EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

糸数 隆秀

Itokazu Takahide

医学系研究科,特任准教授(常勤)

keyword 神経変性疾患,神経可塑性,包括脳ネットワーク

学歴

  • 1999年04月 ~ 2005年03月,京都大学医学部医学科

経歴

  • 2018年07月 ~ 継続中,大阪大学大学院医学系研究科,創薬神経科学共同研究講座,特任准教授
  • 2017年10月 ~ 2018年06月,西大和リハビリテーション病院 神経内科
  • 2016年01月 ~ 2017年10月,Tuebingen University(独),Postdoctoral Researcher
  • 2014年10月 ~ 2015年12月,大阪大学大学院医学系研究科,分子神経科学,特任助教
  • 2014年04月 ~ 2014年09月,国立病院機構 南京都病院 神経内科
  • 2010年04月 ~ 2014年03月,大阪大学大学院医学系研究科 分子神経科学,特別研究学生
  • 2010年04月 ~ 2014年03月,京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座 臨床神経学,大学院生
  • 2007年04月 ~ 2010年03月,天理よろづ相談所病院,神経内科
  • 2005年04月 ~ 2007年03月,天理よろづ相談所病院,ジュニアレジデント
  • ~ 2005年03月,京都大学医学部医学科 卒業

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,神経科学一般

所属学会

  • 日本解剖学会
  • 日本内科学会
  • 日本神経学会

論文

  • Interleukin-17A regulates ependymal cell proliferation and functional recovery after spinal cord injury in mice,Hisao Miyajima,Takahide Itokazu,Shogo Tanabe,Toshihide Yamashita,Cell Death & Disease,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 12,No. 8,2021年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Arid5a Promotes Immune Evasion by Augmenting Tryptophan Metabolism and Chemokine Expression.,Gyanu Parajuli,Murat Tekguc,James B Wing,Ari Hashimoto,Daisuke Okuzaki,Takeshi Hirata,Atsushi Sasaki,Takahide Itokazu,Haruka Handa,Hirokazu Sugino,Yoshihiro Nishikawa,Hozaifa Metwally,Yuzo Kodama,Shinya Tanaka,Hisataka Sabe,Toshihide Yamashita,Shimon Sakaguchi,Tadamitsu Kishimoto,Shigeru Hashimoto,Cancer immunology research,2021年05月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Complement cascade functions during brain development and neurodegeneration.,Oluwaseun Fatoba,Takahide Itokazu,Toshihide Yamashita,The FEBS journal,2021年02月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Microglia as therapeutic target in central nervous system disorders,Oluwaseun Fatoba,Takahide Itokazu,Toshihide Yamashita,Journal of Pharmacological Sciences,Elsevier BV,Vol. 144,No. 3,p. 102-118,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Microglial depletion under thalamic hemorrhage ameliorates mechanical allodynia and suppresses aberrant axonal sprouting.,Shin-Ichiro Hiraga,Takahide Itokazu,Maki Hoshiko,Hironobu Takaya,Mariko Nishibe,Toshihide Yamashita,JCI insight,Vol. 5,No. 3,2020年02月13日
  • Immunotherapies in Huntington's disease and α-Synucleinopathies.,Oluwaseun Fatoba,Yosuke Ohtake,Takahide Itokazu,Toshihide Yamashita,Frontiers in immunology,Vol. 11,p. 337-337,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Interhemispherically dynamic representation of an eye movement-related activity in mouse frontal cortex.,Sato TR,Itokazu T,Osaki H,Ohtake M,Yamamoto T,Sohya K,Maki T,Sato TK,eLife,Vol. 8,2019年11月05日
  • Microglia suppress the secondary progression of autoimmune encephalomyelitis.,Tanabe S,Saitoh S,Miyajima H,Itokazu T,Yamashita T,Glia,Vol. 67,No. 9,p. 1694-1704,2019年09月
  • Streamlined sensory motor communication through cortical reciprocal connectivity in a visually guided eye movement task.,Itokazu T,Hasegawa M,Kimura R,Osaki H,Albrecht UR,Sohya K,Chakrabarti S,Itoh H,Ito T,Sato TK,Sato TR,Nature communications,Vol. 9,No. 1,p. 338-338,2018年01月23日
  • Selective Suppression of Local Circuits during Movement Preparation in the Mouse Motor Cortex.,Masashi Hasegawa,Kei Majima,Takahide Itokazu,Takakuni Maki,Urban-Raphael Albrecht,Nora Castner,Mariko Izumo,Kazuhiro Sohya,Tatsuo K Sato,Yukiyasu Kamitani,Takashi R Sato,Cell reports,Vol. 18,No. 11,p. 2676-2686,2017年03月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Sleep-Stage-Specific Regulation of Cortical Excitation and Inhibition.,Niethard N,Hasegawa M,Itokazu T,Oyanedel CN,Born J,Sato TR,Current biology : CB,Vol. 26,No. 20,p. 2739-2749,2016年10月24日
  • Involvement of Wnt/β-catenin signaling in the development of neuropathic pain.,Itokazu T,Hayano Y,Takahashi R,Yamashita T,Neuroscience research,Vol. 79,p. 34-40,2014年02月
  • Bilateral movement training promotes axonal remodeling of the corticospinal tract and recovery of motor function following traumatic brain injury in mice,H. Nakagawa,M. Ueno,T. Itokazu,T. Yamashita,CELL DEATH & DISEASE,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 4,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • [Multiple sclerosis: new drugs and their molecular targets].,Itokazu T,Yamashita T,Takahashi R,Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine,Vol. 70 Suppl 8,p. 609-12,2012年11月
  • Temporal changes in cell marker expression and cellular infiltration in a controlled cortical impact model in adult male C57BL/6 mice.,Jin X,Ishii H,Bai Z,Itokazu T,Yamashita T,PloS one,7,Vol. 7,No. 7,2012年
  • Identification of the neogenin-binding site on the repulsive guidance molecule A.,Itokazu T,Fujita Y,Takahashi R,Yamashita T,PloS one,3,Vol. 7,No. 3,2012年
  • 指尖壊死の高速な進行を認めた血管炎性多発神経障害の一例,岡田 洋一郎,糸数 隆秀,岡本 洋子,猪原 匡史,松本 理器,高橋 良輔,加藤 真弓,岡 伸幸,臨床神経学,(一社)日本神経学会,Vol. 51,No. 10,p. 793-793,2011年10月

MISC

  • マウス脳挫傷モデルにおいて運動負荷後に発現上昇がみられる因子の探索,糸数 隆秀,上野 将紀,藤谷 昌司,高橋 良輔,山下 俊英,臨床神経学,Vol. 53,No. 12,2013年12月
  • 錐体路の機能回復メカニズム,糸数 隆秀,高橋 良輔,山下 俊英,Annual Review神経 2013,2013年
  • 症例 髄膜炎,外転神経麻痺を合併し臨床的にリンパ球性下垂体炎と考えられた1例,田中 正巳,近藤 八重子,糸数 隆秀,内科,南江堂,Vol. 108,No. 1,p. 174-176,2011年07月
  • 視覚障害を初発症状とするCreutzfeldt-Jakob病の1例 (特集 第63回日本臨床眼科学会講演集(5)),諸岡 諭,金子 志帆,糸数 隆秀,臨床眼科,医学書院,Vol. 64,No. 7,p. 1121-1124,2010年07月