EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

岡田 直貴

Okada Naoki

薬学研究科 附属創薬センター,教授

学歴

  • 1992年04月 ~ 1997年03月,大阪大学,薬学研究科,応用薬学専攻
  • 1988年04月 ~ 1992年03月,大阪大学,薬学部,薬学科

経歴

  • 2017年08月 ~ 継続中,大阪大学大学院薬学研究科,ワクチン・免疫制御学プロジェクト,教授
  • 2009年05月 ~ 2017年07月,大阪大学大学院薬学研究科,薬剤学分野,准教授
  • 2005年11月 ~ 2009年05月,大阪大学大学院薬学研究科,薬剤学分野,講師
  • 2008年03月 ~ 2009年03月,米国メリーランド大学癌センター,博士研究員
  • 1998年10月 ~ 2005年10月,京都薬科大学,薬剤学教室,助手
  • 1997年04月 ~ 1998年07月,藤沢薬品工業株式会社,薬物動態研究所,研究員

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,分子生物学
  • ライフサイエンス,免疫学
  • ライフサイエンス,薬系衛生、生物化学
  • ライフサイエンス,医療薬学

所属学会

  • 日本ワクチン学会
  • 日本薬剤学会
  • 日本DDS学会
  • 日本免疫学会
  • 日本癌学会
  • 日本薬学会

論文

  • Characteristics of immune induction by transcutaneous vaccination using dissolving microneedle patches in mice,Sachiko Hirobe,Ryo Susai,Honoka Takeuchi,Ryosuke Eguchi,Sayami Ito,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Naoki Okada,Int. J. Pharm.,Elsevier BV,Vol. 601,p. 120563-120563,2021年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Structure of the signal transduction domain in second-generation CAR regulates the input efficiency of CAR signals,Kento Fujiwara,Masaki Kitaura,Ayaka Tsunei,Hotaka Kusabuka,Erika Ogaki,Naoki Okada,Int. J. Mol. Sci.,Vol. 22,No. 5,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Predicting the efficacy and safety of TACTICs (tumor angiogenesis-specific CAR-T cells impacting cancers) therapy for soft tissue sarcoma patients,Kento Fujiwara,Shigemi Sasawatari,Syo Nakai,Keisuke Imaeda,Seina Nagai,Yoshihiro Matsuno,Kanako Hatanaka,Yutaka Hatanaka,Satoshi Takenaka,Naoki Okada,Cancers,Vol. 12,No. 10,2020年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Development and functional analysis of an anticancer T‐cell medicine with immune checkpoint inhibitory ability,Kento Fujiwara,Kazuki Shigematsu,Masashi Tachibana,Naoki Okada,IUBMB Life,Wiley,Vol. 72,No. 8,p. 1649-1658,2020年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Transcutaneous immunization with a highly active form of XCL1 as a vaccine adjuvant using a hydrophilic gel patch elicits long-term CD8+ T cell responses,Momo Kamei,Kazuhiko Matsuo,Haruka Imanishi,Yuta Hara,Ying-Shu Quen,Fumio Kamiyama,Naoki Oiso,Akira Kawada,Naoki Okada,Takashi Nakayama,J. Pharmacol. Sci.,Elsevier BV,Vol. 143,No. 3,p. 182-187,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of scFv structure in chimeric antigen receptor on receptor expression efficiency and antigen recognition properties,Kento Fujiwara,Mizuki Masutani,Masashi Tachibana,Naoki Okada,Biochem. Biophys. Res. Commun.,Vol. 527,No. 2,p. 350-357,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Hinge and transmembrane domains of chimeric antigen receptor regulate receptor expression and signaling threshold,Kento Fujiwara,Ayaka Tsunei,Hotaka Kusabuka,Erika Ogaki,Masashi Tachibana,Naoki Okada,Cells,Vol. 9,No. 5,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Characteristic of K3 (CpG-ODN) as a Transcutaneous Vaccine Formulation Adjuvant.,Sayami Ito,Sachiko Hirobe,Takuto Kawakita,Mio Saito,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Ken J Ishii,Mizuho Nagao,Takao Fujisawa,Masashi Tachibana,Naoki Okada,Pharmaceutics,Vol. 12,No. 3,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Valproic acid attenuates CCR2-dependent tumor infiltration of monocytic myeloid-derived suppressor cells, limiting tumor progression.,Zhiqi Xie,Tamami Ikegami,Yukio Ago,Naoki Okada,Masashi Tachibana,Oncoimmunology,Vol. 9,No. 1,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Immunogenicity of milk protein-containing hydrogel patch for epicutaneous immunotherapy for milk allergy,Sayami Ito,Sachiko Hirobe,Yu Kuwabara,Mizuho Nagao,Mio Saito,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Takao Fujisawa,Naoki Okada,Pharm. Res.,Vol. 37,No. 3,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Valproic acid attenuates immunosuppressive function of myeloid-derived suppressor cells,Zhiqi Xie,Yukio Ago,Naoki Okada,Masashi Tachibana,J. Pharmacol. Sci.,Vol. 137,No. 4,p. 359-365,2018年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of novel double-decker microneedle patches for transcutaneous vaccine delivery,Akihiko Ono,Hiroaki Azukizawa,Sayami Ito,Yuki Nakamura,Hideo Asada,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Ichiro Katayama,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Int. J. Pharm.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 532,No. 1,p. 374-383,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of novel faster-dissolving microneedle patches for transcutaneous vaccine delivery,Akihiko Ono,Sayami Ito,Shun Sakagami,Hideo Asada,Mio Saito,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Pharmaceutics,Vol. 9,No. 3,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical study of a retinoic acid-loaded microneedle patch for seborrheic keratosis or senile lentigo,Sachiko Hirobe,Risa Otsuka,Hiroshi Iioka,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Hideo Asada,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Life Sci.,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 168,p. 24-27,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Immunological quality and performance of tumor vessel-targeting CAR-T cells prepared by mRNA-EP for clinical research,Kanako Inoo,Ryo Inagaki,Kento Fujiwara,Shigemi Sasawatari,Takashi Kamigaki,Shinsaku Nakagawa,Naoki Okada,Mol. Ther. Oncolytics,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 3,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of skin permeability and toxicological properties of amorphous silica particles,Kazuhiko Matsuo,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 39,No. 7,p. 1201-1205,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Highly efficient gene transfer using a retroviral vector into murine T cells for preclinical chimeric antigen receptor-expressing T cell therapy,Hotaka Kusabuka,Kento Fujiwara,Yusuke Tokunaga,Sachiko Hirobe,Shinsaku Nakagawa,Naoki Okada,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 473,No. 1,p. 73-79,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical study and stability assessment of a novel transcutaneous influenza vaccination using a dissolving microneedle patch,Sachiko Hirobe,Hiroaki Azukizawa,Takaaki Hanafusa,Kazuhiko Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Ichiro Katayama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biomaterials,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 57,p. 50-58,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Vaccine efficacy of transcutaneous immunization with amyloid beta using a dissolving microneedle array in a mouse model of Alzheimer's disease,Kazuhiko Matsuo,Hideaki Okamoto,Yasuaki Kawai,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Neuroimmunol.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 266,No. 1-2,p. 1-11,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a novel therapeutic approach using a retinoic acid-loaded microneedle patch for seborrheic keratosis treatment and safety study in humans,Yasuhiro Hiraishi,Sachiko Hirobe,Hiroshi Iioka,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Hideo Asada,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 171,No. 2,p. 93-103,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Development and Clinical Study of a Self-Dissolving Microneedle Patch for Transcutaneous Immunization Device,Sachiko Hirobe,Hiroaki Azukizawa,Kazuhiko Matsuo,You Zhai,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Hiroshi Suzuki,Ichiro Katayama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Pharm. Res.,SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS,Vol. 30,No. 10,p. 2664-2674,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Mutants of lymphotoxin-alpha with augmented cytotoxic activity via TNFR1 for use in cancer therapy,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Shogo Narimatsu,Shinji Ikemizu,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Cytokine,ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 61,No. 2,p. 578-584,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Performance and characteristics evaluation of a sodium hyaluronate-based microneedle patch for a transcutaneous drug delivery system,Yasuhiro Hiraishi,Takeshi Nakagawa,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,International Journal of Pharmaceutics,Vol. 441,No. 1-2,p. 570-579,2013年01月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Tumor vessel-injuring ability improves antitumor effect of cytotoxic T lymphocytes in adoptive immunotherapy,Naoko Kanagawa,Tatsuya Yanagawa,Takeshi Nakagawa,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Cancer Gene Therapy,Vol. 20,No. 1,p. 57-64,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Robo4 is an effective tumor endothelial marker for antibody-drug conjugates based on the rapid isolation of the anti-Robo4 cell-internalizing antibody,Mai Yoshikawa,Yohei Mukai,Yoshiaki Okada,Yuki Tsumori,Shin-Ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,William C. Aird,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Takefumi Doi,Shinsaku Nakagawa,Blood,American Society of Hematology,Vol. 121,No. 14,p. 2804-2813,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of transcutaneous antigenic protein delivery by a hydrogel patch formulation,Kazuhiko Matsuo,Yumiko Ishii,Yasuaki Kawai,Yuki Saiba,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Journal of Pharmaceutical Sciences,John Wiley and Sons Inc.,Vol. 102,No. 6,p. 1936-1947,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of nanosilica particle-induced inflammation by surface modification of the particles,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Hiroshi Inakura,Aya Tanabe,Shogo Narimatsu,Xinglei Yao,Youko Monobe,Takayoshi Imazawa,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Arch. Toxicol.,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 86,No. 8,p. 1297-1307,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimization and Internalization Mechanisms of PEGylated Adenovirus Vector with Targeting Peptide for Cancer Gene Therapy,Xing-Lei Yao,Yasuo Yoshioka,Gui-Xin Ruan,Yu-Zhe Chen,Hiroyuki Mizuguchi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Jian-Qing Gao,Shinsaku Nakagawa,Biomacromolecules,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 13,No. 8,p. 2402-2409,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A low-invasive and effective transcutaneous immunization system using a novel dissolving microneedle array for soluble and particulate antigens,Kazuhiko Matsuo,Yayoi Yokota,You Zhai,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 161,No. 1,p. 10-17,2012年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Transcutaneous immunization using a dissolving microneedle array protects against tetanus, diphtheria, malaria, and influenza,Kazuhiko Matsuo,Sachiko Hirobe,Yayoi Yokota,Yurika Ayabe,Masashi Seto,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Takahiro Tougan,Toshihiro Horii,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 160,No. 3,p. 495-501,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical study of transcutaneous vaccination using a hydrogel patch for tetanus and diphtheria,Sachiko Hirobe,Kazuhiko Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Hironori Morito,Hideo Asada,Yusuke Takaya,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Vaccine,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 30,No. 10,p. 1847-1854,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Structure-activity relationship of T-cell receptors based on alanine scanning,Shogo Narimatsu,Yasuo Yoshioka,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Michael I. Nishimura,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 415,No. 4,p. 558-562,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Induction of Endoplasmic Reticulum-Endosome Fusion for Antigen Cross-Presentation Induced by Poly (gamma-Glutamic Acid) Nanoparticles,Yohei Mukai,Tomoyo Yoshinaga,Mai Yoshikawa,Kazuhiko Matsuo,Tomoaki Yoshikawa,Keisuke Matsuo,Kazuyuki Niki,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Immunol.,AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS,Vol. 187,No. 12,p. 6249-6255,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Compositional Optimization and Safety Assessment of a Hydrogel Patch as a Transcutaneous Immunization Device,Kazuhiko Matsuo,Yumiko Ishii,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Hideo Asada,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 34,No. 12,p. 1835-1840,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Lysine-deficient lymphotoxin-alpha mutant for site-specific PEGylation,Shogo Narimatsu,Yasuo Yoshioka,Hikaru Watanabe,Takashi Masano,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Aya Tanabe,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Cytokine,ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 56,No. 2,p. 489-493,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Tumor vascular targeted delivery of polymer-conjugated adenovirus vector for cancer gene therapy,Xinglei Yao,Yasuo Yoshioka,Tomohiro Morishige,Yusuke Eto,Shogo Narimatsu,Yasuaki Kawai,Hiroyuki Mizuguchi,Jian-Qing Gao,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Mol. Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 19,No. 9,p. 1619-1625,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Intranasal immunization with poly(gamma-glutamic acid) nanoparticles entrapping antigenic proteins can induce potent tumor immunity,Keisuke Matsuo,Hayato Koizumi,Mitsuru Akashi,Shinsaku Nakagawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Naoki Okada,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 152,No. 2,p. 310-316,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Modifying the antigen-immunization schedule improves the variety of monoclonal antibodies obtained from immune-phage antibody libraries against HIV-1 Nef and Vif,Mai Yoshikawa,Yohei Mukai,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Biosci. Bioeng.,SOC BIOSCIENCE BIOENGINEERING JAPAN,Vol. 111,No. 5,p. 597-599,2011年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of transcutaneous protein delivery by a hydrogel patch in animal, human, and tissue-engineered skin models,Kazuhiko Matsuo,Yumiko Ishii,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biological and Pharmaceutical Bulletin,Vol. 34,No. 4,p. 586-589,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Transcutaneous vaccination using a hydrogel patch induces effective immune responses to tetanus and diphtheria toxoid in hairless rat,Kazuhiko Matsuo,Yumiko Ishii,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 149,No. 1,p. 15-20,2011年01月,研究論文(学術雑誌)
  • The Utility of Poly(gamma-glutamic acid) Nanoparticles as Antigen Delivery Carriers in Dendritic Cell-Based Cancer Immunotherapy,Keisuke Matsuo,Yumiko Ishii,Kazuhiko Matsuo,Tomoyo Yoshinaga,Mitsuru Akashi,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 33,No. 12,p. 2003-2007,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The effect of surface modification of amorphous silica particles on NLRP3 inflammasome mediated IL-1 beta production, ROS production and endosomal rupture,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Hiroshi Inakura,Aya Tanabe,Xinglei Yao,Shogo Narimatsu,Youko Monobe,Takayoshi Imazawa,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biomaterials,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 31,No. 26,p. 6833-6842,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimized PEGylated Adenovirus Vector Reduces the Anti-vector Humoral Immune Response against Adenovirus and Induces a Therapeutic Effect against Metastatic Lung Cancer,Yusuke Eto,Yasuo Yoshioka,Tatsuhiro Ishida,Xinglei Yao,Tomohiro Morishige,Shogo Narimatsu,Hiroyuki Mizuguchi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Hiroshi Kiwada,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 33,No. 9,p. 1540-1544,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Cytotoxicity of amorphous silica particles against macrophage-like THP-1 cells depends on particle-size and surface properties,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Hiroshi Inakura,Aya Tanabe,Xinglei Yao,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Pharmazie,GOVI-VERLAG PHARMAZEUTISCHER VERLAG GMBH,Vol. 65,No. 8,p. 596-599,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Simple PEG Conjugation of SPIO via an Au-S Bond Improves Its Tumor Targeting Potency as a Novel MR Tumor Imaging Agent,Hiroki Kojima,Yohei Mukai,Mai Yoshikawa,Kazumasa Kamei,Tomoaki Yoshikawa,Masahito Morita,Toshiro Inubushi,Takao A. Yamamoto,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Satoshi Seino,Shinsaku Nakagawa,Bioconjug. Chem.,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 21,No. 6,p. 1026-1031,2010年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Adenovirus Vector Covalently Conjugated to Polyethylene Glycol with a Cancer-Specific Promoter Suppresses the Tumor Growth through Systemic Administration,Xinglei Yao,Yasuo Yoshioka,Tomohiro Morishige,Yusuke Eto,Shogo Narimatsu,Hiroyuki Mizugguchi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 33,No. 6,p. 1073-1076,2010年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Creation of a LIGHT mutant with the capacity to evade the decoy receptor for cancer therapy,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Hiroshi Inakura,Aya Tanabe,Xinglei Yao,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biomaterials,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 31,No. 12,p. 3357-3363,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Tumor-targeting CTL expressing a single-chain FV specific for VEGFR2,Naoko Kanagawa,Tatsuya Yanagawa,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 394,No. 1,p. 54-58,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Creation of lysine-deficient mutant lymphotoxin-alpha with receptor selectivity by using a phage display system,Yasuo Yoshioka,Hikaru Watanabe,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Shinji Ikemizu,Chioko Nagao,Shandar Ahmad,Kenji Mizuguchi,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biomaterials,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 31,No. 7,p. 1935-1943,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Creation of a lysine-deficient LIGHT mutant with the capacity for site-specific PEGylation and low affinity for a decoy receptor,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Hiroshi Inakura,Aya Tanabe,Xinglei Yao,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 393,No. 4,p. 888-893,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Titanium dioxide induces different levels of IL-1 beta production dependent on its particle characteristics through caspase-1 activation mediated by reactive oxygen species and cathepsin B,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Aya Tanabe,Xinglei Yao,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 392,No. 2,p. 160-165,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of the anti-tumor activity of native, secreted, and membrane-bound LIGHT in mouse tumor models,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Aya Tanabe,Xinglei Yao,Hiroyuki Mizuguchi,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Int. Immunopharmacol.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 10,No. 1,p. 26-33,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Systemic administration of a PEGylated adenovirus vector with a cancer-specific promoter is effective in a mouse model of metastasis,Xinglei Yao,Tomohiro Morishige,Yusuke Eto,Hikaru Watanabe,Yuka Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 16,No. 12,p. 1395-1404,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • LIGHT protein suppresses tumor growth by augmentation of immune response,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Hiroshi Inakura,Aya Tanabe,Hikaru Watanabe,Xinglei Yao,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,IMMUNOLOGY LETTERS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 127,No. 1,p. 33-38,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Transduction of adenovirus vectors modified with cell-penetrating peptides,Yusuke Eto,Yasuo Yoshioka,Ratima Asavatanabodee,Shinya Kida,Mitsuko Maeda,Yohei Mukai,Hiroyuki Mizuguchi,Koichi Kawasaki,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,PEPTIDES,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 30,No. 8,p. 1548-1552,2009年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Direct cell entry of gold/iron-oxide magnetic nanoparticles in adenovirus mediated gene delivery,Kazumasa Kamei,Yohei Mukai,Hiroki Kojima,Tomoaki Yoshikawa,Mai Yoshikawa,George Kiyohara,Takao A. Yamamoto,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Satoshi Seino,Shinsaku Nakagawa,Biomaterials,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 30,No. 9,p. 1809-1814,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel strategy utilizing ultrasound for antigen delivery in dendritic cell-based cancer immunotherapy,Ryo Suzuki,Yusuke Oda,Naoki Utoguchi,Eisuke Namai,Yuichiro Taira,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Tetsuya Kodama,Katsuro Tachibana,Kazuo Maruyama,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 133,No. 3,p. 198-205,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • NK cells are migrated and indispensable in the anti-tumor activity induced by CCL27 gene therapy,Jian-Qing Gao,Yasuhiro Tsuda,Min Han,Dong-Hang Xu,Naoko Kanagawa,Yutaka Hatanaka,Yoichi Tani,Hiroyuki Mizuguchi,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Cancer Immunol. Immunother.,SPRINGER,Vol. 58,No. 2,p. 291-299,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Modulating effect of polyethylene glycol on the intestinal transport and absorption of prednisolone, methylprednisolone and quinidine in rats by in-vitro and in-situ absorption studies,Qi Shen,Wenji Li,Yulian Lin,Hidemasa Katsumi,Naoki Okada,Toshlyasu Sakane,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,J. Pharm. Pharmacol.,PHARMACEUTICAL PRESS-ROYAL PHARMACEUTICAL SOC GREAT BRITIAN,Vol. 60,No. 12,p. 1633-1641,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Tat conjugation of adenovirus vector broadens tropism and enhances transduction efficiency,Yasuo Yoshioka,Ratima Asavatanabodee,Yusuke Eto,Hikaru Watanabe,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Shinya Kida,Mitsuko Maeda,Yohei Mukai,Hiroyuki Mizuguchi,Koichi Kawasaki,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,LIFE SCIENCES,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 83,No. 21-22,p. 747-755,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Combination of two fiber-mutant adenovirus vectors, one encoding the chemokine FKN and another encoding cytokine interleukin 12, elicits notably enhanced anti-tumor responses,Jian-Qing Gao,Naoko Kanagawa,Dong-Hang Xu,Min Han,Toshiki Sugita,Yutaka Hatanaka,Yoichi Tani,Hiroyuki Mizuguchi,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,CANCER IMMUNOLOGY IMMUNOTHERAPY,SPRINGER,Vol. 57,No. 11,p. 1657-1664,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • A transcutaneous vaccination system using a hydrogel patch for viral and bacterial infection,Yumiko Ishii,Tomoko Nakae,Fumiko Sakamoto,Kazuhiko Matsuo,Keisuke Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Shinsaku Nakagawa,Naoki Okada,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 131,No. 2,p. 113-120,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Engineering of highly immunogenic long-lived DC vaccines by antiapoptotic protein gene transfer to enhance cancer vaccine potency,Tomoaki Yoshikawa,Takako Niwa,Hiroyuki Mizuguchi,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 15,No. 19,p. 1321-1329,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Ligand-independent assembly of purified soluble magic roundabout (Robo4), a tumor-specific endothelial marker,Mai Yoshikawa,Yohei Mukai,Yoshiaki Okada,Yasuo Yoshioka,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Naoki Okada,William C. Aird,Takefumi Doi,Shinsaku Nakagawa,Protein Expr. Purif.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 61,No. 1,p. 78-82,2008年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Antitumor mechanism of intratumoral injection with IL-12-expressing adenoviral vector against IL-12-unresponsive tumor,Naoko Kanagawa,Jian-Qing Gao,Yoshiaki Motomura,Tatsuya Yanagawa,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 372,No. 4,p. 821-825,2008年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Factors involved in the maturation of murine dendritic cells transduced with adenoviral vector variants,Naoko Kanagawa,Ryosuke Koretomo,Sayaka Murakami,Fuminori Sakurai,Hiroyuki Mizuguchi,Shinsaku Nakagawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Naoki Okada,Virology,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 374,No. 2,p. 411-420,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Nanoparticles built by self-assembly of amphiphilic gamma-PGA can deliver antigens to antigen-presenting cells with high efficiency: A new tumor-vaccine carrier for eliciting effector T cells,Tomoaki Yoshikawa,Naoki Okada,Atsushi Oda,Keisuke Matsuo,Kazuhiko Matsuo,Hiroyuki Kayamuro,Yumiko Ishii,Tomoyo Yoshinaga,Takami Akagi,Mitsuru Akashi,Shinsaku Nakagawa,Vaccine,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 26,No. 10,p. 1303-1313,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of amphiphilic γ-PGA-nanoparticle based tumor vaccine: Potential of the nanoparticulate cytosolic protein delivery carrier,Tomoaki Yoshikawa,Naoki Okada,Atsushi Oda,Kazuhiko Matsuo,Keisuke Matsuo,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Takami Akagi,Mitsuru Akashi,Shinsaku Nakagawa,Biochemical and Biophysical Research Communications,Vol. 366,No. 2,p. 408-413,2008年02月08日,研究論文(学術雑誌)
  • Interaction of penton base Arg-Gly-Asp motifs with integrins is crucial for adenovirus serotype 35 vector transduction in human hematopoietic cells,Sayaka Murakami,Fuminori Sakurai,Kenji Kawabata,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Takao Hayakawa,Hiroyuki Mizuguchi,Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 14,No. 21,p. 1525-1533,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Efficient generation of antigen-specific cellular immunity by vaccination with poly(γ-glutamic acid) nanoparticles entrapping endoplasmic reticulum-targeted peptides,Keisuke Matsuo,Tomoaki Yoshikawa,Atsushi Oda,Takami Akagi,Mitsuru Akashi,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 362,No. 4,p. 1069-1072,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • CC-chemokine ligand 17 gene therapy induces tumor regression through augmentation of tumor-infiltrating immune cells in a murine model of preexisting CT26 colon carcinoma,Naoko Kanagawa,Masakazu Niwa,Yutaka Hatanaka,Yoichi Tani,Shinsaku Nakagawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Naoki Okada,Int. J. Cancer,WILEY-LISS,Vol. 121,No. 9,p. 2013-2022,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • TERT promoter-driven adenovirus vector for cancer gene therapy via systemic injection,Xinglei Yao,Yasuo Yoshioka,Yusuke Eto,Tomohiro Morishige,Yuka Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Yohei Mukal,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 362,No. 2,p. 419-424,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Effective tumor targeted gene transfer using PEGylated adenovirus vector via systemic administration,Jian-Qing Gao,Yusuke Eto,Yasuo Yoshioka,Fumiko Sekiguchi,Shinnosuke Kurachi,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Hikaru Watanabe,Ratima Asavatanabodee,Fuminori Sakurai,Hiroyuki Mizuguchi,Yuka Okada,Yohei Mukai,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 122,No. 1,p. 102-110,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of MyD88 and TLR9 in the innate immune response elicited by serotype 5 adenoviral vectors,Tomoko Yamaguchi,Kenji Kawabata,Naoya Koizumi,Fuminori Sakurai,Kazuko Nakashima,Haruna Sakurai,Tomomi Sasaki,Naoki Okada,Koichi Yamanishi,Hiroyuki Mizuguchi,Hum. Gene Ther.,MARY ANN LIEBERT INC,Vol. 18,No. 8,p. 753-762,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Labrasol and other pharmaceutical excipients on the intestinal transport and absorption of rhodamine123, a P-glycoprotein substrate, in rats,Yulian Lin,Qi Shen,Hidemasa Katsumi,Naoki Okada,Takuya Fujita,Xuehua Jiang,Akira Yamamoto,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 30,No. 7,p. 1301-1307,2007年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Cotransduction of CCL27 gene can improve the efficacy and safety of IL-12 gene therapy for cancer,Jian-Qing Gao,Naoko Kanagawa,Yoshiaki Motomura,Tatsuya Yanagawa,Toshiki Sugita,Yutaka Hatanaka,Yoichi Tani,Hiroyuki Mizuguchi,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 14,No. 6,p. 491-502,2007年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A strategy for efficient cross-presentation of CTL-epitope peptides leading to enhanced induction of in vivo tumor immunity,Akira Hayashi,Hisashi Wakita,Tomoaki Yoshikawa,Tsuyoshi Nakanishi,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 117,No. 1,p. 11-19,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of 15,20-triamide analogue with polar substituent on the phenyl ring of arenastatin A, an extremely potent cytotoxic spongean depsipeptide,Naoyuki Kotoku,Tomoya Kato,Fuminori Narumi,Emiko Ohtani,Sayo Kamada,Shunji Aoki,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Motomasa Kobayashi,Bioorg. Med. Chem.,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 14,No. 22,p. 7446-7457,2006年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The short consensus repeats 1 and 2, not the cytoplasmic domain, of human CD46 are crucial for infection of subgroup B adenovirus serotype 35,Fuminori Sakurai,Sayaka Murakami,Kenji Kawabata,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Tsukasa Seya,Takao Hayakawa,Hiroyuki Mizuguchi,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 113,No. 3,p. 271-278,2006年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Excellent absorption enhancing characteristics of NO donors for improving the intestinal absorption of poorly absorbable compound compared with conventional absorption enhancers,Gihan Fetih,Fawsia Habib,Hidemasa Katsumi,Naoki Okada,Takuya Fujita,Mohammed Attia,Akira Yamamoto,Drug Metab. Pharmacokinet.,JAP SOC STUDY XENOBIOTICS,Vol. 21,No. 3,p. 222-229,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Tumor suppressive efficacy through augmentation of tumor-infiltrating immune cells by intratumoral injection of chemokine-expressing adenoviral vector,Naoki Okada,Akinori Sasaki,Masakazu Niwa,Yuka Okada,Yutaka Hatanaka,Yoichi Tani,Hiroyuki Mizuguchi,Shinsaku Nakagawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Cancer Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 13,No. 4,p. 393-405,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of intestinal P-glycoprotein function by polyethylene glycols and their derivatives by in vitro transport and in situ absorption studies,Qi Shen,Yulian Lin,Takahiro Handa,Masamichi Doi,Masami Sugie,Kana Wakayama,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Int. J. Pharm.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 313,No. 1-2,p. 49-56,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional and molecular identification of sodium-coupled dicarboxylate transporters in rat primary cultured cerebrocortical astrocytes and neurons,Etsuo Yodoya,Miyuki Wada,Ayumi Shimada,Hiromi Katsukawa,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Vadivel Ganapathy,Takuya Fujita,J. Neurochem.,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 97,No. 1,p. 162-173,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Colon-specific delivery and enhanced colonic absorption of [Asu(1,7)]-eel calcitonin using chitosan capsules containing various additives in rats,Gihan Fetih,Habib Fausia,Naoki Okada,Takuya Fujita,Mohammed Attia,Akira Yamamoto,J. Drug Target.,INFORMA HEALTHCARE,Vol. 14,No. 3,p. 165-172,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Dendritic cells that endocytosed antigen-containing IgG-liposomes elicit effective antitumor immunity,Kazuko Kawamura,Norimitsu Kadowaki,Ryo Suzuki,Satoshi Udagawa,Satoshi Kasaoka,Naoki Utoguchi,Toshio Kitawaki,Nakaba Sugimoto,Naoki Okada,Kazuo Maruyama,Takashi Uchiyama,J. Immunother.,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 29,No. 2,p. 165-174,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Vaccine efficacy of fusogenic liposomes containing tumor cell-lysate against murine B16BL6 melanoma,Tomoaki Yoshikawa,Naoki Okada,Masaki Tsujino,Akira Hayashi,Jian-Qing Gao,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Akira Yamamoto,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 29,No. 1,p. 100-104,2006年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-methylated CpG motif packaged into fusogenic liposomes enhance antigen-specific immunity in mice,Tomoaki Yoshikawa,Susumu Imazu,Jian-Qing Gao,Kazuyuki Hayashi,Yasuhiro Tsuda,Naoki Okada,Yasuo Tsutsumi,Mitsuru Akashi,Tadanori Mayumi,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 29,No. 1,p. 105-109,2006年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional characterization of Na+-independent choline transport in primary cultures of neurons from mouse cerebral cortex,Takuya Fujita,Ayumi Shimada,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Neurosci. Lett.,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 393,No. 2-3,p. 216-221,2006年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Chitosan oligomers as potential and safe absorption enhancers for improving the pulmonary absorption of interferon-alpha in rats,Keigo Yamada,Masaaki Odomi,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,J. Pharm. Sci.,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 94,No. 11,p. 2432-2440,2005年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Nitric oxide donors can enhance the intestinal transport and absorption of insulin and [Asu (1,7)]-eel calcitonin in rats,Gihan Fetih,Fawsia Habib,Naoki Okada,Takuya Fujita,Mohammed Attia,Akira Yamamoto,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 106,No. 3,p. 287-297,2005年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Transcriptional targeting of RGD fiber-mutant adenovirus vectors can improve the safety of suicide gene therapy for murine melanoma,Yuka Okada,Naoki Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Takao Hayakawa,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Cancer Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 12,No. 7,p. 608-616,2005年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Anti-tumor responses induced by chemokine CCL19 transfected into an ovarian carcinoma model via fiber-mutant adenovirus vector,Jian-Qing Gao,Toshiki Sugita,Naoko Kanagawa,Keisuke Iida,Naoki Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Takashi Nakayama,Takao Hayakawa,Osamu Yoshie,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Shinsaku Nakagawa,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 28,No. 6,p. 1066-1070,2005年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Transport characteristics of N-acetyl-L-aspartate in rat astrocytes: involvement of sodium-coupled high-affinity carboxylate transporter NaC3/NaDC3-mediated transport system,Takuya Fujita,Hiromi Katsukawa,Etsuo Yodoya,Miyuki Wada,Ayumi Shimada,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Vadivel Ganapathy,J. Neurochem.,BLACKWELL PUBLISHING LTD,Vol. 93,No. 3,p. 706-714,2005年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional linkage of H+/peptide transporter PEPT2 and Na+/H+ exchanger in primary cultures of astrocytes from mouse cerebral cortex,Miyuki Wada,Sakiko Miyakawa,Ayumi Shimada,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Takuya Fujita,Brain Res.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1044,No. 1,p. 33-41,2005年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of absorption enhancing effects of n-dodecyl-beta-D-maltopyranoside by its colon-specific delivery using chitosan capsules,Gihan Fetih,Sara Lindberg,Katsuhito Itoh,Naoki Okada,Takuya Fujita,Fawsia Habib,Per Artursson,Mohammed Attia,Akira Yamamoto,Int. J. Pharm.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 293,No. 1-2,p. 127-135,2005年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Carrageenans can regulate the pulmonary absorption of antiasthmatic drugs and their retention in the rat lung tissues without any membrane damage,Keigo Yamada,Naoki Kamada,Masaaki Odomi,Naoki Okada,Takeshi Nabe,Takuya Fujita,Shigekatsu Kohno,Akira Yamamoto,Int. J. Pharm.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 293,No. 1-2,p. 63-72,2005年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Immunological properties and vaccine efficacy of murine dendritic cells simultaneously expressing melanoma-associated antigen and interleukin-12,Naoki Okada,Sayaka Iiyama,Yuka Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Takao Hayakawa,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Cancer Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 12,No. 1,p. 72-83,2005年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Augmentation of the migratory ability of DC-based vaccine into regional lymph nodes by efficient CCR7 gene transduction,Naoki Okada,Naoki Mori,Ryosuke Koretomo,Yuka Okada,Takashi Nakayama,Osamu Yoshie,Hiroyuki Mizuguchi,Takao Hayakawa,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 12,No. 2,p. 129-139,2005年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Control of pulmonary absorption of water-soluble compounds by various viscous vehicles,Akira Yamamoto,Keigo Yamada,Hideaki Muramatsu,Asako Nishinaka,Shigeki Okumura,Naoki Okada,Takuya Fujita,Shozo Muranishi,Int. J. Pharm.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 282,No. 1-2,p. 141-149,2004年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of intestinal P-glycoprotein function by cremophor EL and other surfactants by an in vitro diffusion chamber method using the isolated rat intestinal membranes,Yasushi Shono,Hisayo Nishihara,Yasuyuki Matsuda,Shiori Furukawa,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,J. Pharm. Sci.,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 93,No. 4,p. 877-885,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Anti-tumor activity of chemokine is affected by both kinds of tumors and the activation state of the host's immune system: implications for chemokine-based cancer immunotherapy,Naoki Okada,Jian-Qing Gao,Akinori Sasaki,Masakazu Niwa,Yuka Okada,Takashi Nakayama,Osamu Yoshie,Hiroyuki Mizuguchi,Takao Hayakawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Shinsaku Nakagawa,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 317,No. 1,p. 68-76,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimization of antitumor efficacy and safety of in vivo cytokine gene therapy using RGD fiber-mutant adenovirus vector for preexisting murine melanoma,Yuka Okada,Naoki Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Koichi Takahashi,Takao Hayakawa,Tadanori Mayumi,Nobuyasu Mizuno,Biochim. Biophys. Acta,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1670,No. 3,p. 172-180,2004年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional characterization of brain peptide transporter in rat cerebral cortex: identification of the high-affinity type H+/peptide transporter PEPT2,Takuya Fujita,Takeshi Kishida,Miyuki Wada,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Frederick H. Leibach,Vadivel Ganapathy,Brain Res.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 997,No. 1,p. 52-61,2004年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Combination effects of complement regulatory proteins and anti-complement polymer,Yasuo Yoshioka,Ryo Suzuki,Takayuki Okamoto,Naoki Okada,Yohei Mukai,Hiroko Shibata,Yasuo Tsutsumi,Natsuki Dohi,Noriko Okada,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Biochim. Biophys. Acta,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1624,No. 1-3,p. 54-59,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Dendritic cells transduced with gp100 gene by RGD fiber-mutant adenovirus vectors are highly efficacious in generating anti-B16BL6 melanoma immunity in mice,Naoki Okada,Yasushige Masunaga,Yuka Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Sayaka Iiyama,Naoki Mori,Akinori Sasaki,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Takao Hayakawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 10,No. 22,p. 1891-1902,2003年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Gene transduction efficiency and maturation status in mouse bone marrow-derived dendritic cells infected with conventional or RGD fiber-mutant adenovirus vectors,Naoki Okada,Yasushige Masunaga,Yuka Okada,Sayaka Iiyama,Naoki Mori,Takashi Tsuda,Asako Matsubara,Hiroyuki Mizuguchi,Takao Hayakawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Cancer Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 10,No. 5,p. 421-431,2003年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel cytomedical vehicle capable of protecting cells against complement,Yasuo Yoshioka,Ryo Suzuki,Hiroaki Oka,Naoki Okada,Takayuki Okamoto,Tatsunobu Yoshioka,Yohei Mukai,Hiroko Shibata,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Jun-ichi Miyazaki,Tadanori Mayumi,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 305,No. 2,p. 353-358,2003年05月,研究論文(学術雑誌)
  • An investigation of adverse effects caused by the injection of high-dose TNF alpha-expressing adenovirus vector into established murine melanoma,Yuka Okada,Naoki Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Takao Hayakawa,Tadanori Mayumi,Nobuyasu Mizuno,Gene Ther.,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 10,No. 8,p. 700-705,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced transdermal delivery of phenylalanyl-glycine by chemical modification with various fatty acids,Akira Yamamoto,Kazunari Setoh,Masahiro Murakami,Masaru Shironoshita,Takumi Kobayashi,Kayoko Fujimoto,Naoki Okada,Takuya Fujita,Shozo Muranishi,Int. J. Pharm.,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 250,No. 1,p. 119-128,2003年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced Permeability of Phenylalanyl-glycine (Phe-Gly) Across the Intestinal Membranes by Chemical Modiôcation with Various Fatty Acids,Akira Yamamoto,Yutaka Morishita,Shinichi Sugishita,Teruko Hayami,Naoki Okada,Takuya Fujita,Shozo Muranishi,Drug Metabolism and Pharmacokinetics,Vol. 18,No. 1,p. 23-32,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a novel cytomedical treatment that can protect entrapped cells from host humoral immunity,Ryo Suzuki, Yasuo Yoshioka, Etsuko Kitano, Tatsunobu Yoshioka, Hiroaki Oka, Takayuki Okamoto, Naoki Okada, Yasuo Tsutsumi, Shinsaku Nakagawa, Jun-ichi Miyazaki, Hajime Kitamura, Tadanori Mayumi,Cell Transplant.,COGNIZANT COMMUNICATION CORP,Vol. 11,No. 8,p. 787-797,2002年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Cytomedical therapy for insulinopenic diabetes using microencapsulated pancreatic beta cell lines,Ryo Suzuki,Naoki Okada,Hajime Miyamoto,Tatsunobu Yoshioka,Kayoko Sakamoto,Hiroaki Oka,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Jun-ichi Miyazaki,Tadanori Mayumi,Life Sci.,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 71,No. 15,p. 1717-1729,2002年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Chitosan capsules for colon-specific drug delivery: enhanced localization of 5-aminosalicylic acid in the large intestine accelerates healing of TNBS-induced colitis in rats,Hideyuki Tozaki,Tomokazu Odoriba,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Terabe,Tsutomu Suzuki,Susumu Okabe,Shozo Muranishi,Akira Yamamoto,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 82,No. 1,p. 51-61,2002年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Tumor necrosis factor alpha-gene therapy for an established murine melanoma using RGD (Arg-Gly-Asp) fiber-mutant adenovirus vectors,Yuka Okada,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Hiroyuki Mizuguchi,Koichi Takahashi,Nobuyasu Mizuno,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Takao Hayakawa,Tadanori Mayumi,Jpn. J. Cancer Res.,BUSINESS CENTER ACADEMIC SOCIETIES JAPAN,Vol. 93,No. 4,p. 436-444,2002年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Fiber-mutant technique can augment gene transduction efficacy and anti-tumor effects against established murine melanoma by cytokine-gene therapy using adenovirus vectors,Yuka Okada,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Hiroyuki Mizuguchi,Maki Kanehira,Naoko Nishino,Koichi Takahashi,Nobuyasu Mizuno,Takao Hayakawa,Tadanori Mayumi,Cancer Lett.,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 177,No. 1,p. 57-63,2002年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Efficient antigen gene transduction using Arg-Gly-Asp fiber-mutant adenovirus vectors can potentiate antitumor vaccine efficacy and maturation of murine dendritic cells,Naoki Okada,Tomomi Saito,Yasushige Masunaga,Yukiko Tsukada,Shinsaku Nakagawa,Hiroyuki Mizuguchi,Kohei Mori,Yuka Okada,Takuya Fujita,Takao Hayakawa,Tadanori Mayumi,Akira Yamamoto,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 61,No. 21,p. 7913-7919,2001年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Absorption of water-soluble compounds with different molecular weights and [Asu(1.7)]-eel calcitonin from various mucosal administration sites,Akira Yamamoto,Tomoya Iseki,Michiko Ochi-Sugiyama,Naoki Okada,Takuya Fujita,Shozo Muranishi,JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 76,No. 3,p. 363-374,2001年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of lipofectin-antigen complexes on major histocompatibility complex class I-restricted antigen presentation pathway in murine dendritic cells and on dendritic cell maturation,Naoki Okada,Tomomi Saito,Kohei Mori,Yasushige Masunaga,Yoshihiro Fujii,Junko Fujita,Kyoko Fujimoto,Tsuyoshi Nakanishi,Keiichi Tanaka,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1527,No. 3,p. 97-101,2001年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Administration route-dependent vaccine efficiency of murine dendritic cells pulsed with antigens,Naoki Okada,Masaki Tsujino,Yosuke Hagiwara,Asami Tada,Yuka Tamura,Kohei Mori,Tomomi Saito,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,BRITISH JOURNAL OF CANCER,CHURCHILL LIVINGSTONE,Vol. 84,No. 11,p. 1564-1570,2001年06月,研究論文(学術雑誌)
  • リゾチームの消化管吸収性およびリンパ移行性に及ぼす脂肪酸修飾の影響に関する研究,友田 寛,田中友希夫,谷口寿生,村上正裕,岡田直貴,藤田卓也,村西昌三,山本 昌,薬剤学―生命とくすり―,Vol. 61,No. 4,p. 129-143,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of insulin permeability and effects of absorption enhancers on its permeability by an in vitro pulmonary epithelial system using Xenopus pulmonary membrane,Akira Yamamoto,Hideaki Tanaka,Shigeki Okumura,Keiko Shinsako,Mayuko Ito,Masahiro Yamashita,Naoki Okada,Takuya Fujita,Shozo Muranishi,BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 24,No. 4,p. 385-389,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Efficient gene delivery into dendritic cells by fiber-mutant adenovirus vectors,Naoki Okada,Yukiko Tsukada,Shinsaku Nakagawa,Hiroyuki Mizuguchi,Kohei Mori,Tomomi Saito,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Takao Hayakawa,Tadanori Mayumi,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC,Vol. 282,No. 1,p. 173-179,2001年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of intestinal permeability by nitric oxide donors: Implications in intestinal delivery of poorly absorbable drugs,Akira Yamamoto,Hiroyuki Tatsumi,Masato Maruyama,Tomomi Uchiyama,Naoki Okada,Takuya Fujita,JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS,AMER SOC PHARMACOLOGY EXPERIMENTAL THERAPEUTICS,Vol. 296,No. 1,p. 84-90,2001年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced absorption of insulin and (Asu(1,7))eel-calcitonin using novel azopolymer-coated pellets for colon-specific drug delivery,Hideyuki Tozaki,Junko Nishioka,Junta Komoike,Naoki Okada,Takuya Fujita,Shozo Muranishi,Sooh-Ih Kim,Hiroshi Terashima,Akira Yamamoto,JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 90,No. 1,p. 89-97,2001年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of novel lipophilic derivatives of DADLE (Leucine enkephalin analogue): Intestinal permeability characteristics of DADLE derivatives in rats,Tomomi Uchiyama,Atsushi Kotani,Hiroyuki Tatsumi,Takeshi Kishida,Aya Okamoto,Naoki Okada,Masahiro Murakami,Takuya Fujita,Youichi Fujiwara,Yoshiaki Kiso,Shozo Muranishi,Akira Yamamoto,Pharm. Res.,KLUWER ACADEMIC/PLENUM PUBL,Vol. 17,No. 12,p. 1461-1467,2000年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced permeability of insulin across the rat intestinal membrane by various absorption enhancers: Their intestinal mucosal toxicity and absorption-enhancing mechanism of n-lauryl-beta-D-maltopyranoside,Tomomi Uchiyama,Tetsuo Sugiyama,Ying-Shu Quan,Atsushi Kotani,Naoki Okada,Takuya Fujita,Shozo Muranishi,Akira Yamamoto,J. Pharm. Pharmacol.,ROYAL PHARMACEUTICAL SOC GREAT BRITAIN,Vol. 51,No. 11,p. 1241-1250,1999年11月,研究論文(学術雑誌)
  • σ receptor ligand-induced up-regulation of the H+/peptide transporter PEPT1 in the human intestinal cell line Caco-2,Takuya Fujita,Yoshikatsu Majikawa,Sayoko Umehisa,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Vadivel Ganapathy,Frederick H. Leibach,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC,Vol. 261,No. 2,p. 242-246,1999年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Interaction of kyotorphin and brain peptide transporter in synaptosomes prepared from rat cerebellum: implication of high affinity type H+/peptide transporter PEPT2 mediated transport system,Takuya Fujita,Takeshi Kishida,Naoki Okada,Vadivel Ganapathy,Frederick H. Leibach,Akira Yamamoto,Neurosci. Lett.,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 271,No. 2,p. 117-120,1999年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Prolongation of the effective duration of cytomedical therapy by re-injecting SK2 hybridoma cells microencapsulated within alginate-poly(L)lysine-alginate membranes into human interleukin-6 transgenic mice,Hajime Miyamoto,Naoki Okada,Tatsunobu Yoshioka,Ryo Suzuki,Kayoko Sakamoto,Asao Katsume,Hiroyuki Saito,Yasuo Tsutsumi,Kazuyoshi Kubo,Shinsaku Nakagawa,Yoshiyuki Ohsugi,Tadanori Mayumi,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 22,No. 3,p. 295-297,1999年03月,研究論文(学術雑誌)
  • グルコースセンサー機能を有する細胞性製剤の糖尿病治療への可能性,吉岡竜伸,岡田直貴,宮本 創,坂本佳代子,堤 康央,中川晋作,宮崎純一,真弓忠範,Drug Delivery System,Vol. 13,No. 2,p. 95-100,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Antimetastatic effect of synthetic Glu-Ile-Leu-Asp-Val peptide derivatives containing D-amine acids,Yoshihisa Kaneda,Yoko Yamamoto,Naoki Okada,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,M. Kakiuchi,Mitsuko Maeda,Koichi Kawasaki,Tadanori Mayumi,Anti-Cancer Drugs,RAPID SCIENCE PUBLISHERS,Vol. 8,No. 7,p. 702-707,1997年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic effect of cytomedicine on mesangio-proliferative glomerulonephritis in human interleukin-6 transgenic mice,Naoki Okada,Hajime Miyamoto,Tatsunobu Yoshioka,Asao Katsume,Hiroyuki Saito,Keigo Yorozu,Otoya Ueda,Shinsaku Nakagawa,Yoshiyuki Ohsugi,Tadanori Mayumi,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 20,No. 3,p. 255-258,1997年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Medical application of microencapsulating hybridoma cells in agarose microbeads 'cytomedicine': therapeutic effect on IgG1 plasmacytosis and mesangio-proliferative glomerulonephritis in the interleukin 6 transgenic mouse,Naoki Okada,Hajime Miyamoto,Yoshihisa Kaneda,Yoko Yamamoto,Asao Katsume,Hiroyuki Saito,Keigo Yorozu,Otoya Ueda,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Yoshiyuki Ohsugi,Tadanori Mayumi,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 44,No. 2-3,p. 195-200,1997年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Cytomedical therapy for IgG1 plasmacytosis in human interleukin-6 transgenic mice using hybridoma cells microencapsulated in alginate-poly(L)lysine-alginate membrane,Naoki Okada,Hajime Miyamoto,Tatsunobu Yoshioka,Asao Katsume,Hiroyuki Saito,Keigo Yorozu,Otoya Ueda,Norio Itoh,Hiroyuki Mizuguchi,Shinsaku Nakagawa,Yoshiyuki Ohsugi,Tadanori Mayumi,Biochim. Biophys. Acta,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1360,No. 1,p. 53-63,1997年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Immunological studies of SK2 hybridoma cells microencapsulated with alginate-poly(L)lysine-alginate (APA) membrane following allogeneic transplantation,Naoki Okada,Hajime Miyamoto,Tatsunobu Yoshioka,Kayoko Sakamoto,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Biochem. Biophys. Res. Commun.,ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS,Vol. 230,No. 3,p. 524-527,1997年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ハイブリドーマ封入アルギン酸-ポリ(L)リジン-アルギン酸マイクロカプセルを利用した新規DDS製剤(細胞性製剤)の開発,吉岡竜伸,岡田直貴,宮本 創,坂本佳代子,勝目朝夫,斎藤浩之,萬 啓悟,上田乙也,中川晋作,大杉義征,真弓忠範,Drug Delivery System,Vol. 12,No. 2,p. 107-114,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of angiogenic inhibitors with an in vivo quantitative angiogenesis method using agarose microencapsulation and mouse hemoglobin enzyme-linked immunosorbent assay,Naoki Okada,Mariko Fushimi,Yuriko Nagata,Tomoko Fukunaga,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Jpn. J. Cancer Res.,JAPANESE CANCER ASSOCIATION,Vol. 87,No. 9,p. 952-957,1996年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Selective enhancement by tumor necrosis factor-alpha of vascular permeability of new blood vessels induced with agarose hydrogel-entrapped Meth-A fibrosarcoma cells,Naoki Okada,Yoshihisa Kaneda,Hajime Miyamoto,Yoko Yamamoto,Hiroyuki Mizuguchi,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Jpn. J. Cancer Res.,JAPANESE CANCER ASSOCIATION,Vol. 87,No. 8,p. 831-836,1996年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A quantitative in vivo method of analyzing human tumor-induced angiogenesis in mice using agarose microencapsulation and hemoglobin enzyme-linked immunosorbent assay,Naoki Okada,Mariko Fushimi,Yuriko Nagata,Tomoko Fukunaga,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Jpn. J. Cancer Res.,JAPANESE CANCER ASSOCIATION,Vol. 86,No. 12,p. 1182-1188,1995年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Polyethylene glycol-modification of interleukin-6 enhances its thrombopoietic activity,Yasuo Tsutsumi,Tetsunari Kihira,Shin-ichi Tsunoda,Naoki Okada,Yoshihisa Kaneda,Masaharu Miyake,Yoshiyuki Ohsugi,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,J. Control. Release,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 33,No. 3,p. 447-451,1995年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ハイブリッド化インターロイキン-6の創製とその造血作用増強効果,角田慎一,紀平哲也,鎌田春彦,岡田直貴,大杉義征,堤 康央,中川晋作,真弓忠範,Drug Delivery System,Vol. 10,No. 3,p. 175-180,1995年,研究論文(学術雑誌)
  • Antimetastatic effects of synthetic peptides containing core sequence of the type III connecting segment domain (IIICS) of fibronectin,Susumu Yamamoto,Yoshihisa Kaneda,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Kazuyoshi Kubo,Sachiye Inoue,Mitsuko Maeda,Yuko Yamashiro,Koichi Kawasaki,Tadanori Mayumi,Anti-Cancer Drugs,RAPID SCIENCE PUBLISHERS,Vol. 5,No. 4,p. 424-428,1994年08月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 皮膚を標的とする免疫制御技術を応用した貼付型ワクチン・免疫療法の開発,岡田直貴,麻酔,Vol. 68,p. S152-S159,2019年11月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 経皮デリバリー技術を応用した貼付型ワクチンの開発,岡田直貴,医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,Vol. 50,No. 10,p. 596-601,2019年10月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 皮膚を標的とする免疫制御技術の開発と経皮ワクチン・免疫療法の実用化推進研究,岡田直貴,薬学雑誌,Vol. 139,No. 9,p. 1129-1137,2019年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ワクチンはどこに接種するのがいいのか?,伊藤沙耶美,岡田直貴,炎症と免疫,Vol. 27,No. 4,p. 329-333,2019年06月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • マイクロニードルを用いた皮膚疾患治療,廣部祥子,岡田直貴,Drug Delivery System,Vol. 33,No. 334,p. 293-302,2018年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 遺伝子改変T細胞療法の開発状況,藤原健人,岡田直貴,PHARMSTAGE,Vol. 18,No. 3,p. 32-36,2018年06月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 経皮デリバリー技術を活用したワクチン・免疫療法の開発 第10回日本DDS学会水島賞によせて,岡田直貴,Drug Delivery System,Japan Society of Drug Delivery System,Vol. 32,No. 4,p. 316-322,2017年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 難治性固形がんに対する腫瘍血管傷害性CAR-T細胞療法の開発,藤原健人,岡田直貴,Drug Delivery System,Japan Society of Drug Delivery System,Vol. 32,No. 3,p. 184-191,2017年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • マイクロニードル技術を活用した経皮ワクチン製剤の開発,伊藤沙耶美,中川晋作,岡田直貴,Drug Delivery System,Japan Society of Drug Delivery System,Vol. 32,No. 1,p. 39-45,2017年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • マイクロニードル技術を活用した貼るワクチンの開発,岡田直貴,精密工学会誌,Vol. 82,No. 12,p. 1023-1026,2016年12月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 新たなワクチン投与法 ―経皮ワクチン―,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,化学療法の領域,Vol. 32,No. 6,p. 100-108,2016年06月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 感染症対策に貢献する経皮ワクチン製剤の開発,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,(一財)医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団,Vol. 47,No. 2,p. 93-100,2016年02月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 次世代ワクチンとしての経皮ワクチン製剤,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,薬剤学,公益社団法人 日本薬剤学会,Vol. 76,No. 1,p. 18-24,2016年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • マイクロニードルを用いた経皮ワクチン製剤,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,ファルマシア,公益社団法人 日本薬学会,Vol. 52,No. 11,p. 1030-1034,2016年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 親水性ゲルパッチを用いた経皮免疫療法の開発,岡田直貴,アレルギーの臨床,Vol. 35,No. 10,p. 993-996,2015年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 新しいデバイスによる経皮免疫療法の可能性,岡田直貴,日本小児アレルギー学会誌,Vol. 29,No. 1,p. 49-53,2015年03月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞治療,岡田直貴,中川晋作,PHARM TECH JAPAN,Vol. 31,No. 2,p. 119-125,2015年01月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 予防接種を簡便にする「貼るワクチン」の開発,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,臨床と微生物,Vol. 41,No. 6,p. 23-29,2014年11月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ワクチン開発におけるDDS,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,医薬ジャーナル,Vol. 50,No. 7,p. 1797-1803,2014年07月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 経皮ワクチン,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,BIO INDUSTRY,Vol. 31,No. 6,p. 18-26,2014年06月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 「貼るワクチン」による感染症予防の試み,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,小児科臨床,Vol. 67,No. 4,p. 607-614,2014年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 貼るワクチン製剤の開発,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,PHARM TECH JAPAN,Vol. 30,No. 4,p. 717-723,2014年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • マイクロニードルワクチンの可能性,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,最新医学,Vol. 69,No. 4,p. 872-879,2014年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 経皮ワクチン製剤 (貼るワクチン) の基礎から臨床,岡田直貴,薬学雑誌,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 133,No. 12,p. 1363-1372,2013年12月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 経皮ワクチン開発の現状と将来,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,小児内科,Vol. 45,No. 11,p. 2043-2048,2013年11月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • マイクロニードル型経皮ワクチン製剤の実用化を目指して,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,感染・炎症・免疫,Vol. 43,No. 3,p. 259-262,2013年10月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Frontiers of transcutaneous vaccination systems: Novel technologies and devices for vaccine delivery,Kazuhiko Matsuo,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Vaccine,Vol. 31,No. 19,p. 2403-2415,2013年05月01日,書評論文,書評,文献紹介等
  • キメラ抗原受容体 (CAR) 発現細胞傷害性T細胞 (CTL) を用いた次世代養子免疫療法の開発,中川岳志,岡田直貴,中川晋作,Drug Delivery System,Vol. 28,No. 1,p. 35-44,2013年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Transcutaneous vaccines-current and emerging strategies,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Expert Opinion on Drug Delivery,Vol. 10,No. 4,p. 485-498,2013年04月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 細胞療法と再生療法 第3回,中川晋作,岡田直貴,都薬雑誌,Vol. 35,No. 3,p. 17-19,2013年03月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞療法と再生療法 第2回,中川晋作,岡田直貴,都薬雑誌,Vol. 35,No. 2,p. 35-41,2013年02月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞療法と再生療法 第1回,中川晋作,岡田直貴,都薬雑誌,Vol. 35,No. 1,p. 28-32,2013年01月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞医薬の製剤設計 第2回,中川晋作,岡田直貴,都薬雑誌,Vol. 34,No. 10,p. 22-25,2012年10月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞医薬の製剤設計 第1回,中川晋作,岡田直貴,都薬雑誌,Vol. 34,No. 9,p. 22-25,2012年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 経皮ワクチンの進歩と展望,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,臨床免疫・アレルギー科,科学評論社,Vol. 58,No. 3,p. 313-321,2012年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • マイクロニードル型経皮ワクチン製剤 (貼るワクチン) の開発,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,綜合臨牀,Vol. 60,No. 11,p. 2211-2214,2011年11月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 感染症予防対策に資する経皮免疫製剤 (貼るワクチン) の開発,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,日本臨牀,Vol. 69,No. 9,p. 1561-1566,2011年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • DDSに立脚した免疫細胞療法の最適化に関する研究 第2回日本DDS学会奨励賞(基礎)受賞によせて,岡田直貴,Drug Delivery System,Vol. 25,No. 5,p. 504-510,2010年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 感染症予防対策に向けた新規経皮ワクチン製剤の開発,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,臨床と微生物,Vol. 37,No. 3,p. 207-212,2010年05月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 新規経皮ワクチンデバイスを用いた「貼るワクチン」の開発,松尾一彦,権 英淑,岡田直貴,中川晋作,BIO Clinica,Vol. 25,No. 5,p. 39-43,2010年05月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • DDS枝術を基盤とした経皮ワクチン製剤の開発,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,Drug delivery system,日本DDS学会,Vol. 25,No. 1,p. 8-14,2010年01月29日,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 経皮吸収型ワクチン製剤の開発,石井裕美子,岡田直貴,中川晋作,PHARMSTAGE,Vol. 8,No. 10,p. 49-52,2009年10月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 感染症対策に向けた次世代型ワクチン 貼るワクチンの開発,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,ファルマシア,(公社)日本薬学会,Vol. 45,No. 4,p. 333-337,2009年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 標的指向能を有するバイオコンジュゲート化アデノウイルスベクターの開発,衛藤佑介,吉岡靖雄,Asavatanabodee Ratima,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,藥學雜誌 = Journal of the Pharmaceutical Society of Japan,公益社団法人日本薬学会,Vol. 128,No. 12,p. 1733-1742,2008年12月01日,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • カラー図説:‘貼るワクチン’の開発,石井裕美子,岡田直貴,中川晋作,日本臨床,Vol. 66,No. 10,p. 1848-1850,2008年10月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 微粒子キャリアーを用いた抗原蛋白質デリバリーの最適化と癌免疫療法への展開,岡田直貴,中川晋作,化学工業,Vol. 59,No. 4,p. 255-262,2008年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Immune cell recruitment and cell-based system for cancer therapy,Jian-Qing Gao,Naoki Okada,Tadanori Mayumi,Shinsaku Nakagawa,PHARMACEUTICAL RESEARCH,SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS,Vol. 25,No. 4,p. 752-768,2008年04月,書評論文,書評,文献紹介等
  • Development of PEGylated adenovirus vector with targeting ligand,Yusuke Eto,Yasuo Yoshioka,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 354,No. 1-2,p. 3-8,2008年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ワクチンのoverview,中川晋作,岡田直貴,Drug Delivery System,Vol. 23,No. 2,p. 112-115,2008年03月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • γ-PGAナノ粒子を応用したがんワクチン療法の開発,松尾圭祐,吉川友章,岡田直貴,中川晋作,Drug Delivery System,Vol. 23,No. 2,p. 130-137,2008年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 膜融合リポソームによる細胞内薬物動態制御法の確立とその応用,吉川友章,岡田直貴,中川晋作,薬学雑誌,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 127,No. 5,p. 789-796,2007年05月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Fcレセプターを標的とした樹状細胞への抗原送達法の構築とその癌免疫療法における有用性,鈴木 亮,宇都口直樹,川村和子,門脇則光,岡田直貴,滝澤知子,内山 卓,丸山一雄,薬学雑誌,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 127,No. 2,p. 301-306,2007年02月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 免疫細胞の体内動態制御に基づいた癌免疫療法の最適化,岡田直貴,中川晋作,薬学雑誌,公益社団法人日本薬学会,Vol. 127,No. 2,p. 327-339,2007年02月01日,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Fusogenic liposomes and their suitability for gene delivery,Tomoaki Yoshikawa,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Future Lipidology,FUTURE MEDICINE LTD,Vol. 1,No. 6,p. 735-742,2006年12月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ウイルス機能を基盤とするDDSキャリアーの開発と応用,吉川友章,岡田直貴,中川晋作,バイオテクノロジージャーナル,Vol. 6,No. 5,p. 557-562,2006年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ケモカイン・ケモカインレセプター連関を利用した抗腫瘍免疫の増強,杉田敏樹,岡田直貴,中川晋作,臨床免疫,Vol. 45,No. 5,p. 525-532,2006年05月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 平成16年度研究助成を受賞して,岡田直貴,薬奨ニュース,Vol. 4,2006年04月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 次世代癌遺伝子治療戦略に適う改良型アデノウイルスベクター,金川尚子,岡田直貴,中川晋作,生産と技術,生産技術振興協会,Vol. 58,No. 4,p. 58-60,2006年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞療法とCell Delivery System,岡田直貴,薬剤学―生命とくすり―,Vol. 65,No. 6,p. 360-365,2005年11月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 第21回日本DDS学会 学会印象記,岡田直貴,Drug Delivery System,Vol. 20,No. 5,p. 562-563,2005年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞性製剤と細胞療法 ~樹状細胞ワクチンを用いた癌免疫療法を例に,岡田直貴,月刊薬事,Vol. 47,No. 9,p. 1551-1558,2005年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Cell delivery system: A novel strategy to improve the efficacy of cancer immunotherapy by manipulation of immune cell trafficking and biodistribution,Naoki Okada,Biol. Pharm. Bull.,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 28,No. 9,p. 1543-1550,2005年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • INTERVIEW創薬・創剤人,岡田直貴,PHARM TECH JAPAN,Vol. 21,No. 8,p. 1352-1353,2005年08月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞性製剤の設計・創製と細胞療法への展開,岡田直貴,薬学雑誌,Vol. 125,No. 8,p. 601-615,2005年08月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 腫瘍関連抗原遺伝子を導入した樹状細胞による腫瘍免疫誘導,岡田直貴,臨床免疫,Vol. 41,No. 4,p. 355-362,2004年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細胞療法とDDS,岡田直貴,Drug Delivery System,Vol. 17,No. 4,p. 368-369,2002年07月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ファイバーミュータントアデノウイルスベクターを用いた樹状細胞への効率的な遺伝子導入,岡田直貴,薬学雑誌,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 121,No. 8,p. 593-600,2001年08月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Colon-specific delivery of peptide drugs and anti-inflammatory drugs using chitosan capsules,Akira Yamamoto,Hideyuki Tozaki,Naoki Okada,Takuya Fujita,S.T.P. Pharma Sci.,EDITIONS SANTE,Vol. 10,No. 1,p. 23-34,2000年01月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 樹状細胞を利用した癌ワクチン療法の戦略,岡田直貴,ファルマシア,Vol. 35,No. 10,p. 1067-1068,1999年10月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

著書

  • 学術書,ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-,伊藤沙耶美,岡田直貴,シーエムシー出版,ISBN:9784781313337,2018年06月
  • 学術書,Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds,Sachiko Hirobe,Sayami Ito,Naoki Okada,Springer,ISBN:9784431565246,2017年11月
  • 学術書,DDS先端技術の製剤への応用開発,藤原健人,岡田直貴,技術情報協会,ISBN:9784861046636,2017年06月
  • 学術書,先端治療技術の実用化と開発戦略 (核酸医薬、免疫療法、遺伝子治療、細胞医薬品),岡田直貴,技術情報協会,ISBN:9784861046506,2017年04月
  • 学術書,臨床薬学テキストシリーズ「バイオ医薬品と再生医療」,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,中山書店,ISBN:9784521744490,2016年12月
  • 学術書,マイクロニードルの製造と応用展開,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,シーエムシー出版,2016年10月
  • 学術書,マイクロニードルの製造と応用展開,廣部祥子,中川晋作,岡田直貴,シーエムシー出版,2016年10月
  • 学術書,経皮吸収型製剤開発における基礎と実務への応用,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,情報機構,2015年09月
  • 学術書,注射剤・経口製剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,技術情報協会,2014年07月
  • 学術書,薬剤学実験法必携マニュアル -Pharmaceutical Scientistのために- II 生物薬剤学,岡田直貴,中川晋作,南江堂,2014年04月
  • 学術書,ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,技術情報協会,2013年12月
  • 学術書,ワクチン開発における最新動向~規制動向・安全性評価・品質管理・アジュバント・開発事例~,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,情報機構,2013年10月
  • 学術書,応用が拡がるDDS ― 人体環境から農業・家電まで ―,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,エヌ・ティー・エス,2013年07月
  • 学術書,応用が拡がるDDS ― 人体環境から農業・家電まで ―,中川岳志,岡田直貴,中川晋作,エヌ・ティー・エス,2013年07月
  • 学術書,応用が拡がるDDS ― 人体環境から農業・家電まで ―,岡田直貴,中川晋作,エヌ・ティー・エス,2013年07月
  • 学術書,応用が拡がるDDS ― 人体環境から農業・家電まで ―,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,エヌ・ティー・エス,2013年07月
  • 学術書,非経口投与製剤の開発と応用 ― 次世代型医薬品の新規投与形態の開拓を目指して ―,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,シーエムシー出版,2013年06月
  • 学術書,遺伝子医学MOOK別冊 ― ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線 ― 古くて新しいドラッグデリバリーシステム (DDS) ―,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,メディカル ドゥ,2013年03月
  • 学術書,DDS製剤の開発・評価と実用化手法,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,技術情報協会,2013年03月
  • 学術書,Bio-Nanotechnology: A Revolution in Food, Biomedical and Health Sciences,Kazuhiko Matsuo,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Wiley-Blackwell,ISBN:9780470670378,2013年01月
  • 学術書,ドラッグデリバリーシステムの新展開II ― 核酸医薬・抗体医薬・ワクチン医療を支えるDDS技術,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,シーエムシー出版,2012年03月
  • 学術書,遺伝子医学MOOK 20 ― ナノバイオ技術と最新創薬応用研究,成松翔伍,岡田直貴,中川晋作,メディカル ドゥ,2012年01月
  • 学術書,次世代バイオ医薬品の製剤設計と開発戦略,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,シーエムシー出版,2011年11月
  • 学術書,バイオ・ゲノム関連医薬品開発におけるニーズ・技術動向・開発ノウハウ,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,技術情報協会,2011年10月
  • 学術書,次世代経皮吸収型製剤の開発と応用,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,シーエムシー出版,2011年07月
  • 学術書,遺伝子医学MOOK別冊 ― ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用,岡田直貴,メディカル ドゥ,2011年06月
  • 学術書,遺伝子医学MOOK別冊 ― ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用,岡田直貴,メディカル ドゥ,2011年06月
  • 学術書,次世代ワクチンの産業応用技術,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,シーエムシー出版,2010年09月
  • 学術書,機能性DDSキャリアの製剤設計,金川尚子,岡田直貴,中川晋作,シーエムシー出版,2008年10月
  • 学術書,KEY WORD 感染症 (第2版),岡田直貴,中川晋作,先端医学社,2008年08月
  • 学術書,Recent Developments in Gene Therapy(Improvement of adenovirus vectors for cancer gene therapy),Yusuke Eto,Yasuo Yoshioka,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Transworld Research Network in India,2007年07月

特許・実用新案・意匠

  • 抗原を含有する経皮免疫製剤およびその製造方法,権 英淑,神山文男,中川晋作,岡田直貴,特許第5808102号,特願2010-277450,出願日:2010年11月26日,登録日:2015年09月18日
  • キメラ抗原受容体、及びその利用,岡田直貴,中川晋作,神垣 隆,笹渡繁巳,106115500,出願日:2017年05月10日
  • キメラ抗原受容体、及びその利用,岡田直貴,中川晋作,神垣 隆,笹渡繁巳,PCT/JP2017/017456,出願日:2017年05月09日
  • 親水性ゲルパッチを用いた経皮アレルゲン免疫療法,権 英淑,神山文男,中川晋作,岡田直貴,廣部祥子,特願2013-227544,出願日:2013年10月16日
  • レチノイン酸マイクロニードル,権 英淑,神山文男,斎藤美生,中川晋作,岡田直貴,廣部祥子,浅田秀夫,特願2014-544602,出願日:2013年11月01日
  • 経皮免疫製剤,権 英淑,神山文男,中川晋作,岡田直貴,廣部祥子,PCT/JP2014/077432,出願日:2014年10月15日
  • レチノイン酸マイクロニードル,権 英淑,神山文男,斎藤美生,中川晋作,岡田直貴,廣部祥子,浅田秀夫,PCT/JP2013/079665,出願日:2013年11月01日
  • DNAワクチンマイクロニードル,中川晋作,岡田直貴,権 英淑,神山文男,特願2011-205253,出願日:2011年09月01日
  • 経皮免疫製剤、その製造方法及びそれを用いた経皮免疫方法,中川晋作,岡田直貴,権 英淑,神山文男,藤田卓也,特願2009-501301,出願日:2008年02月28日
  • 細胞内移行ペプチドを有効成分とする遺伝子導入補助および該遺伝子導入補助剤を利用した遺伝子導入方法,中川晋作,岡田直貴,吉岡靖雄,川﨑紘一,前田光子,特願2006-332619,出願日:2006年12月08日
  • 金酸化鉄粒子を利用した複合粒子およびMRI造影剤,中川晋作,岡田直貴,吉川友章,向 洋平,山本孝夫,清野智史,土井健史,特願2007-111901,出願日:2007年04月20日
  • 経皮免疫製剤、その製造方法及びそれを用いた経皮免疫方法,中川晋作,岡田直貴,権 英淑,神山文男,藤田卓也,PCT/JP2008/053534,出願日:2008年02月28日
  • 磁性粒子を用いた遺伝子導入方法,中川晋作,岡田直貴,吉川友章,山本孝夫,清野智史,土井健史,特願2007-017755,出願日:2007年01月29日
  • 細胞内移行ペプチドを有効成分とする遺伝子導入補助剤および該遺伝子導入補助剤を利用した遺伝子導入方法,中川晋作,岡田直貴,吉岡靖雄,川﨑紘一,前田光子,PCT/JP2007/071154,出願日:2007年10月30日
  • キメラ抗原受容体、及びその利用,岡田直貴,中川晋作,神垣 隆,笹渡繁巳,特願2018-517017,出願日:2018年10月16日
  • 経皮免疫製剤、その製造方法及びそれを用いた経皮免疫方法,中川晋作,岡田直貴,権 英淑,神山文男,藤田卓也,08712105.9,出願日:2008年02月28日
  • 親水性ゲルパッチを用いた経皮ワクチンシステム,中川晋作,岡田直貴,藤田卓也,神山文男,権 英淑,特願2007-89368,出願日:2007年03月01日

受賞

  • 2019年度 日本薬学会学術振興賞 (第4A部門),岡田直貴,日本薬学会,2019年03月
  • 平成29年度 (2017年度) (第10回) 日本DDS学会水島賞,岡田直貴,日本DDS学会,2017年07月
  • 平成27年度 大阪大学総長奨励賞 (研究部門),岡田直貴,大阪大学,2015年07月
  • 平成26年度 大阪大学総長奨励賞 (研究部門),岡田直貴,大阪大学,2014年07月
  • 平成22年度 (2010年度) (第2回) 日本DDS学会奨励賞 (基礎,岡田直貴,日本DDS学会,2010年06月
  • The 2008 CRS Jorge Heller Journal of Controlled Release Outstanding Paper Award,Akira Hayashi,Hisashi Wakita,Tomoaki Yoshikawa,Tsuyoshi Nakanishi,Yasuo Tsutsumi,Tadanori Mayumi,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Controlled Release Society,2008年07月
  • 平成19年度 (2007年度) 日本DDS学会優秀ポスター賞,岡田直貴,中江智子,坂本史子,松尾圭祐,石井裕美子,権 英淑,神山文男,藤田卓也,山本 昌,中川晋作,日本DDS学会,2007年06月
  • 平成17年度 (2005年度) 日本薬剤学会奨励賞,岡田直貴,日本薬剤学会,2005年03月
  • 平成17年度 (2005年度) 日本薬学会奨励賞,岡田直貴,日本薬学会,2005年03月
  • 平成13年度 (2001年度) 日本薬剤学会最優秀発表者賞,岡田直貴,森 宏平,斎藤友美,舛永安繁,藤田淳子,藤井慶宏,藤本京子,塚田有希子,中川晋作,眞弓忠範,水口裕之,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会,2001年03月
  • 平成12年度 (2000年度) 日本薬学会近畿支部奨励賞,岡田直貴, 森 宏平, 斎藤友美, 藤田卓也, 山本 昌, 塚田有希子, 中川晋作, 眞弓忠範, 水口裕之, 早川堯夫,日本薬学会近畿支部,2000年10月
  • 平成8年度 (1996年度) 日本MRSシンポジウム優秀発表賞,岡田直貴, 中川晋作, 大杉義征, 眞弓忠範,日本MRSシンポジウム,1996年05月

講演・口頭発表等

  • 骨髄由来免疫抑制細胞の腫瘍への移行に対するバルプロ酸のDe-targeting効果,謝 智奇,吾郷由希夫,岡田直貴,立花雅史,第37回日本DDS学会学術集会
  • Epigenetic modulation with valproic acid impedes invasion of monocytic myeloid-derived suppressor cells into tumors,Zhiqi Xie,Yukio Ago,Naoki Okada,Masashi Tachibana,The 27th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages (MMCB2020+1)
  • 高活性型ケモカインXCL1の経皮ワクチンシステムへの応用によるメモリーCTL誘導効率の増強,大月真由子,亀井萌百,松尾一彦,今西遥香,原 雄大,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中山隆志,日本薬学会第141年会
  • Ly-6G+細胞除去によるin vitro MDSC分化誘導効率の向上,周 浩洋,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第141年会
  • HMGB1-TLR4シグナルは骨髄由来免疫抑制細胞の増殖と免疫抑制機能を増強する,謝 智奇,奥崎大介,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第141年会
  • 抗原親和性の異なる抗Robo4 CAR-T細胞間での抗腫瘍効果の比較,長井聖奈,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第141年会
  • イミキモド併用経皮ワクチンを適用したマウスにおける所属リンパ節内免疫イベントの解析,山咲太希,権 英淑,神山文男,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第141年会
  • 経皮アレルゲン特異的免疫療法の有効性・安全性評価に関する基礎的検討,山下 凌,権 英淑,神山文男,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第141年会
  • マイクロニードルを用いた経皮ワクチン製剤に特有の免疫誘導機序に寄与する因子の探索,杉山綾里紗,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第141年会
  • 経皮アレルゲン特異的免疫療法の免疫応答特性に関する基礎的検討,山下 凌,伊藤沙耶美,齊藤美生,権 英淑,神山文男,立花雅史,岡田直貴,第24回日本ワクチン学会学術年会
  • マイクロニードルを用いた経皮ワクチン製剤の免疫誘導機序に関する解析,杉山綾里紗,伊藤沙耶美,立花雅史,岡田直貴,第24回日本ワクチン学会学術年会
  • 経皮ワクチン製剤および経皮アレルゲン免疫療法の基礎から臨床,岡田直貴,メディショナルナノテク研究会 2020年度第2回例会
  • 重症鶏卵アレルギー児に対する経皮免疫療法のバイオマーカーの検索,桑原 優,長尾みづほ,伊藤沙耶美,岡田直貴,中川晋作,齊藤美生,権 英淑,神山文男,鈴木宏一,木戸 博,藤澤隆夫,第57回日本小児アレルギー学会学術集会
  • マイクロニードル適用皮膚における網羅的遺伝子発現変動解析,杉山綾里紗,伊藤沙耶美,立花雅史,岡田直貴,第70回日本薬学会関西支部大会,2020年10月10日
  • 軟部肉腫に対する腫瘍血管障害性CAR-T細胞療法の奏功予測研究,中井 翔,藤原健人,今枝啓輔,長井聖奈,安田直弘,前 裕和,王谷英達,濱田健一郎,岡田直貴,竹中 聡,第53回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会
  • バルプロ酸によるエピジェネティックな制御は単球様骨髄由来免疫抑制細胞の腫瘍への浸潤を妨げる,Zhiqi Xie,Naoki Okada,Masashi Tachibana,第79回日本癌学会学術総会
  • 骨髄由来免疫抑制細胞を介するG-CSFの免疫毒性発現メカニズムの解析,村田雄飛,川崎太寛,奥崎大介,岡田直貴,立花雅史,第27回日本免疫毒性学会学術年会
  • Epicutaneous immunotherapy for severe milk allergy utilizing a novel antigen delivery device: a double-blind placebo-controlled pilot study,Yu Kuwabara,Mizuho Nagao,Sayami Ito,Naoki Okada,Mio Saito,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Komei Ito,Motohiro Ebisawa,Yuichi Adachi,Makoto Kameda,Shigemi Yoshihara,Akira Hoshioka,Mizue Tsukui,Yusei Ohshima,Hirokazu Arakawa,Naoki Shimojo,Naoka Itoh,Takao Fujisawa,JSA/WAO Joint Congress 2020
  • 固形がんに対する抗ROBO4 CAR-T細胞療法の開発に向けた基礎的検討,長井聖奈,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,第36回日本DDS学会学術集会
  • Epicutaneous immunotherapy for severe egg allergy utilizing a novel antigen delivery device: a double-blind placebo-controlled pilot study,Yu Kuwabara,Mizuho Nagao,Sayami Ito,Naofumi Suzuki,Taiga Kobori,Ryo Imakiire,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Mio Saito,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Takao Fujisawa,European Academy of Allergy and Clinical Immunology (EAACI) Annual Congress 2020
  • マイクロニードルアレイ製剤の開発における品質評価項目と課題の調査,安藤大介,山本栄一,近藤昌夫,岡田直貴,伊豆津健一,日本薬剤学会第35年会
  • バルプロ酸は骨髄由来免疫抑制細胞に作用して抗PD-1抗体療法の有効性を向上させる,謝 智奇,池上珠未,吾郷由希夫,岡田直貴,立花雅史,日本薬剤学会第35年会
  • K3 (CpG-ODN) の経皮アジュバント活性機序の解明とヒト皮膚に対する安全性の評価,伊藤沙耶美,齊藤美生,権 英淑,神山文男,長尾みづほ,藤澤隆夫,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • マイクロニードル適用による経皮免疫誘導における各種抗原提示細胞サブセットの寄与,川北拓人,伊藤沙耶美,草野隆之,吉田淳哉,小山田孝嘉,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • 経皮ワクチン投与に伴う皮膚常在性抗原提示細胞の定量的・定性的変化,杉山綾里紗,伊藤沙耶美,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • 親水性ゲルパッチを活用した経皮アレルゲン免疫療法における抗体産生プロファイルおよび皮膚局所反応の評価,山下 凌,伊藤沙耶美,齊藤美生,権 英淑,神山文男,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • 軟部肉腫に対する腫瘍血管傷害性CAR-T細胞療法の有効性・安全性予測に関する検討,藤原健人,中井 翔,安田直弘,王谷英達,濱田健一郎,竹中 聡,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • キメラ抗原受容体 (CAR) が受ける翻訳後修飾のCAR-T細胞機能への影響,今枝啓輔,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • 固形がんに対するCAR-T細胞療法におけるROBO4標的化の有用性評価とROBO4特異的CARの構築,長井聖奈,藤原健人,福井麻琴,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • バルプロ酸による腫瘍内単球様骨髄由来免疫抑制細胞の減少と抗PD-1抗体療法の有効性向上,謝 智奇,池上珠未,吾郷由希夫,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第140年会
  • パルミチン酸によるToll-like receptor 2を介した骨髄由来免疫抑制細胞の分化阻害,周 浩洋,謝 智奇,川崎太寛,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第140年会
  • G-CSF刺激を与えた骨髄由来免疫抑制細胞における免疫抑制能増強メカニズムの解析,川崎太寛,奥崎大介,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第140年会
  • うつ病における骨髄由来免疫抑制細胞の寄与に関する解析,池上珠未,吾郷由希夫,塚田信司,谷林耕平,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第140年会
  • 抗原特異的な粘膜免疫応答の誘導を目指したc-di-GMPの全身投与,村田雄飛,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第140年会
  • マイクロニードル製剤の開発における重要品質特性と品質試験法に関する文献検討,安藤大介,山本栄一,近藤昌夫,岡田直貴,伊豆津健一,日本薬学会第140年会
  • 経皮免疫製剤の実用化に向けた品質・安全性評価の考え方,岡田直貴,日本薬学会第140年会
  • RNA sequencing analysis for elucidation of immune induction mechanism using a self-dissolving microneedle,Sayami Ito,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第48回日本免疫学会学術総会
  • Preparation of food allergy model mice for evaluating allergen-specific immunotherapy,Ryo Yamashita,Sayami Ito,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第48回日本免疫学会学術総会
  • Valproic acid attenuates migration of monocytic myeloid-derived suppressor cells into tumor and enhances the efficacy of anti-PD-1 therapy,Zhiqi Xie,Tamami Ikegami,Naoki Okada,Masashi Tachibana,第48回日本免疫学会学術総会
  • Contribution of myeloid-derived suppressor cells to onset of cancer-induced depression,Tamami Ikegami,Naoki Okada,Masashi Tachibana,第48回日本免疫学会学術総会
  • Systemic administration of c-di-GMP elicits antigen-specific CTLs in gut-mucosal compartment,Yuuto Murata,Naoki Okada,Masashi Tachibana,第48回日本免疫学会学術総会
  • 経皮投与したImiquimodのアジュバント活性および皮膚内動態に関する基礎的検討,山咲太希,伊藤沙耶美,福井裕毅,間久直,粟津邦男,立花雅史,岡田直貴,第23回日本ワクチン学会学術年会
  • マイクロニードルを用いた経皮免疫誘導における皮膚常在性抗原提示細胞の寄与,川北拓人,伊藤沙耶美,立花雅史,岡田直貴,第23回日本ワクチン学会学術年会
  • 骨髄系細胞によるがん随伴うつ発症に関する解析,池上珠未,吾郷由希夫,塚田信司,谷林耕平,岡田直貴,立花雅史,第3回がんと代謝研究会・若手の会
  • 構造安定化lymphotactin/XCL1の経皮投与はメモリーCD8+ T細胞誘導を増強する,松尾一彦,亀井萌百,今西遥香,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中山隆志,第69回日本薬学会関西支部総会・大会,2019年10月12日
  • 軟部肉腫に対する腫瘍血管傷害性CAR-T細胞療法の奏効予測研究,Kento Fujiwara,Sho Nakai,Naohiro Yasuda,Hidetatsu Otani,Kenichiro Hamada,Satoshi Takenaka,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第78回日本癌学会学術総会
  • 担がん病態におけるバルプロ酸の免疫機能修飾についての検討,謝 智奇,池上珠未,吾郷由希夫,岡田直貴,立花雅史,第26回日本免疫毒性学会学術集会
  • CARの細胞外領域に適したscFv構築法の確立に向けた基礎的検討,藤原健人,升谷美月,立花雅史,岡田直貴,第23回日本がん免疫学会総会
  • マイクロニードル技術を活用した経皮ワクチン製剤の免疫誘導機序に関する解析,伊藤沙耶美,吉田淳哉,小山田孝嘉,立花雅史,岡田直貴,第35回日本DDS学会学術集会
  • キメラ抗原受容体のscFv構造と膜発現強度との連関解析,藤原健人,升谷美月,立花雅史,岡田直貴,第19回日本蛋白質科学会年会/第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会
  • Measurement of temporal changes in the distribution of imiquimod administrated transdermally to mouse skin tissue using imaging mass spectrometry,Yuki Fukui,Hisanao Hazama,Taki Yamasaki,Sayami Ito,Naoki Okada,Kunio Awazu,67th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics
  • 皮膚を標的とする免疫制御技術を応用した貼付型ワクチン・免疫療法の開発,岡田直貴,日本麻酔科学会第66回学術集会
  • マウス皮膚組織に経皮投与した薬剤のイメージング質量分析を用いた動態解析,福井裕毅,間 久直,山咲太希,伊藤沙耶美,岡田直貴,粟津邦男,第67回質量分析総合討論会
  • 経皮免疫誘導における炎症性サイトカインおよびAlarminの寄与に関する基礎的検討,伊藤沙耶美,吉田淳哉,小山田孝嘉,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • CpG-ODN (K3) をアジュバントとして併用した経皮免疫による抗原特異的免疫応答,川北拓人,伊藤沙耶美,権 英淑,神山文男,石井 健,長尾みづほ,藤澤隆夫,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • 経皮投与したimiquimodのアジュバント活性に関する基礎的検討,山咲太希,伊藤沙耶美,福井裕毅,間 久直,粟津邦男,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • アレルゲン特異的免疫療法の評価に資する実験的食物アレルギーモデルマウスの作出に関する基礎的検討,山下 凌,陸 路,伊藤沙耶美,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • 腫瘍血管傷害型CAR-T細胞医薬の品質・性能規格化に向けた基礎的検討,藤原健人,我喜屋良行,笹渡繁巳,神垣 隆,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • CARのシグナル伝達領域改変によるCAR-T細胞機能制御に関する基礎的検討,北裏将樹,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • PD-L1/PD-1シグナル阻害能を付与した抗がんT細胞医薬の創製と機能解析,重松知樹,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • CAR-T細胞機能に及ぼすCAR翻訳後修飾の影響,今枝啓輔,藤原健人,鎌田春彦,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • 抗VEGFR2 CAR-T細胞療法のin vitro安全性・有効性評価系の構築,我喜屋良行,藤原健人,竹中 聡,濱田健一郎,王谷英達,中井 翔,安田直弘,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • ファージライブラリ由来scFv cloneを用いたキメラ抗原受容体の構造最適化検討,升谷美月,藤原健人,鎌田春彦,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • バルプロ酸が骨髄由来免疫抑制細胞の生体内分布や免疫抑制能に与える影響の解析,謝 智奇,吾郷由希夫,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第139年会
  • 骨髄由来免疫抑制細胞がうつ病発症を制御するメカニズムの解明に向けた基礎的検討,池上珠未,吾郷由希夫,岡田直貴,立花雅史,日本薬学会第139年会
  • 皮膚を標的とする免疫制御技術の開発と経皮ワクチン・免疫療法の実用化推進研究,岡田直貴,日本薬学会第139年会
  • 経皮ワクチン製剤および経皮アレルゲン免疫療法の最新情報と実用化に向けて,岡田直貴,CPhI Japan 2019,2019年03月18日
  • マウス皮膚内における経皮投与薬剤のレーザーイオン化質量分析イメージング,福井裕毅,間 久直,伊藤沙耶美,山咲太希,岡田直貴,粟津邦男,電気学会 光・量子デバイス研究会,2019年03月04日
  • 肉腫に対する腫瘍血管傷害型CAR-T細胞療法の開発,我喜屋良行,藤原健人,富山 舞,笹渡繁巳,竹中 聡,神垣 隆,岡田直貴,第16回日本免疫治療学会学術集会,2019年02月23日
  • Valproic acid attenuates the immunosuppressive function and migration capacity of myeloid-derived suppressor cells, limiting tumor progression,Zhiqi Xie,Naoki Okada,Masashi Tachibana,第47回日本免疫学会学術総会
  • Creation of T cell medicine capable of avoiding functional depression due to PD-L1/PD-1 signaling,Kazuki Shigematsu,Kento Fujiwara,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第47回日本免疫学会学術総会
  • 経皮投与したCpG-ODN (K3) のアジュバント活性発現機序の解析とヒト皮膚における安全性評価,川北拓人,伊藤沙耶美,長尾みづほ,藤澤隆夫,権英淑,神山文男,石井 健,立花雅史,岡田直貴,第22回日本ワクチン学会学術集会
  • Valproic acid reduces the immunosuppressive activity and migration capacity of myeloid-derived suppressor cells, inhibiting tumor growth,Zhiqi Xie,Yukio Ago,Naoki Okada,Masashi Tachibana,留日中国人生命科学協会2018年度学術大会,2018年10月21日
  • 新規デバイスを用いた重症鶏卵アレルギー児に対する経皮免疫療法: 二重盲検プラセボ対照パイロット試験,桑原 優,長尾みづほ,鈴木尚史,小堀大河,今給黎亮,伊藤沙耶美,岡田直貴,中川晋作,斎藤美生,権 英淑,神山文男,藤澤隆夫,第55回日本小児アレルギー学会学術大会
  • 途上国におけるマイクロニードル技術を活用した経皮ワクチンの実用化を目指した研究,岡田直貴,日本WHO協会フォーラム「日本企業×SDGs~技術から迫る国際保健~」,2018年09月29日
  • ヒンジ・膜貫通ドメインを改変した各種第一世代CARを用いた構造活性相関解析,Kento Fujiwara,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第77回日本癌学会学術総会
  • シグナル伝達ドメインを改変した各種第二世代CARを用いた構造活性相関解析,Masaki Kitaura,Kento Fujiwara,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第77回日本癌学会学術総会
  • バルプロ酸による骨髄由来免疫抑制細胞の免疫抑制機能の低下,Zhiqi Xie,Naoki Okada,Masashi Tachibana,第77回日本癌学会学術総会
  • ヒンジ・膜貫通領域を改変した各種第一世代CARのT細胞における発現・機能比較,藤原健人,今枝啓輔,立花雅史,岡田直貴,第22回日本がん免疫学会総会
  • 細胞内シグナル伝達領域を改変した各種第二世代CARのT細胞における発現・機能比較,北裏将樹,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,第22回日本がん免疫学会総会
  • マウスに経皮投与したアジュバントのイメージング質量分析による動態解析,福井裕毅,間 久直,伊藤沙耶美,岡田直貴,粟津邦男,第31回日本レーザー医学会関西地方会,2018年07月21日
  • PD-L1/PD- 1シグナルによる機能不全を回避できるT細胞医薬の創製と機能解析,重松知樹,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,第34回日本DDS学会学術集会
  • 各種構造改変キメラ抗原受容体のT細胞膜上での存在状態に関する検討,今枝啓輔,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,第34回日本DDS学会学術集会
  • CpG-ODNの経皮アジュバント活性における抗原特異的CD4陽性T細胞反応に関する解析,川北拓人,伊藤沙耶美,立花雅史,岡田直貴,第34回日本DDS学会学術集会
  • 経皮ワクチン製剤の実用化に向けて,岡田直貴,第34回日本DDS学会学術集会
  • マイクロニードル製剤の貼付に伴って誘導される経皮免疫応答メカニズムに関する基礎的検討,伊藤沙耶美,吉田淳哉,小山田孝嘉,元岡大祐,奥崎大介,立花雅史,岡田直貴,日本薬剤学会第33年会
  • 経皮投与デバイスを用いた貼るワクチン・免疫療法の開発,岡田直貴,日本薬剤学会第33年会
  • 経皮投与したアジュバントのイメージング質量分析による動態解析,福井裕毅,間 久直,伊藤沙耶美,岡田直貴,粟津邦男,Mass Spectrometry and Proteomics 2018 (MSP2018)
  • 免疫抑制性シグナル回避能を付与したT細胞医薬の創製と機能解析,重松知樹,藤原健人,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第138年会
  • CARのヒンジ・膜貫通領域改変によるCAR-T細胞機能制御に関する基礎的検討,藤原健人,常井彩加,北裏将樹,今枝啓輔,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第138年会
  • CARのシグナル伝達領域改変によるCAR-T細胞機能制御に関する基礎的検討,北裏将樹,藤原健人,常井彩加,今枝啓輔,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第138年会
  • ポリグリコール酸製ソリッドマイクロニードルを用いた経皮ワクチン製剤の開発,坂上 俊,小野彰彦,伊藤沙耶美,小豆澤宏明,浅田秀夫,齊藤美生,権 英淑,神山文男,片山一朗,立花雅史,廣部祥子,岡田直貴,日本薬学会第138年会
  • 経皮免疫応答誘導における炎症性サイトカインおよびAlarminの寄与に関する基礎的検討,伊藤沙耶美,中川雄介,吉田淳哉,小山田孝嘉,立花雅史,岡田直貴,日本薬学会第138年会
  • エレクトロポレーション法を用いた腫瘍血管を標的としたmRNA-engineered T細胞療法の開発,神垣 隆,藤原健人,富山 舞,笹渡繁巳,岡田直貴,第17回日本再生医療学会学術集会
  • 経皮デリバリー技術を活用したワクチン製剤・アレルゲン免疫製剤の開発,岡田直貴,粒子加工技術分科会 平成29年度 第3回/製剤と粒子設計部会 2018年度 第1回 見学・講演会,2018年02月23日
  • mRNAエレクトロポレーションにより作製した腫瘍新生血管傷害性CAR-T細胞の開発,富山 舞,藤原健人,笹渡繁巳,神垣 隆,岡田直貴,第15回日本免疫治療学研究会学術集会,2018年02月17日
  • 免疫系の制御とDDSとを融合した創薬・創剤研究,岡田直貴,メディショナルナノテク研究会 2017年度第4回例会,2018年02月02日
  • Immunological quality and performance of tumor vessel-targeting CAR-T cells prepared by mRNA-EP for clinical research,Kento Fujiwara,Shigemi Sasawatari,Takashi Kamigaki,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第46回日本免疫学会学術総会
  • Elucidation of the induction mechanism of transcutaneous immune responses with the self-dissolving microneedle patch,Sayami Ito,Natsuko Kishishita,Ken Ishii,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第46回日本免疫学会学術総会
  • マイクロニードル製剤の貼付に伴う経皮免疫誘導メカニズムに関する基礎的検討,伊藤沙耶美,中川雄介,立花雅史,岡田直貴,第21回日本ワクチン学会学術集会
  • 新規二段型ソリッドマイクロニードルを用いた経皮ワクチン製剤の開発,坂上 俊,小野彰彦,伊藤沙耶美,小豆澤宏明,浅田秀夫,齊藤美生,権 英淑,神山文男,片山一朗,立花雅史,廣部祥子,岡田直貴,第67回日本薬学会近畿支部総会・大会,2017年10月14日
  • キメラ抗原受容体を発現させたT細胞の抗原特異的傷害活性の比較検討,常井彩加,藤原健人,北裏将樹,重松知樹,立花雅史,岡田直貴,第67回日本薬学会近畿支部総会・大会,2017年10月14日
  • ヒンジ・膜貫通領域改変CARを用いたCAR構造/活性相関解析,Kento Fujiwara,Masashi Tachibana,Naoki Okada,第76回日本癌学会学術総会
  • キメラ抗原受容体 (CAR) 発現T細胞を用いたがん免疫療法,岡田直貴,R-GIROからだ活性化総合科学技術研究拠点シンポジウム,2017年09月25日
  • マイクロニードル技術を活用した経皮ワクチン製剤の開発,岡田直貴,2017年度精密工学会秋季大会
  • エレクトロポレーション法を用いた腫瘍血管を標的としたmRNA-engineered T細胞療法の開発,神垣 隆,藤原健人,笹渡繁巳,富山 舞,三木健次,岡田直貴,第72回日本消化器外科学会総会
  • 生体適合性材料を用いた二段型ソリッドマイクロニードルの開発,坂上 俊,小野彰彦,伊藤沙耶美,廣部祥子,小豆澤宏明,浅田秀夫,齊藤美生,権 英淑,神山文男,片山一朗,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,第33回日本DDS学会学術集会
  • マイクロニードル製剤により誘導される経皮免疫応答におけるIL-1βの役割,伊藤沙耶美,中川雄介,江口涼介,吉田淳哉,小山田孝嘉,岸下奈津子,石井 健,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,第33回日本DDS学会学術集会
  • mRNAエレクトロポレーション法により作製した腫瘍血管標的化ヒトCAR-T細胞の品質・機能評価,藤原健人,稲垣 涼,笹渡繁巳,神垣 隆,岡田直貴,第33回日本DDS学会学術集会
  • マイクロニードル技術を活用した「貼るワクチン製剤」の開発,岡田直貴,第33回日本DDS学会学術集会
  • 経皮デリバリー技術を活用したワクチン・免疫療法の開発,岡田直貴,第33回日本DDS学会学術集会
  • 腫瘍血管を標的とするmRNA-engineeredヒトCAR-T細胞の性能・品質評価,藤原健人,笹渡繁巳,富山 舞,神垣 隆,岡田直貴,第21回日本がん免疫学会総会
  • 重症牛乳アレルギーに対する経皮免疫療法の探索的臨床研究,伊藤沙耶美,廣部祥子,桑原 優,長尾みづほ,藤澤隆夫,齊藤美生,権 英淑,神山文男,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,第66回日本アレルギー学会学術大会
  • CARの構造改変によるCAR-T細胞医薬の機能調節,藤原健人,重松知樹,大仲萌加,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,日本薬剤学会第32年会
  • 小児食物アレルギーに対する新規経皮免疫療法の開発,伊藤沙耶美,桑原 優,長尾みづほ,藤澤隆夫,齊藤美生,権 英淑,神山文男,石井 健,廣部祥子,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,日本薬剤学会第32年会
  • 固形がんに対するCAR-T細胞療法の開発,岡田直貴,日本薬剤学会第32年会
  • CAR-T細胞療法の最適化につながるCARの構造/活性相関解析,藤原健人,大仲萌加,重松知樹,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第137年会
  • 食物アレルギーに対する新規経皮免疫療法の開発,伊藤沙耶美,廣部祥子,桑原 優,長尾みづほ,藤澤隆夫,齊藤美生,権 英淑,神山文男,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第137年会
  • mRNAエレクトロポレーションにより作製した腫瘍新生血管傷害性CAR-T細胞の性能および品質,笹渡繁巳,藤原健人,神垣 隆,中川晋作,岡田直貴,第14回日本免疫治療学研究会学術集会,2017年02月11日
  • Expression and functional analysis of VEGFR2-specific chimeric antigen receptor with various structural modification,Kento Fujiwara,Masashi Tachibana,Shinsaku Nakagawa,Naoki Okada,第45回日本免疫学会学術総会
  • Population fluctuation of dendritic cell subsets in the draining lymph node with transcutaneous immunization,Ryosuke Eguchi,Sachiko Hirobe,Masashi Tachibana,Shinsaku Nakagawa,Naoki Okada,第45回日本免疫学会学術総会
  • Proliferation and differentiation of antigen-specific T cells in the draining lymph node with transcutaneous immunization,Sayami Ito,Honoka Takeuchi,Sachiko Hirobe,Masashi Tachibana,Shinsaku Nakagawa,Naoki Okada,第45回日本免疫学会学術総会
  • マイクロニードル技術を活用した「貼るワクチン製剤」の実用化推進研究,岡田直貴,第1回阪大微生物病研究会・薬学研究科研究交流会,2016年11月28日
  • 注射器はいらない! 貼るワクチンの開発,岡田直貴,日本薬学会近畿支部主催 市民公開講座 「薬科学って、なんやねん」,2016年10月29日
  • 経皮ワクチン製剤の貼付に伴う皮膚常在性樹状細胞サブセットの所属リンパ節への遊走,江口涼介,廣部祥子,中川晋作,岡田直貴,第20回日本ワクチン学会学術集会
  • 経皮ワクチン製剤の実用化に向けて,岡田直貴,第20回日本ワクチン学会学術集会
  • 経皮ワクチン製剤に適したアジュバント探索と有効性評価,中川雄介,伊藤沙耶美,立花雅史,廣部祥子,中川晋作,岡田直貴,第66回日本薬学会近畿支部総会・大会,2016年10月15日
  • ハイドロゲルパッチを応用した経皮ワクチン製剤貼付に伴う皮膚内樹状細胞の遊走,大野 茜,江口涼介,廣部祥子,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,第66回日本薬学会近畿支部総会・大会,2016年10月15日
  • mRNAエレクトロポレーションにより作製した腫瘍血管標的化CAR-T細胞の性能および品質,Kento Fujiwara,Ryo Inagaki,Shigemi Sasawatari,Takashi Kamigaki,Shinsaku Nakagawa,Naoki Okada,第75回日本癌学会学術総会
  • 固形がんに対する腫瘍血管特異的CAR-T細胞療法の開発,岡田直貴,第4回大阪大学薬学研究科-医薬基盤・健康・栄養研究所ランチミーティング,2016年09月30日
  • CAR-T細胞療法の最適化を志向したCARの構造/活性相関解析,藤原健人,常井彩加,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,第15回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2016
  • 重症牛乳アレルギーに対する新規経皮免疫療法の臨床研究,伊藤沙耶美,廣部祥子,桑原 優,長尾みづほ,藤澤隆夫,齊藤美生,権 英淑,神山文男,立花雅史,中川晋作,岡田直貴,第15回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2016
  • 腫瘍血管傷害活性を有するCAR-T細胞を用いた汎用性に優れる固形がん治療法の開発,岡田直貴,第2回関西バイオ創薬研究会,2016年08月19日
  • 構造改変キメラ抗原受容体のマウスT細胞における発現・機能解析,藤原健人,常井彩加,中川晋作,岡田直貴,第20回日本がん免疫学会総会
  • マイクロニードル技術を活用した貼るワクチン製剤の開発,岡田直貴,日本医療研究開発機構 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 (新興・再興エンテロウイルス感染症の検査・診断・治療・予防法の開発に向けた研究) 清水斑会議,2016年07月27日
  • 経皮ワクチン製剤により誘導されるT細胞応答の解析,伊藤沙耶美,廣部祥子,竹内ほのか,中川晋作,岡田直貴,第32回日本DDS学会学術集会
  • 経皮ワクチン製剤の貼付による抗原提示細胞サブセットのポピュレーション変動,江口涼介,廣部祥子,吉田淳哉,小山田孝嘉,中川晋作,岡田直貴,第32回日本DDS学会学術集会
  • 各種構造改変キメラ抗原受容体を発現させたマウスT細胞の機能比較,藤原健人,常井彩加,中川晋作,岡田直貴,第32回日本DDS学会学術集会
  • 経皮デリバリー技術を活用したワクチン・免疫療法,岡田直貴,第32回日本DDS学会学術集会
  • mRNA導入法により作製したヒトCAR-T細胞の細胞医薬としての品質・機能評価,藤原健人,稲生佳菜子,稲垣 涼,笹渡繁巳,神垣 隆,中川晋作,岡田直貴,日本薬剤学会第31年会
  • K3 (CpG-ODN) の経皮免疫製剤用アジュバントとしての特性解析,伊藤沙耶美,廣部祥子,中川晋作,岡田直貴,日本薬剤学会第31年会
  • 生体適合性材料を用いた新規ソリッドマイクロニードルパッチの開発,廣部祥子,小野彰彦,権 英淑,神山文男,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第136年会
  • 担がんマウスにおける腫瘍特異的CD8+ T細胞の機能低下に関する基礎的検討,徳永佑亮,藤原健人,廣部祥子,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第136年会
  • 各種構造改変キメラ抗原受容体の構築とそれらのマウスT細胞における発現解析,藤原健人,徳永佑亮,常井彩加,廣部祥子,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第136年会
  • 経皮ワクチン製剤の貼付に伴う樹状細胞サブセットの遊走と局在,江口涼介,廣部祥子,吉田淳哉,小山田孝嘉,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第136年会
  • 経皮免疫製剤に適用可能なアジュバント候補物質の探索,伊藤沙耶美,廣部祥子,小野彰彦,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第136年会
  • キメラ抗原受容体の構造/機能連関解析に資する評価系の構築,岡田直貴,大阪大学国際医工情報センター 第1回木曜クラブ,2016年03月03日
  • mRNA導入法により作製したヒトCAR-T細胞の表現型・機能解析,笹渡繁巳,稲垣 涼,徳永佑亮,藤原健人,神垣 隆,廣部祥子,中川晋作,岡田直貴,第13回日本免疫治療学研究会学術集会,2016年02月27日
  • Optimization of the retroviral vector gene transduction protocol for generating functional murine CAR-T cells,Yusuke Tokunaga,Naoki Okada,Hotaka Kusabuka,Sachiko Hirobe,Shinsaku Nakagawa,第44回日本免疫学会学術総会
  • T cell responses in mice receiving transcutaneous immunization,Honoka Takeuchi,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第44回日本免疫学会学術総会
  • 経皮ワクチンおよび皮下注射ワクチンにおける免疫学的変化の比較,廣部祥子,竹内ほのか,江口涼介,須佐井亮,岡田直貴,中川晋作,第19回日本ワクチン学会学術集会
  • 臨床研究に向けた腫瘍血管傷害性ヒトCAR-T細胞医薬の特性解析と機能評価,藤原健人,岡田直貴,稲垣 涼,徳永佑亮,河津和樹,笹渡繁巳,神垣 隆,廣部祥子,中川晋作,第65回日本薬学会近畿支部総会・大会,2015年10月17日
  • レトロウイルスベクターを用いたマウスT細胞への効率的なCAR遺伝子導入プロトコルの確立,Yusuke Tokunaga,Naoki Okada,Hotaka Kusabuka,Sachiko Hirobe,Shinsaku Nakagawa,第74回日本癌学会学術総会
  • レーザーイオン化イメージング質量分析による経皮投与型薬剤の動態分析,井本英志,間 久直,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,粟津邦男,光・量子デバイス研究会,2015年09月28日
  • 経皮ワクチンしたマウスの所属リンパ節におけるリンパ球特性解析,竹内ほのか,須佐井亮,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,第31回日本DDS学会学術集会
  • 経皮デリバリー技術を応用した貼るワクチン製剤の開発,岡田直貴,第31回日本DDS学会学術集会
  • キメラ抗原受容体 (CAR) 発現T細胞を用いた癌の養子免疫療法,岡田直貴,千里ライフサイエンス技術講習会 (第62回),2015年06月30日
  • Transcutaneous vaccination system using a self-dissolving microneedle patch,Naoki Okada,Korea-Japan Joint Workshop on Micro Needles 2015 (MNJW 2015),2015年06月29日
  • 経皮投与型薬剤の動態分析に向けたレーザーイオン化イメージング質量分析手法の開発,井本英志,間 久直,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,粟津邦男,第63回質量分析総合討論会
  • MALDI-imaging mass spectrometry for pharmacokinetics of transcutaneous medicine,Eishi Imoto,Hisanao Hazama,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Kunio Awazu,63rd ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics
  • 経皮ワクチン製剤を貼付した皮膚および所属リンパ節の免疫学的解析,廣部祥子,須佐井亮,竹内ほのか,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第30年会
  • mRNA導入法により作製したCAR-T細胞の表現型・機能解析と次世代養子免疫療法への応用,河津和樹,岡田直貴,稲垣 涼,笹渡繁巳,神垣 隆,廣部祥子,中川晋作,遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム,2015年05月01日
  • マイクロニードルを用いた経皮ワクチンにおける皮膚内抗原提示細胞の免疫学的機能に関する基礎的検討,竹内ほのか,須佐井亮,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第135年会
  • 経皮免疫製剤の貼付に伴う皮膚内抗原提示細胞の挙動,廣部祥子,須佐井亮,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第135年会
  • mRNA導入法により創製したヒトCAR-T細胞の表面マーカー解析,河津和樹,岡田直貴,稲垣 涼,笹渡繁巳,前川隆司,神垣 隆,廣部祥子,中川晋作,日本薬学会第135年会
  • CAR-T細胞の効率的な作製を可能とする遺伝子導入プロトコルの確立,徳永佑亮,岡田直貴,草深穂高,廣部祥子,中川晋作,日本薬学会第135年会
  • 経皮デリバリー技術を活用したワクチン・免疫製剤の開発,岡田直貴,日本薬学会第135年会
  • 生分解性マイクロニードルを応用した画期的「貼るワクチン製剤」の開発と実用化に資する研究の総合的推進,岡田直貴,平成26年度厚生労働科学研究事業研究成果発表会,2015年02月25日
  • CD11c+ Langerin- dermal dendritic cells dominantly contribute to inducing antigen-specific immune responses in transcutaneous vaccination using microneedles,Ryo Susai,Honoka Takeuchi,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第43回日本免疫学会学術総会
  • Development of an adoptive immunotherapy using T cells transduced with mRNA encoding VEGFR2-specific CAR,Ryo Inagaki,Naoki Okada,Shigemi Sasawatari,Ryuji Maekawa,Takashi Kamigaki,Sachiko Hirobe,Shinsaku Nakagawa,第43回日本免疫学会学術総会
  • マイクロニードルを用いた経皮ワクチンに寄与する皮膚内抗原提示細胞の同定,竹内ほのか,須佐井亮,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,第18回日本ワクチン学会学術集会
  • 経皮ワクチン製剤の貼付に伴う皮膚内抗原提示細胞の挙動および表面マーカー発現変化,廣部祥子,須佐井亮,岡田直貴,中川晋作,第18回日本ワクチン学会学術集会
  • 新しいデバイスによる経皮免疫療法の可能性,岡田直貴,第51回日本小児アレルギー学会
  • 日本発、世界初の貼るワクチンの実用化を目指して,岡田直貴,第4回薬学研究科セミナー・FD,2014年10月02日
  • 最適なT細胞医薬の創製を目指したキメラ抗原受容体の細胞内ドメイン構造改変と機能解析,Hotaka Kusabuka,Naoki Okada,Sachiko Hirobe,Shinsaku Nakagawa,第73回日本癌学会学術総会
  • VEGFR2特異的キメラ抗原受容体mRNAを導入したCD8+ T細胞による養子免疫療法の開発,Ryo Inagaki,Naoki Okada,Masato Muto,Ryuji Maekawa,Takashi Kamigaki,Sachiko Hirobe,Shinsaku Nakagawa,第73回日本癌学会学術総会
  • マイクロニードルの穿刺に伴う皮膚内免疫反応に関する基礎的検討,須佐井亮,大塚梨沙,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第30回日本DDS学会学術集会
  • 養子免疫療法に最適なT細胞医薬の創製を目指したキメラ抗原受容体の細胞内ドメイン構造改変とシグナル伝達解析,草深穂高, 大垣恵理華, 廣部祥子, 岡田直貴, 中川晋作,第30回日本DDS学会学術集会
  • 日本発、世界初の貼るワクチンの開発,岡田直貴,第30回日本DDS学会学術集会
  • Radiolabeling of anti-VEGFR antibody and gamma camera imaging in rats,Yasukazu Kanai,Mai Yoshikawa,Youhei Mukai,Yuki Tomono,Naoki Okada,Hiroshi Watabe,Eku Shimosegawa,Shinsaku Nakagawa,Jun Hatazawa,Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging’s 61th Annual Meeting (SNMMI 2014)
  • Development of a transcutaneous vaccine formulation using a dissolving microneedle patch,Sachiko Hirobe,Hiroaki Azukizawa,Takaaki Hanafusa,Kazuhiko Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 8th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists
  • 経皮免疫応答における皮膚内抗原提示細胞の機能に関する基礎的検討,竹内ほのか,須佐井亮,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第29年会
  • 皮膚組織内の薬剤分析に向けたレーザーイオン化イメージング質量分析手法の開発,井本英志,間 久直,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,粟津邦男,第62回質量分析総合討論会
  • T細胞医薬の最適化を目指した人工キメラ抗原受容体の細胞内ドメイン改変と機能解析,大垣恵理華,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第134年会
  • mRNA導入法により人工キメラ抗原受容体を発現させたヒト細胞傷害性T細胞の創製と機能解析,稲垣 涼,武藤真人,前川隆司,神垣 隆,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第134年会
  • 人工キメラ抗原受容体を発現させたT細胞を用いた次世代養子免疫療法の開発,岡田直貴,日本薬学会第134年会
  • MPC経皮投与による脱感作療法の開発,岡田直貴,厚生労働科学研究難治性疾患等克服研究事業 (免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業 免疫アレルギー研究分野) 海老澤斑 第2回J-OIT会議,2013年12月15日
  • Creation and functional analysis of CTLs expressing chimeric antigen receptor (CAR) specific for MHC class I/TAA peptide complex,Hotaka Kusabuka,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第42回日本免疫学会学術総会
  • A construction and functional comparison of chimeric antigen receptors (CARs) with various intracellular domains,Erika Ogaki,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第42回日本免疫学会学術総会
  • Functional analysis of CTLs transduced with mRNA encoding an artificial chimeric antigen receptor (CAR) by electroporation,Ryo Inagaki,Sachiko Hirobe,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第42回日本免疫学会学術総会
  • 経皮投与したCpGオリゴヌクレオチドのアジュバント活性に関する基礎的検討,須佐井亮,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第17回日本ワクチン学会学術集会
  • Th2偏向性免疫応答を誘導するアルツハイマー病経皮ワクチン療法の開発,大栗千佳,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第17回日本ワクチン学会学術集会
  • インフルエンザ経皮ワクチン製剤のヒトにおける免疫誘導特性および長期保存安定性,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第17回日本ワクチン学会学術集会
  • Development and clinical study of a dissolving microneedle patch for transcutaneous immunization device,Sachiko Hirobe,Hiroaki Azukizawa,Kazuhiko Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Ichiro Katayama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The Asian Federation for Pharmaceutical Sciences Conference 2013 (AFPS 2013)
  • Development of a novel therapeutic approach using a retinoic acid-loaded microneedle patch for seborrheic keratosis treatment,Risa Otsuka,Yasuhiro Hiraishi,Sachiko Hirobe,Hiroshi Iioka,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Hideo Asada,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The Asian Federation for Pharmaceutical Sciences Conference 2013 (AFPS 2013)
  • がん免疫療法における樹状細胞への抗原送達に向けた新たな戦略,関むつみ,小田雄介,鈴木 亮,小俣大樹,澤口能一,宇留賀仁史,岡田直貴,中川晋作,丸山一雄,第57回日本薬学会関東支部大会,2013年10月26日
  • バブルリポソームと超音波により抗原送達した樹状細胞ワクチンによるがん転移予防効果,小田雄介,鈴木 亮,関むつみ,澤口能一,小俣大樹,宇留賀仁史,岡田直貴,中川晋作,丸山一雄,第57回日本薬学会関東支部大会,2013年10月26日
  • バブルリポソームと超音波を用いたサイトカイン発現遺伝子導入によるがん治療効果,宇留賀仁史,鈴木 亮,小俣大樹,小田雄介,関むつみ,澤口能一,根岸洋一,岡田直貴,中川晋作,丸山一雄,第57回日本薬学会関東支部大会,2013年10月26日
  • レチノイン酸装填マイクロニードル製剤のヒトにおける安全性・有効性評価 ~色素斑ならびに脂漏性角化症に対する新規治療法の確立を目指して~,大塚梨沙,平石恭大,権 英淑,神山文男,浅田秀夫,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,第63回日本薬学会近畿支部総会・大会,2013年10月12日
  • Phage display-based high throughput screening to identify cell-internalizing monoclonal antibodies for antibody-drug conjugates,Yohei Mukai,Mai Yoshikawa,Yoshiaki Okada,Yuki Tsumori,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,William C. Aird,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 12th Human Proteome Organization (HUPO) World Congress
  • マイクロニードルデバイスを用いた経皮DNAワクチンに関する基礎的検討,廣部祥子,西内 翠,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,遺伝子・デリバリー研究会 第13回夏期セミナー,2013年07月24日
  • A novel transcutaneous vaccine formulation using a self-dissolving microneedle patch,Sachiko Hirobe,Kazuhiko Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 40th Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society
  • DDSに立脚した細胞医薬創製法と細胞療法の開発,岡田直貴,第52回生物医工学サロン,2013年07月17日
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを用いた貼るインフルエンザワクチンの開発,岡田直貴,厚生労働科学研究難治性疾患等克服研究事業 (免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業 免疫アレルギー研究分野) 海老澤斑 第1回J-OIT会議,2013年07月13日
  • mRNA導入法により人工キメラ抗原受容体を発現させた細胞傷害性T細胞の機能解析,稲垣 涼,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,第29回日本DDS学会学術集会
  • 人工キメラ抗原受容体の細胞内ドメイン構造の最適化に関する基礎的検討,大垣恵理華,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,第29回日本DDS学会学術集会
  • 脂漏性角化症治療を目指したレチノイン酸装填マイクロニードル製剤の開発,大塚梨沙,平石恭大,廣部祥子,権 英淑,神山文男,浅田秀夫,岡田直貴,中川晋作,第29回日本DDS学会学術集会
  • インフルエンザHA抗原装填マイクロニードルパッチ製剤の長期保存安定性に関する検討,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第29回日本DDS学会学術集会
  • 腫瘍血管マーカーRobo4に対する細胞内侵入抗体の抗体薬物複合体としての有用性評価,向 洋平,吉川 舞,岡田欣晃,William C. Aird,吉岡靖雄,角田慎一,堤 康央,岡田直貴,土井健史,中川晋作,第29回日本DDS学会学術集会
  • Tumor vascular targeting using anti-Robo4 cell-internalizing monoclonal antibody that is isolated via phage display based screening system,Yohei Mukai,Mai Yoshikawa,Yoshiaki Okada,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,William C. Aird,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,World Biotechnology Congress 2013
  • CpGオリゴヌクレオチドの経皮アジュバント活性に関する基礎的検討,須佐井亮,王 淇,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第28年会
  • 腫瘍特異的キメラ抗原受容体の創製とT細胞における発現機能解析,草深穂高,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第28年会
  • ランゲルハンス細胞ターゲティングを目指したFc融合アミロイドペプチドの創製,大栗千佳,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第28年会
  • 臨床研究におけるインフルエンザ経皮ワクチン製剤の免疫誘導特性に関する解析,廣部祥子,小豆澤宏明,花房崇明,松尾一彦,権 英淑,神山文男,片山一朗,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第28年会
  • 経皮ワクチン製剤 (貼るワクチン) の基礎から臨床,岡田直貴,日本薬学会第133年会
  • 養子免疫療法の最適化を目指した人工キメラ抗原受容体の構造設計に関する基礎的検討,大垣恵理華,櫛淵あゆむ,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第133年会
  • 経皮免疫造成に寄与する皮膚内溶解型マイクロニードルの特性解析,佐藤智美,平石恭大,廣部祥子,翟 優,横田やよい,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第133年会
  • レチノイン酸装填マイクロニードルを用いた脂漏性角化症に対する新規薬物治療法の開発,大塚梨沙,平石恭大,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第133年会
  • 経皮 (貼る) ワクチン開発の最前線,岡田直貴,第86回日本細菌学会総会
  • A clinical study of influenza vaccine using a dissolving microneedle array,Hiroaki Azukizawa,Sachiko Hirobe,Takaaki Hanafusa,Kazuhiko Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Ichiro Katayama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,日本研究皮膚科学会第37回年次学術大会
  • Clinical study of transcutaneous influenza vaccine using a self-dissolving microneedle patch,Sachiko Hirobe,Hiroaki Azukizawa,Takaaki Hanafusa,Kazuhiko Matsuo,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Ichiro Katayama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム
  • 世界初、日本発の貼るワクチンの実用化を目指して,岡田直貴,第4回経皮投与製剤FGシンポジウム,2012年11月19日
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを用いたインフルエンザ経皮ワクチンの臨床研究,廣部祥子,小豆澤宏明,花房崇明,松尾一彦,権 英淑,神山文男,片山一朗,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第16回日本ワクチン学会学術集会
  • マイクロニードル型経皮ワクチン製剤の実用化を目指して,岡田直貴,第16回日本ワクチン学会学術集会
  • レチノイン酸装填マイクロニードルを用いた脂漏性角化症に対する新たな治療法の開発,大塚梨沙,平石恭大,廣部祥子,仁木一順,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第62回日本薬学会近畿支部総会・大会,2012年10月20日
  • 癌ターゲティング療法における腫瘍血管内皮細胞特異的な細胞内侵入抗体の有用性評価,柳澤有紀,向 洋平,吉川 舞,岡田欣晃,吉岡靖雄,角田慎一,堤 康央,岡田直貴,土井健史,中川晋作,第28回日本DDS学会学術集会
  • インフルエンザHA抗原装填マイクロニードルパッチ製剤のヒトにおける安全性・有効性の検証,廣部祥子,小豆澤宏明,花房崇明,仁木一順,松尾一彦,権 英淑,神山文男,片山一朗,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第28回日本DDS学会学術集会
  • 本邦発の経皮ワクチン製剤の実用化を目指して,岡田直貴,第28回日本DDS学会学術集会
  • mRNA導入法を用いた腫瘍血管傷害性T細胞の創製と機能解析,中川岳志,成松翔伍,小野晶子,神垣 隆,後藤重則,佐藤志保,白木正人,前川隆司,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第22回日本サイトメトリー学会学術集会
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを用いた経皮ワクチン製剤の物理化学的特性,中川岳志,平石恭大,権 英淑,神山文男,松尾一彦,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第27年会
  • 細胞傷害性T 細胞の体内動態制御による癌免疫療法の最適化,岡田直貴,日本薬剤学会第27年会
  • 新型インフルエンザパンデミックに即時対応できる経皮ワクチンシステムの開発,仁木一順,松尾一彦,廣部祥子,権 英淑,神山文男,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第132年会
  • 経皮ワクチンデバイス-皮膚内溶解型マイクロニードル-のヒトにおける安全性試験,西内 翠,廣部祥子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第15回日本ワクチン学会学術集会
  • 経皮ワクチン (貼るワクチン) におけるToll様受容体リガンドのアジュバント効果,翟 優,松尾一彦,齋塲雄貴,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第15回日本ワクチン学会学術集会
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを用いたインフルエンザ経皮ワクチンの開発,松尾一彦,横田やよい,廣部祥子,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第15回日本ワクチン学会学術集会
  • VEGFR2に対する抗体を用いた腫瘍イメージング,吉川 舞,向 洋平,伴野由季,金井泰和,渡部浩司,角田慎一,堤 康央,畑澤 順,岡田直貴,中川晋作,第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会,2011年12月03日
  • アルツハイマー病モデルマウスにおけるアミロイド装填マイクロニードル製剤の経皮ワクチン効果,岡本英揚,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,第40回日本免疫学会学術総会
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを応用した経皮免疫製剤の感染防御効果,松尾一彦,廣部祥子,岡田直貴,中川晋作,第40回日本免疫学会学術総会
  • 経皮ワクチン製剤のヒトにおける安全性および有効性の評価,廣部祥子,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,第40回日本免疫学会学術総会
  • 経皮ワクチン製剤「貼るワクチン」の実用化を目指した橋渡し研究-ヒトにおける安全性・有効性の評価,廣部祥子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,浅田秀夫,小豆澤宏明,片山一朗,鈴木 博,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第61回日本薬学会近畿支部総会・大会,2011年10月22日
  • 感染症予防対策に資する経皮ワクチン製剤 (貼るワクチン) の開発-マイクロニードル型貼るワクチン,松尾一彦,廣部祥子,翟 優,権 英淑,神山文男,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第61回日本薬学会近畿支部総会・大会,2011年10月22日
  • 金酸化鉄ナノ粒子の技術を応用した新規MRI腫瘍造影剤の開発,伴野由季,向 洋平,吉川 舞,清野智史,山本孝夫,岡田直貴,中川晋作,第61回日本薬学会近畿支部総会・大会,2011年10月22日
  • 癌養子免疫療法の有効性改善を目指したmRNA導入法による細胞傷害性T細胞の体内動態制御,成松翔伍,神垣 隆,後藤重則,佐藤志保,白木正人,前川隆司,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第10回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2011
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを用いたアルツハイマー型認知症に対する経皮ワクチン療法の開発,岡本英揚,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第10回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2011
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを用いた貼るワクチンの実用化に向けて,廣部祥子,松尾一彦,横田やよい,権 英淑,神山文男,小豆澤宏明,片山一朗,森川彰子,井上龍巳,角田秀信,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第10回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2011
  • Cell-internalizing monoclonal antibody against VEGFR2 is a potent anti-cancer agent carrier,吉川 舞,向 洋平,角田慎一,堤 康央,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第70回日本癌学会学術総会
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルを用いたアトピー性皮膚炎治療法の可能性,仁木一順,廣部祥子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第29回日本美容皮膚科学会学術集会
  • Modifying the antigen-immunization schedule improves the variety of monoclonal antibodies obtained from immune-phage antibody libraries against HIV-1 Nef and Vif,Mai Yoshikawa,Yohei Mukai,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 10th Human Proteome Organization (HUPO) World Congress
  • 細胞傷害性T細胞へのmRNA導入法の確立とその発現特性解析,成松翔伍,神垣 隆,後藤重則,佐藤志保,白木正人,前川隆司,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2011
  • 経皮ワクチンの基礎から臨床 ~本邦発の経皮ワクチン製剤の実用化を目指して~,岡田直貴,アステラス製薬株式会社招待講演,2011年08月29日
  • 皮膚内溶解型マイクロニードルの穿刺特性および安全性に関する臨床研究,廣部祥子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,小豆澤宏明,片山一朗,鈴木 博,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第27回日本DDS学会学術集会
  • 細胞傷害性T細胞の体内動態制御を目指したmRNA導入法に関する検討,成松翔伍,森﨑悠太,神垣 隆,後藤重則,佐藤志保,白木正人,前川隆司,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第27回日本DDS学会学術集会
  • 標的分子特異的な細胞内薬物送達を目指した細胞内侵入抗体の基礎的特性評価,吉川 舞,向 洋平,堤 康央,角田慎一,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第26年会
  • 金磁性ナノ粒子を応用した新規MRI腫瘍造影剤の開発,伴野由季,向 洋平,吉川 舞,小島拓記,清野智史,山本孝夫,森田将史,犬伏俊郎,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第26年会
  • 生分解性マイクロニードルを用いたインフルエンザ経皮ワクチンの有効性,松尾一彦,横田やよい,権 英淑,神山文男,鎌田良男,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第131年会
  • 臨床研究用生分解性マイクロニードルの作製と機能評価,ZHAI You,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第131年会
  • 生分解性マイクロニードルの安全性評価に関する臨床研究,廣部祥子,松尾一彦,平石恭大,翟 優,権 英淑,神山文男,小豆澤宏明,片山一朗,鈴木 博,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第131年会
  • 生分解性マイクロニードルを応用したアトピー性皮膚炎治療法の可能性,仁木一順,松尾一彦,廣部祥子,権 英淑,神山文男,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第131年会
  • 生分解性マイクロニードルを応用した経皮ワクチン製剤の有効性評価,岡田直貴,松尾一彦,横田やよい,廣部祥子,権 英淑,神山文男,中川晋作,第14回日本ワクチン学会学術集会
  • 生分解性マイクロニードルの経皮ワクチンデバイスとしての特性,松尾一彦,横田やよい,翟 優,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第14回日本ワクチン学会学術集会
  • 経皮免疫製剤「貼るワクチン」のヒトにおける安全性および有効性の検証,廣部祥子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,浅田秀夫,岡田直貴,中川晋作,第14回日本ワクチン学会学術集会
  • Transcutaneous vaccination system using a hydrogel patch formulation,Naoki Okada,2010 FIP Pharmaceutical Sciences World Congress in association with AAPS Annual Meeting and Exposition
  • 生分解性マイクロニードルを用いたマラリア経皮ワクチン製剤の開発,松尾一彦,綾部有里香,翟 優,権 英淑,神山文男,堀井俊宏,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第9回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2010
  • 癌に対する免疫細胞療法におけるDDS戦略,岡田直貴,第69回日本癌学会学術総会
  • 樹状細胞免疫療法におけるバブルリポソームと超音波を利用した抗原送達法の特性評価,小田雄介,鈴木 亮,平田圭一,光嶋里茶,宇都口直樹,岡田直貴,丸山一雄,第26回日本DDS学会学術集会
  • Immuno-conjugate製剤における抗体の細胞内侵入活性と抗腫瘍効果の連関解析,吉川 舞,向 洋平,堤 康央,角田慎一,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • T細胞受容体の新規ターゲティング分子への適用を目指した検討,成松翔伍,吉岡靖雄,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • 親水性ゲルパッチによる抗原の角質層透過促進機構に関する検討,岡本英揚,松尾一彦,川合泰明,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • 破傷風・ジフテリア経皮ワクチン製剤のヒトにおける安全性・有効性の検証,廣部祥子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,浅田秀夫,高矢雄介,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • 生分解性マイクロニードルの経皮ワクチンデバイスとしての特性,横田やよい,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • 多種多様な抗原に適用できる新規経皮ワクチン製剤の開発,川端洋輝,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • マラリア撲滅に向けた新規経皮ワクチン製剤の開発,松尾一彦,綾部有里香,権 英淑,神山文男,堀井俊宏,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • アルツハイマー病に対する治療効果を狙った経皮ワクチン療法の開発,亀井数正,松尾一彦,川合泰明,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第26回日本DDS学会学術集会
  • DDSに立脚した免疫細胞療法の最適化に関する研究,岡田直貴,第26回日本DDS学会学術集会
  • 核酸医薬開発における企業研究者の興味・関心・疑問に関するアンケート結果の発表と分析,西川元也,秋田英万,根岸洋一,岡田直貴,櫻井文教,永原俊治,高倉喜信,日本薬剤学会第25年会
  • Immune-conjugate製剤の開発に適う細胞内侵入抗体の効率的創製法の確立,吉川 舞,向 洋平,堤 康央,角田慎一,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第25年会
  • T細胞受容体の新規ターゲティング分子への適用を目指した検討,成松翔伍,吉岡靖雄,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第25年会
  • 感染症パンデミックの抑止に貢献する新規経皮ワクチン製剤の開発,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第25年会
  • 感染症対策に資する画期的「貼るワクチン」の開発,松尾一彦,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 「貼るワクチン」の開発I ~親水性ゲルパッチによる抗原蛋白質の角質層透過に関する検討~,岡本英揚,川合泰明,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 「貼るワクチン」の開発II ~親水性ゲルパッチを用いた経皮ワクチンの臨床研究~,齋塲雄貴,松尾一彦,権 英淑,神山文男,浅田秀夫,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 「貼るワクチン」の開発III ~生分解性マイクロニードルによる経皮抗原デリバリーに関する検討~,横田やよい,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 「貼るワクチン」の開発IV ~生分解性マイクロニードルによる可溶性抗原および粒子状抗原に対する免疫誘導~,瀬戸正志,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 「貼るワクチン」の開発V ~生分解性マイクロニードルを用いた破傷風・ジフテリアワクチンの開発~,廣部祥子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 「貼るワクチン」の開発VI ~生分解性マイクロニードルを用いたマラリアワクチンの開発~,綾部有里香,松尾一彦,権 英淑,神山文男,堀井俊宏,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 「貼るワクチン」の開発VII ~生分解性マイクロニードルを用いたインフルエンザワクチンの開発~,川端洋輝,松尾一彦,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第130年会
  • 超音波感受性リポソームを用いた樹状細胞への超音波抗原送達法におけるMHCクラスI抗原提示経路の解析,大竹将太,小田雄介,鈴木 亮,宇都口直樹,岡田直貴,中川晋作,丸山一雄,日本薬学会第130年会
  • 腫瘍血管を標的とする細胞傷害性T細胞の創製と養子免疫療法への応用,岡田直貴,第7回日本免疫治療学研究会学術集会,2010年02月20日
  • 生分解性マイクロニードルを応用した経皮ワクチンの開発,松尾一彦,横田やよい,廣部祥子,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第8回ファーマ・バイオフォーラム2009
  • Antibody-drug conjugateの開発に適う細胞内侵入抗体の効率的探索法,吉川 舞,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,堤 康央,角田慎一,中川晋作,第8回ファーマ・バイオフォーラム2009
  • Creation of lysine-deficient mutant lymphotoxin-α with receptor selectivity by using phage display,Yasuo Yoshioka,Hikaru Watanabe,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Shinji Ikemizu,Chioko Nagao,Shandar Ahmad,Kenji Mizuguchi,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Tri-society Annual Conference
  • ナノマテリアルの安全確保に向けて-1 ナノマテリアルの経皮吸収性・体内動態と急性毒性・肝毒性,角田慎一,吉川友章,鍋師裕美,赤瀬貴憲,長野一也,阿部康弘,吉岡靖雄,今澤孝喜,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,堤 康央,日本食品衛生学会第98回学術講演会
  • ナノマテリアルの安全確保に向けて-4 ナノマテリアルの動態特性と免疫毒性,吉岡靖雄,森重智弘,稲倉 裕,吉田徳幸,藤村真穂,鍋師裕美,阿部康弘,長野一也,吉川友章,今澤孝善,角田慎一,向 洋平,岡田直貴,堤 康央,中川晋作,日本食品衛生学会第98回学術講演会
  • High-throughput screening method of “Cell-internalizing monoclonal antibodies”, potent anti-tumor drug delivery carriers,吉川 舞,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,堤 康央,角田慎一,中川晋作,第68回日本癌学会学術総会
  • 親水性ゲルパッチを用いた経皮免疫製剤の免疫誘導特性ならびに安全性,松尾一彦,石井裕美子,川合泰明,齋塲 雄貴,瀬戸正志,横田やよい,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第13回日本ワクチン学会学術集会
  • 親水性ゲルパッチを用いた経皮ワクチンにおけるToll様受容体リガンドのアジュバント効果,齋塲雄貴,松尾一彦,石井裕美子,川合泰明,瀬戸正志,横田やよい,権 英淑,神山文男,岡田直貴,中川晋作,第13回日本ワクチン学会学術集会
  • Ligand independent assembly of purified soluble Magic Roundabout (Robo4), a tumor-specific endothelial marker,Mai Yoshikawa,Yohei Mukai,Yoshiaki Okada,Yasuo Yoshioka,Shin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Naoki Okada,William C Aird,Takefumi Doi,Shinsaku Nakagawa,ECCO 15 and 34th ESMO Multidisciplinary Congress
  • Design of tumor targeting magnetic resonance imaging (MRI) agent based on gold/iron-oxide composite nanoparticle,Hiroki Kojima,Yohei Mukai,Kazumasa Kamei,Masahito Morita,Toshiro Inubushi,Takao A Yamamoto,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Satoshi Seino,Shinsaku Nakagawa,ECCO 15 and 34th ESMO Multidisciplinary Congress
  • Direct cell entry of gold/iron-oxide magnetic nanoparticles in adenovirus mediated gene delivery,Yohei Mukai,Hiroki Kojima,Tomoaki Yoshikawa,Kazumasa Kamei,Mai Yoshikawa,Takao A Yamamoto,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Satoshi Seino,Shinsaku Nakagawa,ECCO 15 and 34th ESMO Multidisciplinary Congress
  • Nanosilicas with different sizes and surface charges induce different profiles of cytokine production on macrophages,Yasuo Yoshioka,Tomohiro Morishige,Aya Tanabe,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,46th Congress of the European Societies of Toxicology
  • バブルリポソームを利用した超音波抗原送達法による抗腫瘍免疫の誘導,大竹将太,小田雄介,鈴木 亮,宇都口直樹,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,第18回静岡DDSカンファランス,2009年09月12日
  • 非結晶性シリカの粒子特性と起炎性の連関評価,吉岡靖雄,森重智弘,稲倉 裕,田辺 綾,堤 康央,河合裕一,眞弓忠範,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第16回日本免疫毒性学会学術大会
  • 非結晶性ナノシリカの自然免疫抑制作用に関する検討,森重智弘,吉岡靖雄,田辺 綾,堤 康央,室井正志,棚元憲一,河合裕一,眞弓忠範,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第36回日本トキシコロジー学会学術年会
  • 各種酸化チタンの起炎性評価とそのメカニズム解析,稲倉 裕,吉岡靖雄,森重智弘,田辺 綾,堤 康央,河合裕一,眞弓忠範,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第36回日本トキシコロジー学会学術年会
  • 非結晶性シリカの粒子特性と起炎性の連関評価,吉岡靖雄,森重智弘,田辺 綾,堤 康央,河合裕一,眞弓忠範,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第36回日本トキシコロジー学会学術年会
  • T細胞受容体を用いた新規ターゲティング分子の創製,成松翔伍,吉岡靖雄,渡辺 光,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第25回日本DDS学会学術集会
  • 親水性ゲルパッチを用いた経皮免疫製剤のアジュバント併用時の有効性評価,齋塲雄貴,松尾一彦,石井裕美子,川合泰明,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第25回日本DDS学会学術集会
  • リポソーム型微小気泡と超音波を用いて抗原送達した樹状細胞免疫によるがん治療効果,小田雄介,鈴木 亮,大竹将太,宇都口直樹,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,第25回日本DDS学会学術集会
  • 感染症対策に資する「貼るワクチン」の開発,岡田直貴,第46回薬剤学懇談会研究討論会
  • 新規香粧品素材として注目されるナノシリカの経皮リスクに関する基礎検討,松尾一彦,免山智行,角田慎一,堤 康央,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第34回日本香粧品学会大会
  • Innate immune activation of titanium dioxide,Yasuo Yoshioka,Aya Tanabe,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,19th Annual Meeting of the Society of Environmental Toxicology and Chemistry
  • Antibody-drug conjugate製剤の開発に適う細胞内侵入抗体の効率的創製法の確立,吉川 舞,向 洋平,久保 貴,吉岡靖雄,岡田直貴,堤 康央,角田慎一,中川晋作,日本薬剤学会第24年会
  • 微細超常磁性酸化鉄粒子 (USPIO) をコアとしたPEG化金磁性ナノ粒子の創製とそのMRI腫瘍造影剤としての有用性評価,小島拓記,向 洋平,森田将史,犬伏俊郎,山本孝夫,吉岡靖雄,岡田直貴,清野智史,中川晋作,日本薬剤学会第24年会
  • リポソーム型微小気泡と超音波を利用した樹状細胞がん免疫療法によるメラノーマ肺転移抑制効果,大竹将太,小田雄介,鈴木 亮,宇都口直樹,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,日本薬剤学会第24年会
  • レセプター指向性を有するリンフォトキシンの創製と特性評価,吉岡靖雄,渡辺 光,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第9回日本蛋白質科学会年会
  • T細胞受容体を用いた新規ターゲティング分子の創製,成松翔伍,吉岡靖雄,渡辺 光,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第9回日本蛋白質科学会年会
  • 抑制性レセプターを回避し得るLIGHT変異体の創製とその機能評価,稲倉 裕,吉岡靖雄,森重智弘,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第9回日本蛋白質科学会年会
  • 活性増強型リンフォトキシンの機能解明,渡辺 光,吉岡靖雄,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第9回日本蛋白質科学会年会
  • 新規素材として期待されるナノマテリアルの自然免疫攪乱作用に関する検討,吉岡靖雄,田辺 綾,森重智弘,姚 醒蕾,渡辺 光,室井正志,棚元憲一,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第129年会
  • TNFSF14/LIGHTによる効率的な腫瘍特異的免疫応答の惹起と抗腫瘍効果に関する検討,稲倉 裕,吉岡靖雄,森重智弘,田辺 綾,渡辺 光,姚 醒蕾,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第129年会
  • 特性の異なるナノ酸化チタン-自然免疫応答連関に関する基礎的検討,森重智弘,吉岡靖雄,田辺 綾,渡辺 光,姚 醒蕾,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第129年会
  • ナノシリカの皮膚透過性と経皮リスクに関する基礎検討,松尾一彦,免山智行,角田慎一,堤 康央,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第129年会
  • 破傷風・ジフテリアに対する経皮免疫製剤の実用化に向けた基礎的検討,川合泰明,松尾一彦,石井裕美子,齋塲雄貴,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第129年会
  • Nanosilicas with various surface charge induce the different profile of cytokine production on macrophage,Yasuo Yoshioka,Aya Tanabe,Yohei Mukai,Naoki Okada,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,48th Society of Toxicology Annual Meeting
  • 遺伝子工学的手法を用いた神経幹細胞から膵β細胞への分化誘導,林 香織,金川尚子,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第8回日本再生医療学会総会
  • 新規MRI腫瘍造影剤の開発を目指したPEG化金磁性ナノ粒子の創製,小島拓記,向 洋平,亀井数正,清野智史,森田将史,犬伏俊郎,吉岡靖雄,岡田直貴,山本孝夫,中川晋作,第2回創薬とイメージングに関するシンポジウム,2009年02月09日
  • Development of novel antigen delivery system using ultrasound technology in dendritic cell-based cancer immunotherapy,Ryo Suzuki,Yusuke Oda,Shota Otake,Naoki Utoguchi,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Katsuro Tachibana,Kazuo Maruyama,10th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • ナノマテリアルのオートファジー誘導に関する検討,田辺 綾,吉岡靖雄,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会・合同大会
  • ナノシリカの自然免疫応答に及ぼす影響,吉岡靖雄,田辺 綾,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会・合同大会
  • T細胞受容体を用いた新規ターゲティング分子の創製に関する基礎的検討,成松翔伍,吉岡靖雄,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会・合同大会
  • ファージ表面提示法を用いたTNFR1指向性リンフォトキシンの創製とその特性評価,渡辺 光,吉岡靖雄,森重智弘,角田慎一,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本生物物理学会第46回年会
  • Transcutaneous vaccination using a hydrogel patch formulation can elicit effective immune responses,Kazuhiko Matsuo,Yumiko Ishii,Yasuaki Kawai,Yuki Saiba,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 3rd MEI International Symposium“Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine”
  • Expression of single-chain Fv can control biodistribution and cytotoxic activity of cytotoxic T-lymphocytes in adoptive immunotherapy for cancer,Naoko Kanagawa,Naoki Okada,Tatsuya Yanagawa,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Shinsaku Nakagawa,The 3rd MEI International Symposium“Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine”
  • 破傷風・ジフテリアワクチンにおける「貼るワクチン」の有用性評価,川合泰明,松尾一彦,石井裕美子,齋塲雄貴,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第7回ファーマ・バイオフォーラム2008
  • 新規MRI腫瘍造影剤の開発を目指したPEG化金磁性ナノ粒子の創製,小島拓記,向 洋平,亀井数正,清野智史,森田将史,犬伏俊郎,吉岡靖雄,岡田直貴,山本孝夫,中川晋作,第7回ファーマ・バイオフォーラム2008
  • 癌免疫療法の最適化を目指したγ-PGAナノ粒子の免疫誘導メカニズム解析,吉永知世,松尾圭祐,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第7回ファーマ・バイオフォーラム2008
  • ナノマテリアルの自然免疫活性化メカニズムの検討,田辺 綾,吉岡靖雄,森重智弘,角田慎一,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008
  • ジフテリアトキソイドおよび破傷風トキソイドを用いた「貼るワクチン」の開発,中川晋作,石井裕美子,松尾一彦,権 英淑,神山文男,岡田直貴,第12回日本ワクチン学会学術集会
  • Priming of anti-tumor immune system by antigen delivery into dendritic cells with Bubble liposomes and ultrasound,Ryo Suzuki,Naoki Utoguchi,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Kazuo Maruyama,第67回日本癌学会学術総会
  • In vitro and in vivo antitumor effects of mutant lymphotoxin-αs with enhanced bioactivities,Hikaru Watanabe,Yasuo Yoshioka,Tomohiro Morishige,Shin-ichi Tsunoda,Haruhiko Kamada,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第67回日本癌学会学術総会
  • Creation of TNFR1-selective mutant lymphotoxin-α using phage display system,Hikaru Watanabe,Yasuo Yoshioka,Tomohiro Morishige,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 4th Congress of the Federation of Immunology Societies of Asia-Oceania (FIMSA 2008)
  • LIGHT induces the anti-tumor effect by activating the tumor specific immune response,Tomohiro Morishige,Yasuo Yoshioka,Aya Tanabe,Hiroshi Inakura,Hikaru Watanabe,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 4th Congress of the Federation of Immunology Societies of Asia-Oceania (FIMSA 2008)
  • Application to dendritic cells based cancer immunotherapy of antigen delivery utilized with bubble liposomes and ultrasound,Ryo Suzuki,Yusuke Oda,Naoki Utoguchi,Yuichiro Taira,Shota Ohtake,Eisuke Namai,Norihito Nishiie,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Katsuro Tachibana,Kazuo Maruyama,World Molecular Imaging Congress 2008
  • 各種ナノマテリアルの自然免疫応答に及ぼす影響,田辺 綾,吉岡靖雄,森重智弘,角田慎一,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第15回日本免疫毒性学会学術大会
  • Effect of nanomaterials on the induction of autophagy,Yasuo Yoshioka,Yusuke Eto,Aya Tanabe,Sin-ichi Tsunoda,Yasuo Tsutsumi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Nanotoxicology - 2nd International Conference
  • 金磁性ナノ粒子による新規遺伝子導入法の開発,小島拓記,吉川友章,亀井数正,清野智史,山本孝夫,吉岡靖雄,岡田直貴,向 洋平,中川晋作,遺伝子・デリバリー研究会 第8回夏季セミナー
  • Cancer immunotherapy based on liposomal bubbles-mediated antigen delivery to dendritic cells,Ryo Suzuki,Yusuke Oda,Yuichiro Taira,Naoki Utoguchi,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Katsuro Tachibana,Kazuo Maruyama,11th Liposome Research Days Conference
  • Property of antigen delivery utilizing liposomal bubble and ultrasound for dendritic cells,Shota Otake,Yusuke Oda,Ryo Suzuki,Naoki Utoguchi,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Katsuro Tachibana,Kazuo Maruyama,11th Liposome Research Days Conference
  • Anti-tumor effects of dendritic cell-based cancer immunotherapy utilizing novel liposomal bubbles and ultrasound as antigen delivery system,Yusuke Oda,Ryo Suzuki,Eisuke Namai,Shota Otake,Naoki Utoguchi,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Katsuro Tachibana,Kazuo Maruyama,11th Liposome Research Days Conference
  • Generation of CTLs capable of targeting and injuring tumor vessels for adoptive immunotherapy,Naoko Kanagawa,Tatsuya Yanagawa,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 35th Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society
  • An innovative transcutaneous vaccination system using a hydrogel patch formulation,Yumiko Ishii,Naoki Okada,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Shinsaku Nakagawa,The 35th Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society
  • 腫瘍血管と癌細胞を共に傷害する遺伝子改変T細胞の癌養子免疫療法における有用性評価,川合泰明,金川尚子,柳川達也,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第24回日本DDS学会学術集会
  • 新規腫瘍MR造影剤の開発を目指したPEG化金磁性ナノ粒子の創製,亀井数正,向 洋平,小島拓記,森田将史,犬伏俊郎,清野智史,山本孝夫,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第24回日本DDS学会学術集会
  • 金磁性ナノ粒子が可能とする遺伝子導入技術の確立,小島拓記,向 洋平,亀井数正,吉川友章,吉岡靖雄,清野智史,山本孝夫,岡田直貴,中川晋作,第24回日本DDS学会学術集会
  • 超音波抗原導入法を利用した樹状細胞がん免疫療法におけるがん再発予防効果,鈴木 亮,小田雄介,生井栄佑,平裕一郎,宇都口直樹,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,第24回日本DDS学会学術集会
  • 親水性ゲルパッチを用いたワクチンデリバリーと経皮免疫造成,岡田直貴,中川晋作,第24回日本DDS学会学術集会
  • ファージ表面提示法を用いた活性増強型リンフォトキシンαの創製とその特性評価,渡辺 光,吉岡靖雄,森重智弘,鎌田春彦,向 洋平,角田慎一,堤 康央,岡田直貴,中川晋作,第8回日本蛋白質科学会年会
  • PEGylated adenovirus vectors driven by TERT promoter effectively inhibit metastasis without side effect via systemic injection,Xinglei Yao,Yasuo Yoshioka,Yusuke Eto,Tomohiro Morishige,Yuka Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,11th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy
  • Tat conjugation of adenovirus vector broadens tropism and enhances transduction efficiency,Yasuo Yoshioka,Ratima Asavatanabodee,Yusuke Eto,Hikaru Watanabe,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Shinya Kida,Mitsuko Maeda,Yohei Mukai,Hiroyuki Mizuguchi,Koichi Kawasaki,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,11th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy
  • Direct cell-entry of gold/iron-oxide magnetic nanoparticles enhanced adenovirus mediated gene expression in adenovirus-resistant cells,Kazumasa Kamei,Tomoaki Yoshikawa,Hiroki Kojima,Satoshi Seino,Takao Yamamoto,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Yohei Mukai,Shinsaku Nakagawa,The 7th International Conference on the Scientific and Clinical Applications of Magnetic Carriers
  • 樹状細胞ワクチン療法におけるバブルリポソームと超音波を利用した抗原送達システムの有用性評価,小田雄介,鈴木 亮,生井栄佑,宇都口直樹,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,日本薬剤学会第23年会
  • 細胞療法の有効性向上を目指したCell Delivery Systemの構築,金川尚子,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第23年会
  • 破傷風およびジフテリアに対する「貼るワクチン」の有効性評価,石井裕美子,岡田直貴,坂本史子,権 英淑,神山文男,向 洋平,吉岡靖雄,中川晋作,日本薬剤学会第23年会
  • がん免疫療法における樹状細胞へのリポソーム型バブルを利用した超音波抗原導入法の開発,鈴木 亮,小田雄介,宇都口直樹,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,第47回日本生体医工学会大会
  • 転移がん遺伝子治療におけるバイオコンジュゲート化アデノウイルスベクターの有用性評価,姚 醒蕾,吉岡靖雄,衛藤佑介,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,遺伝子・デリバリー研究会 第8回シンポジウム,2008年05月09日
  • 遺伝子工学的手法を用いた高機能化細胞傷害性T細胞の創製とその癌養子免疫療法への応用,金川尚子,柳川達也,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,遺伝子・デリバリー研究会 第8回シンポジウム,2008年05月09日
  • Systemic administration of PEGylated adenovirus vectors driven by TERT promoter effectively inhibits metastasis without side effect,Xinglei Yao,Yasuo Yoshioka,Yusuke Eto,Tomohiro Morishige,Yuka Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Yohei Mukai,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 4th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists
  • バブルリポソームを用いた超音波抗原送達システムのがん免疫療法への応用,小田雄介,鈴木 亮,生井栄佑,宇都口直樹,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,日本薬学会第128年会
  • 腫瘍組織血管を標的としたがん免疫療法~担がん後における治療効果と作用機序の解明~,上野修平,宇都口直樹,嶋岡卓人,山下琢矢,鈴木 亮,岡田直貴,中川晋作,丸山一雄,日本薬学会第128年会
  • 腫瘍血管傷害性T細胞の創製とその養子免疫療法への応用,金川尚子,柳川達也,井口香菜子,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第128年会
  • 各種細胞膜移行ペプチドにより修飾したアデノウイルスベクターの遺伝子導入特性評価,Ratima Asavatanabodee,吉岡靖雄,衛藤佑介,喜田進也,前田光子,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,川﨑紘一,中川晋作,日本薬学会第128年会
  • 香粧品材料としてのナノマテリアルの経皮リスクに関する基礎検討,亀井数正,向 洋平,小島拓記,吉川 舞,角田慎一,堤 康央,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第128年会
  • 標的指向能を有するバイオコンジュゲート化アデノウイルスベクターの開発,衛藤佑介,吉岡靖雄,Ratima Asavatanabodee,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第128年会
  • 神経幹細胞に対する各種ウイルスベクターの遺伝子導入特性の比較,林 香織,金川尚子,川合泰明,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第7回日本再生医療学会総会
  • 親水性ゲルパッチを用いた「貼るワクチン」の開発,岡田直貴,日本発のワクチン開発を目指してII-ワクチン開発の研究・評価に関するフォーラム-,2008年01月21日
  • Development of a novel antigen delivery method to dendritic cells with liposomal bubbles and ultrasound,Ryo Suzuki,Yusuke Oda,Naoki Utoguchi,Naoki Okada,Norimitsu Kadowaki,Katsuro Tachibana,Kazuo Maruyama,The 9th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging
  • 血管新生に関わるRobo4蛋白質の発現と精製,吉川 舞,向 洋平,岡田欣晃,土井健史,吉岡靖雄,岡田直貴,堤 康央,角田慎一,中川晋作,第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会 合同大会
  • 金磁性ナノ粒子を応用した新規遺伝子導入法の特性評価,亀井数正,小島拓記,向 洋平,吉川友章,吉岡靖雄,清野智史,山本孝夫,岡田直貴,中川晋作,第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会 合同大会
  • 「貼るワクチン」の開発による感染症予防への挑戦,岡田直貴,新適塾-未来創薬への誘い-第1回会合,2007年12月14日
  • 親水性ゲルパッチを用いた「貼るワクチン」の開発と経皮免疫造成機構の解明,石井裕美子,岡田直貴,松尾圭祐,松尾一彦,権 英淑,神山文男,藤田卓也,中川晋作,第11回日本ワクチン学会学術集会
  • 親水性ゲルパッチを用いた非侵襲的経皮ワクチンシステムの開発,石井裕美子,岡田直貴,松尾圭祐,松尾一彦,坂本史子,中江智子,権 英淑,神山文男,藤田卓也,山本 昌,中川晋作,第6回ファーマ・バイオフォーラム2007
  • 腫瘍血管を標的とする細胞傷害性T細胞の創製と養子免疫療法への応用,柳川達也,金川尚子,井口香菜子,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第6回ファーマ・バイオフォーラム2007
  • あらゆる細胞種に遺伝子導入可能な細胞内移行性ペプチド修飾アデノウイルスベクターの創製,森重智弘,吉岡靖雄,Ratima Asavatanabodee,衛藤佑介,姚 醒蕾,喜田進也,前田光子,川﨑紘一,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第6回ファーマ・バイオフォーラム2007
  • 金磁性ナノ粒子を応用した新規遺伝子導入法の確立と特性評価,亀井数正,小島拓記,向 洋平,吉川友章,吉岡靖雄,清野智史,山本孝夫,岡田直貴,中川晋作,第6回ファーマ・バイオフォーラム2007
  • 腫瘍組織血管内皮細胞を標的としたがん免疫療法,山下琢矢,宇都口直樹,上野修平,嶋岡卓人,鈴木 亮,岡田直貴,中川晋作,丸山一雄,第6回ファーマ・バイオフォーラム2007
  • 癌遺伝子治療の最適化を目指した高機能化アデノウイルスベクターの創製,吉岡靖雄,向 洋平,水口裕之,岡田直貴,中川晋作,第51回日本学術会議材料工学連合講演会
  • 標的指向能を付与したバイオコンジュゲート化アデノウイルスベクターの創製,衛藤佑介,吉岡靖雄,Ratima Asavatanabodee,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第29回日本バイオマテリアル学会大会
  • Role of MyD88 and TLR9 in the innate immune response elicited by serotype 5 adenovirus vectors,Tomoko Yamaguchi,Kenji Kawabata,Kazuko Nakashima,Naoki Okada,Hiroyuki Mizuguchi,第37回日本免疫学会総会・学術集会
  • DDS技術によるワクチン療法の最適化,岡田直貴,平成19年度大阪大学大学院薬学研究科公開講座「くすりと医療」,2007年11月17日
  • Tatペプチド修飾アデノウイルスベクターの構築と遺伝子導入特性評価,吉岡靖雄,喜田進也,前田光子,川﨑紘一,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第30回日本血栓止血学会学術集会
  • Development of nasal administration-type cancer vaccine using γ-PGA nanoparticle as an antigen delivery carrier,Kazuhiko Matsuo,Keisuke Matsuo,Takami Akagi,Mitsuru Akashi,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第66回日本癌学会学術総会
  • Generation and functional analysis of CTLs expressing anti-flk1 scFv for tumor vessel-targeting adoptive immunotherapy,Tatsuya Yanagawa,Naoki Okada,Naoko Kanagawa,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Shinnsaku Nakagawa,第66回日本癌学会学術総会
  • Investigation of efficacy, versatility, and safety of dendritic cell-based cancer immunotherapy targeting telomerase,Naoko Kanagawa,Naoki Okada,Tatsuya Yanagawa,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Shinnsaku Nakagawa,第66回日本癌学会学術総会
  • The crucial role of penton base RGD motifs in adenovirus serotype 35 vector transduction in human hematopoietic cells,Fuminori Sakurai,Kenji Kawabata,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Takao Hayakawa,Hiroyuki Mizuguchi,第66回日本癌学会学術総
  • Site-specific PEGylation of a lysine-deficient TNF superfamily with full bioactivity,Yasuo Yoshioka,Tomohiro Morishige,Hikaru Watanabe,Aya Tanabe,Yasuhiro Abe,Yohei Mukai,Haruhiko Kamada,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Yasuo Tsutsumi,15th Annual Meeting of the International Cytokine Society
  • がん免疫療法における樹状細胞への新規抗原送達キャリアーとしてのリポソームの可能性,小田雄介,鈴木 亮,宇都口直樹,川村和子,門脇則光,岡田直貴,内山 卓,丸山一雄,第16回静岡DDSカンファランス,2007年09月12日
  • Development of patch vaccine system: mechanism of transcutaneous immunization,Fumio Kamiyama,Ying-Shu Quan,Ying-Zhe Li,Fumiko Sakamoto,Tomoko Nakae,Takuya Fujita,Naoki Okada,Akira Yamamoto,The 34th Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society
  • 抗原封入IgG修飾リポソームを利用した樹状細胞がん免疫療法における肺転移抑制効果,鈴木 亮,宇都口直樹,岡田直貴,丸山一雄,第16回日本がん転移学会学術集会・総会
  • γ-PGAナノ粒子を抗原送達キャリアーとして用いた癌免疫療法の転移抑制効果,松尾圭祐,吉川友章,明石 満,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第16回日本がん転移学会学術集会・総会
  • 転移がん遺伝子治療における腫瘍特異的プロモーター搭載アデノウイルスベクターの有用性評価,衛藤佑介,吉岡靖雄,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第16回日本がん転移学会学術集会・総会
  • Adenovirus vectors stimulate innate immunity via MyD88/TLR9-dependent and -independent pathways,Tomoko Yamaguchi,Kenji Kawabata,Naoya Koizumi,Fuminori Sakurai,Kazuko Nakashima,Tomomi Sasaki,Naoki Okada,Hiroyuki Mizuguchi,第13回日本遺伝子治療学会学術集会
  • Antigen delivery by nasal administration with -PGA nanoparticles can elicit potent antitumor responses,Kazuhiko Matsuo,Keisuke Matsuo,Takami Akagi,Mitsuru Akashi,Yohei Mukai,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,4th World Conference on Drug Absorption, Transport and Delivery
  • LIGHT発現樹状細胞の定着腫瘍に対する抗腫瘍効果とその作用機序,高橋正也,金川尚子,後藤美千代,柳川達也,水口裕之,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第23回日本DDS学会学術集会
  • 幹細胞分化制御技術の開発に向けた神経幹細胞への効率的な遺伝子導入法の探索,林 香織,金川尚子,柳川達也,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第23回日本DDS学会学術集会
  • γ-PGAナノ粒子を抗原送達キャリアーとして用いた樹状細胞免疫療法の有効性評価,石井裕美子,松尾圭祐,吉川友章,赤木隆美,明石 満,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第23回日本DDS学会学術集会
  • 各種両親媒化高分子を素材とするナノ粒子のワクチンキャリアー機能に関する比較検討,吉永知世,松尾圭祐,吉川友章,赤木隆美,明石 満,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第23回日本DDS学会学術集会
  • 腫瘍での遺伝子発現増強と肝臓への集積性・遺伝子発現抑制を充たし得るPEG修飾アデノウイルスベクターの創製,森重智弘,吉岡靖雄,衛藤佑介,倉知慎之輔,姚 醒蕾,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,第23回日本DDS学会学術集会
  • バブルリポソームを用いた樹状細胞への超音波抗原送達法の開発,小田雄介,鈴木 亮,宇都口直樹,滝澤知子,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,第23回日本DDS学会学術集会
  • Vaccination of dendritic cells pulsed with tumor-induced vascular endothelial cells inhibits metastasis of tumor,上野修平,宇都口直樹,鈴木 亮,岡田直貴,中川晋作,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,第23回日本DDS学会学術集会
  • 「貼るワクチン」により誘導した体液性免疫応答のウイルス感染阻止効果,岡田直貴,中江智子,坂本史子,松尾圭祐,石井裕美子,権 英淑,神山文男,藤田卓也,山本 昌,中川晋作,第23回日本DDS学会学術集会
  • Involvement of MyD88 and TLR9 in the innate immune response elicited by replication-incompetent adenovirus vectors,Tomoko Yamaguchi,Kenji Kawabata,Naoya Koizumi,Fuminori Sakurai,Kazuko Nakashima,Tomomi Sasaki,Naoki Okada,Hiroyuki Mizuguchi,American Society of Gene Therapy (ASGT) 10th Annual Meeting
  • 抗原内包γ-PGAナノ粒子を用いた経鼻投与型癌ワクチンの開発,松尾一彦,小泉勇人,松尾圭祐,赤木隆美,明石 満,藤田卓也,山本 昌,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第22年会
  • 親水性ゲルパッチを用いた「貼るワクチン」の開発,坂本史子,中江智子,高嶋美季,松尾圭祐,石井裕美子,権 英淑,神山文男,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,岡田直貴,日本薬剤学会第22年会
  • ケモカインシステムを応用したCTLの体内動態制御とその癌養子免疫療法における有用性,柳川達也,金川尚子,本村吉章,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第22年会
  • 金磁性ナノ粒子を応用した新規遺伝子導入法の確立と特性評価,亀井数正,吉川友章,松尾圭祐,向 洋平,吉岡靖雄,清野智史,山本孝夫,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第22年会
  • γ-PGAナノ粒子の抗原送達キャリアー特性とその癌免疫療法への応用,松尾圭祐,吉川友章,松尾一彦,石井裕美子,吉永知世,赤木隆美,明石 満,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,遺伝子・デリバリー研究会 第7回シンポジウム,2007年05月18日
  • 全身投与によるがん遺伝子治療の最適化を目指した高分子バイオコンジュゲート化アデノウイルスベクターの創製,衛藤佑介,吉岡靖雄,森重智弘,姚 醒蕾,倉知慎之輔,水口裕之,堤 康央,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,遺伝子・デリバリー研究会 第7回シンポジウム,2007年05月18日
  • バブルリポソームによる樹状細胞への超音波抗原送達法の開発,小田雄介,鈴木 亮,宇都口直樹,滝澤知子,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,遺伝子・デリバリー研究会 第7回シンポジウム,2007年05月18日
  • Vaccination of dendritic cells pulsed with tumor-induced endothelial cells inhibits angiogenesis and metastasis of tumor,Naoki Utoguchi,Ryo Suzuki,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Kazuo Maruyama,3rd Pharmaceutical Sciences World Congress
  • Chitosan oligomers as potential and safe absorption enhancers for improving the pulmonary absorption of protein & peptide drugs in rats,Keigo Yamada,Hiromitsu Yoneda,Masaaki Odomi,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,3rd Pharmaceutical Sciences World Congress
  • Development of vaccine patch to deliver protein antigens to epidermal Langerhans cells,Fumiko Sakamoto,Tomoko Nakae,Akira Yamamoto,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,Takuya Fujita,3rd Pharmaceutical Sciences World Congress
  • 抗原内包γ-PGAナノ粒子の経鼻投与による腫瘍免疫誘導,小泉勇人,松尾一彦,坂本史子,溝内亜希子,松尾圭祐,吉川友章,赤木隆美,明石 満,藤田卓也,山本 昌,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第127年会
  • TERT遺伝子導入樹状細胞の腫瘍免疫誘導機序および安全性に関する検討,大西康司,金川尚子,金本雄次,藤田卓也,山本 昌,中川晋作,岡田直貴,日本薬学会第127年会
  • 表皮層ランゲルハンス細胞への抗原蛋白質送達を可能とする「貼るワクチン」の開発,坂本史子,中江智子,高嶋美季,権 英淑,神山文男,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,岡田直貴,日本薬学会第127年会
  • TNF関連分子発現樹状細胞を用いた定着腫瘍に対する新規免疫療法の開発,後藤美千代,金川尚子,岡田裕香,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • ケモカイン‐ケモカインレセプター連関を利用した癌養子免疫療法の有効性改善,柳川達也,金川尚子,本村吉章,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • 抗原内包γ-PGAナノ粒子の免疫誘導機構と安全性に関する検討,松尾圭祐,吉川友章,萱室裕之,松尾一彦,赤木隆美,明石 満,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • 金磁性ナノ粒子を応用したアデノウイルスベクターの遺伝子導入スペクトラムの拡大,亀井数正,吉川友章,松尾圭祐,向 洋平,吉岡靖雄,清野智史,山本孝夫,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • 広範な感染域を有するTatペプチド修飾アデノウイルスベクターの構築と遺伝子導入特性評価,Ratima Asavatanabodee,吉岡靖雄,衛藤佑介,喜田進也,前田光子,水口裕之,向 洋平,岡田直貴,川﨑紘一,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • 腫瘍特異的プロモーター搭載アデノウイルスベクターを用いた自殺遺伝子治療,姚 醒蕾,吉岡靖雄,衛藤佑介,水口裕之,岡田裕香,向 洋平,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • アデノウイルスベクター内封PEG化リポソームの創製および精製法の確立,衛藤佑介,吉岡靖雄,姚 醒蕾,吉川友章,向 洋平,鈴木 亮,宇都口直樹,丸山一雄,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • 人工リンパ組織構築を目指したリジン欠損リンフォトキシン変異体創製に関する基礎的検討,渡辺 光,吉岡靖雄,森重智弘,鎌田春彦,向 洋平,角田慎一,岡田直貴,堤 康央,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • 抗腫瘍活性・リンパ組織形成能に優れた機能化LIGHT変異体創製に関する基礎的検討,森重智弘,吉岡靖雄,渡辺 光,鎌田春彦,向 洋平,角田慎一,岡田直貴,堤 康央,中川晋作,日本薬学会第127年会
  • バブルリポソームと超音波の併用による樹状細胞への新規抗原送達法の開発,小田雄介,鈴木 亮,澤村香織,宇都口直樹,滝澤知子,岡田直貴,門脇則光,丸山一雄,日本薬学会第127年会
  • 腫瘍組織血管内皮細胞を抗原としてパルスした樹状細胞による癌免疫療法 —自然転移による検討および作用機序の解明—,上野修平,宇都口直樹,鈴木 亮,岡田直貴,中川晋作,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,日本薬学会第127年会
  • 抗原内包γ-PGAナノ粒子を用いた癌免疫療法におけるエフェクター細胞機能および安全性の評価,萱室裕之,松尾圭祐,松尾一彦,吉川友章,明石 満,岡田直貴,中川晋作,第36回日本免疫学会総会・学術集会
  • 経粘膜ワクチンキャリアーとしての両親媒化ポリ-グルタミン酸ナノ粒子の有用性評価,小泉勇人,岡田直貴,吉川友章,明石 満,中川晋作,山本 昌,第36回日本免疫学会総会・学術集会
  • 種々のマウス腫瘍モデルを用いたTERT遺伝子導入樹状細胞ワクチンの有効性と汎用性の評価,大西康司,岡田直貴,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,第36回日本免疫学会総会・学術集会
  • 35型アデノウイルスベクター遺伝子導入機構の解明-インテグリンの関与に関する検討-,村上さや香,櫻井文教,川端健二,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,水口裕之,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 経粘膜ワクチンキャリアーとしての両親媒化ポリ-グルタミン酸ナノ粒子の有用性評価,小泉勇人,岡田直貴,坂本史子,溝内亜季子,松尾圭祐,吉川友章,赤木隆美,明石 満,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • TERT遺伝子導入樹状細胞ワクチンを用いた汎用性に優れる癌免疫療法の開発,大西康司,岡田直貴,金本雄次,森川愉加里,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • ケモカイン・サイトカイン遺伝子を導入した樹状細胞の創製と癌免疫療法への応用,前田葉子,岡田直貴,上羽美貴,松永知子,藤井 愛,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 経皮免疫機構の解明と「貼るワクチン」の開発,中江智子,岡田直貴,高嶋美季,権 英淑,神山文男,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 細胞内薬物導入キャリアとしての細胞内移行性ペプチド (PTD) の機能評価,山名田夏枝,向 洋平,杉田敏樹,今井 直,長野一也,岡田直貴,鎌田春彦,中川晋作,角田慎一,堤 康央,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 受容体への結合選択性に優れた構造変異TNF-αの作製,野村鉄也,柴田寛子,阿部康弘,蓑輪恭子,鍋師裕美,岡田直貴,角田慎一,中川晋作,鎌田春彦,堤 康央,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • ファージ抗体ライブラリを駆使した細胞内抗体 (イントラボディ) の創製検討,長野一也,向 洋平,今井 直,杉田敏樹,山名田夏枝,岡田直貴,鎌田春彦,中川晋作,角田慎一,堤 康央,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 腫瘍特異的プロモーター搭載型アデノウイルスベクターを用いた癌自殺遺伝子治療の最適化,姚 醒蕾,吉岡靖雄,衛藤佑介,森重智弘,岡田裕香,岡田直貴,中川晋作,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • PEGylationと腫瘍特異的プロモーターの併用による腫瘍標的化アデノウイルスベクターの創製,森重智弘,吉岡靖雄,衛藤佑介,田辺 綾,岡田裕香,岡田直貴,中川晋作,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 腫瘍標的化CTLを用いた新規癌養子免疫療法の開発に向けた基礎的検討,本村吉章,金川尚子,柳川達也,向 洋平,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • ナノテクノロジーを基盤とした抗原送達キャリアーの創製と癌免疫療法への応用,松尾圭祐,吉川友章,萱室裕之,松尾一彦,石井裕美子,吉永知世,赤木隆美,明石 満,岡田直貴,中川晋作,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 一酸化窒素供与体 (NO 供与体) を用いたインスリンの経肺吸収性の改善,中谷真里亜,澤井直樹,鬼頭里奈,谷口里佳,栗原麻記,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,第2回創剤フォーラム若手研究発表討論会
  • 抗原封入IgG修飾リポソームを用いた樹状細胞免疫療法における癌再発予防効果,鈴木 亮,宇都口直樹,滝澤知子,門脇則光,内山 卓,岡田直貴,丸山一雄,第65回日本癌学会学術総会
  • 癌遺伝子治療の最適化を目指したTatペプチド修飾アデノウイルスベクターの作製と遺伝子導入特性評価,渡辺 光,衛藤佑介,森重智弘,喜田進也,前田光子,水口裕之,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第65回日本癌学会学術総会
  • PEGylationと腫瘍特異的プロモーターの併用による腫瘍標的化アデノウイルスベクターの最適化,森重智弘,衛藤佑介,倉知慎之輔,渡辺 光,岡田裕香,水口裕之,吉岡靖雄,岡田直貴,中川晋作,第65回日本癌学会学術総会
  • 癌免疫療法における抗原送達キャリアーとしてのγ-PGAナノ粒子の有用性,松尾一彦,吉川友章,赤木隆美,明石 満,岡田直貴,中川晋作,第65回日本癌学会学術総会
  • CCL27遺伝子共導入によるIL-12癌遺伝子治療の有効性改善と副作用軽減,金川尚子,畑中 豊,谷 洋一,水口裕之,岡田直貴,中川晋作,第65回日本癌学会学術総会
  • PEGylation induces accumulation and enhanced gene expression of adenovirus vector in tumor via systemic administration,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第7回文部科学省特定領域研究「がん」5領域 若手研究者ワークショップ
  • Intratumoral cotransduction of IL-12 and CCL27 genes can improve the efficacy and safety of cancer immunotherapy through enhanced recruitment and activation of immune cells in tumor site,Naoko Kanagawa,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,第7回文部科学省特定領域研究「がん」5領域 若手研究者ワークショップ
  • Tatペプチド修飾アデノウイルスベクターの開発と遺伝子導入特性に関する検討,渡辺 光,衛藤佑介,森重智弘,姚 醒蕾,吉岡靖雄,喜田進也,前田光子,川﨑紘一,水口裕之,岡田直貴,中川晋作,第22回日本DDS学会学術集会
  • アポトーシス抵抗性を付与した樹状細胞の生体内生存期間延長と免疫誘導との連関評価,後藤美千代,丹羽貴子,吉川友章,水口裕之,岡田直貴,中川晋作,第22回日本DDS学会学術集会
  • 35型アデノウイルスベクターを用いた遺伝子導入における1インテグリンの関与に関する検討,村上さや香,櫻井文教,川端健二,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,早川堯夫,水口裕之,第22回日本DDS学会学術集会
  • TNFR1へのターゲティング能を付与した構造変異TNF-αの創製,野村鉄也,柴田寛子,阿部康弘,大川亜紀子,岡田直貴,中川晋作,眞弓忠範,角田慎一,堤 康央,鎌田春彦,第22回日本DDS学会学術集会
  • 遺伝子工学的手法を用いてDDS機能を付与した樹状細胞ワクチンの有用性,吉川友章,岡田直貴,中川晋作,第22回日本DDS学会学術集会
  • シクロデキストリン単回ならびに連続投与時におけるインスリンの経肺吸収性の改善と肺粘膜傷害性の評価,山本 昌,西川聡予,土井沙耶香,岡田直貴,藤田卓也,第22回日本DDS学会学術集会
  • 一酸化窒素供与体 (NO供与体) を用いたインスリンの経肺吸収性の改善,中谷真里亜,澤井直樹,鬼頭里奈,谷口里佳,栗原麻記,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,第22回日本DDS学会学術集会
  • Transductional and transcriptional tumor-targeting using adenoviral vector with PEGylation and TERT promoter on systemic administration into tumor-bearing mice,Yusuke Eto,Shinnosuke Kurachi,Tomohiro Morishige,Xinglei Yao,Hikaru Watanabe,Yuka Okada,Hiroyuki Mizuguchi,Yasuo Tsutsumi,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,97th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • 抗原蛋白質を内包したγ-PGAナノ粒子の特性評価と抗腫瘍ワクチンキャリアーへの応用,吉川友章,小田淳史,丹羽貴子,松尾一彦,萱室裕之,堤 康央,赤木隆美,明石 満,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第126年会
  • 抗原提示細胞への抗原蛋白質デリバリーにおけるγ-PGAナノ粒子の有用性,小田淳史,吉川友章,丹羽貴子,松尾一彦,萱室裕之,堤 康央,赤木隆美,明石 満,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第126年会
  • IL-12発現ベクターを投与した腫瘍組織における免疫イベントの解析,金川尚子,吉川友章,畑中 豊,谷 洋一,水口裕之,堤 康央,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第126年会
  • マウスT細胞への遺伝子導入効率に優れるベクターシステムの探索,本村吉章,吉川友章,柳川達也,杉田敏樹,水口裕之,堤 康央,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第126年会
  • ポリエチレングリコール修飾アデノウイルスベクターを用いた腫瘍標的化自殺遺伝子治療の開発,姚 醒蕾,衛藤佑介,倉知慎之輔,森重智弘,渡辺 光,岡田裕香,水口裕之,堤 康央,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第126年会
  • アポトーシス抵抗性樹状細胞の創製と抗腫瘍ワクチン機能の評価,丹羽貴子,吉川友章,後藤美千代,水口裕之,堤 康央,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第126年会
  • TERT遺伝子を導入した樹状細胞ワクチンの腫瘍増殖抑制効果,大西康司,岡田直貴,森川愉香里,水口裕之,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第126年会
  • ケモカイン・サイトカイン遺伝子を導入した樹状細胞の創製と抗腫瘍効果の評価,上羽美貴,岡田直貴,木村芳伸,郷谷真嗣,藤井 愛,水口裕之,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第126年会
  • γ-PGAナノ粒子の粘膜ワクチンキャリアーへの応用に関する基礎的検討,小泉勇人,岡田直貴,坂本史子,吉川友章,赤木隆美,明石 満,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第126年会
  • 角質層除去皮膚への抗原蛋白質塗布による免疫誘導効果,中江智子,岡田直貴,金田祥子,権 英淑,神山文男,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第126年会
  • 35型アデノウイルスベクターのCD46認識部位に関する検討,村上さや香,櫻井文教,川端健二,岡田直貴,瀬谷 司,山本 昌,早川堯夫,水口裕之,日本薬学会第126年会
  • Fcレセプターを標的とした樹状細胞への抗原送達法の構築とその癌免疫療法における有用性,鈴木 亮,宇都口直樹,門脇則光,岡田直貴,丸山一雄,日本薬学会第126年会
  • 免疫細胞の体内動態制御に基づいた癌免疫療法の最適化,岡田直貴,中川晋作,日本薬学会第126年会
  • NO供与体の吸収促進特性と生理活性ペプチドの消化管吸収改善への適用,山本 昌,Gihan Fetih,岡田直貴,藤田卓也,京都発 医・工・薬 産学公連携フォーラム 医工薬連携~医療におけるナノテクノロジー~,2006年03月20日
  • キトサンカプセルを用いたプレドニゾロンの大腸特異的送達法の開発,山本 昌,沼田博和,小泉勇人,伊東裕美,岡田直貴,藤田卓也,京都発 医・工・薬 産学公連携フォーラム 医工薬連携~医療におけるナノテクノロジー~,2006年03月20日
  • Self-cleavable spacerを用いたオリゴアルギニン修飾体のCaco-2細胞透過性の改善,山本 昌,高山健太郎,末久由佳,林 麻美子,岡田直貴,藤田卓也,林 良雄,木曽良明,日本薬剤学会第21年会
  • キトサンカプセルを用いたプレドニゾロンの大腸特異的送達法の開発,山本 昌,沼田博和,小泉勇人,伊藤裕美,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第21年会
  • シクロデキストリン単回ならびに連続投与時における薬物の経肺吸収性の改善と肺粘膜障害性の評価,山本 昌,西川聡予,土井沙耶香,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第21年会
  • 樹状細胞を用いた癌免疫療法における抗原送達キャリアーとしてのIgG修飾リポソームの有用性評価,篠原郁美,鈴木 亮,宇都口直樹,滝澤知子,川村和子,門脇則光,内山 卓,笠岡 敏,岡田直貴,丸山一雄,日本薬剤学会第21年会
  • 腫瘍組織血管内皮細胞を標的とした樹状細胞ワクチンによる癌免疫療法の開発,松尾圭祐,宇都口直樹,鈴木 亮,岡田直貴,中川晋作,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,日本薬剤学会第21年会
  • 腫瘍ワクチンキャリアーとしての両親媒化ポリγ-グルタミン酸ナノ粒子の機能評価,萱室裕之,吉川友章,小田淳史,松尾一彦,赤木隆美,明石 満,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第21年会
  • 抗アポトーシス分子を導入した樹状細胞ワクチンの特性と抗腫瘍メカニズムの解析,後藤美千代,丹羽貴子,吉川友章,水口裕之,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第21年会
  • 腫瘍標的化を目指した改良型アデノウイルスベクターの創製,森重智弘,衛藤佑介,倉知慎之輔,姚 醒蕾,渡辺 光,岡田裕香,水口裕之,堤 康央,岡田直貴,中川晋作,日本薬剤学会第21年会
  • 角質層除去皮膚への抗原蛋白質塗布による免疫誘導効果,中江智子,岡田直貴,金田祥子,権 英淑,神山文男,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第21年会
  • 経口粘膜ワクチンキャリアーの開発を目指したγ-PGAナノ粒子の特性評価,小泉勇人,岡田直貴,坂本史子,吉川友章,赤木隆美,明石 満,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第21年会
  • アデノウイルスベクターによる樹状細胞の表現型変化とその作用機序に関する基礎的検討,是友良介,岡田直貴,村上さや香,大西善洋,水口裕之,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第21年会
  • 免疫細胞の腫瘍内動員を基盤とした新規癌免疫遺伝子治療の開発,丹羽正和,岡田直貴,熊谷将成,畑中 豊,谷 洋一,水口裕之,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第21年会
  • タンパク質デリバリー ―ナノテクノロジーを基盤とした新規DDSキャリアーの創製―,中川晋作,岡田直貴,明石 満,第56回医用高分子研究会,2006年03月08日
  • 変異型抗アポトーシス蛋白質Bcl-xFNK発現樹状細胞を用いた抗腫瘍効果に関する検討,丹羽貴子,吉川友章,小田淳史,飯田恵介,松尾一彦,萱室裕之,岡田直貴,堤 康央,水口裕之,中川晋作,第35回日本免疫学会総会・学術集会
  • ポリγグルタミン酸ナノ粒子を用いた生分解性抗腫瘍ワクチンキャリアーの開発,吉川友章,小田淳史,飯田恵介,松尾一彦,萱室裕之,丹羽貴子,後藤美千代,赤木隆美,明石 満,岡田直貴,中川晋作,第4回ファーマ・バイオフォーラム2005
  • PEGylation induces accumulation and enhanced gene expression of adenovirus vector in tumor via intravenous injection,Yusuke Eto,Naoki Okada,Shinsaku Nakagawa,The 2nd Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists
  • Lymphoid tissue directivity and vaccine efficacy of dendritic cells transduced with CCR7 gene by using RGD fiber-mutant adenoviral vector,Ryosuke Koretomo,Naoki Okada,Naoki Mori,Hiroyuki Mizuguchi,Shinsaku Nakagawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Analysis of immune cell-recruitment and tumor suppressive effect in murine B16BL6 melanoma injected with chemokine-expressing adenoviral vector,Masakazu Niwa,Naoki Okada,Akinori Sasaki,Yutaka Hatanaka,Yoichi Tani,Hiroyuki Mizuguchi,Shinsaku Nakagawa,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Chitosan oligomers as protential and safe absorption enhancers for improving the pulmonary absorption of protein and peptide drugs in rats,Keigo Yamada,Masaaki Odomi,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Assessment of intestinal absorption of new chemical entries using portal-systemic blood concentration difference method,Ikuo Nomura,Kenji Kusumoto,Iichiro Kawahara,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Takuya Fujita,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Estimation of contribution of various efflux transporters on the Caco-2 transport of model compounds,Kenji Kusumoto,Ikuo Nomura,Iichiro Kawahara,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Takuya Fujita,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Functional characterization of Na+-dependent carnitine transport in primary cultures of neurons from mouse cerebral cortex,Ayumi Shimada,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Takuya Fujita,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Functional characterization of Na+-dependent GABA transport in rat cerebrocortical astrocytes,Qiang Wu,Yasuhiro Matsumoto,Ayumi Shimada,Miyuki Wada,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Takuya Fujita,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Functional analysis of P-glycoprotein expressed in small intestine in streptozotocin-induced diabetes rats,Nobuyuki Kishimoto,Yasushi Iwakura,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • Uptake mechanisms of oligoarginine peptides in HeLa cells,Mamiko Hayashi,Nobuko Kuruma,Naoki Okada,Takuya Fujita,Yoshio Hayashi,Shiro Futaki,Yoshiaki Kiso,Akira Yamamoto,20th JSSX-13th NA ISSX Joint Meeting
  • 腫瘍組織血管を標的とした癌免疫療法,松尾圭祐,宇都口直樹,上野修平,中崎礼美,岡田直貴,山本 昌,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,第49回日本薬学会関東支部大会,2005年10月08日
  • 腫瘍特異的プロモーターを搭載したファイバー改変型アデノウイルスベクターによるマウスメラノーマ自殺遺伝子治療,岡田直貴,岡田裕香,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,第64回日本癌学会学術総会
  • 腫瘍誘導血管内皮細胞を抗原としてパルスした樹状細胞による癌免疫療法の開発,宇都口直樹,鈴木 亮,滝澤知子,岡田直貴,山本 昌,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,第64回日本癌学会学術総会
  • 樹状細胞を用いた癌免疫療法における抗原送達キャリアーとしてのIgG修飾リポソームの有用性評価,鈴木 亮,宇都口直樹,滝澤知子,門脇則光,内田 卓,岡田直貴,丸山一雄,第64回日本癌学会学術総会
  • IgG修飾リポソーム (IgG-lipo) の樹状細胞ワクチンへの応用~IgG-lipoによる抗原特異的細胞性および液性免疫誘導~,篠原郁美,鈴木 亮,宇都口直樹,滝澤知子,川村和子,門脇則光,内山 卓,笠岡 敏,岡田直貴,丸山一雄,第21回日本DDS学会学術集会
  • 活性増強変異型抗アポトーシス蛋白質Bcl-XFNK発現樹状細胞を用いた腫瘍ワクチン療法,丹羽貴子,吉川友章,小田淳史,飯田恵介,松尾一彦,下川摩里子,岡田直貴,堤 康央,水口裕之,中川晋作,第21回日本DDS学会学術集会
  • キトサンカプセルを用いたプレドニゾロンの大腸特異的送達法の開発~治療効果の増強と副作用の軽減~,山本 昌,沼田博和,小泉勇人,伊東裕美,伊藤勝仁,岡田直貴,藤田卓也,第21回日本DDS学会学術集会
  • P糖タンパク質の基質となる薬物の消化管吸収に及ぼすポリエチレングリコール類の影響,山本 昌,沈 琦,林 玉蓮,岡田直貴,藤田卓也,第21回日本DDS学会学術集会
  • Effect of nitric oxide donors on the intestinal transport and absorption of insulin and calcitonin in rats,Akira Yamamoto,Gihan Fetih,Fausia Habib,Naoki Okada,Takuya Fujita,Mohammed Attia,3rd World Conference on Drug Absorption, Transport and Delivery Clinical Significance and Regulatory Impact
  • オリゴアルギニン修飾による難吸収性薬物の経粘膜吸収性に関する検討,田村晴美,来馬展子,林 麻美子,加古慶子,枡井聖子,武内敏秀,二木史朗,杉浦幸雄,林 良雄,木曽良明,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第125年会
  • 難吸収性薬物の細胞膜透過性に及ぼすオリゴアルギニン修飾の影響,林 麻美子,来馬展子,古川智子,竹本早希,加古慶子,枡井聖子,田村晴美,増井祐美,二木史朗,杉浦幸雄,林 良雄,木曽良明,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第125年会
  • 極性の異なる粘着剤を用いたパッチ製剤における薬物の経皮吸収挙動,崔 黎麗,権 英淑,西田雅也,神山文男,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,芝田信人,高田寛治,日本薬学会第125年会
  • 変異型Bcl-XL (FNK) 遺伝子導入樹状細胞を用いた腫瘍ワクチン療法の最適化-1,丹羽貴子,吉川友章,小田淳史,下川摩里子,岡田直貴,堤 康央,水口裕之,早川堯夫,麻生定光,太田成男,眞弓忠範,中川晋作,日本薬学会第125年会
  • 変異型Bcl-XL (FNK) 遺伝子導入樹状細胞を用いた腫瘍ワクチン療法の最適化-2,吉川友章,丹羽貴子,小田淳史,下川摩里子,岡田直貴,堤 康央,水口裕之,早川堯夫,麻生定光,太田成男,眞弓忠範,中川晋作,日本薬学会第125年会
  • IL-12とCCL27の併用による抗腫瘍効果増強機構の解明,杉田敏樹,高 建青,金川尚子,飯田恵介,本村吉章,畑中 豊,谷 洋一,中山隆志,義江 修,水口裕之,早川堯夫,岡田直貴,堤 康央,眞弓忠範,中川晋作,日本薬学会第125年会
  • 癌の免疫遺伝子治療とその評価,岡田直貴,日本薬学会第125年会
  • 細胞性製剤の設計・創製と細胞療法への展開,岡田直貴,日本薬学会第125年会
  • オリゴアルギニン修飾によるカルシトニンの経粘膜吸収の改善,山本 昌,田村晴美,林 麻美子,武内敏秀,二木史朗,杉浦幸雄,林 良雄,木曽良明,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第20年会
  • オリゴアルギニン修飾による水溶性薬物の経粘膜吸収の改善,山本 昌,田村晴美,来馬展子,林 麻美子,加古慶子,枡井聖子,増井佑美,二木史朗,杉浦幸雄,林 良雄,木曽良明,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第20年会
  • キトサンカプセルの大腸特異的送達能を利用した吸収促進剤の効果増強による難吸収性薬物の消化管吸収の改善,山本 昌,Gihan Fetih,Sara Lindberg,伊藤勝仁,Per Arturrson,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第20年会
  • キトサンオリゴマーによるインターフェロン-αの経肺吸収性の改善,山田圭吾,小富正昭,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第20年会
  • Caco-2細胞を用いた薬物の消化管吸収評価系の確立,楠本憲司,野村郁雄,河原亥一郎,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,日本薬剤学会第20年会
  • マウス門脈-循環血同時採血法を用いた薬物の消化管吸収性評価法の確立,野村郁雄,楠本憲司,河原亥一郎,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,日本薬剤学会第20年会
  • 腫瘍組織血管を標的とした癌免疫療法,松尾圭祐,宇都口直樹,岡田直貴,山本 昌,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,日本薬剤学会第20年会
  • 癌免疫療法の有効性改善を目指したCell Delivery Systemの構築,岡田直貴,日本薬剤学会第20年会
  • Modulation of intestinal P-glycoprotein function by polyethylene glycols and its derivatives,沈 琦,林 玉蓮,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,難治性疾患の克服をめざした創薬科学研究発表会,2005年02月05日
  • マウス門脈-循環血同時採血法を用いた難治性疾患治療薬の消化管吸収性評価法の確立,野村郁雄,楠本憲司,河原亥一郎,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,難治性疾患の克服をめざした創薬科学研究発表会,2005年02月05日
  • Caco-2細胞を用いた難治性疾患薬の消化管吸収評価系の確立,楠本憲司,野村郁雄,河原亥一郎,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,難治性疾患の克服をめざした創薬科学研究発表会,2005年02月05日
  • オリゴアルギニンペプチド修飾FITCの細胞膜透過特性に関する研究,林 麻美子,来馬展子,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,難治性疾患の克服をめざした創薬科学研究発表会,2005年02月05日
  • 免疫細胞の腫瘍内動員を基盤とする新規癌免疫遺伝子治療の開発,丹羽正和,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,難治性疾患の克服をめざした創薬科学研究発表会,2005年02月05日
  • IL-12及びCCL27発現アデノウイルスベクターの併用投与による抗腫瘍効果と免疫系細胞の浸潤,杉田敏樹,畑中 豊,谷 洋一,中山隆志,義江 修,水口裕之,早川堯夫,岡田直貴,堤 康央,眞弓忠範,中川晋作,第34回日本免疫学会総会・学術集会
  • ケモカイン発現ベクターの腫瘍内投与による抗腫瘍効果と免疫細胞浸潤,岡田直貴,中川晋作,畑中 豊,谷 洋一,中山隆志,義江 修,水口裕之,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,第34回日本免疫学会総会・学術集会
  • 腫瘍組織血管内皮細胞を抗原とした樹状細胞による癌免疫療法の開発,宇都口直樹,岡田直貴,山本 昌,丸山一雄,第34回日本免疫学会総会・学術集会
  • ラット大脳皮質アストロサイトにおけるGABAトランスポーターと代謝型GABAB受容体の機能発現,武 強,勝川宏美,和田美由紀,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,日本薬物動態学会第19回年会
  • マウス門脈-循環血同時採血法を用いたP-gp基質となる医薬品における消化管吸収の評価,野村郁雄,楠本憲司,河原亥一郎,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,日本薬物動態学会第19回年会
  • P-gpの基質となる医薬品化合物の消化管吸収評価系の確立,楠本憲司,野村郁雄,河原亥一郎,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,日本薬物動態学会第19回年会
  • 中枢神経系におけるNa+-coupled dicarboxylate transportersを介したN-acetylaspartate輸送の機能解析,勝川宏美,淀谷悦生,木本有香,松元靖浩,岡田直貴,山本 昌,Vadivel Ganapathy,藤田卓也,日本薬物動態学会第19回年会
  • ポリエチレングリコールおよびその誘導体によるP糖タンパク質の基質となる薬物の消化管吸収の制御,山本 昌,沈 琦,林 玉蓮,岡田直貴,藤田卓也,日本薬物動態学会第19回年会
  • Cell Delivery Systemによる癌免疫療法の最適化,杉田敏樹,高 建青,金川尚子,畑中 豊,谷 洋一,中山隆志,義江 修,水口裕之,早川堯夫,岡田直貴,堤 康央,眞弓忠範,中川晋作,第3回ファーマ・バイオフォーラム2004
  • 腫瘍組織血管内皮細胞を標的とした樹状細胞による癌免疫療法の開発,宇都口直樹,鈴木 亮,滝澤知子,岡田直貴,山本 昌,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,第63回日本癌学会学術総会
  • リンパ組織指向性樹状細胞の創製と癌免疫療法への応用,岡田直貴,水口裕之,早川堯夫,義江 修,中川晋作,藤田卓也,山本 昌,第63回日本癌学会学術総会
  • キトサンカプセルの大腸特異的送達能を利用した吸収促進剤の効果増強と難吸収性薬物の消化管吸収の改善,山本 昌,Gihan Fetih,Sara Lindberg,Per Arturrson,岡田直貴,藤田卓也,第20回日本DDS学会学術集会
  • 各種添加物と剤形修飾の組み合わせによる生理活性ペプチドの消化管吸収の改善:各種添加物含有キトサンカプセルを用いたカルシトニンの消化管吸収の改善,山本 昌,Gihan Fetih,岡田直貴,藤田卓也,第20回日本DDS学会学術集会
  • The kinetics of the percutaneous penetration of drugs from an acrylic adhesive with low lipophilicity,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,The 31st Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society
  • Active immunization against the vascular endothelial cells cultured with tumor-conditioned medium inhibits tumor angiogenesis and metastasis,Naoki Utoguchi,Takeshi Sano,Keiichi Koizumi,Ikuo Saiki,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Kazuo Maruyama,2nd Pharmaceutical Sciences World Congress
  • Functional expression of metabotropic -aminobutyric acid (GABA)-B receptor in rat cerebrocortical astrocytes,Qiang Wu,Michiko Oka,Miyuki Wada,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Takuya Fujita,2nd Pharmaceutical Sciences World Congress
  • 改変型アデノウイルスベクターを用いた癌遺伝子治療・免疫療法の最適化,岡田直貴,遺伝子・デリバリー研究会第4回シンポジウム,2004年05月10日
  • 抗原遺伝子とIL-12遺伝子を共導入した樹状細胞のT細胞感作・活性化能,井上恵美子,岡田直貴,飯山さやか,松井あや,岡田裕香,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第124年会
  • リンパ組織移行性を増強した樹状細胞ワクチンの創製,森 直樹,岡田直貴,是友良介,岡田裕香,中山隆志,義江 修,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第124年会
  • ケモカイン発現ベクターの腫瘍内投与を併用した樹状細胞ワクチンの抗腫瘍効果,佐々木明徳,岡田直貴,丹羽正和,岡田裕香,中山隆志,義江 修,畑中 豊,谷 洋一,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第124年会
  • 腫瘍特異的プロモーターを搭載したRGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターのメラノーマ自殺遺伝子治療における有用性,岡田裕香,岡田直貴,水口裕之,鈴木加恵,田中早紀,高橋幸一,早川堯夫,眞弓忠範,水野亘恭,日本薬学会第124年会
  • NO供与体の吸収促進特性と生理活性ペプチドの消化管吸収改善への適用,山本 昌,Gihan Fetih,岡田直貴,藤田卓也,Fawzia Habib,Mohammed Attia,日本薬学会第124年会
  • 各種増粘剤による肺局所作用を期待する薬物の経肺吸収性の制御,山田圭吾,向井正志,小富正昭,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第124年会
  • ファイバーミュータントアデノウイルスベクターにより遺伝子導入した樹状細胞の免疫学的機能評価と癌免疫療法への応用,岡田直貴,創薬等ヒューマンサイエンス総合研究事業 (第II期) 研究成果発表会,2004年03月12日
  • IL-12遺伝子と抗原遺伝子を共導入したマウス樹状細胞の免疫学的特性と腫瘍免疫誘導能,飯山さやか,岡田直貴,西田雅也,中川晋作,眞弓忠範,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,第33回日本免疫学会総会・学術集会
  • ケモカイン遺伝子導入を併用したDC癌免疫療法プロトコールの有効性評価,佐々木明徳,岡田直貴,中山隆志,義江 修,畑中 豊,谷 洋一,中川晋作,眞弓忠範,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,第33回日本免疫学会総会・学術集会
  • CCケモカインレセプター7 (CCR7) 遺伝子を導入した樹状細胞のin vitroおよびin vivo遊走能,森 直樹,岡田直貴,井上恵美子,中山隆志,義江 修,中川晋作,眞弓忠範,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,第33回日本免疫学会総会・学術集会
  • 改変型アデノウイルスベクターを用いたメラノーマ遺伝子治療の最適化,岡田裕香,鈴木加恵,田中早紀,高橋幸一,水野亘恭,岡田直貴,水口裕之,早川堯夫,眞弓忠範,第53回日本薬学会近畿支部総会・大会,2003年11月01日
  • 消化管病態時におけるP糖タンパク質の発現・機能変化と製剤添加物によるP糖タンパク質の機能修飾,山本 昌,鳥井公人,岩倉裕士,正野泰士,上島 智,岡田直貴,藤田卓也,日本薬物動態学会第18回年会
  • CPT-11投与による小腸上皮細胞でのNa+依存性中性塩基性アミノ酸トランスポーターATB0,+の発現誘導,根岸功雄,上田なつみ,楠本憲司,岡田直貴,山本 昌,栄田敏之,藤田卓也,日本薬物動態学会第18回年会
  • P糖タンパク質の基質となる薬物の消化管吸収性および排泄性に及ぼすカプリン酸ナトリウムの影響,上島 智,岸本展明,矢澤朋子,冨田麻理恵,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第18回年会
  • パラアミノ安息香酸併用による5-アミノサリチル酸の代謝抑制と大腸組織内量の増大,沼田博和,奥野弘明,今井美智子,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第18回年会
  • Absorption enhancement characteristics of NO donors in the intestinal absorption of poorly absorbable drugs,Gihan Fetih,Sara Lindberg,岡田直貴,藤田卓也,Fawzia Habib,Per Artersson,Mohammed Attia,山本 昌,日本薬物動態学会第18回年会
  • 糖尿病モデルラットにおけるP糖タンパク質の基質となる薬物の消化管吸収性の変動,岩倉裕士,鳥井公人,上島 智,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第18回年会
  • 腫瘍組織血管内皮細胞をパルスした樹状細胞による癌免疫療法の開発,宇都口直樹,岡田直貴,山本 昌,小泉桂一,済木育夫,丸山一雄,第62回日本癌学会学術総会
  • 改変型アデノウイルスベクターを利用した樹状細胞免疫療法,岡田直貴,第21回生物薬剤学研究会,2003年06月21日
  • 樹状細胞免疫療法の有効性改善を目指したケモカイン発現ベクターの併用,佐々木明徳,岡田直貴,大久保米起,岡田裕香,中山隆志,義江 修,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,第19回日本DDS学会学術集会
  • IL-12遺伝子を導入した樹状細胞の表現型と腫瘍免疫誘導能の解析,飯山さやか,岡田直貴,舛永安繁,西田雅也,岡田裕香,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,第19回日本DDS学会学術集会
  • 肺局所作用発現を期待する薬物の経肺投与(1)水溶性薬物の経肺吸収性に及ぼす各種増粘剤の影響,山本 昌,山田圭吾,村松英彰,西中麻子,向井正志,小富正昭,岡田直貴,藤田卓也,村西昌三,第19回日本DDS学会学術集会
  • 肺局所作用発現を期待する薬物の経肺投与(2)各種増粘剤によるテオフィリンの経肺吸収性の制御,山田圭吾,向井正志,小富正昭,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,第19回日本DDS学会学術集会
  • 脂肪酸修飾によるエンケファリンの消化管粘膜透過性の改善,山本 昌,内山知実,小谷篤史,岸田剛志,巽 浩幸,岡本 彩,村上正裕,岡田直貴,藤田卓也,藤原洋一,木曽良明,村西昌三,第19回日本DDS学会学術集会
  • アゾポリマーコーティングペレットを用いた生理活性ペプチド及び潰瘍性大腸炎治療薬の大腸特異的送達法の開発,山本 昌,東﨑英之,西岡純子,小茂池潤太,岡田直貴,藤田卓也,村西昌三,金 淳二,寺島 宏,日本薬剤学会第18年会
  • 各種増粘剤による水溶性薬物及びテオフィリンの経肺吸収性の制御,山田圭吾,村松英彰,西中麻子,向井正志,小富正昭,岡田直貴,藤田卓也,村西昌三,山本 昌,日本薬剤学会第18年会
  • 各種粘膜吸収経路からの水溶性薬物及びカルシトニンの吸収とその改善,山本 昌,井関智弥,杉山美智子,岡田直貴,藤田卓也,村西昌三,日本薬剤学会第18年会
  • 消化管病態時におけるP糖タンパク質の機能変化の解析,山本 昌,鳥井公人,橋本修守,沼田博和,冨田麻理恵,半田敬広,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第18年会
  • P糖タンパク質の基質となる薬物の消化管吸収に及ぼす各種脂肪酸塩の影響,上島 智,鳥井公人,冨田麻理恵,橋本修守,沼田博和,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第18年会
  • 腫瘍血管内皮細胞を抗原としてパルスした樹状細胞による癌免疫療法の開発,佐野英志,宇都口直樹,笠岡 敏,岡田直貴,山本 昌,丸山一雄,日本薬剤学会第18年会
  • 腫瘍特異的プロモーターを搭載したRGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターの構築とその遺伝子発現特性,岡田裕香,喜多村紗智子,野尻宣仁子,岡田直貴,水口裕之,高橋幸一,早川堯夫,眞弓忠範,水野亘恭,日本薬学会第123年会
  • RGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターにより抗原遺伝子とIL-12遺伝子を共導入した樹状細胞の特性,岡田直貴,飯山さやか,西田雅也,舛永安繁,岡田裕香,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第123年会
  • ケモカイン発現RGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターの樹状細胞免疫療法への応用に関する基礎的検討,佐々木明徳,岡田直貴,大久保米起,岡田裕香,中山隆志,義江 修,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第123年会
  • RGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターによりメラノーマ関連抗原遺伝子を導入した樹状細胞の腫瘍免疫誘導機序の解析,森 直樹,岡田直貴,舛永安繁,山中美由紀,岡田裕香,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第123年会
  • マウス大脳皮質由来グリア細胞における H+/peptide transporter PEPT2 の機能特性:Na+-H+ exchanger 発現との機能的連関,藤田卓也,和田美由紀,岡 美智子,岡田直貴,山本 昌,日本薬学会第123年会
  • 中鎖脂肪酸塩によるP糖タンパク質の基質となる薬物の消化管吸収性の制御,山本 昌,上島 智,鳥井公人,冨田麻理恵,橋本修守,沼田博和,岡田直貴,藤田卓也,日本薬学会第123年会
  • 各種抗癌剤投与後のP糖タンパク質の機能変化の解析,鳥井公人,冨田麻理恵,橋本修守,沼田博和,半田敬広,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第123年会
  • 極性の異なる粘着剤を用いたパッチ製剤における薬物の経皮吸収拳動,権 英淑,鉄本秋恵,尾本果奈栄,木村暁子,神山文男,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第123年会
  • Mitomycin C induced the function and expression of P-glycoprotein in the rat intestinal membrane,Akira Yamamoto,Kimihito Torii,Naoki Okada,Takuya Fujita,Molecular Biopharmaceutics: A new Era in Drug Absorption, Transport and Delivery
  • Effects of various surfactants and polyethylene glycols on the transport of rhodamine 123, a P-glycoprotein substrate across the rat intestinal membrane,Akira Yamamoto,Yasushi Shono,Takahiro Handa,Naoki Okada,Takuya Fujita,Molecular Biopharmaceutics: A new Era in Drug Absorption, Transport and Delivery
  • RGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターによりgp100遺伝子導入したマウス樹状細胞の免疫学的特性,舛永安繁,岡田直貴,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,第32回日本免疫学会総会・学術集会
  • P糖タンパク質の機能・発現に及ぼす各種抗癌剤の影響,鳥井公人,橋本修守,沼田博和,冨田麻理恵,半田敬広,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第17回年会
  • C6 glioma細胞におけるNa+-vitamin C transporterの発現制御機構,根岸功雄,森 宏平,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,日本薬物動態学会第17回年会
  • PC12細胞におけるnorepinephrine transporterとNa+-channelとの相互作用,四宮賢治,山中 理,岡田直貴,山本 昌,藤田卓也,日本薬物動態学会第17回年会
  • gp100遺伝子を導入したマウス樹状細胞の免疫学的特性と腫瘍免疫誘導効果,岡田直貴,岡田裕香,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,第61回日本癌学会学術総会
  • TNFα発現アデノウイルスベクターを用いたマウスメラノーマ遺伝子治療における副作用発現機序の解析,岡田裕香,岡田直貴,水口裕之,早川堯夫,眞弓忠範,第61回日本癌学会学術総会
  • Kinetic analysis of the percutaneous penetration of drugs using a novel patch system with isopropyl myristate,Ying-Shu Quan,Shunya Takayanagi,Fumio Kamiyama,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,The 29th Annual Meeting of the Controlled Release Society
  • ファイバーミュータントアデノウイルスベクターによりメラノーマ関連抗原遺伝子を導入した樹状細胞の腫瘍免疫誘導効果,舛永安繁,岡田直貴,斎藤友美,飯山さやか,津田貴司,松原亜沙子,森 直樹,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,第18回日本DDS学会学術集会
  • 抗癌剤投与時におけるP糖タンパク質の発現変化と薬物の消化管吸収の変動との関連,鳥井公人,半田敬広,土肥正路,杉江昌美,若山香菜,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第17年会
  • 製剤添加物によるP糖タンパク質の基質となる薬物の消化管吸収の制御,山本 昌,半田敬広,鳥井公人,土肥正路,杉江昌美,若山香菜,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第17年会
  • RGDファイバーミュータントアデノウイルスベクターによるマウス骨髄由来樹状細胞への効率的な遺伝子導入,舛永安繁,岡田直貴,斎藤友美,飯山さやか,津田貴司,松原亜沙子,森 直樹,水口裕之,早川堯夫,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第122年会
  • 抗癌剤投与時におけるP糖タンパク質の発現変化と薬物の消化管吸収の変動との関連,鳥井公人,半田敬広,土肥正路,杉江昌美,若山香菜,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第122年会
  • システムA アミノ酸トランスポーターATA2の機能特性とadaptive regulation,藤田卓也,田中一成,岡田直貴,山本 昌,Frederick H. Leibach,Vadivel Ganapathy,第74回日本生化学会大会
  • ファイバーミュータントアデノウイルスベクターを用いた樹状細胞への効率的な遺伝子導入,岡田直貴,第51回日本薬学会近畿支部総会・大会,2001年10月27日
  • 神経細胞株における有機カチオントランスポーターの機能解析,四宮賢治,小林祥子,山中 理,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第16回年会
  • C6 glioma細胞におけるsystem Aアミノ酸トランスポーターATA2の発現調節機構,田中一成,石黒路奈子,田中正貴,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,Frederick H. Leibach,Vadivel Ganapathy,日本薬物動態学会第16回年会
  • C6 glioma細胞におけるNa+-vitamin C transporterの輸送活性制御機構,森 宏平,尾田寛子,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第16回年会
  • 乳癌細胞MCF7におけるcarnitineの取り込み特性,山根祐樹,根岸功雄,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第16回年会
  • Adaptive regulation of system A amino acid transporter ATA2 in rat C6 glioma cells and human primarily cultured astrocytes,Kazunari Tanaka,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Frederick H. Leibach,Vadivel Ganapathy,Takuya Fujita,FASEB Summer Research Conferences
  • Functional characterization and cyclic AMP-induced upregulation of Na+-dependent vitamin C transporter SVCT2 in rat C6 glioma,Kohei Mori,Masato Yoshida,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Takuya Fujita,FASEB Summer Research Conferences
  • ファイバーミュータントアデノウイルスベクターにより抗原遺伝子導入した樹状細胞の免疫学的機能評価,斎藤友美,岡田直貴,飯山さやか,津田貴司,松原亜沙子,森 直樹,水口裕之,早川堯夫,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,第17回日本DDS学会学術集会
  • P糖蛋白質の基質となる薬物の消化管吸収に及ぼす製剤添加物の影響,山本 昌,正野泰士,松田泰幸,半田敬広,鳥井公人,福井美由紀,岡田直貴,藤田卓也,第17回日本DDS学会学術集会
  • TNF-α発現ファイバーミュータントアデノウイルスベクターによるマウスメラノーマの遺伝子治療,岡田裕香,中川晋作,井上暢子,岡田直貴,水口裕之,高橋幸一,水野亘恭,早川堯夫,眞弓忠範,第17回日本DDS学会学術集会
  • 細胞性製剤への抗補体作用付与による液性免疫隔離に関する基礎的検討,岡本貴行,吉岡靖雄,鈴木 亮,岡田直貴,北野悦子,北村 肇,岡田秀親,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,第17回日本DDS学会学術集会
  • Effects of various surfactants and polyethylene glycols on the transport of rhodamine 123, a P-glycoprotein substrate across the rat intestinal membrane,Akira Yamamoto,Yasushi Shono,Yasuyuki Matsuda,Takahiro Handa,Miyuki Fukui,Naoki Okada,Takuya Fujita,EUFEPS World Conference on Drug Absorption and Drug Delivery
  • Modulation of intestinal permeability by nitric oxide donors: implications in intestinal delivery of poorly absorbable drugs,Akira Yamamoto,Hiroyuki Tatsumi,Masato Maruyama,Tomomi Uchiyama,Naoki Okada,Takuya Fujita,EUFEPS World Conference on Drug Absorption and Drug Delivery
  • 樹状細胞の抗原提示経路および活性化に及ぼすLipofectinの影響,斎藤友美,岡田直貴,森 宏平,藤井慶宏,藤本京子,中西 剛,田中慶一,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第121年会
  • 次世代型アデノウイルスベクターによる樹状細胞への遺伝子導入,岡田直貴,森 宏平,斎藤友美,舛永安繁,藤田淳子,塚田有希子,中川晋作,眞弓忠範,水口裕之,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第121年会
  • 樹状細胞を用いた癌免疫療法における次世代型アデノウイルスベクターの有用性評価,塚田有希子,中川晋作,岡田直貴,森 宏平,斎藤友美,藤田卓也,山本 昌,水口裕之,早川堯夫,眞弓忠範,日本薬学会第121年会
  • 体液性免疫隔離能を付与した細胞性製剤の開発,鈴木 亮,吉岡靖雄,岡本貴行,岡田直貴,宮崎純一,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,日本薬学会第121年会
  • P糖蛋白質の基質となる薬物の消化管吸収に及ぼすポリエチレングリコールの影響,半田敬広,鳥井公人,米田奈都子,福井美由紀,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第121年会
  • C6 glioma細胞におけるsystem Aアミノ酸トランスポーターの機能特性,田中一成,杉浦香織,藤川世梨,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,菅原 満,Frederick H. Leibach,Vadivel Ganapathy,日本薬学会第121年会
  • パッチ製剤を用いた脂溶性の異なる薬物の経皮吸収挙動の検討,高柳俊也,四宮市郎,李 国鋒,権 英淑,安井裕之,神山文男,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第121年会
  • ファイバーミュータントアデノウイルスベクターによる樹状細胞への遺伝子導入効率と機能修飾,岡田直貴,森 宏平,斎藤友美,舛永安繁,藤田淳子,藤井慶宏,藤本京子,塚田有希子,中川晋作,眞弓忠範,水口裕之,早川堯夫,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第16年会
  • 癌サイトカイン遺伝子治療におけるファイバーミュータントアデノウイルスベクターの有用性,井上暢子,岡田裕香,中川晋作,岡田直貴,水口裕之,早川堯夫,眞弓忠範,日本薬剤学会第16年会
  • P糖蛋白質の基質となる薬物の消化管吸収に及ぼす界面活性剤の影響,山本 昌,正野泰士,松田泰幸,古川史織,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第16年会
  • P糖蛋白質の基質となる薬物の消化管吸収に及ぼすポリエチレングリコールの影響,山本 昌,半田敬広,鳥井公人,米田奈都子,福井美由紀,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第16年会
  • 液性免疫隔離能を有する細胞性製剤の設計,吉岡靖雄,鈴木 亮,岡本貴行,岡田直貴,北野悦子,北村 肇,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,日本薬剤学会第16年会
  • 薬物経皮吸収における角質-表皮バリアー能の評価,李 国鋒,高柳俊也,四宮市郎,権 英淑,神山文男,安井裕之,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第16年会
  • 樹状細胞への効率的な遺伝子導入を目指したアデノウイルスベクターの開発,塚田有希子,中川晋作,岡田直貴,森 宏平,斎藤友美,藤田卓也,山本 昌,水口裕之,早川堯夫,眞弓忠範,日本バイオマテリアル学会シンポジウム2000
  • ファイバーミュータントアデノウイルスベクターを用いた樹状細胞への効率的な遺伝子導入,岡田直貴,森 宏平,斎藤友美,藤田卓也,山本 昌,塚田有希子,中川晋作,眞弓忠範,水口裕之,早川堯夫,第50回日本薬学会近畿支部総会・大会,2000年10月28日
  • C6グリオーマ細胞におけるvitamin Cの輸送とその活性調節機構,吉田正人,四宮賢治,中山友希,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第15回年会
  • 腎上皮細胞株SKPT細胞におけるセファロリジンの取り込み機構,藤田卓也,門田 剛,河渕絵美子,岡田直貴,山本 昌,日本薬物動態学会第15回年会
  • OVAパルスしたDC2.4細胞の投与経路が及ぼすOVA特異的免疫応答への影響,岡田直貴,中川晋作,眞弓忠範,中西 剛,田中慶一,藤田卓也,山本 昌,第59回日本癌学会学術総会
  • 樹状細胞を用いた癌免疫療法に関する基礎的検討,岡田直貴,新適塾-21世紀の薬箱-第38回会合,2000年09月28日
  • 抗原パルスした樹状細胞の投与経路が及ぼす抗原特異的CTL誘導への影響,岡田直貴,辻野正樹,藤井慶宏,藤田淳子,藤本京子,舛永安繁,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,第16回日本DDS学会学術集会
  • 腸内細菌で崩壊する製剤を用いた生理活性ペプチドならびに潰瘍性大腸炎治療薬の大腸特異的送達法の開発,山本 昌,東﨑英之,岡田直貴,藤田卓也,寺部 亮,塚本善紀,金 淳二,寺島 宏,第16回日本DDS学会学術集会
  • アフリカツメガエル肺組織を用いた薬物のin vitro肺組織透過性の評価 ~in vivo経肺吸収実験系との相関~,山本 昌,田中秀明,渡辺利昌,奥村茂樹,岡田直貴,藤田卓也,第16回日本DDS学会学術集会
  • Cytomedical therapy for diabetes mellitus using microencapsulated pancreatic beta cell line with glucose sensor,Ryo Suzuki,Hiroaki Oka,Yasuo Yoshioka,Naoki Okada,Jun-ichi Miyazaki,Takao Hayakawa,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Millennial World Congress of Pharmaceutical Sciences
  • Development of the novel cytomedical device that can protect against hosts humoral immunity,Yasuo Yoshioka,Ryo Suzuki,Hiroaki Oka,Naoki Okada,Takao Hayakawa,Yasuo Tsutsumi,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Millennial World Congress of Pharmaceutical Sciences
  • Transdermal delivery using hydroquinone ointment and patch formulations,Ying-Shu Quan,Masahiro Yamashita,Fumio Kamiyama,Hiroyuki Yasui,Naoki Okada,Takuya Fujita,Teruhisa Matsubayashi,Toshiyuki Sakaeda,Katsuhiko Okumura,Akira Yamamoto,Millennial World Congress of Pharmaceutical Sciences
  • Regulation of intestinal permeability of a water soluble compound by a muscarinic receptor agonist, carbachol,Akira Yamamoto,Masayuki Doi,Nanako Ishimoto,Naoki Okada,Takuya Fujita,Millennial World Congress of Pharmaceutical Sciences
  • A comparative study of tumor vaccine efficiency of murine dendritic cells pulsed with antigen on the route of administration,Naoki Okada,Masaki Tsujino,Shinsaku Nakagawa,Tadanori Mayumi,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,Millennial World Congress of Pharmaceutical Sciences
  • 細胞性製剤の体液性免疫隔離 (1): 細胞固定化担体の補体透過性抑制効果,鈴木 亮,岡 宏明,吉岡靖雄,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,岡田直貴,早川堯夫,宮崎純一,日本薬学会第120年会
  • 細胞性製剤の体液性免疫隔離 (2): 補体失活能を有する新規細胞固定化担体の開発,岡 宏明,鈴木 亮,吉岡靖雄,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,岡田直貴,早川堯夫,宮崎純一,日本薬学会第120年会
  • 抗原パルスした樹状細胞による抗腫瘍効果の投与ルートにおける比較,辻野正樹,岡田直貴,多田麻美,田村有加,萩原洋輔,中川晋作,眞弓忠範,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第120年会
  • Carbacholによる薬物の消化管粘膜透過性亢進機構の解明,土井真之,石本奈々子,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第120年会
  • Sigma receptor ligandによるCaco-2細胞における各種transportersの輸送活性の制御,交川佳克,池田英史,山根祐樹,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,Vadivel Ganapathy,Fredercik H. Leibach,日本薬物動態学会第14回年会
  • Type II様培養肺上皮細胞株A549における有機カチオンの輸送特性: マクロライド系抗生物質との相互作用,山本 昌,遠原大地,牛丸和美,田中一成,岡田直貴,藤田卓也,日本薬物動態学会第14回年会
  • High-affinity type peptide transporter PEPT2のNOによる輸送活性制御,矢部華子,齋藤友美,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬物動態学会第14回年会
  • 神経細胞へのMPP+の取り込み機構: 有機カチオントランスポーターの関与の可能性,藤田卓也,遠原大地,矢部華子,岡田直貴,山本 昌,日本薬物動態学会第14回年会
  • シグマ受容体リガンドによるH+/peptide transporter (PepT1) の輸送活性制御,藤田卓也,交川佳克,矢部華子,岡田直貴,山本 昌,Vadivel Ganapathy,Fredercik H. Leibach,第72回日本生化学会大会
  • Sigma receptor ligand-induced up-regulation of the H+/peptide transporter PEPT1 in the human intestinal cell line Caco-2,Takuya Fujita,Yoshikatsu Majikawa,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Vadivel Ganapathy,Frederick H. Leibach,The First International Conference on Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels
  • Functional Characterization of brain peptide transporter in rat: involvement of high affinity type H+/peptide transporter PEPT2,Takuya Fujita,Takeshi Kishida,Naoki Okada,Akira Yamamoto,Vadivel Ganapathy,Frederick H. Leibach,The First International Conference on Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels
  • 高分子担体を用いた固定化細胞の機能評価と細胞療法等への応用に関する研究 ~細胞性製剤の概念と方法論について~,岡田直貴,第14回生物薬剤学サマーセミナー
  • 超音波による薬物の経皮吸収促進機構の解析: 皮膚の電気抵抗ならびに赤外吸収スペクトルの測定,山本 昌,神山文男,北岡健一,杉田篤彦,岡田直貴,藤田卓也,第15回日本DDS学会学術集会
  • 消化管の生理機能を指標とした塩酸イリノテカンによる消化管傷害の評価,山下昌寛,田中秀明,吉田正人,平野恵理,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,第15回日本DDS学会学術集会
  • Nitric oxide donors enhance the absorption of water soluble drugs across the rat colonic membrane,Akira Yamamoto,Hiroyuki Tatsumi,Masato Maruyama,Naoki Okada,Takuya Fujita,The 26th International Symposium on Controlled Release of Bioactive Materials
  • Electrophysiological characteristical studies in Caco-2 cells using a microelectrode technique,Ying-Shu Quan,Fumio Kamiyama,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,International Symposium Strategies for Optimizing Oral Drug Delivery: Scientific to Regulatory Approaches
  • Effect of carbachol on the transport of a water soluble drug across the intestinal membrane,Masayuki Doi,Hitomi Miki,Naoki Okada,Takuya Fujita,Akira Yamamoto,International Symposium Strategies for Optimizing Oral Drug Delivery: Scientific to Regulatory Approaches
  • MIN6細胞を封入した細胞性製剤の糖尿病モデルラットへの適用 ~細胞性製剤に対する異種動物免疫系の影響~,鈴木 亮,岡 宏明,吉岡竜伸,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,岡田直貴,早川堯夫,宮崎純一,日本薬学会第119年会
  • 異種補体抵抗性を有する細胞性製剤の開発に関する基礎的検討 ~補体失活作用を付与した新規高分子担体の設計~,岡 宏明,鈴木 亮,吉岡竜伸,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,岡田直貴,早川堯夫,日本薬学会第119年会
  • Type II様培養肺上皮細胞株A549における有機カチオンの取り込みおよび輸送活性,遠原大地,上田和正,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第119年会
  • シグマレセプターリガンドによるpeptide transporter, PepT1の輸送活性制御,交川佳克,梅久佐代子,岡田直貴,Vadivel Ganapathy,Fredercik H. Leibach,藤田卓也,山本 昌,日本薬学会第119年会
  • 薬物の経皮吸収に及ぼす超音波および吸収促進剤の相乗効果: 皮膚の電気抵抗測定による吸収促進機構の解析,北岡健一,神山文男,杉田篤彦,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第14年会
  • 薬物の消化管吸収に及ぼす神経系制御物質カルバコールの影響,土井真之,三木ひと美,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第14年会
  • エイズ治療薬アジドチミジンのリン脂質誘導体化によるリンパターゲティング: 剤形修飾との相乗効果,児玉英俊,井上里美,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,福澄正規,高橋一雄,日本薬剤学会第14年会
  • 各種薬物輸送活性を指標とした塩酸イリノテカンによる消化管障害の評価: 半夏瀉心湯による消化管障害の軽減,山下昌寛,田中秀明,吉田正人,平野恵理,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第14年会
  • 一酸化窒素 (NO) 供与剤による薬物の消化管吸収促進効果と消化管粘膜の電気生理学的変化,山本 昌,巽 浩幸,丸山正人,岡田直貴,藤田卓也,日本薬剤学会第14年会
  • 微小電極を用いたCaco-2細胞の電気生理学的特性の評価 ―吸収促進剤の評価への応用―,権 英淑,神山文男,神山真琴,辻美和子,岡田直貴,藤田卓也,山本 昌,日本薬剤学会第14年会
  • 「細胞性製剤」の長期機能性維持に関する基礎的検討,鈴木 亮,岡 宏明,吉岡竜伸,宮本 創,岡田直貴,堤 康央,中川晋作,大杉義征,早川堯夫,眞弓忠範,第48回日本薬学会近畿支部総会・大会,1998年10月24日
  • グルコースセンサー機能を有する細胞性製剤開発の基礎的検討,吉岡竜伸,岡田直貴,宮本 創,坂本佳代子,中川晋作,眞弓忠範,宮崎純一,第13回日本DDS学会学術集会
  • 細胞性製剤の免疫原性と免疫隔離性に関する検討,岡田直貴,宮本 創,吉岡竜伸,坂本佳代子,中川晋作,眞弓忠範,勝目朝夫,斎藤浩之,大杉義征,日本薬学会第117年会
  • 細胞性製剤の複数回投与による治療有効期間の延長,宮本 創,岡田直貴,吉岡竜伸,坂本佳代子,中川晋作,眞弓忠範,勝目朝夫,斎藤浩之,大杉義征,日本薬学会第117年会
  • Development of novel delivery system for bioactive molecules using immobilized cells,吉岡竜伸,岡田直貴,宮本 創,堤 康央,中川晋作,勝目朝夫,萬 啓悟,上田乙也,斎藤浩之,大杉義征,眞弓忠範,第12回日本DDS学会学術集会
  • 固定化細胞を利用した生理活性物質の新規デリバリーシステムの開発,岡田直貴,中川晋作,大杉義征,眞弓忠範,日本MRSシンポジウム
  • 細胞封入アルギン酸-ポリリジン-アルギン酸マイクロカプセルを用いた細胞製剤開発の基礎的検討,宮本 創,岡田直貴,吉岡竜伸,堤康央,中川晋作,眞弓忠範,勝目朝夫,萬 啓悟,上田乙也,斎藤浩之,大杉義征,日本薬学会第116年会
  • アガロースゲル包括固定化抗IL-6抗体産生細胞を用いたIL-6トランスジェニックマウスの病態改善,岡田直貴,金田喜久,宮本 創,山本陽子,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,勝目朝夫,萬 啓悟,上田乙也,斎藤浩之,大杉義征,日本薬学会第115年会
  • 細胞接着ペプチド及びそのPEG修飾体の生体内動態と血中安定性,金田喜久,山本 晋,岡田直貴,福永智子,中川晋作,久保一義,眞弓忠範,前田光子,三宅正治,川﨑紘一,日本薬学会第114年会
  • アガロース細胞包埋法を用いた新規in vivo血管新生評価系の開発,岡田直貴,山本 晋,堤 康央,中川晋作,眞弓忠範,第52回日本癌学会学術総会
  • 細胞接着ペプチドおよびそのPEG結合体の腫瘍転移抑制効果,山本 晋,岡田直貴,宇都口直樹,中川晋作,川﨑紘一,眞弓忠範,第52回日本癌学会学術総会
  • アガロース細胞包埋法を用いた新規in vivo血管新生評価系の開発,岡田直貴,永田有理子,山本 晋,久保一義,眞弓忠範,中川晋作,三宅正治,日本薬学会第113年会
  • 細胞接着性ペプチド及びそのPEG結合体の腫瘍転移抑制効果,山本 晋,岡田直貴,永田有理子,眞弓忠範,井上幸恵,濱 堯夫,川﨑紘一,日本薬学会第113年会
  • ヒト血管内皮細胞のin vitro血管新生能に及ぼす細胞外マトリクスの影響,山本 晋,伏見真理子,岡田直貴,堤 康央,久保一義,眞弓忠範,並川真知子,中川晋作,濱 堯夫,川﨑紘一,柴原 健,日本薬学会第112年会

報道

  • 高額がん新治療、手が届く費用に,2018年05月28日
  • 林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル「木村拓哉と一緒に学ぶ!この冬に日本を襲う危険ランキング」,テレビ朝日,2018年01月16日
  • “貼るワクチン”実用化へ加速―産官学連携、ポリオに焦点,2017年07月10日
  • ABCテレビ キャスト「きょうのフォーカス」,朝日放送,2013年11月29日
  • ニュース7「貼るワクチン開発 5~10年後実用化へ」,NHK,2013年06月23日
  • ワクチンが効くしくみ,2013年04月20日
  • たけしのニッポンのミカタ!「世界を極めるニッポン人!「思いやりの力」が人を救う」,テレビ東京,2012年12月07日
  • 貼ってインフル予防,2012年11月17日
  • 教科書にのせたい!「命を守る驚きの医療革命」,TBSテレビ,2012年01月24日
  • 特集 ニッポンの稼げる技術100,2011年10月10日
  • 「貼るワクチン」 ヒトで抗体価上昇を確認,2010年12月25日
  • 「皮膚に貼るワクチン」を開発,2010年12月01日
  • 皮膚に張るだけで免疫効果が得られる痛みのないシート状ワクチンを開発!,2010年08月10日
  • “貼るワクチン”の臨床研究を開始,2010年07月09日
  • 皮膚に張るワクチン,2010年06月30日
  • 腫瘍血管を標的とする細胞傷害性T細胞の創製と養子免疫療法への応用,2010年05月20日
  • 張るシート状ワクチン,2010年03月29日
  • Vaccination via skin-pasted sheet,2010年03月17日
  • 張るワクチン,2010年02月20日
  • 「張るワクチン」開発,2007年05月08日

社会貢献

  • 「細胞療法と再生療法」「感染症とワクチン」,株式会社メディセオ講義,2011年08月24日 ~ 2011年08月24日
  • 第2回薬剤師のためのワークショップ in 近畿,厚生労働省による認定実務実習指導薬剤師養成のためのワークショップ,2006年05月13日 ~ 2006年05月14日

委員歴

  • 学協会,日本薬学会,関西支部委員,2019年 ~ 継続中
  • 学協会,日本DDS学会,評議員,2009年 ~ 継続中
  • 学協会,日本薬学会,近畿支部代議員,2013年 ~ 2019年
  • 学協会,日本薬学会,近畿支部委員,2006年 ~ 2019年
  • 学協会,日本薬剤学会,遺伝子・細胞製剤フォーカスグループ 執行部補佐,2009年 ~ 2014年