EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

片田 竜一

Katada Ryuuichi

医学系研究科 医学専攻,特任准教授(常勤)

keyword アルコール医学,頭部外傷,ナトリウム,脳浮腫,アルコール,アクアポリン4

学歴

  • 2004年04月 ~ 2008年03月,札幌医科大学,大学院,医学研究科
  • 1997年04月 ~ 2003年03月,札幌医科大学,医学部,医学科

経歴

  • 2017年10月 ~ 継続中,大阪大学,大学院医学系研究科法医学教室,特任准教授
  • 2013年08月 ~ 2017年09月,大阪大学,大学院医学系研究科法医学教室,講師
  • 2012年09月 ~ 2013年07月,札幌医科大学,医学部法医学講座,講師
  • 2012年10月 ~ 2013年03月,カリフォルニア大学サンフランシスコ校,博士研究員
  • 2009年11月 ~ 2012年08月,札幌医科大学,医学部法医学講座,助教
  • 2008年07月 ~ 2008年10月,札幌医科大学,医学部法医学講座,特任助教

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,法医学

論文

  • Molecular mechanisms of Wischnewski spot development on gastric mucosa in fatal hypothermia: an experimental study in rats,Vol. 10,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 運転中に発症した心疾患事例の検討,楊志斌,片田竜一,杉本香奈,村田幸咲,郷野里奈,望月薫,高橋真樹子,藤本秀子,宮下洋平,東阪和馬,原田和生,松本博志,2019年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 法医解剖例におけるリチウム血中濃度測定の意義,原田和生,東阪和馬,杉本香奈,宮下洋平,楊志斌,藤本秀子,高橋真樹子,望月薫,片田竜一,松本博志,2019年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 脳梗塞後の脳浮腫形成にもたらす活性化microglia/macrophagesの役割,村田幸咲,杉本香奈,楊志斌,郷野里奈,平田雄一郎,宮下洋平,東阪和馬,原田和生,片田竜一,松本博志,2019年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 全エクソームおよびRNAシークエンスを用いた突然死の死亡機序の解明,宮下洋平,高橋真樹子,望月薫,中間健太郎,東阪和馬,杉本香奈,原田和生,片田竜一,松本博志,2019年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A case of severe soft tissue infection due to Streptococcus tigurinus diagnosed by necropsy in which genomic analysis was useful for clarifying its pathogenicity,Yoshizawa H,Motooka D,Matsumoto Y,Katada R,Nakamura S,Morii E,Iida T,Matsumoto H,Pathology International,No. 5,p. 1-6,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Heat stress changes Cx43 disposition, leading to develop arrhythmia,Hirata Y,Sugimoto K,Yang C,Kamakura Y,Katada R,Matsumoto H,The 10th International Symposium ADVANCES IN LEGAL MEDICINE,2017年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Prevention of stroke-related death: an experimental study on one protective mechanism of oxytocin for injured neurons in the rat stroke model,Sugimoto K,Yang C,Hirata Y,Kamakura Y,Katada R,Matsumoto H,The 10th International Symposium ADVANCES IN LEGAL MEDICINE,2017年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Whole-genome sequence of Streptococcus tigurinus strain osk_001, isolated from the postmortem material,Yoshizawa H,Motooka D,Katada R,Matsumoto Y,Nakamura S,Morii E,Iida T,Matsumoto H,Genome Announc,No. 5,p. e00878-17,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Transcriptome analysis on ethanol-induced brain injury among primary cultures of brain cells and slices,Kana Sugimoto,Hidekazu Tanaka,Ryuichi Katada,Kazuo Igarashi,Motonori Yoshida,Hiroshi Matsumoto,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Decapitation by the force to the body: a case report and a review of the literature,Katada R,Nishitani Y,Okazaki S,Matsumoto H,J. Forensic Res,Vol. 5,No. 4,p. 232-232,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Ethanol increases astrocyte aquaporin-4 expression under hyper-sodium condition,Katada R,Sugimoto K,Yoshida M,Matsumoto H,Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence,Vol. 49,No. 3,p. 188-194,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Greatly improved survival and neuroprotection in aquaporin-4-knockout mice following global cerebral ischemia,Vol. 28,No. 2,p. 705-714,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Experimental rat model for alcohol-induced osteonecrosis of the femoral head,Vol. 94,No. 5,p. 312-319,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Postmortem computed tomography lung findings in fatal of hypothermia.,Vol. 231,No. 1-3,p. 190-4,2013年09月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Weight bearing does not contribute to the development of osteonecrosis of the femoral head,Vol. 93,No. 6,p. 458-462,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The suppression of TRIM21 and the accumulation of IFN-alpha play crucial roles in the pathogenesis of osteonecrosis of the femoral head,Vol. 92,No. 9,p. 1318-1329,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Expression of Aquaporin-4 Augments Cytotoxic Brain Edema after Traumatic Brain Injury during Acute Ethanol Exposure,Vol. 180,No. 1,p. 17-23,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Epigenetic regulation of MIR-124 under ethanol dependence and withdrawal,Mizuo K,Katada R,Okazaki S,Tateda K,Watanabe S,Matsumoto H,Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence,Vol. 47,No. 3,p. 155-163,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Ethanol-induced hyponatremia augments brain edema after traumatic brain injury,Katada R,Watanabe S,Ishizaka A,Mizuo K,Okazaki S,Matsumoto H,Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence,Vol. 47,No. 2,p. 68-74,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • 脳挫傷後の脳浮腫増大にアルコールはglutathione系を介して関与する,片田 竜一,西谷 陽子,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 29,p. 55-58,2010年04月
  • エタノール処置後のCYP4発現と小胞体ストレスとの関係,西谷 陽子,片田 竜一,水尾 圭祐,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 29,p. 17-20,2010年04月
  • 死後CT画像と剖検所見 肺水腫を示す剖検5事例の検討,渡邊 智,片田 竜一,西谷 陽子,水尾 圭祐,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 52,p. 25-33,2009年11月
  • Prior Ethanol Injection Promotes Brain Edema after Traumatic Brain Injury,Vol. 26,No. 11,p. 2015-2025,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The Discrepant Severity of External and Internal Injuries in a Traffic Accident: The Cushioning Effect via a Human Body Against Direct Impact Autopsy Cases,Vol. 30,No. 2,p. 186-187,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • アルコールの脳挫傷後脳浮腫に及ぼす影響,片田 竜一,西谷 陽子,今林 貴代美,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 28,p. 66-69,2009年03月
  • Ethanol-induced JNK activation is suppressed via active Akt in hepatocytes,Nishitani Y,Okazaki S,Imabayashi K,Katada R,Matsumoto H,Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence,Vol. 43,p. 35-43,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Saturated and monounsaturated fatty acids increase interleukin-10 production in rat hepatocytes,Nishitani Y,Okazaki S,Imabayashi K,Katada R,Umetani K,Yajima H,Matsumoto H,Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence,Vol. 42,p. 32-35,2007年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • ステロイド性大腿骨頭壊死症の発生機序には基礎疾患の病態が関与する,岡崎 俊一郎,名越 智,佐々木 幹人,渡邊 智,片田 竜一,水尾 圭祐,山下 敏彦,北海道整形災害外科学会雑誌,北海道整形災害外科学会,Vol. 56,No. 1,p. 122-122,2014年12月
  • 低体温死の死後CTの肺野所見,兵頭 秀樹,渡邊 智,岡崎 俊一郎,水尾 圭祐,片田 竜一,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 57,p. 228-228,2014年11月
  • 死亡例におけるアルコールと外傷の関係 6施設共同研究,松本 博志,片田 竜一,井上 裕匡,清水 淳也,工藤 利彩,羽竹 勝彦,田中 直子,飴野 清,木下 博之,白鳥 彩子,藤宮 龍也,米満 孝聖,西谷 陽子,日本アルコール・薬物医学会雑誌,(一社)日本アルコール・アディクション医学会,Vol. 49,No. 4,p. 210-210,2014年08月
  • Ethyl glucuronide、ethyl sulfateを用いた生前飲酒の証明,松本 博志,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,兵頭 秀樹,渡邊 智,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 56,p. 256-256,2013年11月
  • Bystander CPRによる重篤な合併症を認めた一剖検例,松田 律史,渡邊 智,石坂 篤,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 56,p. 259-259,2013年11月
  • 浴室内発見事例の検案時CT所見の検討,渡邊 智,片田 竜一,石坂 篤,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 56,p. 263-264,2013年11月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症ラットモデルにおける酸化ストレス,岡崎 俊一郎,名越 智,佐々木 幹人,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 87,No. 8,p. S1418-S1418,2013年08月
  • アルコールの浮腫を来す水チャンネル発現に及ぼす影響,片田 竜一,岡崎 俊一郎,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 48,No. 4,p. 111-111,2013年08月
  • エタノール依存形成におけるCdk5の役割,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,渡邊 智,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 48,No. 4,p. 175-175,2013年08月
  • 特発性大腿骨頭壊死症の発生機序におけるIFN-αとTRIM21の役割,舘田 健児,名越 智,山下 敏彦,岡崎 俊一郎,渡邊 智,片田 竜一,水尾 圭祐,松本 博志,北海道整形災害外科学会雑誌,北海道整形災害外科学会,Vol. 55,No. 1,p. 142-143,2013年08月
  • 死後CTによる骨密度解析,兵頭 秀樹,岡崎 俊一郎,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 67,No. 1,p. 64-64,2013年05月
  • アルコール再燃形成におけるヒストン脱アセチル化酵素の役割,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 67,No. 1,p. 90-90,2013年05月
  • 溺水における死後CT画像の所見(第2報),渡邊 智,片田 竜一,兵頭 秀樹,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 67,No. 1,p. 94-94,2013年05月
  • 居合わせた人によるCPRの重篤な合併症 1症例報告(The severe complication of bystander CPR: a case report),松田 律史,渡邊 智,石坂 篤,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 67,No. 1,p. 120-120,2013年05月
  • アルコール代謝酵素多型と飲酒マーカー濃度の関係,松本 博志,石坂 篤,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,兵頭 秀樹,渡邊 智,DNA多型,日本DNA多型学会,Vol. 21,p. 250-252,2013年05月
  • Inhibiton of IRF7 prevents developing corticosteroid-induced osteonecrosis of the femoral head,Vol. 27,2013年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Disfunction of endosome prevents developing alcoholic fatty liver disease via inhibition of TLR4, TLR7, and TLR9 signaling pathways,Vol. 27,2013年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ステロイド性ラット大腿骨頭壊死モデルにおける大腿骨頭内のIFN-α発現,舘田 健児,岡崎 俊一郎,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,名越 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 87,No. 2,p. S453-S453,2013年03月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症ラットモデルにおける酸化ストレス,岡崎 俊一郎,名越 智,片田 竜一,水尾 圭祐,佐々木 幹人,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 87,No. 2,p. S454-S454,2013年03月
  • 反射式環境定量分析システム(RQフレックス)を用いた体液Mgイオン濃度測定の法医学的応用の可能性,栗山 直弘,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 55,p. 298-299,2012年11月
  • 溺水における脳Aquaporin-4発現に及ぼすアルコールの影響,片田 竜一,渡邊 智,岡崎 俊一郎,舘田 健児,水尾 圭祐,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 55,p. 299-299,2012年11月
  • 死後CTにおける心血管内気体像の法医学的評価,渡邊 智,片田 竜一,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,石坂 篤,兵頭 秀樹,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 55,p. 299-300,2012年11月
  • 死後マルチスライスCTを用いた高エネルギー損傷の成傷機序の検討,舘田 健児,渡邊 智,片田 竜一,岡崎 俊一郎,水尾 圭祐,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 55,p. 304-304,2012年11月
  • アルコール性大腿骨頭壊死症と肝機能障害の関係,岡崎 俊一郎,館田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,名越 智,山下 敏彦,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 31,p. 41-41,2012年10月
  • エタノールの再燃時における脳内エピジェネティクス,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 31,p. 49-50,2012年10月
  • アルコールによる脳浮腫増悪に及ぼすNaよびAQP4の影響,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 31,p. 51-53,2012年10月
  • 分子標的薬を用いた特発性大腿骨頭壊死症の発生予防の可能性,岡崎 俊一郎,名越 智,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 86,No. 8,p. S1182-S1182,2012年08月
  • 特発性大腿骨頭壊死症の発生機序におけるTRIM21の役割,舘田 健児,岡崎 俊一郎,名越 智,水尾 圭祐,片田 竜一,渡邊 智,松本 博志,山下 敏彦,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 86,No. 8,p. S1182-S1182,2012年08月
  • 特発性大腿骨頭壊死症の発生におけるtoll-like receptor signaling pathwayの役割,岡崎 俊一郎,名越 智,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 86,No. 8,p. S1183-S1183,2012年08月
  • 特発性大腿骨頭壊死症の発生におけるステロイドの作用,岡崎 俊一郎,名越 智,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 86,No. 8,p. S1321-S1321,2012年08月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症の発生における荷重の影響,岡崎 俊一郎,片田 竜一,水尾 圭介,渡邊 智,松本 博志,舘田 健児,名越 智,山下 敏彦,北海道整形災害外科学会雑誌,北海道整形災害外科学会,Vol. 54,No. 1,p. 123-123,2012年08月
  • ラットアルコール性大腿骨頭壊死症モデル作製,岡崎 俊一郎,片田 竜一,水尾 圭介,渡邊 智,松本 博志,舘田 健児,名越 智,山下 敏彦,北海道整形災害外科学会雑誌,北海道整形災害外科学会,Vol. 54,No. 1,p. 124-124,2012年08月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症発生における自然免疫シグナル伝達,岡崎 俊一郎,名越 智,佐々木 幹人,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,東日本整形災害外科学会雑誌,東日本整形災害外科学会,Vol. 24,No. 3,p. 368-368,2012年08月
  • アルコールと外傷 頭部外傷の予後に及ぼす飲酒の影響,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,石坂 篤,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 90-90,2012年08月
  • アルコール・薬物研究の未来に向けて 飲酒者の頭部外傷死を予防する,片田 竜一,石坂 篤,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 122-122,2012年08月
  • エタノールおよび低Naのアクアポリン4発現に及ぼす影響,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,石坂 篤,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 133-133,2012年08月
  • エタノールは高Na血症において脳アクアポリン4発現を上昇させる,片田 竜一,渡邊 智,石坂 篤,岡崎 俊一郎,水尾 圭祐,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 134-134,2012年08月
  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬はアルコールの再燃を抑制する,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,石坂 篤,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 136-136,2012年08月
  • アルコール性大腿骨頭壊死症とアルコール性肝障害の関係,岡崎 俊一郎,名越 智,片田 竜一,水尾 圭祐,石坂 篤,渡邉 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 138-138,2012年08月
  • アルコール性脂肪性肝障害におけるXBP1とTLRシグナリングの関係,柏木 智則,石坂 篤,岡崎 俊一郎,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 146-146,2012年08月
  • アルコール性脂肪性肝障害におけるTRIM21の発現とviperin活性の役割,石坂 篤,岡崎 俊一郎,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 47,No. 4,p. 147-147,2012年08月
  • 低Na血症によるAQP4発現上昇がアルコールの脳挫傷後脳浮腫増大に関与する,片田 竜一,石坂 篤,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 66,No. 1,p. 68-68,2012年05月
  • 死後CTにおける頭蓋腔内と心血管内気体像の法医学的評価,渡邊 智,片田 竜一,石坂 篤,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 66,No. 1,p. 78-78,2012年05月
  • 自然免疫機構の特発性大腿骨頭壊死症発生における役割,岡崎 俊一郎,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,石坂 篤,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 66,No. 1,p. 94-94,2012年05月
  • 法医学剖検例におけるアルコール関連死 外傷とアルコール消費の関係(Alochol-related death in forensic autopsy cases: relationship between trauma and alcohol consumption),石坂 篤,片田 竜一,岡崎 俊一郎,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 66,No. 1,p. 105-105,2012年05月
  • TRIM21とviperinがアルコール性脂肪肝傷害を引き起こす(TRIM21 and viperin contribute to development of alcoholic fatty liver injury),石坂 篤,岡崎 俊一郎,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 66,No. 1,p. 105-105,2012年05月
  • The proton pump inhibition removes alcoholic fatty liver disease via inactivation of TLR signaling pathway,Vol. 26,2012年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Innate immune signaling plays a crucial role in the pathogenesis of avascular osteonecrosis of the femoral head,Vol. 26,2012年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 特発性大腿骨頭壊死症の発生における一酸化窒素の関与,舘田 健児,加谷 光規,佐々木 幹人,小助川 維摩,名越 智,山下 敏彦,岡崎 俊一郎,渡邊 智,片田 竜一,水尾 圭祐,松本 博志,北海道整形災害外科学会雑誌,北海道整形災害外科学会,Vol. 53,No. 2,p. 302-302,2012年03月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症と自然免疫機構の関係,岡崎 俊一郎,名越 智,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邉 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 86,No. 3,p. S547-S547,2012年03月
  • 検案における死後画像検査の応用,片田 竜一,渡邊 智,石坂 篤,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会プログラム・抄録集,(一社)日本臨床医学リスクマネジメント学会,Vol. 10回,p. 84-84,2012年03月
  • 死後CTにて解離性大動脈破裂が疑われた肺動脈損傷による心タンポナーデの一例,渡邊 智,片田 竜一,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 54,p. 279-279,2011年11月
  • 焼死における血清クレアチニン測定の法医診断上の有用性,柳澤 結希,藤野 景子,渡邊 智,片田 竜一,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 54,p. 280-280,2011年11月
  • 溺水におけるAquaporin-4発現の差異,片田 竜一,渡邊 智,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 54,p. 281-281,2011年11月
  • 羊水吸引により窒息死したと考えられた被膜児の一剖検例,村山 公介,長尾 沙智子,渡邊 智,片田 竜一,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 54,p. 282-282,2011年11月
  • アルコールの頭部外傷に及ぼす影響,片田 竜一,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 46,No. 5,p. 424-435,2011年10月28日
  • エタノール依存時および再燃時における脳内マイクロRNAの発現動態,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集,日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会,Vol. 21回・41回,p. 170-170,2011年10月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症の発生における活性酸素種の関与,舘田 健児,岡崎 俊一郎,渡邊 智,片田 竜一,水尾 圭祐,名越 智,山下 敏彦,松本 博志,日本関節病学会誌,(一社)日本関節病学会,Vol. 30,No. 3,p. 324-324,2011年10月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症発生における自然免疫シグナリングの役割,岡崎 俊一郎,名越 智,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本臨床免疫学会会誌,日本臨床免疫学会,Vol. 34,No. 4,p. 292-292,2011年08月
  • アルコール性大腿骨頭壊死症動物モデル作製と肝機能障害の関係,岡崎 俊一郎,舘田 健児,名越 智,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 85,No. 8,p. S1180-S1180,2011年08月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症の発生における荷重の影響,岡崎 俊一郎,舘田 健児,名越 智,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 85,No. 8,p. S1180-S1180,2011年08月
  • ステロイド性大腿骨頭壊死症における一酸化窒素の関わり,舘田 健児,岡崎 俊一郎,渡邊 智,片田 竜一,水尾 圭祐,名越 智,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 85,No. 8,p. S1210-S1210,2011年08月
  • 特発性大腿骨頭壊死の発生機構における一酸化窒素の関与,舘田 健児,岡崎 俊一郎,名越 智,加谷 光規,佐々木 幹人,小助川 維摩,山下 敏彦,渡邊 智,水尾 圭祐,片田 竜一,松本 博志,北海道整形災害外科学会雑誌,北海道整形災害外科学会,Vol. 53,No. 1,p. 165-166,2011年08月
  • エタノール依存モデルにおけるmiR-124の発現動態,水尾 圭祐,片田 竜一,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 46,No. 4,p. 133-133,2011年08月
  • エタノールによる脳挫傷後脳浮腫増大には低ナトリウム血症およびAQP4発現の上昇が関与する,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 46,No. 4,p. 149-149,2011年08月
  • MYD88-INDEPENDENT PATHWAY PROMOTES DEVELOPMENT OF ALCOHOL-INDUCED OSTEONECROSIS OF THE FEMORAL HEAD,Vol. 35,No. 6,p. 181A-181A,2011年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • アセタゾラミドはAQP4の発現を抑制することでアルコールによる脳挫傷後脳浮腫を軽減させる,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 65,No. 1,p. 50-50,2011年05月
  • 溺水における死後CT画像の所見 肺間隙胸郭比による溺死肺の評価,渡邊 智,片田 竜一,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 65,No. 1,p. 72-72,2011年05月
  • アルコール性大腿骨頭壊死症と肝機能障害の関係,岡崎 俊一郎,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 65,No. 1,p. 92-92,2011年05月
  • 大腿骨骨頭壊死発病における一酸化窒素の役割(Role of nitric oxide in the pathogenesis of osteonecrosis of femoral head),舘田 健児,岡崎 俊一郎,渡邊 智,片田 竜一,水尾 圭祐,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 65,No. 1,p. 99-99,2011年05月
  • ヒトの睡眠がエタノールの排出動態に与える影響(Effects of sleeping on ethanol elimination kinetics in human),石坂 篤,清水 淳也,田中 麻希,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 65,No. 1,p. 102-102,2011年05月
  • アルコール性脂肪肝の発病におけるXBP1の役割(Role of XBP1 in pathogenesis of alcoholic fatty liver disease),柏木 智則,岡崎 俊一郎,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 65,No. 1,p. 102-102,2011年05月
  • 脂肪酸はラット肝細胞においてアルコール負荷時のERストレスを増強するか,横山 佳浩,柏木 智則,岡崎 俊一郎,舘田 健児,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 30,p. 11-13,2011年04月
  • アルコール性肝障害におけるXBP1の役割,柏木 智則,岡崎 俊一郎,舘田 健児,横山 佳浩,片田 竜一,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 30,p. 14-17,2011年04月
  • Aquaporin-4がアルコール摂取における脳挫傷後脳浮腫増悪に及ぼす影響,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,西谷 陽子,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 30,p. 57-60,2011年04月
  • エタノール急性投与が脳におけるヒストン脱アセチル化酵素に及ぼす影響,水尾 圭祐,片田 竜一,舘田 健児,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 30,p. 61-63,2011年04月
  • Chronic ethanol consumption changes expression of microRNA in mouse brain,Vol. 71,p. E397-E397,2011年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 心嚢内肺動脈損傷による心タンポナーデの1例,渡邊 智,片田 竜一,舘田 健児,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,西谷 陽子,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 53,p. 155-161,2010年11月
  • 重度の心肥大を認めた交通事故事例3例,西谷 陽子,片田 竜一,岡崎 俊一郎,渡邊 智,舘田 健児,水尾 圭祐,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 53,p. 213-213,2010年11月
  • ACUTE ETHANOL ADMINISTRATION CHANGES IN THE EXPRESSION OF MICRORNAS IN MOUSE BRAIN,Vol. 34,No. 8,p. 157A-157A,2010年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ALCOHOL CONSUMPTION INDUCES INSULIN RESISTANCE IN FATTY LIVER DISEASE?,Vol. 34,No. 8,p. 152A-152A,2010年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 特発性大腿骨頭壊死の発生機構における一酸化窒素の関与,舘田 健児,岡崎 俊一郎,名越 智,渡邊 智,片田 竜一,水尾 圭祐,加谷 光規,佐々木 幹人,小助川 維摩,山下 敏彦,松本 博志,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 84,No. 8,p. S1079-S1079,2010年08月
  • アルコールによる脳挫傷増悪に及ぼすaquaporin-4の役割,片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 45,No. 4,p. 132-132,2010年08月
  • エタノール急性投与は脳におけるヒストンアセチル化を促進する,水尾 圭祐,西谷 陽子,片田 竜一,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌,日本アルコール・薬物医学会,Vol. 45,No. 4,p. 178-178,2010年08月
  • エタノール急性投与が脳におけるヒストンアセチル化におよぼす影響(Effect of acute ethanol administration on histone acetylation in mouse brain),水尾 圭祐,西谷 陽子,片田 竜一,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 756-756,2010年08月
  • Aquaporin-4はアルコール摂取における脳挫傷後脳浮腫を増悪させる(Aquaporin-4 plays a pivotal role in developing brain edema after traumatic brain injury in alcohol-treated rats),片田 竜一,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 759-759,2010年08月
  • アルコールによる脳挫傷後脳浮腫増大におけるAQP4の役割,片田 竜一,西谷 陽子,水尾 圭祐,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 64,No. 1,p. 55-55,2010年05月
  • エタノールの急性投与は脳におけるmiR-124の発現を増加させる,水尾 圭祐,西谷 陽子,片田 竜一,舘田 健児,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 64,No. 1,p. 78-78,2010年05月
  • Alcohol consumption promotes insulin resistance via accumulation of proinflammatory responses in the NIDDM murine model,Vol. 24,2010年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The defensive effect of nitric oxide on the pathogenesis of steroid-induced femoral head osteonecrosis,Vol. 24,2010年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • アルコールによる中枢神経系におけるmiR-132の発現動態,水尾 圭祐,西谷 陽子,片田 竜一,舘田 健児,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 29,p. 52-54,2010年04月
  • Aquaporin-4 plays a pivotal role in developing brain edema after traumatic brain injury in alcohol-treated rats,Vol. 68,p. E427-E427,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Effect of acute ethanol administration on histone acetylation in mouse brain,Vol. 68,p. E422-E423,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 転落後の衝撃により頸部が離断したと考えられる一例,片田 竜一,西谷 陽子,藤井 健一,岡崎 俊一郎,渡邊 智,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 52,p. 255-256,2009年11月
  • エタノールが脂肪酸代謝に及ぼす影響,西谷 陽子,水尾 圭祐,片田 竜一,舘田 健児,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 44,No. 4,p. 390-391,2009年08月28日
  • アルコール摂取後の脳挫傷増悪に及ぼす酸化的ストレスの影響,片田 竜一,西谷 陽子,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 44,No. 4,p. 398-399,2009年08月28日
  • エタノール急性投与による脳におけるマイクロRNAの発現変動,水尾 圭祐,西谷 陽子,片田 竜一,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 44,No. 4,p. 430-431,2009年08月28日
  • ALCOHOL CONSUMPTION DEVELOPS TYPE II DIABETES MELLITUS IN THE NSY MICE,Vol. 33,No. 6,p. 230A-230A,2009年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 四塩化炭素は何を刺激して肝線維化を誘導するか,今林 貴代美,西谷 陽子,藤井 健一,岡崎 俊一郎,片田 竜一,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 28,p. 94-98,2009年03月
  • 屋内で発見された2例の受傷時期の検討,石坂 篤,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,今林 貴代美,片田 竜一,梅谷 宏二郎,千田 昇平,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 51,p. 279-279,2008年12月
  • アルコールの脳挫傷後脳浮腫に及ぼす影響,片田 竜一,西谷 陽子,今林 貴代美,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 43,No. 4,p. 474-476,2008年08月28日
  • 四塩化炭素は何を刺激して肝線維化を誘導するか,今林 貴代美,西谷 陽子,藤井 健一,岡崎 俊一郎,片田 竜一,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 43,No. 4,p. 498-499,2008年08月28日
  • 抗酸化剤はアルコール摂取後における脳挫傷の予後を改善させる,片田 竜一,西谷 陽子,今林 貴代美,水尾 圭祐,渡邊 智,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 43,No. 4,p. 540-542,2008年08月28日
  • Contribution of polyunsaturated fatty acid in alcoholic liver injury,Vol. 32,No. 6,p. 38A-38A,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Promotion of brain edema after traumatic brain injury by ethanol,Vol. 32,No. 6,p. 169A-169A,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • アルコールによる生体防御の破綻機構 非アルコール性肝障害との比較解析から,松本 博志,藤井 健一,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,片田 竜一,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 62,No. 1,p. 53-53,2008年03月
  • 飲酒者の脳挫傷後の死亡機序 動物モデルを用いた検討,片田 竜一,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,今林 貴代美,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 62,No. 1,p. 92-92,2008年03月
  • Ethanol consumption cause severe brain edema via oxidative stress after traumatic brain injury,Vol. 61,p. S276-S276,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 腸閉塞により死亡した一例,西谷 陽子,今林 貴代美,岡崎 俊一郎,梅谷 宏二郎,片田 竜一,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 50,p. 294-294,2007年11月
  • 高齢者虐待の1例,片田 竜一,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,梅谷 宏二郎,今林 貴代美,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 50,p. 297-297,2007年11月
  • 溺死と疑われていた1事例,今林 貴代美,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,梅谷 宏二郎,片田 竜一,松本 博志,法医学の実際と研究,法医学談話会,No. 50,p. 299-299,2007年11月
  • エタノールの脳挫傷に及ぼす影響,片田 竜一,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,矢嶋 秀教,今林 貴代美,松本 博志,アルコールと医学生物学,(株)響文社,Vol. 27,p. 12-15,2007年09月
  • 尿中 5-HTOL は飲酒の証明に使用できるか,梅谷 宏二郎,西谷 陽子,今林 貴代美,片田 竜一,矢島 秀教,千田 昇平,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 42,No. 4,p. 296-297,2007年08月28日
  • エタノールに対するAkt活性化経路の防御的役割,西谷 陽子,今林 貴代美,片田 竜一,矢島 秀教,梅谷 宏二郎,千田 昇平,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 42,No. 4,p. 314-315,2007年08月28日
  • アルコール摂取は脳挫傷後の浮腫を遅延させ悪化させる,片田 竜一,西谷 陽子,梅谷 宏二郎,今林 貴代美,矢島 秀教,千田 昇平,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 42,No. 4,p. 320-321,2007年08月28日
  • アルコール性肝線維化を四塩化炭素投与モデルから考える,今林 貴代美,西谷 陽子,片田 竜一,梅谷 宏二郎,矢島 秀教,千田 昇平,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 42,No. 4,p. 386-387,2007年08月28日
  • 脳挫傷の病態進展に及ぼすアルコールの影響,片田 竜一,西谷 陽子,今林 貴代美,岡崎 俊一郎,梅谷 宏二郎,矢島 秀教,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 61,No. 1,p. 58-58,2007年03月
  • 尿中5-HTOLは飲酒の証明に使用できるか,梅谷 宏二郎,西谷 陽子,今林 貴代美,岡崎 俊一郎,片田 竜一,矢島 秀教,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 61,No. 1,p. 69-69,2007年03月
  • アルコール急死モデルにおける生体防御機構の動態,岡崎 俊一郎,西谷 陽子,片田 竜一,梅谷 宏二郎,矢島 秀教,今林 貴代美,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 61,No. 1,p. 91-91,2007年03月
  • Toxicity of polyunsaturated fatty acids in rat hepatocytes: Role of fatty acids in the pathogenesis of alcoholic liver disease,Vol. 30,No. 9,p. 160A-160A,2006年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Acute ethanol induces activation of Akt and NF-kappaB to prevent activation of JNK, a cell death protein kinase, in the liver,Vol. 30,No. 9,p. 160A-160A,2006年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • アルコールの非アルコール性肝障害進展に及ぼす影響,松本 博志,藤井 健一,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,梅谷 宏二郎,今林 貴代美,矢島 秀教,片田 竜一,岡本 摩耶,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 41,No. 3,p. 190-191,2006年06月28日
  • アルコール性肝障害進展における多価不飽和脂肪酸の役割,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,今林 貴代美,梅谷 宏二郎,矢島 秀教,片田 竜一,岡本 摩耶,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 41,No. 3,p. 262-263,2006年06月28日
  • エンドトキシン前処置ラットのアルコール投与後死亡におけるサイトカイン活性機構,岡崎 俊一郎,西谷 陽子,梅谷 宏二郎,今林 貴代美,矢島 秀教,岡本 摩耶,片田 竜一,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 41,No. 3,p. 264-265,2006年06月28日
  • エタノールの線虫の温度走化性におよぼす影響,矢島 秀教,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,今林 貴代美,梅谷 宏二郎,片田 竜一,岡本 摩耶,松本 博志,日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence,Vol. 41,No. 3,p. 284-285,2006年06月28日
  • Acute ethanol activates cell survival signalling via Akt and NF kappa B to prevent cell death via JNK in the liver.,Vol. 30,No. 6,p. 222A-222A,2006年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 剖検で認められる非アルコール性肝障害の進展機構,松本 博志,藤井 健一,西谷 陽子,岡崎 俊一郎,梅谷 宏二郎,今林 貴代美,矢島 秀教,片田 竜一,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 60,No. 1,p. 47-47,2006年03月
  • 特発性大腿骨頭壊死と肝障害の関係,岡崎 俊一郎,西谷 陽子,今林 貴代美,片田 竜一,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 60,No. 1,p. 54-54,2006年03月
  • 肝臓における多価不飽和脂肪酸がJNK活性におよぼす影響,西谷 陽子,今林 貴代美,岡崎 俊一郎,梅谷 宏二郎,片田 竜一,矢島 秀教,松本 博志,日本法医学雑誌,(NPO)日本法医学会,Vol. 60,No. 1,p. 73-73,2006年03月
  • Role of dietary oils in the progress of nonalcoholic fatty liver disease in mice,Vol. 39,p. S50-S50,2005年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Effects of hindlimb unloading on hepatic inflammatory response in rats,Vol. 39,p. S51-S51,2005年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Contribution of TLR4 to the pathogenesis of nonalcoholic fatty liver disease,Vol. 39,p. S51-S51,2005年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)