EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

武中 章太

Takenaka Shouta

医学系研究科,助教

MISC

  • 後方アプローチと胸腔鏡下腫瘍摘出術で摘出したダンベル型神経鞘腫の2例,川岸 耕太朗,舟木 壮一郎,谷口 聖治,福井 絵里子,狩野 孝,大瀬 尚子,南 正人,新谷 康,武中 章太,海渡 貴司,肺癌,(NPO)日本肺癌学会,Vol. 60,No. 2,p. 158-159,2020年04月
  • 超早期および早期生物学的製剤導入による関節リウマチ頸椎病変の抑制効果,海渡 貴司,大島 至郎,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,藤原 啓恭,小田 剛紀,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 94,No. 2,p. S227-S227,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症に対する皮下ドレーン留置法併用後方矯正固定術の不可視出血量の検討,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 94,No. 2,p. S265-S265,2020年03月
  • 安静時functional MRIを用いた頸髄症患者における脳機能結合解析の厳密な多重比較補正を適用した再検討,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 94,No. 3,p. S609-S609,2020年03月
  • 胸腰椎破裂骨折に対するshort-segment fixationにおける骨折椎体矯正不良因子の検討 近畿5府県での多施設研究,青野 博之,奥田 哲教,菊地 剛,竹下 博志,長田 圭司,武中 章太,伊藤 康夫,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 94,No. 3,p. S624-S624,2020年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における内視鏡下開窓術のadvantageは何か Open開窓術との手術成績比較,藤森 孝人,坂浦 博伸,池上 大督,杉浦 剛,向井 克容,細野 昇,武中 章太,立石 耕介,冨士 武史,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 94,No. 3,p. S716-S716,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症の矯正手術後に脚長差は改善するか,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 94,No. 3,p. S1036-S1036,2020年03月
  • 化膿性脊椎炎の手術治療における予後不良因子 大阪脊椎脊髄グループデータベース,右近 裕一朗,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,柏井 将文,岩崎 幹季,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 164-164,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症における術前脚長差の脊柱矯正による変化,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 178-178,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症に対する皮下ドレーン留置法併用後方矯正固定術の不可視出血量に影響する因子,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 184-184,2020年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における内視鏡下開窓術のadvantageは何か?Open開窓術との手術成績比較,藤森 孝人,坂浦 博伸,池上 大督,杉浦 剛,向井 克容,武中 章太,細野 昇,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 186-186,2020年03月
  • びまん性特発性骨増殖症(DISH)患者では胸椎椎体Hounsfield値は低下しない,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 200-200,2020年03月
  • 安静時functional MRIを用いた脳局所活動評価による頸髄症患者の可塑性、予後予測の妥当性検証,武中 章太,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 216-216,2020年03月
  • 後方進入腰椎椎体間固定術におけるTitanium-coated PEEKケージと3D-printed porous titanium alloyケージの臨床・画像成績 術後1年までの比較,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 232-232,2020年03月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する椎体形成術におけるリン酸カルシウムセメントとハイドロキシアパタイトブロックによる臨床成績比較,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,若尾 典充,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 277-277,2020年03月
  • ヒト脂肪由来間葉系幹細胞静脈注射による椎間板変性予防効果と細胞外小胞(EVs)による作用機序の検討,中川 真一,串岡 純一,岡田 倫太郎,小玉 城,立岩 大輔,右近 裕一朗,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 287-287,2020年03月
  • 低磁場が骨形成に及ぼす影響の検討,岡田 倫太郎,海渡 貴司,串岡 純一,小玉 城,立岩 大輔,右近 裕一朗,中川 真一,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 290-290,2020年03月
  • 新規BMP/Smad経路制御機構の探索 Smurf2ノックアウトマウスを用いた検討,串岡 純一,岡田 倫太郎,Bal Zeynep,小玉 城,石黒 博之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,吉川 秀樹,今村 健志,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 292-292,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症に対する後方矯正固定術の皮下ドレーン留置法の安全性の検討,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 339-339,2020年03月
  • 成人脊柱変形手術の患者満足度を規定する因子は何か?,長本 行隆,岩崎 幹季,武中 章太,奥田 眞也,松本 富哉,高橋 佳史,古家 雅之,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 346-346,2020年03月
  • 脊椎手術後の新規在院死亡リスク因子の探索 多施設データベースを用いたマッチング症例対照研究,串岡 純一,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,岩崎 幹季,柏井 将文,吉川 秀樹,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 450-450,2020年03月
  • 透析症例に着目した脊椎手術合併症報告 大阪脊椎脊髄グループデータベース2020,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,岩崎 幹季,柏井 将文,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 525-525,2020年03月
  • 生物学的製剤の超早期および早期導入RA患者における頸椎病変,海渡 貴司,大島 至郎,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,藤原 啓恭,小田 剛紀,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 527-527,2020年03月
  • 定量的CTを用いた思春期特発性側彎症の椎体内骨密度の左右差と可逆性の検討,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 532-532,2020年03月
  • 椎間孔拡大術を併用した椎弓形成術に発生する術後上肢麻痺の特徴 大阪脊椎脊髄グループデータベース,石黒 博之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,岩崎 幹季,柏井 将文,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 11,No. 3,p. 560-560,2020年03月
  • 【脊椎低侵襲手術の最近の話題】Cortical Bone Trajectoryの最前線と今後の展望,武中 章太,Bone Joint Nerve,(株)アークメディア,Vol. 9,No. 4,p. 513-519,2019年10月
  • 頸椎を含めた成人脊柱矢状面アライメント不良に対する治療戦略 胸椎・腰椎手術で治る頸椎アライメント異常の評価および治療戦略とは?,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 62,No. 秋季学会,p. 31-31,2019年09月
  • 平行低磁場はラット骨髄間質細胞の配向性および骨芽細胞分化に影響を与える,岡田 倫太郎,海渡 貴司,串岡 純一,小玉 城,立岩 大輔,右近 裕一朗,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 93,No. 8,p. S1754-S1754,2019年09月
  • rhBMP-2/PLA-PEG/ナノハイドロキシアパタイトにより作成した新規バイオマテリアルを用いた骨再生技術の確立,Bal Zeynep,海渡 貴司,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,小玉 城,牧野 孝洋,武中 章太,Korkusuz Feza,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 93,No. 8,p. S1754-S1754,2019年09月
  • 脊椎疾患のニューロイメージングの近未来 安静時fMRIを用いた脳機能結合解析に基づく頸髄症の予後予測を目指して,海渡 貴司,武中 章太,串岡 純一,吉川 秀樹,渡邉 嘉之,田中 壽,寒 重之,柴田 政彦,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 93,No. 7,p. 456-459,2019年07月
  • 脊髄係留症候群に対して3椎間Ponte osteotomyによる脊椎短縮固定術を施行した1例,宮崎 亮,海渡 貴司,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 62,No. 3,p. 595-595,2019年05月
  • 脊髄係留症候群に対して3椎間Ponte osteotomyによる脊椎短縮固定術を施行した1例,宮崎 亮,海渡 貴司,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 62,No. 3,p. 601-602,2019年05月
  • 頸髄症患者の脳局所活動評価における可塑性、予後予測 安静時functional MRIを用いて,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 93,No. 3,p. S699-S699,2019年03月
  • 超早期および早期生物学的製剤導入が関節リウマチ頸椎病変に与えるインパクト,海渡 貴司,大島 至郎,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,藤原 啓恭,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 161-161,2019年03月
  • 安静時functional MRIを用いた頸髄症患者の脳局所活動評価における可塑性、予後予測,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 163-163,2019年03月
  • 成人脊柱変形術後におけるS2AIスクリューの緩みの危険因子の同定,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 327-327,2019年03月
  • 腰椎変性すべり症に対する開窓術とPLIFの手術成績の比較 傾向スコアを用いた検討,杉浦 剛,奥田 真也,武中 章太,高橋 佳史,松本 富哉,長本 行隆,岩崎 幹季,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 334-334,2019年03月
  • 椎弓根に発生した類骨骨腫に対する温度モニタリング併用ナビゲーションガイド下ラジオ波焼灼術の有用性の検討,右近 裕一朗,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 391-391,2019年03月
  • アストロサイト活性化阻害薬(ONO-2506)は脊髄損傷後の神経障害性疼痛を抑制する,石黒 博之,海渡 貴司,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,小玉 城,塚崎 裕之,右近 裕一朗,立岩 大輔,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 401-401,2019年03月
  • Titanium-coated PEEK cageと3D-printed porous titanium alloy cageのcage界面におけるbone ongrowthに差はあるか? CT color mappingを用いた評価,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 427-427,2019年03月
  • 腰椎椎体間ケージのバイオマテリアルとバイオメカニクス 新規加工技術がもたらすもの,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 494-494,2019年03月
  • 3D-printed porous titanium alloy cageの界面における椎体終板との骨結合はフレーム部と開窓部どちらが早い? CT color mappingを用いた評価,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 497-497,2019年03月
  • 頸椎変性疾患に着目した脊椎手術合併症報告 大阪脊椎脊髄グループデータベース2019,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 533-533,2019年03月
  • 初回腰椎手術における硬膜損傷の予後因子 多施設合併症データベース,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 536-536,2019年03月
  • 大型ケージ設置を併用したCBT法PLIF 従来型ケージ設置との術後2年成績比較,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,柏井 将文,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 622-622,2019年03月
  • 従来型PSに支持面積を増大させた大型ケージを併用したPLIFは骨癒合を促進し臨床症状を改善させる,蟹江 祐哉,藤原 啓恭,浦川 ひかり,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 10,No. 3,p. 630-630,2019年03月
  • 【超高齢社会の健康長寿を脅かす脊椎疾患-最新のトピックス-】神経障害 腰部脊柱管狭窄症の外科治療,武中 章太,Pharma Medica,(株)メディカルレビュー社,Vol. 37,No. 1,p. 21-25,2019年01月
  • 頸髄症患者における安静時自発脳活動のALFFおよびReHoによる検討,寒 重之,串岡 純一,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,Journal of Musculoskeletal Pain Research,(一社)日本運動器疼痛学会,Vol. 10,No. 3,p. S107-S107,2018年11月
  • rhBMP-2/PLA-PEG/ナノハイドロキシアパタイトを用いた新規複合体バイオマテリアルによる骨再生技術の確立,Bal Zeynep,海渡 貴司,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,牧野 孝洋,武中 章太,Korkusuz Feza,Korkusuz Petek,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 8,p. S1695-S1695,2018年08月
  • ONO-2506はアストロサイト活性化を阻害することで脊髄損傷後の神経障害性疼痛を抑制する,石黒 博之,海渡 貴司,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,小玉 城,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 8,p. S1896-S1896,2018年08月
  • 静磁場が異所性骨形成に及ぼす影響の検討,岡田 倫太郎,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,石黒 博之,橋本 国彦,串岡 純一,小玉 城,Bal Zeynep,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 8,p. S1995-S1995,2018年08月
  • 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】術後評価 頸髄症術後成績の経時変化,海渡 貴司,藤原 啓恭,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,吉川 秀樹,整形外科,(株)南江堂,Vol. 69,No. 6,p. 640-643,2018年05月
  • 脊椎疾患のニューロイメージングの近未来 安静時fMRIを用いた脳機能的結合解析に基づく頸髄症の予後予測,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 2,p. S334-S334,2018年03月
  • 特発性側彎症に対する後方矯正固定術の三次元解析 術後椎体回旋とrib humpの関係,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,菅本 一臣,海渡 貴司,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S692-S692,2018年03月
  • 頸髄症術後の脳機能結合における代償性変化 術前後の安静時functional MRIを用いて,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S722-S722,2018年03月
  • 骨性終板を温存した新規椎体間固定の動物モデル作製,岡田 倫太郎,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,金山 完哲,北口 和真,石黒 博之,橋本 国彦,串岡 純一,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S865-S865,2018年03月
  • 新規プロスタグランジンEP4受容体アゴニストの骨アナボリック作用効果,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,釜谷 崇志,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S976-S976,2018年03月
  • 思春期特発性側彎症患者における腰背部痛の危険因子の検討 アライメントか心理的因子か,牧野 孝洋,海渡 貴司,坂井 勇介,武中 章太,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S1081-S1081,2018年03月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による組織的・機能的な椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,北口 和真,橋本 国彦,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S1107-S1107,2018年03月
  • 頸髄症における脳機能的結合の変化 安静時functional MRIを用いた検討,串岡 純一,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S1190-S1190,2018年03月
  • 頸髄症の新規予後予測バイオマーカーとしての脳機能的結合評価の有用性 安静時fMRIによる検討,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 92,No. 3,p. S1191-S1191,2018年03月
  • 安静時fMRIを用いた脳機能的結合解析による頸髄症の新規予後予測法の開発,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 241-241,2018年03月
  • 汎用画像ソフトウェアを用いた新規骨密度定量評価法の開発,武中 章太,坂井 勇介,牧野 孝洋,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 279-279,2018年03月
  • 思春期特発性側彎症術前後の非固定椎体における椎体Hounsfield Unit値の検討,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 372-372,2018年03月
  • 近位胸椎カーブの残存は特発性側彎症における選択的胸椎固定術後のDistal adding-on危険因子である,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 470-470,2018年03月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による構造的・力学的な椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,鎗光 清道,牧野 孝洋,武中 章太,千々松 良太,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,森口 悠,藤江 裕道,中村 憲正,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 541-541,2018年03月
  • 従来型PSに支持面積を増大させた大型ケージを併用したPLIFは骨癒合を促進し臨床症状を早期に改善させる,蟹江 祐哉,牧野 孝洋,藤原 啓恭,武中 章太,坂井 勇介,浦川 ひかり,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 584-584,2018年03月
  • ケージ支持面積増加させた前方支柱再建はCBT法PLIFにおける骨癒合時期を早め骨癒合率を高める,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,浦川 ひかり,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 584-584,2018年03月
  • 実臨床を反映した新規の椎体間固定動物モデル作製,岡田 倫太郎,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,石黒 博之,橋本 国彦,串岡 純一,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 631-631,2018年03月
  • ONO-2506はアストロサイト活性化とグリア瘢痕形成を阻害することで脊髄損傷後の神経障害性疼痛を抑制する,石黒 博之,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 634-634,2018年03月
  • 周術期死亡に着目した脊椎手術合併症報告 大阪脊椎脊髄グループデータベース2018,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 655-655,2018年03月
  • 初回腰椎手術における硬膜損傷はその他の周術期合併症を増加させるか 多施設前向き研究,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 657-657,2018年03月
  • 胸腰椎破裂骨折に対するshort-segment fixationの椎体矯正の限界 受傷からの日数で整復に差があるか?,青野 博之,飛松 秀和,武中 章太,長本 行隆,古家 雅之,山下 智也,岩崎 幹季,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 719-719,2018年03月
  • 側方進入椎体間固定術前造影CTを用いた腰椎分節動脈走行の検討,塚崎 裕之,藤原 啓恭,小田 剛紀,森口 悠,牧野 孝洋,武中 章太,米延 策雄,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 762-762,2018年03月
  • DVRを併用した思春期特発性側彎症の後方矯正固定術後にneutral vertebraはneutralであり続けるか?,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 9,No. 3,p. 775-775,2018年03月
  • 安静時fMRIによる頸髄症患者における局所自発脳活動の検討,寒 重之,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,吉川 秀樹,柴田 政彦,Journal of Musculoskeletal Pain Research,(一社)日本運動器疼痛学会,Vol. 9,No. 3,p. S53-S53,2017年10月
  • 頸髄症における術前・術前後の脳機能的結合の変化 安静時fMRIによる検討,串岡 純一,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,寒 重之,吉川 秀樹,柴田 政彦,Journal of Musculoskeletal Pain Research,(一社)日本運動器疼痛学会,Vol. 9,No. 3,p. S77-S77,2017年10月
  • シンポジウム この10年のイノベーション椎弓形成術の合併症制圧を目指して 軸性疼痛とC5麻痺,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,池上 大督,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 9,p. 1502-1507,2017年09月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による組織的・力学的な椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,北口 和真,橋本 国彦,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 91,No. 8,p. S1535-S1535,2017年08月
  • プロスタグランジンEP4受容体アゴニストは骨芽細胞および破骨細胞分化を骨形成優位に促進する,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,Bal Zeynep,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 91,No. 8,p. S1644-S1644,2017年08月
  • 頸椎症性脊髄症における安静時fMRIを用いた脳機能的・解剖学的変化の検討,串岡 純一,渡海 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,寒 重之,吉川 秀樹,柴田 政彦,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 91,No. 8,p. S1853-S1853,2017年08月
  • 頸椎症性脊髄症における安静時fMRIを用いた自発脳活動および機能的結合の変化の検討,串岡 純一,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,寒 重之,柴田 政彦,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 32,No. 2,p. 126-126,2017年06月
  • 続発性首下がり症候群に対して間接的矯正を施行した1例,前中 貴博,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 60,No. 春季学会,p. 104-104,2017年04月
  • 【C5麻痺の今】C5麻痺の予防法 氷冷灌流水による回転ドリル摩擦熱の抑制,武中 章太,細野 昇,脊椎脊髄ジャーナル,(株)三輪書店,Vol. 30,No. 3,p. 221-225,2017年03月
  • ベイジアンネットワークを用いた腰椎変性疾患による術前下垂足の予後予測,武中 章太,青野 博之,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 242-242,2017年03月
  • 思春期特発性側彎症患者における腰背部痛の危険因子について カーブの動的変化や心理的因子は疼痛と関連はあるか?,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 287-287,2017年03月
  • プロスタグランジンEP-4受容体アゴニストの骨分化および骨形成の促進効果,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 300-300,2017年03月
  • XLIFにおけるケージ内移植材料として自家骨は人工骨(リフィット)と比較し骨癒合率・骨形成量において有意に優れる,串岡 純一,牧野 孝洋,森口 悠,藤原 啓恭,武中 章太,坂井 勇介,小田 剛紀,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 313-313,2017年03月
  • 歯突起後方偽腫瘍に対する手術加療と治療成績多施設20例の検討,中川 真一,藤森 孝人,海渡 貴司,松岡 孝志,石井 正悦,武中 章太,坂井 勇介,豊田 和也,柏井 将文,有賀 健太,山崎 良二,塚崎 裕之,杉浦 剛,黒田 有佑,大西 厚範,三輪 俊格,大阪大学医学部附属病院脊椎外科グループ,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 375-375,2017年03月
  • C5麻痺の発症時期は術式および疾患により異なるか? メタアナリシスによる検証,武中 章太,長本 行隆,青野 博之,海渡 貴司,牧野 孝洋,坂井 勇,細野 昇,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 387-387,2017年03月
  • 腰椎手術後の脊椎硬膜下血腫の発生頻度とその危険因子に関する検討 410例の解析、2例の自験例提示,長本 行隆,武中 章太,古家 雅之,青野 博之,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 391-391,2017年03月
  • 特発性側彎症に対する後方矯正固定術の3次元解析 術後椎体回旋とrib humpの関係,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,菅本 一臣,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 519-519,2017年03月
  • 大阪脊椎脊髄グループ手術合併症報告2017,武中 章太,坂井 勇介,牧野 孝洋,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 552-552,2017年03月
  • 関節リウマチ頸椎病変に対する手術の動向 大阪大学整形外科脊椎グループ多施設手術データベースによる検討,小玉 城,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 566-566,2017年03月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織を用いた椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,北口 和真,橋本 国彦,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 588-588,2017年03月
  • Titanium-coated PEEK cageのcage表面と椎体終板の接触面におけるbone ongrowth評価の試み,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 756-756,2017年03月
  • 1歳未満での先天性心疾患術後における側彎発症および重症度には術後心拡大と心機能が影響する,海渡 貴司,島田 勝利,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,市川 肇,帆足 孝也,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 8,No. 3,p. 780-780,2017年03月
  • 胸椎椎体と連続する硬膜外血管腫により脊髄障害を呈した1例,辻井 聡,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 60,No. 2,p. 381-382,2017年03月
  • プロスタグランジンEP-4受容体アゴニストはin vitroでの骨芽細胞分化およびin vivoでの骨形成を促進する,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,吉川 秀樹,移植,(一社)日本移植学会,Vol. 51,No. 6,p. 529-529,2016年12月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,移植,(一社)日本移植学会,Vol. 51,No. 6,p. 533-533,2016年12月
  • 胸椎椎体と連続する硬膜外血管腫により脊髄障害を呈した1例,辻井 聡,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 59,No. 秋季学会,p. 327-327,2016年09月
  • PTH1-34間欠投与はプレート固定を併用した大腿骨骨欠損モデルにおけるBMP誘導新生骨に対するモデリング効果を発揮できない,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,吉川 秀樹,日本骨粗鬆症学会雑誌,(一社)日本骨粗鬆症学会,Vol. 2,No. Suppl.1,p. 192-192,2016年09月
  • 頸髄症の評価方法としてのJOACMEQの優位性 JOAスコアには評価者の主観が反映される,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,藤原 靖,小西 宏昭,森下 雄一郎,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 7,No. 3,p. 369-369,2016年03月
  • 内視鏡下椎弓切除術の開窓術に対する低侵襲性評価 同一術者によるJOABPEQの追跡調査,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 7,No. 3,p. 419-419,2016年03月
  • 脊椎脊髄手術この10年のイノベーション 椎弓形成術の合併症制圧を目指して 軸性疼痛とC5麻痺,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,池上 大督,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 7,No. 3,p. 436-436,2016年03月
  • CBT法PLIFの従来法PLIFに対する低侵襲性評価-傾向スコアを用いたJOABPEQの追跡調査,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 7,No. 3,p. 538-538,2016年03月
  • 脊椎手術後の急性期痛に対するアセトアミノフェン4000mg/dの鎮痛効果(第2報) ロキソプロフェンナトリウム、アセトアミノフェン2400mg/dとの比較,長本 行隆,武中 章太,青野 博之,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 7,No. 3,p. 668-668,2016年03月
  • 氷冷灌流水の使用は椎弓形成術時の術後C5麻痺を有意に減少させる,武中 章太,細野 昇,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 6,No. 3,p. 260-260,2015年03月
  • PLIF後隣接椎間の楔状変形の検討 冠状面アライメントに注目して,立石 耕介,細野 昇,武中 章太,向井 克容,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 6,No. 3,p. 275-275,2015年03月
  • 術前の後方すべりは開窓術後に生じるヘルニアの危険因子である,武中 章太,細野 昇,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 6,No. 3,p. 756-756,2015年03月
  • 術前の後方すべりは開窓術後に生じるヘルニアの危険因子である,武中 章太,細野 昇,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 89,No. 3,p. S876-S876,2015年03月
  • 頸椎椎弓形成術後再手術例の検討,立石 耕介,武中 章太,冨士 武史,日本脊髄障害医学会雑誌,日本脊髄障害医学会,Vol. 28,No. 1,p. 76-77,2015年03月
  • PLIF術後のCRP値推移、熱型は使用したインプラントによって異なる,大西 厚範,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 57,No. 春季学会,p. 91-91,2014年03月
  • Cortical Bone Trajectory法による椎弓根スクリュー刺入はPLIF術後周術期疼痛を軽減できるか?,向井 克容,武中 章太,立石 耕介,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 5,No. 3,p. 200-200,2014年03月
  • 頸椎椎弓形成術の限界 再手術例の検討,立石 耕介,細野 昇,向井 克容,武中 章太,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 5,No. 3,p. 430-430,2014年03月
  • 【知っ得!ナットク!頸椎疾患の治療と看護Q&A31】頸椎の手術治療Q&A,武中 章太,整形外科看護,(株)メディカ出版,Vol. 18,No. 7,p. 637-645,2013年07月
  • PLIFにおける術後腰痛およびJOABPEQ評価 従来法PLIFとMini-Open PLIFでのランダム化比較試験,向井 克容,武中 章太,細野 昇,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 4,No. 3,p. 243-243,2013年03月
  • 腰椎変性すべり症における性差について,立石 耕介,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 4,No. 3,p. 516-516,2013年03月
  • 胸髄症において術前症候より障害高位は推定可能か?,武中 章太,海渡 貴司,細野 昇,三輪 俊格,小田 剛紀,奥田 真也,山下 智也,大島 和也,有賀 健太,浅野 雅敏,淵矢 剛司,黒田 有佑,長本 行隆,牧野 孝洋,山崎 良二,米延 策雄,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 4,No. 3,p. 741-741,2013年03月
  • 胸部脊髄症の神経症候としての腰痛 T11/12圧迫症例に着目して,武中 章太,海渡 貴司,細野 昇,三輪 俊格,小田 剛紀,奥田 真也,山下 智也,大島 和也,有賀 健太,浅野 雅敏,淵矢 剛司,黒田 有佑,長本 行隆,牧野 孝洋,山崎 良二,米延 策雄,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 4,No. 3,p. 741-741,2013年03月
  • 【後縦靱帯骨化症(OPLL)の治療】頸椎OPLLの治療 頸髄症の病因・病態,武中 章太,細野 昇,向井 克容,冨士 武史,関節外科,(株)メジカルビュー社,Vol. 31,No. 5,p. 526-532,2012年05月
  • 第3頸椎椎弓動脈瘤様骨嚢腫の脊柱管内進展により頸髄症を来たした高齢者の1例,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 55,No. 3,p. 659-660,2012年05月
  • 高齢者骨粗鬆症椎体骨折に対する前方、前後合併、短縮骨切りの手術成績の検討,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 55,No. 春季学会,p. 58-58,2012年04月
  • C5麻痺を予防しうる最も簡便な方法,武中 章太,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 55,No. 春季学会,p. 168-168,2012年04月
  • 生物学的製剤がリウマチ頸椎病変に与える影響 平均4.4年の中期成績,海渡 貴司,細野 昇,大脇 肇,武中 章太,藤原 啓恭,牧野 孝洋,米延 策雄,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 3,No. 3,p. 279-279,2012年03月
  • C5麻痺を予防しうる最も簡便な方法,武中 章太,細野 昇,向井 克容,淵矢 剛司,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 3,No. 3,p. 294-294,2012年03月
  • 第3頸椎椎弓動脈瘤様骨嚢腫の脊柱管内進展により頸髄症を来たした高齢者の1例,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 55,No. 秋季学会,p. 230-230,2011年10月
  • 【骨折・脊椎・股関節・膝がバッチリ!整形外科の最新器具・器械68】頸椎前方固定術,坂元 香織,古田 由美子,武中 章太,オペナーシング,(株)メディカ出版,Vol. 26,No. 6,p. 664-667,2011年06月
  • 【骨折・脊椎・股関節・膝がバッチリ!整形外科の最新器具・器械68】腰椎後方進入椎体固定術,坂元 香織,古田 由美子,武中 章太,オペナーシング,(株)メディカ出版,Vol. 26,No. 6,p. 668-679,2011年06月
  • 頸髄症における上肢筋力の術後変化(1年追跡),武中 章太,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,淵矢 剛司,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 2,No. 3,p. 537-537,2011年03月
  • 低侵襲手術手技で治療にパラダイムシフトは起きたか? PLIF術後の多裂筋内圧及び腰痛に関する前向き研究 従来法PLIFとMini-open PLIFでのランダム化比較試験,向井 克容,細野 昇,武中 章太,淵矢 剛司,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 2,No. 3,p. 598-598,2011年03月
  • JOABPEQを用いた内視鏡下椎間板摘出術とLove法の比較,武中 章太,向井 克容,細野 昇,牧野 孝洋,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 54,No. 1,p. 97-98,2011年01月
  • JOABPEQを用いた内視鏡下椎間板摘出術とLove法の比較,武中 章太,向井 克容,細野 昇,牧野 孝洋,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 53,No. 秋季学会,p. 151-151,2010年09月
  • 椎弓根スクリュー刺入経路が多裂筋内圧に与える影響 後方進入椎体間固定術(PLIF)における経時的計測,向井 克容,細野 昇,武中 章太,三輪 俊格,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 1,No. 3,p. 274-274,2010年03月
  • 生物学的製剤はリウマチ頸椎病変を抑制できるか,海渡 貴司,細野 昇,大脇 肇,大島 至郎,武中 章太,藤原 啓恭,牧野 孝洋,米延 策雄,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 1,No. 3,p. 530-530,2010年03月
  • ネジ型ケージと棘突起プレートを用いた後方進入腰椎椎体間固定術,冨士 武史,籔内 洋輔,武中 章太,三輪 俊格,向井 克容,細野 昇,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 1,No. 3,p. 722-722,2010年03月
  • PLIFを安全に行うための工夫 従来法との合併症比較,三輪 俊格,細野 昇,海渡 貴司,向井 克容,武中 章太,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 1,No. 3,p. 727-727,2010年03月
  • 脊椎手術後硬膜外血腫の検討,冨士 武史,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,武中 章太,籔内 洋輔,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 1,No. 4,p. 810-810,2010年03月
  • 頸髄症における上肢筋力の術後変化(定量評価),武中 章太,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,冨士 武史,Journal of Spine Research,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 1,No. 4,p. 928-928,2010年03月
  • 【ニガテ意識を克服できる!頸椎術後に生じる神経症状とその対応】頸椎・頸髄の解剖,武中 章太,整形外科看護,(株)メディカ出版,Vol. 14,No. 11,p. 1074-1079,2009年11月
  • 単椎間後方進入腰椎椎体間固定術の手術侵襲 棘突起プレート固定と椎弓根スクリュー固定の比較,籔内 洋輔,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 52,No. 秋季学会,p. 39-39,2009年09月
  • 後方進入腰椎椎体間固定術後の難治性感染に対し後方より掻爬・骨移植を行い骨癒合を得た1例,牧野 孝洋,細野 昇,三輪 俊格,武中 章太,向井 克容,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 52,No. 秋季学会,p. 74-74,2009年09月
  • 【変性腰椎の治療戦略】変性腰椎(脊柱管狭窄症)の治療 変性腰椎に対するPLIFの適応と限界,冨士 武史,三輪 俊格,武中 章太,細野 昇,海渡 貴司,牧野 孝洋,関節外科,(株)メジカルビュー社,Vol. 28,No. 5,p. 597-602,2009年05月
  • 磁気センサータッピング装置を用いた頸髄症の機能評価 術前・術後の変化,三輪 俊格,細野 昇,向井 克容,牧野 孝洋,武中 章太,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 20,No. 1,p. 4-4,2009年03月
  • 単椎間後方進入腰椎椎体間固定術における術後短期のCPK値の変化 椎弓根スクリュー固定と棘突起プレート固定の比較,籔内 洋輔,武中 章太,海渡 貴司,三輪 俊格,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 20,No. 1,p. 198-198,2009年03月
  • 頸部神経根症におけるmyelopathy hand,細野 昇,向井 克容,坂浦 博伸,牧野 孝洋,三輪 俊格,武中 章太,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 20,No. 2,p. 316-316,2009年03月
  • 胸部脊髄症の術前神経症候,武中 章太,海渡 貴司,米延 策雄,日本脊椎脊髄病学会雑誌,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 20,No. 2,p. 368-368,2009年03月
  • 高速回転ドリルによる摩擦熱はC5麻痺の原因となりうる,細野 昇,三輪 俊格,向井 克容,武中 章太,牧野 孝洋,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,(一社)日本脊椎脊髄病学会,Vol. 20,No. 2,p. 472-472,2009年03月
  • 当院における腰椎椎弓根スクリュー刺入精度向上の試み,武中 章太,田村 裕一,海渡 貴司,米延 策雄,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,(一社)中部日本整形外科災害外科学会,Vol. 51,No. 秋季学会,p. 69-69,2008年09月
  • 脳性麻痺児の入院訓練による日常生活動作の変化,武中 章太,柴田 徹,藤田 良,リハビリテーション医学,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 43,No. 5,p. 291-299,2006年05月
  • 膝伸展機構が破綻した人工膝関節に対し人工靱帯を使用した2例,武中 章太,神藤 佳孝,朴 智,宮崎 忠勝,後藤 一平,交通医学,日本交通医学会,Vol. 59,No. 1-2,p. 28-28,2005年03月
  • メソトレキセートで十分にコントロールできなかった関節リウマチに対する抗TNFα抗体「レミケード」の使用経験,神藤 佳孝,朴 智,宮崎 忠勝,武中 章太,後藤 一平,交通医学,日本交通医学会,Vol. 59,No. 1-2,p. 31-31,2005年03月
  • 脳卒中発症後6ヵ月以内にみられる骨代謝マーカーと踵骨超音波伝播速度(SOS)の変化,武中 章太,藤田 良,柴田 徹,細井 憲,御勢 真一,宮井 一郎,橋本 淳,リハビリテーション医学,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 41,No. Suppl.,p. S183-S183,2004年05月
  • 低酸素性脳症後遺症の両股関節脱臼・膝伸展拘縮に対する治療経験,御勢 真一,柴田 徹,望月 佐記子,藤田 良,川端 秀彦,飯島 祐紀,武中 章太,リハビリテーション医学,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 41,No. Suppl.,p. S197-S197,2004年05月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術治療の検討 椎弓形成術と椎弓切除術を比較して,神藤 佳孝,朴 智,宮崎 忠勝,武中 章太,後藤 一平,交通医学,日本交通医学会,Vol. 58,No. 1-2,p. 68-68,2004年03月
  • 障害児の入院訓練による日常生活動作の変化,武中 章太,柴田 徹,藤田 良,荒井 洋,リハビリテーション医学,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 40,No. Suppl.,p. S232-S232,2003年05月
  • 早期訓練を行い成人期に達した脳性麻痺者の実態調査,柴田 徹,飯島 祐紀,藤田 良,武中 章太,大下 舜治,鈴木 恒彦,梶浦 一郎,リハビリテーション医学,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 40,No. Suppl.,p. S234-S234,2003年05月

講演・口頭発表等

  • 椎間孔拡大術を併用した椎弓形成術に発生する術後上肢麻痺の特徴 大阪脊椎脊髄グループデータベース,石黒 博之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,岩崎 幹季,柏井 将文,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 定量的CTを用いた思春期特発性側彎症の椎体内骨密度の左右差と可逆性の検討,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 生物学的製剤の超早期および早期導入RA患者における頸椎病変,海渡 貴司,大島 至郎,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,藤原 啓恭,小田 剛紀,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 透析症例に着目した脊椎手術合併症報告 大阪脊椎脊髄グループデータベース2020,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,岩崎 幹季,柏井 将文,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 脊椎手術後の新規在院死亡リスク因子の探索 多施設データベースを用いたマッチング症例対照研究,串岡 純一,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,岩崎 幹季,柏井 将文,吉川 秀樹,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 成人脊柱変形手術の患者満足度を規定する因子は何か?,長本 行隆,岩崎 幹季,武中 章太,奥田 眞也,松本 富哉,高橋 佳史,古家 雅之,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症に対する後方矯正固定術の皮下ドレーン留置法の安全性の検討,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 新規BMP/Smad経路制御機構の探索 Smurf2ノックアウトマウスを用いた検討,串岡 純一,岡田 倫太郎,Bal Zeynep,小玉 城,石黒 博之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,吉川 秀樹,今村 健志,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 低磁場が骨形成に及ぼす影響の検討,岡田 倫太郎,海渡 貴司,串岡 純一,小玉 城,立岩 大輔,右近 裕一朗,中川 真一,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2020年03月
  • ヒト脂肪由来間葉系幹細胞静脈注射による椎間板変性予防効果と細胞外小胞(EVs)による作用機序の検討,中川 真一,串岡 純一,岡田 倫太郎,小玉 城,立岩 大輔,右近 裕一朗,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する椎体形成術におけるリン酸カルシウムセメントとハイドロキシアパタイトブロックによる臨床成績比較,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,若尾 典充,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 後方進入腰椎椎体間固定術におけるTitanium-coated PEEKケージと3D-printed porous titanium alloyケージの臨床・画像成績 術後1年までの比較,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 安静時functional MRIを用いた脳局所活動評価による頸髄症患者の可塑性、予後予測の妥当性検証,武中 章太,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • びまん性特発性骨増殖症(DISH)患者では胸椎椎体Hounsfield値は低下しない,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における内視鏡下開窓術のadvantageは何か?Open開窓術との手術成績比較,藤森 孝人,坂浦 博伸,池上 大督,杉浦 剛,向井 克容,武中 章太,細野 昇,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症に対する皮下ドレーン留置法併用後方矯正固定術の不可視出血量に影響する因子,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症における術前脚長差の脊柱矯正による変化,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 化膿性脊椎炎の手術治療における予後不良因子 大阪脊椎脊髄グループデータベース,右近 裕一朗,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,柏井 将文,岩崎 幹季,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症の矯正手術後に脚長差は改善するか,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,日本整形外科学会雑誌,2020年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における内視鏡下開窓術のadvantageは何か Open開窓術との手術成績比較,藤森 孝人,坂浦 博伸,池上 大督,杉浦 剛,向井 克容,細野 昇,武中 章太,立石 耕介,冨士 武史,日本整形外科学会雑誌,2020年03月
  • 胸腰椎破裂骨折に対するshort-segment fixationにおける骨折椎体矯正不良因子の検討 近畿5府県での多施設研究,青野 博之,奥田 哲教,菊地 剛,竹下 博志,長田 圭司,武中 章太,伊藤 康夫,日本整形外科学会雑誌,2020年03月
  • 安静時functional MRIを用いた頸髄症患者における脳機能結合解析の厳密な多重比較補正を適用した再検討,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,日本整形外科学会雑誌,2020年03月
  • 思春期特発性側彎症に対する皮下ドレーン留置法併用後方矯正固定術の不可視出血量の検討,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,日本整形外科学会雑誌,2020年03月
  • 超早期および早期生物学的製剤導入による関節リウマチ頸椎病変の抑制効果,海渡 貴司,大島 至郎,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,藤原 啓恭,小田 剛紀,日本整形外科学会雑誌,2020年03月
  • rhBMP-2/PLA-PEG/ナノハイドロキシアパタイトにより作成した新規バイオマテリアルを用いた骨再生技術の確立,Bal Zeynep,海渡 貴司,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,小玉 城,牧野 孝洋,武中 章太,Korkusuz Feza,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2019年09月
  • 平行低磁場はラット骨髄間質細胞の配向性および骨芽細胞分化に影響を与える,岡田 倫太郎,海渡 貴司,串岡 純一,小玉 城,立岩 大輔,右近 裕一朗,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2019年09月
  • 頸椎を含めた成人脊柱矢状面アライメント不良に対する治療戦略 胸椎・腰椎手術で治る頸椎アライメント異常の評価および治療戦略とは?,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2019年09月
  • 脊椎疾患のニューロイメージングの近未来 安静時fMRIを用いた脳機能結合解析に基づく頸髄症の予後予測を目指して,海渡 貴司,武中 章太,串岡 純一,吉川 秀樹,渡邉 嘉之,田中 壽,寒 重之,柴田 政彦,日本整形外科学会雑誌,2019年07月
  • 脊髄係留症候群に対して3椎間Ponte osteotomyによる脊椎短縮固定術を施行した1例,宮崎 亮,海渡 貴司,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2019年05月
  • 脊髄係留症候群に対して3椎間Ponte osteotomyによる脊椎短縮固定術を施行した1例,宮崎 亮,海渡 貴司,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2019年05月
  • 従来型PSに支持面積を増大させた大型ケージを併用したPLIFは骨癒合を促進し臨床症状を改善させる,蟹江 祐哉,藤原 啓恭,浦川 ひかり,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 大型ケージ設置を併用したCBT法PLIF 従来型ケージ設置との術後2年成績比較,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,柏井 将文,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 初回腰椎手術における硬膜損傷の予後因子 多施設合併症データベース,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 頸椎変性疾患に着目した脊椎手術合併症報告 大阪脊椎脊髄グループデータベース2019,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 3D-printed porous titanium alloy cageの界面における椎体終板との骨結合はフレーム部と開窓部どちらが早い? CT color mappingを用いた評価,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 腰椎椎体間ケージのバイオマテリアルとバイオメカニクス 新規加工技術がもたらすもの,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2019年03月
  • Titanium-coated PEEK cageと3D-printed porous titanium alloy cageのcage界面におけるbone ongrowthに差はあるか? CT color mappingを用いた評価,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2019年03月
  • アストロサイト活性化阻害薬(ONO-2506)は脊髄損傷後の神経障害性疼痛を抑制する,石黒 博之,海渡 貴司,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,小玉 城,塚崎 裕之,右近 裕一朗,立岩 大輔,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 椎弓根に発生した類骨骨腫に対する温度モニタリング併用ナビゲーションガイド下ラジオ波焼灼術の有用性の検討,右近 裕一朗,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 腰椎変性すべり症に対する開窓術とPLIFの手術成績の比較 傾向スコアを用いた検討,杉浦 剛,奥田 真也,武中 章太,高橋 佳史,松本 富哉,長本 行隆,岩崎 幹季,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 成人脊柱変形術後におけるS2AIスクリューの緩みの危険因子の同定,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 安静時functional MRIを用いた頸髄症患者の脳局所活動評価における可塑性、予後予測,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 超早期および早期生物学的製剤導入が関節リウマチ頸椎病変に与えるインパクト,海渡 貴司,大島 至郎,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,藤原 啓恭,Journal of Spine Research,2019年03月
  • 頸髄症患者の脳局所活動評価における可塑性、予後予測 安静時functional MRIを用いて,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2019年03月
  • 頸髄症患者における安静時自発脳活動のALFFおよびReHoによる検討,寒 重之,串岡 純一,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,Journal of Musculoskeletal Pain Research,2018年11月
  • 静磁場が異所性骨形成に及ぼす影響の検討,岡田 倫太郎,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,石黒 博之,橋本 国彦,串岡 純一,小玉 城,Bal Zeynep,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年08月
  • ONO-2506はアストロサイト活性化を阻害することで脊髄損傷後の神経障害性疼痛を抑制する,石黒 博之,海渡 貴司,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,小玉 城,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年08月
  • rhBMP-2/PLA-PEG/ナノハイドロキシアパタイトを用いた新規複合体バイオマテリアルによる骨再生技術の確立,Bal Zeynep,海渡 貴司,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,牧野 孝洋,武中 章太,Korkusuz Feza,Korkusuz Petek,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年08月
  • DVRを併用した思春期特発性側彎症の後方矯正固定術後にneutral vertebraはneutralであり続けるか?,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 側方進入椎体間固定術前造影CTを用いた腰椎分節動脈走行の検討,塚崎 裕之,藤原 啓恭,小田 剛紀,森口 悠,牧野 孝洋,武中 章太,米延 策雄,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 胸腰椎破裂骨折に対するshort-segment fixationの椎体矯正の限界 受傷からの日数で整復に差があるか?,青野 博之,飛松 秀和,武中 章太,長本 行隆,古家 雅之,山下 智也,岩崎 幹季,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 初回腰椎手術における硬膜損傷はその他の周術期合併症を増加させるか 多施設前向き研究,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 周術期死亡に着目した脊椎手術合併症報告 大阪脊椎脊髄グループデータベース2018,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,2018年03月
  • ONO-2506はアストロサイト活性化とグリア瘢痕形成を阻害することで脊髄損傷後の神経障害性疼痛を抑制する,石黒 博之,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 実臨床を反映した新規の椎体間固定動物モデル作製,岡田 倫太郎,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,石黒 博之,橋本 国彦,串岡 純一,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2018年03月
  • ケージ支持面積増加させた前方支柱再建はCBT法PLIFにおける骨癒合時期を早め骨癒合率を高める,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,浦川 ひかり,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 従来型PSに支持面積を増大させた大型ケージを併用したPLIFは骨癒合を促進し臨床症状を早期に改善させる,蟹江 祐哉,牧野 孝洋,藤原 啓恭,武中 章太,坂井 勇介,浦川 ひかり,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による構造的・力学的な椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,鎗光 清道,牧野 孝洋,武中 章太,千々松 良太,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,森口 悠,藤江 裕道,中村 憲正,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 近位胸椎カーブの残存は特発性側彎症における選択的胸椎固定術後のDistal adding-on危険因子である,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 思春期特発性側彎症術前後の非固定椎体における椎体Hounsfield Unit値の検討,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 汎用画像ソフトウェアを用いた新規骨密度定量評価法の開発,武中 章太,坂井 勇介,牧野 孝洋,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 安静時fMRIを用いた脳機能的結合解析による頸髄症の新規予後予測法の開発,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2018年03月
  • 頸髄症の新規予後予測バイオマーカーとしての脳機能的結合評価の有用性 安静時fMRIによる検討,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 頸髄症における脳機能的結合の変化 安静時functional MRIを用いた検討,串岡 純一,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による組織的・機能的な椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,北口 和真,橋本 国彦,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 思春期特発性側彎症患者における腰背部痛の危険因子の検討 アライメントか心理的因子か,牧野 孝洋,海渡 貴司,坂井 勇介,武中 章太,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 新規プロスタグランジンEP4受容体アゴニストの骨アナボリック作用効果,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,釜谷 崇志,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 骨性終板を温存した新規椎体間固定の動物モデル作製,岡田 倫太郎,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,金山 完哲,北口 和真,石黒 博之,橋本 国彦,串岡 純一,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 頸髄症術後の脳機能結合における代償性変化 術前後の安静時functional MRIを用いて,武中 章太,海渡 貴司,寒 重之,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 特発性側彎症に対する後方矯正固定術の三次元解析 術後椎体回旋とrib humpの関係,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,菅本 一臣,海渡 貴司,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 脊椎疾患のニューロイメージングの近未来 安静時fMRIを用いた脳機能的結合解析に基づく頸髄症の予後予測,海渡 貴司,寒 重之,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,柴田 政彦,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2018年03月
  • 頸髄症における術前・術前後の脳機能的結合の変化 安静時fMRIによる検討,串岡 純一,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,寒 重之,吉川 秀樹,柴田 政彦,Journal of Musculoskeletal Pain Research,2017年10月
  • 安静時fMRIによる頸髄症患者における局所自発脳活動の検討,寒 重之,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,串岡 純一,田中 壽,渡邉 嘉之,吉川 秀樹,柴田 政彦,Journal of Musculoskeletal Pain Research,2017年10月
  • シンポジウム この10年のイノベーション椎弓形成術の合併症制圧を目指して 軸性疼痛とC5麻痺,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,池上 大督,冨士 武史,Journal of Spine Research,2017年09月
  • 頸椎症性脊髄症における安静時fMRIを用いた脳機能的・解剖学的変化の検討,串岡 純一,渡海 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,寒 重之,吉川 秀樹,柴田 政彦,日本整形外科学会雑誌,2017年08月
  • プロスタグランジンEP4受容体アゴニストは骨芽細胞および破骨細胞分化を骨形成優位に促進する,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,串岡 純一,Bal Zeynep,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2017年08月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による組織的・力学的な椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,北口 和真,橋本 国彦,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,日本整形外科学会雑誌,2017年08月
  • 頸椎症性脊髄症における安静時fMRIを用いた自発脳活動および機能的結合の変化の検討,串岡 純一,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,坂井 勇介,田中 壽,渡邉 嘉之,寒 重之,柴田 政彦,PAIN RESEARCH,2017年06月
  • 続発性首下がり症候群に対して間接的矯正を施行した1例,前中 貴博,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2017年04月
  • 胸椎椎体と連続する硬膜外血管腫により脊髄障害を呈した1例,辻井 聡,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2017年03月
  • 1歳未満での先天性心疾患術後における側彎発症および重症度には術後心拡大と心機能が影響する,海渡 貴司,島田 勝利,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,市川 肇,帆足 孝也,Journal of Spine Research,2017年03月
  • Titanium-coated PEEK cageのcage表面と椎体終板の接触面におけるbone ongrowth評価の試み,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織を用いた椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,北口 和真,橋本 国彦,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 関節リウマチ頸椎病変に対する手術の動向 大阪大学整形外科脊椎グループ多施設手術データベースによる検討,小玉 城,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 大阪脊椎脊髄グループ手術合併症報告2017,武中 章太,坂井 勇介,牧野 孝洋,海渡 貴司,大阪脊椎脊髄グループ,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 特発性側彎症に対する後方矯正固定術の3次元解析 術後椎体回旋とrib humpの関係,坂井 勇介,牧野 孝洋,武中 章太,菅本 一臣,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 腰椎手術後の脊椎硬膜下血腫の発生頻度とその危険因子に関する検討 410例の解析、2例の自験例提示,長本 行隆,武中 章太,古家 雅之,青野 博之,Journal of Spine Research,2017年03月
  • C5麻痺の発症時期は術式および疾患により異なるか? メタアナリシスによる検証,武中 章太,長本 行隆,青野 博之,海渡 貴司,牧野 孝洋,坂井 勇,細野 昇,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 歯突起後方偽腫瘍に対する手術加療と治療成績多施設20例の検討,中川 真一,藤森 孝人,海渡 貴司,松岡 孝志,石井 正悦,武中 章太,坂井 勇介,豊田 和也,柏井 将文,有賀 健太,山崎 良二,塚崎 裕之,杉浦 剛,黒田 有佑,大西 厚範,三輪 俊格,大阪大学医学部附属病院脊椎外科グループ,Journal of Spine Research,2017年03月
  • XLIFにおけるケージ内移植材料として自家骨は人工骨(リフィット)と比較し骨癒合率・骨形成量において有意に優れる,串岡 純一,牧野 孝洋,森口 悠,藤原 啓恭,武中 章太,坂井 勇介,小田 剛紀,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2017年03月
  • プロスタグランジンEP-4受容体アゴニストの骨分化および骨形成の促進効果,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,吉川 秀樹,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 思春期特発性側彎症患者における腰背部痛の危険因子について カーブの動的変化や心理的因子は疼痛と関連はあるか?,牧野 孝洋,坂井 勇介,武中 章太,海渡 貴司,Journal of Spine Research,2017年03月
  • ベイジアンネットワークを用いた腰椎変性疾患による術前下垂足の予後予測,武中 章太,青野 博之,Journal of Spine Research,2017年03月
  • 脂肪由来間葉系幹細胞由来の三次元人工組織による椎間板再生,石黒 博之,海渡 貴司,金山 完哲,牧野 孝洋,武中 章太,森口 悠,中村 憲正,吉川 秀樹,移植,2016年12月
  • プロスタグランジンEP-4受容体アゴニストはin vitroでの骨芽細胞分化およびin vivoでの骨形成を促進する,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,吉川 秀樹,移植,2016年12月
  • PTH1-34間欠投与はプレート固定を併用した大腿骨骨欠損モデルにおけるBMP誘導新生骨に対するモデリング効果を発揮できない,金山 完哲,海渡 貴司,武中 章太,牧野 孝洋,北口 和真,坂井 勇介,石黒 博之,橋本 国彦,岡田 倫太郎,吉川 秀樹,日本骨粗鬆症学会雑誌,2016年09月
  • 胸椎椎体と連続する硬膜外血管腫により脊髄障害を呈した1例,辻井 聡,海渡 貴司,牧野 孝洋,武中 章太,坂井 勇介,吉川 秀樹,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2016年09月
  • 脊椎手術後の急性期痛に対するアセトアミノフェン4000mg/dの鎮痛効果(第2報) ロキソプロフェンナトリウム、アセトアミノフェン2400mg/dとの比較,長本 行隆,武中 章太,青野 博之,Journal of Spine Research,2016年03月
  • CBT法PLIFの従来法PLIFに対する低侵襲性評価-傾向スコアを用いたJOABPEQの追跡調査,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,2016年03月
  • 脊椎脊髄手術この10年のイノベーション 椎弓形成術の合併症制圧を目指して 軸性疼痛とC5麻痺,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,池上 大督,冨士 武史,Journal of Spine Research,2016年03月
  • 内視鏡下椎弓切除術の開窓術に対する低侵襲性評価 同一術者によるJOABPEQの追跡調査,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,2016年03月
  • 頸髄症の評価方法としてのJOACMEQの優位性 JOAスコアには評価者の主観が反映される,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,藤原 靖,小西 宏昭,森下 雄一郎,Journal of Spine Research,2016年03月
  • 頸椎椎弓形成術後再手術例の検討,立石 耕介,武中 章太,冨士 武史,日本脊髄障害医学会雑誌,2015年03月
  • 術前の後方すべりは開窓術後に生じるヘルニアの危険因子である,武中 章太,細野 昇,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,日本整形外科学会雑誌,2015年03月
  • 術前の後方すべりは開窓術後に生じるヘルニアの危険因子である,武中 章太,細野 昇,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,2015年03月
  • PLIF後隣接椎間の楔状変形の検討 冠状面アライメントに注目して,立石 耕介,細野 昇,武中 章太,向井 克容,冨士 武史,Journal of Spine Research,2015年03月
  • 氷冷灌流水の使用は椎弓形成術時の術後C5麻痺を有意に減少させる,武中 章太,細野 昇,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,2015年03月
  • 頸椎椎弓形成術の限界 再手術例の検討,立石 耕介,細野 昇,向井 克容,武中 章太,冨士 武史,Journal of Spine Research,2014年03月
  • Cortical Bone Trajectory法による椎弓根スクリュー刺入はPLIF術後周術期疼痛を軽減できるか?,向井 克容,武中 章太,立石 耕介,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,2014年03月
  • PLIF術後のCRP値推移、熱型は使用したインプラントによって異なる,大西 厚範,細野 昇,武中 章太,向井 克容,立石 耕介,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2014年03月
  • 胸部脊髄症の神経症候としての腰痛 T11/12圧迫症例に着目して,武中 章太,海渡 貴司,細野 昇,三輪 俊格,小田 剛紀,奥田 真也,山下 智也,大島 和也,有賀 健太,浅野 雅敏,淵矢 剛司,黒田 有佑,長本 行隆,牧野 孝洋,山崎 良二,米延 策雄,Journal of Spine Research,2013年03月
  • 胸髄症において術前症候より障害高位は推定可能か?,武中 章太,海渡 貴司,細野 昇,三輪 俊格,小田 剛紀,奥田 真也,山下 智也,大島 和也,有賀 健太,浅野 雅敏,淵矢 剛司,黒田 有佑,長本 行隆,牧野 孝洋,山崎 良二,米延 策雄,Journal of Spine Research,2013年03月
  • 腰椎変性すべり症における性差について,立石 耕介,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,Journal of Spine Research,2013年03月
  • PLIFにおける術後腰痛およびJOABPEQ評価 従来法PLIFとMini-Open PLIFでのランダム化比較試験,向井 克容,武中 章太,細野 昇,立石 耕介,冨士 武史,Journal of Spine Research,2013年03月
  • 第3頸椎椎弓動脈瘤様骨嚢腫の脊柱管内進展により頸髄症を来たした高齢者の1例,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2012年05月
  • C5麻痺を予防しうる最も簡便な方法,武中 章太,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2012年04月
  • 高齢者骨粗鬆症椎体骨折に対する前方、前後合併、短縮骨切りの手術成績の検討,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2012年04月
  • C5麻痺を予防しうる最も簡便な方法,武中 章太,細野 昇,向井 克容,淵矢 剛司,冨士 武史,Journal of Spine Research,2012年03月
  • 生物学的製剤がリウマチ頸椎病変に与える影響 平均4.4年の中期成績,海渡 貴司,細野 昇,大脇 肇,武中 章太,藤原 啓恭,牧野 孝洋,米延 策雄,Journal of Spine Research,2012年03月
  • 第3頸椎椎弓動脈瘤様骨嚢腫の脊柱管内進展により頸髄症を来たした高齢者の1例,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2011年10月
  • 低侵襲手術手技で治療にパラダイムシフトは起きたか? PLIF術後の多裂筋内圧及び腰痛に関する前向き研究 従来法PLIFとMini-open PLIFでのランダム化比較試験,向井 克容,細野 昇,武中 章太,淵矢 剛司,冨士 武史,Journal of Spine Research,2011年03月
  • 頸髄症における上肢筋力の術後変化(1年追跡),武中 章太,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,淵矢 剛司,冨士 武史,Journal of Spine Research,2011年03月
  • JOABPEQを用いた内視鏡下椎間板摘出術とLove法の比較,武中 章太,向井 克容,細野 昇,牧野 孝洋,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2011年01月
  • JOABPEQを用いた内視鏡下椎間板摘出術とLove法の比較,武中 章太,向井 克容,細野 昇,牧野 孝洋,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2010年09月
  • 頸髄症における上肢筋力の術後変化(定量評価),武中 章太,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,冨士 武史,Journal of Spine Research,2010年03月
  • 脊椎手術後硬膜外血腫の検討,冨士 武史,細野 昇,向井 克容,三輪 俊格,武中 章太,籔内 洋輔,Journal of Spine Research,2010年03月
  • PLIFを安全に行うための工夫 従来法との合併症比較,三輪 俊格,細野 昇,海渡 貴司,向井 克容,武中 章太,冨士 武史,Journal of Spine Research,2010年03月
  • ネジ型ケージと棘突起プレートを用いた後方進入腰椎椎体間固定術,冨士 武史,籔内 洋輔,武中 章太,三輪 俊格,向井 克容,細野 昇,Journal of Spine Research,2010年03月
  • 生物学的製剤はリウマチ頸椎病変を抑制できるか,海渡 貴司,細野 昇,大脇 肇,大島 至郎,武中 章太,藤原 啓恭,牧野 孝洋,米延 策雄,Journal of Spine Research,2010年03月
  • 椎弓根スクリュー刺入経路が多裂筋内圧に与える影響 後方進入椎体間固定術(PLIF)における経時的計測,向井 克容,細野 昇,武中 章太,三輪 俊格,冨士 武史,Journal of Spine Research,2010年03月
  • 後方進入腰椎椎体間固定術後の難治性感染に対し後方より掻爬・骨移植を行い骨癒合を得た1例,牧野 孝洋,細野 昇,三輪 俊格,武中 章太,向井 克容,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2009年09月
  • 単椎間後方進入腰椎椎体間固定術の手術侵襲 棘突起プレート固定と椎弓根スクリュー固定の比較,籔内 洋輔,武中 章太,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2009年09月
  • 高速回転ドリルによる摩擦熱はC5麻痺の原因となりうる,細野 昇,三輪 俊格,向井 克容,武中 章太,牧野 孝洋,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,2009年03月
  • 胸部脊髄症の術前神経症候,武中 章太,海渡 貴司,米延 策雄,日本脊椎脊髄病学会雑誌,2009年03月
  • 頸部神経根症におけるmyelopathy hand,細野 昇,向井 克容,坂浦 博伸,牧野 孝洋,三輪 俊格,武中 章太,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,2009年03月
  • 単椎間後方進入腰椎椎体間固定術における術後短期のCPK値の変化 椎弓根スクリュー固定と棘突起プレート固定の比較,籔内 洋輔,武中 章太,海渡 貴司,三輪 俊格,向井 克容,細野 昇,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,2009年03月
  • 磁気センサータッピング装置を用いた頸髄症の機能評価 術前・術後の変化,三輪 俊格,細野 昇,向井 克容,牧野 孝洋,武中 章太,冨士 武史,日本脊椎脊髄病学会雑誌,2009年03月
  • 当院における腰椎椎弓根スクリュー刺入精度向上の試み,武中 章太,田村 裕一,海渡 貴司,米延 策雄,中部日本整形外科災害外科学会雑誌,2008年09月
  • 脳性麻痺児の入院訓練による日常生活動作の変化,武中 章太,柴田 徹,藤田 良,リハビリテーション医学,2006年05月
  • メソトレキセートで十分にコントロールできなかった関節リウマチに対する抗TNFα抗体「レミケード」の使用経験,神藤 佳孝,朴 智,宮崎 忠勝,武中 章太,後藤 一平,交通医学,2005年03月
  • 膝伸展機構が破綻した人工膝関節に対し人工靱帯を使用した2例,武中 章太,神藤 佳孝,朴 智,宮崎 忠勝,後藤 一平,交通医学,2005年03月
  • 低酸素性脳症後遺症の両股関節脱臼・膝伸展拘縮に対する治療経験,御勢 真一,柴田 徹,望月 佐記子,藤田 良,川端 秀彦,飯島 祐紀,武中 章太,リハビリテーション医学,2004年05月
  • 脳卒中発症後6ヵ月以内にみられる骨代謝マーカーと踵骨超音波伝播速度(SOS)の変化,武中 章太,藤田 良,柴田 徹,細井 憲,御勢 真一,宮井 一郎,橋本 淳,リハビリテーション医学,2004年05月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術治療の検討 椎弓形成術と椎弓切除術を比較して,神藤 佳孝,朴 智,宮崎 忠勝,武中 章太,後藤 一平,交通医学,2004年03月
  • 早期訓練を行い成人期に達した脳性麻痺者の実態調査,柴田 徹,飯島 祐紀,藤田 良,武中 章太,大下 舜治,鈴木 恒彦,梶浦 一郎,リハビリテーション医学,2003年05月
  • 障害児の入院訓練による日常生活動作の変化,武中 章太,柴田 徹,藤田 良,荒井 洋,リハビリテーション医学,2003年05月