EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

三浦 あゆみ

Ayumi Miura

言語文化研究科 言語文化専攻,准教授

amiura lang.osaka-u.ac.jp

keyword ラテン語,辞書,語彙論,意味論,統語論,中英語,古英語,英語史

学歴

  • 2008年09月 ~ 2011年11月,The University of Manchester,School of Languages, Linguistics and Cultures,Linguistics and English Language
  • 2003年04月 ~ 2008年03月,東京大学,大学院総合文化研究科,言語情報科学専攻
  • 1999年04月 ~ 2003年03月,東京外国語大学,外国語学部,欧米第一課程

経歴

  • 2017年09月 ~ 継続中,大阪大学,大学院言語文化研究科,准教授
  • 2016年04月 ~ 2017年08月,関西外国語大学,英語キャリア学部,准教授(特任)
  • 2013年04月 ~ 2016年03月,関西外国語大学,外国語学部,講師(特任)

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,言語学
  • 人文・社会,英語学,英語史

所属学会

  • 岩崎研究会
  • 英語史研究会
  • 近代英語協会
  • 日本英文学会
  • 日本中世英語英文学会
  • ISLE (The International Society for the Linguistics of English)

論文

  • Internet resources for the history of English,Ayumi Miura,New Cambridge History of the English Language, Volume III: Change, transmission and ideology,Cambridge University Press,2023年12月,論文集(書籍)内論文
  • _Me liketh/lotheth_ but _I loue/hate_: Impersonal/non-impersonal boundaries in Old and Middle English,Ayumi Miura,Categories, constructions, and change in English syntax,Cambridge University Press,p. 170-189,2019年10月,論文集(書籍)内論文
  • One Hour Hath Orphan’d Me, and Widow’d Me: A Syntactic and Semantic History of English Verbs Converted from Human Nouns,Ayumi Miura,English Studies,Routledge,Vol. 99,No. 2,p. 194-215,2018年02月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Shall Sweet Bianca Practise How to Bride It? The Role of Dummy Object It in the Diachronic Transitivity Change of Denominal Conversion Verbs,Ayumi Miura,Studia Neophilologica,Routledge,Vol. 90,No. 1,p. 17-31,2018年01月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Historical development of the syntactic patterns of blame: An OED-based study,Ayumi Miura,English Language and Linguistics,Cambridge University Press,Vol. 20,No. 2,p. 251-272,2016年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Reassessing Latin influence on he/she this in Middle English,Ayumi Miura,English Studies,Routledge,Vol. 97,No. 4,p. 420-441,2016年05月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Reconsidering the semantics of Middle English _namely_,Ayumi Miura,Neuphilologische Mitteilungen,Modern Language Society,Vol. 116,No. 1,p. 29-53,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Translation effects on the use of impersonal verbs _irken_ and _uggen_ in _An Alphabet of Tales_,Ayumi Miura,言語文化の比較と交流8,大阪大学大学院言語文化研究科,p. 35-42,2021年05月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Some lexical and syntactic comparisons between the fifteenth-century _An Alphabet of Tales_ and the Latin source _Alphabetum Narrationum_,Ayumi Miura,言語文化の比較と交流7,大阪大学大学院言語文化研究科,p. 19-30,2020年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 学術的出版物に見る中英語の精読の重要性,三浦あゆみ,Studies in Medieval English Language and Literature,日本中世英語英文学会,Vol. 35,p. 37-44,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Revisiting the Latin influence on Middle English interrogative _who of_,Ayumi Miura,Of ye Olde Englisch langage and textes: New perspectives on Old and Middle English language and literature,Peter Lang,p. 259-279,2020年07月,論文集(書籍)内論文
  • The incipient stages of _far be it_ in Middle English,Ayumi Miura,言語文化の比較と交流6,大阪大学大学院言語文化研究科,p. 31-39,2019年05月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • _Namely_ and other particularisers in Chaucer's English,Ayumi Miura,Chaucer's language: Cognitive perspectives,Osaka Books,p. 99-124,2013年04月,論文集(書籍)内論文
  • Middle English verbs of fear and anger: Parallel histories of impersonal usage,Ayumi Miura,Convergent approaches to mediaeval English language and literature: Selected papers from the 22nd Conference of SELIM,Cambridge Scholars Publishing,p. 123-157,2012年12月,論文集(書籍)内論文
  • Middle English verbs of emotion and impersonal constructions: A diachronic study of the syntax-semantics interface,Ayumi Miura,PhD thesis, The University of Manchester,マンチェスター大学,2011年11月,学位論文(博士)
  • _Juliana_ 329b-30a revisited: Apo koinou or not?,Ayumi Miura,Studies in Medieval English Language and Literature,日本中世英語英文学会,Vol. 24,p. 1-19,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • New impersonal verbs in some late fourteenth-century English texts,Ayumi Miura,Historical Englishes in varieties of texts and contexts: The Global COE Program, International Conference 2007,Peter Lang,p. 187-200,2008年09月,論文集(書籍)内論文
  • The impersonal verb _remembren_ in Chaucer revisited,Ayumi Miura,言語情報科学,東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻,Vol. 5,p. 213-228,2007年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • The impersonal verb _listen_ in Chaucer's works: Implications of its textual distribution,Ayumi Miura,LEXICON,岩崎研究会,Vol. 36,p. 24-40,2006年06月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Emendation of _he þis_ in _York Plays_ XXX 112,Ayumi Miura,Notes and Queries,Oxford University Press,Vol. 67,No. 3,p. 350-351,2020年09月,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 田島松二『中英語の統語法と文体』(南雲堂 2016),Ayumi Miura,『英文学研究』,日本英文学会,Vol. 96,p. 182-188,2019年12月,書評論文,書評,文献紹介等
  • Review of Hideshi Ohno's _Variation between personal and impersonal constructions in Geoffrey Chaucer: A stylistic approach_ (2015, University Education Press),Ayumi Miura,Studies in Medieval English Language and Literature,日本中世英語英文学会,Vol. 32,p. 111-125,2017年07月,書評論文,書評,文献紹介等
  • _Beowulf_ 2334a _ealond utan_ ―Mitchell and Robinsonの解釈の妥当性をめぐって―,三浦あゆみ,英語史研究ノート,開文社出版,p. 61-65,2008年12月,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 最近の英語史概説書を振り返る,三浦あゆみ,英語史研究会会報 研究ノート,英語史研究会,Vol. 2007,p. 25-36,2007年10月,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

著書

  • 学術書,Categories, constructions, and change in English syntax,Nuria Yáñez-Bouza,Emma Moore,Linda van Bergen,Willem B. Hollmann,with the,assistance of,Ayumi Miura,Cambridge University Press,ISBN:9781108419567,2019年10月
  • 学術書,Middle English verbs of emotion and impersonal constructions: Verb meaning and syntax in diachrony,Ayumi Miura,Oxford University Press,ISBN:9780199947157,2014年12月
  • 学術書,Analysing older English,David Denison,Ricardo Bermúdez-Otero,Chris McCully,Emma Moore,with the,assistance of,Ayumi Miura,Cambridge University Press,ISBN:9780521112468,2011年12月
  • 事典・辞書,コンパスローズ英和辞典,赤須薫,研究社,ISBN:9784767415321,2018年11月
  • 事典・辞書,最新英語学・言語学用語辞典,中野弘三,服部義弘,小野隆啓,西原哲雄,開拓社,ISBN:9784758922159,2015年11月
  • 事典・辞書,リーダーズ英和辞典 第3版,高橋作太郎,研究社,ISBN:9784767414225,2012年08月
  • 事典・辞書,ライトハウス英和辞典 第5版,竹林滋,小島義郎,東信行,赤須薫,研究社,ISBN:9784767415055,2007年10月

作品

  • HEL on the Web,Ayumi Miura,2009年08月 ~ 継続中
  • A Gateway to Studying HEL,三浦 あゆみ,2008年08月 ~ 継続中

受賞

  • 総長特別表彰,大阪大学,2021年03月
  • 第17回(令和2年度)日本学士院学術奨励賞,日本学士院,2021年01月
  • 第17回(令和2(2020)年度)日本学術振興会賞,日本学術振興会,2020年12月
  • Overseas Research Students Award Scheme (ORSAS),2008年04月

講演・口頭発表等

  • おすすめの英語史本10選(応用編) ―過去10年と今後―,三浦あゆみ,青山英語史研究会,2021年10月17日
  • アカデミック・スキルを英語で学ぶ/教え(てみ)る,三浦あゆみ,大阪大学大学院言語文化研究科英語部会主催FDワークショップ「総合英語(Academic Skills)授業実践報告」,2021年03月25日
  • Revisiting the earliest history of the optative subjunctive _far be it_ in Middle English,Ayumi Miura,31st International Conference of the Spanish Society for Medieval English Language and Literature (SELIM 31),2019年09月20日
  • 精読から引き出される中英語の言語的特徴,三浦 あゆみ,日本中世英語英文学会第33回全国大会,2017年12月03日
  • _What should we blame it on?_ Information structure and syntactic change of _blame_ in the nineteenth century,Ayumi Miura,The 6th International Conference on Late Modern English (LMEC 6),2017年08月17日
  • _One hour hath orphan'd me, and widow'd me_: A syntactic and semantic history of English verbs converted from human nouns,Ayumi Miura,The 19th International Conference on English Historical Linguistics (ICEHL-19),2016年08月22日
  • 身分・役割を表す名詞派生動詞の統語・意味の変遷,三浦 あゆみ,英語史研究会第25回大会,2015年04月11日
  • Denominal conversion verbs in the history of English: A picture emerging from the OED Online,Ayumi Miura,The Fourth International Symposium on Approaches to English Historical Lexicography and Lexicology (OX-LEX4),2015年03月26日
  • English verbs converted from human nouns: Syntactic and semantic development,Ayumi Miura,Langwidge Sandwidge seminar,2015年03月03日
  • Revisiting Levin's (1993) '_orphan_ verbs' and '_captain_ verbs' from a diachronic perspective,Ayumi Miura,The 3rd International Conference of the International Society for the Linguistics of English (ISLE 3),2014年08月26日
  • _He/She this_ in Middle English: Reassessing Latin influence,Ayumi Miura,日本中世英語英文学会東西支部30周年記念合同研究発表会,2014年06月14日
  • Reconsidering the semantics of Middle English _namely_,Ayumi Miura,日本中世英語英文学会第29回全国大会,2013年12月01日
  • _Namely_ and other particularisers in Chaucer’s English,Ayumi Miura,The 4th International Conference of the Society of Historical English Language and Linguistics (SHELL 2012),2012年09月02日
  • Why are _like_ and _loathe_ impersonal and _love_ and _hate_ non-impersonal?,Ayumi Miura,The 17th International Conference on English Historical Linguistics (ICEHL-17),2012年08月24日
  • What makes a verb impersonal or non-impersonal? A case study of Middle English LOVEN,Ayumi Miura,日本英文学会第84回全国大会,2012年05月26日
  • Teaching of HEL at The University of Manchester: Methods, materials and lessons to learn?,Ayumi Miura,英語史研究会第22回大会,2012年04月14日
  • Steps toward making a new contribution to the much-researched area: Impersonal constructions in the history of English as an example,Ayumi Miura,駒場英語史研究会,2012年04月07日
  • A syntactic-semantic study with the MED? New evidence for verbs of fear and impersonal constructions,Ayumi Miura,The Third International New Approaches in English Historical Lexis Symposium (HEL-LEX 3),2012年03月08日
  • Impersonal or non-impersonal? Determinants of the syntax-semantics interface of Middle English verbs of hate,Ayumi Miura,The 7th International Conference on Middle English (ICOME7),2011年08月04日
  • Lexical semantics of Middle English impersonal constructions: Approaches to and beyond the data,Ayumi Miura,The 2nd International Conference of the International Society for the Linguistics of English (ISLE2),2011年06月20日
  • Middle English verbs of fear and anger: Parallel histories of their hitherto neglected impersonal usage,Ayumi Miura,The 22nd International Conference of the Spanish Society for Mediaeval English Language and Literature (SELIM 2010),2010年10月02日
  • Exploring the presence, absence and spread of impersonal usage with Middle English verbs of emotion: Problems and explanations,Ayumi Miura,11th Triangle Symposium (Triangle 2010),2010年09月18日
  • Middle English verbs of fear: What lexicographical evidence can(not) reveal about their impersonal usage,Ayumi Miura,Langwidge Sandwidge seminar,2010年05月04日
  • HEL publications for the past two years and beyond,三浦 あゆみ,寺澤研究室研究発表会,2007年09月16日
  • Mistakes or inventions? Newly employed impersonal verbs in late fourteenth-century English,Ayumi Miura,The 3rd International Conference of the Society of Historical English Language and Linguistics (SHELL 2007),2007年09月08日
  • Chaucer の非人称動詞_remembren_再考,三浦 あゆみ,英語史研究会第16回大会,2006年09月23日
  • Chaucer の作品における非人称動詞_listen_,三浦 あゆみ,日本中世英語英文学会第21回全国大会,2005年12月04日
  • Chaucer における非人称構文について,三浦 あゆみ,英語史研究会第12回大会,2004年09月25日

学術貢献

  • セミナー 'Publishing in international journals of linguistics',大阪大学大学院言語文化研究科,Zoom,2021年08月06日 ~ 2021年08月06日
  • セミナー 'Publishing a (linguistics) book with an international publisher',大阪大学大学院言語文化研究科,Zoom,2021年08月05日 ~ 2021年08月05日
  • FDワークショップ「総合英語(Academic Skills)授業実践報告」,大阪大学大学院言語文化研究科英語部会,Zoom,2021年03月25日 ~ 2021年03月25日

社会貢献

  • 英語中級:英語でスピーチ,放送大学大阪学習センター,2020年01月11日 ~ 2020年01月12日
  • 英語史を通して英語を学び直す,大阪大学大学院言語文化研究科,教員のための英語リフレッシュ講座,2018年08月08日 ~ 2018年08月08日
  • 英語の歴史をたどる,武蔵野外語専門学校,秋期特別講座,2007年11月19日 ~ 2007年11月19日

委員歴

  • 学協会,日本英文学会,編集委員,2021年04月 ~ 継続中
  • 学協会,日本中世英語英文学会,評議員,2018年04月 ~ 継続中
  • 学協会,The Angus McIntosh Centre for Historical Linguistics,Affiliate,2016年09月 ~ 継続中
  • 学協会,Research in Corpus Linguistics,論文査読者,2019年09月 ~ 2019年10月
  • 学協会,日本中世英語英文学会西支部,運営委員,2016年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,Proceedings of CBDA-5 (Tours, July 2017),論文査読者,2018年06月 ~ 2018年08月
  • ICEHL XX (20th International Conference on English Historical Linguistics),発表要旨査読者,2018年01月 ~ 2018年01月
  • 学協会,日本中世英語英文学会,大会準備委員長,2017年01月 ~ 2017年12月
  • 学協会,日本中世英語英文学会,大会準備委員,2015年01月 ~ 2017年12月
  • 学協会,Linguistics,論文査読者,2013年04月 ~ 2013年05月