攻,教授

keyword 価値観変容のモデリング,まちづくり,関係人口論,社会調査法,宗教社会学

学歴

  • 1986年04月 ~ 1989年03月,大阪大学大学院,人間科学研究科,社会学専攻博士後期課程
  • 1984年04月 ~ 1986年03月,大阪大学大学院,人間科学研究科,社会学専攻博士前期課程
  • 1980年04月 ~ 1984年03月,京都大学,文学部,哲学科社会学専攻

経歴

  • 2004年04月 ~ 継続中,大阪大学,人間科学研究科,教授
  • 2018年04月 ~ 2020年03月,大阪大学大学院人間科学研究科長・大阪大学人間科学部長
  • 2018年04月 ~ 2019年08月,大阪大学総長特命補佐
  • 2015年09月 ~ 2018年03月,大阪大学副理事
  • 2012年04月 ~ 2015年08月,大阪大学理事補佐
  • 2012年04月 ~ 2014年03月,大阪大学人間科学研究科副研究科長・大阪大学教育研究評議員
  • 2000年04月 ~ 2004年03月,大阪大学大学院人間科学研究科助教授
  • 1998年04月 ~ 2000年03月,大阪大学人間科学部助教授
  • 1996年04月 ~ 1998年03月,光華女子大学文学部助教授
  • 1991年04月 ~ 1996年03月,光華女子大学文学部専任講師
  • 1989年04月 ~ 1991年03月,大阪大学人間科学部助手

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,社会学,社会調査法、宗教社会学

所属学会

  • 社会調査協会
  • 「宗教と社会」学会
  • 日本宗教学会
  • 関西社会学会
  • 日本社会学会

論文

  • 世俗を超える,川端亮,岡部美香編『シリーズ人間科学6 越える・超える』,p. 121-142,2021年03月
  • 関係人口論からみる大学の地域とのかかわり : 西予市野村地域における事例,川端亮,佐藤功,宮前良平,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 47,p. 75-94,2021年03月
  • 図書紹介:真鍋一史著『宗教意識の国際比較-質問紙調査のデータ分析』,川端亮,よろん(日本著論調査協会報),No. 126,p. 55-60,2020年12月
  • 社会福祉協議会と宗教団体との災害時連携に関する調査報告,稲場圭信,川端亮,宗教と社会貢献,Vol. 10,No. 2,p. 55-69,2020年10月
  • 書評:櫻井義秀編著『宗教とウェルビーイング――しあわせの宗教社会学――』,川端亮,宗教研究,Vol. 94,No. 1,p. 125-131,2020年09月
  • 自治体と宗教施設・団体との災害時協力に関する調査 報告,稲場圭信,川端亮,宗教と社会貢献,Vol. 10,No. 1,p. 17-29,2020年04月
  • 宗教は文化活動を支えるか?,横井桃子,川端亮,社会と調査,No. 24,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 宗教体験談の構造,川端 亮,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 46,p. 123-141,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Measuring Religious Commonalites: Details from Three Internet Surveys,Akira KAWABATA,Osaka Human Scienmcies,Vol. 5,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 世界八か国における共通の宗教性と宗教度:調査の概要と発見,Akira KAWABATA,宗教研究,Vol. 92,No. 別冊,p. 110-111,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 宗教性の測定における共通性-3回のインターネット調査の経緯-,川端亮,大阪学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 44,p. 61-78,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A cross-cultural dimension of religious belief among eight countries,Akira Kawabata,Mitsuharu Watanabe,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • One dimensional structure of religious belief among four thousand people in eight countries,Mitsuharu Watanabe,Akira Kawabata,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • どのような宗教研究が求められているのか,川端 亮,ソシオロジ,2017年06月
  • 国を越えた共通の宗教的信念はあるのか? パネルの主旨とまとめ,川端 亮,宗教研究,2017年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 因子分析による宗教的信念の共通構造,川端 亮,宗教研究,2017年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 宗教的信念における共通の因子 -8カ国調査の結果から-,川端 亮,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 42,p. 189-208,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Acceptance of Religious Testimonies,Kawabata Akira,Osaka Human Sciences,Vol. 1,p. 141-157,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 日本とドイツの宗教意識の比較分析,真鍋一史,川端亮,横井桃子,青山総合文化政策学,Vol. 6,No. 1,p. 31-55,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 宗教的体験談の受容,川端亮,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,No. 39,p. 199-215,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 宗教性の測定 : 国際比較研究を目指して,横井 桃子,川端 亮,宗教と社会,「宗教と社会」学会,Vol. 19,No. 0,p. 79-95,2013年
  • 社会調査教育とデータ・アーカイブ,川端 亮,『フォーラム現代社会学』,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A Two-Stage Translation” Panel “Americanization and Post-Americanization of a Japanese New Religion: The Case of SGI-USA,Akira Kawabata,2010年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • SGI-USAにおけるアメリカ化の進展,川端亮,グローバリゼーション状況における日本型新宗教の可能性についての比較社会学的検討,2008年06月

MISC

  • SGI-USAにおけるアメリカ化の進展-多民族社会における会員のインタビューから-,川端亮,秋庭裕,稲場圭信,宗教と社会,Vol. 16号、89-110頁,No. 16,p. 89-110,2010年
  • 新宗教における二段階の英語化,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 36, pp. 39-57,2010年
  • The Developing Americanization of SGI-USA: Interviews with Multi-Ethinic Members,Religion and Society,Vol. 16号、89-110頁,2010年
  • Two-Stage Translation into English in a New Religion: The Case of SGI-USA,Bulletin: Graduate School of Human Sciences, Osaka University,Vol. 36, pp. 39-57,2010年
  • Online-religion in Japan: Websites and religious counseling from a comparative cross-cultural perspective,Akira Kawabata,Takanori Tamura,JOURNAL OF COMPUTER-MEDIATED COMMUNICATION,INTERNATIONAL COMMUNICATION ASSOCIATION,Vol. 12,No. 3,2007年04月
  • Online-religion in Japan: Websites and religious counseling from a comparative cross-cultural perspective,Akira Kawabata,Takanori Tamura,Journal of Computer-Mediated Communication,Vol. 12,No. 3,p. 999-1019,2007年04月
  • 量的データを用いた宗教理解の可能性,宗教を理解すること 創元社,Vol. 185-207,2007年
  • ご利益とスピリチュアリティ,アジア遊学,Vol. 84号、81-89頁,2006年
  • 社会調査データ・アーカイブSRDQの公開,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 31巻、61-84頁,2005年
  • 社会調査と宗教研究,宗教と社会,Vol. 11号、255-273頁,2005年
  • インターネットは宗教を変えるか,寺門興隆,Vol. 6月号,2005年
  • インターネットは宗教を変えるか,寺門興隆,Vol. 6月号,2005年
  • The Open Data Archive of Social Research Data: SRDQ,Bulletin Graduate School of Human Sciences Osaka University,Vol. 31巻、61-84頁,2005年
  • 宗教情報アーカイブARIによる学術成果の社会的共有(渡辺光一・黒崎浩行との共著),宗教と社会,Vol. 10号、93-103頁,2004年06月
  • 都市消費者の志向性把握のために - 探索的テキスト型データ解析の適用可能性 -(寺岡伸悟との共著),甲南女子大学紀要・人間科学編,Vol. 40号、65-80頁,2004年03月
  • 都市消費者の志向性把握のために - 探索的テキスト型データ解析の適用可能性 -,甲南女子大学紀要・人間科学編,第40号,65-80頁,Vol. 第40号,65-80頁,2004年
  • 都市消費者の志向性把握のために - 探索的テキスト型データ解析の適用可能性 -,甲南女子大学紀要・人間科学編,第40号,65-80頁,Vol. 第40号,65-80頁/,,2004年
  • Using Computers to Analyze Textual Data in the Study of Religion,Religion and Society; Special Issue, pp.12-18,Vol. pp.12-18,2004年
  • インターネットによる新しい宗教的交流,在家佛教,2004年
  • Possibility of Consumer Classification by a Farm Village Using a Value System,Konan Women's University Reserches 2003, Vol.40,pp.65-80,Vol. 第40号,65-80頁,2004年
  • Possibility of Consumer Classification by a Farm Village Using a Value System,Konan Women's University Reserches 2003, Vol.40,pp.65-80,Vol. 第40号,65-80頁/,,2004年
  • Using Computers to Analyze Textual Data in the Study of Religion,Religion and Society; Special Issue, pp.12-18,Vol. pp.12-18,2004年
  • 「IT化」と脱物質主義的価値観,人間科学研究科紀要、第29巻、183-202ページ,2003年
  • コンピュータ・コーディングの宗教研究への応用,宗教と社会 第9号 別冊,16-21頁,Vol. 16-21頁,2003年
  • 2002年大阪大学人間科学部卒業生調査報告書,2002年大阪大学人間科学部卒業生調査報告書,2003年
  • インターネットに対する人々の意識,人間科学研究科紀要、第29巻、161-181ページ,2003年
  • 「IT化」と脱物質主義的価値観,人間科学研究科紀要、第29巻、183-202ページ,2003年
  • コンピュータ・コーディングの宗教研究への応用,宗教と社会 第9号 別冊,16-21頁,Vol. 16-21頁,2003年
  • 2002年大阪大学人間科学部卒業生調査報告書,2002年大阪大学人間科学部卒業生調査報告書,2003年
  • インターネットに対する人々の意識,人間科学研究科紀要、第29巻、161-181ページ,2003年
  • Development of Information Technology and Post-materialistic Values,Bulletin of Graduate School of Human Sciences, Vol.29, pp.183-202.,2003年
  • The Report of the Survey for the Graduates of the Schools of Human Sciences Osaka University in 2002,The Report of the Survey for the Graduates of the Schools of Human Sciences Osaka University in 2002,2003年
  • Observations on What and How People Think about the Internet: Analyzing Open-ended Questions,Bulletin of Graduate School of Human Sciences,2003年
  • Development of Information Technology and Post-materialistic Values,Bulletin of Graduate School of Human Sciences, Vol.29, pp.183-202.,2003年
  • The Report of the Survey for the Graduates of the Schools of Human Sciences Osaka University in 2002,The Report of the Survey for the Graduates of the Schools of Human Sciences Osaka University in 2002,2003年
  • Observations on What and How People Think about the Internet: Analyzing Open-ended Questions,Bulletin of Graduate School of Human Sciences,2003年
  • IT化された宗教実践,新世紀の宗教 創元社,Vol. 140-176,2002年
  • IT化された宗教実践,新世紀の宗教 創元社,Vol. 140-176,2002年
  • コンピュータを用いた自由回答のコーディング,『社会情報』第10巻1号、135-148頁,Vol. 第10巻1号,135-148頁,2001年
  • コンピュータ・コーディングによる宗教的ライフヒストリーの記述,『宗教と社会』7号、133-154頁,Vol. 7号,133-154頁,2001年
  • Deep into the Shinnyo Spiritual World (Yutaka Akiba との共著),川端亮,秋庭裕,International Journal of Japanese Sociology,Vol. 10,No. 1,p. 5-15,2001年
  • コンピュータを用いた自由回答のコーディング,『社会情報』第10巻1号、135-148頁,Vol. 第10巻1号,135-148頁/,,2001年
  • コンピュータ・コーディングによる宗教的ライフヒストリーの記述,『宗教と社会』7号、133-154頁,Vol. 7号,133-154頁/,,2001年
  • Deep into the Shinnyo Spiritual World,International Journal of Japanese Sociology, vol.10, pp.5-15,Vol. vol.10, pp.5-15/,,2001年
  • コンピュータを用いた自由回答のコーディング,社会情報,Vol. 10,No. 1,p. 135-148,2001年
  • コンピュータ・コーディングによる宗教的ライフヒストリーの記述,宗教と社会,No. 7,p. 133-154,2001年
  • On the Use of Computer Aided Coding for Open-ended Questions,Vol. 第10巻1号,135-148頁,2001年
  • Writing Religious Life Histories with Computer-aided Data Analysis,Vol. 7号,133-154頁,2001年
  • Deep into the Shinnyo Spiritual World,International Journal of Japanese Sociology, vol.10, pp.5-15,Vol. vol.10, pp.5-15,2001年
  • On the Use of Computer Aided Coding for Open-ended Questions,Vol. 第10巻1号,135-148頁/,,2001年
  • Writing Religious Life Histories with Computer-aided Data Analysis,Vol. 7号,133-154頁/,,2001年
  • Deep into the Shinnyo Spiritual World,International Journal of Japanese Sociology, vol.10, pp.5-15,Vol. vol.10, pp.5-15/,,2001年
  • On the Use of Computer-Aided Coding for Open-ended Questions,Social Information,Vol. 10,No. 1,p. 135-148,2001年
  • Writing Religious Life Histories with Computer-aided Data Analysis,Religion & Society,No. 7,p. 133-154,2001年
  • 社会学調査の歴史,講座社会学1理論と方法 東京大学出版会,Vol. 239-270,1998年
  • 社会学調査の歴史,講座社会学1理論と方法 東京大学出版会,Vol. 239-270,1998年
  • パソコンによるテキストデータの内容分析,『ソシオロジ』第42巻1号 97-103頁,Vol. 第42巻1号 97-103頁,1997年
  • パソコンによるテキストデータの内容分析,『ソシオロジ』第42巻1号 97-103頁,Vol. 第42巻1号 97-103頁,1997年
  • Computer-aided text Analysis,Vol. 第42巻1号 97-103頁,1997年
  • Computer-aided text Analysis,Vol. 第42巻1号 97-103頁,1997年
  • 宗教教団における予言-誰でも霊能者になれるのはなぜか-,『ソシオロジ』40巻1号,5-17頁,Vol. 40巻1号,5-17頁,1995年
  • 教団の発展と霊能者,宗教ネットワーク 行路社,Vol. 138-157,1995年
  • 宗教教団における予言-誰でも霊能者になれるのはなぜか-,『ソシオロジ』40巻1号,5-17頁,Vol. 40巻1号,5-17頁/,,1995年
  • 教団の発展と霊能者,宗教ネットワーク 行路社,Vol. 138-157,1995年
  • 宗教教団における予言-"誰でも霊能者になれる"のはなぜか-,ソシオロジ,Vol. 40,No. 1,p. 5-17,1995年
  • Prophecy in Religion - Anyone can be a Reinosya Why? -,Vol. 40巻1号,5-17頁,1995年
  • Prophecy in Religion - Anyone can be a Reinosya Why? -,Vol. 40巻1号,5-17頁/,,1995年
  • Prophecy in Religion - "Anyone can be a Reinosya" Why? -,SOSHIOROJI,Vol. 40,No. 1,p. 5-17,1995年
  • 信仰における動機の研究,『光華女子大学研究紀要』32巻,65-82頁,Vol. 32巻,65-82頁,1994年
  • 信仰における動機の研究,『光華女子大学研究紀要』32巻,65-82頁,Vol. 32巻,65-82頁/,,1994年
  • 信仰における動機の研究,光華女子大学研究紀要,Vol. 32,p. 65-82,1994年
  • Motives for Religious Belief,Vol. 32巻,65-82頁,1994年
  • Motives for Religious Belief,Vol. 32巻,65-82頁/,,1994年
  • Motives for Religious Belief,RESEARCH BULLETIN OF KOKA WOMEN'S COLLEGE,Vol. 32,p. 65-82,1994年
  • 信仰と社会的ネットワーク,大阪大学人間科学部紀要 17巻,147-166頁,Vol. 17巻,147-166頁,1991年
  • 信仰と社会的ネットワーク,大阪大学人間科学部紀要 17巻,147-166頁,Vol. 17巻,147-166頁/,,1991年
  • 信仰と社会的ネットワーク,大阪大学人間科学部紀要,Vol. 17,p. 147-166,1991年
  • Religion and Social Network,Vol. 17巻,147-166頁,1991年
  • Religion and Social Network,Vol. 17巻,147-166頁/,,1991年
  • Religion and Social Network,Bulletin The Faculty of Haman Sciencies Osaka University,Vol. 17,p. 147-166,1991年
  • 社会的地位の構造(共著),現代日本の階層構造第4巻女性と社会階層 東京大学出版会,Vol. 13-37,1990年
  • 社会と宗教意識の変化,大阪大学人間科学部紀要16巻,181-199頁,Vol. 16巻,181-199頁,1990年
  • 社会的地位の構造(共著),現代日本の階層構造第4巻女性と社会階層 東京大学出版会,Vol. 13-37,1990年
  • 社会と宗教意識の変化,大阪大学人間科学部紀要16巻,181-199頁,Vol. 16巻,181-199頁/,,1990年
  • 社会と宗教意識の変化,大阪大学人間科学部紀要,Vol. 16,p. 181-199,1990年
  • The change of Society and Religious Consciousness,Vol. 16巻,181-199頁,1990年
  • The change of Society and Religious Consciousness,Vol. 16巻,181-199頁/,,1990年
  • The change of Society and Religious Consciousness,Bulletin The Faculty of Human Sciences Osaka University,Vol. 16,p. 181-199,1990年
  • 宗教意識の構造,『ソシオロジ』34巻1号,37-63頁,Vol. 34巻1号,37-63頁,1989年
  • 宗教意識の構造,『ソシオロジ』34巻1号,37-63頁,Vol. 34巻1号,37-63頁/,,1989年
  • 宗教意識の構造,ソシオロジ,Vol. 34,No. 1,p. 37-63,1989年
  • The structure of Religious Consciousness,Vol. 34巻1号,37-63頁,1989年
  • The structure of Religious Consciousness,Vol. 34巻1号,37-63頁/,,1989年
  • The structure of Religious Consciousness,SOHIOROJI,Vol. 34,No. 1,p. 37-63,1989年

著書

  • 学術書,アメリカ創価学会における異体同心-二段階の現地化,川端亮,稲場圭信,新曜社,ISBN:9784788515529,2018年01月
  • 教科書・概説・概論,『データアーカイブSRDQで学ぶ社会調査の計量分析』,川端亮,近藤博之,吉川徹,友枝敏雄 ほか,ミネルヴァ書房,ISBN:9784623057306,2010年03月
  • 霊能のリアリティへ -社会学、真如苑に入る (秋庭裕との共著),新曜社,2004年06月
  • 学術書,宗教の二面性-否定的イメージと人の幸せ,川端 亮,『社会意識からみた日本-階層意識の新次元』 有斐閣,2015年03月
  • 教科書・概説・概論,グラウンデッド・セオリー,川端 亮,井上俊・伊藤公雄編『社会学ベーシックス別巻 社会学的思考』/世界思想社,ISBN:9784790715252,2011年05月
  • 学術書,『社会学事典』,日本社会学会社会学事典刊行員会編,丸善,ISBN:9784621082546,2010年06月
  • 学術書,ハワイからスタートしたSGI,秋庭裕,川端亮,宗教と現代がわかる本,2008年03月
  • IT化された宗教実践―ある金光教師の挑戦―,新世紀の宗教―「聖なるもの」の現代的諸相 創元社,2002年
  • 新宗教における修行と癒し,臨床社会学を学ぶ人のために 世界思想社,2000年
  • 新宗教における修行と癒し,臨床社会学を学ぶ人のために 世界思想社,2000年
  • 新宗教,はじめて出会う社会学 有斐閣,1998年
  • 新宗教,はじめて出会う社会学 有斐閣,1998年
  • 社会学調査の歴史,講座社会学1理論と方法、東京大学出版会,1998年
  • The Review of Sociological Research,Sociological Theory and Methods (Sociology in Japan 1),1998年
  • 教団の発展と霊能者,宗教ネットワーク 行路社,1995年
  • The Development of Shinnyo-En and Its Reinosha,Networks in Religion,1995年
  • 社会的地位の構造(共著),現代日本の階層構造第4巻女性と社会階層 東京大学出版会,1990年
  • The Structure of Social Status,Stratification in Contemporary Japan, vol. 4, Women and Social Stratification,1990年

作品

  • 職業と家族とパーソナリティについての同一パネル長期追跡調査,2004年 ~ 2005年
  • 社会調査における非定型データ分析支援システムの開発,2000年 ~ 2003年
  • The New Mechod of Qualitative Data Analysis with Computer,2000年 ~ 2003年
  • 非定型データのコーディング・システムとその利用,1996年 ~ 1998年
  • The New Procedure to Code the Open-ended Questions,1996年 ~ 1998年
  • 職業と家族とパーソナリティについての長期追跡調査の日米比較分析,2007年 ~
  • 社会意識研究法としての言説データベースの構築とその利用,2007年 ~
  • 社会意識研究法としての言説データベースの構築とその利用,2006年 ~
  • 社会意識研究法としての言説データベースの構築とその利用,2005年 ~
  • 社会意識研究法としての言説データベースの構築とその利用,2005年 ~
  • 社会意識研究法としての言説データベースの構築とその利用,2005年 ~