EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

萩原 圭祐

Hagihara Keisuke

医学系研究科,特任教授(常勤)

keyword 細胞内シグナル伝達,急性炎症蛋白,抗サイトカイン療法

学歴

  • ~ 2004年03月,大阪大学,医学系研究科
  • ~ 1994年03月,広島大学,医学部,医学科
  • ~ 1994年,広島大学

経歴

  • 2016年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院医学系研究科 先進融合医学共同研究講座 特任教授(常勤)
  • 2011年07月 ~ 2016年03月,大阪大学大学院医学系研究科 漢方医学寄附講座 准教授
  • 2010年10月01日 ~ 2011年06月30日,大阪大学 医学系研究科 医学専攻,助教
  • 2006年03月 ~ 2011年06月,大阪大学医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科 助手
  • 2007年04月01日 ~ 2010年09月30日,大阪大学 内科系臨床医学専攻,助教
  • 2006年03月01日 ~ 2007年03月31日,大阪大学 内科系臨床医学専攻,助手
  • 2006年 ~ ,- 大阪大学医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科 助手

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,膠原病、アレルギー内科学
  • ライフサイエンス,内科学一般

所属学会

  • 日本老年医学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会

論文

  • Go-sha-jinki-Gan Alleviates Inflammation in Neurological Disorders via p38-TNF Signaling in the Central Nervous System,Shiying Jiang,Kousuke Baba,Tatsusada Okuno,Makoto Kinoshita,Chi-Jing Choong,Hideki Hayakawa,Hiroshi Sakiyama,Kensuke Ikenaka,Seiichi Nagano,Tsutomu Sasaki,Munehisa Shimamura,Yoshitaka Nagai,Keisuke Hagihara,Hideki Mochizuki,Neurotherapeutics,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 9,No. 1,p. 116-120,2020年10月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Promising Effect of a New Ketogenic Diet Regimen in Patients with Advanced Cancer.,Keisuke Hagihara,Katsufumi Kajimoto,Satoshi Osaga,Naoko Nagai,Eku Shimosegawa,Hideyuki Nakata,Hitomi Saito,Mai Nakano,Mariko Takeuchi,Hideaki Kanki,Kuriko Kagitani-Shimono,Takashi Kijima,Nutrients,Vol. 12,No. 5,2020年05月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Goshajinkigan, a Traditional Japanese Medicine, Suppresses Voltage-Gated Sodium Channel Nav1.4 Currents in C2C12 Cells,Ryota Imai,Shoichiro Horita,Yuko Ono,Keisuke Hagihara,Masaru Shimizu,Yuko Maejima,and Kenju Shimomura,Bio Research Open Access,Vol. 9,No. 1,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 産婦人科領域における治打撲一方の効果検討,斎藤 仁美,大佐賀 智,宇山 圭子,前原 将男,中西 隆司,明石 貴子,小川 恵,奥 正孝,中田 英之,萩原 圭祐,産婦人科漢方研究のあゆみ,産婦人科漢方研究会,No. 36,p. 44-49,2019年05月
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学-漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原 圭祐,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 56,No. 特別号,p. S542-S542,2019年05月
  • Enhancement of ghrelin-signaling system by Rikkunshi-To attenuates teriparatide-induced pica in rats,Kouichi Yamamoto,Yukihiro Isogai,Takayuki Ishida,Keisuke Hagihara,Journal of Pharmacological Sciences,Vol. 32,p. S166-S166,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 神経障害性疼痛に対する牛車腎気丸の分子薬理機序の解明 脊髄活性化ミクログリア由来のTNF-αを抑制して痛みを軽減する,中西 美保,中江 文,岸田 友紀,萩原 圭祐,福井 聖,北川 裕利,痛みと漢方,Vol. 28,p. 22-32,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhancement of ghrelin-signaling system by Rikkunshi-To attenuates teriparatide-induced pica in rats,Kouichi Yamamoto,Yukihiro Isogai,Takayuki Ishida,Keisuke Hagihara,Journal of Pharmacological Sciences,Japanese Pharmacological Society,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • An herbal medicine, Go-sha-jinki-gan (GJG), increases muscle weight in severe muscle dystrophy model mice,Yusei Takemoto,Shoya Inaba,Lidan Zhang,Kousuke Baba,Keisuke Hagihara,So-ichiro Fukada,Clinical Nutrition Experimental,Elsevier Ltd,Vol. 16,p. 13-23,2017年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 妄想型統合失調症の陰性症状に対して加味逍遙散と補中益気湯が有効であった1症例,中西美保,岸田友紀,田上真次,馬場孝輔,萩原圭祐,Vol. 68,No. 4,p. 352-357,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Abbreviation of kampo formulations and basic terminology in kampo medicine,Keisuke Hagihara,Abbreviation of,Kampo Formulations Group,Shuji Yakubo,Committee for Vocabulary in,the Japan,Society for,Oriental Medicine,Takao Namiki,Traditional & Kampo Medicine,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学,萩原圭祐,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Assessment of the effects of switching oral bisphosphonates to denosumab or daily teriparatide in patients with rheumatoid arthritis,Kousuke Ebina,Makoto Hirao,Jun Hashimoto,Keisuke Hagihara,Masafumi Kashii,Kazuma Kitaguchi,Hozo Matsuoka,Toru Iwahashi,Ryota Chijimatsu,Hideki Yoshikawa,J Bone Miner Metab,Vol. 36,No. 4,p. 478-487,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Go-sha-jinki-Gan (GJG) ameliorates allodynia in chronic constriction injury model mice via suppression of TNF-α expression in the spinal cord.,Nakanishi M,Aya Nakae,Kishida Y,Baba K,Noriko Sakashita,Masahiko Shibata,Hideki Yoshikawa,Hagihara K,Molecular Pain,Vol. 12,p. 1-16,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 牛車腎気丸は、活性化ミクログリアを抑制し、老化促進マウスの認知機能を改善する,馬場孝輔,岸田友紀,中西美保,望月秀樹,吉川秀樹,萩原圭祐,第58回日本老年医学会学術集会,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • リウマチ膠原病患者の骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性と安全性の検討,萩原圭祐,岸田友紀,中西美保,馬場孝輔,吉川秀樹,臨床整形外科,Vol. 51,No. 6,p. 567-572,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 上肢の慢性疼痛に対する苓姜朮甘湯の使用経験,中西美保,岸田友紀,古瀬洋一,塩本千春,吉川真希,馬場孝輔,野坂修一,萩原圭祐,痛みと漢方,Vol. 26,p. 64-70,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • フレイルサルコペニアでの東洋医学の役割-オーバービュー牛車腎気丸の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,第18回国際東洋医学会学術大会,2016年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,第3回日本サルコペニア・悪液質・消耗性疾患研究会,2016年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 漢方腎気概念を踏まえたフレイル・サルコペニアにおける東洋医学の役割を考える,萩原圭祐,第18回国際東洋医学会学術大会,2016年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • バイオ製剤併用と関節リウマチ活動性指標が与えるデノスマブ骨量増加作用の検討,萩原圭祐,岸田友紀,中西美保,馬場孝輔,吉川秀樹,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会,2016年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • サルコペニアに対する漢方療法の可能性,萩原圭祐,サルコペニア 診断と治療のABC,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 進行再発がんでケトン食療法が有効か!?,萩原 圭祐,がんサポート,2016年04月
  • サルコペニアに対する漢方療法の可能性,萩原圭祐,最新醫學別冊 診断と治療のABC 112 サルコペニア,2016年04月
  • リウマチ・膠原病疾患のおける漢方治療,萩原圭祐,リウマチ・膠原病カンファランス,2016年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 医師国家試験における東洋医学・医史学と一般教養的知識,松岡 尚則,別府 正志,田中 耕一郎,頼建守,中田 英之,並木 隆雄,萩原 圭祐,西田 愼二,日本中医学会雑誌,Vol. 6,No. 1,p. 12-21,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 終末期肺癌の苦痛緩和を目的とした麦門冬湯の使用経験,中西美保,岸田友紀,塚原悦子,紀敦成,塩本千晴,野坂修一,萩原圭祐,痛みと漢方,Vol. 25,2015年05月20日
  • Effects of a traditional herbal medicine on peripheral blood flow in women experiencing peripheral coldness: A randomized controlled trial,Shinji Nishida,Eri Eguchi,Tetsuya Ohira,Akihiko Kitamura,Yukiko Hakariya Kato,Keisuke Hagihara,Hiroyasu Iso,BMC Complementary and Alternative Medicine,BioMed Central Ltd.,Vol. 15,No. 1,2015年04月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Tocilizumab Increases Serum Adiponectin and Reduces Serum Fatty Acid Binding Protein 4 in Patients With Rheumatoid Arthritis.,Urushima H,Sanada Y,Ogata A,Yoshida M,Lin H,Hagihara K,Narazaki M,Tanaka T,Ito T,Maeda K,Journal of Endocrinology and Metabolism,Vol. 4,No. 5-6,p. 143-147,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Go-sha-jinki-Gan (GJG), a traditional Japanese herbal medicine, protects against sarcopenia in senescence-accelerated mice,Yuki Kishida,Syota Kagawa,Junsuke Arimitsu,Miho Nakanishi,Noriko Sakashita,Shizue Otsuka,Hideki Yoshikawa,Keisuke Hagihara,PHYTOMEDICINE,ELSEVIER GMBH, URBAN & FISCHER VERLAG,Vol. 22,No. 1,p. 16-22,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 痛みを主訴に来院したLOH症候群(late‐onset hypo‐gonadism)に四逆散合桂枝茯苓丸が著効した2症例,中西美保,有光潤介,岸田友紀,大塚静英,古瀬洋一,野坂修一,萩原圭祐,痛みと漢方,Vol. 24,p. 117-123,2014年05月20日
  • 『宋板傷寒論』の権衡の検討 生薬カスの吸着水量とマオウアルカロイドの煎出効率に着目して,笛木 司,松岡 尚則,牧野 利明,並木 隆雄,別府 正志,山口 秀敏,中田 英之,頼 建守,萩原 圭祐,田中 耕一郎,須永 隆夫,長坂 和彦,岡田 研吉,岩井 祐泉,牧角 和宏,日本東洋医学雑誌,(一社)日本東洋医学会,Vol. 65,No. 2,p. 61-72,2014年04月
  • Amelioration of small bowel injury by switching from nonselective nonsteroidal anti-inflammatory drugs to celecoxib in rheumatoid arthritis patients: a pilot study.,Inoue T,Iijima H,Arimitsu J,Hagihara K,Kawai S,Shiraishi E,Hiyama S,Mukai A,Shinzaki S,Nishida T,Ogata A,Tsujii M,Takehara T,Digestion.,Vol. 89,No. 2,p. 124-132,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 敦煌本に基づく『本草経集注』の権衡と方寸匕の量についての検討 傷寒論成立時代の度量衡,笛木 司,松岡 尚則,牧野 利明,並木 隆雄,別府 正志,山口 秀敏,中田 英之,頼 建守,萩原 圭祐,田中 耕一郎,長坂 和彦,須永 隆夫,李 宜融,岡田 研吉,岩井 祐泉,牧角 和宏,日本東洋医学雑誌,(一社)日本東洋医学会,Vol. 65,No. 1,p. 38-45,2014年01月
  • 腰部脊柱管狭窄症による慢性疼痛に対して桂姜草棗黄辛附湯(桂枝加朮附湯合麻黄附子細辛湯)が有効であった2症例,中西美保,有光潤介,岸田友紀,古瀬洋一,大塚静英,野坂修一,萩原圭祐,痛みと漢方,Vol. 23,p. 70-76,2013年05月13日
  • Retention of tocilizumab and anti-tumour necrosis factor drugs in the treatment of rheumatoid arthritis.,HIshitani Y,Ogata A,Shima Y,Hirano T,Ebina K,Kunugiza Y,Shi K,Narazaki M,K Hagihara K,Tomita T,H Yoshikawa H,T Tanaka T,Kumanogoh A,Scandinavian journal of Rheumatology,Vol. 42,No. 4,p. 253-259,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Expansion of range of joint motion following treatment of systemic sclerosis with tocilizumab.,Shima Y,Hosen N,Hirano T,Arimitsu J,Nishida S,Hagihara K,Narazaki M,Ogata A,Tanaka T,Kishimoto T,Kumanogoh A,Modern Rheumatology,Vol. 25,No. 1,p. 134-137,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Interleukin-16 promotes cardiac fibrosis and myocardial stiffening in heart failure with preserved ejection fraction.,Tamaki S,Mano T,Sakata Y,Ohtani T,Takeda Y,Kamimura D,Omori Y,Tsukamoto Y,Ikeya Y,Kawai M,Kumanogoh A,Hagihara K,Ishii R,Higashimori M,Kaneko M,Hasuwa H,Miwa T,Yamamoto K,Komuro I,PloS one,Vol. 8,No. 7,2013年04月
  • A case of Behçet's disease treated with a humanized anti-interleukin-6 receptor antibody, tocilizumab.,Hirano T,Ohguro N,Hohki S,Hagihara K,Shima Y,Narazaki M,Ogata A,Yoshizaki K,Kumanogoh A,Kishimoto T,Tanaka T,Modern Rheumatology,Vol. 22,No. 2,p. 298-302,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • リウマチ膠原病アレルギー患者に対するサフランの効果,有光潤介,萩原圭祐,大塚静英,中西美保,岸田友紀,井上隆弥,加藤由紀子,大谷安司,尾崎和成,清水健太郎,蔭山充,西田愼二,日本東洋医学雑誌,Vol. 62,No. 4,p. 548-555,2011年07月20日
  • Therapeutic effect of tocilizumab on two patients with polymyositis.,Narazaki M,Hagihara K,Shima Y,Ogata A,Kishimoto T,Tanaka T,Rheumatology (Oxford),2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Decreased HbA1c during humanized anti-interelukin-6 receptor antibody,tocilizumab in rheumatoid arthritis with diabetes.,Morishima A,Ogata A,Hirano T,Hishitani Y,Hagihara K,Shima Y,Narazaki M,Tanaka T,Kumanogoh A,Annals of Rheumatic Diseases,2011年05月
  • The skin of patients with systemic sclerosis softened during the treatment with anti-IL-6 receptor antibody tocilizumab,Yoshihito Shima,Yusuke Kuwahara,Hiroyuki Murota,Shun Kitaba,Mari Kawai,Toru Hirano,Junsuke Arimitsu,Masashi Narazaki,Keisuke Hagihara,Atsushi Ogata,Ichiro Katayama,Ichiro Kawase,Tadamitsu Kishimoto,Toshio Tanaka,RHEUMATOLOGY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 49,No. 12,p. 2408-2412,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of HbA1c during treatment with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody, tocilizumab.,Ogata A,Morishima A,Hirano T,Hishitani Y,Hagihara K,Shima Y,Narazaki M,Tanaka T,Ann Rheum Dis,Vol. 70,No. 6,p. 1164-1165,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 原発性胆汁性肝硬変,シェーグレン症候群,レイノー症候群を合併する病態に対して漢方薬が著効した61歳の女性,有光潤介,萩原圭祐,大谷安司,中西美保,大塚静英,加藤由紀子,井上隆弥,岸田友紀,尾崎和成,清水健太郎,蔭山充,西田愼二,漢方研究,No. 465,p. 344-346,2010年09月20日
  • Tocilizumab therapy improves serum adiponectin levels in patients with rheumatoid arthritis.,Sanada Y,Maeda K,Ogata A,Narazaki M,Hagihara K,Tanaka T,Itoh T,2010年08月
  • Clinical effects of tocilizumab, a humanized anti-interleukin-6 receptor antibody on patients with autoimmune and inflammatory diseases,Tanaka T,Kawai M,Morishima A,Ogawa M,Ishii T,Kuwahara Y,Hirano T,Nishida S,Hagihara K,Shima Y,Narazaki M,Ogata A,Yoshizaki K,Kishimoto T,2010年08月
  • Analysis of effect of bosentan o raynaud’s phenomenon in connective tissue disease-related PAH patients using a Bio-Plex cytokine array.,Hagihara K,Murota H,Sahata Y,Morishima A,Kawai M,Arimitsu J,Ishii T,Hirano T,SHima Y,Narazaki M,Ogata A,Tanaka T,Annals of Rheumatic diseases,2010年06月
  • Insufficient effects of tocilizumab on the patients with rheumatoid arthritis who have splenomegaly.,Narazaki M,Kawai M,Morishima Y,Kuwahara Y,Ishii T,Hirano T,Hagihara K,Shima Y,Ogata A,Kishimoto T,TanakaT,Annals of Rheumatic diseases,Vol. 69,2010年06月
  • Tocilizumab dose not inhibit interferon synthesis which is a key step of anti-mycobacterial host defense.,Ogata A,Mori M,Hashimoto S,Kawai M,Kuwahara Y,Ogawa M,Hirano T,Ishii T,Arimitsu J,Hagihara K,Shima Y,Narazaki M,Kihimoto T,Tanaka T,Annals of Rheumatic diseases,2010年06月
  • 高血圧症を合併するリウマチ膠原病患者におけるロサルタンカリウム/ヒドロクロロチアジド配合剤の有用性の解析,萩原圭祐,有光潤介,田中敏郎,Progress in Medicine,Vol. 30,p. 1649-1655,2010年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 九味檳榔湯が有効な滑脈を呈する下腿浮腫の2女性,有光潤介,萩原圭祐,大塚静英,中西美保,井上隆弥,岸田友紀,蔭山充,西田愼二,漢方研究,No. 461,p. 162-164,2010年05月20日
  • Tocilizumab ameliorates clinical symptoms in polymyalgia rheumatica.,Hagihara K,Kawase I,Tanaka T,Kishimoto T,J. Rheumatol.,Vol. 37,No. 5,p. 1075-1076,2010年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 全身性エリテマトーデスに対して人参湯が有効であった2症例,有光潤介,萩原圭祐,大谷安司,中西美保,大塚静英,河合麻理,井上隆弥,岸田友紀,田中敏郎,陰山充,西田愼二,漢方と診療,Vol. 1,No. 2,p. 124-127,2010年04月15日
  • Treatment of a patient with remitting seronegative, symmetrical synovitis with pitting oedema with a humanized anti-interleukin-6 receptor antibody, tocilizumab,T. Tanaka,K. Hagihara,Y. Shima,M. Narazaki,A. Ogata,I. Kawase,T. Kishimoto,Rheumatology,Vol. 49,No. 4,p. 824-826,2010年04月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Minimal influence of tocilizumab on IFN-gamma synthesis by tuberculosis antigens,Atsushi Ogata,Masahide Mori,Shoji Hashimoto,Yukihiro Yano,Takeya Fujikawa,Mari Kawai,Yusuke Kuwahara,Toru Hirano,Junsuke Arimitsu,Keisuke Hagihara,Yoshihito Shima,Masashi Narazaki,Souichirou Yokota,Tadamitsu Kishimoto,Ichiro Kawase,Toshio Tanaka,Modern Rheumatology,Springer,Vol. 20,No. 2,p. 130-133,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful treatment of reactive arthritis with a humanized anti-interleukin-6 receptor antibody, tocilizumab,Toshio Tanaka,Yusuke Kuwahara,Yoshihito Shima,Toru Hirano,Mari Kawai,Masako Ogawa,Junsuke Arimitsu,Keisuke Hagihara,Masashi Narazaki,Atsushi Ogata,Ichiro Kawase,Tadamitsu Kishimoto,Arthritis Care and Research,Vol. 61,No. 12,p. 1762-1764,2009年12月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 難治性下痢をともなう膠原病性肺高血圧症患者にボセンタンが奏功した1例,萩原圭祐,河合麻理,有光潤介,西田慎二,坂田泰史,田中敏郎,Modern Physician 29 臨増,p. 64-67,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Imatinib mesylate inhibited rat adjuvant arthritis and PDGF-dependent growth of synovial fibroblast via interference with the Akt signaling pathway,Fumitaka Terabe,Masayasu Kitano,Mari Kawai,Yusuke Kuwahara,Toru Hirano,Junsuke Arimitsu,Keisuke Hagihara,Yoshihito Shima,Masashi Narazaki,Toshio Tanaka,Ichiro Kawase,Hajime Sano,Atsushi Ogata,MODERN RHEUMATOLOGY,Vol. 19,No. 5,p. 522-529,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Rapid improvement of AA amyloidosis with humanised anti-interleukin 6 receptor antibody treatment,S. Nishida,K. Hagihara,Y. Shima,M. Kawai,Y. Kuwahara,J. Arimitsu,T. Hirano,M. Narazaki,A. Ogata,K. Yoshizaki,I. Kawase,T. Kishimoto,T. Tanaka,ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES,Vol. 68,No. 7,p. 1235-1236,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Enzymatically Modified Isoquercitrin, a Flavonoid, on Symptoms of Japanese Cedar Pollinosis: A Randomized Double-Blind Placebo-Controlled Trial,Mari Kawai,Toru Hirano,Junsuke Arimitsu,Shinji Higa,Yusuke Kuwahara,Keisuke Hagihara,Yoshihito Shima,Masashi Narazaki,Atsushi Ogata,Mihoko Koyanagi,Tomoko Kai,Ryosuke Shimizu,Masamitsu Moriwaki,Yukio Suzuki,Satoshi Ogino,Ichiro Kawase,Toshio Tanaka,International Archives of Allergy and Immunology,Vol. 149,No. 4,p. 359-368,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • エキス製剤ではコントロール困難であったレイノー現象に対して当帰四逆加呉茱萸生姜加減が著効した1例,有光潤介,萩原圭祐,大谷安司,中西美保,井上隆弥,岸田友紀,西田愼二,漢方の臨床,Vol. 56,No. 2,p. 284-288,2009年02月25日
  • Etanercept improved primary biliary cirrhosis associated with rheumatoid arthritis,Atsushi Ogata,Fumitaka Terabe,Kaori Nakanishi,Mari Kawai,Yusuke Kuwahara,Toru Hirano,Jyunsuke Arimitsu,Keisuke Hagihara,Yoshihito Shima,Masashi Narasaki,Toshio Tanaka,Ichiro Kawase,Revue du Rhumatisme (Edition Francaise),Vol. 76,No. 1,p. 113-115,2009年01月
  • Preventative effect of a flavonoid, enzymatically modified isoquercitrin on ocular symptoms of Japanese cedar pollinosis,Toru Hirano,Mari Kawai,Junsuke Arimitsu,Masako Ogawa,Yusuke Kuwahara,Keisuke Hagihara,Yoshihito Shima,Masashi Narazaki,Atsushi Ogata,Mihoko Koyanagi,Tomoko Kai,Ryosuke Shimizu,Masamitsu Moriwaki,Yukio Suzuki,Satoshi Ogino,Ichiro Kawase,Toshio Tanaka,Allergology International,Japanese Society of Allergology,Vol. 58,No. 3,p. 373-382,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Etanercept improved primary biliary cirrhosis associated with rheumatoid arthritis,Atsushi Ogata,Fumitaka Terabe,Kaori Nakanishi,Mari Kawai,Yusuke Kuwahara,Toru Hirano,Jyunsuke Arimitsu,Keisuke Hagihara,Yoshihito Shima,Masashi Narazaki,Toshio Tanaka,Ichiro Kawase,JOINT BONE SPINE,Vol. 76,No. 1,p. 105-107,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Sustained response to tocilizumab, anti-interleukin-6 receptor antibody, in two patients with refractory relapsing polychondritis,M. Kawai,K. Hagihara,T. Hirano,Y. Shima,Y. Kuwahara,J. Arimitsu,M. Narazaki,A. Ogata,I. Kawase,T. Kishimoto,T. Tanaka,Rheumatology,Vol. 48,No. 3,p. 318-319,2008年10月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Quantification of hardness, elasticity and viscosity of the skin of patients with systemic sclerosis using a novel sensing device (Vesmeter): a proposal for a new outcome measurement procedure,Y. Kuwahara,Y. Shima,D. Shirayama,M. Kawai,K. Hagihara,T. Hirano,J. Arimitsu,A. Ogata,T. Tanaka,I. Kawase,RHEUMATOLOGY,Vol. 47,No. 7,p. 1018-1024,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • What kind of durometer is best suited for the assessment of skin disease in systemic sclerosis? Comment on the article by Kissin et al,Yusuke Kuwahara,Yoshihito Shima,Mari Kawai,Keisuke Hagihara,Torn Hirano,Junsuke Arimitsu,Masashi Narazaki,Atsushi Ogata,Toshio Tanaka,Ichiro Kawase,Akira Ogiwara,ARTHRITIS & RHEUMATISM-ARTHRITIS CARE & RESEARCH,Vol. 59,No. 4,p. 601-601,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Transcriptional complex formation of c-Fos, STAT3, and hepatocyte NF-1 alpha is essential for cytokine-driven C-reactive protein gene expression,Teppei Nishikawa,Keisuke Hagihara,Satoshi Serada,Tomoyasu Isobe,Atsumi Matsumura,Jian Song,Toshio Tanaka,Ichiro Kawase,Tetsuji Naka,Kazuyuki Yoshizaki,JOURNAL OF IMMUNOLOGY,AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS,Vol. 180,No. 5,p. 3492-3501,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Proteomic analysis of autoantigens associated with systemic lupus erythematosus: Anti-aldolase A antibody as a potential marker of lupus nephritis,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tsuyoshi Takahashi,Ping He,Akio Hayashi,Toshio Tanaka,Keisuke Hagihara,Tomoki Yamadori,Masao Mochizuki,Naoko Norioka,Shigemi Norioka,Ichiro Kawase,Tetsuji Naka,PROTEOMICS CLINICAL APPLICATIONS,Vol. 1,No. 2,p. 185-191,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 多彩な症状を呈した中枢神経性ループス,ループス脊髄炎に対しステロイドパルス療法およびシクロホスファミドパルス療法が奏功した一例,平野 亨,萩原 圭祐,河合 麻理,桑原 裕祐,山鳥 大材,嶋 良仁,緒方 篤,田中 敏郎,吉崎 和幸,川瀬 一郎,日本臨床免疫学会会誌,Vol. 30,No. 5,p. 414-418,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Flavonoids and related compounds as anti-allergic substances,Mari Kawai,Toru Hirano,Shinji Higa,Junsuke Arimitsu,Michiru Maruta,Yusuke Kuwahara,Tomoharu Ohkawara,Keisuke Hagihara,Tomoki Yamadori,Yoshihito Shima,Atsushi Ogata,Ichiro Kawase,Toshio Tanaka,Allergology International,Japanese Society of Allergology,Vol. 56,No. 2,p. 113-123,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of cytokine-driven serum amyloid A expression based on the clinical results of IL-6 blocking,Keisuke Hagihara,Teppei Nishikawa,Atsumi Matsumura,Jian Song,Toshio Tanaka,Kazuyuki Yoshizaki,Inflammation and Regeneration,Vol. 26,No. 5,p. 453-454,2006年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Immunopathogenic roles of IL-6 on the synergistic induction of an acute phase protein, serum amyloid A (SAA), via interaction between STAT3 and NF-kappa B in rheumatoid arthritis,Kazuyuki Yoshizaki,Keisuke Hagihara,Teppei Nishikawa,Jian Song,JOURNAL OF IMMUNOLOGY,Vol. 176,p. S137-S137,2006年04月
  • IL-18 gene polymorphisms affect IL-18 production capability by monocytes,J Arimitsu,T Hirano,S Higa,M Kawal,T Naka,A Ogata,Y Shima,M Fujimoto,T Yamadori,K Hagiwara,T Ohgawara,Y Kuwabara,Kawase, I,T Tanaka,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 342,No. 4,p. 1413-1416,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Humanized anti-interleukin-6 receptor antibody treatment of multicentric Castleman's disease.,Nishimoto N,Kanakura Y,Aozasa K,Johkoh T,Nakamura M,Nakano S,Nakano N,Ikeda Y,Sasaki T,Nishioka K,Hara M,Taguchi H,Kimura Y,Kato Y,Asaoku H,Kumagai S,Kodama F,Nakahara H,Hagihara K,Yoshizaki K,Kishimoto T,Blood,Vol. 106,No. 8,p. 2627-2632,2005年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Essential role of STAT3 in cytokine-driven NF-kappaB-mediated serum amyloid A gene expression.,Hagihara K,Hishikawa T,Sugamata Y,Song J,Isobe T,Taga T,Yoshizaki K,Genes to Cells,Vol. 10,No. 11,p. 1051-1063,2005年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Viral load of human herpesvirus 8 (HHV-8) in the circulatory blood cells correlates with clinical progression in a patient with HHV-8-associated solid lymphoma with aids-associated Kaposi's sarcoma.,Song J,Yoshida A,Yamamoto Y,Katano H,Hagihara K,Oka S,Kimura S,Yoshizaki K,Leuk. Lymphoma,Vol. 45,No. 11,p. 2343-2347,2004年11月,研究論文(学術雑誌)
  • IL-6 plays a critical role in the synergistic induction of human serum amyloid A (SAA) gene when stimulated with proinflammatory cytokines as analyzed with an SAA isoform real-time quantitative RT-PCR assay system,K Hagihara,T Nishikawa,T Isobe,J Song,Y Sugamata,K Yoshizaki,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,Vol. 314,No. 2,p. 363-369,2004年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Anti-interleukin-6 receptor antibody therapy reduces vascular endothelial growth factor production in rheumatoid arthritis,H Nakahara,H Song,M Sugimoto,K Hagihara,T Kishimoto,K Yoshizaki,N Nishimoto,ARTHRITIS AND RHEUMATISM,Vol. 48,No. 6,p. 1521-1529,2003年06月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒト型化抗IL-6受容体抗体(MRA)の有用性,萩原圭祐,西本憲弘,吉崎和幸,日本臨床,Vol. 60,No. 12,p. 2401-2407,2002年12月
  • Castleman病とIL-6,萩原圭祐,西本憲弘,吉崎和幸,メディカル・サイエンス・ダイジェスト,Vol. 28,p. 170-173,2002年05月
  • IL-6と炎症性疾患,萩原圭祐,西本憲弘,中原英子,吉崎和幸,最新医学,Vol. 57,p. 849-855,2002年05月
  • Cytokine regulation of SAA isoform expression and inhibition by humanized anti-IL-6 receprtor antibody,K Hagihara,H Nakahara,M Sugimoto,Y Sugamata,N Nishimoto,K Yoshizaki,Vol. 8,p. 43-43,2001年12月
  • IL-6シグナルを阻害するヒト型化抗IL-6レセプター抗体MRA.,萩原圭祐,西本憲弘,吉崎和幸,Molecular Medicine,中山書店,Vol. 38,No. 6,p. 692-697,2001年06月

MISC

  • 不定愁訴とは何か?,萩原圭祐,小児内科,Vol. 53,No. 5,p. 721-726,2021年05月
  • 帝王切開後の腹部症状に対する桃核承気湯の臨床効果の検討,斎藤仁美,大佐賀智,奥正孝,宇山圭子,前原将男,中西隆司,明石貴子,小川恵,中田英之,萩原圭祐,産婦人科漢方研究のあゆみ,Vol. 37,p. 88-93,2021年03月
  • 漢方とアンチエイジングについて,森口三咲,萩原圭祐,栄養,Vol. 35,No. 4,p. 195-201,2020年12月
  • サルコペニア・フレイル対策における漢方の役割,中野真依,梶本勝文,萩原圭祐,Vol. 40,No. 9,p. 913-915,2020年09月
  • CRPなどの急性期蛋白の産生機序,萩原圭祐,臨床検査,Vol. 64,No. 9,p. 938-945,2020年09月
  • 【フレイルとその予防対策】フレイルの病態と新たな知見 フレイルと脾虚・腎虚について,竹内 麻里子,萩原 圭祐,診断と治療,(株)診断と治療社,Vol. 108,No. 3,p. 327-332,2020年03月
  • 【補腎剤を極める】補腎剤によるサルコペニアの治療,森口 三咲,梶本 勝文,萩原 圭祐,漢方と最新治療,(株)世論時報社,Vol. 29,No. 1,p. 23-29,2020年02月
  • がんと糖質の関係について、がんケトン食療法の可能性について,萩原圭祐,若さの栄養学,No. 182,p. 2-11,2019年11月
  • がん治療と支持療法 癌ケトン食ABCスコアは、ケトン食実施患者の予後判定に有用である,萩原 圭祐,梶本 勝文,大佐賀 智,長井 直子,木島 貴志,下野 九理子,下瀬川 恵久,中田 英之,畠山 昌樹,吉川 秀樹,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 57回,p. WS6-1,2019年10月
  • 【「がんに対する糖質制限食治療の可能性」】大阪大学における癌ケトン食療法5年間の取り組みについて,萩原 圭祐,梶本 勝文,中田 英之,神吉 秀明,竹内 麻里子,斎藤 仁美,中野 真依,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 53,No. 5,p. 207-215,2019年10月
  • がんに対する糖質制限食治療の可能性 大阪大学における癌ケトン食療法の5年間の取り組みについて,萩原 圭祐,長井 直子,上村 瑞恵,学会誌JSPEN,(一社)日本静脈経腸栄養学会,Vol. 1,No. Suppl.,p. 279-279,2019年09月
  • 【産婦人科で漢方を使いこなす!-漢方診療の新しい潮流をふまえて】それぞれの場面での使い方 健康寿命の延伸に向けての漢方医学の役割について,斎藤 仁美,梶本 勝文,萩原 圭祐,臨床婦人科産科,(株)医学書院,Vol. 73,No. 8,p. 798-803,2019年08月
  • 帯下増量、難治性再発性の陰部そう痒感の症状が胃腸機能を改善することで軽快した一例,岡 朱美,中田 英之,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,(一社)日本東洋医学会,Vol. 70,No. 別冊,p. 188-188,2019年06月
  • 分娩後DICのため子宮摘出を行い、集学的治療を要した患者において、桃核承気湯が著効した一例,斎藤 仁美,中野 真依,梶本 勝文,足立 繁久,辰巳 礼奈,中田 英之,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,(一社)日本東洋医学会,Vol. 70,No. 別冊,p. 188-188,2019年06月
  • 難治性の嗄声に木防已湯が著効した1例,後藤 達彦,中田 英之,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,(一社)日本東洋医学会,Vol. 70,No. 別冊,p. 201-201,2019年06月
  • Go-Sha-Jinki-Gan, A New Old Drug,Keisuke Hagihara,2019年04月
  • 【終末期・高齢者をみつめる緩和ケア-現場からの提言-】フレイル・サルコペニアにおける東洋医学の役割について 牛車腎気丸の抗サルコペニア効果,足立 繁久,梶本 勝文,萩原 圭祐,鍼灸Osaka,森ノ宮医療学園出版部,Vol. 34,No. 3,p. 70-74,2019年01月
  • デノスマブの骨量増加作用と体組成計指標との関連性の検討,中野真依,大佐賀智,斎藤仁美,梶本勝文,中田英之,松井聖,萩原圭祐,2018年11月
  • 当院5年間での癌ケトン食療法の有用性と安全性の検討,萩原圭祐,Vol. 56回,p. P56-1,2018年10月
  • 当事者支店重視の生活環境デザイン,萩原圭祐,2018年09月
  • 【フレイルと漢方】漢方補腎薬のフレイル・サルコペニアに対する効果 老化促進マウスによる検討,梶本 勝文,中田 英之,萩原 圭祐,漢方と最新治療,(株)世論時報社,Vol. 27,No. 3,p. 205-210,2018年08月
  • 【老化・フレイルとサルコペニア】フレイル・サルコペニアに対する漢方療法,梶本 勝文,中田 英之,萩原 圭祐,Clinical Calcium,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 28,No. 9,p. 1257-1262,2018年08月
  • AI、言葉、心身ー伝統医学の構造化を目指して考えたこと,萩原圭祐,2018年07月
  • 【わかりやすい感覚器疾患】感覚器疾患の治療 触覚 漢方療法,板倉 英俊,中田 英之,萩原 圭祐,日本医師会雑誌,(公社)日本医師会,Vol. 147,No. 特別1,p. S291-S292,2018年06月
  • 漢方療法,板倉英俊,中田英之,萩原圭祐,わかりやすい感覚器疾患,Vol. 147,No. 1,p. 291-292,2018年06月
  • フレイル・サルコペニア診療における漢方医学の役割,萩原圭祐,2018年06月
  • 漢方における患者さんの診法 切診,中田 英之,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,(一社)日本東洋医学会,Vol. 69,No. 別冊,p. 209-209,2018年05月
  • サルコペニアと漢方医学,板倉英俊,中田英之,辰巳礼奈,萩原圭祐,臨床整形外科,Vol. 53,No. 5,p. 232-236,2018年05月
  • 超高齢社会における漢方の役割 腎虚概念とフレイル・サルコペニアについて,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,(一社)日本東洋医学会,Vol. 69,No. 別冊,p. 219-219,2018年05月
  • 舌は健康のバロメーター,萩原圭祐,けんぽNEWS,Vol. 158,p. 1-5,2018年04月
  • リウマチ膠原病患者でのデノスマブの臨床効果とサルコペニアとの関連性の検討,萩原圭祐,吉川秀樹,2018年04月
  • 高齢者、サルコペニアに効果的な漢方,萩原圭祐,臨床栄養,Vol. 132,No. 3,p. 295-301,2018年03月
  • Aging-related frailty and sarcopenia. Kampo medicine for frailty and sarcopenia.,Kajimoto K,Nakata H,Hagihara K,Clin Calcium,2018年01月
  • 腎虚と補腎剤,山本亜沙子,中田英之,萩原圭祐,アンチ・エイジング医学,Vol. 13,No. 6,p. 040(784)156(28)-045(789),2017年12月
  • 牛車腎気丸のグリア細胞を介した鎮痛作用,萩原圭祐,Science of Kampo Medicine,Vol. 41,No. 3,p. 156(28)-157(29),2017年12月
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原 圭祐,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 54,No. 秋季特別号,p. S90-S90,2017年09月
  • 六君子湯はグレリンシグナルを介してテリパラチド誘発悪心を改善する,山本浩一,磯谷幸宏,萩原圭祐,2017年07月
  • 新たな癌支持療法としての可能性を有するケトン食治療の有用性と安全性の検討,萩原圭祐,長井直子,山道祐子,2017年02月
  • フレイルとサルコペニアの発症機構と漢方,萩原圭祐,Progress in Medicine,Vol. 37,No. 2,p. 149-153,2017年02月
  • テリパラチド誘発悪心に対する六君子湯の有用性の検討,萩原 圭祐,日本骨粗鬆症学会記録集,2016年11月
  • 漢方の様々な薬効とそのメカニズム フレイル・サルコペニアにおける漢方補腎薬の役割について,萩原 圭祐,日本臨床中医薬学会学術大会プログラム・抄録集,日本臨床中医薬学会,Vol. 15回,p. 16-16,2016年10月
  • Assessment of the Effect of 12 Months Administration of Denosumab in Patients with Rheumatic Diseases,Kosuke Ebina,Makoto Hirao,Jun Hashimoto,Keisuke Hagihara,Hideki Yoshikawa,Takaaki Noguchi,ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 67,2015年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ASSESSMENT OF THE EFFECT OF 12 MONTHS ADMINISTRATION OF DENOSUMAB IN PATIENTS WITH RHEUMATIC DISEASES - BONE MINERAL DENSITY INCREASE IN LUMBAR SPINE IS NEGATIVELY CORRELATED WITH BASELINE ORAL PREDNISOLONE DOSE AND PREDICTED BY DECREASING RATE OF SERUM UNDERCARBOXYLATED OSTEOCALCIN AT 6 MONTHS,K. Ebina,J. Hashimoto,M. Hirao,K. Hagihara,T. Noguchi,H. Yoshikawa,ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES,BMJ PUBLISHING GROUP,Vol. 74,p. 533-533,2015年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Prognostic Factors Of Visual Function In The Treatment With Infliximab For Uveitis Of Behcet's Disease,Akihiko Nakabayashi,Toru Hirano,Yoshihiro Hishitani,Keisuke Hagihara,Kei Nakai,Kouji Nishida,Atsushi Kumanogoh,ARTHRITIS AND RHEUMATISM,WILEY-BLACKWELL,Vol. 65,p. S1119-S1120,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • リウマチ膠原病患者における自己記入式問診票を用いた消化管症状,QOLの実態,有光潤介,岸田友紀,中西美保,大塚静英,萩原圭祐,吉川秀樹,臨床リウマチ,Vol. 25,No. 3,p. 164-173,2013年09月30日
  • 牛車腎気丸はinsulin/IGF1シグナルを介してSAMP8マウスのサルコペニアを改善する,香川正太,岸田友紀,坂下紀子,中西美保,有光潤介,吉川秀樹,萩原圭祐,Journal of Traditional Medicines,Vol. 30,No. Supplement,2013年07月29日
  • Comparison of Tolerability Between Tumor Necrosis Factor-Inhibitors and Tocilizumab for the Treatment of Rheumatoid Arthritis,Yoshihiro Hishitani,Yoshihito Shima,Toru Hirano,Keisuke Hagihara,Kosuke Ebina,Yasuo Kunugiza,Kenrin Shi,Masashi Narazaki,Atsushi Ogata,Tetsuya Tomita,Toshio Tanaka,Atsushi Kumanogoh,ARTHRITIS AND RHEUMATISM,WILEY-BLACKWELL,Vol. 64,No. 10,p. S219-S220,2012年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 非ステロイド性抗炎症薬起因性小腸潰瘍に対する大建中湯の抗炎症効果の検討,有光潤介,中西美保,岸田友紀,大塚静英,香川正太,森清慎一,萩原圭祐,Journal of Traditional Medicines,Vol. 29,No. Supplement,2012年08月08日
  • 英国(およびEU諸国)の中医学の背景・現状・展望~我が国の漢方界の国際競争力強化を願って~,尾崎和成,蔭山充,有光潤介,中西美保,大塚静英,加藤由紀子,大谷安司,清水健太郎,原田潤,井上隆弥,岸田有紀,森清慎一,堀江延和,牧野寛史,首藤達哉,森下竜一,萩原圭祐,漢方研究,No. 486,p. 178-183,2012年06月20日
  • 大阪大学における生物学的製剤の使用経験,菱谷好洋,平野亨,嶋良仁,萩原圭祐,楢崎雅司,緒方篤,蛯名耕介,史賢林,椚座康夫,冨田哲也,田中敏郎,熊ノ郷淳,日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集,Vol. 56th-21st,2012年03月19日
  • 膠原病患者における自己記入式問診票を用いた消化管症状,QOLの実態,有光潤介,岸田友紀,中西美保,大塚静英,香川正太,吉川秀樹,萩原圭祐,日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集,Vol. 27th,2012年
  • 両下肢脱力などを訴える身体表現性障害に対して,茯苓四逆湯が有効であった1例,有光潤介,岸田友紀,中西美保,香川正太,萩原圭祐,日本東洋心身医学研究,Vol. 27,No. 1-2,p. 54-56,2012年
  • 黄耆建中湯エキス薬とラップ療法が複数のポケットを伴うバンコマイシン抵抗性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌陽性臀部~仙骨部褥瘡に著効した一症例,尾崎和成,蔭山充,有光潤介,大谷安司,中西美保,井上隆弥,大塚静英,加藤由紀子,清水健太郎,原田潤,山分ネルソン祥興,岸田友紀,首藤達哉,森下竜一,萩原圭祐,東方医学,Vol. 27,No. 3,p. 31-38,2011年12月31日
  • Long-Term Tolerability of Tocilizumab for the Treatment of Rheumatoid Arthritis,Yoshihiro Hishitani,Toru Hirano,Yoshihito Shima,Atsushi Ogata,Masashi Narazaki,Keisuke Hagihara,Toshio Tanaka,ARTHRITIS AND RHEUMATISM,WILEY-BLACKWELL,Vol. 63,No. 10,p. S877-S877,2011年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 味覚異常に人参湯が著効した例,有光潤介,岸田友紀,中西美保,大塚静英,加藤由紀子,蔭山充,萩原圭祐,漢方と診療,Vol. 2,No. 3,2011年09月01日
  • Alexithymia傾向(失感情症)を認めた難治性の頭痛の診断と治療に柴胡加竜骨牡蛎湯が有用であった1症例,中西美保,古瀬洋一,有光潤介,大塚静英,加藤由紀子,井上隆弥,岸田友紀,蔭山充,西田慎二,萩原圭祐,ペインクリニック,Vol. 32,No. 8,p. 1231-1236,2011年08月01日
  • 《効くから嬉しい漢方薬》冠攣縮性狭心症の胸部痛に冠拡張剤と“柴朴湯”の併用が著効した1症例,首藤達哉,蔭山充,青木基夫,尾崎和成,山分ネルソン祥興,原田潤,大西安司,萩原圭祐,中西美保,大塚静英,加藤由紀子,有光潤介,岸田友紀,井上隆弥,西田愼二,痛みと漢方,Vol. 21,p. 76-79,2011年04月20日
  • 抗けいれん剤誘発性高度徐脈と心不全に,“五苓散”が著効した認知症87歳の一症例,尾崎和成,蔭山充,有光潤介,萩原圭祐,大谷安司,中西美保,井上隆弥,大塚静英,加藤由紀子,清水健太郎,原田潤,山分ネルソン祥興,岸田友紀,牧野寛史,青木元邦,首藤達哉,森下竜一,西田愼二,漢方研究,No. 470,p. 49-53,2011年02月20日
  • 化学物質過敏症に対して漢方治療が有効であった2例,有光潤介,萩原圭祐,中西美保,大塚静英,岸田友紀,井上隆弥,加藤由紀子,蔭山充,西田愼二,日本東洋心身医学研究,Vol. 26,No. 1-2,p. 67-70,2011年
  • Flavonoids, natural inhibitors of basophil activation. Basophil Granulocytes edited by Paul K Vellis (In: Cell Biology Research Horizons).,Nova Science Publishers Inc.,2011年
  • 化学物質過敏症の多彩な訴えに茯苓四逆湯方意と工夫して附子末を組み合わせて著効した53歳女性の一例,有光潤介,萩原圭祐,大谷安司,大塚静英,中西美保,井上隆弥,岸田友紀,蔭山充,西田愼二,漢方研究,No. 458,p. 38-39,2010年02月20日
  • 心筋病変を合併した後に肺動脈性肺高血圧症を発症した強皮症の1例,樋口 香織,坂田 泰史,岡本 紀太郎,塩山 渉,平源 善宗,黒田 忠,萩原 圭祐,中岡 良和,瀧原 圭子,Therapeutic Research,ライフサイエンス出版(株),Vol. 29,No. 10,p. 1751-1752,2008年10月
  • 抗IL-6レセプター抗体,萩原圭祐,MEDICAL TECHONOLOGY,Vol. 36, 39-46,2007年12月
  • Efficacy and pathogenic analysis of chronic inflammatory diseases by the IL-6 blocking therapy,Kazuyuki Yoshizaki,K. Hagihara,T. Nishikawa,J. Song,A. Matsumura,INFLAMMATION RESEARCH,BIRKHAUSER VERLAG AG,Vol. 56,p. S346-S346,2007年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

著書

  • 学術書,ほんとうのトコロ、認知症ってなに?,萩原圭祐,大坂大学出版会,ISBN:9784872596373,2019年03月
  • 学術書,西洋医学と東洋医学のW専門医が指南!臨床力をアップする漢方,中野真依,萩原圭祐,中山書店,ISBN:9784521747484,2019年02月
  • 学術書,Amyloidosis,Keisuke Hagihara,Syota Kagawa,Yuki Kishida,Junsuke Arimitsu,In Tech,2013年06月
  • Amyloidosis - An Insight to Disease of Systems and Novel Therapies,Tanaka T, Hagihara K, Hishitani Y, Ogata A,In Tech,2011年11月
  • 学術書,Flavonoids, Natural inhibitors of basophil activation. Chapter 4, in Basophil Granulocytes,,T. Tanaka,T. Hirano,M. Kawai,J. Arimitsu,K. Hagihara,M. Ogawa,Y. Kuwahara,Y. Shima,M. Narazaki,A. Ogata,I. Kawase,Nova Science Publishers Inc.,ISBN:9781607417972,2011年03月
  • 教科書・概説・概論,皮膚病変と下肢腫脹を認める35歳女性.むくみの診かた-症例で読み解く浮腫診療-.,萩原圭祐,田中敏郎,東京:文光堂;82-88, 2010.,2010年05月
  • 学術書,内在性コントロール遺伝子の設定. 実験医学別冊「原理からよくわかるリアルタイムPCR実験ガイド」.,萩原圭祐,東京:羊土社;,2007年12月
  • 教科書・概説・概論,サイトカイン・ケモカイン. リウマチ基本テキスト第2版,吉崎和幸,奥畑聡子,萩原圭祐,東京: 日本リウマチ財団・教育研修委員会,2005年05月
  • 教科書・概説・概論,アレルギー性疾患:4.食物アレルギー. 学生と健康 改訂第2版(国立大学等保健管理施設協議会編).,萩原圭祐,吉崎和幸,東京: 南江堂,2001年04月

特許・実用新案・意匠

  • 癌ケトン食治療におけるバイオマーカーの開発,萩原圭祐,芦田欣也,中村健太郎,特許第6564993 号,特願2019-510384,出願日:2017年09月,登録日:2019年08月
  • 筋の老化防止用医薬組成物,萩原 圭祐,特許第6088044号,特願2015-510016,出願日:2014年03月,登録日:2017年02月
  • STAT3、NF-κBp65、およびp300複合体の形成を阻害する化合物のスクリーニング方法,萩原 圭祐,吉崎 和幸,西川 哲平,特許第4509656 号,特願2004-168676,出願日:2004年06月,登録日:2010年05月
  • 癌における食事療法の開発,萩原 圭祐,特願2015175198,出願日:2015年09月
  • タウ蛋白質のリン酸化抑制用組成物,萩原 圭祐,特願2014-221932,出願日:2014年10月
  • TNF-α産生抑制剤,萩原 圭祐,特願2014-104179,出願日:2014年05月
  • 副甲状腺ホルモンまたはその誘導体を有効成分とする筋の老化防止用医薬組成物,萩原 圭祐,特願2013-207794,出願日:2013年10月
  • 膠原病改善薬,西田愼二,萩原 圭祐,有光潤介,特願2010-57652,出願日:2010年03月

作品

  • サイトカイン網羅解析による膠原病肺高血圧・レイノー症状の病態解析ーボセンタンの持つpleiotropic effect の検討,2007年 ~
  • 関節リウマチ患者由来の滑膜線維芽細胞におけるIL-6,IL-17によるMMP-3の産生機構の解析,2006年 ~
  • 炎症病態におけるCRP発現機序の検討,2005年 ~
  • 炎症病態にともなう急性期蛋白発現におけるサイトカインの作用機序,2004年 ~

受賞

  • 第2回アクテリオンアカデミアプライズ奨励賞,萩原圭祐,アクテリオンアカデミア,2007年06月
  • 第33回日本臨床免疫学会優秀ポスター賞,萩原圭祐,日本臨床免疫学会,2005年10月
  • 第32回日本臨床免疫学会優秀ポスター賞,萩原圭祐,日本臨床免疫学会,2004年10月

講演・口頭発表等

  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学,萩原圭祐,兵庫医大講義,2019年09月09日
  • 栄養管理における漢方医学の役割,萩原圭祐,第13回日本静脈経腸栄養学会東海支部学術集会,2019年07月27日
  • Investigation of efficacy and safety of cancer ketogenic diet,萩原圭祐,第17回日本臨床腫瘍学会学術集会,2019年07月18日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学ーリウマチ膠原病アレルギー患者での使用例も踏まえてー,萩原圭祐,大阪大学医学部学友会東大阪支部総会学術講演会,2019年07月13日
  • フレイル・サルコペニア対策における漢方医学の役割,萩原圭祐,第1回大阪大学漢方ネットワークセミナー,2019年07月11日
  • がんと糖質の関係 がんケトン食療法の可能性について,萩原圭祐,第4回ウェルネスフードジャパン,2019年07月04日
  • 関節リウマチにおける融合医学について,萩原圭祐,大阪リウマチ診療を考える会,2019年06月29日
  • 帯下増量、難治性再発性の陰部掻痒感の症状が胃腸機能を改善することで軽快した一例,岡 朱美,中田 英之,萩原 圭祐,第70回日本東洋医学会学術総会,2019年06月29日
  • 分娩後 DIC のため子宮摘出を行い、集学的治療を要した患者において、桃核承気湯が著効した一例,斎藤 仁美,中野 真依,梶本 勝文,足立 繁久,辰巳 礼奈,中田 英之,萩原 圭祐,第70回日本東洋医学会学術総会,2019年06月29日
  • 難治療性の嗄声に木防已湯が著効した1例,後藤 達彦,中田 英之,萩原 圭祐,第70回日本東洋医学会学術総会,2019年06月29日
  • めまい症状にて勉学が困難である高校生に対して漢方学的観点から治療した一例,鈴木 健一,中田 英之,萩原 圭祐,第70回日本東洋医学会学術総会,2019年06月29日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学ー漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,第56回日本リハビリテーション医学会学術集会ランチョンセミナー,2019年06月15日
  • 難治性の嗄声に木防已湯が著効した1例,後藤 達彦,中田 英之,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,2019年06月
  • 分娩後DICのため子宮摘出を行い、集学的治療を要した患者において、桃核承気湯が著効した一例,斎藤 仁美,中野 真依,梶本 勝文,足立 繁久,辰巳 礼奈,中田 英之,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,2019年06月
  • 帯下増量、難治性再発性の陰部そう痒感の症状が胃腸機能を改善することで軽快した一例,岡 朱美,中田 英之,萩原 圭祐,日本東洋医学雑誌,2019年06月
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学,萩原圭祐,よりよい健康的な生活のための、市民に向けた漢方講座,2019年05月26日
  • がん治療におけるケトン食療法,萩原圭祐,豊見城中央病院講演会,2019年05月16日
  • フレイル対策先進地域を目指してー奈良から全国へ,萩原圭祐,フレイル予防講演会 健康長寿を目指して『フレイル予防で元気で笑顔』,2019年05月12日
  • フレイル・サルコペニア対策における漢方医学の役割,萩原圭祐,ゆずの里KAMPO研究会 KAMPO学術講演会,2019年05月09日
  • 膠原病診療に付随する合併症について,萩原圭祐,Rise Up Conference,2019年04月06日
  • Go-Sha-Jinki-Gan, A New Old Drug,Keisuke Hagihara,2019年04月
  • 超高齢社会におけるフレイル予防の重要性と対策について,萩原圭祐,医療・介護連携推進講演会,2019年03月24日
  • Combination therapy with Ren-Shen-Tang (Japanese name Ninjinto) and methotrexate in Two Patients with rheumatoid arthritis,萩原圭祐,第44回千葉東洋医学シンポジウム,2019年03月23日
  • 癌ケトン食療法の進捗について,萩原圭祐,第2回癌ケトン食研究会学術集会,2019年03月10日
  • フレイル・サルコペニアと関節リウマチ,萩原圭祐,第6回中河内運動器疾患研究会,2019年02月23日
  • フレイルとサルコペニアの発症機構と漢方,萩原圭祐,漢方の将来ビジョン研究会2018,2019年02月05日
  • 高齢者医療の課題に対する漢方薬の役割,萩原圭祐,株式会社ツムラ創業125周年記念講演会(OSAKA),2019年02月02日
  • 大阪大学における癌ケトン食療法の5年間の取り組みついて,萩原圭祐,2019年02月
  • フレイル・サルコペニア対策における漢方医学の役割,萩原圭祐,第23回東海漢方研究会,2019年01月30日
  • 癌と糖質の関係について,萩原圭祐,第47回市民健康教育公開講座,2019年01月26日
  • 超高齢社会の課題解決に向けた融合医学の貢献,萩原圭祐,JICE病院のトップマネジメント,2019年01月25日
  • "心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学 ~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~",萩原圭祐,"第30回日本老年医学会四国地方会 「ティータイムセミナー」",2019年01月20日
  • フレイル対策を踏まえた骨粗鬆症治療とは?,萩原圭祐,"【DS WEB】 Total Care Support Seminar -高齢者疾患を考える-",2019年01月17日
  • 大阪大学での107(牛車腎気丸)臨床研究計画の再立案について,萩原圭祐,臨床研究計画立案検討会,2018年11月22日
  • デノスマブの骨量増加作用と体組成計指標との関連性の検討,中野真依,大佐賀智,斎藤仁美,梶本勝文,中田英之,松井聖,萩原圭祐,2018年11月
  • 漢方医が診るからだとこころの表現モデル,萩原圭祐,人工知能学会合同研究会2018,2018年11月23日
  • フレイル・サルコペニアと関節リウマチ,萩原圭祐,豊中市医師会整形外科医会学術講演会,2018年10月20日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,久留米大学講演会,2018年10月17日
  • 現場で手応えのあった漢方処方~フレイル・サルコペニア診療における補腎剤の役割について~,萩原圭祐,第28期京都漢方研究会錬成講座10月度定例会,2018年10月14日
  • フレイル・サルコペニア対策における 漢方医学の役割,萩原圭祐,第17回日本臨床中医薬学会学術大会,2018年10月
  • 当院5年間での癌ケトン食療法の有用性と安全性の検討,萩原圭祐,第56回日本癌治療学会学術集会,2018年10月18日
  • 高齢者(フレイル)と漢方薬,萩原圭祐,第69回日本薬理学会北部会 市民公開講座,2018年09月22日
  • フレイル・サルコペニア対策における漢方医学の役割,萩原圭祐,第17回日本病院総合診療学会学術総会ランチョンセミナー,2018年09月15日
  • AIと漢方,萩原圭祐,株式会社ツムラ社内勉強会,2018年09月14日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,第11回山梨大学サイエンス漢方研究会,2018年09月13日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,北河内医師会講演会,2018年09月08日
  • 超高齢社会と漢方~牛車腎気丸のエビデンス~,萩原圭祐,株式会社ツムラ創業125周年記念講演会-KAMPOで未来へ―,2018年09月01日
  • 当事者支店重視の生活環境デザイン,萩原圭祐,2018年09月
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,兵庫医科大学第13回漢方医学セミナー,2018年08月30日
  • 健康寿命を延ばす~中高年からの医療と漢方~,萩原圭祐,健康応援フェスタ2018~すこやかな心と体のために~,2018年08月22日
  • 漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,はじめてみよう 整形外科カンポウ,2018年07月19日
  • 健康寿命を延ばす~中高年からの医療と漢方~,萩原圭祐,健康応援フェスタ2018~すこやかな心と体のために~,2018年07月15日
  • フレイル対策を踏まえた骨粗鬆症治療とは?,萩原圭祐,八尾市医師会 学術講演会,2018年07月14日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学-漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,京都漢方医学研究会,2018年07月11日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学-漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,第22回漢方研修会,2018年07月13日
  • AI、言葉、心身ー伝統医学の構造化を目指して考えたこと,萩原圭祐,2018年07月
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学-漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,"大阪府保険医協会・内科部会 第50回内科会員懇談会",2018年06月23日
  • もしあなたの関節が痛くなったら~不安にならないためのリウマチナビ~,萩原圭祐,読売健康講座 あきらめない!関節リウマチ治療,2018年06月17日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,"島根県立中央病院KAMPO講演会 ~明日から役立つ実践講座~",2018年06月14日
  • 超高齢社会における漢方の役割ー腎虚概念とフレイル・サルコペニアについて,萩原圭祐,2018年06月
  • 2018年度人工知能学会全国大会(第32回),萩原圭祐,第2回高知老年泌尿器科研究会,2018年05月22日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学-よりよい医療に向けた融合医学的アプローチ,萩原圭祐,第1回相模原協同病院統合医療研究会,2018年04月26日
  • リウマチ膠原病患者でのデノスマブの臨床効果とサルコペニアとの関連性の検討,萩原圭祐,吉川秀樹,2018年04月
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,高齢者診療における漢方薬の使い方講座,2018年03月17日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,第15回兵庫県臨床漢方医会総会学術集会,2018年03月11日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,OHP第4回(中央)支部研修会,2018年02月15日
  • 高齢者サルコペニアにおける漢方の役割,萩原圭祐,平成29年度日本統合医療学会ウインターセミナー,2018年02月03日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学,萩原圭祐,済生会福岡総合病院 地域医療連携漢方セミナー,2018年02月02日
  • リウマチ膠原病治療における先進医学と伝統医学の融合治療について,萩原圭祐,第4回筑豊リウマチ研究会,2018年02月01日
  • 癌ケトン食療法のこれまでの経過について,萩原圭祐,2018年02月
  • メタボローム解析による癌ケトン食療法の治療反応性の検討,萩原圭祐,長井直子,山道祐子,2018年02月
  • 大阪大学における融合治療の実際について,萩原圭祐,第11回Osaka Respiratory Expert Seminar,2017年12月09日
  • もし、関節リウマチといわれたら、寝たきりにならないための関節リウマチ治療,萩原圭祐,読売健康講座 あきらめない!関節リウマチ治療,2017年12月03日
  • 温故知新 漢方補腎薬の新たな薬効機序について,萩原圭祐,日中伝統薬技術交流会,2017年11月27日
  • 痒みを伴う疾患に対するエキシマライト鍼灸,田原真由子,山本亜沙子,萩原圭祐,室田浩之,片山一朗,第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会,2017年11月18日
  • GO-SHA-JINKI-GAN (GJG) Palliates Inflammation In Experimental Autoimmune Encephalomyelitis (EAE) Mice,XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017), Kyoto, Japan,2017年11月16日
  • 関節リウマチ治療におけるRANKL抗体の役割について,萩原圭祐,大阪東リウマチ治療講演会,2017年11月11日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,第9回KAMPO Clinical Conference,2017年11月06日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学 漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について,萩原圭祐,第1回リハビリテーション医学会秋季学術集会,2017年10月28日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学,萩原圭祐,第7回阪大がんサロン,2017年10月27日
  • メタボローム解析を用いた癌ケトン食治療の作用機序の探索,萩原圭祐,長井直子,中田英之,馬場孝輔,木島貴志,下野九理子,下瀬川恵久,吉川秀樹,第55回日本癌治療学会学術集会,2017年10月21日
  • 先進医学と伝統医学の融合による超高齢社会における問題の解決,萩原圭祐,MBI関西ファミリーイベント2017,2017年10月18日
  • 関節リウマチの最新治療,萩原圭祐,リウマチWEBセミナー(小野薬品),2017年10月02日
  • 心と体のレジリエンスを高める漢方医学,萩原圭祐,第6回エビデンスに基づく統合医療研究会,2017年09月02日
  • フレイル・サルコペニア対策での漢方医学の役割-牛車腎気丸の分子薬理機序について-,萩原圭祐,第34回和漢医薬学会学術大会ランチョンセミナー1,2017年08月26日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学,萩原圭祐,再発性多発性軟骨炎(RP)患者会 第6回総会・医療講演会,2017年07月29日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,第45回茨城県東洋医学研究会学術講演会,2017年07月28日
  • フレイル・サルコペニアと中枢神経疾患との関わりについて,萩原圭祐,脳と神経を考える会,2017年07月14日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学,萩原圭祐,勤務医のための診療に役立つセミナー,2017年07月08日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,第14回若手医師・学生のための東洋医学セミナー,2017年07月01日
  • 六君子湯はグレリンシグナルを介してテリパラチド誘発悪心を改善する,山本浩一,磯谷幸宏,萩原圭祐,第35回日本骨代謝学会学術集会,2017年07月27日
  • エビデンスから漢方を使いこなすコツを考える,萩原圭祐,病院勤務医のためのKAMPO Seminar 2017,2017年06月25日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学,萩原圭祐,病院勤務医のための明日から使える漢方セミナーIN岡山,2017年06月23日
  • 漢方補腎薬の新展開 故きを温ねて抗サルコペニア効果を知る,萩原圭祐,第34回泌尿器科漢方研究会学術集会,2017年06月17日
  • 癌ケトン食治療の可能性について,萩原圭祐,第37回日本食品・機械研究会年次大会,2017年06月09日
  • フレイル・サルコペニア対策における漢方補腎薬の役割について,萩原圭祐,第17回日本抗加齢医学会総会,2017年06月02日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,第131回高知病診連携フォーラム,2017年04月26日
  • 女性の回復力(レジリエンス)を高める漢方医学,萩原圭祐,東大阪医療連携スクラム会,2017年02月16日
  • 「漢方 で、心と体のレジリエンス(回復力)を高めよう!」,萩原圭祐,大阪大学×大阪ガス「アカデミクッキング」vol.62,2017年02月03日
  • 癌ケトン食治療と漢方医学の可能性について,萩原圭祐,第5回先進漢方治療研究会,2016年11月05日
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学,萩原圭祐,漢方イブニングセミナー,2016年11月
  • 心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~,萩原圭祐,鹿児島東洋医学セミナー2016,2016年11月
  • 第1回人参養栄湯シンポジウム(仮称)開催に向けて主旨検討,萩原圭祐,人参養栄湯シンポジウム(仮称)第1回検討会,2016年11月01日
  • 免疫領域のサマライズ,萩原圭祐,日本東洋医学会関西支部例会,2016年10月23日
  • 心と体のレジリエンス(復元力)を高める漢方医学,萩原圭祐,平成28年度東洋医学に関する市民公開講演会,2016年10月22日
  • DNAマイクロアレイを用いた肺癌患者におけるケトン食治療の作用機序の探索,萩原圭祐,長井直子,馬場孝輔,木島貴志,下野九理子,下瀬川恵久,吉川秀樹,第54回日本癌治療学会学術集会,2016年10月20日
  • 癌患者におけるケトン食の有用性と安全性の検討,萩原圭祐,長井直子,木島貴志,下野九理子,下瀬川恵久,馬場孝輔,吉川秀樹,第54回日本癌治療学会学術集会,2016年10月20日
  • フレイル・サルコペニアにおける漢方補腎薬の役割について,萩原圭祐,第15回日本臨床中医薬学会学術大会,2016年10月08日
  • テリパラチド誘発悪心に対する漢方薬六君子湯の有用性の検討,山本浩一,磯谷幸宏,石田隆行,萩原圭祐,第18回日本骨粗鬆症学会,2016年10月06日
  • Go­sha­jinki-Gan (GJG) attenuated allodynia via suppression of the TNF-α derived from microglia in chronic constriction injury model,萩原圭祐,16th World Congress on Pain (IASP 2016),2016年10月01日
  • Analysis of effect of bosentan on Raynaud’s phenomenon in connective tissue disease-related PAH patients using a Bio-Plex cytokine array,Hagihara K,Murota H,Sakata Y,Morishima A,Kawai M,Ishii T,Arimitsu J,Hirano T,Shima Y,Narazaki M,Ogata A,Tanaka T,2010年08月
  • Immunopathogenic roles of IL-6 on the synergistic induction of an acute phase protein, serum amyloid A (SAA), via interaction between STAT3 and NF-kappa B in rheumatoid arthritis,Kazuyuki Yoshizaki,Keisuke Hagihara,Teppei Nishikawa,Jian Song,JOURNAL OF IMMUNOLOGY,2006年04月
  • "フレイル・サルコペニア対策における 漢方医学の役割",萩原圭祐,高齢者に役立つ実践漢方セミナー,2019年09月
  • フレイル・サルコペニア対策における 漢方医学の役割,萩原圭祐,吹田市医師会イブニングセミナー
  • 癌と糖質の関係について、癌ケトン食療法の可能性について,萩原圭祐,第49回栄養学連続講義,2019年08月

報道

  • 癌ケトン食療法の現状と課題,2020年11月
  • 「癌ケトン食治療コンソーシアム」研究成果 進行性がん患者で新しいケトン食療法による有望な結果 ~国際科学雑誌Nutrientsで発表~,2020年07月30日
  • がんのケトン食治療の第一人者に聞く、日本人に適した食事の在り方,マルコメみそ 発酵美食(web),2019年10月
  • 身近な漢方生薬の元を取り入れて、体の内側からポカポカに,ハウス クラブ ウェルネス,2018年12月
  • 要介護健診で防ぐ 自治体と共同研究,読売新聞,2018年11月
  • 患者を生きる:3642 スポーツ 難病と闘う,朝日新聞,2018年09月
  • 医療健康 漢方が救う高齢者治療,日本経済新聞,2018年09月
  • TVシンポジウム「めざせ!健康長寿~中高年からの医療と漢方~」,Eテレ,2018年09月
  • 「健康応援フェスタ2018~すこやかな心と体のために~」,NHKエデュケーショナル,2018年07月
  • 要介護手前「フレイル」奈良・三郷町と阪大が共同研究,日本経済新聞,2018年05月
  • 町民の健康づくり 三郷町と阪大が共同研究,奈良テレビ,2018年05月
  • 超高齢化社会におけるフレイル・サルコペニアと漢方~伝統医学と先進医学の融合による高齢者医療~,日本記者クラブ,2017年11月
  • 漢方薬、がん治療に活用 高齢者医療でも効果期待,2017年04月
  • 先進医学と伝統医学の融合を実施「患者さんに寄り添う医療」を,2017年04月
  • 教えて!ドクター 熱中症・夏バテ 土用の時期に要注意! 漢方で上手に暑さ対策,2016年07月
  • Polymyalgia Rheumatica: Steroids and Beyond,Rheumatology News,2010年08月

学術貢献

  • 第49回栄養学連続講義,2019年08月 ~
  • 第13回日本静脈経腸栄養学会東海支部学術集会,2019年07月 ~
  • 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会,2019年07月 ~
  • 大阪大学医学部学友会東大阪支部総会学術講演会,2019年07月 ~
  • 第1回大阪大学漢方ネットワークセミナー,2019年07月 ~
  • 第4回ウェルネスフードジャパン,2019年07月 ~
  • 大阪リウマチ診療を考える会,2019年06月 ~
  • よりよい健康的な生活のための、市民に向けた漢方講座,2019年05月 ~
  • 豊見城中央病院講演会,2019年05月 ~
  • フレイル予防講演会 健康長寿を目指して『フレイル予防で元気で笑顔』,2019年05月 ~
  • ゆずの里KAMPO研究会 KAMPO学術講演会,2019年05月 ~
  • Second International Traditional and Complementary Medicine Congress,2019年04月 ~
  • Rise Up Conference,2019年04月 ~
  • 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会,2019年02月 ~
  • 第47回市民健康教育公開講座,2019年01月 ~
  • JICE病院のトップマネジメント,2019年01月 ~
  • 第30回日本老年医学会四国地方会 「ティータイムセミナー」,2019年01月 ~
  • Total Care Support Seminar ~高齢者疾患を考える~,2019年01月 ~
  • 第47回市民健康教育公開講座,2019年01月 ~
  • 人工知能学会合同研究会2018,2018年11月 ~
  • 臨床研究計画立案検討会,2018年11月 ~
  • 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会,2018年10月 ~
  • 豊中市医師会整形外科医会学術講演会,2018年10月 ~
  • 第56回日本癌治療学会学術集会,2018年10月 ~
  • 久留米大学講演会,2018年10月 ~
  • 第28期京都漢方研究会錬成講座10月度例会,2018年10月 ~
  • 第17回日本臨床中医薬学会学術大会Special Lecture,2018年10月 ~
  • 第17回日本病院総合診療医学会学術総会ランチョンセミナー,2018年09月 ~
  • 第11回山梨大学サイエンス漢方研究会,2018年09月 ~
  • 北河内医師会講演会,2018年09月 ~
  • 株式会社ツムラ創業125周年記念講演会-KAMPOで未来へ―,2018年09月 ~
  • 第69回日本薬理学会北部会 市民公開講座,2018年09月 ~
  • 第38回産婦人科漢方研究会学術集会,2018年08月 ~
  • ツムラ 情報交換会,2018年08月 ~
  • 健康応援フェスタ2018~すこやかな心と体のために~,2018年08月 ~
  • 高齢者医療に役立つ厚木カンポウセミナー,2018年07月 ~
  • はじめてみよう 整形外科カンポウ,2018年07月 ~
  • 八尾市医師会 学術講演会,2018年07月 ~
  • 先進融合医学共同研究講座報告会,2018年07月 ~
  • 第22回漢方研修会,2018年07月 ~
  • 京都漢方医学研究会,2018年07月 ~
  • 健康応援フェスタ2018~すこやかな心と体のために~,2018年07月 ~
  • シンポジウム「日本語、日本文化の保存、刷新、発信をめぐる諸問題」,2018年06月 ~
  • "大阪府保険医協会・内科部会 第50回内科会員懇談会",2018年06月 ~
  • "島根県立中央病院KAMPO講演会 ~明日から役立つ実践講座~",2018年06月 ~
  • 第69回東洋医学会学術総会,2018年06月 ~
  • 2018年度人工知能学会全国大会(第32回),2018年06月 ~
  • 読売健康講座 あきらめない!関節リウマチ治療,2018年06月 ~
  • 第2回高知老年泌尿器科研究会,2018年05月 ~
  • 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,2018年04月 ~
  • 第1回相模原協同病院統合医療研究会,2018年04月 ~
  • 高齢者診療における漢方薬の使い方講座,2018年03月 ~
  • 第15回兵庫県臨床漢方医会総会学術集会,2018年03月 ~
  • 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会,2018年02月 ~
  • 第1回癌ケトン食研究会学術集会,2018年02月 ~
  • OHP第4回(中央)支部研修会,2018年02月 ~
  • 平成29年度日本統合医療学会ウインターセミナー,2018年02月 ~
  • 済生会福岡総合病院 地域医療連携漢方セミナー,2018年02月 ~
  • 第4回筑豊リウマチ研究会,2018年02月 ~
  • 第11回Osaka Respiratory Expert Seminar,2017年12月 ~
  • 読売健康講座 あきらめない!関節リウマチ治療,2017年12月 ~
  • 日中伝統薬技術交流会,2017年11月 ~
  • 第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会,2017年11月 ~
  • XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017), Kyoto, Japan,2017年11月 ~
  • 大阪東リウマチ治療講演会,2017年11月 ~
  • 第9回KAMPO Clinical Conference,2017年11月 ~
  • 第1回リハビリテーション医学会秋季学術集会,2017年10月 ~
  • 第7回阪大がんサロン,2017年10月 ~
  • 第55回日本癌治療学会学術集会,2017年10月 ~
  • MBI関西ファミリーイベント2017,2017年10月 ~
  • 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)TNT研修会,2017年09月 ~
  • 第6回エビデンスに基づく統合医療(eBIM)研究会,2017年09月 ~
  • 第34回和漢医薬学会学術大会ランチョンセミナー1,2017年08月 ~
  • 癌ケトン食研究会,2017年08月 ~
  • 再発性多発性軟骨炎(RP)患者会 第6回総会・医療講演会,2017年07月 ~
  • 第45回茨城県東洋医学研究会学術講演会,2017年07月 ~
  • 第35回日本骨代謝学会学術集会,2017年07月 ~
  • 脳と神経を考える会,2017年07月 ~
  • 勤務医のための診療に役立つセミナー,2017年07月 ~
  • 第14回若手医師・学生のための東洋医学セミナー,2017年07月 ~
  • 病院勤務医のためのKAMPO Seminar 2017,2017年06月 ~
  • 病院勤務医のための明日から使える漢方セミナーIN岡山,2017年06月 ~
  • 第34回泌尿器科漢方研究会学術集会,2017年06月 ~
  • 第37回日本食品・機械研究会年次大会,2017年06月 ~
  • 第17回日本抗加齢医学会総会,2017年06月 ~
  • 先進融合医学共同研究講座開設記念講演会,2017年05月 ~
  • 骨粗鬆症フロンティア,第一三共,2017年05月 ~
  • 第131回高知病診連携フォーラム,2017年04月 ~
  • 東大阪医療連携スクラム会,2017年02月 ~
  • 大阪大学×大阪ガス「アカデミクッキング」vol.62,大阪大学21世紀懐徳堂・大阪ガス株式会社,2017年02月 ~
  • 第5回先進漢方治療研究会,2016年11月 ~
  • 漢方イブニングセミナー,2016年11月 ~
  • 鹿児島東洋医学セミナー2016,2016年11月 ~
  • 人参養栄湯シンポジウム(仮称)第1回検討会,2016年11月 ~
  • 平成28年度東洋医学に関する市民公開講演会,2016年10月 ~
  • 第15回日本臨床中医薬学会学術大会,2016年10月 ~
  • 16th World Congress on Pain (IASP 2016),2016年10月 ~
  • 第44回日本小児東洋医学会学術集会,2016年09月 ~
  • 第5回エビデンスに基づく統合医療研究会,2016年09月 ~
  • 第1回東西融合医学研究会,2016年08月 ~
  • 第29回 日本疼痛漢方研究会学術集会,2016年07月 ~
  • 大阪大学医学部付属病院疼痛医療センター 第16回学術セミナー,2016年07月 ~
  • 第15回明日から使える漢方勉強会,2016年06月 ~
  • 第58回日本老年医学会学術集会 漢方実践セミナー,2016年06月 ~
  • 第58回日本老年医学会学術集会,2016年06月 ~
  • 第67回日本東洋医学会学術総会,2016年06月 ~
  • 日本麻酔科学会第63回学術集会,2016年05月 ~
  • 豊中市薬剤師会5月支部研修会,2016年05月 ~
  • 第18回国際東洋医学会学術大会,2016年04月 ~
  • 第18回国際東洋医学会学術大会,2016年04月 ~
  • 第5回漢方入門講座,2016年04月 ~
  • 第3回日本サルコペニア・悪液質・消耗性疾患研究会,2016年04月 ~
  • 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会,2016年04月 ~
  • 大阪大学×大阪ガス「アカデミクッキング」vol.60,大阪大学21世紀懐徳堂・大阪ガス株式会社,2015年06月 ~
  • 大阪大学×大阪ガス「アカデミクッキング」vol.55,大阪大学21世紀懐徳堂・大阪ガス株式会社,2015年01月 ~