EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

伊藤 沙紀子

Itou Sakiko

医学系研究科,特任講師(常勤)

keyword 医療情報,ヘルスサービスリサーチ,ケアマネジメント,介護,地域保健,看護情報

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス,医療福祉工学,介護
  • 情報通信,生命、健康、医療情報学
  • ライフサイエンス,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス,高齢者看護学、地域看護学

所属学会

  • 日本疫学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本医療情報学会
  • American Medical Informatics Association
  • 日本メディカルAI学会
  • 日本看護管理学会

論文

  • Evaluation of the Usability of a Mobile Application on Neglected Skin Diseases in Côte d’Ivoire: A Pilot Study (in press),Sakiko Itoh,Kouame Kouadio,Koffi Yao Didier,Kazuko Ugai,Koffi Aubin Yao,Rie Roselyne Yotsu,Studies in Health Technology and Informatics,2021年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acceptance of care technologies to support activities of daily living by middle-aged and older adults in Japan: a cross-sectional study,Sakiko Itoh,Hiroyasu Miwa,Vivien Xi Wu,Ayako Okuyama,Kentaro Watanabe,Tomoko Ikeuchi,Tomoko Wakui,International Journal of Nursing Studies Advances,p. 100042-100042,2021年09月08日,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of progression of care-need levels among long-term care recipients with and without advanced care management in a rural municipality of Japan: A population-based observational study,Sakiko Itoh,Takahiro Mori,Boyoung Jeon,Noriko Morioka,Tomoko Ito,Xueying Jin,Yasuko Ogata,Nanako Tamiya,International Journal of Nursing Studies,Vol. 113,p. 103804-103804,2020年10月24日,研究論文(学術雑誌)
  • Association Between Advanced Care Management and Progression of Care Needs Level in Long-Term Care Recipients: Retrospective Cohort Study,Sakiko Itoh,Hiroyuki Hikichi,Hiroshi Murayama,Miho Ishimaru,Yasuko Ogata,Hideo Yasunaga,JMIR Aging,JMIR Publications Inc.,Vol. 1,No. 2,p. e11117-e11117,2018年07月25日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a gateway for interoperability in community-based care: An empirical study,Sakiko Ota,Ken-Ichi Kudo,Kenta Taguchi,Mikio Ihori,Satoru Yoshie,Takuma Yamamoto,Osamu Sudoh,Tetsuo Tsuji,Katsuya Iijima,Technology and Health Care,IOS Press,Vol. 26,No. 1,p. 57-67,2018年03月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Improvements in diabetic patients' outcomes in a clinical decision support system.,Sakiko Ota,Kaoru Mogushi,Aizan Hirai,Yoshihito Niimura,Hiroshi Tanaka,European Journal for Biomedical Informatics,Vol. 14,No. 1,p. 18-25,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis on interaction experiences with intelligent technology and preference of technology use in nursing care*,Hiroyasu Miwa,Kentaro Watanabe,Sakiko Itoh,Tomoko Ikeuchi,Tomoko Wakui,30th IEEE International Conference on Robot & Human Interactive Communication (RO-MAN),2021年08月08日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Developing the nursing practice environment scale for home health care: A trial study in Japan,Yasuko Ogata,Keiko Fujinami,Sakiko Itoh,Masayo Kashiwagi,Nobuko Lapreziosa,Yuki Yonekura,Nursing Open,2021年07月27日,研究論文(学術雑誌)
  • Outcomes of a financial incentive scheme for dementia care by dementia specialist teams in acute‐care hospitals: A difference‐in‐differences analysis of a nationwide retrospective cohort study in Japan,Kojiro Morita,Hiroki Fukahori,Hirofumi Ogawara,Masao Iwagami,Hiroki Matsui,Toru Okura,Sakiko Itoh,Kiyohide Fushimi,Hideo Yasunaga,International Journal of Geriatric Psychiatry,Vol. 36,No. 9,p. 1386-1397,2021年03月17日,研究論文(学術雑誌)
  • 日々の診療情報を用いた研究報告の質向上への提案 RECORD-PE:The REporting of studies Conducted using Oobservational Routinely collected health Data statement for Pharmacoepidemiology(日常的に観察されて集められる健康情報を用いて行われる薬剤疫学研究の報告に関する声明)の日本語版について,奥山 絢子,岩上 将夫,友滝 愛,伊藤 沙紀子,田中 宏和,医療の質・安全学会誌,(一社)医療の質・安全学会,Vol. 14,No. 2,p. 133-138,2019年04月
  • Smart medical environment at the point of care: Auto-tracking clinical interventions at the bed side using RFID technology,Kumiko Ohashi,Sakiko Ota,Lucila Ohno-Machado,Hiroshi Tanaka,Computers in Biology and Medicine,Vol. 40,No. 6,p. 545-554,2010年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of RFID Systems for Tracking Clinical Interventions at the Bedside,Kumiko Ohashi,Sakiko Ota,Lucila Ohno-Machado,Hiroshi Tanaka,AMIA Annu Symp Proc,p. 525-529,2008年11月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Factors related to Acceptance to Use Care Technologies for Bathing among Middle-Aged Adults: A Cross-Sectional Study (in press),Sakiko Itoh,Kentaro Watanabe,Hiroyasu Miwa,Tomoko Ikeuchi,Tomoko Wakui,Studies in Health Technology and Informatics,2021年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 福祉・医療の現場から センサの活用と介護職の負担軽減,伊藤沙紀子,地域ケアリング,Vol. 23,No. 6,p. 62-64,2021年06月
  • Assessing Housing Accessibility for Older Adults in Japan: A Content Validity Study,Rumiko Tsuchiya-Ito,Björn Slaug,Tomonori Sano,Miki Tajima,Sakiko Itoh,Kazuaki Uda,Takashi Yamanaka,Susanne Iwarsson,Innovation in Aging,Vol. 4,No. Supplement_1,p. 108-108,2020年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 日常的に観察されて集められる健康情報を用いて行われる薬剤疫学研究の報告に関する声明 The reporting of studies conducted using observational routinely collected health data statement for pharmacoepidemiology (RECORD-PE),Smeeth L,Langan SM,Schmidt SA,Wing K,Ehrenstein V,Nicholls SG,Filion KB,Klungel O,Petersen I,Sorensen HT,Dixon WG,Guttmann A,Harron K,Hemkens LG,Moher D,Schneeweiss S,Sturkenboom M,von Elm E,Wang SV,Benchimol EI,岩上将夫,友滝愛,伊藤沙紀子,田中宏和,奥山絢子,医療の質・安全学会誌,Vol. 14,No. 2,p. 212-233,2019年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 変わりゆく社会を支える循環器看護への期待 ビッグデータを活用した看護研究の動向,伊藤 沙紀子,日本循環器看護学会誌,(一社)日本循環器看護学会,Vol. 14,No. 2,p. 28-29,2019年03月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 臨床看護師の看護研究の実施に関する現状と課題 a scoping review,友滝 愛,横田 慎一郎,岩穴口 孝,村岡 修子,宮原 真紀,伊藤 沙紀子,青木 美和,板東 由美,石井 香奈子,岡部 春香,矢口 菜穂,本田 順子,深堀 浩樹,日本医療情報学会看護学術大会論文集,日本医療情報学会看護部会,Vol. 19回,p. 87-88,2018年07月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 看護の職場におけるコミュニティシップとは その特徴と醸成の鍵について考える,緒方 泰子,前田 留美,太田 沙紀子,本田 彰子,重光 直之,日本看護評価学会学術集会講演抄録集,日本看護評価学会,Vol. 8回,p. 35-35,2018年02月
  • 特定事業所の居宅介護支援サービスと要介護度に関するコホート研究,太田 沙紀子,引地 博之,村山 洋史,石丸 美穂,緒方 泰子,康永 秀生,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 76回,p. 344-344,2017年10月
  • 「インストラクショナル・デザインを用いた施設の問題解決に向けた教育プログラム」の作成支援,前田 留美,岩岡 文絵,太田 沙紀子,本田 彰子,緒方 泰子,日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集,日本医療教授システム学会,Vol. 9回,p. 81-82,2017年03月
  • 【在宅医療の新時代:連携から統合へ】臨床に役立つQ&A 在宅医療・介護における情報通信技術の活用 システムの相互運用性に関する実証実験,太田 沙紀子,井堀 幹夫,Geriatric Medicine,(株)ライフ・サイエンス,Vol. 54,No. 6,p. 611-615,2016年06月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 「疾病管理MAP」を用いた地域医療連携,太田 沙紀子,前田 宏美,平井 愛山,新村 芳人,田中 博,日本医療情報学会看護学術大会論文集,日本医療情報学会看護部会,Vol. 13回,No. 13,p. 104-105,2012年08月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 生涯健康情報のIT化とユビキタス,水島 洋,太田 沙紀子,山肩 大祐,田中 博,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 4,No. 1,p. 78-79,2009年05月
  • 電子タグを用いたベッドサイド業務支援システム バーコードとの比較,太田 沙紀子,大橋 久美子,津田 喜人,山本 克,田中 博,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 28回,p. 679-681,2008年11月
  • 電子タグを用いたベットサイド情報自動認識システムの構築,太田 沙紀子,大橋 久美子,津田 喜人,山本 克,田中 博,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 27回,p. 1028-1029,2007年11月

受賞

  • 第4回学術論文賞,日本医療情報学会,2021年11月
  • The Second Prize,2nd Medical Big Data Analytics Conference in Japan (Datathon-Japan 2019),,2019年03月
  • APAMI-Southampton Travel Award,10th Biennial Conference of the Asia Pacific Association for Medical Informatics (APAMI 2018),,2018年10月
  • 研究奨励賞 [表彰式: 第13回日本医療情報学会春季学術大会],日本医療情報学会 第28回医療情報学連合大会,2009年06月
  • 大会優秀賞 [表彰式: 情報処理学会 第71回全国大会],情報処理学会 第70回全国大会,2009年03月
  • 全国大会学生奨励賞,情報処理学会 第70回全国大会,2008年03月

講演・口頭発表等

  • Evaluation of the Usability of a Mobile Application on Neglected Skin Diseases in Côte d’Ivoire: A Pilot Study,Sakiko Itoh,Kouame Kouadio,Koffi Yao Didier,Kazuko Ugai,Koffi Aubin Yao,Rie Roselyne Yotsu,Medinfo 2021,2021年10月
  • Factors related to Acceptance to Use Care Technologies for Bathing among Middle-Aged Adults: A Cross-Sectional Study,Sakiko Itoh,Kentaro Watanabe,Hiroyasu Miwa,Tomoko Ikeuchi,Tomoko Wakui,Medinfo 2021,2021年10月
  • Impact of a sensing system on mental burden among nursing care providers in a nursing home,Sakiko Itoh,Hwee-Pink Tan,Kenichi Kudo,Yasuko Ogata,11th Biennial Conference of the Asia-Pacific Association for Medical Informatics (APAMI 2020),2020年11月22日
  • Practice patterns and clinical outcomes with advanced and conventional care management in community-based care: a classification and regression tree (CART) analysis,Sakiko Itoh,Felipe Alfonso Sandoval Garrido,Shuhei Nomura,Miho Ishimaru,Yasuko Ogata,Hideo Yasunaga,10th Biennial Conference of the Asia-Pacific Association for Medical Informatics (APAMI 2018),2018年10月11日
  • Comparison of work burden on nursing care providers with and without a sensing system: an empirical study,Sakiko Itoh,Hwee-Pink Tan,Ken-ichi Kudo,Mikio Ihori,Osamu Sudoh,Yasuko Ogata,7th International Conference on Global Telehealth,2018年10月10日
  • Interoperable information system in community-based integrated care: a case study,Sakiko Ota,Ken-ichi Kudo,Kenta Taguchi,Mikio Ihori,Satoru Yoshie,Takuma Yamamoto,Osamu Sudoh,Tetsuo Tsuji,Katsuya Iijima,The 17 China-Japan-Korea Joint Symposium on Medical Informatics,2016年11月22日
  • Enhance inter-professional work on community care with a digital-enabled infrastructure,Ota S,Ihori M,Kudo K,Yoshie S,Iijima K,Sudoh O,Tsuji T,HIMSS Asia Pacific,2015年09月07日
  • Preferable use of information and communication technologies in long-term care settings: a vignette survey of Japan,Tomoko Wakui,Tomoko Ikeuchi,Sakiko Itoh,Hiroyasu Miwa,Kentaro Watanabe,Gerontological Society of America (GSA) 2021 Annual Scientific Meeting,2021年11月
  • リアルワールドデータ(RWD)を活用した介護政策の評価,伊藤沙紀子,第25回日本看護管理学会学術集会,2021年08月29日
  • Analysis on interaction experiences with intelligent technology and preference of technology use in nursing care,Hiroyasu Miwa,Kentaro Watanabe,Sakiko Itoh,Tomoko Ikeuchi,Tomoko Wakui,30th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2021),2021年08月10日
  • 中高年の主観年齢と健康感-全国オンライン調査の結果-,池内朋子,涌井智子,三輪洋靖,渡辺健太郎,伊藤沙紀子,日本老年社会科学会 第63回大会,2021年06月12日
  • 異種混合学習法を用いた軽度認知障害のアルツハイマー病発症予測とサブタイピング,第3回日本メディカルAI学会学術集会,2021年06月11日
  • Assessing Housing Accessibility for Older Adults in Japan: A Content Validity Study,Rumiko Tsuchiya-Ito,Björn Slaug,Tomonori Sano,Miki Tajima,Sakiko Itoh,Kazuaki Uda,Takashi Yamanaka,Susanne Iwarsson,GSA 2020 Annual Scientific Meeting (GSA: Gerontological Society of America),2020年11月06日
  • 変わりゆく社会を支える循環器看護への期待: ビッグデータを活用した看護研究,伊藤 沙紀子,第15回日本循環器看護学会学術集会,2018年10月28日
  • 看護情報学 Up-to-Date: 医療・看護情報担当者の人材育成 - アメリカ医療情報学会の取組み,伊藤 沙紀子,第19回日本医療情報学会看護学術大会,2018年07月07日
  • 臨床看護師の看護研究の実施に関する現状と課題: a scoping review,友滝 愛,横田 慎一郎,岩穴口 孝,村岡 修子,宮原 真紀,伊藤 沙紀子,青木 美和, 板東 由美, 石井 香奈子, 岡部 春香, 矢口 菜穂, 本田 順子, 深堀 浩樹.,第19回日本医療情報学会看護学術大会,2018年07月06日
  • 看護の職場におけるコミュニティシップとは その特徴と醸成の鍵について考える,緒方泰子,前田留美,太田沙紀子,本田彰子,重光直之,第8回日本看護評価学会学術集会,2018年03月06日
  • 特定事業所の居宅介護支援サービスと要介護度に関するコホート研究,太田 沙紀子,引地 博之,村山 洋史,石丸 美穂,緒方 泰子,康永 秀生,第76回日本公衆衛生学会総会,2017年10月31日
  • 「インストラクショナル・デザインを用いた施設の問題解決に向けた教育プログラム」の作成支援,前田 留美,岩岡 文絵,太田 沙紀子,本田 彰子,緒方 泰子,日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集,2017年03月01日
  • 「地域の医療・介護従事者の顔の見える関係づくりを目指した研修会」の効果検証,野口麻衣子,櫻井桂子,吉江悟,古田達之,松倉聡,鹿野史子,吉田みどり,太田沙紀子,飯島勝矢,山中崇,辻哲夫,老年看護学会第20回学術集会,2015年06月14日
  • The Effect of Regional Electronic Health Records on the Glycated Hemoglobin Control in Togane area,Ota S,Hase T,Nukaya T,Hirai A,Tanaka H,The 14th China-Japan-Korea Joint Symposium on Medical Informatics,2013年11月22日
  • The Impact of Regional Electric Health Records in Diabetes Care,Ota S,Nukaya S,Hasegawa H,Niimura Y,Hirai A,Tanaka H,The 7th Asia Pacific Association for Medical Informatics Conference,2012年10月22日
  • The ubiquitous monitoring system for ensuring patients safety in wards,Ota S,Ohashi K,Tsuda Y,Yamamoto K,Tanaka H,The World of Health IT Conference & Exhibition,2008年11月03日

社会貢献

  • Volunteer at Grameen Communications, One village one portal project in Bangladesh,2010年01月03日 ~ 2010年01月11日

委員歴

  • 厚生労働省令和2年度老人保健事業推進費等補助金 (老人保健健康増進等事業分),「AIを活用した効果的・効率的なケアプラン点検の方策に関する研究」検討委員会、委員,2020年08月 ~ 2021年03月
  • 学協会,American Medical Informatics Association (AMIA).,WIA-Mentoring and Networking/Lifecycle Sub-Committee, Committee member,2018年01月 ~ 2019年12月
  • 総務省 IoTサービス創出支援事業:医療介護データを活用した介護サービス及び業務支援モデル事業,標準的な医療介護データ利活用の推進委員会、委員,2017年04月 ~ 2018年02月
  • 学協会,日本医療情報学会,看護部会 次世代研究者育成WG、世話人,2017年11月 ~ 継続中
  • 学協会,日本医療情報学会,第41回医療情報学連合大会、実行委員,2021年11月 ~ 2021年11月
  • 学協会,日本医療情報学会,第22回日本医療情報学会看護学術大会、プログラム委員,2021年05月 ~ 2021年07月
  • 学協会,日本医療情報学会,第20回日本医療情報学会看護学術大会、プログラム委員,2019年06月 ~ 2019年09月
  • 学協会,日本医療情報学会,第38回医療情報学連合大会 (第19回日本医療情報学会学術大会)、実行委員,2018年11月 ~ 2018年11月

その他の活動内容

  • Reviewer,2021年06月 ~ 2021年07月
  • Reviewer,2021年03月 ~ 2021年04月
  • Nature Masterclass,2020年12月 ~ 2020年12月
  • [WHO online course] Healthy Ageing for Impact in the 21st Century: Global Online Leaders Training,2020年09月 ~ 2020年12月
  • Reviewer,2020年03月 ~ 2020年04月
  • Reviewer,2019年10月 ~ 2019年10月
  • Reviewer,2019年03月 ~ 2019年03月
  • Reviewer,2019年02月 ~ 2019年02月
  • IJIC reviewer,2018年09月 ~ 2018年09月
  • Reviewer,2018年09月 ~ 2018年09月
  • 日本医療情報学会 海外学会発表奨励金,2018年08月 ~ 2018年08月
  • Reviewer,2018年03月 ~ 2018年03月
  • External peer reviewer,2017年01月 ~ 2017年01月
  • Reviewer,2017年01月 ~ 2017年01月
  • Reviewer,2016年 ~ 2016年
  • Japanese delegate at the 6th HOPE Meeting with Nobel laureates,2014年03月 ~ 2014年03月
  • Intern at World Health Organization (WHO/SEARO),2012年12月 ~ 2013年02月
  • Japanese delegate at JENESYS Programme (Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths),2012年07月 ~ 2012年07月