EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

佐藤 眞一

Satou Shinichi

人間科学研究科 人間科学専攻,教授

keyword 人格心理学,老年心理学,生涯発達心理学

学歴

  • 1980年04月 ~ 1987年09月,早稲田大学,文学研究科,心理学
  • 1976年04月 ~ 1980年03月,早稲田大学,教育学部,教育学科・教育心理学専修

経歴

  • 2010年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター,兼任教授
  • 2009年10月 ~ 継続中,大阪大学,大学院人間科学研究科,教授
  • 2015年04月 ~ 2019年03月,放送大学,客員教授
  • 2004年04月 ~ 2009年09月,明治学院大学,心理学部,教授
  • 1997年04月 ~ 2004年03月,明治学院大学,文学部,助教授
  • 2002年10月 ~ 2003年09月,Max Planck Institute for Demographic Research,Senior Research Scientist
  • 1987年 ~ 1997年,(財)東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所
  • 1987年 ~ 1997年,(財)東京都老人総合研究所 研究員

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,実験心理学
  • 人文・社会,臨床心理学
  • 人文・社会,社会心理学

所属学会

  • 日本認知症ケア学会
  • 日本応用老年学会
  • 産業・組織心理学会
  • 日本老年行動科学会
  • 日本老年社会科学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本心理学会

論文

  • 日常会話式認知機能評価(CANDy)と社会的認知機能の関係性の検討,新田慈子,佐藤眞一,大庭輝,第22回日本認知症ケア学会大会プログラム・抄録集,2021年06月,論文集(書籍)内論文
  • 高齢者施設で看取る介護職員の悲嘆―死に対する準備性と看取りケア効力感に着目して―,久保田彩,佐藤眞一,老年社会科学,Vol. 43,No. 1,p. 15-25,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 記憶の誤りに関する周囲からの指摘の受け止め方とメタ記憶との関連,西村昭徳,島内晶,佐藤眞一,第3回日本老年臨床心理学会大会,2021年03月
  • 日本版UCLA孤独感尺度(第3版)短縮版の開発―多世代での使用に向けて―,,豊島彩,佐藤眞一,老年臨床心理学研究,Vol. 2,p. 19-26,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 認知症の施設介護のためのストレスマネジメントプログラムの開発と効果検証,大庭輝,藤田雄,佐藤眞一,成本迅,老年臨床心理学研究,Vol. 2,p. 9-18,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Japanese people’s conceptualization of wisdom: Qualitative analysis of interviews with middle-aged and older adults.,Ayaka Kasuga,Shinichi Sato,Masami Takahashi,Osaka Human Sciences,Vol. 7,p. 93-109,2021年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 記憶の誤りに関する周囲からの指摘とメタ記憶との関連-若年群・中年群・高齢群の比較からの検討-,島内晶,西村昭徳,佐藤眞一,日本心理学会第84回大会論文集,2020年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Examination of factors contributing to help‐seeking behavior in accessing psychosocial support services among Japanese cancer patients: An application of the segmentation approach.,Tomoko Matsui,Kei Hirai,Yasuyuki Gondo,Shinichi Sato,Psycho-Oncology,Wiley,2020年08月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Understanding help-seeking behaviour in relation to psychosocial support services among Japanese cancer patients,Tomoko Matsui,Kei Hirai,Yasuyuki Gondo,Shinichi Sato,Japanese Journal of Clinical Oncology,Oxford University Press (OUP),p. 1-8,2020年06月22日,研究論文(学術雑誌)
  • 日常会話式認知機能評価の項目別の比較検討,大庭輝,佐藤眞一,第62回日本老年社会科学会大会,2020年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • コミュニケーション機能評価尺度の作成と妥当性の検討―社会的認知機能との関連性から―,田慈子,佐藤眞一,大庭輝,第21回日本認知症ケア学会大会,2020年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「ふり笑い」を用いた高齢者のポジティヴ情動を活性化させる方法について―作認知症高齢者への応用を目指して―,ふり笑い,を用いた高齢者のポジティヴ情動を活性化させる方法について,作認知症高齢者への応用を目指して,第21回日本認知症ケア学会大会,2020年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者の記憶錯誤:虚記憶およびメタ記憶からの分析と精神的健康の関連,島内 晶,佐藤眞一,体力科学,Vol. 69,No. 1,p. 193-201,2020年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 日本人における「知恵」の概念―中高年世代を対象とした面接調査―,春日彩花,佐藤眞一,Masami Takahashi,老年社会科学,Vol. 41,p. 379-389,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • メタ記憶における記憶の自信と衰えの自覚が感情的well-beingに及ぼす影響-自己認識類型及び年齢群による比較から-,西村昭徳,島内晶,佐藤眞一,第2回日本老年臨床心理学会大会論文集,2019年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症の原因疾患と共同生活―原因疾患別ケアと共同生活の相互を実現可能にするために―,山下明子,米田謙一,中谷真理,大西雅彦,大庭輝,佐藤眞一,2019年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 老年臨床心理学の可能性と課題3―研究と社会的視点から―,佐藤眞一,老年臨床心理学研究,Vol. 1,p. 20-26,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Factors associated with the conversational assessment of people with dementia.,Oba, H,Sato, S,2019年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 明るく活力ある長寿社会の実現に向けて~人生100年時代を語る~,井村裕夫,佐藤眞一,秋山弘子,小出宣昭,祖父江逸郎,大熊由紀子,Aging & Health,Vol. 28,No. 3,p. 26-30,2019年10月
  • がん患者の心理社会的サポートサービスの利用を促進するチラシ開発の試み2,松井智子,平井啓,権藤恭之,佐藤眞一,2019年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Characteristics of stages of help-seeking behavior to psychosocial support services among Japanese cancer patients.,Matsui, T,Hirai, K,Gondo, Y,Sato, S,2019年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Understanding the use of psychosocial support services among cancer patients.,Matsui, T,Hirai, K,Gondo, Y,Sato,2019年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Age-related differences in the International Affective Picture System (IAPS) valence and arousal ratings among Japanese individuals.,Daisuke Ueno,Kouhei Masumoto,Shinichi Sato,Yasuyuki Gondo,Experimental Aging Research,Vol. 45,No. 4,p. 331-345,2019年08月08日,研究論文(学術雑誌)
  • もし家族が認知症になったら,佐藤眞一,PHPからだスマイル,PHP研究所,2019年08月
  • 高齢者を六大事故から守るために,佐藤眞一,第三文明,第三文明社,2019年08月
  • Age-related differences in valence and arousal ratings of International Affective Picture System (IAPS) in Japanese individuals.,Ueno, D,Masumoto, K,Sato, S,Gondo, Y,Experimental Aging Research,Vol. 45,No. 4,p. 331-345,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 認知症高齢者における社会的認知機能測定法に関する研究,新田慈子,佐藤眞一,2019年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症高齢者のポジティブ情動活性化法の開発と効果―作り笑いを導入した笑うラジオ体操―,辻祐美,佐藤眞一,2019年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症ケアで大切なこと―介護場面における「ケア対コントロール」と日常会話,佐藤眞一,学術の動向,公益財団法人日本学術協力財団,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 在宅療養がん患者と家族に対する心理的支援とその意義,中里和弘,舞鶴史絵,鈴木真智子,佐藤眞一,がん患者の栄養管理のポイント―基本知識と症例から学ぶ―,武庫川女子大学出版部,2019年04月
  • 認知症の「自律」支援,大庭輝,佐藤眞一,ほんとうのトコロ、認知症ってなに?,大阪大学出版会,2019年03月
  • 【シンポジウム登壇】福祉住環境コーディネーターのこれからを考える,芳村幸司,吉永美佐子,佐藤眞一,川瀬健介,松尾清美,江草典政,2019年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症者と共に―認知症の人が幸せに暮らすには―,小川敬之,山川みやえ,大庭輝,佐藤眞一,2019年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者におけるメタ記憶とソーシャルサポートとの関連―精神的健康度に及ぼす影響についての検討―,島内晶,佐藤眞一,西村昭徳,2019年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者のこころを理解して社会参加のアプローチを,佐藤眞一,『生き生きとした心豊かな長寿社会の構築をめざして』,公益財団法人長寿科学振興財団,2019年03月
  • 情動記憶検索に保持期間が及ぼす影響―高齢者を対象に顕在記憶指標と潜在記憶指標を用いた検討―,上野大介,増本康平,佐藤眞一,権藤恭之,生老病死の行動科学,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 知恵は発達するか―成人後期における知恵の機能的側面と構造的側面の検討―,春日彩花,佐藤眞一,Masami Takahashi,心理学評論,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 日常会話式認知機能評価(Conversational Assessment of Neurocognitive Dysfunction: CANDy)の開発と認知症のスクリーニング,佐藤眞一,大庭 輝,介護予防・健康づくり,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者心理学へのいざない,佐藤眞一,シリーズ心理学と仕事6 高齢者心理学,北大路書房,2018年12月
  • 【公開シンポジウム話題提供】認知症ケアにおいて大切なこと:老年心理学からのアプローチ,佐藤眞一,2018年12月
  • 【大会企画シンポジウム】高齢者への地域支援―医療・福祉・家族の立場から,大場敏明,野﨑瑞樹,竹内弘道,佐藤眞一,荒木乳根子,2018年11月
  • 認知症に正しく対処するための10のケーススタディ,佐藤眞一,洋泉社MOOK『認知症と笑顔で暮らす本』,洋泉社,2018年11月
  • 斉藤雅茂著『高齢者の社会的孤立と地域福祉:計量的アプローチによる測定・評価・予防策』,佐藤眞一,老年社会科学,2018年10月
  • ホスピス・緩和ケア病棟における患者と家族間の思いの言語化を支える家族支援 遺族調査による家族支援と「患者と家族との良好な関係性」および「ケアの全般的満足度」との関連性の検討,中里 和弘,塩崎 麻里子,平井 啓,森田 達也,多田羅 竜平,市原 香織,佐藤 眞一,清水 恵,恒藤 暁,志真 泰夫,宮下 光令,Palliative Care Research,(NPO)日本緩和医療学会,Vol. 13,No. 3,p. 263-271,2018年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 【公募シンポジウム】日本の定年の過去・現在・未来,佐藤眞一,桐恵子,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【公募シンポジウム】ライフスタイルと高齢期の脳の働き,佐藤眞一,積山 薫,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 主観年齢と幸福感,佐藤眞一,2018年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Increased communication to have a positive influence on QOL of facility users.,Machiba, A,Tokugawa, Y,Oba, H,Sato, S,2018年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Conversational assessment of neurocognitive dysfunction.,Yamamoto, M,Tokugawa, Y,Oba, H,Sato, S,2018年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The effect of stress management program Aamong dementia care worker.,Oba, H,Fujita, Y,Tokugawa, Y,Sato, S,Narumoto, J,2018年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Examination of the effect of preference for solitude on subjective well-being and developmental change.,Toyoshima, A,Sato, S,Journal of Adult Development,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 介護を考える―認知症が進んだ家族と会話できていますか―心理学者に聞く,佐藤眞一,通販生活,カタログハウス,2018年07月
  • 老年心理学研究の新展開,佐藤眞一,ワールドプラニング,2018年07月
  • 【公開シンポジウム】認知症の理解と支援―老年行動学からみた認知症―,佐藤眞一,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 孤立予備軍の心理特性を予測する尺度の検討及び居住形態・婚姻関係との関連―日本語版.Preference for Solitude Scaleの検討―,豊島彩,佐藤眞一,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【基調講演】老年学と死生学をつなぐ,佐藤眞一,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Exploring components of wisdom for Japanese older adults.,Kasuga, A,Sato, S,Takahashi, M,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The age group differences of interdependent happiness and subjective well-being in Japan.,Aya TOYOSHIMA,Shinichi SATO,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 在宅がん患者と家族に対する心理支援とその意義,中里和弘,舞鶴史絵,鈴木真智子,佐藤眞一,在宅がん患者の栄養サポートに精通した在宅医療福祉従事者の全国的育成システムの開発 症例テキスト,厚生労働科学研究費補助金 がん対策推進総合研究事業,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • シンポジウム 10年後の日本暮らしを考える,吉永美佐子,佐藤眞一,川瀬健介,松尾清美,江草典政,芳村幸司,第5回福祉住環境サミットプログラム集,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症を理解する:認知症でも共存できる地域のために,大庭輝,鈴木則夫,桑山信子,佐藤眞一,第5回福祉住環境サミットプログラム集,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • シンポジウム 老年臨床心理学の可能性 ~研究と社会的な視点から~,佐藤眞一,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 加齢に伴い向上・維持する能力を発掘する,吉田 甫,髙山 緑,高橋雅延,竹内 光,土田宣明,佐藤眞一,教育心理学年報,2018年03月
  • The relationship between vision impairment and well-being among centenarians: findings from the Georgia Centenarian Study,Aya Toyoshima,Peter Martin,Shinichi Sato,Leonard W. Poon,International Journal of Geriatric Psychiatry,John Wiley and Sons Ltd,Vol. 33,No. 2,p. 414-422,2018年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Medical Staff’s Support for Family Members Who Verbally Communicate Feelings to Patients in Palliative Care Units: A Survey of Bereaved Family Members,Kazuhiro Nakazato,Mariko Shiozaki,Kei Hirai,Tatsuya Morita,Ryuhei Tatara,Kaori Ichihara,Shinichi Sato,Megumi Shimizu,Satoru Tsuneto,Yasuo Shima,Mitsunori Miyashita,Palliative Care Research,Japanese Society for Palliative Medicine,Vol. 13,No. 3,p. 263-271,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • つらいことを乗り越え 希望を見出していく ハッピー・エイジングな生き方,佐藤眞一,佐藤多門,DUO SCENE STORY 2018 Winter,2018年01月
  • 高齢者の心と行動学①~高齢者の運転編~,佐藤眞一,ステーション,2018年01月
  • 老年行動学で読み解く親の気持ち,佐藤眞一,第三文明,2018年01月
  • Conversational assessment of cognitive dysfunction among residents living in long-term care facilities,Hikaru Oba,Shinichi Sato,Hiroaki Kazui,Yoshiko Nitta,Tatsuya Nashitani,Akio Kamiyama,International Psychogeriatrics,Cambridge University Press,Vol. 30,No. 1,p. 87-94,2018年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Verbal communication of families with cancer patients at end of life: A questionnaire survey with bereaved family members,Kazuhiro Nakazato,Mariko Shiozaki,Kei Hirai,Tatsuya Morita,Ryuhei Tatara,Kaori Ichihara,Shinichi Sato,Megumi Simizu,Satoru Tsuneto,Yasuo Shima,Mitsunori Miyasita,Psycho-Oncology,Wiley,Vol. 27,No. 1,p. 155-162,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 加齢に伴い向上・維持する能力を発掘する,公開シンポジウム指定討論,佐藤眞一,2017年12月
  • 人生後半を豊かな心で生きる:ウェルビーイング,佐藤眞一,美感遊創,2017年12月
  • 後半生のライフイベントと多様な生き方の選択,佐藤眞一,2017年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 老いた親のきもちがわかる本,佐藤眞一,日本老年行動科学会ニュースレター,2017年10月
  • 高齢期の認知機能活性化とライフスタイル:認知症予防介入研究の最前線,公募シンポジウム指定討論,佐藤眞一,2017年09月
  • 熟達化とサクセスフル・エイジング-誰もがプロダクティヴに過ごせる社会への示唆-,公募シンポジウム指定討論,佐藤眞一,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 成年期以降の孤独感の年代差と関連要因の検討,豊島 彩,佐藤眞一,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Age differences of the effect of preference for solitude on the emotional well-being.,Aya Toyoshima,Shinichi Sato,2017年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 在宅における看取りケアの意思反映が家族の適応に及ぼす影響,中里和弘,島田千穂,舞鶴史絵,水雲 京,佐藤眞一,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 日本人の「知恵」の構成要素の検討―高齢世代を対象としたインタビューから―,春日彩花,佐藤眞一,権藤恭之,Masami Takahashi,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 社会関係への志向性と高齢期の主観的ウェルビーイングとの関連―中年期との比較による検証―,豊島 彩,佐藤眞一,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 介護職員の職務における葛藤とその対処は仕事の動機づけにどのように影響するのか?,大庭輝,南川美月,山川みやえ,佐藤眞一,第18回日本認知症ケア学会大会プログラム・抄録集,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 日常会話式認知機能評価(Conversational Assessment of Neurocognitive Dysfunction; CANDy)の開発と信頼性・妥当性の検討,大庭輝,佐藤眞一,数井裕光,新田慈子,梨谷竜也,神山晃男,老年精神医学雑誌,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 心理学的知恵研究の展望と発達的検討 : 「知恵のある」状態の連続性と非連続性,春日 彩花,佐藤 眞一,高橋 正実,Kasuga Ayaka,Sato Shinichi,Takahashi Masami,生老病死の行動科学,大阪大学大学院人間科学研究科臨床死生学研究室,No. 21,p. 15-31,2017年03月
  • がん患者の心理評価・サポートシステム開発・テキスト作成に関する研究,佐藤眞一,厚生労働科学研究費補助金・がん対策推進総合研究事業(がん政策研究推進事業)『在宅がん患者の栄養サポートに精通した在宅医療福祉従事者の全国的育成システムの開発』平成28年度総括・分担研究報告書,p. 17-19,2017年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 日常会話形式による認知症スクリーニング法の開発と医療介護連携,佐藤眞一,2016年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 日常会話形式による認知症スクリーニング法の開発と医療介護連携,佐藤眞一,2016年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 若者における高齢者虐待の認識度と 高齢者への態度との関連―虐待の背景に着目して―,豊島彩,田渕恵,佐藤眞一,老年社会科学,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • ハッピー・エイジングに向けた高齢期の心のあり方,佐藤眞一,FJC,福祉住環境コーディネーター協会,2016年10月
  • 日常会話能力を維持する高齢者の社会的認知機能評価法の検討,新田慈子,佐藤眞一,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 日常会話形式による認知症スクリーニング法の開発:認知症に見られる日常会話の特徴に関する検討,大庭輝,佐藤眞一,数井裕光,新田慈子,梨谷竜也,神山晃男,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【大会シンポジウム】プロダクティブ・エイジング時代における産官学の役割,田中逸郎,芳村幸治,藤田綾子,佐藤眞一,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者心理学の歴史と展開,佐藤眞一,Aging & Health,2016年10月
  • 若者における高齢者虐待の認識度と 高齢者への態度との関連―虐待の背景に着目して―,豊島彩,田渕恵,佐藤眞一,老年社会科学,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • ハッピー・エイジングに向けた高齢期の心のあり方,佐藤眞一,FJC,福祉住環境コーディネーター協会,2016年10月
  • 日常会話能力を維持する高齢者の社会的認知機能評価法の検討,新田慈子,佐藤眞一,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 日常会話形式による認知症スクリーニング法の開発:認知症に見られる日常会話の特徴に関する検討,大庭輝,佐藤眞一,数井裕光,新田慈子,梨谷竜也,神山晃男,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【大会シンポジウム】プロダクティブ・エイジング時代における産官学の役割,田中逸郎,芳村幸治,藤田綾子,佐藤眞一,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者心理学の歴史と展開,佐藤眞一,Aging & Health,2016年10月
  • 自主シンポジウム「何ができるか? 認知症臨床」,大庭 輝,藤田 雄,梨谷竜也,扇澤史子,岡本祐子,佐藤眞一,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 自主シンポジウム「何ができるか? 認知症臨床」,大庭 輝,藤田 雄,梨谷竜也,扇澤史子,岡本祐子,佐藤眞一,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症ケアにおけるアンドロイドの認知・行動学的意義と中高年ボランティアによるコミュニケーションの試み(最終報告),佐藤眞一,2015三菱財団研究・事業報告書,2016年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Effects of staff training on confidence levels: A comparison between seminar training and case conference training.,Oba, H,Sato, S,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Age differences in the relationship between Internet use and personality.,Toyoshima, A,Sato, S,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Age effects in the relation between the decline of awareness of a memory and the degree of confidence in the memory,Aki Shimanouchi,Shinichi Sato,Akinori Nishimura,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 56-56,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Own recognition of confidence in a memory and decline of awareness of the memory: In relation to well-being,Akinori Nishimura,Aki Shimanouchi,Shinichi Sato,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 54-54,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Can We Talk through a Robot As if Face-to-Face? Long-Term Fieldwork Using Teleoperated Robot for Seniors with Alzheimer's Disease,Kaiko Kuwamura,Shuichi Nishio,Shinichi Sato,FRONTIERS IN PSYCHOLOGY,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 7,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 認知症ケアにおけるアンドロイドの認知・行動学的意義と中高年ボランティアによるコミュニケーションの試み(最終報告),佐藤眞一,2015三菱財団研究・事業報告書,2016年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Effects of staff training on confidence levels: A comparison between seminar training and case conference training.,Oba, H,Sato, S,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Age Differences in The Relationship Between Internet Use and Personality,Aya Toyoshima,Sato Shinichi,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 57-57,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Age effects in the relation between the decline of awareness of a memory and the degree of confidence in the memory,Aki Shimanouchi,Shinichi Sato,Akinori Nishimura,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 56-56,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Own recognition of confidence in a memory and decline of awareness of the memory: In relation to well-being,Akinori Nishimura,Aki Shimanouchi,Shinichi Sato,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 54-54,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Can We Talk through a Robot As if Face-to-Face? Long-Term Fieldwork Using Teleoperated Robot for Seniors with Alzheimer's Disease,Kaiko Kuwamura,Shuichi Nishio,Shinichi Sato,FRONTIERS IN PSYCHOLOGY,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 7,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 施設入居に伴う社会関係の変化への対処方略―高齢視覚障がい者を対象として―,豊島彩,佐藤眞一,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症高齢者を対象としたロボットによる対話支援,桑村海光,西尾修一,佐藤眞一,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ソーシャル・キャピタル―可視化される「絆」―,佐藤眞一,福祉介護テクノプラス,2016年06月
  • 施設入居に伴う社会関係の変化への対処方略―高齢視覚障がい者を対象として―,豊島彩,佐藤眞一,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症高齢者を対象としたロボットによる対話支援,桑村海光,西尾修一,佐藤眞一,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ソーシャル・キャピタル―可視化される「絆」―,佐藤眞一,福祉介護テクノプラス,2016年06月
  • 記憶の衰え尺度を用いた年齢差の検討,島内晶,佐藤眞一,西村昭徳,2016年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 記憶の衰え尺度を用いた年齢差の検討,島内晶,佐藤眞一,西村昭徳,2016年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 精神的健康と職場環境が介護職員の有能感に及ぼす影響,大庭輝,豊田麻美,佐藤眞一,生老病死の行動科学,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 後半生を豊に生きる「心」の保ち方~大衆長寿社会と社会参加~,佐藤眞一,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【シンポジウム】個人を守る住環境から、コミュニティと共存できる住環境へ,金沢善智,松尾清美,吉永美佐子,運上昌洋,佐藤眞一,江草典政,鴇田一夫,川瀬健介,岡本多喜子,2016年03月
  • 【パネルディスカッション】災害時の住環境について,狩野 徹,田口さつき,日下菜穂子,佐藤眞一,2016年03月
  • 精神的健康と職場環境が介護職員の有能感に及ぼす影響,大庭輝,豊田麻美,佐藤眞一,生老病死の行動科学,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Correlation between valance and arousal ratings of emotional pictures in Japanese elderly adults.,Ueno, D,Masumoto, K,Sato, S,Gondo, Y,2016年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 後半生を豊に生きる「心」の保ち方~大衆長寿社会と社会参加~,佐藤眞一,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【シンポジウム】個人を守る住環境から、コミュニティと共存できる住環境へ,金沢善智,松尾清美,吉永美佐子,運上昌洋,佐藤眞一,江草典政,鴇田一夫,川瀬健介,岡本多喜子,2016年03月
  • 【パネルディスカッション】災害時の住環境について,狩野 徹,田口さつき,日下菜穂子,佐藤眞一,2016年03月
  • 高齢者施設介護職員の看取りケア効力感の測定とその関連要因,久保田 彩,佐藤 眞一,心理学研究,Vol. 87,No. 5,p. 485-494,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者施設介護職員の看取りケア効力感の測定とその関連要因,久保田 彩,佐藤 眞一,心理学研究,Vol. 87,No. 5,p. 485-494,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • 介護職員の認知症に関する知識の普及度とその関連要因,大庭輝,数井裕光,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,Vol. 20,No. 2,p. 135-155,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 介護職員の認知症に関する知識の普及度とその関連要因,大庭輝,数井裕光,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,Vol. 20,No. 2,p. 135-155,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • PERCEIVED EFFICACY IN END-OF-LIFE CARE PROVISION AMONG JAPANESE LONG-TERM CARE STAFF,S. Kubota,S. Sato,GERONTOLOGIST,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 55,p. 837-837,2015年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • THE INFLUENCE OF PERSONALITY ON RETIREMENT EVALUATION, SOCIAL RESOURCES, AND LONELINESS IN LATER LIFE,A. Toyoshima,K. Lee,P. Martin,S. Sato,L. Poon,GERONTOLOGIST,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 55,p. 131-131,2015年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • THE INFLUENCE OF VISION FUNCTION AND SOCIAL SUPPORT ON WELL-BEING AMONG OLDEST-OLD ADULTS: FINDINGS FROM THE GEORGIA CENTENARIAN STUDY,A. Toyoshima,P. Martin,S. Sato,L. Poon,GERONTOLOGIST,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 55,p. 370-370,2015年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 研修参加による介護職員の有能感の変化,大庭輝,佐藤眞一,2015年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • PERCEIVED EFFICACY IN END-OF-LIFE CARE PROVISION AMONG JAPANESE LONG-TERM CARE STAFF,S. Kubota,S. Sato,GERONTOLOGIST,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 55,p. 837-837,2015年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • THE INFLUENCE OF PERSONALITY ON RETIREMENT EVALUATION, SOCIAL RESOURCES, AND LONELINESS IN LATER LIFE,A. Toyoshima,K. Lee,P. Martin,S. Sato,L. Poon,GERONTOLOGIST,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 55,p. 131-131,2015年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • THE INFLUENCE OF VISION FUNCTION AND SOCIAL SUPPORT ON WELL-BEING AMONG OLDEST-OLD ADULTS: FINDINGS FROM THE GEORGIA CENTENARIAN STUDY,A. Toyoshima,P. Martin,S. Sato,L. Poon,GERONTOLOGIST,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 55,p. 370-370,2015年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 研修参加による介護職員の有能感の変化,大庭輝,佐藤眞一,2015年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Association between competence and emotional strain in care workers.,Oba, H,Sato, S,2015年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effect of Continuing Bonds with the Deceased on Bereaved Families’ Adaptation.,Nakazato, S,Kawamura, R,Sato, S,2015年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Association between competence and emotional strain in care workers.,Oba, H,Sato, S,2015年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effect of Continuing Bonds with the Deceased on Bereaved Families’ Adaptation.,Nakazato, S,Kawamura, R,Sato, S,2015年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 情動を喚起する画像(IAPS)の評価に関する年齢差―情動価ごとの覚醒度に関する年齢差の検討―,上野大介,増本康平,佐藤眞一,権藤恭之,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 記憶の衰え自覚尺度についての検討―メタ記憶における記憶の自信度尺度(MSSC)との関連性について―,島内 晶,佐藤眞一,西村昭徳,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 介護職員の有能感に影響を与える要因,大庭輝,豊田麻実,佐藤眞一,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超高齢社会におけるアクション・リサーチの可能性,片桐恵子,増本康平,菊池吉信,田渕恵,高橋知也,佐藤眞一,2015年09月
  • 学習支援研究がひらく豊かな生涯(2),山本博樹,吉田甫,田中真理,山中克夫,松川順子,佐藤眞一,2015年09月
  • 高齢者研究:生涯発達心理学への回帰,豊島彩,佐藤眞一,野内類,川島大輔,高野裕治,安藤孝敏,2015年09月
  • 情動を喚起する画像(IAPS)の評価に関する年齢差―情動価ごとの覚醒度に関する年齢差の検討―,上野大介,増本康平,佐藤眞一,権藤恭之,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 記憶の衰え自覚尺度についての検討―メタ記憶における記憶の自信度尺度(MSSC)との関連性について―,島内 晶,佐藤眞一,西村昭徳,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 介護職員の有能感に影響を与える要因,大庭輝,豊田麻実,佐藤眞一,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超高齢社会におけるアクション・リサーチの可能性,片桐恵子,増本康平,菊池吉信,田渕恵,高橋知也,佐藤眞一,2015年09月
  • 学習支援研究がひらく豊かな生涯(2),山本博樹,吉田甫,田中真理,山中克夫,松川順子,佐藤眞一,2015年09月
  • 高齢者研究:生涯発達心理学への回帰,豊島彩,佐藤眞一,野内類,川島大輔,高野裕治,安藤孝敏,2015年09月
  • 認知症ケアにおけるアンドロイドの認知・行動学的意義と中高年ボランティアによるコミュニケーションの試み(中間報告),佐藤眞一,2014 三菱財団研究・事業報告書,(公財)三菱財団,2015年07月
  • 認知症ケアにおけるアンドロイドの認知・行動学的意義と中高年ボランティアによるコミュニケーションの試み(中間報告),佐藤眞一,2014 三菱財団研究・事業報告書,(公財)三菱財団,2015年07月
  • 認知症ケアにおけるアンドロイドの認知・行動学的意義と中高年ボランティアによるコミュニケーションの試み(中間報告),佐藤眞一,2014 三菱財団研究・事業報告書,(公財)三菱財団,2015年07月
  • Examination of the relationship between preference for solitude and emotional well-being after controlling for the effect of loneliness,Aya Toyoshima,Shinichi Sato,Shinrigaku Kenkyu,Japanese Psychological Association,Vol. 86,No. 2,p. 142-149,2015年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • The impact of visual function on subjective well-being among centenarian.,Toyoshima, A,Martin, P,Sato, S,Poon, L,2015年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 孤独感統制下における独自志向性と感情的ウェルビーイングの関連性の検討,豊島彩,佐藤眞一,心理学研究,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 孤独感統制下における独自志向性と感情的ウェルビーイングの関連性の検討,豊島彩,佐藤眞一,心理学研究,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 訪問看護事業所における遺族支援の現状と認識~支援の実施状況,意義と有用性に関連する要素について~,中里和弘,島田千穂,舞鶴史絵,野田京,石崎達郎,佐藤眞一,高橋龍太郎,老年社会科学,Vol. 37,No. 2,2015年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The impact of visual function on subjective well-being among centenarian.,Toyoshima, A,Martin, P,Sato, S,Poon, L,2015年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 孤独感統制下における独自志向性と感情的ウェルビーイングの関連性の検討,豊島彩,佐藤眞一,心理学研究,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 訪問看護事業所における遺族支援の現状と認識~支援の実施状況,意義と有用性に関連する要素について~,中里和弘,島田千穂,舞鶴史絵,野田京,石崎達郎,佐藤眞一,高橋龍太郎,老年社会科学,Vol. 37,No. 2,2015年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • がん患者の心理評価・サポートシステム開発・テキスト作成に関する研究,佐藤眞一,在宅がん患者の栄養サポートに精通した在宅医療福祉従事者の全国的育成システムの開発,p. 13-14,2015年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 高齢視覚障がい者の施設生活への適応課程の検討,豊島彩,佐藤眞一,辻本耐,2015年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【ラウンドテーブル】自己調節方略のライフコース(2),岡林秀樹,竹村明子,佐藤眞一,2015年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • がん患者の心理評価・サポートシステム開発・テキスト作成に関する研究,佐藤眞一,在宅がん患者の栄養サポートに精通した在宅医療福祉従事者の全国的育成システムの開発,p. 13-14,2015年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 高齢視覚障がい者の施設生活への適応課程の検討,豊島彩,佐藤眞一,辻本耐,2015年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 自己調節方略のライフコース(2),岡林秀樹,竹村明子,佐藤眞一,2015年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Does Social Support from Older Parents Toward Their Children BoostParental Identities ?: A Longitudinal Investigation.,Toyoshima, A,Nakahara, J,Sato, S,2015年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 顕在記憶指標と潜在記憶指標を用いたポジティヴ優位性に関する研究,上野大介,権藤恭之,佐藤眞一,増本康平,認知心理学研究,Vol. 12,p. 13-22,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • 老年心理学の最前線,佐藤眞一,老年精神医学雑誌,2015年01月
  • 『老いのこころ―加齢と成熟の発達心理学』を上梓して,佐藤眞一,書斎の窓,有斐閣,2014年11月
  • The Effects of Social Support from Older Adults Toward Their Children or Partners on Role Identities: A Longitudinal Investigation.,Toyoshima, A,Sato, S,Nakahara, J,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • How to Improve Staff’s End-of-Life Care Efficacy in Elderly Care Facilities in Japan.,Kubota, S,Sato, S,Vol. 54,p. 69-69,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Measuring Staff’s End-of-Life Care Efficacy in Elderly Care Facilities in Japan.,Kubota, S,Sato, S,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 『老いのこころ―加齢と成熟の発達心理学』を上梓して,佐藤眞一,書斎の窓,有斐閣,2014年11月
  • The Effects of Social Support from Older Adults Toward Their Children or Partners on Role Identities: A Longitudinal Investigation.,Toyoshima, A,Sato, S,Nakahara, J,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • How to Improve Staff’s End-of-Life Care Efficacy in Elderly Care Facilities in Japan.,Kubota, S,Sato, S,Vol. 54,p. 69-69,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Measuring Staff’s End-of-Life Care Efficacy in Elderly Care Facilities in Japan.,Kubota, S,Sato, S,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 高齢者のこころを理解して社会参加のアプローチを,佐藤眞一,祖父江逸郎,Aging & Health,長寿科学振興財団,Vol. 23,No. 3,p. 6-11,2014年10月
  • 高齢者のこころを理解して社会参加のアプローチを,佐藤眞一,祖父江逸郎,Aging & Health,長寿科学振興財団,Vol. 23,No. 3,p. 6-11,2014年10月
  • 介護施設職員の認知症に関する知識の普及度,大庭輝,数井裕光,佐藤眞一,2014年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 介護施設職員の認知症に関する知識の普及度,大庭輝,数井裕光,佐藤眞一,2014年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症の利用者に対する介護職員の感情的負担感に及ぼす有能感の影響,大庭輝,高宏,佐藤眞一,認知症ケア学会誌,Vol. 13,p. 482-489,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 認知症の利用者に対する介護職員の感情的負担感に及ぼす有能感の影響,大庭輝,高宏,佐藤眞一,認知症ケア学会誌,Vol. 13,p. 482-489,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 介護職員が抱く認知症ケアの目標―職位,雇用形態別による比較―,大庭輝,高宏,豊島彩,佐藤眞一,日本認知症ケア学会誌,Vol. 13,No. 1,2014年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 介護職員が抱く認知症ケアの目標―職位,雇用形態別による比較―,大庭輝,高宏,豊島彩,佐藤眞一,日本認知症ケア学会誌,Vol. 13,No. 1,2014年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢視覚障害者の孤独とその適応過程―理論モデルの構築と心理的支援の提案―,豊島 彩,佐藤眞一,ユニベール財団2013年度研究助成報告書,2014年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 高齢者介護に関する調査報告書,佐藤眞一,豊田麻美,大庭 輝,久保田 彩,2014年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 高齢者のソーシャルサポートの提供に対する評価の質的検討,豊島彩,佐藤眞一,生老病死の行動科学,Vol. 17/18,p. 65-78,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢視覚障害者の孤独とその適応過程―理論モデルの構築と心理的支援の提案―,豊島 彩,佐藤眞一,ユニベール財団2013年度研究助成報告書,2014年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 高齢者介護に関する調査報告書,佐藤眞一,豊田麻美,大庭 輝,久保田 彩,2014年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 高齢者のソーシャルサポートの提供に対する評価の質的検討,豊島彩,佐藤眞一,生老病死の行動科学,Vol. 17/18,p. 65-78,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 顕在記憶指標・潜在記憶指標を用いたポジティヴ優位性に関する研究,上野大介,権藤恭之,佐藤眞一,増本康平,認知心理学研究,Vol. 11,p. 71-80,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 顕在記憶指標・潜在記憶指標を用いたポジティヴ優位性に関する研究,上野大介,権藤恭之,佐藤眞一,増本康平,認知心理学研究,Vol. 11,p. 71-80,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢期における食生活スタイルとソーシャルサポートの関連,大庭輝,野内類,高野裕治,高野春香,島内晶,豊島彩,佐藤眞一,老年社会科学,Vol. 35,p. 429-437,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢期における食生活スタイルとソーシャルサポートの関連,大庭輝,野内類,高野裕治,高野春香,島内晶,豊島彩,佐藤眞一,老年社会科学,Vol. 35,p. 429-437,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 過組織症候群にならないために,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保障,(社)全国社会保険協会連合会,2012年04月
  • アイデンティティの危機と怒り,佐藤眞一,おはよう21,中央法規出版,2012年04月
  • 過組織症候群にならないために,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保障,(社)全国社会保険協会連合会,2012年04月
  • アイデンティティの危機と怒り,佐藤眞一,おはよう21,中央法規出版,2012年04月
  • 若者の高齢者虐待への認識―高齢者への態度および社会規範との関連性―,安藤穂澄,佐藤眞一,田渕恵,Narina Nunez,津島健一郎,豊島 彩,日本発達心理学会第23回大会発表論文集,2012年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 過組織症候群とは何か(2),本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2012年03月
  • 若者の高齢者虐待への認識―高齢者への態度および社会規範との関連性―,安藤穂澄,佐藤眞一,田渕恵,Narina Nunez,津島健一郎,豊島 彩,日本発達心理学会第23回大会発表論文集,2012年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 過組織症候群とは何か(2),本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2012年03月
  • 過組織症候群とは何か(1),本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2012年02月
  • 過組織症候群とは何か(1),本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2012年02月
  • 非日常の歓喜,佐藤眞一,おはよう21,中央法規出版,2012年01月
  • 集団の意志決定,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2012年01月
  • 非日常の歓喜,佐藤眞一,おはよう21,中央法規出版,2012年01月
  • 集団の意志決定,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2012年01月
  • 金銭や家族に対する心配から,不穏不眠に陥ってしまう利用者へのアプローチ―『パーソナルケア』に基づく事例の検討:ケアプランの策定,実践,評価―,佐藤眞一,小澤直人,島内晶,高齢者のケアと行動科学,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • レビー小体型認知症高齢者の介護抵抗への対応に関する実証的研究,大川一郎,田中真理,佃志津子,大島由之,Lin Shuzhen,成本迅,本田憲康,河田圭司,田邊真弓,新見令子,鈴木信恵,宮裕昭,山本哲也,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 行動科学と高齢者ケア―行動科学の意義と役割―,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢社会における新たなコミュニティモデルの構想,佐藤眞一,2011年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 組織的公正,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2011年12月
  • 金銭や家族に対する心配から,不穏不眠に陥ってしまう利用者へのアプローチ―『パーソナルケア』に基づく事例の検討:ケアプランの策定,実践,評価―,佐藤眞一,小澤直人,島内晶,高齢者のケアと行動科学,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • レビー小体型認知症高齢者の介護抵抗への対応に関する実証的研究,大川一郎,田中真理,佃志津子,大島由之,Lin Shuzhen,成本迅,本田憲康,河田圭司,田邊真弓,新見令子,鈴木信恵,宮裕昭,山本哲也,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 行動科学と高齢者ケア―行動科学の意義と役割―,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢社会における新たなコミュニティモデルの構想,佐藤眞一,2011年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 組織的公正,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2011年12月
  • 寒冷地域在住高齢者における冬期間の外出頻度と健康関連指標との関連性,井平 光,古名丈人,佐藤眞一,村瀬裕志,大国美佳,安田圭佑,水本 淳,石合純夫,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 米国The Well-Being Picture Scaleの我が国における使用可能性の検討―日本人学生による信頼性・妥当性の検証―,中野雅子,江頭典江,中川 威,石岡良子,権藤恭之,佐藤眞一,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者虐待に対する認識の差の検討―福祉系学科の学生と他学科の学生における比較―,安藤穂澄,佐藤眞一,田渕 恵,豊島 彩,津島健一郎,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大学生における高齢者に対する規範意識の性差について―孝行行動尺度と主体の違いによる比較―,豊島 彩,佐藤眞一,安藤穂澄,田渕 恵,津島健一郎,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • これからのリーダーシップ,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保障,(社)全国社会保険協会連合会,2011年11月
  • 寒冷地域在住高齢者における冬期間の外出頻度と健康関連指標との関連性,井平 光,古名丈人,佐藤眞一,村瀬裕志,大国美佳,安田圭佑,水本 淳,石合純夫,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 米国The Well-Being Picture Scaleの我が国における使用可能性の検討―日本人学生による信頼性・妥当性の検証―,中野雅子,江頭典江,中川 威,石岡良子,権藤恭之,佐藤眞一,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者虐待に対する認識の差の検討―福祉系学科の学生と他学科の学生における比較―,安藤穂澄,佐藤眞一,田渕 恵,豊島 彩,津島健一郎,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大学生における高齢者に対する規範意識の性差について―孝行行動尺度と主体の違いによる比較―,豊島 彩,佐藤眞一,安藤穂澄,田渕 恵,津島健一郎,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • これからのリーダーシップ,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保障,(社)全国社会保険協会連合会,2011年11月
  • メタ記憶における自信度と記憶成績との関連―高齢者と若年者を対象とした虚再認成績の比較―,島内 晶,佐藤眞一,2011年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • リーダーシップ,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,社団法人全国社会保険協会連合会,2011年10月
  • メタ記憶における自信度と記憶成績との関連―高齢者と若年者を対象とした虚再認成績の比較―,島内 晶,佐藤眞一,2011年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • リーダーシップ,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,社団法人全国社会保険協会連合会,2011年10月
  • Subjective age and aging: An aspect of psychological gerontology.,Shinichi Sato,2011年09月
  • 遺族の「意味の再構成」と「心理的適応」との関連性について,中里和弘,川村 諒,平井 啓,権藤恭之,佐藤眞一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 軽度認知症患者への回想音楽療法の試み(3)―認知症患者はリズム学習が可能か?―,安田晶子,森本美奈子,中原純,三雲真理子,山本泰司,佐藤眞一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 軽度認知症患者への回想音楽療法の試み(2)―音楽療法中の身体動作の大きさと気分の関係―,中原純,森本美奈子,安田晶子,三雲真理子,山本泰司,佐藤眞一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知加齢研究の最前線―メタ記憶からのアプローチ―(ワークショップ),佐藤眞一,増本康平,権藤恭之,金城 光,島内 晶,清水寛之,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超高齢社会への心理学の貢献―高齢者研究における縦断研究―(シンポジウム),内藤佳津雄,佐藤眞一,小林江里香,権藤恭之,加藤伸司,長嶋紀一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 組織の文化,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,社団法人全国社会保険協会連合会,2011年09月
  • Subjective age and aging: An aspect of psychological gerontology.,Shinichi Sato,2011年09月
  • 遺族の「意味の再構成」と「心理的適応」との関連性について,中里和弘,川村 諒,平井 啓,権藤恭之,佐藤眞一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 軽度認知症患者への回想音楽療法の試み(3)―認知症患者はリズム学習が可能か?―,安田晶子,森本美奈子,中原純,三雲真理子,山本泰司,佐藤眞一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 軽度認知症患者への回想音楽療法の試み(2)―音楽療法中の身体動作の大きさと気分の関係―,中原純,森本美奈子,安田晶子,三雲真理子,山本泰司,佐藤眞一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知加齢研究の最前線―メタ記憶からのアプローチ―(ワークショップ),佐藤眞一,増本康平,権藤恭之,金城 光,島内 晶,清水寛之,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超高齢社会への心理学の貢献―高齢者研究における縦断研究―(シンポジウム),内藤佳津雄,佐藤眞一,小林江里香,権藤恭之,加藤伸司,長嶋紀一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 組織の文化,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,社団法人全国社会保険協会連合会,2011年09月
  • The Aging Paradox and Care for the Elderly.,Shinichi Sato,2011年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • コミットメントの力,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,2011年08月
  • The Aging Paradox and Care for the Elderly.,Shinichi Sato,2011年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • コミットメントの力,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,2011年08月
  • Aging Paradoxと老年行動学,佐藤眞一,Dia News,2011年07月
  • The therapeutic nursing interview for the purpose of early diagnosis of Alzheimer’s disease in outpatient department.,Nakano, M,Sato, S,Shiino, A,Watanabe, T,Shirakasi, Y,Shimanouchi, A,2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Aging Paradoxと老年行動学,佐藤眞一,Dia News,2011年07月
  • The therapeutic nursing interview for the purpose of early diagnosis of Alzheimer’s disease in outpatient department.,Nakano, M,Sato, S,Shiino, A,Watanabe, T,Shirakasi, Y,Shimanouchi, A,2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 組織の一員になっていく,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保障,社団法人全国社会保険協会連合会,2011年07月
  • Psychological experience rerated to memory of an elderly woman with mild cognitive impairment.,Nakano, M,Ota, S,Sato, S,Shimanouchi, A,2011年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • われわれというアイデンティティ,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2011年06月
  • 認知症高齢者と介護する家族を支える―超高齢社会のいまこそ,求められることとは―,佐藤眞一,いまここTokyo(社団法人日本産業カウンセラー協会東京支部機関誌),2011年05月
  • 高齢者福祉施設における色彩会介入の効果2:心理学的観点からの検討,島内晶,佐藤眞一,網村眞弓,ヨシタミチコ,日本色彩学会誌,Supplement,2011年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者福祉施設における色彩会介入の効果1:色彩の観点からの検討,網村眞弓,ヨシタミチコ,島内晶,佐藤眞一,日本色彩学会誌,Supplement,2011年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 組織に生きる,本多-ハワード素子,佐藤眞一,月刊社会保険,(社)全国社会保険協会連合会,2011年05月
  • The role of individualism/collectivism on implicit attitudes toward the elderly: A comparison of Japanesse and American college students.,Moriwaki, M,Walker, S,Duggins, K.B,Nunez, N.L,Sato, S,82nd Annual Conference of the Rocky Mountain Psychological Association,2011年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【自著を語る】老いとこころのケア―老年行動科学入門―,佐藤眞一,心理学ワールド,2011年04月
  • 色彩の心理効果をモデル施設で検証する事業,一般社団法人日本色彩環境福祉協会,2011年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 物忘れ外来を受診する高齢者とその家族について考えていること,佐藤眞一,生老病死の行動科学,2011年03月
  • ADL障害の評価とリハビリテーション,佐藤眞一,島内晶,老年精神医学雑誌,2011年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者に対する潜在的態度の文化間比較―日米の大学生の比較―,安藤穂澄,佐藤眞一,田渕恵,Narina Nunez,2011年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者と若年者の情動語における虚偽記憶の検討―年齢・挿入課題・再認時期との関連について―,島内 晶,佐藤眞一,2011年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者の自動車運転の背景としての心理特性,佐藤眞一,島内 晶,国際交通安全学会誌,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者ケアにおける心理学者の役割:ーコーディネータとしての役割を中心にー,大川 一郎,佐藤 眞一,宮 裕昭,日下 菜穂子,成本 迅,本田 憲康,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 75,No. 0,p. WS084-WS084,2011年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者ケアにおける心理学者の役割:ーコーディネータとしての役割を中心にー,大川 一郎,佐藤 眞一,宮 裕昭,日下 菜穂子,成本 迅,本田 憲康,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 75,No. 0,p. WS084-WS084,2011年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 百寿者介護へのソーシャル・サポート―三者モデルによる考察―,島内 晶,佐藤眞一,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,広瀬信義,高齢者のケアと行動科学,日本老年行動科学会,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 老年行動科学と高齢者ケアの実践,佐藤眞一,コミュニティケア,日本看護協会出版会,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 運転を止めない高齢者の心理特性とその解決法,佐藤眞一,自動車学校,(社)全日本指定自動車教習所協会連合会,2010年10月
  • 高齢者における記憶の失敗とメタ記憶の関連性―記憶の自信度(メタ記憶)が虚偽記憶に及ぼす影響―,島内 晶,佐藤眞一,日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者ケアに対する心理学からのアプローチ(ワークショップ),佐藤眞一,日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 食の生涯発達と心理学(ワークショップ),佐藤眞一,日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超高齢社会に心理学はいかに貢献できるか(シンポジウム),佐藤眞一,日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • メタ記憶の個人差および年齢差と記憶成績の関連―高齢者と若年者を対象とした再認成績の比較―,島内 晶,佐藤眞一,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 【基調講演】行動科学と高齢者ケア―老年行動科学の意義と役割―,佐藤眞一,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 応用老年行動学の意義と目的,佐藤眞一,応用老年学,Vol. 4,No. 1,p. 4-12,2010年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者のメタ記憶の特性―記憶の自信度と自己有能感の関係について―,島内 晶,佐藤眞一,2010年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Aging Paradox: 加齢に伴う喪失に適応する高齢者―認知,感情側面の補償プロセスに注目して―(指定討論),佐藤眞一,2010年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ACS改革経過報告:新方式フォーマット完成に向けて,佐藤眞一,2010年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 生涯発達心理学におけるイベントヒストリー分析の可能性,佐藤眞一,2009年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢ドライバーについて考える,佐藤眞一,第8回電脳交通安全セミナー総括資料集,2009年11月
  • 高齢者の虚偽記憶の特徴とその低減のための諸条件に関する展望,島内 晶,佐藤眞一,心理学評論,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 大学生の食生活スタイル―精神的健康及び食行動異常との関連―,高野裕治,野内類,高野春香,小嶋明子,佐藤眞一,心理学研究,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • ポジティブ・エイジング,佐藤眞一,地域リハビリテーション,2009年09月
  • メタ記憶の自信度尺度についての検討―年齢差および高齢者の社会参加状況別の分析―,島内 晶,佐藤眞一,2009年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • お金や家族に対する心配,不安から不穏,不眠状態に陥ってしまう特別養護老人ホーム利用者へのアプローチ―『パーソナルケア』に基づく事例の検討:ケアプランの策定,実践,評価―,小澤直人,佐藤眞一,2009年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 食生活スタイルの生涯発達心理学,研究代表者,佐藤眞一,明治学院大学心理学部付属研究所,2009年09月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 認知のエイジングとその対策,佐藤眞一,地域リハビリテーション,三輪書店,2009年08月
  • DRM課題を用いた虚偽記憶における高齢者の特徴―直後再認が遅延再認に与える影響に注目して―,島内 晶,佐藤眞一,伊集院睦雄,近藤公久,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大学生とその両親世代の食事スタイルと抑うつ傾向の関係,大庭輝,野内類,高野裕治,高野春香,小嶋明子,佐藤眞一,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 食生活スタイル尺度とクオリティ・オブ・ライフ―青年期と中年期における世代間比較―,高野春香,野内類,大庭輝,高野裕治,小嶋明子,佐藤眞一,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知加齢(Cognitive Aging)に対する有効な介入方略の検討―生理的介入か,認知的介入か―,佐藤眞一,権藤恭之,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 生涯発達とエイジング,佐藤眞一,地域リハビリテーション,三輪書店,2009年07月
  • Age effect on memory self-confidence.,Shimanouchi, A,Sato, S,2009年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Long-term care insurance in Germany implies patterns of linkages among benefits and socio-economic indicators.,Sato, E,Sato, S,2009年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 老年社会科学の将来像─若手研究者の視点から─(指定討論),佐藤眞一,2009年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 新しい事例検討の方法:事例に基づいて―お金や家族に対する心配,不安から不穏,不眠状態に陥ってしまう特別養護老人ホーム利用者へのアプローチについて―,佐藤眞一,小澤直人,2009年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者施設入居者における食事の役割─九州地方の高齢者施設を例として─,大庭輝,野内類,高野裕治,高野春香,小嶋明子,佐藤眞一,明治学院大学心理学部付属研究所年報,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 心理支援論:心理学教育の新スタンダード,明治学院大学心理,2009年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 心理支援論(総合)活動報告集,明治学院大学心理,2009年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • WHO高齢者にやさしい街東京調査─バンクーバー・プロトコルによる第一次調査─,岡本多喜子,佐藤眞一,大川一郎,新井樹夫,森マサ子,高橋佳代,柴崎裕美,福岡綾子,高齢者のケアと行動科学,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Dietary life of Japanese college students: Relationships among dietary habits, mental health, and eating disorders.,Takano, Y,Takano,H. Nouchi,R. Kojima, A,Sato, S,2008年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tip-of-the-tongue states and aging: Does vocabulary have any effect?,Ijuin, M,Kondo, T,Shimanouchi, A,Sato, S,2008年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大学生の居住形態と食事行動の関係,野内類,高野裕治,高野春香,小嶋明子,佐藤眞一,明治学院大学心理学部付属研究所年報,Vol. 1,No. 50,p. 79-87,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢者研究の現在,佐藤 眞一,権藤 恭之,長田 久雄,髙山 緑,増井 幸恵,日下 菜穂子,山本 浩市,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 72,No. 0,p. WS040-WS040,2008年
  • WHO-Age Friendly Cities Project Final Community Assessment Report: Tokyo Study in Japan.,Project Leader,Okamoto, T,2007年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 第4回サラリーマンの生きがいに関する調査:サラリーマンシニアを中心として,座長,西村純一,財団法人年金シニアプラン開発機構,2007年06月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 大学生の食事スタイルと食事スクリプトの関係,野内類,高野裕治,高野春香,小嶋明子,佐藤眞一,2007年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 団塊世代の退職と生きがい,日本労働研究雑誌,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 学習療法を科学する-高齢者に対する心理的アプローチ,吉田甫,大川一郎,土田宣明,立命館大学人間科学研究所,2006年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 現代大学生の食行動に関する研究─自伝的記憶と1週間の食行動からの検討─,野内類,高野裕治,高野春香,小嶋明子,佐藤眞一,明治学院大学心理学部付属研究所紀要,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 老年期の家族と介護,佐藤眞一,老年精神医学雑誌,2005年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Introduction of Japanese Society of Behavioral Sciences for the Elderly,Sato, S,2005年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 百寿者をめぐるソーシャル・サポートの三者モデル,島内晶,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,Vol. 10,No. 2,p. 48-52,2005年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Long-term care insurance in Germany.,Sato, E,Sato, S,Vol. 1,No. 1,p. 133-151,2005年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 超高齢者研究の心理学的視点,佐藤眞一,第9回静岡 健康・長寿学術フォーラム記録集,2005年03月
  • パーソナルケア(施設版-問題解決型高齢者ケアの方法-,佐藤眞一,明治学院大学心理学部付属研究所紀要,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 中高年期における生活満足度の多面的検討-1991,1996,2001年のデータから-,佐藤眞一,明治学院大学心理学紀要,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 成人期・老年期の発達研究の動向,佐藤眞一,教育心理学年報,2005年03月
  • 介護における人間関係-高齢者の心理特性と生活援助-,佐藤眞一,高齢者けあ,2004年05月
  • ケアカンファレンスの意義とあり方-問題解決のために-,佐藤眞一,ふれあいケア,2004年04月
  • 中高年期における対人特性と行動特性,佐藤眞一,明治学院大学心理学紀要,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 心理学的超高齢者研究の視点-P. B. Baltesの第4世代論とE. H. Eriksonの第9段階の検討-,佐藤眞一,明治学院大学心理学紀要,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 第3回サラリーマンの生きがいに関する調査:サラリーマンシニアを中心として,座長,東 清和,財団法人シニアプラン開発機構,2002年09月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • ウェルフェアテクノシステム研究開発成果報告書(最終報告書),委員長,林 潤一,エネルギー・産業技術総合開発機構・学校法人杏林学園,2002年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 痴呆性高齢者の認知能力の他者評価に関する研究,川口裕見,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,Vol. 8,No. 2,p. 37-45,2002年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者の他者感情理解における痴呆および思考の硬さの影響,伊藤信子,中島恵,佐藤眞一,高齢者のケアと行動科学,Vol. 8,No. 2,p. 46-58,2002年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 老親による成人子家族への関与-行動予測に対する欲求,態度および結果予測の効果-,佐藤眞一,明治学院大学心理学紀要,2002年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ウェルフェアテクノシステム研究開発成果報告書,委員長,林 潤一,新エネルギー・産業技術総合開発機構・学校法人杏林学園,2001年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者の心理と介護における人間関係,佐藤眞一,理学療法研究・長野,2001年03月
  • 企業従業者の定年退職後の生きがい-集団面接による質的分析-,佐藤眞一,明治学院大学心理学紀要,2001年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 痴呆性高齢者の行動から何を見出すことができるのか-異常行動から意思を読む-,佐藤眞一,痴呆介護,2000年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive ability of the elderly with dementia in understanding situations.,Sato, S,Osada, H,Osada, Y,Fukuzawa, K,2000年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 情景画課題を用いた老年期痴呆患者における状況認知の特徴およびその精神症状・異常行動との関連,佐藤眞一,明治学院大学心理学紀要,2000年03月,研究論文(学術雑誌)
  • シニアのためのマルチメディア・コンテンツ体系の整備-地域イントラネットによる生活情報システムの構築に向けて-,研究代表者,佐藤眞一,電気通信普及財団,2000年02月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 高齢者における他者感情の理解,福田 恵,伊藤信子,佐藤眞一,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Androgyny and successful adaptation across the life span among Japanese adults,Y Shimonaka,K Nakazato,C Kawaai,S Sato,JOURNAL OF GENETIC PSYCHOLOGY,HELDREF PUBLICATIONS,Vol. 158,No. 4,p. 389-400,1997年12月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 超高齢社会を生きる――孤立・孤独を超えて,佐藤眞一,こころの科学,No. 218,p. 23-28,2021年07月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 老年行動学で解説:わがまま、頑固、家事が雑・・・親の変化に戸惑ったら,佐藤眞一,婦人公論,Vol. 106,No. 7,p. 26-29,2021年04月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 「老い」の教科書,島田裕之,佐谷秀行,佐藤眞一監修,Newton,Vol. 41,No. 5,p. 20-79,2021年04月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 【巻頭言】生プロセスにおける新型コロナウィルスの影響,佐藤眞一,生老病死の行動科学,Vol. 25,p. 1-2,2021年03月,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • 「心」と老い,佐藤眞一監修,Newton,Vol. 41,No. 1,p. 116-119,2021年01月
  • 高齢者の孤独、認知症者の孤独,佐藤眞一監修,Medical Tribune『孤立、孤独は医療の課題だ』,2020年10月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 運転に関する高齢者本人の意識-高齢の家族の免許返納のために家族ができること,佐藤眞一,刑事事件ナビ『増え続ける高齢者の運転による自動車事故の実情や対策』,2020年10月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 実践課題研究「日常会話形式による認知症スクリーニング法の開発と医療介護連携」,佐藤眞一,日本生命財団四十年誌,2020年09月
  • 3ステップで理解する 認知症 相談・対応のポイント,佐藤 眞一,大庭 輝,新田 慈子,2015年,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • Subjective age and well-being among the Japanese elderly,Aya Toyoshima,Yuki Ohara,Hirohiko Hirano,Kiyoshi Hirabayashi,Yasuyuki Gondo,Taketo Furuna,Shinichi Sato,Aki Shimanouchi,Shuichiro Watanabe,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 47,p. 652-652,2012年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 運動習慣の有無に影響を与える生活習慣要因の検討―中年者と高齢者との比較および相違―,水本淳,古名丈人,井平光,村瀬裕志,大國美佳,安田圭佑,佐藤眞一,権藤恭之,渡辺修一郎,理学療法学,Vol. 39,2012年
  • Psychological Characteristics behind Senior Driving,International Association of Traffic and Society Sciences Review,Vol. 35巻3号,2011年
  • 高齢者の自動車運転の背景としての心理特性,国際交通安全学会誌,Vol. 35巻3号,2011年
  • 色彩の心理効果をモデル施設で検証する事業,2011年
  • 高齢者と若年者の情動語における虚偽記憶の検討―年齢・挿入課題・再認時期との関連について―,2011年
  • 高齢者に対する潜在的態度の文化間比較―日米の大学生の比較―,2011年
  • 物忘れ外来を受診する高齢者とその家族について考えていること,生老病死の行動科学,Vol. 第15巻1-2頁,2011年
  • ADL障害の評価とリハビリテーション,老年精神医学雑誌,Vol. 22巻302-311頁,2011年
  • 【自著を語る】老いとこころのケア―老年行動科学入門―,心理学ワールド,Vol. 53巻45頁,2011年
  • The role of individualism/collectivism on implicit attitudes toward the elderly: A comparison of Japanesse and American college students.,82nd Annual Conference of the Rocky Mountain Psychological Association,2011年
  • 組織に生きる,月刊社会保険,Vol. 730巻22-23頁,2011年
  • 高齢者福祉施設における色彩会介入の効果1:色彩の観点からの検討,日本色彩学会誌,Supplement,Vol. 35巻,84-85頁,2011年
  • 高齢者福祉施設における色彩会介入の効果2:心理学的観点からの検討,日本色彩学会誌,Supplement,Vol. 35巻,86-87頁,2011年
  • 認知症高齢者と介護する家族を支える―超高齢社会のいまこそ,求められることとは―,いまここTokyo(社団法人日本産業カウンセラー協会東京支部機関誌),Vol. 26巻10-1頁.,2011年
  • Psychological experience rerated to memory of an elderly woman with mild cognitive impairment.,2011年
  • われわれというアイデンティティ,月刊社会保険,Vol. 731号,22-23頁,2011年
  • 組織の一員になっていく,月刊社会保障,Vol. 732号,22-23頁,2011年
  • 応用老年行動学の意義と目的,応用老年学,Vol. 4(1), 4-12.,2010年
  • 老いとこころのケア―老年行動科学入門―,ミネルヴァ書房,2010年
  • 【基調講演】行動科学と高齢者ケア―老年行動科学の意義と役割―,2010年
  • メタ記憶の個人差および年齢差と記憶成績の関連―高齢者と若年者を対象とした再認成績の比較―,2010年
  • 高齢者ケアに対する心理学からのアプローチ(ワークショップ),日本心理学会第74回大会発表論文集,Vol. WS(33),2010年
  • 高齢者における記憶の失敗とメタ記憶の関連性―記憶の自信度(メタ記憶)が虚偽記憶に及ぼす影響―,日本心理学会第74回大会発表論文集,Vol. p.843,2010年
  • 超高齢社会に心理学はいかに貢献できるか(シンポジウム),日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年
  • 食の生涯発達と心理学(ワークショップ),日本心理学会第74回大会発表論文集,Vol. WS(10),2010年
  • 運転を止めない高齢者の心理特性とその解決法,自動車学校,Vol. 49(10), 23-26,2010年
  • 老年行動科学と高齢者ケアの実践,コミュニティケア,Vol. 12(14), 5-9.,2010年
  • 百寿者介護へのソーシャル・サポート―三者モデルによる考察―,高齢者のケアと行動科学,Vol. 15巻,34-47頁,2010年
  • 調査・事例研究から読み解く高齢者の心と体 ケアに生かすQ&A,日本看護協会出版会,2010年
  • 新老年学[第3版],東京大学出版会,2010年
  • ACS改革経過報告:新方式フォーマット完成に向けて,2010年
  • Aging Paradox: 加齢に伴う喪失に適応する高齢者―認知,感情側面の補償プロセスに注目して―(指定討論),2010年
  • 高齢者のメタ記憶の特性―記憶の自信度と自己有能感の関係について―,2010年
  • [Dietary life style of Japanese college students: relationship between dietary life, mental health and eating disorders].,Yuji Takano,Rui Nouchi,Haruka Takano,Akiko Kojima,Shinichi Sato,Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology,Vol. 80,No. 4,p. 321-9,2009年10月
  • 心理支援論(総合)活動報告集,2009年
  • 心理支援論:心理学教育の新スタンダード,2009年
  • 高齢者施設入居者における食事の役割─九州地方の高齢者施設を例として─,明治学院大学心理学部付属研究所年報,Vol. 2,49-61.,2009年
  • 老年社会科学の将来像─若手研究者の視点から─(指定討論),2009年
  • 新しい事例検討の方法:事例に基づいて―お金や家族に対する心配,不安から不穏,不眠状態に陥ってしまう特別養護老人ホーム利用者へのアプローチについて―,2009年
  • Age effect on memory self-confidence.,2009年
  • 生涯発達とエイジング,地域リハビリテーション,Vol. 4(7),581-584.,2009年
  • Long-term care insurance in Germany implies patterns of linkages among benefits and socio-economic indicators.,2009年
  • 大学生とその両親世代の食事スタイルと抑うつ傾向の関係,2009年
  • DRM課題を用いた虚偽記憶における高齢者の特徴―直後再認が遅延再認に与える影響に注目して―,2009年
  • 認知のエイジングとその対策,地域リハビリテーション,Vol. 4(8),671-674.,2009年
  • 食生活スタイル尺度とクオリティ・オブ・ライフ―青年期と中年期における世代間比較―,2009年
  • 認知加齢(Cognitive Aging)に対する有効な介入方略の検討―生理的介入か,認知的介入か―,2009年
  • お金や家族に対する心配,不安から不穏,不眠状態に陥ってしまう特別養護老人ホーム利用者へのアプローチ―『パーソナルケア』に基づく事例の検討:ケアプランの策定,実践,評価―,2009年
  • ポジティブ・エイジング,地域リハビリテーション,Vol. 4(9),766-769.,2009年
  • 食生活スタイルの生涯発達心理学,2009年
  • メタ記憶の自信度尺度についての検討―年齢差および高齢者の社会参加状況別の分析―,2009年
  • 大学生の食生活スタイル―精神的健康及び食行動異常との関連―,心理学研究,Vol. 80巻, 321-329頁.,2009年
  • 高齢ドライバーについて考える,第8回電脳交通安全セミナー総括資料集,2009年
  • 高齢者の虚偽記憶の特徴とその低減のための諸条件に関する展望,心理学評論,Vol. 52巻,311-321頁,2009年
  • 生涯発達心理学におけるイベントヒストリー分析の可能性,2009年
  • Tip-of-the-tongue states and aging: Does vocabulary have any effect?,Mutsuo Ljuin,Tadahisa Kondo,Aki Shimanouchi,Shinichi Sato,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 43,No. 3-4,p. 142-142,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Dietary life of Japanese college students: The relationship among dietary habits, mental health and eating disorder,Yuji Takano,Haruka Takano,Rui Nouchi,Akiko Kojima,Shinichi Sato,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 43,No. 3-4,p. 162-162,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 虚記憶課題を用いた遅延再認の加齢の影響:―リハーサルおよび妨害の影響の検討―,島内 晶,佐藤 眞一,伊集院 睦雄,近藤 公久,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 72,No. 0,p. 2PM091-2PM091,2008年
  • 高齢者におけるTOT現象:-加齢と言語的知識の影響について-,伊集院 睦雄,近藤 公久,島内 晶,佐藤 眞一,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 72,No. 0,p. 1PM132-1PM132,2008年
  • 大学生の居住形態と食事行動の関係,明治学院大学心理学部付属研究所年報,2008年
  • エイジング心理学ハンドブック,北大路書房,2008年
  • 自己心理学2 生涯発達心理学へのアプローチ,金子書房,2008年
  • カウンセリング心理学辞典,誠信書房,2008年
  • WHO高齢者にやさしい街東京調査─バンクーバー・プロトコルによる第一次調査─,高齢者のケアと行動科学,2008年
  • 大学生の食事スタイルと食事スクリプトの関係,2007年
  • 第4回サラリーマンの生きがいに関する調査:サラリーマンシニアを中心として,2007年
  • WHO-Age Friendly Cities Project Final Community Assessment Report: Tokyo Study in Japan.,2007年
  • 学習療法を科学する-高齢者に対する心理的アプローチ,2006年
  • 現代大学生の食行動に関する研究─自伝的記憶と1週間の食行動からの検討─,明治学院大学心理学部付属研究所紀要,2006年
  • 団塊世代の退職と生きがい,2006年
  • 中高年期における生活満足度の多面的検討-1991,1996,2001年のデータから-,明治学院大学心理学紀要,2005年
  • 成人期・老年期の発達研究の動向,教育心理学年報,2005年
  • 超高齢者研究の心理学的視点,第9回静岡 健康・長寿学術フォーラム記録集,2005年
  • パーソナルケア(施設版-問題解決型高齢者ケアの方法-,明治学院大学心理学部付属研究所紀要,2005年
  • Long-term care insurance in Germany.,2005年
  • カウンセリングの展望-今,カウンセリングの専門性を問う-,ブレーン出版,2005年
  • 百寿者をめぐるソーシャル・サポートの三者モデル,高齢者のケアと行動科学,2005年
  • Introduction of Japanese Society of Behavioral Sciences for the Elderly,2005年
  • 老年期の家族と介護,老年精神医学雑誌,2005年
  • 中高年期における対人特性と行動特性,明治学院大学心理学紀要,2004年
  • ケアカンファレンスの意義とあり方-問題解決のために-,ふれあいケア,2004年
  • 介護における人間関係-高齢者の心理特性と生活援助-,高齢者けあ,2004年
  • 心理学的超高齢者研究の視点-P. B. Baltesの第4世代論とE. H. Eriksonの第9段階の検討-,明治学院大学心理学紀要,2003年
  • ウェルフェアテクノシステム研究開発成果報告書(最終報告書),2002年
  • 高齢者の他者感情理解における痴呆および思考の硬さの影響,高齢者のケアと行動科学,2002年
  • 痴呆性高齢者の認知能力の他者評価に関する研究,高齢者のケアと行動科学,2002年
  • 老親による成人子家族への関与-行動予測に対する欲求,態度および結果予測の効果-,明治学院大学心理学紀要,2002年
  • 臨床発達心理学概論:発達支援の理論と実際,ミネルヴァ書房,2002年
  • 死ぬ瞬間の心理,西村書店,2002年
  • 第3回サラリーマンの生きがいに関する調査:サラリーマンシニアを中心として,2002年
  • 企業従業者の定年退職後の生きがい-集団面接による質的分析-,明治学院大学心理学紀要,2001年
  • 高齢者の心理と介護における人間関係,理学療法研究・長野,2001年
  • ウェルフェアテクノシステム研究開発成果報告書,2001年
  • 痴呆の心理学入門,中央法規出版,2001年
  • 『ウェルフェアテクノシステム研究開発成果報告書』,新エネルギー・産業技術総合開発機構,2001年
  • 高齢者の他者感情の理解における痴呆及び思考の硬さの影響,第4回日本老年行動科学会プログラム,Vol. 25,2001年
  • 痴呆性高齢者の認知能力の他者評価に関する研究,第4回日本老年行動科学会プログラム,Vol. 24,2001年
  • 高齢者の心理と介護における人間関係,理学療法研究・長野,Vol. 29,p. 15-19,2001年
  • Cognitive ability of the elderly with dementia in understanding situations.,S Sato,K Fukuzawa,H Osada,Y Osada,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 35,No. 3-4,p. 244-244,2000年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Cognitive ability of the elderly with dementia in understanding situations.,S Sato,K Fukuzawa,H Osada,Y Osada,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 35,No. 3-4,p. 244-244,2000年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 高齢者における他者感情の理解,2000年
  • シニアのためのマルチメディア・コンテンツ体系の整備-地域イントラネットによる生活情報システムの構築に向けて-,2000年
  • 高齢者の「こころ」事典,中央法規出版,2000年
  • 情景画課題を用いた老年期痴呆患者における状況認知の特徴およびその精神症状・異常行動との関連,明治学院大学心理学紀要,2000年
  • 【実践研究】痴呆性高齢者のメンタルケア,メヂカルフレンド社,2000年
  • 介護カウンセリングの事例,一橋出版,2000年
  • 痴呆性高齢者の行動から何を見出すことができるのか-異常行動から意思を読む-,痴呆介護,2000年
  • 痴呆性高齢者の行動理解,平成12年度全国デイサービスセンター研究大会資料集,p. 241-245,2000年
  • 痴呆性高齢者の行動から何を見出すことができるのか-異常行動から意思を読む-,痴呆介護,Vol. 1,No. 3,p. 22-26,2000年
  • 『介護カウンセリングの事例』,一橋出版,2000年
  • シニアのためのマルチメディア・コンテンツ体型の整備-地域イントラネットによる生活情報システムの構築に向けて-,電気通信普及財団研究調査報告書,Vol. 14-(]G0001[),p. 174-181,2000年
  • エイジング研究のこれから,日本発達心理学会第11回大会発表論文集,Vol. S24,2000年
  • 中途失明により常に不安を訴える入居者の事例,第3回日本老年行動科学会ケースワーク,2000年
  • ケアと研究の出会い-実践現場における研究の意味-,第3回日本老年行動科学会プログラム,Vol. 23,2000年
  • 情景画課題を用いた老年期痴呆患者における状況認知の特徴およびその精神症状・異常行動との関連,明治学院大学心理学紀要,Vol. 10,p. 17-28,2000年
  • 高齢者における他者感情の理解 共著,高齢者のケアと行動科学,Vol. 7,No. 1,p. 44-54,2000年
  • 施設介護とは何か 共著,『【実践研究】痴呆性高齢者のメンタルケア』,メヂカルフレンド社,p. 201-219,2000年
  • 『高齢者の「こころ」事典』 共編,中央法規,2000年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究 第35報-空の巣イベントの主観評価と心理的適用との関連-,日本老年社会科学会第41回,老年社会科学,Vol. 21,No. 2,1999年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究 第34報-ライフイベント経験の経年変化-,日本老年社会科学会第41回大会,老年社会科学,Vol. 21,No. 2,1999年
  • 高齢者のアクティビティ・ケアの可能性,第2回日本老年行動科学会大会プログラム,1999年
  • 後期キャリア発達に関する一研究,日本発達心理学会第10回大会発表論文集,Vol. 138,1999年
  • Life Course Paradigm,特にHuman Agencyについて,日本発達心理学会第10回大会発表論文集,Vol. 127,1999年
  • 「生きがい」-その評価の測定のポイント-,生活教育,Vol. 43,No. 6,p. 28-31,1999年
  • 高齢痴呆患者における状況の認知能力-情景画を用いた認知特性の検討-,埼玉医科大学雑誌,Vol. 26,No. 145-152,1999年
  • 高齢期の痴呆『エイジングの心理学』,早稲田大学出版部,Vol. 65-88,1999年
  • 高齢期の知覚・認知機能『エイジングの心理学』,早稲田大学出版部,Vol. 1-30,1999年
  • Vocational behavior of the Japanese in late adulthood: Focusing on those in the retirement process,AM Watanabe-Muraoka,T Kawasaki,S Sato,JOURNAL OF VOCATIONAL BEHAVIOR,ACADEMIC PRESS INC,Vol. 52,No. 3,p. 300-311,1998年06月
  • 中高年期のライフイベントの縦断的研究(5)-職業生活からの完全な引退と失業-,日本心理学会第62回大会発表論文集,1998年
  • 中高年期のライフイベントの縦断的研究(4)-50代女性における閉経前後の心身の変化-,日本心理学会第62回大会発表論文集,1998年
  • 中高年期のライフイベントの縦断的研究(3)-孫の誕生が祖父母の主観的健康感と子供との関係に及ぼす影響-,日本心理学会第62回大会発表論文集,1998年
  • 中高年期のライフイベントの縦断的研究(2)-空の巣ライフイベントに対する主観的評価と精神的健康の関連-,日本心理学会第62回大会発表論文集,1998年
  • 中高年期のライフイベントの縦断的研究(1)-ライフイベント体験の変化と精神的健康-,日本心理学会第62回大会発表論文集,1998年
  • 引退過程のあり方と引退後の生活に関する研究,総合プロジェクト「労働からの引退過程に関する総合的研究」調査研究報告書,日本労働研究機構,1998年
  • 女性会員の拡大並びに能力開発等に関する調査研究報告書,社団法人全国シルバー人材センター事業協会,1998年
  • 虚弱な高齢者のための住環境の改善:理論と応用の架け橋,『虚弱な高齢者のQOL:その概念と測定』,医歯薬出版,p. 111-149,1998年
  • 高齢者の社会参加をめぐって,日本発達心理学会第9回大会発表論文集,1998年
  • アセスメントからケアプランの策定,そして実践へ,日本老年行動科学研究会第5回大会資料集,1998年
  • 中高年被雇用者および定年退職者の行動特徴と生きがい,産業・組織心理学研究,Vol. 11,p. 95-106,1998年
  • 中高年期における生きがい概念再考-被顧用者および定年退職経験者への調査データから,明治学院大学心理学紀要,Vol. 8,p. 25-32,1998年
  • 老親を介護するこころ,発達,No. 73,p. 44-52,1998年
  • 高齢者福祉の心理,『福祉心理学』,学芸図書,p. 98-117,1998年
  • 高齢期の性格の諸問題,『性格心理学ハンドブック』,福村出版,p. 499-503,1998年
  • The relationship between cognitive failure and stress vulnerability from middle to old age. Facts Reserach and Intervention in Geriarics 1997 "Longitudinal Interdisciplinary Study on Aging",Paris : Serdi Publisher.,p. 163-171,1997年
  • Adaptation process to retirement from Job and other related life ecents among middle-aged and elderly Japanese. Facts Reserach and Intervention in Geriatrics 1977 "Longitudinal Interdisciplinary Study on Aging",Paris : Serdi Publisher.,p. 155-162,1997年
  • Longitudinal changes of life-style in later life and their relationship to life events. Facts Reserach and Intervention in Geriatrics1997"Longitudinal Interdisciplinary Study on Aging",Paris : Serdi Publisher.,p. 147-154,1997年
  • The effect of life events on psychological well-being among Japanese middle-aged elderly. Facts Research and Intervention in Geriatrics 1997 "Longitudinal Interdisciplinary Study on Aging",Paris : Serdi Publisher.,p. 137-146,1997年
  • サラリーマンの生きがいに関する調査,『生きがいに関する研究会調査報告書』,財団法人シニアプラン開発機構,1997年
  • 『公的介護保険導入に伴う「要介護認定基準」に対するケアプラン策定の調査研究事業報告書』,埼玉県老人福祉施設協議会,1997年
  • 長期プロジェクト研究報告書,『中年からの老化予防・総合的長期追跡研究(TMIG-LISA)-5年間の中間報告』,1997年
  • 『中年からの老化予防に関する心理学的調査:第五回一斉調査』,中年からの老化予防総合的長期追跡調査報告書,(財)東京都老人総合研究所,1997年
  • 『高齢者の社会性における二側面-SocialityとSociabilityの検討』,平成7,8年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書(基盤研究(C)(2)),1997年
  • 社会人と大学(院)-講義・指導の在り方をめぐって,日本教育心理学会第39回大会発表論文集,1997年
  • 講演討論会講演:中高年期における「生きがい」概念再考-ポジティヴな心理機能と生きがい,日本発達心理学会第8回大会発表論文集,1997年
  • 妄想・感情失禁などの痴呆症状もつデイホーム利用者への援助事例(コメンテーター),老年行動科学研究会,第4回全国大会資料集,1997年
  • 阪神大震災,転居後の幻覚・妄想が著明となりグループホームケアで問題行動が軽減した一事例(コメンテーター),老年行動科学研究会,第4回全国大会資料集,1997年
  • 年齢アイデンティティのコホート差,性差,およびその規定要因:生涯発達の視点から,発達心理学研究,Vol. 8,p. 88-97,1997年
  • 高齢者の記憶能力の自己評価法の開発,長田由紀子・下仲順子・中里克治・河合千恵子・佐藤眞一・成田健一・菊池安子,老年社会科学,Vol. 18,p. 123-133,1997年
  • 高齢者のなじみの歌について-音楽療法の基礎的資料として-,山田万里・岩坪奇子・大川一郎・佐藤眞一・高橋多喜子・井上勝也,高齢者のケアと行動科学,Vol. 4,p. 112-121,1997年
  • 記憶にみられる加齢現象,『成熟と老化の心理学』,コレール社,p. 61-77,1997年
  • 老年期のパーソナリティ,『最新介護福祉全書 第8巻 老人の心理と援助』,メディカルフレンド社,p. 58-83,1997年
  • 事例集高齢者のケア第4巻不安/訴え/心気症状,中央法規出版,1996年
  • 高齢者の被災体験,そして立ち直りに向けて,厚生省大臣官房政策課監修『厚生省防災業務計画関連資料集』,中央法規出版,p. 385-387,1996年
  • 『退職前教育の実態調査と高齢社会に対応した教育像のあり方及び実験事業報告書』,財団法人長寿者開会発センター委託事業報告書,安田火災長寿ライフサポート株式会社,1996年
  • 『高齢者の記憶に残る音楽(歌)に関する調査研究報告書-音楽療法などの基礎的資料として-』,財団法人長寿者開会発センター委託事業報告書,老年行動科学研究会,1996年
  • 『中年からの老化予防に関する心理学的調査:第四回調査』,中年からの老化予防総合的長期迫跡調査報告書,(財)東京都老人総合研究所,1996年
  • 社会人と大学(院)-生涯教育の在り方をめぐって,日本教育心理学会第38回大会発表論文集,1996年
  • 在宅高齢者の就労意識と生活の満足度,日本老年社会科学会第38回大会発表論文集,1996年
  • 中高年期におけるPGCモラールスケールと関連要因,日本老年社会科学会第38回大会発表論文集,1996年
  • 中高年期における日常失敗の自己評価と関連要因,日本老年社会科学会第38回大会発表論文集,1996年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(30)-死別イベント体験者の精神健康の縦断比較,日本老年社会科学会第38回大会発表論文集,1996年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(29)-生活内要の重要性の時間配分の縦断変化とライフイベント体験,日本老年社会科学会第38回大会発表論文集,1996年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(28)-ライフイベントの5年間の縦断空査結果について,日本老年社会科学会第38回大会発表論文集,1996年
  • 中高年雇用者の行動特徴と定年退職,日本心理学会第60回大会発表論文集,1996年
  • 老年期における依存性に関する心理学的研究(4)-中高年期における依存性の発達,日本心理学会第60大会発表論文集,1996年
  • 精神分裂病をもち,痴呆のあるケースを措置入所して(コメンテーター),老年行動科学研究会,第3回全国大会資料集,1996年
  • 中高年期におけるストレスフル・ライフイベントと精神的健康,老年精神医学雑誌,Vol. 7,p. 1221-1230,1996年
  • 中高年期におけるライフイベントの主観的評価・予測性と心理的適応-家族関係と職業ライフイベントを中心にして-,老年社会科学,Vol. 18,p. 63-73,1996年
  • 老年期の心理的依存性が適応に及ぼす影響,老年社会科学,Vol. 17,p. 148-157,1996年
  • 『【事例集】高齢者のケア 第4巻 不安/訴え/心気症状』,中央法規出版,1996年
  • 異常行動・他18項目,『現代エイジング辞典』,早稲田大学出版部,1996年
  • A JAPANESE VERSION OF THE GENERALIZED SELF-EFFICACY SCALE - SCALE UTILITY FROM THE LIFE-SPAN PERSPECTIVE,K NARITA,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,Y OSADA,JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY,JAPANESE ASSOC EDUCATIONAL PSYCHOLOGY,Vol. 43,No. 3,p. 306-314,1995年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Adaptation to retirement and other related life events among middle-aged and elderly Japanese,5th asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Hong Kong,1995年
  • The effects of positive and negative life events on psychological well-being in later life,5th asia/Oceania Regional Congress of Gerotology, Hong Kong,1995年
  • Stability of PGC Morale Scale,5th asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Hong Kong,1995年
  • The impact of the empty nest life event on the mental health in later life,5th asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Hong Kong,1995年
  • Changes of life-style in later life and their relation with life events,5th asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Hong Kong,1995年
  • ライフイベントと心の健康,東京都老人総合研究所・板橋区共同プロジェクト中間報告会『ライフイベントと心の処方箋』(株)東京都老人総合研究所心理学部門・板橋区高齢福祉部高齢福祉課,p. 14-26,1995年
  • 『特別養護老人ホームOA化等効率化・近代化事業調査研究報告書』,埼玉県老人福祉施設協議会,1995年
  • 『中年からの老人予防に関する心理学的調査:第三回一斉調査』,中年からの老化予防総合的長期追跡調査報告書,(財)東京都老人総合研究所,1995年
  • 死と死別,『To Be Adult,To Be Old-高齢化の心理学』,p. 328-398,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(27)-死別イベントと精神的健康との関連,日本老年社会科学会第37回大会発表論文集,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(26)-職業イベント体験前後の精神的健康の変化,日本老年社会科学会第37回大会発表論文集,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(25)-自尊感情とライフイベント,日本老年社会科学会第37回大会発表論文集,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(24)-PGC得点に影響するライフイベント,日本老年社会科学会第37回大会発表論文集,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(23)-ライフイベントの経験が身体疾患に与える影響,日本老年社会科学会第37回大会発表論文集,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(22)-ライフスタイルおよびその満足度の経年変化とライフイベント,日本老年社会科学会第37回大会発表論文集,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(21)-ライフイベント体験の変化の検討,日本老年社会科学会第37回大会発表論文集,1995年
  • Age Identificationの年齢変化とその規定要因,日本心理学会第59回大会発表論文集,1995年
  • 中高年期のライフイベントへの因果関係モデルの適用,日本心理学会第59回大会発表論文集,1995年
  • 青年期から老年期に至るタイプA行動の日米比較,日本心理学会第59回大会発表論文集,1995年
  • 青年期から老年期に至る性役割の日米比較,日本心理学会第59回大会発表論文集,1995年
  • 阪神・淡路大震災における高齢者の災害適応に関する心理学的調査,日本心理学会第59回大会発表論文集(ワークショップ:司会および指定討論),1995年
  • 高齢者のライフレビュー,日本発達心理学会第6回大会発表論文集,1995年
  • 特性的自己効力感尺度の検討-生涯発達的利用の可能性を探る-,成田健一・下仲順子・中里克治・河合千恵子・佐藤眞一・長田由紀子,教育心理学研究,Vol. 43,p. 306-314,1995年
  • 中高年期におけるライフイベントとその影響に関する心理学的研究,老年社会科学,Vol. 17,p. 40-56,1995年
  • 老年期のパーソナリティとポジティヴな心理機能,高齢者のケアと行動科学,Vol. 2,p. 3-15,1995年
  • 『老人福祉センター利用実態調査報告書』,東京都社会福祉総合センター・東京都老人福祉センター連絡会研究会,1994年
  • 『中年からの老化予防に関する心理学的調査:第二回調査』,中年からの老化予防総合的長期追跡調査報告書,(財)東京都老人総合研究所,1994年
  • Age Identificationの生涯発達,平成2,3年度文部省科学研究費補助金(総合研究A)『生涯発達に伴うソーシャル・サポート・ネットワークの変容とその社会適応における役割の日米比較』研究成果報告書,p. 20-27,1994年
  • 死と死別,『高齢化時代の心理学』,p. 588-658,1994年
  • 中高齢期における病気のライフイベントと活動能力の関連,日本心理学会第58回大会発表論文集,1994年
  • 老年期における対人関係:衡平理論からの検討,日本心理学会第58回大会発表論文集,1994年
  • 老年期の社会的スキルと依存性,日本心理学会第58回大会発表論文集,1994年
  • 老年期における依存性に関する心理学的研究(3):心理的依存性と実際のサポートとの関係,日本心理学会第58回大会発表論文集,1994年
  • 老年期の心理社会的発達:性役割・社会科と自我統合,日本心理学会第58回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるEysenck Personality Inventory(EPI)の信頼性の検討,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(20):50代女性の閉経に関する検討2,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(19):イベント体験が死生観に及ぼす影響,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(18):空の巣イベントに関する検討,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(17):職業生活からの引退と関係するイベントの経験とその後の適応,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(16):PGCモラールスケールの変化とライフイベント,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(15):ライフスタイルの変化とライフイベント,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(14):イベント体験の変化とその影響について,日本老年社会科学会第36回大会発表論文集,1994年
  • 高齢知的障害者のニーズとサービス,日本特殊教育学会第32回大会発表論文集(ワークショップ話題提供),1994年
  • 高齢者の心理と生活,大川一郎,佐藤眞一,国際交通安全学会誌,Vol. 20,p. 163-171,1994年
  • 高齢者のいる家族の世代間関係:世代境界尺度の構造と関連要因,高齢者のケアと行動科学,Vol. 1,p. 47-57,1994年
  • 老年の心理,『講座 人間の発達と臨床心理学 第6巻 老年期の臨床心理学』,駿河台出版,p. 1-39,1994年
  • THE EFFECTS OF PERSONALITY ON LIFE EVENTS IN LATER LIFE,Y GONDO,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,O ISHIHARA,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1517-1521,1993年
  • SUBJECTIVE WELL-BEING AND THE ROLE OF LIFE EVENTS IN LATER LIFE,O ISHIHARA,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,Y GONDO,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1529-1534,1993年
  • The effects of health on stressful life events in later life.,The 15th International Congress of Gerontology,1993年
  • Job-related life events and adaptation among Japanese middle and old age men and women,The 15th International Congress of Gerontology,1993年
  • AN INVESTIGATION OF FACTORS AFFECTING SATISFACTION OF LIFE-STYLE AMONG THE MIDDLE-AGE AND THE ELDERLY IN JAPAN,S SATO,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,O ISHIHARA,Y GONDO,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1781-1785,1993年
  • The buffering effect of social support on stressful life events among Japanese middleaged and older adults.,The 15th International Congress of Gerontology,1993年
  • RETIREMENT-RELATED LIFE EVENTS AND ADAPTATION AMONG MIDDLE-AGED AND ELDERLY JAPANESE,K NAKAZATO,Y SHIMONAKA,C KAWAAI,S SATO,O ISHIHARA,Y GONDO,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 2039-2043,1993年
  • AN INVESTIGATION OF FACTORS AFFECTING SATISFACTION OF LIFE-STYLE AMONG THE MIDDLE-AGE AND THE ELDERLY IN JAPAN,S SATO,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,O ISHIHARA,Y GONDO,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1781-1785,1993年
  • THE BUFFERING EFFECT OF SOCIAL SUPPORT ON STRESSFUL LIFE EVENTS AMONG JAPANESE MIDDLE-AGED AND OTHERS,C KAWAAI,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,S SATO,O ISHIHARA,H IMUTA,Y GONDO,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1775-1779,1993年
  • SUBJECTIVE WELL-BEING AND THE ROLE OF LIFE EVENTS IN LATER LIFE,O ISHIHARA,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,Y GONDO,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1529-1534,1993年
  • EFFECT OF HEALTH ON STRESSFUL LIFE EVENTS IN LATER LIFE,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,O ISHIHARA,Y GONDO,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1523-1527,1993年
  • THE EFFECTS OF PERSONALITY ON LIFE EVENTS IN LATER LIFE,Y GONDO,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,O ISHIHARA,H IMUTA,RECENT ADVANCES IN AGING SCIENCE, VOLS I AND II,MONDUZZI EDITORE,p. 1517-1521,1993年
  • 高齢者の「性」に関する調査研究,『第4回高齢者ケア国際シンポジウム報告書』,1993年
  • 『生きがいに関する研究会最終報告書:サラリーマンの生きがい創造に向けて』,財団法人シニアプラン開発機構,1993年
  • カウンセリング・マインド,『ボランティア技術講座』報告書,(財)埼玉県県民活動総合センター,p. 37-38,1993年
  • グループインタビュー調査・個人面接調査の詳細,『サラリーマンの生きがいに関する調査(第2次調査)報告書』財団法人シニアプラン開発機構,1993年
  • 『中高年からの老化予防に関する心理学的調査:第一回一斉調査』,中年からの老化予防総合的長期追跡調査報告書,(財)東京都老人総合研究所,1993年
  • 内的世界の役割:コーピング,『サイコオンコロジー:がん患者のための総合医療 第1巻』,p. 41-53,1993年
  • 高齢者の「性」に関する調査研究,第4回高齢者ケア国際シンポジウム,1993年
  • 確認的因子分析によるGeneral Health Questionnaire28項目版の構造〜中高年期の地域住民を対象に〜,日本老年社会科学会第35回大会発表論文集,1993年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(13)〜ネガディブイベントへの対処行動〜,日本老年社会科学会第35回大会発表論文集,1993年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(12)〜性格が及ぼす影響について(その2)〜,日本老年社会科学会第35回大会発表論文集,1993年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(11)〜ライフイベント体験がライフスタイルに与える効果〜,日本老年社会科学会第35回大会発表論文集,1993年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(10)〜ライフイベントの主観的評価と精神的健康〜,日本老年社会科学会第35回大会発表論文集,1993年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(9)〜イベント体験とその影響について〜,日本老年社会科学会第35回大会発表論文集,1993年
  • 中高年期における主観的幸福感とライフイベントに関する研究〜1991年と1992年の2年間の結果から〜,日本老年社会科学会第35回大会発表論文集,1993年
  • 老年期における夫婦関係〜ライフイベントとの関連の検討〜,日本心理学会第57回大会発表論文集,1993年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究〜ライフイベントの主観的評価に影響する諸要因の研究〜,日本心理学会第57回大会発表論文集,1993年
  • ライフイベントの評価と現在の適応に関する横断的研究,日本心理学会第57回大会発表論文集,1993年
  • 多世代家族における老親と世代境界〜世代境界尺度の世代間比較〜,日本心理学会第57回大会発表論文集,1993年
  • 家族の断章〜夫婦・親子・多世代,日本発達心理学会第4回大会発表論文集(ミニシンポジウム指定討論),1993年
  • 『現代サラリーマンの生活と生きがい』,ミネルバ書房,1993年
  • 老人観,佐藤眞一,『現代福祉学レキシコン』,雄山閣,1993年
  • パーソナリティと適応,佐藤眞一,『老年学入門』,川島書店,p. 141-150,1993年
  • 老人の人格,『新版 老年心理学』,朝倉書店,p. 54-71,1993年
  • THE LIFE-SPAN DEVELOPMENT OF GENERALIZED SELF EFFICACY IN JAPANESE USING A CROSSSECTIONAL METHOD,K NARITA,Y SHIMONAKA,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,Y OSADA,Y HAYASHI,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 27,No. 3-4,p. 257-258,1992年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • TYPE-A BEHAVIOR AND MENTAL-HEALTH FROM ADOLESCENCE THROUGH OLD-AGE,K NAKAZATO,Y SHIMONAKA,C KAWAAI,S SATO,K NARITA,Y OSADA,Y HAYASHI,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 27,No. 3-4,p. 257-257,1992年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ANDROGYNY AND PSYCHOLOGICAL ADAPTATION ACROSS THE LIFE-SPAN,K NAKAZATO,C KAWAAI,S SATO,K NARITA,Y OSADA,Y HAYASHI,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 27,No. 3-4,p. 247-247,1992年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 『大川市高齢者実態・市民意識調査』,福岡県大川市民生部,1992年
  • 『福岡県高齢者実態調査報告書,1992年
  • サラリーマンの生きがいに関する資査-サラリーマンシニアを中心にして,『生きがいに関する研究会平成3年度調査報告書』,財団法人シニアプラン開発機構,1992年
  • 『ボケないための記憶術:中高年のための記憶力向上の手引』,東京都老人総合研究所心理学部門訳,中央法規,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(8):50代女性の閉経に関する検討,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(7):職業イベントと心理的適応,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(6):性格が及ぼす影響について,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(5):ソーシャル・サポートのバッファリング効果の検討,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究:主観的幸福感との関連,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(3):ライフスタイルへの満足感とライフイベント,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(2):ライフイベントとの好ましさと生起予測の適応への影響,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 中高年期におけるライフイベントの心理学的研究(1):ライフイベントとその関連要因について,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 施設高齢者における生活の志向性と健康感に関する研究,日本老年社会科学会第34回大会発表論文集,1992年
  • 老年期の精神テンポに関する一研究(2):集団テンポからの偏差について,日本心理学会第56回大会発表論文集,1992年
  • Self-Efficacy尺度の構造:横断比較による生涯発達,日本心理学会第56回大会発表論文集,1992年
  • イベンツの回想に関する横断的研究,日本心理学会第56回大会発表論文集,1992年
  • 高齢者のいる家族の世代間関係:「イエ」規範意識と家庭満足度への効果,日本心理学会第56回大会発表論文集,1992年
  • 加齢の心理学:知的機能の変化を巡って,日本心理学会第56回大会シンポジウム(指定討論),1992年
  • 文章と絵画による記憶テストの作成:高齢者を対象とした記憶トレーニングの効果測定尺度の開発,老年社会科学,Vol. 14,p. 52-62,1992年
  • 現代社会における成人の自己実現と社会生活,『発達心理学ハンドブック』,福村出版,p. 1151-1164,1992年
  • 老人の人格理解,『臨床心理学大系 第6巻 人格の理解(2)』,金子書房,p. 292-312,1992年
  • Self-disclosure and satisfction of participation in educational programs for the elderly.,The 4th Agia/Oceania Regional Congress of Gerontology,1991年
  • 記憶に影響を与える諸要因の検討,日本老年社会科学会第33回大会発表論文集,1991年
  • 高齢者における記憶の自己評価,日本老年社会科学会第33回大会発表論文集,1991年
  • 高齢者のための記憶テストの作成-文章の記憶と絵の記憶-,日本老年社会科学会第33回大会発表論文集,1991年
  • 老年期の精神テンポに関する一研究-高年者を対象とした測定の試み-,日本心理学会第55回大会発表論文集,1991年
  • 人生後半期におけるイベンツの回想,日本心理学会第55回大会発表論文集,1991年
  • 横断比較による生涯発達(6)-Self-Efficacy尺度の検討-,日本心理学会第55回大会発表論文集,1991年
  • 横断比較による生涯発達(5)-Self-Esteemについて-,日本心理学会第55回大会発表論文集,1991年
  • 横断比較による生涯発達(4)-タイプA行動について-,日本心理学会第55回大会発表論文集,1991年
  • 横断比較による生涯発達(3)-ライフ・イベントとハッスルを用いて-,日本心理会第55回大会発表論文集,1991年
  • 横断比較による生涯発達(2)-Age Identificationについて-,日本心理学会第55回大会発表論文集,1991年
  • 横断比較による生涯発達(1)-性役割からの検討-,日本心理学会第55回大会発表論文集,1991年
  • 老人をかかえる家族,エキスパートナース,Vol. 7,p. 24-25,1991年
  • 「生きがい」につていの欧米の研究動向,佐藤眞一,東清和,月刊シニアプラン,Vol. 1,No. 3,p. 20-30,1991年
  • 高齢者教室における自己開示,社会老年学,Vol. 33,p. 38-47,1991年
  • 「高齢者とともに生きる時代」を考える,『思老教育の基礎と課題』,群書,p. 338-351,1991年
  • 老年期,『現代心理学講義』,北大路書房,p. 35-43,1991年
  • 成人期,『現代心理学構講義』,北大路書房,p. 30-35,1991年
  • 自己開示尺度の因子構造と要因の効果:高齢者教室参加者を対象として,日本老年社会科学会第32回大会発表論文集,1990年
  • 高齢者教室における自己開示行動の測定,日本老年社会科学会第32回大会発表論文集,1990年
  • 高齢者の家族への関与-その2 欲求-行動予測パターンと「関与」意識,家庭満足度,「家」意識-,日本心理学会第54回大会発表論文集,1990年
  • 高齢者の家族への関与-その1 行動予測に対する欲求,態度,結果予測の効果-,日本心了学会第54回大会発表論文集,1990年
  • ラウンド・テーブル:中高年期における社会的適応性,日本発達心理学会第1回大会発表論文集,1990年
  • 『老後を健やかに』,埼玉県朝霞市消費生活通信講座テキスト,1990年
  • Domain-specific living satisfaction among the Japanese middle age and older adults.,The XIVth International Congressof Gerontology,p. 451-452,1989年
  • The develompent of the scale for degree of contentment with family in Japanese elderly.,The XIVth International Congress of Gerontology,1989年
  • 『在宅高齢障害者の生活支援機器分類とそれに基づくデータベースの開発に関する研究』,厚生省厚生科学研究費補助金「シルバーサイエンス研究」昭和63年度研究報告,1989年
  • 家族に対する高齢者の態度と行動-その2「関与」欲求と態度,行動予測,結果予測の一致度-,日本心理学会第53回大会発表論文集,1989年
  • 家族に対する高齢者の態度と行動-その1「関与」欲求-,日本心理学会第53回大会発表論文集,1989年
  • 「スープのさめない距離」の評価にみられる世代差の検討,老年社会科学,Vol. 11,p. 218-234,1989年
  • 中・高年者における生活の志向性と満足度,老年社会科学,Vol. 11,p. 116-133,1989年
  • 知的機能検査の使い方とその評価:WAIS,佐藤眞一,井上勝也,老年期痴呆,Vol. 3,No. 3,p. 65-71,1989年
  • A NEW SCREENING-TEST FOR DEMENTIA,T OTSUKA,Y SHIMONAKA,S MARUYAMA,K NAKAZATO,T KITAMURA,K YAGUCHI,S SATO,H IKEDA,JAPANESE JOURNAL OF PSYCHIATRY AND NEUROLOGY,FOLIA PUBL SOC,Vol. 42,No. 2,p. 223-229,1988年06月
  • 『実地医家(一般開業医)レベルにおいて扱われる心身症の実態』,厚生省精神・神経疾患研究委託費「心身症の診断および治療予後に関する研究」昭和62年度研究報告書,p. 35-56,1988年
  • 人生後半期の行動の動機と生活満足度に関する研究-その6 満足度に関する生活志向性のタイプ別の検討-,日本心理学会第52回大会発表論文集,1988年
  • 人生後半期の行動の動機と生活満足度に関する研究-その5 生活の志向性のタイプに関連する諸要因-,日本心理学会第52回大会発表論文集,1988年
  • 人生後半期の行動の動機と生活満足度に関する研究-その4 生活の志向性のタイプ,日本心理学会第52回大会発表論文集,1988年
  • 「スープのさめない距離」の心理学的研究2-措定距離の質問紙調査-,日本老年社会科学会第30回大会発表論文集,1988年
  • 「スープのさめない距離」の心理的研究1-距離の実測実験-,日本老年社会科学会第30回大会発表論文集,1988年
  • 老年期における意識・関心の変化について,日本老年社会科学会第30回大会発表論文集,1988年
  • 中高年者における「仕事」「家庭」「余暇」の満足度,日本社会心理学会第32回公開シンポジウム,1988年
  • 中高年用家庭満足度尺度の作成過程I-構成内容の分析-,家族心理学研究,Vol. 2,p. 109-118,1988年
  • 中高年者の「仕事」「家庭」「余暇・社会活動」の満足度,老年社会科学,Vol. 10,p. 120-137,1988年
  • The image of residential institutions for the aged measured through the semantic differential technique.,The IXth Biennial Meetings of the International Society for the study of Behavioural Development, Tokyo, Japan.,1987年
  • 人生後半期の行動の動機と生活満足度に関する研究-その3 各尺度に影響を与える要因の分析-,日本心理学会第51回大会発表論文集,1987年
  • 人生後半期の行動の動機と生活満足度に関する研究-その2 各尺度に対する心理点の影響-,日本心理学会第51回大会発表論文集,1987年
  • 人生後半期の行動の動機と生活満足度に関する研究-その1 尺度の作成過程-,日本心理学会第51回大会発表論文集,1987年
  • 中高年期の生活満足度III-中高年期の社会的活動性とそれに関連する要因-,日老年社会科学会第29回大会発表論文集,1987年
  • 中高年期の生活満足度II-家庭の満足度について-,日本老年社会科学会第29回大会発表論文集,1987年
  • 中高年期の生活満足度I-仕事の満足度について-,日本老年社会科学会第29回大会発表論文集,1987年
  • 痴呆スクリーニング・テストの開発,大塚俊男,下仲順子,北村俊則,中里克治,丸山 晋,谷口幸一,佐藤眞一,池田 央,精神医学,Vol. 29,p. 395-402,1987年
  • 家族のイメージについての研究,日本心理学会第50回大会発表論文集,1986年
  • 老人のプライバシーに関する研究4,日本心理学会第50回大会発表論文集,1986年
  • 老人への呼び掛けに関する心理学的研究3,日本老年社会科学会第28回大会発表論文集,1986年
  • 家族などの支持システムを包括した初期医療のあり方に関する研究(その1),精神衛生研究,Vol. 33,p. 205-232,1986年
  • 呼び掛けに関する心理学的研究,野口由紀子,井上勝也,長田久雄,佐藤眞一,老年社会科学,Vol. 8,p. 134-147,1986年
  • Semantic Differential法による老人ホームのイメージの測定(2),老年社会科学,Vol. 8,p. 117-133,1986年
  • 都市壮年における老後の生活像と準備行動(2)-準備行動-,老年社会科学,Vol. 8,p. 77-87,1986年
  • 老年期における痴呆の評価法,中里克治,下仲順子,谷口幸一,佐藤眞一,池田 央,丸山 晋,北村俊則,大塚俊男,臨床精神医学,Vol. 15,p. 1403-1409,1986年
  • 在宅老人の老人ホームイメージがホーム入所の意志に与える効果,日本老年社会科学会第27回大会発表論文集,1985年
  • 老人への呼びかけに関する心理学的研究2,日本老年社会科学会第27回大会発表論文集,1985年
  • 老人への呼びかけに関する心理学的研究1,日本老年社会科学会第27回大会発表論文集,1985年
  • 簡易痴呆スケールの開発と検討(2)-信頼性、妥当性の検討-,日本老年医学会第27回大会発表論文集,1985年
  • 簡易痴呆スケールの開発と検討(1)-予備的検討-,日本老年医学会第27回大会発表論文集,1985年
  • 老人ホームイメージに関する心理学的研究-2-:イメージ規定要因,日本心理学会第49回大会発表論文集,1985年
  • 老人ホームのイメージに関する心理学的研究-1-:調査対象群間の比較,日本心理学会第49回大会発表論文集,1985年
  • 痴呆スクリーニング・テストの開発に関する研究,精神衛生研究,Vol. 32,p. 39-48,1985年
  • 保健所における老人精神衛生相談ケースの分析,老年社会科学,Vol. 7,p. 207-215,1985年
  • Semantic Differential法による老人ホームのイメージの測定(1),老年社会科学,Vol. 7,p. 137-154,1985年
  • 都市壮年における老後の生活像と準備行動(1)-老後の生活像-,老年社会科学,Vol. 7,p. 97-108,1985年
  • 老人ホームのイメージに関する心理学的研究,井上勝也・佐藤眞一,老人福祉,Vol. 70,p. 45-53,1985年
  • 高齢者の自覚的健康感の検討,日本老年社会科学会第26回大会発表論文集,1984年
  • 高齢者の心身の自覚的健康観に関する研究,谷口幸一・大塚俊男・佐藤眞一・丸山 晋・松本真作,老年社会科学,Vol. 6,p. 152-166,1984年
  • An investigation of anxiety-provoking situations among the aged.,Journal of Child Development,Vol. 19,p. 5-13,1983年
  • 高年者のパーソナリティに関する研究-ライフ・イベントの評価-,日本応用心理学会第50回大会発表論文集,1983年
  • 高年者の不安に関する研究:不安喚起状況の構造分析,日本心理学会第47回大会発表論文集,1983年
  • 高年者の人格特徴と成熟度に関する研究,日本心理学第47回大会発表論文集,1983年
  • 高年期のパーソナリティの研究-ライフ・イベントの評価-,愛国学園短期大学紀要,Vol. 3,p. 23-32,1983年
  • 高年者のパーソナリティに関する研究(2)-モラールとライフ・イベントの関連-,日本老年社会科学会第24回大会発表論文集,1982年
  • 高年者のパーソナリティに関する研究(1)-パーソナリティと人生体験の関連性-,日本教育心理学会第24回大会発表論文集,p. 494-495,1982年
  • 高年者の人格特徴と成熟度に関する研究,精神衛生研究,Vol. 29,p. 99-112,1982年
  • 高年者のパーソナリティに及ぼすライフ・イベントの影響,谷口幸一・大塚俊男・丸山 晋・佐藤眞一・松本真作,老年社会科学,Vol. 4,p. 111-128,1982年
  • 高齢者の不安に関する一研究-Person by Situation Interactionについての考察-,早稲田大学文学研究科昭和57年度修士論文,1982年
  • 『痴呆性老人の日常生活自立度判定基準の活用に関する研究』,平成6年度老人保健健康増進事業(厚生省)報告書
  • 死〜最後の人格成熟のチャンス〜,日本心理学会第57回大会(ワークショップ司会・討論)

著書

  • 認知症に心理学ができること,日本心理学会監修,岩原昭彦,松井三枝,平井啓 編,誠信書房,2021年06月
  • 認知症Plus コミュニケーション,大庭輝,佐藤眞一,日本看護協会出版会,2021年06月
  • 老いの取扱説明書:人生100年時代を生き抜くための、老化の最新知識,島田裕之,佐藤眞一編集協力,2021年06月
  • 公認心理師ベーシック講座 健康・医療心理学,大庭輝,佐藤眞一,講談社,2021年03月
  • 一般書・啓蒙書,マンガ認知症,ニコ・ニコルソン,佐藤, 眞一,筑摩書房,ISBN:9784480073228,2020年06月10日
  • 一般書・啓蒙書,認知症の「困った」をズバット解決,佐藤眞一,洋泉社新書y,2019年09月
  • 一般書・啓蒙書,ほんとうのトコロ、認知症ってなに?,山川みやえ,土岐博,佐藤眞一,大阪大学出版会,ISBN:9784872596373,2019年03月
  • 一般書・啓蒙書,まいにちが、あっけらかん―高齢になった母の気持ちと行動が納得できる心得帳―,佐藤眞一監修,なとみみわ(マンガ,つちや書店,ISBN:9784806916611,2019年02月
  • 教科書・概説・概論,認知症ケアプログラム―その人らしく過ごせるように―,佐藤眞一編,ダスキンライフケア事業部,2019年01月
  • 老爸老媽到底在想什麼?(「老いた親のきもちがわかる本」台湾版),佐藤真一監修,李友君訳,大是文化,ISBN:9789579164818,2018年12月
  • 教科書・概説・概論,シリーズ心理学と仕事6 高齢者心理学,佐藤眞一編著,北大路書房,ISBN:9784762830501,2018年12月
  • 一般書・啓蒙書,認知症の人の心の中はどうなっているのか?,佐藤眞一,光文社新書,ISBN:9784334043872,2018年12月
  • 老后生活心事典(「後半生のこころ事典」中国版),佐藤真一著,吳佩俞訳,上海社会科学院出版社,ISBN:9787552019919,2017年08月
  • 一般書・啓蒙書,老いた親の気持ちがわかる本,佐藤眞一,朝日新聞出版,ISBN:9784023331679,2017年08月
  • 学術書,Investigating Human Nature and Communication through Robots,Shuichi Nishio,Hideyuki Nakanishi,Tsutomu Fujinami,Frontiers Media,ISBN:9782889450862,2017年07月
  • 事典・辞書,認知症ケア用語辞典,一般社団法人認知症ケア学会認知症ケア用語辞典編纂員会編,一般社団法人認知症ケア学会,ISBN:9784863511156,2016年11月
  • 事典・辞書,認知症ケア用語辞典,一般社団法人認知症ケア学会認知症ケア用語辞典編纂員会編,一般社団法人認知症ケア学会,ISBN:9784863511156,2016年11月
  • 為什麼任性的父母更長壽?理解老後行為和心理的轉變,和父母相處得更自在愉快(ご老人は謎だらけ 老年行動学が解き明かす)改題 第2版,佐藤眞一著,林美琪訳,台湾:木馬文化,ISBN:9789863592990,2016年10月
  • 為什麼任性的父母更長壽?理解老後行為和心理的轉變,和父母相處得更自在愉快(ご老人は謎だらけ 老年行動学が解き明かす)改題 第2版,佐藤眞一著,林美琪訳,台湾:木馬文化,ISBN:9789863592990,2016年10月
  • 教科書・概説・概論,よくわかる高齢者心理学,佐藤眞一,権藤恭之編,ミネルヴァ書房,ISBN:9784623076550,2016年06月
  • 教科書・概説・概論,よくわかる高齢者心理学,佐藤眞一,権藤恭之編,ミネルヴァ書房,ISBN:9784623076550,2016年06月
  • 老後生活心事典(後半生のこころの事典),佐藤眞一著,吳佩俞訳,台湾:晨星,ISBN:9789864431274,2016年05月
  • 老後生活心事典(後半生のこころの事典),佐藤眞一著,吳佩俞訳,台湾:晨星,ISBN:9789864431274,2016年05月
  • 訪問看護事業所における遺族支援の実態調査報告書,中里和弘,島田千穂,舞鶴史絵,野田京,佐藤眞一,地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所,2016年04月
  • 訪問看護事業所における遺族支援の実態調査報告書,中里和弘,島田千穂,舞鶴史絵,野田京,佐藤眞一,地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所,2016年04月
  • 平成26・27年度 春日丘荘・春日丘荘『彩の家』看取りケアプロジェクト 中間報告書,看取りプログラム検討委員会,一ほか,社会福祉法人大阪府社会福祉事業団,2016年03月
  • 平成26・27年度 春日丘荘・春日丘荘『彩の家』看取りケアプロジェクト 中間報告書,看取りプログラム検討委員会,一ほか,社会福祉法人大阪府社会福祉事業団,2016年03月
  • 一般書・啓蒙書,健康介護コンシェルジュ検定3級お助けハンドブック,一般社団法人健康介護コンシェルジュ協会監修,佐藤眞一監修代表,株式会社ど~も,2015年06月
  • 教科書・概説・概論,健康介護コンシェルジュ検定3級公式テキストブック,一般社団法人健康介護コンシェルジュ協会監修,佐藤眞一監修代表,株式会社ど~も,2015年06月
  • 一般書・啓蒙書,健康介護コンシェルジュ検定3級お助けハンドブック,一般社団法人健康介護コンシェルジュ協会監修,佐藤眞一監修代表,株式会社ど~も,2015年06月
  • 教科書・概説・概論,健康介護コンシェルジュ検定3級公式テキストブック,一般社団法人健康介護コンシェルジュ協会監修,佐藤眞一監修代表,株式会社ど~も,2015年06月
  • 一般書・啓蒙書,後半生のこころの事典,佐藤眞一,CCCメディアハウス,ISBN:9784484152073,2015年05月
  • 一般書・啓蒙書,後半生のこころの事典,佐藤眞一,CCCメディアハウス,ISBN:9784484152073,2015年05月
  • 3ステップで理解する 認知症 相談・対応のポイント,佐藤眞一,大阪府,2015年03月
  • 3ステップで理解する 認知症 相談・対応のポイント,佐藤眞一,大阪府,2015年03月
  • 学術書,高齢者のこころとからだ事典,日本老年行動科学会監修,大川一郎編集代表,佐藤眞一ほか編,中央法規出版,ISBN:9784805850688,2014年09月
  • 学術書,高齢者のこころとからだ事典,日本老年行動科学会監修,大川一郎編集代表,佐藤眞一ほか編,中央法規出版,ISBN:9784805850688,2014年09月
  • 学術書,老いのこころ―加齢と成熟の発達心理学,佐藤眞一,高山 緑,増本康平,有斐閣,ISBN:9784641220164,2014年06月
  • 学術書,老いのこころ―加齢と成熟の発達心理学,佐藤眞一,高山 緑,増本康平,有斐閣,ISBN:9784641220164,2014年06月
  • 認知症ケア事例集―認知ケア・よりそうケアのすすめ方―,佐藤眞一監修,大阪府,2014年03月
  • 認知症ケア事例集―認知ケア・よりそうケアのすすめ方―,佐藤眞一監修,大阪府,2014年03月
  • 学術書,高齢者の心理,佐藤泰正,渡邉映子,大川一郎編著,おうふう,2011年11月
  • 学術書,高齢者の心理,佐藤泰正,渡邉映子,大川一郎編著,おうふう,2011年11月
  • 教科書・概説・概論,色彩福祉検定1級・2級公式テキスト,佐藤眞一,一般社団法人日本色彩環境福祉協会/誠文堂新光社,2011年04月
  • 教科書・概説・概論,色彩福祉検定1級・2級公式テキスト,佐藤眞一,一般社団法人日本色彩環境福祉協会/誠文堂新光社,2011年04月
  • 高齢社会の「生・活」事典,社会保険出版社,2011年
  • 教科書・概説・概論,高齢社会の「生・活」事典,生活,福祉環境づく,日本応用老年学会編,社会保険出版社,2011年01月
  • 学術書,調査・事例研究から読み解く高齢者の心と体 ケアに生かすQ&A,佐藤眞一,日本看護協会出版会,2010年12月
  • 学術書,老いとこころのケア―老年行動科学入門―,佐藤眞一,大川一郎,谷口幸一,ミネルヴァ書房,2010年07月
  • 一般書・啓蒙書,メガホリズム(過組織症)―組織に巣食う原罪―,佐藤眞一,本多-ハワード素子,阪急コミュニケーションズ,2010年04月
  • メガホリズム(過組織症)―組織に巣食う原罪―,阪急コミュニケーションズ,2010年
  • 学術書,新老年学[第3版],大内尉義,秋山弘子編集代表,東京大学出版会,2010年01月
  • 教科書・概説・概論,現代心理学入門─進化と文化のクロスロード─,西本武彦,大藪泰,福澤一吉,越川房子,川島書店,2009年05月
  • 一般書・啓蒙書,超高齢社会を生きる─介護保険・介護予防の今とこれから─,財)ダイヤ高齢社会研究財団編,ダイヤ財団新書,2009年03月
  • 超高齢社会を生きる─介護保険・介護予防の今とこれから─,ダイヤ財団新書,2009年
  • 現代心理学入門─進化と文化のクロスロード─,川島書店,2009年
  • 事典・辞書,カウンセリング心理学辞典,國分康孝,誠信書房,2008年11月
  • 学術書,自己心理学2 生涯発達心理学へのアプローチ,榎本博明,金子書房,2008年09月
  • エイジング心理学ハンドブック,Birren, J.E,Schaie, K,藤田綾子,山本浩市,北大路書房,2008年07月
  • 一般書・啓蒙書,仕切りたがる人─相手を見抜くタイプ心理学─,佐藤眞一,毎日コミュニケーションズ,2008年03月
  • 高齢者心理学,朝倉書店,2008年
  • 仕切りたがる人─相手を見抜くタイプ心理学─,毎日コミュニケーションズ,2008年
  • 教科書・概説・概論,高齢者心理学,権藤恭之,朝倉書店,2008年01月
  • 나이를 이기는 결정지능(「『結晶知能』革命」韓国版),佐藤眞一著,정환(イ・ジョファン)訳,韓国:비전하우스(ビジョンハウス),ISBN:9788995962855,2007年12月
  • 教科書・概説・概論,エイジング心理学,谷口幸一,佐藤眞一,北大路書房,2007年08月
  • エイジング心理学,北大路書房,2007年
  • 教科書・概説・概論,事例のまとめ方と発表のポイント,佐藤眞一,中央法規出版,2006年12月
  • 一般書・啓蒙書,「結晶知能」革命,佐藤眞一,小学館,2006年06月
  • 「結晶知能」革命,小学館,2006年
  • 事例のまとめ方と発表のポイント,中央法規出版,2006年
  • 学術書,カウンセリングの展望-今,カウンセリングの専門性を問う-,下司昌一,ブレーン出版,2005年08月
  • 一般書・啓蒙書,高齢者の心理がわかるQ&A,井上勝也,監修,秋山美栄子,荒木乳根子,佐藤眞一,そね田俊邦,中村淳子,中央法規出版,2005年04月
  • 高齢者の心理がわかるQ&A,中央法規出版,2005年
  • 一般書・啓蒙書,富美岡荘物語,佐藤眞一,中央法規出版,2004年09月
  • 富美岡荘物語,中央法規出版,2004年
  • 教科書・概説・概論,老いのこころを知る,柴田 博,長田久雄,ぎょうせい,2003年03月
  • 老いのこころを知る,ぎょうせい,2003年
  • 死ぬ瞬間の心理,Kastenbaum, R,井上勝也,西村書店,2002年09月
  • 学術書,臨床発達心理学概論:発達支援の理論と実際,長崎勤,古澤頼雄,藤田継道,ミネルヴァ書房,2002年08月
  • 痴呆の心理学入門,Miller, E,Morris, R,藤眞一,中央法規出版,2001年12月
  • 学術書,介護カウンセリングの事例,佐藤眞一,一橋出版,2000年07月
  • 学術書,【実践研究】痴呆性高齢者のメンタルケア,社会福祉法人慈心,メヂカルフレンド社,2000年04月
  • 事典・辞書,高齢者の「こころ」事典,井上勝也,大川一郎,荒木乳根子,大山博史,岡本多喜子,小池眞規子,佐藤眞一,高橋正雄,谷口幸一,横山博子,中央法規出版,2000年03月
  • 学術書,事例集高齢者のケア第4巻不安/訴え/心気症状,佐藤眞一,米山淑子,中央法規出版,1996年09月

作品

  • 臨床死生学・老年行動学に基づく高齢者の孤立と孤独に関する総合的研究,2011年 ~
  • 自立高齢者の健康維持・増進と社会参加・社会貢献を包括するプログラム指針の検討,2010年 ~
  • 食生活スタイルとQOL,2008年 ~
  • 記憶の歪曲と変容における加齢および認知障害の影響,2008年 ~
  • 「食」の生涯発達,2005年 ~
  • ウェルフェアテクノシステム研究開発,2000年 ~
  • シニアのためのマルチメディア・コンテンツ体系の整備-地域イントラネットによる生活情報システムの構築に向けて-,1999年 ~
  • 高齢者の記憶に残る音楽(歌)に関する調査研究報告書-音楽療法などの基礎的資料として-,1995年 ~
  • 高齢者の社会性における二側面:SocialityとSociabilityの検討,1995年 ~
  • 高齢者の対人的適応戦略:自己表出過程におけるソーシャルスキルの役割について,1991年 ~
  • 生涯発達に伴うソーシャル・サポート・ネットワークの変容とその社会的適応における役割の日米比較,1990年 ~
  • 都市化社会の進展に伴う生活構造の変容と“きずな”のダイナミックス,1990年 ~

受賞

  • 日本健康心理学会第32回大会優秀発表賞「独創性部門」,松井智子・平井啓・権藤恭之・佐藤眞一,日本健康心理学会,2019年09月
  • 第59回日本老年社会科学会優秀演題賞,中里和弘,島田千穂,舞鶴史絵,水雲 京,佐藤眞一,日本老年社会科学会,2017年06月
  • 大阪大学総長表彰,佐藤眞一,国立大学法人大阪大学,2013年01月
  • 日本老年行動科学会功労賞,佐藤眞一,日本老年行動科学会,2012年10月
  • 日本老年行動科学会表彰,佐藤眞一,日本老年行動科学会,2012年10月

委員歴

  • 学協会,日本心理学会,代議員,2021年04月 ~ 継続中
  • 学協会,日本老年学会,幹事,2018年06月 ~ 継続中
  • 学協会,日本老年社会科学会,理事(機関誌編集委員長),2018年06月 ~ 継続中
  • 学協会,日本老年臨床心理学会,理事,2017年 ~ 継続中
  • 学協会,日本老年医学会,機関誌編集委員,2014年08月 ~ 2019年03月
  • 学協会,日本老年社会科学会,研究倫理委員,2014年06月 ~ 2018年06月
  • 学協会,日本老年社会科学会,評議員,2012年04月 ~ 2018年06月
  • 学協会,第31回国際心理学会議組織委員会,プログラム委員会委員,2016年06月 ~ 2016年07月
  • 学協会,日本老年社会科学会,機関誌のあり方検討委員会委員長,2015年06月 ~ 2016年06月
  • 学協会,日本老年精神医学会,編集参与,2013年01月 ~ 2015年12月
  • 学協会,日本老年社会科学会,編集幹事,査読委員,1985年 ~ 1991年
  • 学協会,日本老年行動科学会,第22回大阪大会会長,2019年11月 ~
  • 学協会,日本老年社会科学会,第55回大阪大会会長,2013年06月 ~
  • 学協会,日本老年社会科学会,将来構想委員,2010年 ~
  • 学協会,日本発達心理学会,編集委員,2009年 ~
  • 学協会,日本応用老年学会,常任理事,2007年 ~
  • 学協会,日本認知症ケア学会,評議員,2005年 ~
  • 学協会,日本老年行動科学会,会長,2005年 ~
  • 学協会,日本老年行動科学会,会長,2004年 ~
  • 学協会,日本老年社会科学会,査読委員,2003年 ~
  • 学協会,日本発達心理学会,常任編集委員,2003年 ~
  • 学協会,日本発達心理学会,編集委員,2000年 ~
  • 学協会,日本発達心理学会,資格問題検討委員,2000年 ~
  • 学協会,日本老年行動科学会,副会長,2000年 ~
  • 学協会,日本発達心理学会,編集委員,2000年 ~
  • 学協会,日本老年行動科学会,常任理事,1997年 ~
  • 学協会,日本老年行動科学会,学会誌編集委員長,1997年 ~