EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

鈴木 康之

Suzuki Yasuyuki

基礎工学研究科 機能創成専攻,講師

keyword シミュレーション,二足歩行,姿勢制御,生体工学,運動制御

学歴

  • 2009年04月 ~ 2012年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,機能創成専攻生体工学領域(博士後期課程)
  • 2007年04月 ~ 2009年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,機能創成専攻生体工学領域(博士前期課程)
  • 2003年04月 ~ 2007年03月,大阪大学,基礎工学部,システム科学科

経歴

  • 2018年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院基礎工学研究科,講師
  • 2016年04月 ~ 2018年03月,日本学術振興会,海外特別研究員(Carnegie Mellon University)
  • 2012年04月 ~ 2018年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,助教
  • 2009年04月 ~ 2012年03月,日本学術振興会,特別研究員(DC1)

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,生体材料学
  • ライフサイエンス,生体医工学

論文

  • Causal relationships between immediate pre-impact kinematics and post-impact kinetics during drop landing using a simple three dimensional multibody model.,Vol. 116,p. 110211-110211,2021年02月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Postural instability via a loss of intermittent control in elderly and patients with Parkinson's disease: A model-based and data-driven approach,Vol. 30,No. 11,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • A Model of the Intermittent Control Strategy for Stabilizing Human Quiet Stance,Taishin Nomura,Yasuyuki Suzuki,Pietro Morasso,In: Jaeger D., Jung R. (eds) Encyclopedia of Computational Neuroscience. Springer, New York, NY,Springer, New York, NY,p. 1-10,2020年02月04日,研究論文(学術雑誌)
  • Phase resetting and intermittent control at the edge of stability in a simple biped model generates 1/f-like gait cycle variability,Vol. 114,No. 1,p. 95-111,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 静止立位姿勢を安定化する最適な神経制御は身体を揺らしてしまう (特集 揺れ動き,戻る身体機能),野村 泰伸,鈴木 康之,遠藤 卓行,佐古田 三郎,体育の科学,杏林書院,Vol. 70,No. 2,p. 117-122,2020年02月
  • Stabilization of a Cart Inverted Pendulum: Improving the Intermittent Feedback Strategy to Match the Limits of Human Performance.,Frontiers in computational neuroscience,2019年04月
  • Fluctuation of stride time intervals during walking with smartphone,2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech),2019年03月
  • Assimilating the intermittent control model into postural sway data using Bayesian inference,2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech),2019年03月
  • A Simple Algorithm for Assimilating Marker-Based Motion Capture Data During Periodic Human Movement Into Models of Multi-Rigid-Body Systems,Frontiers in Bioengineering and Biotechnology,2018年10月
  • A Neuro-Musculo-Skeletal Model of Human Standing Combining Muscle-Reflex Control and Virtual Model Control,2018 40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC),2018年07月
  • A simple bipedal model for studying control of gait termination,Vol. 13,No. 3,2018年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic Determinants of the Uncontrolled Manifold during Human Quiet Stance,Vol. 10,No. DEC2016,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Intermittent Feedback-Control Strategy for Stabilizing Inverted Pendulum on Manually Controlled Cart as Analogy to Human Stick Balancing,Vol. 10,No. APR,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of intermittent feedback control on robustness of human-like postural control system,Vol. 6,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Model of Gait Cycle Variability During Human Walking,p. 79-84,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stability and Flexibility During Human Motor Control,p. 67-73,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Long-range correlations in amplitude variability of HF and LF components of Heart Rate Variability,Vol. 2016-October,p. 6218-6221,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Postural flexibility during quiet standing in healthy elderly and patients with Parkinson's Disease,Vol. 2016-October,p. 29-32,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reinforcement learning for stabilizing an inverted pendulum naturally leads to intermittent feedback control as in human quiet standing,Vol. 2016-October,p. 37-40,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The brain can mix different control strategies in a task-oriented and multi-referential manner: a simulation study,Vol. 2016-October,p. 9-12,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 安定かつ柔軟なヒト直立姿勢の神経制御仮説,野村 泰伸,鈴木 康之,清野 健,付 春江,吉川 直也,佐古田 三郎,バイオメカニズム学会誌,バイオメカニズム学会,Vol. 39,No. 4,p. 185-195,2015年
  • Non-Actively Controlled Double-Inverted-Pendulum-Like Dynamics Can Minimize Center of Mass Acceleration during Human Quiet Standing,Vol. 2015-November,p. 1432-1435,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Intermittent Appearances of Saddle-Type Hyperbolic Dynamics during Human Stick Balancing on a Manually Controlled Cart,Vol. 2015-November,p. 3500-3503,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Universal and individual characteristics of postural sway during quiet standing in healthy young adults,Vol. 3,No. 3,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • An intermittent control model of flexible human gait using a stable manifold of saddle-type unstable limit cycle dynamics,Vol. 11,No. 101,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A new protocol for intermittent androgen suppression therapy of prostate cancer with unstable saddle-point dynamics,Vol. 350,p. 1-16,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • サドル型不安定性を利用した新しい前立腺癌間欠的アンドロゲン抑制療法の提案,鈴木 康之,酒井 大地,平田 祥人,合原 一幸,野村 泰伸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 52,No. 0,p. O-424-O-425,2014年
  • Modeling human postural sway using an intermittent control and hemodynamic perturbations,Vol. 245,No. 1,p. 86-95,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • A Theoretical Study on a Computational Algorithm for Human Posture Estimation Based on Motion Capture of a Small Number of Markers,YOSHIKAWA Naoya,SUZUKI Yasuyuki,KIYONO Ken,NOMURA Taishin,Advanced Biomedical Engineering,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 2,No. 0,p. 107-116,2013年
  • Intermittent control with ankle, hip, and mixed strategies during quiet standing: A theoretical proposal based on a double inverted pendulum model,Vol. 310,p. 55-79,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 4D human body posture estimation based on a motion capture system and a multi-rigid link model,p. 4847-4850,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stability of a Double Inverted Pendulum Model during Human Quiet Stance with Continuous Delay Feedback Control,p. 7450-7453,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Classification of postural sway patterns during upright stance in healthy adults and patients with parkinson's disease,Yamamoto T,Suzuki Y,Nomura K,Nomura T,Tanahashi T,Fukada K,Endo T,Sakoda S,Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol. 15,No. 8,p. 997-1010,2011年
  • Dynamic stability and phase resetting during biped gait,Vol. 19,No. 2,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A Platform for in silico Modeling of Physiological Systems III.,p. 2803-2806,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • FEM Simulation Environment for insilicoIDE,Hideki Oka,Yoshiyuki Asai,Yoshiyuki Kido,Yasuyuki Suzuki,Masao Okamoto,Eric Heinen,Takahito Urai,Kenichi Hagihara,Yoshihisa Kurachi,Taishin Nomura,The 3rd MEI International SymposiumPhysiome and Systems Biology for IntegratedLife Sciences and Predictive Medicine,2008年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Specifications of insilicoML 1.0: A Multilevel Biophysical Model Description Language,Vol. 58,No. 7,p. 447-458,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • フィジオームにおけるデータベースとシミュレーションプラットフォーム,野村 泰伸,中西 正夫,鈴木 康之,河津 俊宏,浅井 義之,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 52,No. 5,p. 175-180,2008年
  • A Platform for in silico Modeling of Physiological Systems II. CellML Compatibility and Other Extended Capabilities,p. 573-+,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A platform for in silico modeling of physiological systems,p. 1394-1397,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 単純な確率的ハイブリッド力学系のフォッカープランク方程式を用いた解析,十亀敬伍,中村晃大,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 119,No. 137(MBE2019 19-28)(Web),2019年07月13日
  • 周期運動のモーションキャプチャデータとヒト身体のマルチ剛体リンクモデルを同化する新しいアルゴリズム,鈴木 康之,川崎 壮一朗,野村 泰伸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 57,No. 0,p. S237_2-S237_2,2019年
  • 歩きスマホが歩行周期ゆらぎに与える影響,矢野峻平,DIMALANTA Lauren,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 257(MBE2018 27-35)(Web),2018年10月13日
  • ヒト定常歩行ストライド時間の1/fゆらぎ生成メカニズムに関する考察,FU Chunjiang,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 44(MBE2018 1-6)(Web),2018年05月12日
  • Savitzky‐Golayトレンド除去フィルタを使った生体信号時系列のスケーリング解析,辻本裕,鈴木康之,下野昌宣,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2016,2017年01月13日
  • 心拍変動の高周波数および低周波数成分の振幅変調に見られる長時間相関,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,心電図,(一社)日本不整脈心電学会,Vol. 36,No. Suppl.1,p. S-49,2016年02月
  • 多重回帰分析による心臓植込み型デバイスの需要推移予測,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,心電図,(一社)日本不整脈心電学会,Vol. 36,No. Suppl.1,p. S-61,2016年02月
  • ヒト静止立位姿勢の神経制御と神経疾患によるその変容,鈴木 康之,野村 泰伸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 27,p. S145-S145,2016年
  • 非定常生体信号解析のためのトレンド除去スケーリング解析の高速アルゴリズム,辻本 裕,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S391-S391,2016年
  • 心拍変動の高周波及び低周波成分の振幅変調にみられる長時間相関とその解釈,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 27,p. S217-S217,2016年
  • 心臓植え込み型デバイスの将来需要予測にみられる地域格差,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S398-S398,2016年
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者に対する予後予測指標の開発,松井翔士郎,渡邊英一,鈴木康之,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • 心拍変動特性に基づく発作性心房細動の自動検出法の検討,森脇康貴,渡邊英一,鈴木康之,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • Mellin変換を応用した非ガウス時系列解析:心拍変動解析への応用,藤井翔太,鈴木康之,野村泰伸,渡邊英一,早野順一郎,山本義春,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • 心不全患者の予後予測因子としての心拍変動低周波成分の変調特性,藤井 翔太,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S270_02-S270_02,2015年
  • 心拍変動の時間相関にみられるスケーリングとクロスオーバー特性,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S271_01-S271_01,2015年
  • 心臓植込み型デバイスの国内手術件数分析に基づく将来需要予測モデルの構築,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S175_01-S175_01,2015年
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者における終夜睡眠ポリグラフデータの特性と予後との関係,松井 翔士郎,渡邊 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S223_02-S223_02,2015年
  • 心拍変動に見られる分散不均一構造の解析,森脇 康貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邊 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S270_03-S270_03,2015年
  • 数理的モデルによるすくみ足症例の両下肢間協調運動に関する検討,棚橋 貴夫,山本 智久,片畑 亨,吉川 直也,鈴木 康之,遠藤 卓行,藤村 晴俊,望月 秀樹,野村 泰伸,佐古田 三郎,臨床神経学,(一社)日本神経学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. S245-S245,2014年12月
  • 両下肢間協調運動パターンによるパーキンソン病歩行の分類,棚橋 貴夫,片畑 亨,吉川 直也,山本 智久,鈴木 康之,遠藤 卓行,藤村 晴俊,望月 秀樹,野村 泰伸,佐古田 三郎,パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集,Movement Disorder Society of Japan (MDSJ),Vol. 8回,p. 102-102,2014年10月
  • サドル型不安定性を利用した新しい前立腺癌間欠的アンドロゲン抑制療法の提案,鈴木康之,酒井大地,平田祥人,合原一幸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53rd,No. 0,p. ROMBUNNO.O3-13-6-424-O-425,2014年
  • 慢性心房細動患者の心電図情報を用いた睡眠時無呼吸症候群の検出法の検討,竹内 公一,清野 健,杉山 裕章,白濱 龍太郎,鈴木 康之,野村 泰伸,山本 義春,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 52,No. 0,p. O-394-O-395,2014年
  • Detection of sleep apnea syndrome for atrial fibrillation patients using ECG signal,Koichi Takeuchi,Koichi Takeuchi,Ken Kiyono,Ken Kiyono,Hiroaki Sugiyama,Hiroaki Sugiyama,Ryutaro Shirahama,Ryutaro Shirahama,Ryutaro Shirahama,Yasuyuki Suzuki,Yasuyuki Suzuki,Taishin Nomura,Taishin Nomura,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,Vol. 52,2014年01月01日
  • Marker-Less Motion Capture System with Kinect and Foot Pressure Distribution Measurement,Hatta Toshiyuki,Yamamoto Tomohisa,Suzuki Yasuyuki,Kiyono Ken,Nomura Taishin,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 51,No. 0,p. R-296-R-296,2013年
  • An Intermittent Control of a Double Inverted Pendulum: Relationship between Control Strategy and Hip Joint Stiffness,SUZUKI Yasuyuki,NOMURA Taishin,Int Conf Simul Technol (CD-ROM),Vol. 2013,2013年
  • 四肢動物の歩行パターンを制御する電子回路ネットワークの設計,小島 颯,久保田 真仁,土門 立志,鈴木 康之,野村 泰伸,前田 義信,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 112,No. 297,p. 5-10,2012年11月09日
  • Stability examination of biped model by Floquet theory,FU Chunjiang,SUZUKI Yasuyuki,KIYONO Ken,NOMURA Taishin,生体・生理工学シンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 27th,2012年09月19日
  • 四足歩行運動パターンを制御するアナログ回路設計の試み,前田義信,久保田真仁,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 112,No. 205(NLP2012 56-75),p. 7-12,2012年09月13日
  • 8B45 健常者およびパーキンソン病患者の立位姿勢動揺パターンの統計的分類(GS04 ヒューマンダイナミクス2),山本 智久,SMITH Charles E.,鈴木 康之,棚橋 貴夫,遠藤 卓行,佐古田 三郎,野村 泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _8B45-1_-_8B45-2_,2012年
  • 健常者およびパーキンソン病患者の重心動揺のパターン分類に対する統計的検証,山本智久,SMITH C.E,鈴木康之,棚橋貴夫,遠藤卓行,佐古田三郎,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • すくみ足の歩行解析;両下肢間協調運動障害に関する検討,棚橋貴夫,山本智久,寺村俊哉,鈴木康之,遠藤卓行,藤村晴俊,望月秀樹,野村泰伸,佐古田三郎,パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集,Vol. 6th,2012年
  • モーションキャプチャによる4次元姿勢推定に体表面上のマーカ変位が及ぼす影響,吉川直也,鈴木康之,尾崎航,山本智久,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • ヒト静止立位の倒立二重振子間欠制御モデル,鈴木康之,MORASSO Pietro,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • すくみ足を伴うパーキンソン症候群における歩行解析,棚橋貴夫,寺村俊哉,吉田信久,山本智久,鈴木康之,野村泰伸,遠藤卓行,藤村晴俊,望月秀樹,佐古田三郎,日本神経学会学術大会プログラム・抄録集,Vol. 53rd,2012年
  • 8A14 二重振子の間欠制御を用いたヒト静止立位姿勢制御のモデル化(OS1 筋骨格系のバイオメカニクス3),鈴木 康之,MORASSO Pietro,野村 泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _8A14-1_-_8A14-2_,2012年
  • 8B46 ヒト全身運動のモーションキャプチャデータに基づく4次元全身姿勢推定(GS04 ヒューマンダイナミクス2),吉川 直也,鈴木 康之,尾崎 航,山本 智久,野村 泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,2012年
  • Physiome.jpにおける汎用マルチエージェントモデル開発システムの構築,弓倉 陽介,浅井 義之,鈴木 康之,安部 武志,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 461,p. 29-34,2011年02月28日
  • 倒立二重振子の間欠制御を用いたヒト静止立位モデルの構築,鈴木康之,MORASSO Pietro,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 50th,2011年
  • ヒト静止立位姿勢の倒立二重振子間欠制御モデル,鈴木 康之,Morasso Pietro,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 294,p. 69-74,2010年11月11日
  • Development and extension of physiome and systems biology oriented open platform,insilicoPlatform,ASAI Yoshiyuki,SUZUKI Yasuyuki,KIDO Yoshiyuki,OKA Hideki,HEIEN Eric,URAI Takahito,OKAMOTO Tatsuhide,ABE Takeshi,HAGIHARA Ken‐ichi,KURACHI Yoshihisa,NOMURA Taishin,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 49th,2010年
  • 生体機能マルチスケールモデリングのためのオープンプラットフォーム insilicoML & insilicoIDE,浅井義之,鈴木康之,岡秀樹,HEIEN Eric,浦井誉仁,木戸善之,萩原兼一,萩原兼一,倉智嘉久,倉智嘉久,野村泰伸,野村泰伸,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 24th,p. 195-196-196,2009年09月24日
  • 生体生理機能の多階層的モデル記述言語insilicoML1.0並びに統合開発環境insilicoIDE1.0の開発,浅井義之,鈴木康之,木戸善之,岡秀樹,HEIEN Eric,浦井誉仁,萩原兼一,萩原兼一,倉智嘉久,倉智嘉久,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 48th,2009年
  • 生体機能モデルの統合開発環境insilicoIDEにおける行列と時系列データの取り扱い,鈴木康之,浅井義之,弓倉陽介,浦井誉仁,岡本達秀,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 48th,2009年
  • AN INTEGRATED DEVELOPMENT ENVIRONMENT FOR IN SILICO MODELING OF PHYSIOLOGICAL SYSTEMS,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 354-354,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • IN SILICO ML AND INTEGRATED ENVIRONMENT,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 101-101,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 生体機能モデリング統合プラットフォーム(in silico IDE)におけるCellML互換機能の開発,鈴木康之,浅井義之,河津俊宏,中西正夫,谷口善紀,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 47th,2008年
  • 多階層性オブジェクト指向アーキテクチャを実装した生体機能モデリング統合プラットフォーム—in silico IDE—,浅井義之,河津俊宏,中西正夫,鈴木康之,HEIEN Eric,萩原兼一,倉智嘉久,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 47th,2008年
  • CellMLに記述された細胞ダイナミクスモデルの計算エンジンの開発,鈴木康之,河津俊宏,尾臺晋介,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 46th,2007年
  • イオンチャネル・細胞・細胞ネットワークの構造とダイナミクス,野村泰伸,河津俊宏,尾臺晋介,鈴木康之,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 21st,p. 107-108-108,2006年11月17日

受賞

  • Best Poster Award in the 8th International Workshop on BSI2016,BSI2016,2016年11月
  • JSST 2013 Outstanding Presentation Award,日本シミュレーション学会,2013年09月

委員歴

  • 学協会,電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティクス研究会,幹事補佐,2018年06月 ~ 2020年05月