EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

梅谷 俊治

Umetani Shunji

情報科学研究科 情報数理学専攻,寄附講座教授

keyword 数理最適化,オペレーションズリサーチ,数理計画,組合せ最適化,アルゴリズム

学歴

  • 1998年04月 ~ 2002年03月,京都大学,大学院情報学研究科,数理工学専攻
  • 1996年04月 ~ 1998年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,情報数理系専攻
  • 1993年04月 ~ 1996年03月,大阪大学,基礎工学部,情報工学科

経歴

  • 2020年10月 ~ 継続中,大阪大学,大学院情報科学研究科,寄附講座教授
  • 2017年04月 ~ 継続中,特定国立研究開発法人理化学研究所,革新知能統合研究センター,客員研究員
  • 2008年01月 ~ 2020年09月,大阪大学,大学院情報科学研究科,准教授
  • 2010年10月 ~ 2014年03月,科学技術振興機構(JST),さきがけ
  • 2007年04月 ~ 2007年12月,電気通信大学 電気通信学部 助教
  • 2005年05月 ~ 2007年03月,電気通信大学 電気通信学部 助手
  • 2003年04月 ~ 2005年04月,豊田工業大学 工学部 助手

研究内容・専門分野

  • 情報通信,情報学基礎論
  • 社会基盤(土木・建築・防災),社会システム工学
  • 情報通信,数理情報学

所属学会

  • Association for the Advancement of Artificial Intelligence (AAAI)
  • 人工知能学会
  • Mathematical Optimization Society
  • Institute for Operations Research and the Management Sciences (INFORMS)
  • 情報処理学会
  • 日本オペレーションズリサーチ学会

論文

  • An efficient branch-and-cut algorithm for submodular function maximization,Naoya Uematsu,Shunji Umetani,Yoshinobu Kawahara,Journal of the Operations Research Society of Japan,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Relaxation heuristics for the set multicover problem with generalized upper bound constraints,Shunji Umetani,Masanao Arakawa,Mutsunori Yagiura,Computers and Operations Research,Elsevier Ltd,Vol. 93,p. 90-100,2018年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Exploiting variable associations to configure efficient local search algorithms in large-scale binary integer programs,Shunji Umetani,EUROPEAN JOURNAL OF OPERATIONAL RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 263,No. 1,p. 72-81,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Solving the irregular strip packing problem via guided local search for overlap minimization,Shunji Umetani,Mutsunori Yagiura,Shinji Imahori,Takashi Imamichi,Koji Nonobe,Toshihide Ibaraki,INTERNATIONAL TRANSACTIONS IN OPERATIONAL RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 16,No. 6,p. 661-683,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Relaxation heuristics for the set covering problem,Shunji Umetani,Mutsunori Yagiura,JOURNAL OF THE OPERATIONS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 50,No. 4,p. 350-375,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • One-dimensional cutting stock problem with a given number of setups: A hybrid approach of metaheuristics and linear programming,Shunji Umetani,Mutsunoti Yagiura,Toshihide Ibaraki,Journal of Mathematical Modelling and Algorithms,Vol. 5,No. 1,p. 43-64,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 自動車船の運航業務に数理最適化を適用するための実践的なアプローチ,坂本 淳子,大野 修平,永橋 幸大,鈴木 保乃加,梅谷 俊治,オペレーションズ・リサーチ,Vol. 66,p. 414-421,2021年,研究論文(学術雑誌)
  • 組合せ最適化による問題解決の実践的なアプローチ,梅谷俊治,オペレーションズ・リサーチ,Vol. 66,p. 362-366,2021年,研究論文(学術雑誌)
  • An efficient branch-and-cut algorithm for approximately submodular function maximization,Naoya Uematsu,Shunji Umetani,Yoshinobu Kawahara,Proceedings of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics,2019年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • コース科目が存在する場合の試験答案返却時間割作成の最適化モデル,橘高 源太,伊藤 靖彦,梅谷 俊治,池上 敦子,情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用,Vol. 11,p. 26-31,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • A linear programming based heuristic algorithm for charge and discharge scheduling of electric vehicles in a building energy Management system,Shunji Umetani,Yuta Fukushima,Hiroshi Morita,OMEGA-INTERNATIONAL JOURNAL OF MANAGEMENT SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 67,p. 115-122,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Exploiting variable associations to configure efficient local search algorithms in large-scale binary integer programs,S.Umetani,arXiv,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 集合分割問題に基づく系列アラインメントのモデル化,西野正彬,鈴木 潤,梅谷俊治,平尾 努,永田昌明,自然言語処理,Vol. 23,No. 2,p. 175-194,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ビットマップ図形の効率的な詰込み,梅谷俊治,オペレーションズ・リサーチ,Vol. 61,p. 742-743,2016年
  • Exploiting variable associations to configure efficient local search in large-scale set partitioning problems,S.Umetani,Proceedings of the 29th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-15),p. 1226-1232,2015年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • アルゴリズム実装を教える,梅谷俊治,オペレーションズ・リサーチ,Vol. 59,No. 10,2014年10月
  • 組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで,梅谷俊治,自然言語処理,Vol. 21,No. 5,p. 1059-1090,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 問題構造の解析に基づく組合せ最適化アルゴリズムの自動構成,梅谷俊治,オペレーションズ・リサーチ,Vol. 59,No. 1,p. 20-25,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • メタヒューリスティクス事始め:まずは局所探索法から,梅谷俊治,柳浦睦憲,オペレーションズ・リサーチ,Vol. 58,No. 12,p. 589-594,2013年12月
  • OPTIMAL ELECTRIC POWER MANAGEMENT IN A RESIDENTIAL BUILDING USING PHOTOVOLTAIC AND STORAGE BATTERY,Tsukasa Demizu,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,PROCEEDINGS OF THE ASME/ISCIE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION, ISFA 2012,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,Vol. 7162,p. 621-624,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A COMBINED APPROACH FOR PRODUCTION SCHEDULING AND ROUTING OF AUTOMATED GUIDED VEHICLES WITH LAYERED TIME-SPACE NETWORK,Yuta Hara,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,PROCEEDINGS OF THE ASME/ISCIE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION, ISFA 2012,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,Vol. 7187,p. 569-572,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A heuristic algorithm for the set multicover problem with generalized upper bound constraints,Shunji Umetani,Masanao Arakawa,Mutsunori Yagiura,Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),Vol. 7997,p. 75-80,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Robust energy management system with electric vehicles,Yuta Fukushima,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,Susumu Iida,Misayo Kobayashi,Proceedings of International Symposium on Scheduling 2011 (ISS2011),2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A two-probe routing model and an algorithm for MCM substrates testing,Keisuke Murakami,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,Proceedings of International Symposium on Scheduling 2011 (ISS2011),2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On the one-dimensional stock cutting problem in the paper tube industry,Kazuki Matsumoto,Shunji Umetani,Hiroshi Nagamochi,JOURNAL OF SCHEDULING,SPRINGER,Vol. 14,No. 3,p. 281-290,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 統計的機械翻訳におけるフレーズ対応最適化を利用したN-best翻訳候補のリランキング,越川 満,内山 将夫,梅谷 俊治,松井 知己,山本 幹雄,情報処理学会論文誌,Vol. 51,No. 8,p. 1443-1451,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 切出し・詰込み問題とその応用 -(3)多角形詰込み問題-,梅谷 俊治,今堀 慎治,オペレーションズ・リサーチ,日本オペレーションズ・リサーチ学会,2005年06月
  • 切出し・詰込み問題とその応用 -(2)長方形詰込み問題-,今堀 慎治,梅谷 俊治,オペレーションズ・リサーチ,日本オペレーションズ・リサーチ学会,2005年05月
  • Local search algorithms for the two-dimensional cutting stock problem with a given number of different patterns,S.Imahori,M.Yagiura,S.Umetani,S.Adachi,T.Ibaraki,Metaheuristics: Progress as Real Problem Solvers,Kluwer Academic Publishers,2005年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 切出し・詰込み問題とその応用 -(1)1次元資材切出し問題-,梅谷 俊治,今堀 慎治,オペレーションズ・リサーチ,日本オペレーションズ・リサーチ学会,2005年04月
  • A bi-directional local search for robot motion planning problem with many degrees of freedom,S.Umetani,T.Kurakake,Y.Suzuki,M.Higashi,the 6th Metaheuristics International Conference (MIC2005),p. 878-883,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • One-dimensional cutting stock problem with a given number of setups: A hybrid approach of metaheuristics and linear programming,S.Umetani,M.Yagiura,T.Ibaraki,the 1st International Workshop on Hybrid Metaheuristics (HM2004),p. 101-114,2004年
  • A local search approach to the pattern restricted one dimensional cutting stock problem,S.Umetani,M.Yagiura,T.Ibaraki,Metaheuristics: Computer Decision-Making,Kluwer Academic Publishers,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • An LP-based local search to the one dimensional cutting stock problem using a given number of cutting patterns,S.Umetani,M.Yagiura,T.Ibaraki,IEICE Transaction on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Siences,電子情報通信学会,Vol. 86,No. 5,p. 1093-1102,2003年05月,研究論文(学術雑誌)
  • One-dimensional cutting stock problem to minimize the number of different patterns,S Umetani,M Yagiura,T Ibaraki,EUROPEAN JOURNAL OF OPERATIONAL RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 146,No. 2,p. 388-402,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Local search algorithms for the two dimensional cutting stock problem,S Imahori,M Yagiura,S Adachi,T Ibaraki,S Umetani,7TH WORLD MULTICONFERENCE ON SYSTEMICS, CYBERNETICS AND INFORMATICS, VOL IX, PROCEEDINGS,INT INST INFORMATICS & SYSTEMICS,p. 334-339,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An LP-based local search for one dimensional cutting stock problem,S.Umetani,M.Yagiura,T.Ibaraki,the 5th Metaheuristics International Conference (MIC2003),2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An LP-based local search to the one dimensional cutting stock problem using a given number of cutting patterns,S.Umetani,M.Yagiura,T.Ibaraki,the 1st International Workshop on Heuristics (IWH2002),p. 28-38,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A local search approach for one dimensional cutting stock problem,S.Umetani,M.Yagiura,T.Ibaraki,the 4th Meteheuristics International Conference (MIC2001),p. 68-73,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 最小極大マッチング問題のニューラルネットワーク並列解法の提案,梅谷俊治,船曵 信生,西川 清史,情報処理学会論文誌,Vol. 39,No. 3,p. 559-566,1998年

MISC

  • Coordinate descent heuristics for the irregular strip packing problem of rasterized shapes,Shunji Umetani,Shohei Murakami,arXiv.org,2021年04月,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • An efficient branch-and-cut algorithm for approximately submodular function maximization,Naoya Uematsu,Shunji Umetani,Yoshinobu Kawahara,arXiv.org,2019年04月,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • An efficient branch-and-bound algorithm for submodular function maximization,Naoya Uematsu,Shunji Umetani,Yoshinobu Kawahara,arXiv.org,2018年11月,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • Relaxation heuristics for the set multicover problem with generalized upper bound constraints,Shunji Umetani,Masanao Arakawa,Mutsunori Yagiura,arXiv.org,2017年05月,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • Exploiting variable associations to configure efficient local search algorithms in large-scale binary integer programs,Shunji Umetani,arXiv.org,2016年04月,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

著書

  • しっかり学ぶ数理最適化 : モデルからアルゴリズムまで,梅谷, 俊治,講談社,ISBN:9784065212707,2020年10月
  • 学術書,応用に役立つ50の最適化問題,藤沢克樹,梅谷俊治,朝倉書店,ISBN:9784254117882,2009年08月
  • Local search algorithms for the two-dimensional cutting stock problem with a given number of different patterns,Metaheuristics: Progress as Real Problem Solvers,2005年
  • A local search approach to the pattern restricted one dimensional cutting stock problem,Metaheuristics: Computer Decision-Making, Kluwer Academic Publishers,2004年

特許・実用新案・意匠

  • 文対応付け決定装置、方法、及びプログラム,西野 正彬,鈴木 潤,梅谷俊治,特願2014-044351
  • 情報処理、装置、及びプログラム,西野 正彬,鈴木 潤,平尾 努,梅谷俊治,特願2015-116059

受賞

  • Outstanding Contribution in Reviewing,Shunji Umetani,European Journal of Operational Research,2018年03月
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 第5回 文献賞奨励賞,2010年

講演・口頭発表等

  • 大規模な2値整数計画問題に対する効率的な重み付き局所探索法,梅谷俊治,NTTデータ数理システム主催「数理最適化交流会2021」,2021年10月29日
  • データから「意思決定」を導く!ビジネス価値に直結する最適化とは,梅谷俊治,NEC Visionary Week 2021,2021年09月16日
  • 組合せ最適化による問題解決の実践的なアプローチ,梅谷俊治,人工知能学会 人工知能基本問題研究会,2021年01月29日
  • 組合せ最適化による問題解決の実践的なアプローチ,梅谷俊治,NTTデータ数理システム「数理最適化交流会2020」,2020年10月30日
  • 組合せ最適化による問題解決の実践的なアプローチ,梅谷俊治,第32回RAMP数理最適化シンポジウム(RAMP2020),2020年10月26日
  • 組合せ最適化による問題解決の実践的なアプローチ,梅谷俊治,2019年度第3回ORセミナー「最適化問題と量子コンピュータ・次世代計算機の可能性」,2020年01月29日
  • 組合せ最適化問題に対する実用的なアルゴリズムとその応用,梅谷俊治,IT連携フォーラムOACIS第36回シンポジウム,2019年07月18日
  • 観測データに基づく人の移動履歴の推定,梅谷俊治,計測自動制御学会 第58回システム工学部会研究会「人・モノの流れをとらえる数理的アプローチ」,2018年01月12日
  • 大規模な0-1整数計画問題に対する発見的解法 ― 汎用性と性能を兼ね備えたアルゴリズムの実現を目指して,梅谷俊治,大阪大学 数理・データ科学教育研究センター主催ワークショップ「工学と数学の接点を求めて」,2017年11月29日
  • 大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法 ― 汎用性と性能を兼ね備えたアルゴリズムの実現を目指して,梅谷俊治,日本OR学会関西支部若手研究交流会,2017年10月28日
  • Exploiting variable associations to configure efficient local search algorithms in large-scale binary integer programs,Shunji Umetani,2nd ISM-ZIB-IMI MODAL Workshop on Mathematical Optimization and Data Analysis,2017年09月22日
  • 大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法 ― 汎用性と性能を兼ね備えたアルゴリズムの実現を目指して,梅谷俊治,第61回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’17),2017年05月25日
  • 大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法,梅谷俊治,電子情報通信学会総合大会 企画セッション 「人工知能と最適化の理論と応用」,2017年03月23日
  • 電子ジャーナル購読計画の効率的な作成,梅谷俊治,日本オペレーションズ・リサーチ学会 九州支部 講演会,2016年03月26日
  • 大規模な0-1整数計画問題に対する発見的解法,梅谷俊治,日本オペレーションズ・リサーチ学会 東北支部「東北ORセミナー;若手研究交流会」,2015年11月22日
  • 大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法,梅谷俊治,日本オペレーションズ・リサーチ学会 中部支部シンポジウム「今なら解ける!問題解決のための最適化技術」,2014年09月27日
  • 大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法,梅谷俊治,文部科学省 数学協働プログラム チュートリアル「ビッググラフと最適化」,2014年03月12日
  • 組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで,梅谷俊治,言語処理学会第19回年次大会(NLP2013),2013年03月12日
  • こんなに使える最適化手法,梅谷俊治,第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011),2011年09月07日
  • 混合整数計画モデルの作成法,梅谷俊治,スケジューリング・シンポジウム2010,2010年09月11日

報道

  • 阪大梅谷先生・CDTO太田さんと数理最適化トーク!,白金鉱業.FM,2020年10月25日

学術貢献

  • Program committee of International Symposium on Scheduling 2021 (ISS2021),2021年06月25日 ~ 2021年06月27日
  • Program committee of the 34th AAAI Conference of Artificial Intelligence 2020 (AAAI-20),2020年02月07日 ~ 2020年02月12日
  • Senior program committee of the 11th Asian Conference of Machine Learning 2019 (ACML2019),2019年11月17日 ~ 2019年11月19日
  • International program committee of International Symposium on Scheduling 2019 (ISS2019),2019年07月05日 ~ 2019年07月07日
  • Program committee of 33rd AAAI Conference of Artificial Intelligence 2019 (AAAI-19),2019年01月27日 ~ 2019年02月01日
  • Senior program committee of the 10th Asian Conference of Machine Learning 2018 (ACML2018),2018年11月14日 ~ 2018年11月16日
  • Local organizing committee of International Symposium on Scheduling 2017 (ISS2017),2017年06月23日 ~ 2017年06月25日
  • Program committee of 25th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-16),2016年07月09日 ~ 2016年07月15日
  • International Program committee of International Symposium on Scheduling 2015 (ISS2015),2015年07月04日 ~ 2015年07月06日
  • International Program committee of International Symposium on Scheduling 2011 (ISS2011),2011年07月02日 ~ 2011年07月04日
  • International Program committee of International Symposium on Scheduling 2009 (ISS2009),2009年07月04日 ~ 2009年07月06日
  • Program committee of the 10th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC2007),2007年08月09日 ~ 2007年08月10日
  • Local organizing committee of 4th ESICUP Meeting,2007年03月26日 ~ 2007年03月27日
  • Local organizing committee of International Symposium on Scheduling 2006 (ISS2006),2006年07月18日 ~ 2006年07月20日
  • Program committee of the 9th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC2006),2006年07月03日 ~ 2006年07月05日

社会貢献

  • 問題解決に役立つ組合せ最適化とアルゴリズム,夢ナビ,2021年08月10日 ~ 継続中
  • 自動車船の配船計画支援システムの運用を開始しDXを加速,商船三井,商船三井システムズ,商船三井プレスリリース,2021年05月28日 ~ 継続中
  • AIの基盤技術による自動車運搬船の配船と貨物積み付け計画の策定に成功 ~「数理最適化」を活用して計画の立案や検証を大幅に効率化~,商船三井,商船三井システムズ,商船三井プレスリリース,2019年10月01日 ~ 継続中
  • 自動車船業務DX推進プロジェクト「数理最適化」活用第2弾!~貨物積み付け計画作成の効率化により、お客様満足度の向上と環境負荷の低減を実現~,商船三井,商船三井システムズ,商船三井プレスリリース,2021年09月21日 ~
  • 組合せ最適化による問題解決の実践的アプローチ,数理最適化:Optimization Night #2,2020年01月30日 ~
  • 離散数学:計算困難な問題に対する実践的アプローチ,統計数理研究所,公開講座,2013年11月22日 ~
  • とても役に立つ数学,甲陽学院高等学校,進路講演会,2013年06月21日 ~

委員歴

  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,機関誌編集委員,2021年 ~ 継続中
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,広報委員,2017年 ~ 継続中
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会「数理計画(RAMP)」,運営委員,2012年 ~ 継続中
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部,運営委員,2008年 ~ 継続中
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部,事務局,2017年 ~ 2018年
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究普及委員,2011年 ~ 2016年
  • 学協会,情報処理学会アルゴリズム研究会,運営委員,2008年 ~ 2011年
  • 学協会,Journal of the Operations Research Society of Japan (JORSJ) 編集委員,2008年 ~ 2011年
  • 学協会,情報処理学会アルゴリズム研究会,幹事,2006年 ~ 2007年
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部,研究幹事,2004年 ~ 2005年