EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

早瀬 尚子

Hayase Naoko

言語文化研究科 言語文化専攻,教授

keyword 構文論,認知言語学,英語学

学歴

  • 1992年04月 ~ 1994年03月,大阪大学,大学院文学研究科 博士後期課程,英文学専攻(英語学)
  • 1990年04月 ~ 1992年03月,大阪大学,大学院文学研究科博士前期課程,英文学専攻(英語学)
  • ~ 1990年,大阪大学,文学部,英文学科(英語学専攻)

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院言語文化研究科 言語文化専攻,教授
  • 2007年10月 ~ 2020年03月,大阪大学,大学院言語文化研究科 言語文化専攻,准教授
  • 2000年01月 ~ 2007年09月,大阪外国語大学 外国語学部 助教授
  • 1996年10月 ~ 1999年12月,大阪外国語大学 外国語学部 講師
  • 1994年04月 ~ 1996年09月,大阪大学,文学部,助手

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,英語学
  • 人文・社会,言語学

所属学会

  • 日本認知言語学会
  • 国際認知言語学会
  • 関西言語学会
  • 日本英語学会

論文

  • 「XYZ構文の拡張から見る構文スキーマの位置づけについて」,早瀬尚子,『言語文化共同研究プロジェクト 認知・機能言語学研究VI』,Vol. VI,p. 51-60,2021年05月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 「移動タイプの懸垂分詞構文とその動機づけ」,早瀬尚子,『認知言語学の最前線 山梨正明教授古稀記念論文集』ひつじ書房,p. 199-214,2021年05月,論文集(書籍)内論文
  • 「懸垂分詞から慣用的語用論標識へ」,早瀬尚子,2018年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「最新の意味論研究の進展」,早瀬尚子,『言語の認知とコミュニケーション-意味論・語用論, 認知言語学, 社会言語学-』,開拓社,p. 1-66,2018年11月
  • 「認知言語学は語用論についてどのように考えているのだろうか?」,早瀬尚子,『認知言語学とは何か-あの先生に聞いてみよう』,くろしお出版,p. 63-85,2018年06月
  • “Issues Regarding the Status of Constructional Schema”,Naoko HAYASE,『認知言語学研究』,Vol. 3,p. 71-88,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 「名詞の認知文法論」,早瀬尚子,『認知文法論I』西村義樹(編)大修館書店,大修館書店,p. 25-87,2018年04月
  • 従属節からの語用論的標識化ー発話動詞関連n懸垂分詞構文がたどる新たな構文への道ー,早瀬尚子,『現代言語理論の最前線』開拓社,p. 231-248,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 分詞表現の談話標識化とその条件ー懸垂分詞からの構文化例ー,早瀬尚子,『構文の意味と拡がり』くろしお出版,くろしお出版,p. 43-64,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 従属節からの談話標識化 : speaking of whichとgranted,早瀬 尚子,ハヤセ ナオコ,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,No. 2016,p. 11-20,2017年05月31日
  • 「多義語の分析II―認知意味論的アプローチ」,早瀬尚子,『語はなぜ多義になるのか―コンテキストの作用を考える』,朝倉書店,p. 80-105,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 「事態把握からみたことば―認知言語学から英語教育への貢献」,早瀬尚子,『英語教育徹底リフレッシュ―グローバル化と21世紀型の教育』,開拓社,p. 218-225,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 「懸垂分詞からみた(inter)subjectivityと(inter)subjectification」,早瀬尚子,中村芳久・上原聡(編著)『ラネカーの(間)主観性とその展開』,開拓社,p. 207-229,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 分詞構文が懸垂分詞構文になるとき : コメント機能成立の条件,早瀬 尚子,Hayase Naoko,ハヤセ ナオコ,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,Vol. 1,No. 2015,p. 21-30,2016年05月31日
  • 「英語の懸垂分詞とフランス語の主語不一致ジェロンディフの対照研究」,早瀬尚子,和田尚明・渡邊淳也編『時制ならびにその関連領域と認知のメカニズム』,p. 97-179,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • "_Granted_ from a Conjunction to a Discourse Marker: A usage-based development of (Inter)subjectivity”,Naoko Hayase,2015年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 懸垂分詞節由来表現の構文化 : Traugott and Trousdale(2013)の観点から,早瀬 尚子,Hayase Naoko,ハヤセ ナオコ,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,Vol. IV,No. 2014,p. 21-30,2015年05月30日
  • 「Supposing による脱従属化現象:発話行為文の発生について」.,早瀬尚子,『言葉のしんそう(深層・真相)―大庭幸男教授退職記念論文集』,英宝社,p. 399-410,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 「懸垂分詞を元にした談話機能化について―grantedの意味機能変化―」,早瀬尚子,『言語研究の視座―坪本篤朗教授退職記念論文集』,開拓社,p. 310-324,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 「Supposing による脱従属化現象:発話行為文の発生について」.,早瀬尚子,『言葉のしんそう(深層・真相)―大庭幸男教授退職記念論文集』,英宝社,p. 399-410,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • The motivations for using English suspended dangling participles: a usage-based devlopment of (inter)subjectivity,Naoko HAYASE,Usage-based approaches to language change, John Benjamins,p. 117-145,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • InsubordinationとしてのSupposing節単独用法,早瀬尚子,時空と認知の言語学III,Vol. III,p. 31-41,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 用法基盤モデル (特集 言語研究の新たな展開) -- (心理言語学・言語習得),早瀬 尚子,日本語学,明治書院,Vol. 30,No. 14,p. 205-212,2011年11月
  • “The cognitive motivation for the use of dangling participles in English”,Naoko HAYASE,Motivation in grammar and the lexicon: cognitive, communicative, perceptual and socio-cultural factors,John Benjamins,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 懸垂分詞構文の意味とその意味変化に伴う(間)主観性,早瀬 尚子,大会proceedings,日本英文学会,Vol. 83,p. 135-137,2011年05月21日
  • 懸垂分詞派生表現の意味変化と(間)主観性:consideringとmoving onを例に,早瀬尚子,言語における時空をめぐってIXー言語文化研究プロジェクト2010,2011年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 「英語懸垂分詞と「内」の視点」,早瀬尚子,『「内」と「外」の言語学』,開拓社,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 研究ノート:日英語の類別表現の意味論試論,早瀬 尚子,大阪大学英米研究,大阪大学英米学会,No. 33,p. 79-95,2009年
  • 認知的視点から見た英語ー前置詞と句動詞をめぐって,早瀬尚子,『英語リフレッシュ講座』,大阪大学出版会,2008年04月
  • 書評ノート:Evans, Vyvyan (2004) The Structure of TIme: Language, Meaning, and Temporal Cognition,早瀬尚子,英米研究(大阪大学英米学会),2008年03月
  • 形容詞か副詞か?--副詞としての形容詞形とその叙述性,早瀬 尚子,認知言語学論考,ひつじ書房,No. 8,p. 125-155,2008年
  • 分詞関連表現に見られる内と外の視点:懸垂分詞について,早瀬尚子,JELS(Proceedings of Japanese English Linguistics Soceity),日本英語学会,2007年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「認知言語学と英語教育」,早瀬尚子,EX ORIENTE,大阪外国語大学言語社会学会,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 書評:William Croft and D. Alan Cruse, _Cognitive Linguistics_ Cambridge UP,早瀬尚子,英文学研究,2005年12月
  • "How Predicative Adjective Adjuncts are Motivated: a Usage-Based Account,",Naoko Hayase,International Cognitive Linguistics Association,International Cognitive Linguistics Association,2005年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「形容詞コピュラ文の意味とその成立について」,早瀬尚子,『言葉のからくり-河上教授退官記念論文集』,英宝社,2004年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 構文解析の中核としての動詞--構文理論から見た動詞 (特集 動詞とは何か--その機能と意味の捉え方),早瀬 尚子,言語,大修館書店,Vol. 31,No. 12,p. 58-65,2002年11月
  • 「英語所有格表現の諸相―プロトタイプ理論とスキーマ理論の接点」,早瀬尚子,西村善樹(編)『シリーズ言語科学② 認知言語学I:事象構造』,東京大学出版会,Vol. 161-186,2002年09月
  • 英語における形容詞コピュラ構文の一考察 (特集 構文理論の現在),早瀬 尚子,英語青年,研究社出版,Vol. 147,No. 9,p. 541-543,2001年12月
  • Syntactic and Semantic Diversities of HAVE Constructions in English,Naoko HAYASE,LAUD 2000: Series B: Applied and Interdisciplinary Papers, Paper No. 290, 1-20. (LAUD Working Papers),2000年03月
  • 視点と事態解釈,早瀬尚子,池上嘉彦・山梨正明(編)『認知言語学II (講座 言語研究の革新と継承 5)』,p. 23-54,2000年02月,論文集(書籍)内論文
  • HAVE構文の歴史的変遷についてー認知言語学的視点から,早瀬尚子,英米研究(大阪外国語大学専攻語英語機関誌)),1999年10月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Possessive Constructions: Their Commonalities and Differences,Naoko Hayase,English Linguistics,Vol. 16,No. 2,p. 514-540,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • 書評:John Taylor, _Possessives in English: An Exploration in Cognitive Grammar, Oxford Clarendon Press,早瀬尚子,英文学研究,1998年12月
  • The role of figure, ground, and coercion in aspectual interpretation,N Hayase,LEXICAL AND SYNTACTICAL CONSTRUCTIONS AND THE CONSTRUCTION OF MEANING,JOHN BENJAMINS B V PUBL,Vol. 150,p. 33-50,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Role of Figure, Ground and Coercion in Aspectual Interpretation,Naoko HAYASE,Lexical and Syntactical Constructions and the Construction of Meaning,John Benjamins,1997年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A Cognitive Approach to Possessive Genitives in Derived Nominals: With Special Reference to the Phenomenon of Possessor Selection,Naoko HAYASE,Osaka University Papers in English Linguistics,1996年03月,研究論文(学術雑誌)
  • On the interaction of possessive constructions with two types of abstract nominalization: A cognitive viewpoint,Naoko Hayase,English Linguistics,Vol. 13,p. 248-276,1996年,研究論文(学術雑誌)
  • HAVE構文のevent構造について,早瀬尚子,待兼山論叢,1994年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Prototypical meaning vs. semantic constraints in the analysis of english possessive genitives,Naoko Hayase,EL,Vol. 10,p. 133-159,1993年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 「とき」の周辺的な使用について : 話題化への途上,早瀬 尚子,ハヤセ ナオコ,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,Vol. V,No. 2019,p. 51-60,2020年07月31日
  • Speaking of which : 懸垂分詞構文由来の談話標識化について (杉本孝司教授退職記念特集),早瀬 尚子,大阪大学英米研究,大阪大学英米学会,No. 38,p. 59-69,2014年
  • 構文研究の現状と展望 (認知言語学会 第12回シンポジウム),早瀬 尚子,日本認知言語学会論文集,日本認知言語学会,Vol. 12,p. 480-482,2012年
  • 懸垂分詞構文の意味とその意味変化に伴う(間)主観性,2011年
  • 懸垂分詞派生表現の意味変化と(間)主観性:consideringとmoving onを例に,言語における時空をめぐってIXー言語文化研究プロジェクト2010,Vol. 51-60,2011年
  • 研究ノート:日英後の類別表現の意味論試論,英米研究(大坂大学英米学会),Vol. 33号(79-95,2009年
  • 英語リフレッシュ講座,大阪大学出版会,Vol. 103-121,2008年
  • 書評ノート Evans, Vyvyan (2004); The structure of time: language, meaning, and temporal cognition. Amsterdam and Philadelphia: John Benjamins,早瀬 尚子,大阪大学英米研究,大阪大学英米学会,Vol. 32号55-65,No. 32,p. 55-65,2008年
  • 認知的視点から見た英語ー前置詞と句動詞をめぐって,『英語リフレッシュ講座』,Vol. 103-121,2008年
  • 英文法研究:理論と事実の接点を求めて(15)英語懸垂分詞における「主観的」視点,早瀬 尚子,英語青年,研究社,Vol. 153,No. 3,p. 161-163,2007年06月
  • Cognitive Motivations for the Use of Unrelated Participles in English,2007年
  • 分詞関連表現に見られる内と外の視点:懸垂分詞について,JELS(Proceedings of Japanese English Linguistics Soceity),2007年
  • Cognitive Motivations for the Use of Unrelated Participles in English,2007年
  • 「認知言語学と英語教育」,EX ORIENTE,Vol. 13 大阪外国語大学言語社会学会論文集)pp.27-57,2006年
  • 認知言語学と英語教育--学問的知見をどう活かすか (特集 認知言語学と外国語教育),早瀬 尚子,えくす・おりえんて,大阪外国語大学言語社会学会,Vol. 13,p. 27-58,2006年
  • "How Predicative Adjective Adjuncts are Motivated: a Usage-Based Account,",International Cognitive Linguistics Association,2005年
  • William Croft and D. Alan Cruse, Cognitive Linguistics, Cambridge University Press, 2004., xv+356pp.,早瀬 尚子,英文学研究,一般財団法人 日本英文学会,Vol. 82,No. 0,p. 264-271,2005年
  • 「形容詞コピュラ文の意味とその成立について」,早瀬尚子,『言葉のからくり-河上誓作教授退官記念論文集』英宝社,Vol. 415-428,2004年
  • 認知文法における構文の扱いについて--形容詞コピュラ構文を例に (特集 理論言語学の現在),早瀬 尚子,えくす・おりえんて,大阪外国語大学言語社会学会,Vol. 9,p. 85-103,2003年
  • 構文文法論:英語構文への認知的アプローチ(Goldberg (1995) Constructionsの翻訳),早瀬尚子,研究社出版,2001年
  • Syntactic and Semantic Diversities of HAVE Constructions in English,LAUD 2000: Series B: Applied and Interdisciplinary Papers, Paper No. 290, 1-20. (LAUD Working Papers),2000年
  • Syntactic and Semantic Diversities of HAVE Constructions in English.,LAUD Working Papers,2000年
  • Possessive Constructions : Their Commonalities and Differences,English Lingnistics,Vol. 16,No. 2,1999年
  • HAVE構文の歴史的変遷についてー認知言語学的視点から,英米研究(大阪外国語大学専攻語英語機関誌)),Vol. 23:259-286,1999年
  • John R. Taylor, Possessives in English: An Exploration in Cognitive Grammar, Oxford: Clarendon Press, 1996., xii+368pp.,早瀬 尚子,英文学研究,一般財団法人 日本英文学会,Vol. 74,No. 2,p. 280-284,1998年
  • カテゴリ-論と史的研究,早瀬 尚子,英語青年,研究社出版,Vol. 143,No. 6,p. 337-337,1997年09月
  • On the Interaction of Possessive Constructions with Two TYpes of Abstract Nominalization: A Cognitive Viewpoint,English Linguistics,Vol. 13:,1996年
  • A Cognitive Approach to Possessive Genitives in Derived Nominals: With Special Reference to the Phenomenon of Possessor Selection,Osaka University Papers in English Linguistics,Vol. 2:1-30,1996年
  • A Cognitive Approach to Possessive Genitives in Derived Nominals: With Special Reference to the Phenomenon of Possessor Selection,Osaka University Papers in English Linguistics,Vol. 2:1-30,1996年
  • On the Interaction of Possessive Constructions with Two TYpes of Abstract Nominalization: A Cognitive Viewpoint,English Linguistics,Vol. 13:,1996年
  • A Congnitive Approach to Possessive Genitives in Derived Nominals : With Special Reference to the Phenomenon of Possessor Selection,Osaka University Papers in English Linguistics,Vol. 2,p. 1-30,1995年
  • On the Event Structure of HAVE-Constructions.,Machikaneyama Ronso,Vol. 29,p. 1-20,1994年
  • HAVE構文のevent構造について,早瀬 尚子,Hayase Naoko,ハヤセ ナオコ,待兼山論叢,大阪大学大学院文学研究科,Vol. 28,No. 0,p. p1-19,1994年
  • HAVE構文のevent構造について,待兼山論叢 大阪大学文学会,Vol. 29,p. 1-20,1994年
  • 4. 所有格表現の意味についての一考察(研究発表第十二室,日本英文学会第64回大会報告),早瀬 尚子,英文学研究,一般財団法人 日本英文学会,Vol. 69,No. 2,p. 446-447,1993年
  • Prototypical Meaning vs. Semantic Constraints in the Analysis of English possesive Genitives,Naoko Hayase,English Linguistics,Vol. 10,p. 133-159,1993年
  • Figure-Ground Phenomenon in Free Adjuncts -From Aspectual Viewpoint-,KLS Proceedings,Vol. 13,p. 23-33,1993年
  • 分詞構文における Figure / Ground 性についての一考察,早瀬 尚子,Osaka Literary Review,大阪大学大学院英文学談話会,No. 31,p. 10-22,1992年12月20日
  • 「鬼」はどこから来たか,早瀬 尚子,Osaka Literary Review,大阪大学大学院英文学談話会,No. 29,p. 1-9,1990年12月20日

著書

  • 認知言語学,坪井, 栄治郎,早瀬, 尚子,開拓社,ISBN:9784758914130,2020年11月
  • 動的語用論の構築へ向けて,田中, 廣明,秦, かおり,吉田, 悦子,山口, 征孝,早瀬, 尚子,大橋, 浩,佐藤, 恵,尾谷, 昌則,松井, 智子,深田, 智,小島, 隆次,高梨, 博子,堀内, ふみ野,中山, 俊秀,西田, 光一,吉川, 正人(言語学),加藤, 重広,開拓社,ISBN:9784758913768,2020年07月
  • ことばから心へ : 認知の深淵 : 吉村公宏教授退職記念論文集,米倉, よう子,山本, 修,浅井, 良策,早瀬, 尚子,開拓社,ISBN:9784758922821,2020年03月
  • 認知言語学II (講座 言語研究の革新と継承 5),池上, 嘉彦,山梨, 正明,ひつじ書房,ISBN:9784894766716,2020年03月
  • 認知言語学大事典,辻, 幸夫,楠見, 孝,菅井, 三実,野村, 益寛,堀江, 薫,吉村, 公宏,朝倉書店,ISBN:9784254510584,2019年10月
  • 言語の認知とコミュニケーション : 意味論・語用論, 認知言語学, 社会言語学,早瀬, 尚子,吉村, あき子,谷口, 一美,小松原, 哲太,井上, 逸兵,多々良, 直弘,開拓社,ISBN:9784758913720,2018年11月
  • 認知言語学とは何か? : あの先生に聞いてみよう,高橋, 英光,野村, 益寛,森, 雄一,西村, 義樹,長谷川, 明香,松本, 曜,早瀬, 尚子,大橋, 浩,長谷部, 陽一郎,岡田, 禎之,大堀, 壽夫,本多, 啓,くろしお出版,ISBN:9784874247693,2018年06月
  • 言語研究と言語学の進展シリーズ,西原, 哲雄,福田, 稔,早瀬, 尚子,谷口, 一美,開拓社,2018年
  • 構文の意味と拡がり,天野, みどり,早瀬, 尚子,有馬, 道子,三宅, 知宏,益岡, 隆志,加藤, 重広,大澤, 舞,今野, 弘章,本多, 啓,柴崎, 礼士郎,渡邊, 淳也,くろしお出版,ISBN:9784874247440,2017年11月
  • 現代言語理論の最前線,西原, 哲雄,田中, 真一,早瀬, 尚子,小野, 隆啓,開拓社,ISBN:9784758918244,2017年11月
  • 学術書,『現代言語理論の最前線』開拓社 言語文化選書,西原哲雄,田中真一,早瀬尚子,小野隆啓,開拓社,2017年11月
  • 学術書,『構文の意味と拡がり』くろしお出版,天野みどり,早瀬尚子,くろしお出版,2017年10月
  • 学術書,英語教育徹底リフレッシュ : グローバル化と21世紀型の教育,今尾, 康裕,岡田, 悠佑,小口, 一郎(文学),早瀬, 尚子,開拓社,ISBN:9784758922449,2017年04月
  • ラネカーの(間)主観性とその展開,中村, 芳久,上原, 聡,本多, 啓,濱田, 英人,町田, 章,野村, 益寛,早瀬, 尚子,對馬, 康博,長谷部, 陽一郎,深田, 智,広瀬, 幸生,開拓社,ISBN:9784758922258,2016年11月
  • 認知・機能言語学研究,大阪大学大学院言語文化研究科,小薬, 哲哉,田村, 幸誠,早瀬, 尚子,Moehle, Ashlyn,瀬戸, 義隆,Itagaki, Hiromasa,大神, 雄一郎,中尾, 朋子,Mino, Takashi,大阪大学大学院言語文化研究科,2016年05月
  • 最新英語学・言語学用語辞典,赤野, 一郎,井上, 逸兵,大室, 剛志,小野, 尚之,近藤, 眞理子,鈴木, 渉(英語教育),高橋, 豊美,田中, 智之,谷口, 一美,那須川, 訓也,西原, 哲雄,西村, 秀夫,服部, 義弘,早瀬, 尚子,東森, 勲,由本, 陽子,中野, 弘三,小野, 隆啓,開拓社,ISBN:9784758922159,2015年11月
  • 言語研究の視座,深田, 智,西田, 光一,田村, 敏広,坪本, 篤朗,中右, 実,益岡, 隆志,福安, 勝則,堀内, 裕晃,岩田, 彩志,加藤, 雅啓,大橋, 秀夫,広瀬, 幸生,加賀, 信広,大室, 剛志,大竹, 芳夫,Whitman, John Bradford,木村, 宣美,澤崎, 宏一,関, 茂樹,内田, 恵,竹沢, 幸一,和田, 尚明,早瀬, 尚子,今野, 弘章,開拓社,ISBN:9784758922111,2015年03月
  • 理解しやすい高校英語コミュニケーション英語I・II,早瀬, 尚子,文英堂,ISBN:9784578242192,2013年03月
  • 日英語の構文研究から探る理論言語学の可能性,畠山, 雄二,藤田, 耕司,深谷, 修代,本田, 謙介,田中, 江扶,早瀬, 尚子,岩田, 彩志,岸本, 秀樹,小泉, 政利,西垣内, 泰介,小野, 尚之,白畑, 知彦,谷口, 一美,矢田部, 修一,開拓社,ISBN:9784758921756,2012年11月
  • 時空と認知の言語学,大阪大学大学院言語文化研究科,井元, 秀剛,沖田, 知子,瀧田, 恵巳,春木, 仁孝,王, 周明,田村, 幸誠,大阪大学大学院言語文化研究科,2012年05月
  • 「内」と「外」の言語学,坪本, 篤朗,早瀬, 尚子,和田, 尚明,益岡, 隆志,岡田, 禎之,澤田, 治美,広瀬, 幸生,Whitman, John Bradford,柳田, 優子,山口, 治彦,中村, 芳久,本多, 啓,開拓社,ISBN:9784758921459,2009年10月
  • 教科書・概説・概論,日本語の教科書,畠山雄二,ベレ出版,2009年06月
  • 学術書,英語リフレッシュ講座,成田一,大阪大学出版会,ISBN:9784872591651,2008年04月
  • 認知文法の新展開 : カテゴリー化と用法基盤モデル,早瀬, 尚子,堀田, 優子,研究社,ISBN:9784327257194,2005年07月
  • 『認知文法の新展開-カテゴリー化と用法基盤モデル』(堀田優子氏との共著),研究社,2005年
  • 英語構文のカテゴリー形成 : 認知言語学の視点から,早瀬, 尚子,勁草書房,ISBN:4326048107,2002年11月
  • 構文文法論 : 英語構文への認知的アプローチ,Goldberg, Adele E.,河上, 誓作,早瀬, 尚子,谷口, 一美,堀田, 優子,研究社出版,ISBN:4327401242,2001年04月
  • The language of sport,Beard, Adrian,渡邉, 克昭,早瀬, 尚子,英宝社,ISBN:4269140526,2000年
  • The Role of Figure, Ground, and Coercion in Aspectual Interpretation,Lexical and Syntactical Constructions and the Construction of Meaning John Benjamins(publishen),1997年
  • 一般書・啓蒙書,『認知言語学の基礎』,河上誓作,研究社,1996年11月

作品

  • 主観的事態把握の記号化に関する多言語対照研究,2010年 ~

講演・口頭発表等

  • Reconsidering the significance of lower- and higher-level constructional schemas,日本認知言語学会,2021年09月05日
  • “Constructionalization of subordinates into discursive use: the case of past participle-related phrases”,Naoko HAYASE,11th International Conference on Construction Grammar,2021年08月18日
  • 構文文法の基本的な考え方について問い直す:発表者三氏へのコメント,早瀬尚子,日本認知言語学会 ワークショップ「構文文法の基本的な考え方について問い直す」,2020年09月05日
  • 「仮定を表す懸垂分詞からの意味分化」,早瀬尚子,藤女子大学公開講演会,2019年09月06日
  • On the Pattern of Semantic Change in Dangling Participle Phrases into (Inter)subjective Function,Naoko HAYASE,国際語用論学会,2019年06月11日
  • 「懸垂分詞から慣用的語用論標識へ:移動動詞由来の分詞をめぐって」,早瀬尚子,筑波大学 言語学講演会(於 筑波大学文芸・言語系),2018年12月13日
  • “From Participles to Discourse Markers: A Commonality of Dangling-participle-related Expressions,”,早瀬尚子,The 14th International Cognitive Linguistic Conference(University of Tartu, Estonia),2017年07月15日
  • 「従属節からの談話標識化の諸相:構文化の観点から」,早瀬尚子,第5回語用論フォーラム(於 京都工業繊維大学),2017年03月05日
  • 「従属節からの談話標識化の諸相」,早瀬尚子,欧米言語文化学講演会(於 奈良女子大学文学部),2017年02月03日
  • 「分詞表現の談話標識化とその条件」,早瀬尚子,第17回日本語文法学会 パネルセッション「構文と意味の拡がり」(於 神戸学院大学サテライトキャンパス),2016年12月11日
  • 「懸垂分詞表現のメタ言語使用とその条件」,早瀬尚子,2016年10月22日
  • “Constructionalization of Dangling Participial Clauses/Phrases: with Intersubjective or Discursive Function,”,早瀬尚子,2016年07月20日
  • 「意味変化と構文化:構文研究の発展」,早瀬尚子,『言語と情報研究プロジェクト 第56回公開セミナー』広島大学 大学院総合科学研究科 21世紀プロジェクト,2016年07月02日
  • “Constructionalization of Dangling Participial Clauses/Phrases: with Intersubjective or Discursive Function,”,早瀬尚子,International Workshop on Cognitive Grammar and Usage-Based Linguistics (Osaka University),2016年06月18日
  • 「懸垂分詞と構文化」,早瀬尚子,第33回日本英語学会シンポジウム『構文変化と談話・情報構造-データと理論の融合を目指して』(於 関西外国語大学),2015年11月22日
  • “Supposing as an intersubjective marker: A scenario-based study on the development of (Inter)subjectivity in insubordination,”,早瀬尚子,at 5th UK-Cognitive Linguistic Association (Lancaster University, UK),2014年07月30日
  • “Granted from a Conjunction to a Discourse Marker: A usage-based development of (Inter)subjectivity”,早瀬尚子,The 13th International Cognitive Linguistics Conference, (Northumbria University ),2014年07月13日
  • Cognitive Motivations for the Use of Unrelated Participles in English,International Cognitive Linguistics Conference 10 (Krakow),2007年
  • 分詞句関連表現に現れる「内」と「外」の視点,日本英語学会,2006年
  • How Predicative Adjective Adjuncts are Motivated: On the Emergence and Extension of a New Copulative Construction,International Construction Grammar Conference,2006年
  • How Predicative Adjective Adjuncts are Motivated:A Usage-Based Account on the Emergence of a Construction,International Cognitive Linguistics Conference 9 (Seoul),2005年

委員歴

  • 学協会,日本認知言語学会,理事,2013年 ~ 継続中
  • 学協会,関西言語学会,大会運営委員,2001年 ~ 継続中
  • 学協会,日本英語学会,編集委員,2011年 ~ 2015年
  • 日本認知言語学会,大会発表査読委員,2012年 ~ 2013年
  • 学協会,日本英語学会,大会運営委員,2001年 ~ 2004年
  • 日本認知言語学会,副編集委員長,2018年 ~
  • 日本認知言語学会,開催校委員長,2017年09月 ~
  • 学協会,日本英語学会,開催校委員,2009年11月 ~
  • 日本認知言語学会,開催校委員,2001年09月 ~