EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

小島 英春

Kojima Hideharu

情報科学研究科 情報システム工学専攻,助教

研究内容・専門分野

  • 情報通信,計算機システム,形式検証,ネットワークプロトコル,アドホックネットワーク

論文

  • Using simulated annealing for locating array construction,Tatsuya Konishi,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya,Information and Software Technology,Elsevier BV,Vol. 126,p. 106346-106346,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Finding Minimum Locating Arrays Using a CSP Solver,Tatsuya Konishi,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya,Fundamenta Informaticae,IOS Press,Vol. 174,No. 1,p. 27-42,2020年05月12日,研究論文(学術雑誌)
  • A Model Checking Method for Secure Routing Protocols by SPIN with State Space Reduction,Hideharu Kojima,Naoto Yanai,Proc. of 2020 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshops (IPDPSW),p. 627-635,2020年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Finding minimum locating arrays using a CSP solver,Tatsuya Konishi,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya,arXiv,p. 1-16,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • A Chain Code Mechanism with Data Encryption on Hyperledger Fabric,2019年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Implementation and Evaluation of ISDSR in Emulation Environments.,Shinnosuke Shimizu,Hideharu Kojima,Naoto Yanai,Tatsuhiro Tsuchiya,Proc. of IEEE Wireless Communications and Networking Conference (WCNC2019),p. 1-6,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A State Space Suppression Method for Formal Verification of Secure Routing Protocols With SPIN.,Hideharu Kojima,Naoto Yanai,Proc. of IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering Workshops, ISSRE Workshops 2019,p. 124-125,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A State Space Reduction Method for Model Checking of Wireless Multi-Hop Network Routing Protocols Focusing on Topologies.,Hideharu Kojima,Naoto Yanai,Seventh International Symposium on Computing and Networking Workshops, CANDAR 2019 Workshops,p. 14-20,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ISDSR+: Improving the Security and Availability of Secure Routing Protocol.,Hideharu Kojima,Naoto Yanai,Jason Paul Cruz,IEEE Access,Vol. 7,p. 74849-74868,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Controlling Occurrence Frequencies of Parameter Values in Pair-Wise Testing,Satoshi Fujimoto,Hideharu Kojima,Tatsuhiro Tsuchiya,International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering,Vol. 28,No. 7,p. 983-1000,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • The Aggregation Point Placement Problem for Power Distribution Systems.,Hideharu Kojima,Tatsuhiro Tsuchiya,Yasumasa Fujisaki,IEICE Transactions,Vol. 101-A,No. 7,p. 1074-1082,2018年
  • Finding Minimum Locating Arrays Using a SAT Solver,Tatsuya Konishi,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya,2017 IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation Workshops (ICSTW),IEEE,2017年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Performance Evaluation for the Signature Algorithm of ISDSR on Raspberry Pi.,Hideharu Kojima,Naoto Yanai,Fifth International Symposium on Computing and Networking, CANDAR 2017, Aomori, Japan, November 19-22, 2017,IEEE Computer Society,p. 230-236,2017年
  • State space reduction techniques for model checking of MANET protocols.,Hideharu Kojima,Yuta Nagashima,Tatsuhiro Tsuchiya,IJNC,Vol. 7,No. 1,p. 29-49,2017年
  • Model checking techniques for state space reduction in MANET protocol verification,Hideharu Kojima,Yuta Nagashima,Tatsuhiro Tsuchiya,2016 IEEE 30TH INTERNATIONAL PARALLEL AND DISTRIBUTED PROCESSING SYMPOSIUM WORKSHOPS (IPDPSW),IEEE,p. 509-516,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 組み合わせインタラクションテストにおけるBDDを用いた制約処理法の性能評価,坂野宏樹,中川博之,小島英春,土屋達弘,電子情報通信学会論文誌 D,Vol. J98-D,No. 3,p. 384-395-395,2015年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Locating a faulty interaction in pair-wise testing,Takahiro Nagamoto,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya,Proceedings of IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing, PRDC,IEEE Computer Society,p. 155-156,2014年12月03日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 多数決投票を用いた分散システムの可用性の最大化,松井 佑記,小島 英春,土屋 達弘,情報処理学会論文誌,Vol. 55,No. 3,p. 1177-1185,2014年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • On the Availability of Replicated Data Managed by Hierarchical Voting,Yuuki Ueda,Hideharu Kojima,Tatsuhiro Tsuchiya,PROCEEDINGS OF 2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION SCIENCE AND CLOUD COMPUTING COMPANION (ISCC-C),IEEE,p. 313-316,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Applying Random Testing to Constrained Interaction Testing.,Yasuhiro Hirasaki,Hideharu Kojima,Tatsuhiro Tsuchiya,The 26th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering, Hyatt Regency, Vancouver, BC, Canada, July 1-3, 2013.,Knowledge Systems Institute Graduate School,p. 193-198,2014年
  • Locating a Faulty Interaction in Pair-Wise Testing,Takahiro Nagamoto,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya,2014 20TH IEEE PACIFIC RIM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON DEPENDABLE COMPUTING (PRDC 2014),IEEE,p. 155-156,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Applying parameter value weighting to a practical application,Satoshi Fujimoto,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya,2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SOFTWARE RELIABILITY ENGINEERING WORKSHOPS (ISSREW),IEEE,p. 130-131,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Modeling the Interaction of Power Line and SCADA Networks,Yuki Matsui,Hideharu Kojima,Tatsuhiro Tsuchiya,2014 IEEE 15TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGH-ASSURANCE SYSTEMS ENGINEERING (HASE),IEEE,p. 261-262,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A value weighting method for pair-wise testing,Satoshi Fujimoto,Hideharu Kojima,Tatsuhiro Tsuchiya,Proceedings - Asia-Pacific Software Engineering Conference, APSEC,IEEE Computer Society,Vol. 1,p. 99-105,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A New Generation Children Tracking System Using Bluetooth MANET Composed of Android Mobile Terminals,Koki Morii,Koji Taketa,Yuichiro Mori,Hideharu Kojima,Eitaro Kohno,Shinji Inoue,Tomoyuki Ohta,Yoshiaki Kakuda,2012 9TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON UBIQUITOUS INTELLIGENCE & COMPUTING AND 9TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON AUTONOMIC & TRUSTED COMPUTING (UIC/ATC),IEEE COMPUTER SOC,p. 405-407,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Maximizing Availability of Consistent Data in Unreliable Networks,Yuki Matsui,Hideharu Kojima,Tatsuhiro Tsuchiya,PROCEEDINGS OF THE 2012 IEEE 18TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PARALLEL AND DISTRIBUTED SYSTEMS (ICPADS 2012),IEEE,p. 117-123,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A transition reduction method for FSM of MANET routing protocol with blacklist,Hideharu Kojima,Tomoyuki Ohta,Yoshiaki Kakuda,Proceedings - 2011 10th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems, ISADS 2011,IEEE Computer Society,p. 611-616,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A self-configurable new generation children tracking system based on mobile ad hoc networks consisting of android mobile terminals,Yuichiro Mori,Hideharu Kojima,Eitaro Kohno,Shinji Inoue,Tomoyuki Ohta,Yoshiaki Kakuda,Atsushi Ito,Proceedings - 2011 10th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems, ISADS 2011,IEEE Computer Society,p. 339-342,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Resource management middleware using mobile agents for mobile ad hoc networks,Akihiro Yamanouchi,Takeshi Hashimoto,Tomoyuki Ohta,Hideharu Kojima,Yoshiaki Kakuda,Proceedings - International Conference on Distributed Computing Systems,IEEE Computer Society,p. 1-6,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Equivalent Division Method for Reducing Test Cases in State Transition Testing of MANET Protocols,Hideharu Kojima,Juichi Takahashi,Tomoyuki Ohta,Yoshiaki Kakuda,IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E92B,No. 3,p. 794-806,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Model for Concurrent States and Its Coverage Criteria,Hideharu Kojima,Juichi Takahashi,Tomoyuki Ohta,Yoshiaki Kakuda,ISADS 2009: 2009 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON AUTONOMOUS DECENTRALIZED SYSTEMS, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 363-+,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MANETプロトコルの仕様適合性試験のための状態遷移図縮退手法,小島 英春,大田 知行,角田 良明,高橋 寿一,電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B,社団法人電子情報通信学会,Vol. 91,No. 4,p. 353-363,2008年04月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Coverage Based Testing for Concurrent Software.,Juichi Takahashi,Hideharu Kojima,Zengo Furukawa,28th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems Workshops (ICDCS 2008 Workshops), 17-20 June 2008, Beijing, China,IEEE Computer Society,p. 533-538,2008年
  • State transition model for test sequence generation of MANET clustering protocols,Hideharu Kojima,Tomoyuki Ohta,Yoshiaki Kakuda,Proceedings - International Conference on Distributed Computing Systems,IEEE Computer Society,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of testbed framework for ad hoc networks,Shinji Yamashita,Rika Furukawa,Tomoyuki Ohta,Hideharu Kojima,Yoshiaki Kakuda,Proc. Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC2005),p. 383-387,2005年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • jShio - A customization language compiler-compiler,H Kojima,R Adams,OOIS 2001: 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON OBJECT-ORIENTED INFORMATION SYSTEMS, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG LONDON LTD,p. 345-354,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 自然言語処理を用いたKAOSゴールモデルのゴール分類手法の改良と実装 (知能ソフトウェア工学),石丸 将生,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 117,No. 465,p. 13-18,2018年03月01日
  • 焼きなまし法によるロケーティングアレイの生成 (ディペンダブルコンピューティング),小西 達也,小島 英春,中川 博之,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 117,No. 444,p. 31-35,2018年02月20日
  • SATソルバを使用したロケーティングアレイの生成手法について (システム数理と応用),小西 達也,小島 英春,中川 博之,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 117,No. 301,p. 147-152,2017年11月16日
  • 抽出ルールに基づいた要求記述からのゴールモデルの構築支援,島田裕紀,中川博之,小島英春,土屋達弘,情報処理学会研究報告(Web),Vol. 2017,No. SE-195,2017年03月05日
  • キャッシュの効率利用による自己適応システムの動的モデル検査法改善 (知能ソフトウェア工学),外山 大夢,中川 博之,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 116,No. 493,p. 7-12,2017年03月03日
  • O-016 配電SCADAネットワークにおける情報収集時間短縮手法(O分野:情報システム,一般論文),小島 英春,芳中 宗一郎,土屋 達弘,情報科学技術フォーラム講演論文集,FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会,Vol. 14,No. 4,p. 455-462,2015年08月24日
  • BS-4-7 MANET端末の機能毎の試験系列の合成による複数機能に対する試験系列生成方法(BS-4.ネットワーク技術特別ポスターセッション,シンポジウムセッション),小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会総合大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2015,No. 2,p. "S-132"-"S-133",2015年02月24日
  • 多様なタスクスケジューリング問題への解集合プログラミングの適用 (ソフトウェアサイエンス),小林 弘幸,中川 博之,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 114,No. 127,p. 25-30,2014年07月09日
  • 多様なタスクスケジューリング問題への解集合プログラミングの適用,小林 弘幸,中川 博之,小島 英春,土屋 達弘,研究報告ソフトウェア工学(SE),一般社団法人情報処理学会,Vol. 2014,No. 4,p. 1-6,2014年07月02日
  • 誤りを引き起こすインタラクションを特定可能なテストセット生成法の改善 (システム数理と応用),永元 雄宙,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 421,p. 77-81,2014年01月30日
  • 電力網とSCADA網との相互作用が及ぼす堅牢性への影響について (ディペンダブルコンピューティング),松井 佑記,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 353,p. 35-39,2013年12月13日
  • ランダムテストを利用した制約のあるインタラクションテストの効率的なテストケース生成 (ソフトウェアサイエンス),平崎 靖博,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人情報処理学会,Vol. 113,No. 269,p. 163-166,2013年10月24日
  • ネットワーク障害下におけるレプリカ配置を考慮した階層的votingシステムの可用性の評価 (ディペンダブルコンピューティング),上田 佑樹,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 270,p. 1-5,2013年10月24日
  • ランダムテストを利用した制約のあるインタラクションテストの効率的なテストケース生成,平崎 靖博,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 269,p. 163-166,2013年10月17日
  • インタラクションテストにおける故障ペアを特定可能なテストケース集合生成方法の提案 (ディペンダブルコンピューティング),永元 雄宙,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 104,p. 19-23,2013年06月21日
  • パラメータ値に対する重み付けを考慮したテストケース集合の拡張 (ディペンダブルコンピューティング),藤本 哲,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 22,p. 31-36,2013年04月26日
  • パラメータ値に関する制約を考慮したランダムテストの不具合検出率について (ソフトウェアサイエンス),重岡 大樹,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 112,No. 373,p. 31-35,2013年01月10日
  • パラメータ値に関する制約を考慮したランダムテストのためのテストケース生成手法,田中 真吾,小島 英春,土屋 達弘,電子情報通信学会技術研究報告. DC, ディペンダブルコンピューティング : IEICE technical report,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 112,No. 270,p. 1-5,2012年10月22日
  • Votingを用いた分散システムの可用性の最大化,松井佑記,小島英春,土屋達弘,平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,Vol. 2012,2012年09月14日
  • BS-8-5 Android端末を用いたBluetooth MANETにおける自律的衝突回避手法(BS-8.ネットワークソフトウェア特別ポスターセッション,シンポジウムセッション),武田 航史,森井 幸希,森 雄一郎,小島 英春,角田 良明,電子情報通信学会総合大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2012,No. 2,p. "S-123"-"S-124",2012年03月06日
  • Android 端末で構成する Bluetooth MANET を用いた新世代児童見守りシステム,森 雄一郎,森井 幸希,武田 航史,小島 英春,河野 英太郎,井上 伸二,大田 知行,角田 良明,電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 111,No. 384,p. 73-78,2012年01月12日
  • Android 端末で構成する Bluetooth MANET を用いた新世代児童見守りシステム,森 雄一郎,森井 幸希,武田 航史,小島 英春,河野 英太郎,井上 伸二,大田 知行,角田 良明,電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 111,No. 386,p. 159-164,2012年01月12日
  • BS-8-6 MANETにおけるBluetooth通信を用いたマルチコネクションの効率化(BS-8. ネットワークソフトウェア特別ポスターセッション,シンポジウムセッション),森井 幸希,森 雄一郎,小島 英春,角田 良明,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2011,No. 2,p. "S-133",2011年08月30日
  • Android とMANETに基づいた自律構成可能な新世代児童見守りシステム,森 雄一郎,小島 英春,河野 英太郎,井上 伸二,大田 知行,角田 良明,電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 376,p. 11-16,2011年01月13日
  • Android とMANETに基づいた自律構成可能な新世代児童見守りシステム,森 雄一郎,小島 英春,河野 英太郎,井上 伸二,大田 知行,角田 良明,電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 378,p. 35-40,2011年01月13日
  • B-19-7 Androidと自律分散クラスタリングを用いた新世代児童見守りシステムの構築に向けて(B-19.ネットワークソフトウェア,一般セッション),森 雄一郎,小島 英春,河野 英太郎,井上 伸二,大田 知行,角田 良明,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2010,No. 2,p. 392-392,2010年08月31日
  • MANET自律分散クラスタリングの仕様適合性テストのためのFSM,小島 英春,大田 知行,角田 良明,電子情報通信学会総合大会講演論文集,社団法人電子情報通信学会,Vol. 2006,No. 2,p. 543-543,2006年03月08日
  • アドホックネットワークテストベッドフレームワークにおける自律分散クラスタリングの実装と基本的評価,山下晋司,小島 英春,大田 知行,角田 良明,電子情報通信学会ソサイエティ大会シンポジウム (アドホックネットワークのテストベッドと実証実験), 2006,一般社団法人電子情報通信学会,p. "S-95"-"S-96",2006年
  • アドホックネットワークルーティングのためのテストベッドフレームワーク,山下 晋司,古川 梨香,大田 知行,小島 英春,角田 良明,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,社団法人電子情報通信学会,Vol. 2005,No. 2,p. 478-478,2005年09月07日

著書

  • ネットワークソフトウェア,角田, 良明,水野, 修,若原, 恭,新津, 善弘,池田, 大造,伊藤, 篤,小島, 英春,佐藤, 正和,鈴木, 俊博,中村, 光宏,三浦, 章,共立出版,ISBN:9784320123168,2013年

特許・実用新案・意匠

  • モバイルアドホックネットワークにおける自律的衝突回避システム及び自律的衝突回避方法,武田航史,森井幸希,森雄一郎,小島英春,角田良明,特願2012-047444,出願日:2012年03月03日
  • モバイルアドホックネットワークにおける自律的衝突回避システム及び自律的衝突回避方法,武田航史,森井幸希,森雄一郎,小島英春,角田良明,特許第5930179号,特願2012-047444,出願日:2012年03月03日