EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

平原 佳織

Hirahara Kaori

工学研究科 機械工学専攻,准教授

keyword ヤモリテープ,その場TEM,ナノマニピュレーション,カーボンナノチューブ,透過電子顕微鏡,カーボンナノコイル,電子顕微鏡,ナノカーボン,ナノアクチュエータ,ナノマシーン,ナノチューブ・フラーレン,塑性変形,接合,ナノメカニクス,ダイナミクス,欠陥

経歴

  • 2013年04月 ~ 継続中,大阪大学,工学研究科アトミックデザイン研究センター,准教授
  • 2010年 ~ 2012年,大阪大学,工学(系)研究科(研究院),講師
  • 2005年06月 ~ 2009年12月,名古屋大学,エコトピア科学研究所,特別研究員
  • 2007年04月 ~ 2008年03月,大阪大学,工学研究科機械工学専攻,助教
  • 2007年01月 ~ 2007年03月,大阪大学,工学研究科機械工学専攻,助手
  • 2003年01月 ~ 2005年05月,名城大学,研究員
  • 1999年04月 ~ 2002年12月,科学技術振興事業団国際共同研究事業,ナノチューブ状物質プロジェクト,研究員

研究内容・専門分野

  • ナノテク・材料,ナノ構造物理
  • ナノテク・材料,構造材料、機能材料
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),機械要素、トライボロジー
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),材料力学、機械材料
  • ナノテク・材料,ナノマイクロシステム
  • ナノテク・材料,ナノ材料科学

所属学会

  • 日本機械学会
  • 日本顕微鏡学会
  • フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会
  • 日本応用物理学会
  • 日本物理学会

論文

  • Synthesis of relatively small-diameter tungsten ditelluride nanowires from solution-grown tungsten oxide nanowires,Yohei Yomogida,Mai Nagano,Hiromu Hamasaki,Kaori Hirahara,Yasumitsu Miyata,Kazuhiro Yanagi,Japanese Journal of Applied Physics,IOP Publishing,Vol. 60,No. SC,p. SCCD02-SCCD02,2021年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Visualization of Thermal Transport within and between Carbon Nanotubes,Hiromu Hamasaki,Seiya Takimoto,Kaori Hirahara,Nano Letters,2021年03月26日,研究論文(学術雑誌)
  • The effects of possible contamination by sample holders on samples to be returned by Hayabusa2,Naoki Shirai,Yuzuru Karouji,Kazuya Kumagai,Masayuki Uesugi,Kaori Hirahara,Motoo Ito,Naotaka Tomioka,Kentaro Uesugi,Akira Yamaguchi,Naoya Imae,Takuji Ohigashi,Toru Yada,Masanao Abe,Meteoritics and Planetary Science,WILEY,Vol. 55,No. 7,p. 1665-1680,2020年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a sample holder for synchrotron radiation-based computed tomography and diffraction analysis of extraterrestrial materials,Masayuki Uesugi,Kaori Hirahara,Kentaro Uesugi,Akihisa Takeuchi,Yuzuru Karouji,Naoki Shirai,Motoo Ito,Naotaka Tomioka,Takuji Ohigashi,Akira Yamaguchi,Naoya Imae,Toru Yada,Masanao Abe,Review of Scientific Instruments,AIP Publishing,Vol. 91,No. 3,p. 035107-035107,2020年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Experimental determination of the diameter-dependent wettability of carbon nanotubes as studied using atomic force microscopy,Konan Imadate,Kaori Hirahara,Vol. 20,No. 42,p. 26979-26985,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Joule Heat-Assisted Loading of an Individual Gold Nanoparticle into Carbon Nanotube,Raman Bekarevich,Masami Toyoda,Shuichi Baba,Kaifeng Zhang,Toshihiko Nakata,Shin-ichi Taniguchi,Kaori Hirahara,Proceeding of Chemistry Conferences vol. 2 (Lectures and Workshop: In Series of Nanotechnology and Nanomaterial),p. 7-13,2017年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Ultra-flexible spiked-shell microparticles of aerographite,Kaori Hirahara,Koji Hiraishi,Konan Imadate,Zhenzi Xu,Yuichiro Hirota,Norikazu Nishiyama,Vol. 118,p. 607-614,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Coalescence of Metal Nanoparticles as the Origin of Nanocapillary Forces in Carbon Nanotubes,Raman Bekarevich,Masami Toyoda,Kaifeng Zhang,Toshihiko Nakata,Shin-ichi Taniguchi,Kaori Hirahara,Vol. 121,No. 17,p. 9606-9611,2017年05月04日,研究論文(学術雑誌)
  • Key factors limiting carbon nanotube strength: Structural characterization and mechanical properties of multi-walled carbon nanotubes,Keiichi Shirasu,Itaru Tamaki,Takamichi Miyazaki,Go Yamamoto,Raman Bekarevich,Kaori Hirahara,Yoshinobu Shimamura,Yoku Inoue,Toshiyuki Hashida,MECHANICAL ENGINEERING JOURNAL,JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS,Vol. 4,No. 5,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • 多層カーボンナノチューブの強度・破壊特性評価と構造欠陥の影響に関する研究,玉木 格,白須 圭一,宮崎 孝道,山本 剛,Raman Bekarevich,平原 佳織,島村 佳伸,井上 翼,橋田 俊之,日本機械学会論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 83,No. 847,p. 16-00283-16-00283,2017年
  • Flexible electrical probes made of carbon nanotube bundles,Chenghao Deng,Lujun Pan,He Ma,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Carbon,Vol. 101,p. 331-337,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Refilling of carbon nanotube cartridges for 3D nanomanufacturing,Raman Bekarevich,Masami Toyoda,Shuichi Baba,Toshihiko Nakata,Kaori Hirahara,Nanoscale,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 8,No. 13,p. 7217-7223,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • In Situ Observation of Wetting Ionic Liquid on a Carbon Nanotube,Konan Imadate,Kaori Hirahara,Langmuir,American Chemical Society (ACS),Vol. 32,No. 11,p. 2675-2678,2016年03月29日,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Tensile Properties of Multi-Walled Carbon Nanotubes Synthesized by Chemical Vapor Deposition,Itaru Tamaki,Keiichi Shirasu,Takamichi Miyazaki,Go Yamamoto,Raman Bekarevich,Kaori Hirahara,Yoshinobu Shimamura,Yoku Inoue,Toshiyuki Hashida,Proc. of Asia-Pacific Conference on Fracture and Strength 2016 (APCFS2016),2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Relationship between the structure of carbon nanocoils and their electrical property,He Ma,Kento Nakata,Lujun Pan,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Carbon,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 73,p. 71-77,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-linear annealing effect on correlation between crystallinity and oscillation of carbon nanocoils,Kaori Hirahara,Kento Nakata,Yoshikazu Nakayama,Materials Science and Engineering A,ELSEVIER SCIENCE SA,Vol. 595,p. 205-212,2014年02月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Thermal/electron irradiation assisted coalescence of Sc<inf>3</inf>N@C <inf>80</inf> fullerene in carbon nanotube and evidence of charge transfer between pristine/coalesced fullerenes and nanotubes,Ahmadreza Fallah,Yuki Yonetani,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Ryo Kitaura,Hisanori Shinohara,Yoshikazu Nakayama,Nanoscale,Royal Society of Chemistry (RSC),Vol. 5,No. 23,p. 11755-11760,2013年12月07日,研究論文(学術雑誌)
  • The effect of a tin oxide buffer layer for the high yield synthesis of carbon nanocoils,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Carbon,Elsevier BV,Vol. 56,p. 264-270,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • カーボンナノチューブの変形加工,平原 佳織,中山 喜萬,表面科学,日本表面科学会,Vol. 34,No. 1,p. 33-37,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Carbon Nanotube Torsional Actuator Based on Transition between Flattened and Tubular States,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yasutaka Yamaguchi,Yoshikazu Nakayama,Journal of Non-Crystalline Solids,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 358,No. 17,p. 2541-2544,2012年09月01日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Temperature dependent resistance of multi-wall carbon nanotube,Eiji Kawabe,Shotaro Itaya,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Japanese Journal of Applied Physics,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 51,No. 6 PART 2,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Recovery force of carbon nanotube shape memory,Shotaro Itaya,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Japanese Journal of Applied Physics,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 51,No. 6 PART 2,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Nanotorsional actuator using transition between flattened and tubular states in carbon nanotubes,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Applied Physics Letters,AMER INST PHYSICS,Vol. 100,No. 8,2012年02月20日,研究論文(学術雑誌)
  • カーボンナノチューブの一方向形状記憶効果における回復時の力計測,板谷 翔太郎,平原 佳織,中山 喜萬,日本機械学会論文集 A編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 78,No. 789,p. 669-673,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Carbon nanotube plane fastener,Kaori Hirahara,Shoichi Ajioka,Yoshikazu Nakayama,AIP Advances,AIP Publishing,Vol. 1,No. 4,p. 042105-042105,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • In-situ study of the carbon nanotube yarn drawing process,Ahmadreza Fallah Gilvaei,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Carbon,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 49,No. 14,p. 4928-4935,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular simulations on the chirality preference of single-walled carbon nanotubes upon ductile behavior under tensile stress at high temperature,Hirotoshi Deguchi,Yasutaka Yamaguchi,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Chemical Physics Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 503,No. 4-6,p. 272-276,2011年02月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of nanoframe structures by site-selective assembly of gold nanoparticles on silver cubes in an ionic liquid,Ken Ichi Okazaki,Junya Sakuma,Jun Ichi Yasui,Susumu Kuwabata,Kaori Hirahara,Nobuo Tanaka,Tsukasa Torimoto,Chemistry Letters,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 40,No. 1,p. 84-86,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Erratum: Determination of the chiralities of isolated carbon nanotubes during superplastic elongation process (Applied Physics Letters (2010) 97 (051905)),Kaori Hirahara,Keita Inose,Yoshikazu Nakayama,Applied Physics Letters,Vol. 97,No. 12,2010年09月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Determination of the chiralities of isolated carbon nanotubes during superplastic elongation process,Kaori Hirahara,Keita Inose,Yoshikazu Nakayama,Applied Physics Letters,AMER INST PHYSICS,Vol. 97,No. 5,2010年08月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Attachment of carbon nanotubes to a substrate by electron-beam-induced structural change of fullerene molecules,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Applied Physics Express,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 3,No. 2,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Carbon nanotube sharpening using an induced electrical current,Hiroyuki Maruyama,Takayuki Ishibashi,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Applied Physics Express,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 3,No. 2,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular dynamics simulations for molecular linear motor inside nanotube,Yoshinori Ueno,Hiroshi Somada,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Seiji Akita,Japanese Journal of Applied Physics,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 48,No. 6 PART 2,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Growth of highly dense brushlike carbon nanotubes using layered catalysts and rapid heating,Takeshi Nagasaka,Toru Sakai,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Japanese Journal of Applied Physics,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 48,No. 6,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of brushlike carbon nanotubes using wet-processed catalyst,Takeshi Nagasaka,Masahiro Yamamura,Masaki Kondo,Yoshito Watanabe,Kyoko Akasaka,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Japanese Journal of Applied Physics,JAPAN SOCIETY APPLIED PHYSICS,Vol. 48,No. 6 PART 2,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of oxygen included in substrates for growth of brushlike carbon nanotubes,Takeshi Nagasaka,Toru Sakai,Kaori Hirahara,Seiji Akita,Yoshikazu Nakayama,Japanese Journal of Applied Physics,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 48,No. 9 Part 1,p. 0916021-0916025,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • A molecular linear motor consisting of carbon nanotubes,Hiroshi Somada,Kaori Hirahara,Seiji Akita,Yoshikazu Nakayama,Nano Letters,American Chemical Society (ACS),Vol. 9,No. 1,p. 62-65,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of multiwalled carbon nanocoils using codeposited thin film of Fe-Sn as catalyst,Ryo Kanada,Lujun Pan,Seiji Akita,Nobuharu Okazaki,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,Japanese Journal of Applied Physics,IOP PUBLISHING LTD,Vol. 47,No. 4 PART 1,p. 1949-1951,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-step synthesis of gold-silver alloy nanoparticles in ionic liquids by a sputter deposition technique,Ken Ichi Okazaki,Tomonori Kiyama,Kaori Hirahara,Nobuo Tanaka,Susumu Kuwabata,Tsukasa Torimoto,Chemical Communications,Royal Society of Chemistry (RSC),No. 6,p. 691-693,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Energy barrier for disappearance of buckling to form a plastic bend in carbon nanotubes,Hiroshi Somada,Yuya Yoshikawa,Atsuko Nagataki,Kaori Hirahara,Seiji Akita,Yoshikazu Nakayama,Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters,JAPAN SOCIETY APPLIED PHYSICS,Vol. 46,No. 41-44,p. L1055-L1057,2007年11月09日,研究論文(学術雑誌)
  • Correlation between diamagnetic susceptibility and electron spin resonance feature for various multiwalled carbon nanotubes,S. Bandow,S. Numao,M. Jinno,K. Hirahara,S. Iijima,Applied Physics A: Materials Science and Processing,SPRINGER,Vol. 87,No. 1,p. 13-16,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Present status of Cs-corrected HRTEM and future prospects,N. Tanaka,J. Yamasaki,K. Hirahara,K. Yoshida,K. Saitoh,Microscopy and Microanalysis,Vol. 12,No. SUPPL. 2,p. 158-159,2006年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Direct observation of six-membered rings in the upper and lower walls of a single-wall carbon nanotube by spherical aberration-corrected HRTEM,Kaori Hirahara,Koh Saitoh,Jun Yamasaki,Nobuo Tanaka,Nano Letters,American Chemical Society (ACS),Vol. 6,No. 8,p. 1778-1783,2006年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Chirality correlation in double-wall carbon nanotubes as studied by electron diffraction,Kaori Hirahara,Mathieu Kociak,Shunji Bandow,Takanori Nakahira,Kouji Itoh,Yahachi Saito,Sumio Iijima,Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics,Vol. 73,No. 19,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Sputter deposition onto ionic liquids: Simple and clean synthesis of highly dispersed ultrafine metal nanoparticles,Tsukasa Torimoto,Ken Ichi Okazaki,Tomonori Kiyama,Kaori Hirahara,Nobuo Tanaka,Susumu Kuwabata,Vol. 89,No. 24,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Photocurrent spectroscopy of double wall carbon nanotubes,A. Mohite,G. U. Sumanasekera,K. Hirahara,S. Bandow,S. Iijima,B. W. Alphenaar,Chemical Physics Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 412,No. 1-3,p. 190-194,2005年08月25日,研究論文(学術雑誌)
  • 電子回折法によるカーボンナノチューブおよび関連物質の構造解析,平原佳織,2005年05月,学位論文(博士)
  • Stretching of carbon-carbon bonds in a 0.7 nm diameter carbon nanotube studied by electron diffraction,Kaori Hirahara,Shunji Bandow,Hiromichi Kataura,Mathieu Kociak,Sumio Iijima,Vol. 70,No. 20,2004年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Compression of polyhedral graphite up to 43 GPa and x-ray diffraction study on elasticity and stability of the graphite phase,Atsuko Nakayama,Sumio Iijima,Yoshinori Koga,Katsuya Shimizu,Kaori Hirahara,Fumio Kokai,Applied Physics Letters,Vol. 84,No. 25,p. 5112-5114,2004年06月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Turning Peapods into Double-Walled Carbon Nanotubes,Shunji Bandow,Kaori Hirahara,Tatsuki Hiraoka,Gugang Chen,Peter C. Eklund,Sumio Iijima,MRS Bulletin,MATERIALS RESEARCH SOCIETY,Vol. 29,No. 4,p. 260-264,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A theoretical study on the geometrical features of finite-length carbon nanotubes capped with fullerene hemisphere,Takashi Yumura,Kaori Hirahara,Shunji Bandow,Kazunari Yoshizawa,Sumio Iijima,Chemical Physics Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 386,No. 1-3,p. 38-43,2004年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Raman scattering study on fullerene derived intermediates formed within single-wall carbon nanotube: From peapod to double-wall carbon nanotube,S. Bandow,T. Hiraoka,T. Yumura,K. Hirahara,H. Shinohara,S. Iijima,Chemical Physics Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 384,No. 4-6,p. 320-325,2004年01月26日,研究論文(学術雑誌)
  • Laser vaporization synthesis of carbon materials in the presence of high pressure Ar gas,F. Kokai,A. Koshio,A. Nakayama,K. Takahashi,D. Kasuya,K. Hirahara,Y. Koga,S. Iijima,Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering,Vol. 5339,p. 595-600,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Three nanostructured graphitic particles and their growth mechanisms from high-temperature carbon vapor confined by Ar gas,F. Kokai,A. Koshio,D. Kasuya,K. Hirahara,K. Takahashi,A. Nakayama,M. Ishihara,Y. Koga,S. Iijima,Carbon,Vol. 42,No. 12-13,p. 2515-2520,2004年,研究論文(学術雑誌)
  • High-resolution electron microscopy of individual metallofullerene molecules on the dipole orientations in peapods,K. Suenaga,T. Okazaki,K. Hirahara,S. Bandow,H. Kato,A. Taninaka,H. Shinohara,S. Iijima,Applied Physics A: Materials Science and Processing,Vol. 76,No. 4,p. 445-447,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • How accurate can the determination of chiral indices of carbon nanotubes be? An experimental investigation of chiral indices determination on DWNT by electron diffraction,M. Kociak,K. Hirahara,K. Suenaga,S. Iijima,European Physical Journal B,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 32,No. 4,p. 457-469,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Stability of heated tube as a pod and Raman studies for pristine and Br-2 doped double-wall carbon nanotubes,S Bandow,T Yamaguchi,K Hirahara,G Chen,PC Eklund,S Iijima,MOLECULAR NANOSTRUCTURES,AMER INST PHYSICS,Vol. 685,p. 318-323,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Nanowindow-induced molecular sieving effect in a single-wall carbon nanohorn,Katsuyuki Murata,Kaori Hirahara,Masako Yudasaka,Sumio Iijima,Daisuke Kasuya,Katsumi Kaneko,Journal of Physical Chemistry B,Vol. 106,No. 49,p. 12668-12669,2002年12月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Linking chiral indices and transport properties of double-walled carbon nanotubes,M. Kociak,K. Suenaga,K. Hirahara,Y. Saito,T. Nakahira,S. Iijima,Physical Review Letters,AMERICAN PHYSICAL SOC,Vol. 89,No. 15,p. 155501/1-155501/4,2002年10月07日,研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of single-walled carbon nanotubes and nanohorns by means of a torch arc in open air,H. Takikawa,M. Ikeda,K. Hirahara,Y. Hibi,Y. Tao,P. A. Ruiz,T. Sakakibara,S. Itoh,S. Iijima,Physica B: Condensed Matter,Vol. 323,No. 1-4,p. 277-279,2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Electronic and geometric structures of metallofullerene peapods,Toshiya Okazaki,Kazutomo Suenaga,Kaori Hirahara,Shunji Bandow,Sumio Iijima,Hisanori Shinohara,Physica B: Condensed Matter,Vol. 323,No. 1-4,p. 97-99,2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Filling factors, structural, and electronic properties Of C-60 molecules in single-wall carbon nanotubes,Liu X,Pichler T,Knupfer M,Golden MS,Fink J,Kataura H,Achiba Y,Hirahara K,Iijima S,PHYSICAL REVIEW B,Vol. 65,No. 4,2002年01月15日
  • Carbon nanotubes from camphor by catalytic CVD,Mukul Kumar,Xinluo Zhao,Yoshinori Ando,Sumio Iijima,Maheshwar Sharon,Kaori Hirahara,Molecular Crystals and Liquid Crystals Science and Technology Section A: Molecular Crystals and Liquid Crystals,Vol. 387,No. PART 2,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • フラーレンを内包したカーボンナノチューブ ピーポッド構造のTEM観察,飯島澄男,平原佳織,末永和知,坂東俊治,まてりあ,Vol. 40,No. 12,2001年12月20日
  • Electron microscopic imaging and contrast of smallest carbon nanotubes,Lu Chang Qin,Xinluo Zhao,Kaori Hirahara,Yoshinori Ando,Sumio Iijima,Chemical Physics Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 349,No. 5-6,p. 389-393,2001年12月07日,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular potential structures of heat-treated single-wall carbon nanohorn assemblies,K. Murata,K. Kaneko,W. A. Steele,F. Kokai,K. Takahashi,D. Kasuya,K. Hirahara,M. Yudasaka,S. Iijima,Journal of Physical Chemistry B,Vol. 105,No. 42,p. 10210-10216,2001年10月25日,研究論文(学術雑誌)
  • Carbon nanotubes on electrodes in short-time heteroelectrode arc,Hirofumi Takikawa,Yoshitaka Tao,Ryuichi Miyano,Tateki Sakakibara,Yoshinori Ando,Xinluo Zhao,Kaori Hirahara,Sumio Iijima,Materials Science and Engineering C,Vol. 16,No. 1-2,p. 11-16,2001年10月20日,研究論文(学術雑誌)
  • New simple method of carbon nanotube fabrication using welding torch,Hirofumi Takikawa,Yoshitaka Tao,Yoshihiko Hibi,Ryuichi Miyano,Tateki Sakakibara,Yoshinori Ando,Shigeo Ito,Kaori Hirahara,Sumio Iijima,AIP Conference Proceedings,Vol. 590,p. 31-34,2001年10月16日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Production of thick single-walled carbon nanotubes by arc discharge in hydrogen ambience,Yoshinori Ando,Xinluo Zhao,Kaori Hirahara,Sumio Iijima,AIP Conference Proceedings,Vol. 590,p. 7-10,2001年10月16日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Optical properties of fullerene-peapods,H. Kataura,T. Kodama,K. Kikuchi,K. Hirahara,S. Iijima,S. Suzuki,W. Krätschmer,Y. Achiba,AIP Conference Proceedings,Vol. 590,p. 165-168,2001年10月16日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real time reaction dynamics in carbon nanotubes [1],T. Okazaki,K. Suenaga,K. Hirahara,S. Bandow,S. Iijima,H. Shinohara,Journal of the American Chemical Society,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 123,No. 39,p. 9673-9674,2001年10月03日
  • Electron diffraction study of one-dimensional crystals of fullerenes,K. Hirahara,S. Bandow,K. Suenaga,H. Kato,T. Okazaki,H. Shinohara,S. Iijima,Vol. 64,No. 11,p. 1154201-1154205,2001年09月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Raman scattering study of double-wall carbon nanotubes derived from the chains of fullerenes in single-wall carbon nanotubes,S. Bandow,M. Takizawa,K. Hirahara,M. Yudasaka,S. Iijima,Chemical Physics Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 337,No. 1-3,p. 48-54,2001年03月30日,研究論文(学術雑誌)
  • High-yield fullerene encapsulation in single-wall carbon nanotubes,H. Kataura,Y. Maniwa,T. Kodama,K. Kikuchi,K. Hirahara,K. Suenaga,S. Iijima,S. Suzuki,Y. Achiba,W. Krätschmer,Synthetic Metals,Vol. 121,No. 1-3,p. 1195-1196,2001年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Arc plasma jet method producing single-wall carbon nanotubes,Yoshinori Ando,Xinluo Zhao,Kaori Hirahara,Kazutomo Suenaga,Shunji Bandow,Sumio Iijima,Diamond and Related Materials,Vol. 10,No. 3-7,p. 1185-1189,2001年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Endohedral metallofullerenes in carbon nanotubes,Okazaki T,Inoue T,Wang ZW,Shinohara H,Suenaga K,Hirahara K,Bandow S,Iijima S,Lian YF,Gu ZN,Kamat PV,Guldi DM,Kadish KM,Fullerenes For the New Millennium,Vol. 2000,p. 349-353,2001年
  • Core-level spectroscopy on the valence state of encaged metal in metallofullerene-peapods,Suenaga K,Hirahara K,Bandow S,Iijima S,Okazaki T,Kato H,Shinohara H,Kuzmany H,Fink J,Mehring M,Roth S,Electronic Properties of Molecular Nanostructures,Vol. 591,p. 256-260,2001年
  • Optical properties of fullerenes encapsulated in single-wall nanotubes,Kataura H,Maniwa Y,Kodama T,Kikuchi K,Hirahara K,Suenaga K,Iijima S,Suzuki S,Kratschmer W,Achiba Y,PROCEEDINGS OF THE 25TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON THE PHYSICS OF SEMICONDUCTORS, PTS I AND II,Vol. 87,p. 1609-1612,2001年
  • Fullerene-peapods: Synthesis, structure, and Raman spectroscopy,Kataura H,Maniwa Y,Kodama T,Kikuchi K,Hirahara K,Iijima S,Suzuki S,Kratschmer W,Achiba Y,ELECTRONIC PROPERTIES OF MOLECULAR NANOSTRUCTURES,Vol. 591,p. 251-255,2001年
  • Element-selective single atom imaging,K. Suenaga,M. Tencé,C. Mory,C. Colliex,H. Kato,T. Okazaki,H. Shinohara,K. Hirahara,S. Bandow,S. Iijima,Science,AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE,Vol. 290,No. 5500,p. 2280-2282,2000年12月22日,研究論文(学術雑誌)
  • One-dimensional metallofullerene crystal generated inside single-walled carbon nanotubes,K. Hirahara,K. Suenaga,S. Bandow,H. Kato,T. Okazaki,H. Shinohara,S. Iijima,Vol. 85,No. 25,p. 5384-5387,2000年12月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Materials science: The smallest carbon nanotube,Lu Chang Qin,Xinluo Zhao,Kaori Hirahara,Yoshiyuki Miyamoto,Yoshinori Ando,Sumio Iijima,Nature,MACMILLAN PUBLISHERS LTD,Vol. 408,No. 6808,p. 50-50,2000年11月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of oxidation on single-wall carbon nanotubes,Shinichi Nagasawa,Masako Yudasaka,Kaori Hirahara,Toshinari Ichihashi,Sumio Iijima,Chemical Physics Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 328,No. 4-6,p. 374-380,2000年10月06日,研究論文(学術雑誌)
  • Boron-catalyzed multi-walled carbon nanotube growth with the reduced number of layers by laser ablation,K. Hirahara,K. Suenaga,S. Bandow,S. Iijima,Vol. 324,No. 1-3,p. 224-230,2000年06月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Mass production of single-wall carbon nanotubes by the arc plasma jet method,Yoshinori Ando,Xinluo Zhao,Kaori Hirahara,Kazutomo Suenaga,Shunji Bandow,Sumio Iijima,Chemical Physics Letters,Vol. 323,No. 5-6,p. 580-585,2000年06月23日,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • ヤモリ足裏構造を模した粘着テープ,平原佳織,中山喜萬,月刊せんい,Vol. 70,No. 11,p. 25-31,2017年11月
  • カーボンナノ材料の機械科学,平原佳織,アトミックデザイン研究センターアニュアルレポート,Vol. 8,p. 6-7,2020年04月,記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • カーボンナノチューブを利用した放射光イメージング用新規試料ホルダ,上椙真之,上杉健太朗,平原佳織,日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(Web),Vol. 33rd,2020年
  • 3次元原子間力顕微鏡を用いた染色体のナノスケール3次元内部構造観察,児島亮平,宮澤佳甫,宮澤佳甫,岡野直子,目黒牧子,堀家慎一,炭竃享司,日笠山拓,今立呼南,平原佳織,福間剛士,福間剛士,応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 67th,2020年
  • Preparation for the Analysis of Hayabusa2 Returned Samples,M. Uesugi,K. Uesugi,M. Ito,N. Tomioka,T. Ohigashi,A. Yamaguchi,N. Imae,Y. Karouji,N. Shirai,T. Yada,M. Abe,K. Hirahara,Y. Kodama,I. Sakurai,82nd Annual Meeting of The Meteoritical Society, held 7-12 July, 2019 in Sapporo, Japan. LPI Contribution No. 2157, 2019, id.6269,2019年07月
  • カーボンナノチューブ・ヤモリテープの微小粒子に対する接着特性,加納弘嗣,平原佳織,日本機械学会関西学生会 平成30年度卒業研究発表講演会 前刷集,2019年03月
  • 低融点金属を用いたナノスケールの濡れ現象の電子顕微鏡観察,秋山勝紀,平原佳織,日本機械学会関西学生会 平成30年度卒業研究発表講演会 前刷集,2019年03月
  • TEM観察によるCNT1本レベルの温度分析解析,平原佳織,第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム講演要旨集,2018年09月
  • ナノスケールの固体円筒に働く力に与える濡れ性と曲率の影響に関する分子動力学解析,今泉優太,今立呼南,山口康隆,平原佳織,数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 32nd,2018年
  • ナノスケールの固体円柱に働くキャピラリー力に与える濡れ性と曲率の影響に関する分子動力学解析,今泉優太,今立呼南,山口康隆,平原佳織,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 55th,2018年
  • カーボンナノチューブの濡れと力学的バランスに関する分子動力学解析,今立呼南,今泉優太,平原佳織,山口康隆,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 55th,2018年
  • カーボンナノチューブの直径が濡れ性に与える影響の分子動力学解析,今立呼南,古田悠真,平原佳織,山口康隆,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),Vol. 54th,2017年
  • カーボンナノチューブ・ヤモリテープの水中フォースカーブ計測,辻田康平,平原佳織,応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 78th,2017年
  • エアログラファイト球殻粒子の合成における酸化亜鉛除去方法の検討,XU Zhenzi,平原佳織,応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 78th,2017年
  • Carbon nanocoils,Kaori Hirahara,Carbon Nanomaterials Sourcebook: Nanoparticles, Nanocapsules, Nanofibers, Nanoporous Structures, and Nanocomposites,Vol. 2,p. 49-73,2016年04月
  • 28am2-F-5 力計測によるカーボンナノチューブ1本レベルの濡れ性の評価 : 直径の依存性,今立 呼南,平原 佳織,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _28am2-F-5-_28am2-F-5,2015年
  • J2220106 凝着力計測によるイオン液体硬化過程の評価,山村 学,平原 佳織,年次大会,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _J2220106--_J2220106-,2015年
  • J2220304 カーボンナノチューブ複合樹脂電極における微細気泡成長過程の評価,福田 大悟,平原 佳織,年次大会,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _J2220304--_J2220304-,2015年
  • カーボンナノチューブに対するイオン液体の濡れ挙動のその場観察,今立呼南,平原佳織,日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会 要旨集,2014年05月
  • 5PM1-D-3 カーボンナノチューブ電極を用いた微小気泡の生成とその粒径制御(5PM1-D ナノ構造・材料の創製と評価),西村 大志,平原 佳織,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2013,No. 0,p. 41-42,2013年
  • 6PM1-A-3 架橋カーボンナノチューブの通電加工における支持方法の影響(6PM1-A マイクロナノプロセス技術II(センサシンポジウムとの合同セッション)),西山 裕,平原 佳織,中山 喜萬,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2013,No. 0,p. 137-138,2013年
  • 1044 高温引張下における単層カーボンナノチューブ内の転位の移動と構造変化に関する分子動力学的研究(OS9,OS10 合同ポスターセッション,OS・一般セッション講演),足立 利光,山口 康隆,平原 佳織,中山 喜萬,計算力学講演会講演論文集,一般社団法人日本機械学会,Vol. 2012,No. 25,p. 478-479,2012年10月06日
  • G2-1-3 白金/窒化ホウ素バイメタル型ナノ構造体の作製と変形挙動観察(G2 ナノ材料・構造),元井 啓順,平原 佳織,中山 喜萬,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. 29-30,2012年
  • P-G2-7 カーボンナノチューブを用いた金属ナノ粒子の融点計測(P-G2 マイクロナノ材料・構造,ポスターセッション論文),恵美 健央,黒田 圭介,平原 佳織,中山 喜萬,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. 235-236,2012年
  • 高温引張下における単層カーボンナノチューブ内の転位の移動と構造変化に関する分子動力学的研究,足立利光,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM),Vol. 25th,2012年
  • カーボンナノチューブの電子エミッターとしての構造安定性 (日本画像学会年次大会(通算107回) "Imaging Conference JAPAN 2011"論文集),恵美 健央,千賀 亮典,平原 佳織,Imaging Conference Japan論文集,日本画像学会,Vol. 2011,p. 15-18,2011年
  • OS2109 カーボンナノチューブの一方向形状記憶効果における回復時の力計測(OS21-3 形状記憶材料の機能特性,OS-21 形状記憶材料の開発,機能特性および応用),板谷 翔太郎,平原 佳織,中山 喜萬,M&M材料力学カンファレンス,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2011,No. 0,p. _OS2109-1_-_OS2109-3_,2011年
  • 多層カーボンナノチューブ先端への単層カーボンナノチューブ形成,千賀亮典,千賀亮典,平原佳織,平原佳織,中山喜萬,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 57th,2010年
  • カーボンナノコイル生成に関する分子動力学的研究,香川 勝,山口 康隆,平原 佳織,中山 喜萬,日本伝熱シンポジウム講演論文集,社団法人 日本伝熱学会,Vol. 2010,No. 0,p. 178-178,2010年
  • 高温下におけるカーボンナノチューブ曲げ特性に関する分子動力学的解析,香川勝,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,分子動力学シンポジウム講演論文集,Vol. 14th,p. 68-69,2009年05月22日
  • カーボンナノチューブ・カプセルの運動機構,千賀亮典,杣田博史,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集,Vol. 56th,No. 1,2009年03月30日
  • 石油精製副産物を原料としたカーボンナノチューブの合成,松田貴成,ABDULLAYEVA S,ABBASOV A,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集,Vol. 56th,No. 1,2009年03月30日
  • 平行接触したカーボンナノチューブの静止摩擦力,石川敦規,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集,Vol. 69th,No. 1,2008年09月02日
  • カーボンナノチューブ中のナノカプセルトラップ現象の分子動力学計算,上野吉範,杣田博史,平原佳織,中山喜萬,秋田成司,応用物理学会学術講演会講演予稿集,Vol. 69th,No. 1,2008年09月02日
  • 誘電泳動を利用したカーボンナノチューブによるタンパク質分子操作,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集,Vol. 69th,No. 3,2008年09月02日
  • ブラシ状カーボンナノチューブを用いた面ファスナー,平原佳織,味岡彰一,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集,Vol. 69th,No. 1,2008年09月02日
  • フラーレンを用いたカーボンナノチューブ固定,千賀亮典,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集,Vol. 69th,No. 1,2008年09月02日
  • Attachment of Carbon Nanotubes using Structural Changes in C60 Molecules by Electron Irradiation,SENGA Ryosuke,MARUYAMA Hiroyuki,HIRAHARA Kaori,NAKAYAMA Yoshikazu,フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム講演要旨集,Vol. 35th,2008年08月27日
  • カーボンナノチューブ・カプセル輸送,杣田博史,平原佳織,秋田成司,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集,Vol. 55th,No. 1,2008年03月27日
  • タンパク質トラッピング用カーボンナノチューブシートの開発,中野雅博,松田貴成,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集,Vol. 55th,No. 3,2008年03月27日
  • カーボンナノチューブ中のナノカプセル移動の分子動力学計算,上野吉範,杣田博史,平原佳織,中山喜萬,秋田成司,応用物理学関係連合講演会講演予稿集,Vol. 55th,No. 1,2008年03月27日
  • 単一カーボンナノチューブの先鋭化プロセス,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集,Vol. 55th,No. 1,2008年03月27日
  • 若者 電子顕微鏡でできるナノ加工,平原 佳織,生産と技術,生産技術振興協会,Vol. 60,No. 2,p. 34-36,2008年
  • 高温引張下における単層カーボンナノチューブの超塑性構造遷移シミュレーション,出口拡利,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM),Vol. 21st,2008年
  • 228 高温引張下における単層カーボンナノチューブの超塑性構造遷移シミュレーション(OS15.電子・原子・マルチシミュレーションに基づく材料特性評価(8),オーガナイズドセッション),出口 拡利,山口 康隆,平原 佳織,中山 喜萬,計算力学講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. 440-441,2008年
  • イオン液体に分散した金属ナノ粒子の高密度固定化と機能性電極への応用,木山朋紀,岡崎健一,平原佳織,田中信夫,桑畑進,鳥本司,電気化学秋季大会講演要旨集,Vol. 2007,2007年09月19日
  • Fe‐Sn触媒による多層カーボンナノコイルの作製,金田亮,PAN L,秋田成司,平原佳織,中山喜萬,岡崎信治,応用物理学会学術講演会講演予稿集,Vol. 68th,No. 1,2007年09月04日
  • Synthesis of multiwalled carbon nanocoils using catalyst of Fe-Sn,KANADA Ryo,PAN Lujun,AKITA Seiji,HIRAHARA Kaori,NAKAYAMA Yoshikazu,フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム講演要旨集,Vol. 33rd,2007年07月11日
  • イオン液体への真空蒸着による金‐銀合金ナノ粒子の合成,木山朋紀,岡崎健一,平原佳織,田中信夫,桑畑進,鳥本司,日本化学会講演予稿集,Vol. 87th,No. 1,2007年03月12日
  • 19pXC-8 収差補正STEM/TEMによる半導体ナノ構造体の研究 : 量子ドット・クラスター・単原子(シンポジウム 最新電子顕微鏡法を使った物性研究のいぶき,領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性),山崎 順,趙 星彪,平原 佳織,齋藤 晃,田中 信夫,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 62,No. 0,p. 962-962,2007年
  • 19aXC-9 白金1次元結晶鎖の収差補正TEM像と三次元観察の可能性(X線・粒子線(電子線),領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性),田中 信夫,平原 佳織,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 62,No. 0,p. 953-953,2007年
  • FePt‐MgO複合膜の作製とTEMによる長範囲規則度測定,中垣佳浩,平原佳織,田中信夫,高橋仁美,坂東俊治,日本金属学会講演概要,Vol. 139th,2006年09月16日
  • Quantum-size effects in capped and uncapped carbon nanotubes,Takashi Yumura,Daijiro Nozaki,Kaori Hirahara,Shunji Bandow,Sumio Iijima,Kazunari Yoshizawa,Annual Reports on the Progress of Chemistry - Section C,Vol. 102,No. 1,p. 71-91,2006年,書評論文,書評,文献紹介等
  • 真空蒸着法を用いる金属ナノ粒子新規合成法の開発,木山朋紀,岡崎健一,平原佳織,田中信夫,桑畑進,鳥本司,電気化学秋季大会講演要旨集,Vol. 2006,2006年
  • 24aYK-10 単層炭素ナノチューブの球面収差補正高分解能電子顕微鏡像の深さ分解能(24aYK X線・粒子線(電子線),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)),田中 信夫,平原 佳織,山崎 順,齋藤 晃,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 61,No. 0,p. 789-789,2006年
  • 準静水圧環境下での加圧による“G‐balls”の構造変化,中山敦子,竹村謙一,飯島澄男,平原佳織,小海文夫,古賀義紀,藤久裕司,高圧討論会講演要旨集,Vol. 44th,2003年11月01日
  • 静水圧下における多面体状グラファイトの構造変化,中山敦子,竹村謙一,飯島澄男,平原佳織,小海文夫,古賀義紀,分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM),Vol. 2003,2003年09月20日
  • 20aXF-11 静水圧力下におけるグラファイトボールの粉末 X 線回折実験,中山 敦子,竹村 謙一,飯島 澄男,平原 佳織,小海 文夫,古賀 義紀,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 58,No. 0,p. 725-725,2003年
  • フラーレンを内包したカーボンナノチューブーピーポッド構造の TEM 観察,飯島 澄男,平原 佳織,末永 和知,坂東 俊治,まてりあ : 日本金属学会会報,公益社団法人 日本金属学会,Vol. 40,No. 12,p. 1032-1032,2001年12月20日
  • 反応場としての単層カーボンナノチューブ,岡崎俊也,末永和知,平原佳織,坂東俊治,飯島澄男,篠原久典,分子構造総合討論会講演要旨集,Vol. 2001,2001年09月24日
  • 部分酸化したsingle‐wall carbon nanohorn集合体の分子間ポテンシャル構造,村田克之,加納博文,金子克美,STEELE W A,小海文夫,高橋邦光,平原佳織,湯田坂雅子,飯島澄夫,日本化学会講演予稿集,Vol. 80th,2001年09月07日
  • カーボンナノチューブの形状制御とフラーレンの包接,片浦弘道,鈴木信三,児玉健,菊地耕一,阿知波洋次,平原佳織,末永和知,飯島澄男,日本真空協会研究例会予稿集,Vol. 2001,p. 16-25,2001年02月16日
  • Novel templating synthesis of necklace-shaped mono- and bimetallic nanowires in hybrid organic-inorganic mesoporous material [1],A. Fukuoka,Y. Sakamoto,S. Guan,S. Inagaki,N. Sugimoto,Y. Fukushima,K. Hirahara,S. Iijima,M. Ichikawa,Journal of the American Chemical Society,Vol. 123,No. 14,p. 3373-3374,2001年,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 水素ガス中アーク放電で作製した単層カーボンナノチューブ,安藤 義則,趙 新洛,平原 佳織,飯島 澄男,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 56,No. 0,p. 731-731,2001年
  • 28aYX-4 C_<60>内包単層カーボンナノチューブ (peapod) の紫外光電子分光スペクトル,日野 照純,渡辺 浩幸,岡田 裕子,岩崎 賢太郎,片浦 弘道,阿知波 洋次,平原 佳織,飯島 澄男,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 56,No. 0,p. 749-749,2001年
  • 17pTJ-6 二層ナノチューブの層間整合性,平原 佳織,湯田坂 雅子,坂東 俊治,中平 貴工,伊藤 康司,斎藤 弥八,飯島 澄男,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 56,No. 0,p. 679-679,2001年
  • 種々のサイズを持つフラーレン中でのSmイオンの電子状態,岡崎俊也,末永和知,平原佳織,坂東俊治,飯島澄男,LIAN Y,GU Z,篠原久典,分子構造総合討論会講演要旨集,Vol. 2000,2000年09月27日
  • Pt,Rh,Pdを含むモノ及びバイメタリックナノ細線,アレイ型粒子の合成と構造解析,坂本謙,福岡淳,稲垣伸二,福嶋喜章,平原佳織,飯島澄男,市川勝,触媒討論会討論会A予稿集,Vol. 86th,2000年08月28日
  • 単層グラファイト薄膜の高分解能透過電子顕微鏡による動的観察,飯島 澄男,平原 佳織,末永 和知,電子顕微鏡,Vol. 35,p. 40-40,2000年05月01日
  • 極小カーボンナノチューブ先端の形成モデル,平原 佳織,趙 新洛,安藤 義則,飯島 澄男,秦 禄昌,電子顕微鏡,Vol. 35,p. 54-54,2000年05月01日
  • レーザー蒸発による多層カーボンナノチューブ生成における,平原 佳織,末永 和知,板東 俊治,飯島 澄男,電子顕微鏡,Vol. 35,p. 45-45,2000年05月01日
  • アークプラズマジェットで作製した単層カーボンナノチューブのキャラクタリゼーション,安藤 義則,趙 新洛,平原 佳織,末永 和知,板東 俊治,飯島 澄男,電子顕微鏡,Vol. 35,p. 47-47,2000年05月01日
  • アークプラズマジェットによる単層カーボンナノチューブの大量生成,安藤 義則,趙 新洛,平原 佳織,名城大学総合研究所紀要,名城大学総合研究所,No. 5,p. 45-52,2000年03月
  • 23aYF-1 単層ナノチューブに内包された様々なフラーレン一次元結晶の電子顕微鏡による評価,平原 佳織,飯島 澄男,坂東 俊治,末永 和知,菊池 耕一,片浦 弘道,阿知波 洋次,岡崎 俊也,加藤 治人,篠原 久典,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 55,No. 0,p. 704-704,2000年
  • 23aYF-2 ナノチューブに内包された1次元フラーレンチェーンの光物性,片浦 弘道,鈴木 信三,真庭 豊,菊地 耕一,兒玉 健,末永 和知,平原 佳織,飯島 澄男,阿知波 洋次,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 55,No. 0,p. 704-704,2000年
  • 27pF-9 レーザーアブレーション法により作製したB-C-Nナノ構造体のHRTEM観察,平原 佳織,末永 和和,坂東 俊治,湯田坂 雅子,飯島 澄男,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 54,No. 0,p. 777-777,1999年
  • 殻構造をもつ酸化亜鉛クラスターの高分解能観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,日本物理学会講演概要集(分科会),Vol. 1997,1997年09月
  • カーボンナノチューブの筒状構造の3次元的直接観察,木塚徳志,平原佳織,出口俊二,成瀬幹夫,田中信夫,日本物理学会講演概要集(分科会),Vol. 1997,1997年09月
  • 殻状ZnOクラスターの高分解能観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,日本金属学会講演概要,Vol. 121st,1997年09月
  • カーボンナノチューブの電子顕微鏡内変形の高分解能その場観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,出口俊二,成瀬幹夫,日本物理学会講演概要集(分科会),Vol. 1997,1997年09月
  • 単一カーボンナノチューブのその場3次元的電子顕微鏡観察,木塚徳志,平原佳織,出口俊二,成瀬幹夫,田中信夫,日本金属学会講演概要,Vol. 121st,1997年09月
  • カーボンナノチューブの変形のその場高分解能観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,出口俊二,成瀬幹夫,日本金属学会講演概要,Vol. 121st,1997年09月
  • ZrとZr酸化物クラスターの高分解能電子顕微鏡観察,平原佳織,佐々木康俊,木塚徳志,田中信夫,日本電子顕微鏡学会学術講演会発表要旨集,Vol. 53rd,1997年
  • 5a-X-5 殻構造をもつ酸化亜鉛クラスターの高分解能観察,平原 佳織,木塚 徳志,田中 信夫,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 52,No. 0,p. 388-388,1997年
  • 5p-X-1 カーボンナノチューブの電子顕微鏡内変形の高分解能その場観察,平原 佳織,木塚 徳志,田中 信夫,出口 俊二,成瀬 幹夫,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 52,No. 0,p. 390-390,1997年
  • 5p-X-3 カーボンナノチューブの筒状構造の3次元的直接観察,木塚 徳志,平原 佳織,出口 俊二,成瀬 幹夫,田中 信夫,日本物理学会講演概要集,一般社団法人 日本物理学会,Vol. 52,No. 0,p. 390-390,1997年

著書

  • Carbon Nanomaterials Sourcebook, Nanoparticles, Nanocapsules, Nanofibers, Nanoporous Structures, and Nanocomposites,Kaori Hirahara,CRC Press,2016年
  • 大学院講義物理化学Ⅲ (第2版) 固体の化学と物性,平原佳織,東京化学同人,ISBN:9784807907717,2012年03月
  • ナノカーボンの新展開 : 世界に挑む日本の先端技術,平原佳織,化学同人,ISBN:4759807454,2005年10月
  • 21世紀版薄膜作製応用ハンドブック,平原佳織,飯島澄男,エヌ・ティー・エス,ISBN:4860430190,2003年04月

特許・実用新案・意匠

  • CNT製造用の四層型触媒基体、基板炭化層付きCNT、炭化層付きCNT、CNT製法、CNT回収方法及びCNT連続製造装置,中山 喜萬,平原 佳織,筒井 俊博,長坂 岳志,特許第5605908号,特願2011-030140,出願日:2011年02月15日,登録日:2014年09月05日
  • カーボンナノコイル製造用触媒、その製造方法及びカーボンナノコイル,平原 佳織,中山 喜萬,特許第5560060号,特願2010-031574,出願日:2010年02月16日,登録日:2014年06月13日
  • カーボンナノチューブ集合体,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,特許第5518722号,JP2009061187,出願日:2009年06月19日,登録日:2014年04月11日
  • マイクロプロセッサ構造,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,特願2008-238855,出願日:2008年09月18日
  • マイクロプロセッサ構造,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,特願2008-238854,出願日:2008年09月18日
  • カーボンナノチューブ集合体の製造方法,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,特許第5199753号,特願2008-172035,出願日:2008年07月01日
  • 繊維状柱状構造体集合体およびそれを用いた粘着部材,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,JP2009056640,出願日:2009年03月31日
  • 繊維状柱状構造体集合体およびそれを用いた粘着部材,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,JP2009056643,出願日:2009年03月31日
  • カーボンナノチューブ係止ファスナー、その組合体及び製造方法,中山 喜萬,平原 佳織,味岡 彰一,特願2008-047817,出願日:2008年02月28日
  • カーボンナノチューブ支持体及びその製造方法,中山 喜萬,平原 佳織,千賀 亮典,JP2009053496,出願日:2009年02月26日
  • ハイブリッドカーボンナノチューブの作製方法,飯島 澄男,坂東 俊治,末永 和知,平原 佳織,特許第3550367号,特願2001-052847,出願日:2001年02月27日
  • 単層カーボンナノチューブの開孔方法,飯島 澄男,坂東 俊治,末永 和知,平原 佳織,岡崎 俊也,篠原 久典,特願2000-286095,出願日:2000年09月20日
  • ハイブリッド単層カーボンナノチューブの作製方法,飯島 澄男,坂東 俊治,末永 和知,平原 佳織,岡崎 俊也,篠原 久典,特願2000-286109,出願日:2000年09月20日
  • ハイブリッド単層カーボンナノチューブ,飯島 澄男,坂東 俊治,末永 和知,平原 佳織,岡崎 俊也,篠原 久典,特願2000-286108,出願日:2000年09月20日
  • 繊維状柱状構造体集合体およびそれを用いた粘着部材,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,特許第4545827号,特願2010-107229,出願日:2010年05月07日
  • 繊維状柱状構造体集合体およびそれを用いた粘着部材,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,特許第4528359号,特願2009-554806,出願日:2009年03月31日
  • 繊維状柱状構造体集合体およびそれを用いた粘着部材,前野 洋平,中山 喜萬,平原 佳織,特許第4472785号,特願2009-554807,出願日:2009年03月31日
  • カーボンナノチューブ支持体及びその製造方法,中山 喜萬,平原 佳織,千賀 亮典,特許第4917170号,特願2010-500728,出願日:2009年02月26日

講演・口頭発表等

  • Visualization of thermal transports on bundled carbon nanotubes by monitoring phase transition of tin nanoparticles,第60回記念フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム,2021年03月
  • Synthesis of WTe2 nanowires by tellurization of tungsten oxide nanowires and origin of non-formation of tubular structure,第60回記念フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム,2021年03月02日
  • "Bulk analysis of a small fragment of the Hayabusa2 returned sample: A plan proposed by Phase2 Kochi",M. Ito,A. Yamaguchi,N. Imae,M. Kimura,N. Shirai,N. Tomioka,M. Uesugi,K. Uesugi,T. Ohigashi,Y. Karouji,Y. Kodama,H. Yuzawa,K. Hirahara,I. Sakurai,I. Okada,T. Yada,M. Abe,The 11th Symposium on Polar Science,2020年11月
  • Anisotropic thermal conductivity of bundled carbon nanotubes,濱﨑拡,Workshop on Thermal and Charge Transport across Flexible Nano-Interfaces (TCTFN2020),2020年12月01日
  • Effect of impact preloading on the adhesion of carbon nanotube gecko tapes against the collision of SUS balls,M. Abe,K. Hirahara,MNC2020
  • In-Situ Observation of Anisotropic Thermal Transport on a Bundle of Single-Walled Carbon Nanotubes,H. Hamasaki,S. Takimoto,K. Hirahara,MNC2020,2020年11月10日
  • "Phase2高知:多機関横断型リンケージ分析が 明らかにする「はやぶさ2」帰還試料の詳細 Phase 2 “Team Kochi” for deciphering Hayabusa2 returned sample: in-depth analysis utilizing multi-instruments",伊藤元雄,富岡尚敬,上椙真之,上杉健太朗,山口亮,今栄直也,大東琢治,白井直樹,唐牛譲,兒玉優,湯澤勇人,平原佳織,桜井郁也,岡田育夫,木村真,矢田達,安部正真,UVSORシンポジウム
  • Visualization of nanometer-scale three-dimensional structures chromosomes with three-dimensional atomic force microscopy,28th International colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM28),2020年10月11日
  • Crystallinity dependence on mechanical properties of aerographite particles,李玥璇,濱﨑拡,平原佳織,第59回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム,2020年
  • Visualization of thermal transports on bundled carbon nanotubes by monitoring evaporation of gold nanoparticles,濱﨑拡,平原佳織,第59回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム,2020年09月16日
  • Survival of organic materials during atmospheric entry of micrometeorites,Masayuki Uesugi,Motoo Ito,Naotaka Tomioka,Yu Kodama,Takuji Ohigashi,Hayato Yuzawa,Kentaro Uesugi,Akira Yamaguchi,Naoya Imae,Naoki Shirai,Yuzuru Karouji,Aiko Nakato,Kasumi Yogata,Kaori Hirahara,Ikuya Sakurai,Toru Yada,Masanao Abe,JpGU-AGU Joint Meeting 2020
  • 3次元原子間力顕微鏡を用いた染色体のナノスケール3次元内部構造観察,児島亮平,宮澤佳甫,宮澤佳甫,岡野直子,目黒牧子,堀家慎一,炭竃享司,日笠山拓,今立呼南,平原佳織,福間剛士,福間剛士,応用物理学会春季学術講演会,2020年
  • カーボンナノチューブを利用した放射光イメージング用新規試料ホルダ,上椙真之,上杉健太朗,平原佳織,日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(Web),2020年
  • Size-Dependent Adhesion Properties of the Carbon Nanotube Gecko Tapes for Micrometer-Scale Particles,K. Hirahara,H. Kano,MNC2019,2019年10月
  • Measuring the current-voltage characteristics of isolated carbon nanotubes under transient temperature conditions,M. Hashimoto,K. Hirahara,NT19 – International Conference on the Science and Application of Nanotubes and Low-Dimensional Materials,,2019年07月
  • Preparation for the Analysis of Hayabusa2 Returned Samples,M. Uesugi,K. Uesugi,M. Ito,N. Tomioka,T. Ohigashi,A. Yamaguchi,N. Imae,Y. Karouji,N. Shirai,T. Yada,M. Abe,K. Hirahara,Y. Kodama,I. Sakurai,82nd Annual Meeting of The Meteoritical Society,2019年07月
  • 低融点金属を用いたナノスケールの濡れ現象の電子顕微鏡観察,秋山勝紀,平原佳織,日本機械学会関西学生会 平成30年度卒業研究発表講演会,2019年03月
  • カーボンナノチューブ・ヤモリテープの微小粒子に対する接着特性,加納弘嗣,平原佳織,日本機械学会関西学生会 平成30年度卒業研究発表講演会,2019年03月
  • Determination of temperature gradient on a carbon nanotube by in-situ transmission electron microscopy,M. Hashimoto,K. Hirahara,Workshop on Thermal and Charge Transport across Flexible Nano-Interfaces (TCTFN2018),2018年11月
  • TEM観察によるCNT1本レベルの温度分析解析,平原佳織,第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム,2018年09月
  • Wettability of the outer and inner surfaces of carbon nanotubes evaluated by single-nanotube-level force measurement and in-situ observation,K. Imadate,K. Hirahara,19th International microscopy congress,2018年09月
  • ナノスケールの固体円筒に働く力に与える濡れ性と曲率の影響に関する分子動力学解析,今泉優太,今立呼南,山口康隆,平原佳織,数値流体力学シンポジウム,2018年
  • カーボンナノチューブの濡れと力学的バランスに関する分子動力学解析,今立呼南,今泉優太,平原佳織,山口康隆,日本伝熱シンポジウム講演論文集,2018年
  • ナノスケールの固体円柱に働くキャピラリー力に与える濡れ性と曲率の影響に関する分子動力学解析,今泉優太,今立呼南,山口康隆,平原佳織,日本伝熱シンポジウム講演論文集,2018年
  • エアログラファイト球殻粒子の合成における酸化亜鉛除去方法の検討,XU Zhenzi,平原佳織,応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2017年
  • カーボンナノチューブ・ヤモリテープの水中フォースカーブ計測,辻田康平,平原佳織,応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2017年
  • カーボンナノチューブの直径が濡れ性に与える影響の分子動力学解析,今立呼南,古田悠真,平原佳織,山口康隆,日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),2017年
  • CNT複合樹脂電極を用いた表面ナノバブルの形成とAFM計測,福田大悟,平原佳織,日本マイクロナノバブル学会第五回学術総会
  • Refilling of carbon nanotube cartridges for additive nanomanufacturing,Raman Bekarevich,Masami Toyoda,Shuichi Baba,Kaifeng Zhang,Toshihiko Nakata,Shin-ichi Taniguchi,Kaori Hirahara,"Lecturing and workshop: Nanotechnology and Nanomaterial Sebelas Maret University,
  • Evaluation of Tensile Fracture Properties of Multi-Walled Carbon Nanotubes Synthesized by Chemical Vapor Deposition,Itaru Tamaki,Keiichi Shirasu,Go Yamamoto,Raman Bekarevich,Kaori Hirahara,Yoshinobu Shimamura,Yoku Inoue,Tomonaga Okabe,Toshiyuki Hashida,APCFS2016: Asia-Pacific Conference on Fracture and Strength 2016
  • Diameter-dependent Wettability of Carbon Nanotube as Studied by Atomic Force Microscopy,K. Imadate,K. Hirahara,Seventeenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes and Low-Dimensional Materials - NT16
  • Curvature dependent wettability of carbon nanotubes,K. Imadate,K. Hirahara,MRS 2016 Spring meeting
  • Compressive property of aerographite spiky-shell particles as studied by in-situ electron microscopy,K. Hiraishi,K. Imadate,K. Hirahara,Y. Hirota,N. Nishiyama,MRS 2016 Spring meeting
  • Length-Selective Loading of Gold into the Interior of Carbon Nanotubes,R.V. Bekarevich,M. Toyoda,S. Baba,T. Nakata,K. Hirahara,第50回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム
  • In-situ electron microscopy on nanomechanics of nanocarbon and related materials,K. Hirahara,2nd East-Asia Microscopy Conference (EAMC2)
  • カーボンナノチューブの濡れ性における曲率効果(Curvature Effect on Wettability of Carbon Nanotube),今立呼南,平原佳織,第49回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム
  • 架橋カーボンナノチューブの通電加熱下における構造変化の多様性(Variety of structural modulations in bridged carbon nanotubes under Joule heating),荒木祐起,平原佳織,第49回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム
  • Depth-Resolution Imaging of Crystalline Nano Clusters on/in Amorphous Films Using Aberration-Corrected TEM,Jun Yamasaki,Akihiko Hirata,Yoshihiko Hirotsu,Kaori Hirahara,Nobuo Tanaka,Microscopy and Microanalysis 2015 (MandM 2015)
  • Application of vertically aligned carbon nanotubes-based composite electrodes as a fine bubble generator,D. Fukuda,K. Hirahara,The 16th International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT15)
  • Fabrication and compressive property of aerographite spiky-shell particles,K. Hiraishi,Y. Hirota,N. Nishiyama,K. Hirahara,The 16th International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT15)
  • 収差補正TEMによる結晶性ナノクラスターの深さ分解能結像,山崎順,平田秋彦,弘津禎彦,平原佳織,田中信夫,日本顕微鏡学会第71回学術講演会
  • 電子線照射によるイオン液体の硬化現象,山村学,平原佳織,日本顕微鏡学会第71回学術講演会
  • Depth-resolution imaging of crystalline nano clusters on/in amorphous films using aberration-corrected TEM,Jun Yamasaki,Masayuki Mori,Akihiko Hirata,Yoshihiko Hirotsu,Kaori Hirahara,Nobuo Tanaka,Third conference on frontiers of aberration corrected electron microscopy (PICO2015)
  • J2220304 カーボンナノチューブ複合樹脂電極における微細気泡成長過程の評価,福田 大悟,平原 佳織,年次大会,2015年
  • J2220106 凝着力計測によるイオン液体硬化過程の評価,山村 学,平原 佳織,年次大会,2015年
  • 28am2-F-5 力計測によるカーボンナノチューブ1本レベルの濡れ性の評価 : 直径の依存性,今立 呼南,平原 佳織,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,2015年
  • Generationg and trapping device for size-controlled microbubbles using patterned carbon nanotubes,H. Nishimura,K. Hirahara,MRS Fall Meeting 2014
  • Generating of micro/nano bubbles by water electrolysis using carbon nanotubes/resin composite film as the electrode,E. O. Bactiar,H.Nishimura,K. Hirahara,MRS Fall Meeting 2014
  • Wetting behavior of ionic liquid on a carbon nanotube,K. Imadate,K. Hirahara,International microscopy congress (IMC2014)
  • Measurement of the tensile force applied to a carbon nanotube during the axial shrinking deformation,Y. Nishiyama,K. Hirahara,International microscopy congress (IMC2014)
  • In-situ observation on wetting behavior of ionic liquid on a carbon nanotube,K. Imadate,K. Hirahara,15th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2014 (NT14)
  • カーボンナノチューブに対するイオン液体の濡れ挙動のその場観察,今立呼南,平原佳織,日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会 要旨集,2014年05月
  • Loading Rate Dependence of Extension Length of Bound Two Proteins,Toshiki Sano,Masahiro Nakano,Kaori Hirahara,Satoshi Ohno,Takashi Yokogawa,Yoshikazu Nakayama,12th International Conference on Atomically Controlled Surface, Interface and Nanostructures in conjunction with 21st International Colloquium on Scanning Probe Microscopy
  • Charge state of capsule prepared by coalescence of Sc3N@C80 molecules in a carbon nanotube,YONETANI Yuki,FALLAHGILVAEI Ahmadreza,SENGA Ryosuke,HIRAHARA Kaori,KITAURA Ryo,SHINOHARA Hisanori,NAKAYAMA Yoshikazu,フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム講演要旨集,2013年08月05日
  • 白金/窒化ホウ素バイメタル型ナノ構造体の熱挙動観察,元井啓順,平原佳織,中山喜萬,日本顕微鏡学会第69回学術講演会
  • 二層カーボンナノチューブの層間における結合切り替えのその場TEM観察,西山裕,平原佳織,日本顕微鏡学会第69回学術講演会
  • カーボンナノチューブを用いた単一生体分子相互作用力計測,佐野利樹,KHAN Shahbaz,中野雅博,平原佳織,吉村成弘,大野敏,横川隆志,中山喜萬,応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2013年03月11日
  • 6PM1-A-3 架橋カーボンナノチューブの通電加工における支持方法の影響(6PM1-A マイクロナノプロセス技術II(センサシンポジウムとの合同セッション)),西山 裕,平原 佳織,中山 喜萬,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,2013年
  • 5PM1-D-3 カーボンナノチューブ電極を用いた微小気泡の生成とその粒径制御(5PM1-D ナノ構造・材料の創製と評価),西村 大志,平原 佳織,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,2013年
  • Degradation of Carbon Nanotube Emitters in High Electric Field,T. Emi,K. Keisuke,K. Hirahara,Y. Nakayama,25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2012)
  • 白金/窒化ホウ素バイメタル型ナノ構造体の作製と変形挙動観察,元井啓順,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集,2012年10月21日
  • カーボンナノチューブを用いた金属ナノ粒子の融点計測,恵美健央,黒田圭介,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集,2012年10月21日
  • カーボンナノチューブ電界電子放出源の劣化機構,恵美健央,黒田圭介,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2012年08月27日
  • カーボンナノチューブの扁平円筒間状態遷移とその応用,千賀亮典,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2012年08月27日
  • カーボンナノチューブを用いたPtナノ粒子の融点計測,恵美健央,黒田圭介,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2012年08月27日
  • Feasibility of high frequency oscillator consisting of carbon nanotubes,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,13th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2012 (NT12)
  • Degradation of Carbon Nanotubes in Field Emission,T. Emi,K. Keisuke,K. Hirahara,Y. Nakayama,13th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2012 (NT12)
  • Nanotorosional actuator consisting of carbon nanotube,SENGA Ryosuke,HIRAHARA Kaori,YAMAGUCHI Yasutaka,NAKAYAMA Yoshikazu,フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム講演要旨集,2012年03月06日
  • ナノチューブの状態遷移を利用した回転式ナノアクチュエータの応答性,千賀亮典,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2012年02月29日
  • 高温引張下における単層カーボンナノチューブ内の転位の移動と構造変化に関する分子動力学的研究,足立利光,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM),2012年
  • P-G2-7 カーボンナノチューブを用いた金属ナノ粒子の融点計測(P-G2 マイクロナノ材料・構造,ポスターセッション論文),恵美 健央,黒田 圭介,平原 佳織,中山 喜萬,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,2012年
  • G2-1-3 白金/窒化ホウ素バイメタル型ナノ構造体の作製と変形挙動観察(G2 ナノ材料・構造),元井 啓順,平原 佳織,中山 喜萬,マイクロ・ナノ工学シンポジウム,2012年
  • カーボンナノチューブの一方向形状記憶効果における回復時の力計測,板谷 翔太郎,平原 佳織,中山 喜萬,日本機械学会論文集A編,2012年
  • Deformation of Platinum/Boron Nitride Nanotube Bicomponents,MOTOI Hiromichi,HIRAHARA Kaori,NAKAYAMA Yoshikazu,Abstr Book Int Symp Surf Sci,2011年12月12日
  • Structural modulation of isolated carbon nanotubes during the superplastic deformation process,K. Hirahara,K. Inose,Y. Nakayama,MRS 2011 Fall meeting
  • Annealing effect on crystallinity and oscillation property of carbon nanocoils,K. Hirahara,K. Nakata,Y. Nakayama,MRS 2011 Fall meeting
  • Recovery force of carbon nanotube shape memory,S. Itaya,K.Hirahara,Y. Nakayama,24th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2011)
  • Temperature Dependent Resistance of Multi-wall Carbon Nanotube,E. Kawabe,K. Hirahara,Y. Nakayama,24th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2011)
  • Response of thermally activated torsional motion of carbon nanotube,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,A3 Symposium on Emerging Materials : Nanometals for energy & environments
  • Recovery force generated by one-way shape memory effect of carbon nanotube,S. Itaya,K.Hirahara,Y. Nakayama,A3 Symposium on Emerging Materials : Nanometals for energy & environments
  • Carbon nanotube torsional actuator based on transition between flattened and tubular states,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yasutaka Yamaguchi,Yoshikazu Nakayama,24th Internationaol Conference on Amorphous and Nanocrystalline Semiconductors
  • カーボンナノチューブの形状記憶効果における曲率と回復力への影響,板谷翔太郎,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年08月16日
  • 多層カーボンナノチューブ層内電気抵抗の直径依存性,河邉英司,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年08月16日
  • 白金/窒化ホウ素ナノチューブバイメタル型構造体の作製および変形観察,元井啓順,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年08月16日
  • 電界放出下におけるカーボンナノチューブの構造変化,恵美健央,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年08月16日
  • カーボンナノチューブを利用した回転式ナノアクチュエータ実現に向けて,千賀亮典,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年08月16日
  • フラーレン分子の融合により形成したカーボンナノチューブのカイラリティ制御,米谷祐輝,千賀亮典,片浦弘道,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年08月16日
  • Effect of hydrogenation on the intermolecular interaction force in brush-like carbon nanotubes,FALLAH G. Ahmadreza,HIRAHARA Kaori,NAKAYAMA Yoshikazu,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年08月16日
  • Torsional actuator based on transition between flattened states and tubular states in carbon nanotubes,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yasutaka Yamaguchi,Yoshikazu Nakayama,12th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2011 (NT11)
  • Separation force spectroscopy of brush-like carbon nanotubes,Ahmadreza Fallahgilvaei,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,12th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2011 (NT11)
  • カーボンナノチューブの電子エミッターとしての構造安定性,恵美 健央,千賀 亮典,平原 佳織,中山 喜萬,日本画像学会年次大会,2011年
  • 高温引張下における単層カーボンナノチューブの構造変化と転位の運動に関する分子動力学的研究,足立利光,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,分子動力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM),2011年05月23日
  • 白金‐窒化ホウ素ナノチューブバイメタル型構造体の変形挙動の透過電子顕微鏡観察,元井啓順,平原佳織,中山喜萬,日本顕微鏡学会第67回学術講演会
  • シリカ微粒子バッファ層を用いたステンレス上へのカーボンナノチューブ合成,筒井俊博,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年03月09日
  • カーボンナノチューブの扁平‐円筒状態遷移を利用したナノアクチュエータ,千賀亮典,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年03月09日
  • カーボンナノチューブの形状回復に伴い発生する力の計測,板谷翔太郎,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年03月09日
  • カーボンナノチューブを利用した特異的分子間相互作用力の計測,中野雅博,吉村成弘,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年03月09日
  • カーボンナノコイルの構造と機械特性,中田健人,平野哲郎,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年03月09日
  • カーボンナノチューブの塑性変形領域の解析,井瀬景太,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2011年03月09日
  • OS2109 カーボンナノチューブの一方向形状記憶効果における回復時の力計測(OS21-3 形状記憶材料の機能特性,OS-21 形状記憶材料の開発,機能特性および応用),板谷 翔太郎,平原 佳織,中山 喜萬,M&M材料力学カンファレンス,2011年
  • Transition between Flattened States and Tubular States in Carbon Nanotubes,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,A3 Symposium on Emerging Materials : Nanocarbon and Nanowires for Energy
  • Structural change in carbon nanotubes during plastic deformation process,Kaori Hirahara,"Japan-Finland Workshop on ""Atomic defects in low-dimensional materials"""
  • Machining of a carbon nanotube and characterization of the structural modulation by transmission electron microscopy,Kaori Hirahara,第1回日仏先端工学シンポジウム(JFFOE)
  • Structural modification of isolated carbon nanotubes during the superplastic deformation process,Kaori Hirahara,Keita Inose,Hirotoshi Deguchi,Yasutaka Yamaguchi,Yoshikazu Nakayama,17th international microscopy congress
  • TEM Observation of Molecular Linear Motors Consisting of Carbon Nanotubes,Kaori Hirahara,Hiroshi Somada,Ryoshuke Senga,Seiji Akita,Yoshikazu Nakayama,17th international microscopy congress
  • カーボンナノコイル生成に関する分子動力学的研究,香川勝,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM),2010年09月22日
  • Modulation of Chiralities in Carbon Nanotubes by Plastic Elongation,INOSE Keita,DEGUCHI Hirotoshi,HIRAHARA Kaori,YAMAGUCHI Yasutaka,NAKAYAMA Yoshikazu,フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム講演要旨集,2010年09月05日
  • ポリイミドバッファー層を用いたステンレス上へのカーボンナノチューブ合成,筒井俊博,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年08月30日
  • カーボンナノチューブシート上での一分子力計測,中野雅博,山口圓,吉村成弘,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年08月30日
  • ナノチューブプローブを用いたタンパク質間の特異的相互作用力の検出,山口圓,中野雅博,円山拓行,吉村成弘,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年08月30日
  • カーボンナノチューブの延伸塑性変形時のカイラリティ変化解析,井瀬景太,出口拡利,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年08月30日
  • カーボンナノチューブにおける扁平状態と円筒形状態間の熱遷移,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年08月30日
  • カーボンナノコイルの結晶性と振動特性,中田健人,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年08月30日
  • Force Microscopy of Separation of Carbon Nanotube from the Brush,FALLAH G. Ahmadreza,HIRAHARA Kaori,NAKAYAMA Yoshikazu,応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年08月30日
  • High-yield synthesis of carbon nanocoils using FeMgSnCo catalyst with Sn-O buffer layer,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,11th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2010
  • Experimental study on chirality changes of isolated carbon nanotubes in superplastic deformation process,Kaori Hirahara,Keita Inose,Yoshikazu Nakayama,11th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2010
  • Manipulation of C60 Molecules by Electron Beam and Its Application to Attach Carbon Nanotubes to a Substrate,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,11th International Conference on the Science and Application of Nanotubes 2010
  • Plastic Deformation from Buckling of Carbon Nanotubes,Y. Nakayama,K. Hirahara,Y. Yamaguchi,81st Annual Meeting of the International Association of Applied Mathematics and Mechanics
  • カーボンナノチューブの延伸塑性変形時のカイラリティ変化,井瀬景太,出口拡利,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM),2010年03月03日
  • カーボンナノコイル生成に関する分子動力学的研究,香川勝,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,第47回日本伝熱シンポジウム,2010年
  • "Synthesis of carbon nanotubes from byproducts of oil refiner",T. Matsuda,A. Abbasov,S. Abdullayeva,K. Hirahara,Y. Nakayama,15th Anniversary Azerbaijian International Telecommunication and Information Technologies Exhibition and Conference
  • Structural Changes of C60 Molecules by Electron Beam Irradiation for Attachment of Carbon Nanotubes,Ryosuke Senga,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,The 6th Korea-Japan Symposium on Carbon Nanotube
  • Carbon Nanotube Linear Mortor Driven by Thermal Energy,Y. Nakayama,H. Somada,K. Hirahara,S. Akita,Y. Ueno,Tenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes (Beijin)
  • 高温下におけるカーボンナノチューブ曲げ特性に関する分子動力学的解析,香川勝,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,分子動力学シンポジウム講演論文集,2009年05月22日
  • カーボンナノチューブ・カプセルの運動機構,千賀亮典,杣田博史,平原佳織,中山喜萬,第56回応用物理学関係連合講演会,2009年03月30日
  • カーボンナノチューブのメカニクス,秋田成司,中山喜萬,平原佳織,河邊英司,平成19年度発足 文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」カーボンナノチューブエレクトロニクス 平成20年度第2回研究会
  • Molecular-Linear-Motor System Consisting of Carbon Nanotubes,Hiroshi Somada,Kaori Hirahara,Seiji Akita,Yoshikazu Nakayama,MRS 2008 fall meeting
  • Trapping Protein Molecules by Carbon Nanotube/Resin Sheet,Masahiro Nakano,Fumiatsu Ozaki,Takanari Matsuda,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,5th Japan-Korea Symposium on Carbon Nanotube
  • フラーレンを用いたカーボンナノチューブ固定,千賀亮典,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,日本応用物理学会第68回学術講演会,2008年09月02日
  • ブラシ状カーボンナノチューブを用いた面ファスナー,平原佳織,味岡彰一,中山喜萬,日本応用物理学会第69回学術講演会,2008年09月02日
  • 誘電泳動を利用したカーボンナノチューブによるタンパク質分子操作,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,日本応用物理学会第68回学術講演会,2008年09月02日
  • カーボンナノチューブ中のナノカプセルトラップ現象の分子動力学計算,上野吉範,杣田博史,平原佳織,中山喜萬,秋田成司,日本応用物理学会第69回学術講演会,2008年09月02日
  • 平行接触したカーボンナノチューブの静止摩擦力,石川敦規,平原佳織,中山喜萬,日本応用物理学会第69回学術講演会,2008年09月02日
  • Intermolecular Sticking Properties of Carbon Nnanotubes (Invited),Y. Nakayama,K. Hirahara,S. Ajioka,A. Ishikawa,O. Suekane,International Conference on NanotxUSA'08 (Dallas),2008年09月
  • Attachment of Carbon Nanotubes using Structural Changes in C60 Molecules by Electron Irradiation,SENGA Ryosuke,MARUYAMA Hiroyuki,HIRAHARA Kaori,NAKAYAMA Yoshikazu,フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム講演要旨集,2008年08月27日
  • Trapping Proteins at the Tip of Carbon Nanotubes by Dielectrophoresis,H. Maruyama,S. H. Yoshimura,S. Akita,A. Nagataki,K. Hirahara,Y. Nakayama,Ninth International Conference on the Science and Application of Nanotubes
  • Plane fastener using carbon nanotubes,K. Hirahara,S. Ajioka,Y. Nakayama,Ninth International Conference on the Science and Application of Nanotubes
  • 単一カーボンナノチューブの先鋭化プロセス,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会,2008年03月27日
  • カーボンナノチューブ中のナノカプセル移動の分子動力学計算,上野吉範,杣田博史,平原佳織,中山喜萬,秋田成司,2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会,2008年03月27日
  • タンパク質トラッピング用カーボンナノチューブシートの開発,中野雅博,松田貴成,平原佳織,中山喜萬,応用物理学関係連合講演会講演予稿集,2008年03月27日
  • カーボンナノチューブ・カプセル輸送,杣田博史,平原佳織,秋田成司,中山喜萬,2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会,2008年03月27日
  • 228 高温引張下における単層カーボンナノチューブの超塑性構造遷移シミュレーション(OS15.電子・原子・マルチシミュレーションに基づく材料特性評価(8),オーガナイズドセッション),出口 拡利,山口 康隆,平原 佳織,中山 喜萬,計算力学講演会講演論文集,2008年
  • 高温引張下における単層カーボンナノチューブの超塑性構造遷移シミュレーション,出口拡利,山口康隆,平原佳織,中山喜萬,第21回計算力学講演会,2008年
  • Evolution of nano-process technology for carbon nanotubes by manipulation and energization in TEM -Plastic deformation and coalescence-,Kaori Hirahara,Hiroshi Somada,Seiji Akita,Yoshikazu Nakayama,International Carbon Nanotube Conference in NU
  • Sharpening Process of CNTs by Inducing Electrical Current,Hiroyuki Maruyama,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,The 4th Korea-Japan Symposium on Carbon Nanotube
  • Preheating Effect of Fe-Film Catalyst for Synthesis of brush-Type Carbon Nanotubes,T, Nagasaka,T. Sakai,K. Hirahara,Y. Nakayama,The 4th Korea-Japan Symposium on Carbon Nanotube
  • イオン液体に分散した金属ナノ粒子の高密度固定化と機能性電極への応用,木山朋紀,岡崎健一,平原佳織,田中信夫,桑畑進,鳥本司,電気化学秋季大会講演要旨集,2007年09月19日
  • "Multiwalled carbon nanocoils synthesized by the catalyst of uniformly composed Fe-Sn",L. Pan,R. Kanada,S. Akita,K. Hirahara,N. Okazaki,Y. Nakayama,TNT2007 - Trends in Nanotechnology International Conference
  • Fe‐Sn触媒による多層カーボンナノコイルの作製,金田亮,PAN L,秋田成司,平原佳織,中山喜萬,岡崎信治,2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会,2007年09月04日
  • Depth Sensitivity of Cs-corrected TEM Imaging,K. Hirahara,J. Yamasaki,K. Saitoh,N. Tanaka,Microscopy & Microanalysis 2008 meeting,2007年08月04日
  • Synthesis of multiwalled carbon nanocoils using catalyst of Fe-Sn,KANADA Ryo,PAN Lujun,AKITA Seiji,HIRAHARA Kaori,NAKAYAMA Yoshikazu,第33回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,2007年07月11日
  • イオン液体への真空蒸着による金‐銀合金ナノ粒子の合成,木山朋紀,岡崎健一,平原佳織,田中信夫,桑畑進,鳥本司,日本化学会講演予稿集,2007年03月12日
  • 19aXC-9 白金1次元結晶鎖の収差補正TEM像と三次元観察の可能性(X線・粒子線(電子線),領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性),田中 信夫,平原 佳織,日本物理学会講演概要集,2007年
  • 19pXC-8 収差補正STEM/TEMによる半導体ナノ構造体の研究 : 量子ドット・クラスター・単原子,山崎 順,趙 星彪,平原 佳織,齋藤 晃,田中 信夫,日本物理学会 (シンポジウム 最新電子顕微鏡法を使った物性研究のいぶき,領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性),2007年
  • FePt‐MgO複合膜の作製とTEMによる長範囲規則度測定,中垣佳浩,平原佳織,田中信夫,高橋仁美,坂東俊治,日本金属学会講演概要,2006年09月16日
  • “Direct observation of six-membered rings in a graphitic monolayer constituting a single wall carbon nanotube by using Cs-corrected TEM”,平原佳織,齋藤晃,山崎順,田中信夫,International Conference of Microscopy 16th, Sapporo(Japan),2006年09月
  • Direct observation of six-membered rings in a single wall carbon nanotube by spherical aberration-corrected HRTEM,平原佳織,齋藤晃,山崎順,田中信夫,NT06, Nagano (Japan),2006年06月
  • “Stretching of Carbon-Carbon Bonds in a 0.7 nm Diameter Carbon Nanotube as studied by Nano Beam Electron Diffraction”,平原佳織,坂東俊治,片浦弘道,Mathieu Kociak,飯島澄男,田中信夫,International Conference of Microscopy 16th Sapporo(Japan),2006年06月
  • 透過電子顕微鏡法を用いたカーボンナノチューブおよび関連物質の構造解析,平原佳織,21世紀COEセミナー,大阪大学21世紀COEプログラム「究極と統合の新しい基礎科学」,2006年01月
  • 24aYK-10 単層炭素ナノチューブの球面収差補正高分解能電子顕微鏡像の深さ分解能(24aYK X線・粒子線(電子線),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)),田中 信夫,平原 佳織,山崎 順,齋藤 晃,日本物理学会講演概要集,2006年
  • 真空蒸着法を用いる金属ナノ粒子新規合成法の開発,木山朋紀,岡崎健一,平原佳織,田中信夫,桑畑進,鳥本司,電気化学秋季大会講演要旨集,2006年
  • 準静水圧環境下での加圧による“G‐balls”の構造変化,中山敦子,竹村謙一,飯島澄男,平原佳織,小海文夫,古賀義紀,藤久裕司,高圧討論会講演要旨集,2003年11月01日
  • 静水圧下における多面体状グラファイトの構造変化,中山敦子,竹村謙一,飯島澄男,平原佳織,小海文夫,古賀義紀,分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM),2003年09月20日
  • Electron diffraction study of the small-diameter carbon nanotube less than 0.7nm,平原佳織,坂東俊治,片浦弘道,Mathieu Kociak,飯島澄男,NT03, Seoul(Korea),2003年07月
  • 20aXF-11 静水圧力下におけるグラファイトボールの粉末 X 線回折実験,中山 敦子,竹村 謙一,飯島 澄男,平原 佳織,小海 文夫,古賀 義紀,日本物理学会講演概要集,2003年
  • Electron diffraction study of interlayer correlation in the double-wall carbon nanotube derived from C60-peapod,平原佳織,Mathieu Kociak,坂東俊治,湯田坂雅子,飯島澄男,International Conference of Electron Microscopy 15th, Durban (South Africa),2002年09月
  • Electron diffraction study of the double-wall carbon nanotubes,平原佳織,坂東俊治,Mathieu Kociak,中平貴工,伊藤康司,齋藤弥八,飯島澄男,Nanotube 2002, Boston (USA),2002年07月
  • Crystallization of C60 in quasi-one dimensional nanospace; C60 in double-walled carbon nanotube,平原佳織,坂東俊治,中平貴工,伊藤康司,斎藤弥八,湯田坂雅子,飯島澄男,Material Research Science 2001 Fall meeting, Boston (USA),2001年11月
  • Putting fullerenes and metallofullerenes into carbon nanotubes,T. Okazaki,K. Suenaga,K. Hirahara,S. Bandow,S. Iijima,H. Shinohara,Material Research Society 2001 Spring Meeting Symposium,2001年11月
  • 反応場としての単層カーボンナノチューブ,岡崎俊也,末永和知,平原佳織,坂東俊治,飯島澄男,篠原久典,分子構造総合討論会講演要旨集,2001年09月24日
  • 部分酸化したsingle‐wall carbon nanohorn集合体の分子間ポテンシャル構造,村田克之,加納博文,金子克美,STEELE W A,小海文夫,高橋邦光,平原佳織,湯田坂雅子,飯島澄夫,日本化学会講演予稿集,2001年09月07日
  • Structural characterization of double-wall carbon nanotubes by electron microscopy,平原佳織,坂東俊治,湯田坂雅子,中平貴工,伊藤康司,斎藤弥八,飯島澄男,CNT10, Tsukuba (Japan),2001年09月
  • Coalescence of fullerenes in single-walled carbon nanotubes,平原佳織,坂東俊治,湯田坂雅子,末永和知,飯島澄男,Nanotube 2001, Potsdam (Germany),2001年07月
  • カーボンナノチューブの形状制御とフラーレンの包接,片浦弘道,鈴木信三,児玉健,菊地耕一,阿知波洋次,平原佳織,末永和知,飯島澄男,日本真空協会研究例会予稿集,2001年02月16日
  • 17pTJ-6 二層ナノチューブの層間整合性,平原 佳織,湯田坂 雅子,坂東 俊治,中平 貴工,伊藤 康司,斎藤 弥八,飯島 澄男,日本物理学会講演概要集,2001年
  • 28aYX-4 C_<60>内包単層カーボンナノチューブ (peapod) の紫外光電子分光スペクトル,日野 照純,渡辺 浩幸,岡田 裕子,岩崎 賢太郎,片浦 弘道,阿知波 洋次,平原 佳織,飯島 澄男,日本物理学会講演概要集,2001年
  • 水素ガス中アーク放電で作製した単層カーボンナノチューブ,安藤 義則,趙 新洛,平原 佳織,飯島 澄男,日本物理学会講演概要集,2001年
  • Structural characterization of various peapods by high resolution transmission electron microscopy,平原佳織,坂東俊治,末永和知,菊地耕一,片浦弘道,阿知波洋次,岡崎俊也,加藤治彦,篠原久典,飯島澄男,Material Research Science 2000 Fall meeting, Boston (USA),2000年11月
  • 種々のサイズを持つフラーレン中でのSmイオンの電子状態,岡崎俊也,末永和知,平原佳織,坂東俊治,飯島澄男,LIAN Y,GU Z,篠原久典,分子構造総合討論会講演要旨集,2000年09月27日
  • Pt,Rh,Pdを含むモノ及びバイメタリックナノ細線,アレイ型粒子の合成と構造解析,坂本謙,福岡淳,稲垣伸二,福嶋喜章,平原佳織,飯島澄男,市川勝,触媒討論会討論会A予稿集,2000年08月28日
  • アークプラズマジェットによる単層カーボンナノチューブの大量生成,安藤 義則,趙 新洛,平原 佳織,名城大学総合研究所紀要,2000年03月
  • Optical properties of fullerenes encapsulated in single-wall nanotubes,K. Kataura,Y. Maniwa,T. Kodama,K. Kikuchi,K. Hirahara,K. Suenaga,S. Iijima,S. Suzuki,W. Kratschimer,Y. Achiba,25th International conference on the physics of semiconductors,2000年
  • 23aYF-2 ナノチューブに内包された1次元フラーレンチェーンの光物性,片浦 弘道,鈴木 信三,真庭 豊,菊地 耕一,兒玉 健,末永 和知,平原 佳織,飯島 澄男,阿知波 洋次,日本物理学会講演概要集,2000年
  • 23aYF-1 単層ナノチューブに内包された様々なフラーレン一次元結晶の電子顕微鏡による評価,平原 佳織,飯島 澄男,坂東 俊治,末永 和知,菊池 耕一,片浦 弘道,阿知波 洋次,岡崎 俊也,加藤 治人,篠原 久典,日本物理学会講演概要集,2000年
  • レーザーアブレーション法により作製したB-C-Nナノ構造体のHRTEM観察,平原 佳織,末永 和和,坂東 俊治,湯田坂 雅子,飯島 澄男,日本物理学会,1999年
  • カーボンナノチューブの変形のその場高分解能観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,出口俊二,成瀬幹夫,日本金属学会講演概要,1997年09月
  • 単一カーボンナノチューブのその場3次元的電子顕微鏡観察,木塚徳志,平原佳織,出口俊二,成瀬幹夫,田中信夫,日本金属学会講演概要,1997年09月
  • カーボンナノチューブの電子顕微鏡内変形の高分解能その場観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,出口俊二,成瀬幹夫,日本物理学会講演概要集(分科会),1997年09月
  • 殻状ZnOクラスターの高分解能観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,日本金属学会講演概要,1997年09月
  • カーボンナノチューブの筒状構造の3次元的直接観察,木塚徳志,平原佳織,出口俊二,成瀬幹夫,田中信夫,日本物理学会講演概要集(分科会),1997年09月
  • 殻構造をもつ酸化亜鉛クラスターの高分解能観察,平原佳織,木塚徳志,田中信夫,日本物理学会講演概要集(分科会),1997年09月
  • 5p-X-3 カーボンナノチューブの筒状構造の3次元的直接観察,木塚 徳志,平原 佳織,出口 俊二,成瀬 幹夫,田中 信夫,日本物理学会講演概要集,1997年
  • 5p-X-1 カーボンナノチューブの電子顕微鏡内変形の高分解能その場観察,平原 佳織,木塚 徳志,田中 信夫,出口 俊二,成瀬 幹夫,日本物理学会講演概要集,1997年
  • 5a-X-5 殻構造をもつ酸化亜鉛クラスターの高分解能観察,平原 佳織,木塚 徳志,田中 信夫,日本物理学会講演概要集,1997年
  • ZrとZr酸化物クラスターの高分解能電子顕微鏡観察,平原佳織,佐々木康俊,木塚徳志,田中信夫,日本電子顕微鏡学会学術講演会発表要旨集,1997年
  • 架橋カーボンナノチューブの通電加熱後の過渡的な温度変化と電気伝導特性の計測,平原佳織,ナノ物質を用いた熱制御と環境発電の合同研究会
  • Development of carbon nanotube probe tips for scanning probe microscopy(カーボンナノチューブSPM探針の加工と応用),平原佳織,ナノ生命化学研究所(NanoLSI)公開セミナー
  • 原子間力顕微鏡を用いた力計測によるカーボンナノチューブ1本の濡れ性に対する曲率が及ぼす影響の評価,今立呼南,古田悠真,山口康隆,平原佳織,日本顕微鏡学会第73回学術講演会
  • 小動物の足裏の巧妙さとその模倣 ー粘着テープへの応用ー,平原佳織,中山喜萬,日本繊維技術士センター 第59回公開講演会(繊維技術)
  • ナノメートル領域の濡れ現象のその場電子顕微鏡観察,平原佳織,東京理科大学総合研究院ナノカーボン研究部門ワークショップ2016
  • カーボンナノチューブ・ヤモリテープの水中接着における気泡の影響,辻田康平,平原佳織,日本機械学会 関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会
  • 低融点金属ナノ液滴の透過電子顕微鏡その場観察による接触角評価,大久保諒,平原佳織,日本機械学会 関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会
  • ヤモリ足裏を模倣した接着機構,平原佳織,中山喜萬,日本繊維機械学会第23回秋期セミナー
  • 配向カーボンナノチューブを用いた繊毛アクチュエータの作製,岩城 和憲,平原佳織,日本機械学会 関西学生会平成27年度学生員卒業研究発表講演会
  • Depth-Resolution Imaging of Crystalline Nano Clusters Using Aberration-Corrected TEM,Jun Yamasaki,Akihiko Hirata,Yoshihiko Hirotsu,Kaori Hirahara,Nobuo Tanaka,2nd East-Asia Microscopy Conference (EAMC2),2015年11月24日
  • 微細気泡発生源としてのカーボンナノチューブ複合樹脂電極の評価,福田大悟,平原佳織,日本機械学会 関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会
  • 電子線照射下におけるイオン液体硬化過程の評価,山村学,平原佳織,日本機械学会 関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノ材料の機械科学への電子顕微鏡観察によるアプローチ,平原佳織,日本材料学会 分子動力学部門・マイクロマテリアル部門合同部門委員会
  • ナノ領域における形状の異なる表面の濡れ挙動の電子顕微鏡観察,今立呼南,平原佳織,日本機械学会 関西学生会平成25年度学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブを用いたバイメタル型アクチュエータの作製,木下拓真,平原 佳織,西山 裕,日本機械学会 関西学生会平成25年度学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブ電極を用いた電気分解による微小気泡の生成,西村大志,平原佳織,第2回マイクロナノバブル学会学術総会
  • カーボン材料のナノ機械科学へのアプローチ,平原佳織,日本顕微鏡学会 平成25年度関西支部特別講演会
  • Charge state of capsule prepared by coalescence of Sc3N@C80 molecules in a carbon nanotube,米谷祐輝,Ahmadreza gilvaei,千賀亮典,平原佳織,北浦良,篠原久典,中山喜萬,第45回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム
  • ブラシ状カーボンナノチューブ電極を用いた水の電気分解により発生する泡のサイズ評価,西村大志,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブ・ヤモリテープの繰り返し接着性,中本剛,中山喜萬,平原佳織,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 透過電子顕微鏡を用いた室温イオン液体のナノスケール挙動観察,西尾政樹,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 生体一分子質量計測に向けたカーボンナノチューブの水溶液中共振の検出,十三元誓,平原佳織,中山喜萬,第7回ナノバイオメディカル学会
  • イオン液体/カーボンナノチューブ複合体の電界印加による変形挙動,赤本拓也,平原佳織,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブを用いた単一生体分子間力計測,佐野利樹,Shahbaz Kahn,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノコイル電磁アクチュエータ機構の考察と基本動作検証,松野智彦,平原佳織,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 金属ナノ粒子構造の熱的安定性,黒田圭介,河邉英二,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブを利用した回転式ナノアクチュエータ,千賀亮典,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,第42回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム
  • タンパク質一分子計測用カーボンナノチューブアームの作製,千賀亮典,恵美健央,平原佳織,中山喜萬,CREST「生命現象の解明と応用に資する新しい計測・分析基盤技術」研究領域シンポジウム
  • HRTEMによるカーボンナノチューブの構造特性と機能,平原佳織,"東北大学金属材料研究所ワークショップ 「分野融合型格子欠陥研究の発展にむけて」"
  • カーボンナノチューブの一方向形状記憶効果における回復力,板谷 翔太郎,平原 佳織,中山 喜萬,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「カーボンナノチューブナノエレクトロニクス」平成23年度第一回研究会
  • カーボンナノチューブの一方向形状記憶効果における回復時の力計測,板谷翔太郎,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会M&amp;M材料力学カンファレンス(CD-ROM),2011年
  • 電界電子放出時におけるカーボンナノチューブ先端構造の破壊機構,恵美健央,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 窒化ホウ素ナノチューブを用いたバイメタル型ナノアクチュエータ,元井啓順,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • フラーレン分子の融合により形成したカーボンナノチューブのカイラリティ制御,米谷祐輝,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 多層カーボンナノコイルの合成及び弾性力学的特性の評価,平野哲郎,中田健人,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブの共振を用いた生体一分子質量計測に関する研究,十三元誓,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 塑性変形によるカーボンナノチューブのカイラリティ変化領域の解析,井瀬景太,平原佳織,中山喜萬,2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
  • カーボンナノチューブプローブを用いたタンパク質間の特異的相互作用力の一分子計測,山口圓,中野雅博,円山拓行,吉村成弘,平原佳織,中山喜萬,ナノ・バイオメディシンシンポジウム第4回ナノ・バイオメディカル学会大会
  • カーボンナノチューブ構造変化過程のその場電子顕微鏡観察,平原佳織,"日本顕微鏡学会関西支部特別企画講演会 「産業基盤を支える顕微鏡」"
  • カーボンナノコイル成長の担持材質依存性,中田健人,平原佳織,中山喜萬,ナノテクノロジー・ネットワーク平成22年度成果報告会
  • Force Microscopy of Separation of CNTs from CNT Brush,Ahmadreza Fallahgilvaei,Kaori Hirahara,Yoshikazu Nakayama,2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会
  • ポリイミドバッファー層を用いたステンレス上へのカーボンナノチューブ合成,筒井俊博,平原佳織,中山喜萬,2010年秋季第71回応用物理学会学術講演会
  • カーボンナノチューブにおける扁平状態と円筒形状態間の熱遷移,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会
  • カーボンナノコイルの結晶性と振動特性,中田健人,平原佳織,中山喜萬,2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会
  • カーボンナノチューブの延伸塑性変形時のカイラリティ変化解析,井瀬景太,出口拡利,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会
  • ナノチューブプローブを用いたタンパク質間の特異的相互作用力の検出,山口圓,中野雅博,円山拓行,吉村成弘,平原佳織,中山善萬,2010年秋季第71回応用物理学会学術講演会
  • 延伸塑性変形によるカーボンナノチューブのカイラリティ変化,井瀬景太,出口拡利,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム
  • カーボンナノチューブの延伸塑性変形・接合のメカニクス,井瀬景太,千賀亮典,河邉英司,平原佳織,中山喜萬,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「カーボンナノチューブナノエレクトロニクス」平成22年度第一回研究会
  • 電子回折を用いたカーボンナノチューブ超塑性変形挙動解析,平原佳織,井瀬景太,中山喜萬,日本顕微鏡学会第66回学術講演会
  • カーボンナノチューブの通電加工時の温度計測,板谷翔太郎,千賀亮典,河邉英司,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブ間の接合形成,田淵聡,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブによるタンパク質分子の部位特異的捕捉と分子間相互作用力の計測,山口圓,円山拓行,中野雅博,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブスイッチの動作機構の解明,塚本美久,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブ延伸塑性変形時のカイラリティ変化,井瀬景太,出口拡利,平原佳織,山口康隆,中山喜萬,2010年春季 第57回 応用物理学関係連合講演会
  • カーボンナノチューブによる一分子レベルの生体分子間相互作用力の計測,山口圓,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,2010年春季 第57回 応用物理学関係連合講演会,2010年03月03日
  • 多層カーボンナノチューブ先端への単層カーボンナノチューブ形成,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,2010年春季 第57回 応用物理学関係連合講演会,2010年03月03日
  • カーボンナノコイル成長の担持材質依存性,中田健人,平原佳織,中山喜萬,2010年春季 第57回応用物理学関係連合講演会,2010年03月03日
  • 単層カーボンナノチューブシートを用いた新規タンパク質固定法の開発,中野雅博,松田貴成,尾崎史篤,平原佳織,中山喜萬,尾崎史篤,2010年春季 第57回 応用物理学関係連合講演会,2010年03月03日
  • カーボンナノチューブ塑性変形の熱エネルギー解析,河邉英司,平原佳織,中山喜萬,2010年春季 第57回 応用物理学関係連合講演会,2010年03月03日
  • 透過電子顕微鏡によるカーボンナノチューブの構造評価,平原佳織,ニューダイヤモンドフォーラム 平成21年度第2回研究会「カーボンナノチューブの基礎と実用化研究の最前線」
  • カーボンナノチューブのメカニクス,秋田成司,有江隆之,中山喜萬,平原佳織,河邊英司,"文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「カーボンナノチューブナノエレクトロニクス」 平成21年度第一回研究会"
  • 延伸カーボンナノチューブのカイラリティ変化計測,井瀬景太,平原佳織,中山喜萬,"文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 「カーボンナノチューブナノエレクトロニクス」 平成21年度第一回研究会"
  • 力計測用カーボンナノチューブアームの構築に関する研究,千賀亮典,井瀬景太,平原佳織,円山拓行,中山喜萬,CREST「生命現象解明のための計測分析」研究領域さきがけ・CREST研究報告会
  • カーボンナノ材料における電子顕微鏡観察技術の展開,平原佳織,平成21年度 第2回関西電気化学研究会
  • フラーレン分子の電子線誘起流動,千賀亮典,平原佳織,中山喜萬,日本応用物理学会第70回学術講演会,2009年09月08日
  • カーボンナノチューブ先端へのタンパク質分子特定部位捕捉,円山拓行,吉村成弘,平原佳織,中山喜萬,応用物理学会学術講演会講演予稿集,2009年09月08日
  • カーボンナノチューブ加工時における構造変化過程解析,井瀬景太,平原佳織,中山喜萬,日本応用物理学会第70回学術講演会,2009年09月08日
  • 石油精製副産物を原料としたカーボンナノチューブの合成,松田貴成,ABDULLAYEVA S,ABBASOV A,平原佳織,中山喜萬,第56回応用物理学関係連合講演会,2009年03月30日
  • 高温下におけるカーボンナノチューブの曲げ特性に関する分子動力学解析,香川 勝,山口康隆,中山喜萬,平原佳織,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノチューブの先鋭化プロセスに関する研究,石橋孝之,円山拓行,尾方成信,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • カーボンナノコイル合成における触媒機構の担持材質依存性,中田健人,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 単層カーボンナノチューブシートによるタンパク質トラッピングに関する研究,尾崎史篤,中野雅博,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 電子回折を用いたカーボンナノチューブの構造変化過程の解明,井瀬景太,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 高配向ナノチューブ連続合成装置の開発及び装置内の熱流体解析,筒井俊博,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • 電子線照射によるC60分子構造変化を用いたカーボンナノチューブ固定,千賀亮典,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,第35回記念フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム
  • Molecular Dynamics Simulation for Temperature Dependence of Molecular -Linear-Motor inside Nanotube,Y. Ueno,H. Somada,K. Hirahara,Y. Nakayama,S. Akita,第35回記念フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム
  • フラーレンを用いたカーボンナノチューブ固定,千賀亮典,円山拓行,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • "カーボンナノチューブによる単一生体分子間相互作用検出における反応場の形成 Manipulation Stage for Detection of Biological-Single-Molecules Interaction Using Carbon Nanotubes",松田貴成,中野雅博,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • "カーボンナノチューブ撚糸の引張強度発現機構 (Mechanism of Tensile–Strength Generation in Twisted Carbon Nanotube Yarns)",石川敦規,杣田博史,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会,2008年03月
  • カーボンナノチューブのマジックテープ機能,味岡彰一,平原佳織,中山喜萬,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • タンパク質のトラッピング用カーボンナノチューブシートの開発,中野雅博,松田貴成,平原佳織,中山喜萬,第55回応用物理学関係連合講演会
  • カーボンナノコイルの高速成長に関する研究,金田亮,潘路軍,秋田成司,岡崎信治,平原佳織,中山喜萬,平成19年度大阪府立産業技術総合研究所研究発表会
  • 球面収差補正TEM像の深さ感度を活かした表面形状解析,平原佳織,山崎順,齋藤晃,中山喜萬,田中信夫,日本物理学会
  • 座屈変形したフラーレン内包単層ナノチューブの通電加熱による構造変化のその場観察,杣田 博史,吉川 雄也,長瀧 篤子,平原 佳織,秋田 成司,中山 喜萬,日本顕微鏡学会第63回学術講演会
  • 球面収差補正TEM像の深さ感度,平原佳織,山崎順,齋藤晃,中山喜萬,田中信夫,日本顕微鏡学会第63回学術講演会
  • カーボンナノコイルを用いた静電アクチュエータ,近藤天,中山喜萬,平原佳織,日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会
  • Direct Atomistic Observation of Deformation of Carbon Nanotubes by Time-Resolved High-Resolution Transmission Electron Microscopy,K. Hirahara,N. Tanaka,S. Deguchi,M. Naruse,T. Kizuka,4th Special Symposium on ADVANCED MATERIALS (SSAM4),1998年