EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

野村 泰伸

Nomura Taishin

基礎工学研究科 機能創成専攻,教授

keyword 運動関連脳波,ベイズ推論,バイオサイバネティクス,計算生物学,マルチスケールシミュレーション,二足歩行,生体工学,計算論的神経科学,運動制御,パーキンソン病,生体運動計測,動的疾患,生体リズム,マルチエージェント,興奮伝導,チャネルタンパク質,姿勢制御,非線形力学系,筋電図,ダイナミクス,脊髄神経回路,フィジオーム,システム生理学,CPG,データベース,ニューロン,数理モデル,シミュレーション,動的安定性,歩行運動

学歴

  • 1993年04月 ~ 1995年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科 博士後期課程,物理系専攻 生物工学分野 博士(工学)
  • 1991年04月 ~ 1993年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科 博士前期課程,物理系専攻 生物工学分野 (工学修士)
  • 1986年04月 ~ 1991年03月,大阪大学,理学部,物理学科 (理学士)

経歴

  • 2004年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院基礎工学研究科,教授
  • 2003年04月 ~ 2004年03月,立命館大学,理工学部 ロボティクス学科,非常勤講師
  • 2002年03月 ~ 2004年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,助教授
  • 1998年04月 ~ 2002年02月,大阪大学,基礎工学部,講師
  • 1996年04月 ~ 1998年03月,大阪大学,基礎工学部,助手
  • 1995年04月 ~ 1996年03月,マギル大学,生理学部,博士研究員(日本学術振興会)
  • 1993年04月 ~ 1995年03月,日本学術振興会,特別研究員 (DC1)

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,認知科学
  • 情報通信,ソフトコンピューティング
  • 情報通信,知能情報学
  • 情報通信,生命、健康、医療情報学
  • ライフサイエンス,生体材料学
  • ライフサイエンス,生体医工学

所属学会

  • 電子情報通信学会
  • IEEE
  • 計測自動制御学会
  • 日本生体医工学会

論文

  • Causal relationships between immediate pre-impact kinematics and post-impact kinetics during drop landing using a simple three dimensional multibody model.,Vol. 116,p. 110211-110211,2021年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Postural instability via a loss of intermittent control in elderly and patients with Parkinson’s disease: A model-based and data-driven approach,Vol. 30,No. 11,p. 113140-113140,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 静止立位姿勢を安定化する最適な神経制御は身体を揺らしてしまう (特集 揺れ動き,戻る身体機能),野村 泰伸,鈴木 康之,遠藤 卓行,佐古田 三郎,体育の科学,杏林書院,Vol. 70,No. 2,p. 117-122,2020年02月
  • 視覚探索時の注視点ネットワークが示すスモールワールド性,BAO Caijilahu,加賀谷文紀,松井瑞季,津野将行,小澤誠,野村泰伸,塚田章,前田義信,電子情報通信学会論文誌 A(Web),Vol. J103-A,No. 7,2020年
  • Why brain-controlled neuroprosthetics matter: mechanisms underlying electrical stimulation of muscles and nerves in rehabilitation,Vol. 19,No. 1,p. 81-81,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • A Model of the Intermittent Control Strategy for Stabilizing Human Quiet Stance,p. 1-10,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Phase resetting and intermittent control at the edge of stability in a simple biped model generates 1/f-like gait cycle variability,Vol. 114,No. 1,p. 95-111,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Stabilization of a cart inverted pendulum: Improving the intermittent feedback strategy to match the limits of human performance,Vol. 13,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • A data-driven approach for reconstructing bifurcation diagrams of discrete dynamical systems,Ohigashi H,Nomura T,Nakamura T,2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies, LifeTech 2019,p. 294-295,2019年
  • Fluctuation of stride time intervals during walking with smartphone,Yano S,Dimalanta L,Suzuki Y,Nomura T,2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies, LifeTech 2019,p. 296-297,2019年
  • Assimilating the intermittent control model into postural sway data using Bayesian inference,Nakamura A,Suzuki Y,Kazuya K,Nomura T,2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies, LifeTech 2019,p. 298-299,2019年
  • Relationship between saccadic intrusions and a bimodal aspect of inter-microsaccadic intervals,Ozawa M,Nomura T,2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies, LifeTech 2019,p. 300-301,2019年
  • 視覚探索を最適化する注視点時系列モデルの提案,小寺 龍之介,津野 将行,小澤 誠,野村 泰伸,塚田 章,前田 義信,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 56,No. 5,p. 190-197,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Advanced Methods for Biosignal Interpretation, Characterization and their Applications,Vol. 57,No. 3,p. 120-121,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • A simple algorithm for assimilating marker-based motion capture data during periodic human movement into models of multi-rigid-body systems,Vol. 6,No. OCT,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Fast algorithm of long-range cross-correlation analysis using Savitzky-Golay detrending filter and its application to biosignal analysis,2017年07月19日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The development of high-functional innerwear and risk-control systems for heat attack,Vol. 58,No. 8,p. 13-18,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • 5.高機能インナーウェアと熱中症リスク管理システムの開発,金井 博幸,清野 健,野村 泰伸,田口 晶彦,川瀬 善一郎,藤尾 宜範,勝圓 進,小林 末呉,繊維製品消費科学,一般社団法人 日本繊維製品消費科学会,Vol. 58,No. 8,p. 639-644,2017年
  • A Model of Gait Cycle Variability During Human Walking,p. 79-84,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stability and Flexibility During Human Motor Control,p. 67-73,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of Multi-scale Musculo-skeletal Simulator,p. 338-341,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The brain can mix different control strategies in a task-oriented and multi-referential manner: a simulation study,Vol. 2016,p. 9-12,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Postural flexibility during quiet standing in healthy elderly and patients with Parkinson's Disease,Vol. 2016,p. 29-32,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reinforcement learning for stabilizing an inverted pendulum naturally leads to intermittent feedback control as in human quiet standing,Vol. 2016,p. 37-40,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Long-range correlations in amplitude variability of HF and LF components of Heart Rate Variability,Vol. 2016,p. 6218-6221,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dynamic determinants of the uncontrolled manifold during human quiet stance,Vol. 10,No. DEC2016,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of Difference in Center-of-Pressure Positions between Experts and Novices during Asymmetric Lifting,Vol. 4,p. 2100311-2100311,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • The pedunculopontine tegmental nucleus as a motor and cognitive interface between the cerebellum and basal ganglia,Vol. 10,No. NOV,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Intermittent feedback-control strategy for stabilizing inverted pendulum on manually controlled cart as analogy to human stick balancing,Vol. 10,No. APR,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • An Ontology-Based Model Search Extended to Deal with Accessibility Issues of Neuroinformatics Metadata with Multidirectional Attributes,Yoshiyuki Asai,Yoshiyuki Kido,Kyota Kamiyoshi,Taishin Nomura,Hiroaki Wagatsuma,INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015,2015年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Universal and individual characteristics of postural sway during quiet standing in healthy young adults,Vol. 3,No. 3,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Reproduction of Four-Leg Animal Gaits Using a Coupled System of Simple Hardware CPG Models,Vol. E98A,No. 2,p. 508-509,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 多階層生理機能モデリングのためのソフトウェア・プラットフォーム,浅井 義之,安部 武志,野村 泰伸,北野 宏明,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 3,p. 144-150,2015年
  • 安定かつ柔軟なヒト直立姿勢の神経制御仮説,野村 泰伸,鈴木 康之,清野 健,付 春江,吉川 直也,佐古田 三郎,バイオメカニズム学会誌,バイオメカニズム学会,Vol. 39,No. 4,p. 185-195,2015年
  • Non-Actively Controlled Double-Inverted-Pendulum-Like Dynamics Can Minimize Center of Mass Acceleration during Human Quiet Standing,Vol. 2015,p. 1432-1435,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Intermittent Appearances of Saddle-Type Hyperbolic Dynamics during Human Stick Balancing on a Manually Controlled Cart,Vol. 2015,p. 3500-3503,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A large scale simulation of excitation propagation in layer 2/3 of primary and secondary visual cortices of mice,Vol. 2015,p. 3957-3960,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Software platform for multilevel modeling of physiological systems,Vol. 53,No. 3,p. 144-150,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Databases for multilevel biophysiology research available at Physiome.jp,Vol. 6,No. SEP,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Single-molecule imaging reveals dynamics of CREB transcription factor bound to its target sequence,Vol. 5,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Correction: Learning an intermittent control strategy for postural balancing using an EMG-based human-computer interface (PLoS ONE),Vol. 9,No. 1,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Experimental Evaluation of Human Postural Balance through Lifting Loads,p. 3675-3678,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Accelerating ODE-based simulation of general and heterogeneous biophysical models using a GPU,Vol. 25,No. 8,p. 1966-1975,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • A Versatile Platform for Multilevel Modeling of Physiological Systems: SBML-PHML Hybrid Modeling and Simulation,ASAI Yoshiyuki,KITANO Hiroaki,ABE Takeshi,OKA Hideki,OKITA Masao,HAGIHARA Ken-ichi,GHOSH Samik,MATSUOKA Yukiko,KURACHI Yoshihisa,NOMURA Taishin,Advanced Biomedical Engineering,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 3,No. 0,p. 50-58,2014年
  • Stabilization strategies for unstable dynamics,Vol. 24,No. 6,p. 803-814,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • An intermittent control model of flexible human gait using a stable manifold of saddle-type unstable limit cycle dynamics,Vol. 11,No. 101,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • A new protocol for intermittent androgen suppression therapy of prostate cancer with unstable saddle-point dynamics,Vol. 350,p. 1-16,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Chebyshev blossoming in Müntz spaces: Toward shaping with Young diagrams,Ait-Haddou R,Sakane Y,Nomura T,Journal of Computational and Applied Mathematics,Vol. 247,No. 1,p. 172-208,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A Müntz type theorem for a family of corner cutting schemes,Ait-Haddou R,Sakane Y,Nomura T,Computer Aided Geometric Design,Vol. 30,No. 2,p. 240-253,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • A Theoretical Study on a Computational Algorithm for Human Posture Estimation Based on Motion Capture of a Small Number of Markers,YOSHIKAWA Naoya,SUZUKI Yasuyuki,KIYONO Ken,NOMURA Taishin,Advanced Biomedical Engineering,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 2,No. 0,p. 107-116,2013年
  • Gelfond-Bézier curves,Ait-Haddou R,Sakane Y,Nomura T,Computer Aided Geometric Design,Vol. 30,No. 2,p. 199-225,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Noisy interlimb coordination can be a main cause of freezing of gait in patients with little to no parkinsonism,Vol. 8,No. 12,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Modeling human postural sway using an intermittent control and hemodynamic perturbations,Vol. 245,No. 1,p. 86-95,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Learning an Intermittent Control Strategy for Postural Balancing Using an EMG-Based Human-Computer Interface,Vol. 8,No. 5,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • ライフエンジニアリングにおける計測と制御 生体機能発現の動的メカニズムの解明に向けた統合的生体工学研究,野村泰伸,計測と制御,Vol. 51,No. 10,p. 927-933,2012年10月10日
  • Complex Bézier curves and the geometry of polynomials,Ait-Haddou R,Nomura T,Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),Vol. 6920 LNCS,p. 43-65,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • 4D human body posture estimation based on a motion capture system and a multi-rigid link model.,Vol. 2012,p. 4847-4850,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Intermittent control with ankle, hip, and mixed strategies during quiet standing: A theoretical proposal based on a double inverted pendulum model,Vol. 310,p. 55-79,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Accelerating General and Heterogeneous Biophysical Simulation Using the GPU Interpreter for Solving ODEs,Tomohiro Okuyama,Masao Okita,Takeshi Abe,Yoshiyuki Asai,Taishin Nomura,Kenichi Hagihara,Proceedings of the 4th Global COE International Symposium on Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ヒト静止立位姿勢の神経制御モデル,野村 泰伸,日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks,日本神経回路学会,Vol. 18,No. 2,p. 85-98,2011年06月05日
  • An open platform toward large-scale multilevel modeling and simulation of physiological systems,p. 250-255,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An open platform toward large-scale multilevel modeling and simulation of physiological systems,p. 250-255,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Classification of postural sway patterns during upright stance in healthy adults and patients with parkinson's disease,Vol. 15,No. 8,p. 997-1010,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Stability of a Double Inverted Pendulum Model during Human Quiet Stance with Continuous Delay Feedback Control,Vol. 2011,p. 7450-7453,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reentrant excitation in an analog-digital hybrid circuit model of cardiac tissue,Vol. 21,No. 2,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Physiome. jp における統合生命科学推進のためのプラットフォーム開発,浅井 義之,野村 泰伸,計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,計測自動制御学会,Vol. 49,No. 8,p. 525-530,2010年08月10日
  • ヒト静止立位制御機能の定量化と制御理論モデルに基づくその解釈,野村 泰伸,野村 国彦,深田 慶,浅井 義之,佐古田 三郎,バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms,バイオメカニズム学会,Vol. 34,No. 2,p. 116-123,2010年05月01日
  • 薬物誘発性不整脈の発生危険度予測システムの開発,村上慎吾,村上慎吾,鈴木慎悟,上島豊,野村泰伸,野村泰伸,倉智嘉久,倉智嘉久,生体医工学,Vol. 48,No. 1,2010年02月10日
  • Finite element simulation of sound propagation concerning meteorological conditions,Vol. 64,No. 10-12,p. 1296-1318,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Insilicosim: An extendable engine for parallel heterogeneous biophysical simulations,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 薬物誘発性不整脈の発生危険度予測システムの開発,村上 慎吾,鈴木 慎悟,上島 豊,野村 泰伸,倉智 嘉久,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 48,No. 1,p. 106-114,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • A refinement of the variation diminishing property of Bézier curves,Ait-Haddou R,Nomura T,Biard L,Computer Aided Geometric Design,Vol. 27,No. 2,p. 202-211,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Complex Bézier curves and the geometry of polygons,Ait-Haddou R,Herzog W,Nomura T,Computer Aided Geometric Design,Vol. 27,No. 7,p. 525-537,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Toward integration of biological and physiological functions at multiple levels,Vol. 1 DEC,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • On calcium-buffer dynamics within the excess buffer regime,Vol. 264,No. 1,p. 55-65,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • An analog-digital hybrid model of electrical excitation in a cardiac ventricular cell,Vol. 47,No. 5,p. 428-435,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • A quantitative characterization of postural sway during human quiet standing using a thin pressure distribution measurement system,Vol. 29,No. 4,p. 654-657,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • CellML metadata standards, associated tools and repositories,Vol. 367,No. 1895,p. 1845-1867,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic stability and phase resetting during biped gait,Vol. 19,No. 2,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • A model of postural control in quiet standing: Robust compensation of delay-induced instability using intermittent activation of feedback control,Vol. 4,No. 7,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • A platform for in silico modeling of physiological systems III.,Vol. 2009,p. 2803-2806,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • FEM Simulation Environment for insilicoIDE,Hideki Oka,Yoshiyuki Asai,Yoshiyuki Kido,Yasuyuki Suzuki,Masao Okamoto,Eric Heinen,Takahito Urai,Kenichi Hagihara,Yoshihisa Kurachi,Taishin Nomura,The 3rd MEI International SymposiumPhysiome and Systems Biology for IntegratedLife Sciences and Predictive Medicine,2008年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • An Architecture of Modeling Data Search using Ontology and Meta-Ontology,Yoshiyuki Kido,Yoshiyuki Asai,Taishin Nomura,Yoshihisa Kurachi,Hideo Matsuda,The 3rd MEI International SymposiumPhysiome and Systems Biology for IntegratedLife Sciences and Predictive Medicine,2008年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ISMO: in-Silico Modeling Ontologyの提案,木戸善之,浅井義之,野村泰伸,倉智嘉久,松田秀雄,生体医工学シンポジウム2008講演予稿集(2008/09/19-20,豊中),2008年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ヒト静止立位姿勢制御の新しい仮説 (歩行と姿勢制御),野村 泰伸,臨床脳波,永井書店,Vol. 50,No. 3,p. 133-141,2008年03月
  • 歩行と姿勢制御 ヒト静止立位姿勢制御の新しい仮説,野村泰伸,野村泰伸,臨床脳波,Vol. 50,No. 3,2008年03月
  • フィジオームにおけるデータベースとシミュレーションプラットフォーム,野村 泰伸,中西 正夫,鈴木 康之,河津 俊宏,浅井 義之,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 52,No. 5,p. 175-180,2008年
  • Bounded stability of the quiet standing posture: An intermittent control model,Vol. 27,No. 3,p. 473-495,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Stochastic simulations on a model of circadian rhythm generation,Vol. 93,No. 1-2,p. 133-140,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Microstructure-based Monte Carlo simulation of Ca<sup>2+</sup> dynamics evoking cardiac calcium channel inactivation,Vol. 58,No. 7,p. 471-480,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Specifications of insilicoML 1.0: A multilevel biophysical model description language,Vol. 58,No. 7,p. 447-458,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • A platform for in silico modeling of physiological systems II. CellML compatibility and other extended capabilities.,Vol. 2008,p. 573-+,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • A platform for in silico modeling of physiological systems,p. 1394-1397,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Platform for in silico modeling of physiological systems,p. 1394-1397,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Characterizing postural sway during quiet stance based on the intermittent control hypothesis,Vol. 922,p. 553-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • フィジオームプロジェクトの課題,野村 泰伸,電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society,一般社団法人 電気学会,Vol. 127,No. 10,p. 1491-1497,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • A platform for in silico modeling of physiological systems.,Vol. 2007,p. 1394-1397,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Non-asymptotical postural stabilization strategy during human quiet stance.,p. 1189-1192,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a support tool for multi-agent based biological modeling.,p. 4163-4166,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Sensory perception of unexpected sudden changes in floor level during human gait.,p. 4474-4477,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Stumbling with optimal phase reset during gait can prevent a humanoid from falling,Vol. 95,No. 5,p. 503-515,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a support tool for multi-agent based biological modeling,Vol. 1,p. 1255-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sensory perception of unexpected sudden changes in floor level during human gait,Vol. 1,p. 1609-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Non-asymptotical postural stabilization strategy during human quiet stance,Vol. 1,p. 3327-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 神経疾患の理学療法とシミュレーション,松尾善美,野村泰伸,阿部和夫,理学療法学,Vol. 32,No. 8,2005年12月20日
  • 一側肢内協調性障害と左右間協調性障害 : パーキンソニズム患者と小脳失調患者の比較研究,松尾 善美,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,井上 悟,水庫 功,米田 稔彦,三木 明徳,佐古田 三郎,阿部 和夫,Journal of the Japanese Physical Therapy Association,公益社団法人 日本理学療法士協会,Vol. 8,No. 1,p. 47-52,2005年03月01日
  • Bifurcation analysis of the hodgkin-huxley equations,2005年,研究論文(学術雑誌)
  • Intralimb and interlimb incoordination: Comparative study between patients with parkinsonism and with cerebellar ataxia,Vol. 8,No. 1,p. 47-52,2005年,研究論文(学術雑誌)
  • パーキンソン病の重症度を定量化する パーキンソン病における両下肢協調運動の計測と数学的解析,浅井義之,野村泰伸,佐藤俊輔,松尾善美,水庫功,阿部和夫,脳21,Vol. 7,No. 3,2004年07月20日
  • ヒトの二足歩行運動の神経制御と動的安定性の理解に向けて,野村泰伸,バイオメカニズム学会誌,Vol. 27,No. 4,2003年11月01日
  • A coupled oscillator model of disordered interlimb coordination in patients with Parkinson's disease,Vol. 88,No. 2,p. 152-162,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Possible functional roles of phase resetting during walking,Vol. 88,No. 6,p. 468-496,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Classifying lower limb dynamics in Parkinson's disease,Vol. 61,No. 2,p. 219-226,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Classification of dynamics of a model of motor coordination and comparison with Parkinson's disease data,Vol. 71,No. 1-2,p. 11-21,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Phase reset and dynamic stability during human gait,Vol. 71,No. 1-2,p. 221-232,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Intralimb incoordination in patients with ataxia,Vol. 14,No. 16,p. 2057-2059,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Response of a pacemaker neuron model to transient pulse trains,Vol. 33,No. 3,p. 63-73,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • MEG responses during rhythmic finger tapping in humans to phasic stimulation and their interpretation based on neural mechanisms.,Vol. 86,No. 6,p. 483-496,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • 過渡的パルス入力に対するペースメーカ細胞モデルの応答,山野辺 貴信,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,佐藤 俊輔,電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-パターン処理,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 83,No. 8,p. 1811-1821,2000年08月20日
  • 過渡的パルス入力に対するペースメーカ細胞モデルの応答,山野辺貴信,野村泰伸,PAKDAMAN K,佐藤俊輔,電子情報通信学会論文誌 D−2,Vol. J83-D-2,No. 8,2000年08月
  • 周期パルス列刺激を受ける1次元興奮性ケーブル上の興奮波伝導,濱口 幸子,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 83,No. 2,p. 168-178,2000年02月25日
  • 周期パルス列刺激を受ける1次元興奮性ケーブル上の興奮波伝導,浜口幸子,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会論文誌 A,Vol. J83-A,No. 2,2000年02月
  • The application of nonlinear autoregressive models in bifurcation analysis,p. 159-160,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Highly degenerate Hopf bifurcations and global organization of bistable periodic solutions in multiple parameter space of the Hodgkin-Huxleyequations,Hidekazu Fukai,Shinji Doi,Taishin Nomura,Shunsuke Sato,Proc. of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,p. 161-164,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ヒトの二足歩行運動のインパルス状外乱に対する応答とその中枢神経機構に基づく解釈,小林 誠,野村 泰伸,佐藤 俊輔,医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME,日本エム・イー学会,Vol. 38,No. 1,p. 20-32,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • ヒトの二足歩行運動のインパルス状外乱に対する応答とその中枢神経機構に基づく解釈,小林 誠,野村 泰伸,佐藤 俊輔,医用電子と生体工学,一般社団法人 日本生体医工学会,Vol. 38,No. 1,p. 20-32,2000年
  • Hopf bifurcations in multiple-parameter space of the Hodgkin-Huxley equations I. Global organization of bistable periodic solutions,Vol. 82,No. 3,p. 215-222,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • Hopf bifurcations in multiple-parameter space of the Hodgkin-Huxley equations II. Singularity theoretic approach and highly degenerate bifurcations,Vol. 82,No. 3,p. 223-229,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • Reconstructing bifurcation diagrams of dynamical systems using measured time series,Vol. 39,No. 2,p. 146-149,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • Emergence of oscillations in a model of weakly coupled two Bonhoeffer-van der Pol equations,Vol. 58,No. 1-3,p. 239-247,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • 相互制御回路の周期的パルス電流刺激に対する応答特性,山脇 伸行,小迫 秀夫,佐藤 俊輔,土居 伸二,野村 泰伸,電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-パターン処理,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 82,No. 8,p. 1345-1349,1999年08月
  • 相互抑制回路の周期的パルス電流刺激に対する応答特性,山脇伸行,小迫秀夫,佐藤俊輔,土居伸二,野村泰伸,電子情報通信学会論文誌 D−2,Vol. J82-D-2,No. 8,1999年08月
  • Synthetic analysis of periodically stimulated excitable and oscillatory membrane models,Vol. 59,No. 1,p. 956-969,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • Time series-based bifurcation diagram reconstruction,Vol. 130,No. 3-4,p. 211-231,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • Reconstructing bifurcation diagrams from noisy time series using nonlinear autoregressive models,Vol. 60,No. 1,p. 1073-1076,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • Learning dynamical systems by neural networks,p. 225-228,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A mathematical aspect of neural coding,p. 229-238,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The response of lobster stretch receptor models to single pulses and step currents,p. 1252-1255,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Double impulse solutions in reduced Hodgkin-Huxley models,p. 1263-1266,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MEにおける非線形現象と解析 FitzHugh‐Nagumo方程式の結合系が示す非線形ダイナミクス,野村 泰伸,BME,一般社団法人 日本生体医工学会,Vol. 12,No. 5,p. 37-48,1998年
  • Aperiodic stochastic resonance with correlated noise,Vol. 58,No. 4,p. 4820-4827,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Generalized one-parameter bifurcation diagram reconstruction using time series,Vol. 124,No. 1-3,p. 258-270,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Reduction of a model for an Onchidium pacemaker neuron,Vol. 78,No. 4,p. 265-276,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of the response of a pacemaker neuron model to transient inputs,Vol. 48,No. 1-3,p. 287-295,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Hodgkin-Huxley 方程式の周期解の大域的分岐構造,深井 英和,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,土居 伸二,佐藤 俊輔,日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks,日本神経回路学会,Vol. 4,No. 2,p. 83-91,1997年06月05日
  • Hodgkin‐Huxley方程式の周期解の大域的分岐構造,深井英和,野村泰伸,PAKDAMAN K,土居伸二,佐藤俊輔,日本神経回路学会誌,Vol. 4,No. 2,1997年06月
  • 不整脈の力学系モデル,野村 泰伸,BME : bio medical engineering,Vol. 11,No. 1,p. 56-65,1997年01月10日
  • 不整脈の力学系モデル,野村 泰伸,BME : bio medical engineering,一般社団法人 日本生体医工学会,Vol. 11,No. 1,p. 56-65,1997年01月10日
  • On the behavior of mRIC - A simple model of living pacemakers driven by periodic pulse trains,Vol. 40,No. 1-2,p. 169-176,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Complex responses of living neurons to pacemaker inhibition: A comparison of dynamical models,Vol. 40,No. 1-2,p. 177-188,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Entrainment and annihilation of reentrant excitation in a periodically stimulated ring of excitable media,Vol. 36,No. 4-5,p. 290-293,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Complex responses of living neurons to pacemaker inhibition: A comparison of dynamical models,Vol. 40,No. 1-2,p. 177-188,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Entrainment and termination of reentrant wave propagation in a periodically stimulated ring of excitable media,Vol. 53,No. 6,p. 6353-6360,1996年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Entrainment and termination of reentrant wave propagation in a periodically stimulated ring of excitable media,Vol. 53,No. 6 SUPPL. B,p. 6353-6360,1996年,研究論文(学術雑誌)
  • Global bifurcation structure of a Bonhoeffer-van der Pol oscillator driven by periodic pulse trains - Comparison with data from a periodically inhibited biological pacemaker,Vol. 72,No. 1,p. 55-67,1994年,研究論文(学術雑誌)
  • Bonhoeffer-van der Pol Oscillator model of the sino-atrial node: A possible mechanism of heart rate regulation,Vol. 33,No. 1,p. 116-119,1994年,研究論文(学術雑誌)
  • A modified radial isochron clock with slow and fast dynamics as a model of pacemaker neurons - Global bifurcation structure when driven by periodic pulse trains,Vol. 72,No. 2,p. 93-101,1994年,研究論文(学術雑誌)
  • A Bonhoeffer-van der Pol oscillator model of locked and non-locked behaviors of living pacemaker neurons.,Vol. 69,No. 5-6,p. 429-437,1993年,研究論文(学術雑誌)
  • RESPONSE CHARACTERISTICS OF THE BVP OSCILLATOR TO PERIODIC INPUT PULSE TRAINS,p. 757-764,1992年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Neuromagnetic Responses During Unilateral Periodic Finger Tapping to Phasic,Contralateral Finger Tap,K. Yoshino,K. Takagi,T. Nomura,S. Sato,M. Tonoike,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 固視微動の間欠制御モデル,小澤誠,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 119,No. 452(MBE2019 81-98)(Web),2020年
  • フォッカープランク方程式の有限要素解析に基づくヒト立位姿勢間欠制御モデルの離散時間有限マルコフ鎖近似,十亀敬伍,中村晃大,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 119,No. 452(MBE2019 81-98)(Web),2020年
  • 複雑ネットワークの観点から視覚探索が効率的であることを考察する,前田義信,小澤誠,野村泰伸,塚田章,電子情報通信学会技術研究報告(Web),Vol. 120,No. 301(MBE2020 19-25),2020年
  • ブレインコンピュータインターフェースのための上肢仮想現実システムの開発,鈴木愛之,田中郁哉,MILOSEVIC Matija,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告(Web),Vol. 120,No. 301(MBE2020 19-25),2020年
  • 動的モデルに基づくデータ駆動型アプローチによるパーキンソン病患者の姿勢反射障害機序の検討,鈴木康之,中村晃大,遠藤卓行,佐古田三郎,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告(Web),Vol. 120,No. 301(MBE2020 19-25),2020年
  • 視覚探索における注視点の軌跡が示すスモールワールド性の検証,加賀谷文紀,松井瑞季,中山周明,小澤誠,野村泰伸,塚田章,前田義信,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 59th,No. 0,p. 379-379,2020年
  • 立位姿勢のゆらぎと安定性 運動系のホメオダイナミクス,野村 泰伸,日本成人病(生活習慣病)学会会誌,日本成人病(生活習慣病)学会,Vol. 46,p. 33-33,2020年01月
  • 単純な確率的ハイブリッド力学系のフォッカープランク方程式を用いた解析,十亀敬伍,中村晃大,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 119,No. 137(MBE2019 19-28)(Web),2019年07月13日
  • データサイエンス時代の生体機能モデル論,野村 泰伸,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 63,p. 273-276,2019年05月22日
  • 視覚探索時に測定された注視点移動長の固視微動とサッカードへの分類,松井瑞季,津野将行,小澤誠,野村泰伸,塚田章,前田義信,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 119,No. 44(MBE2019 1-15)(Web),2019年05月12日
  • 視覚探索時の固視微動とサッカードの分類について (回路とシステム),松井 瑞季,津野 将行,小寺 龍之介,小澤 誠,野村 泰伸,塚田 章,前田 義信,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 118,No. 416,p. 45-48,2019年01月24日
  • 編集後記,野村 泰伸,計測と制御,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 58,No. 2,p. 143-143,2019年
  • 周期運動のモーションキャプチャデータとヒト身体のマルチ剛体リンクモデルを同化する新しいアルゴリズム,鈴木 康之,川崎 壮一朗,野村 泰伸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 57,No. 0,p. S237_2-S237_2,2019年
  • 視覚探索時の注視点軌跡の移動長と移動角度について,前田 義信,野村 泰伸,塚田 章,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 57,No. 0,p. S37_2-S37_2,2019年
  • 視覚探索時の眼球運動のモデリングの試み (回路とシステム),前田 義信,小寺 龍之介,津野 将行,小澤 誠,野村 泰伸,塚田 章,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 118,No. 242,p. 19-24,2018年10月18日
  • 視覚探索時の眼球運動のモデリングの試み (非線形問題),前田 義信,小寺 龍之介,津野 将行,小澤 誠,野村 泰伸,塚田 章,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 118,No. 243,p. 19-24,2018年10月18日
  • 歩きスマホが歩行周期ゆらぎに与える影響,矢野峻平,DIMALANTA Lauren,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 257(MBE2018 27-35)(Web),2018年10月13日
  • 視覚探索時の眼球運動のモデリングの試み,前田義信,小寺龍之介,津野将行,小澤誠,野村泰伸,塚田章,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 243(NLP2018 72-95),2018年10月11日
  • 視覚探索時における眼球運動の頻度分布の検討,小寺龍之介,小澤誠,野村泰伸,塚田章,前田義信,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 44(MBE2018 1-6)(Web),2018年05月12日
  • ヒト定常歩行ストライド時間の1/fゆらぎ生成メカニズムに関する考察,FU Chunjiang,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 44(MBE2018 1-6)(Web),2018年05月12日
  • ヒト・モノ・データを統合した熱中症リスク管理システムの開発,植田隼平,藤田壌,藤尾宜範,田口晶彦,川瀬善一郎,金井博幸,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2017,2018年01月12日
  • 観測データに基づく信号生成システムの分岐構造の推定技術の開発,大東 寛典,野村 泰伸,中村 亨,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 56,No. 0,p. S421-S421,2018年
  • ウェアラブル生体センサを用いた労働環境における体調評価指標の開発,植田 隼平,野村 泰伸,清野 健,藤田 壌,西田 直樹,藤尾 宜範,林 洋行,田口 晶彦,川瀬 善一郎,真田 知世,金井 博幸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 56,No. 0,p. S126-S126,2018年
  • 筋骨格系マルチスケールシミュレータの開発,山村 直人,野村 泰伸,高木 周,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,2018年
  • ヒト直立姿勢と二足歩行のニューロメカニクス,野村 泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,2018年
  • 筋骨格系マルチスケールシミュレータの開発,山村直人,野村泰伸,高木周,バイオエンジニアリング講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 30th,2017年12月13日
  • ヒト直立姿勢と二足歩行のニューロメカニクス,野村泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 30th,2017年12月
  • Savitzky‐Golayトレンド除去フィルタを使った生体信号時系列のスケーリング解析,辻本裕,鈴木康之,下野昌宣,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2016,2017年01月13日
  • 5.高機能インナーウェアと熱中症リスク管理システムの開発,金井博幸,清野健,野村泰伸,田口晶彦,川瀬善一郎,藤尾宜範,勝圓進,小林末呉,繊維製品消費科学,Vol. 58,No. 8,2017年
  • 心拍変動の大規模データに見られる集団特性の数理構造,清野 健,野村 泰伸,山本 義春,早野 順一郎,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 55,No. 3,p. 211-211,2017年
  • 心拍計測用ウェアの性能評価指標の提案,植田 隼平,有馬 慎之介,藤尾 宜範,勝圓 進,金井 博幸,清野 健,野村 泰伸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 55,No. 3,p. 241-241,2017年
  • 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2016(LE2016,第31回生体・生理工学シンポジウム),野村 泰伸,清野 健,計測と制御,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 56,No. 8,p. 608-608,2017年
  • 心拍変動の高周波数および低周波数成分の振幅変調に見られる長時間相関,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,心電図,(一社)日本不整脈心電学会,Vol. 36,No. Suppl.1,p. S-49,2016年02月
  • 多重回帰分析による心臓植込み型デバイスの需要推移予測,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,心電図,(一社)日本不整脈心電学会,Vol. 36,No. Suppl.1,p. S-61,2016年02月
  • ハードウェア非線形振動子モデルの結合系を用いた四肢歩行パターンの再現 (回路とシステム),小宅 智史,丸山 陽央,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 115,No. 422,p. 79-83,2016年01月28日
  • ハードウェア非線形振動子モデルの結合系を用いた四肢歩行パターンの再現,小宅智史,丸山陽央,野村泰伸,前田義信,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 115,No. 422(CAS2015 61-79),p. 79-83,2016年01月21日
  • 心臓植え込み型デバイスの将来需要予測にみられる地域格差,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S398-S398,2016年
  • 非定常生体信号解析のためのトレンド除去スケーリング解析の高速アルゴリズム,辻本 裕,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S391-S391,2016年
  • 心拍変動の高周波及び低周波成分の振幅変調にみられる長時間相関とその解釈,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 27,p. S217-S217,2016年
  • ヒト静止立位姿勢の神経制御と神経疾患によるその変容,鈴木 康之,野村 泰伸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 27,p. S145-S145,2016年
  • 立位歩行運動におけるoptimal motor variability,野村 泰伸,Equilibrium Research,(一社)日本めまい平衡医学会,Vol. 74,No. 5,p. 381-381,2015年10月
  • 圧力中心による回転ハンドリング動作の分析,Vol. 2015,p. 32-32,2015年09月
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者に対する予後予測指標の開発,松井翔士郎,渡邊英一,鈴木康之,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • 心拍変動特性に基づく発作性心房細動の自動検出法の検討,森脇康貴,渡邊英一,鈴木康之,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • Mellin変換を応用した非ガウス時系列解析:心拍変動解析への応用,藤井翔太,鈴木康之,野村泰伸,渡邊英一,早野順一郎,山本義春,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • Reproduction of four-leg animal gaits using a coupled system of simple hardware CPG models,Vol. E98A,No. 2,p. 508-509,2015年
  • Analysis of Center of Pressure Location during Asymmetric Lifting,Vol. 2015,p. 2471-2474,2015年
  • 圧力中心測定による持ち上げ姿勢評価方法の有効性,丁 憙勇,渡辺 宗一郎,木戸 倫子,八木 雅和,野村 泰伸,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S258_03-S258_03,2015年
  • 心拍変動に見られる分散不均一構造の解析,森脇 康貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邊 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S477-S478,2015年
  • 心不全患者の予後予測因子としての心拍変動低周波成分の変調特性,藤井 翔太,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S270_02-S270_02,2015年
  • 心拍変動の時間相関にみられるスケーリングとクロスオーバー特性,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S271_01-S271_01,2015年
  • 心臓植込み型デバイスの国内手術件数分析に基づく将来需要予測モデルの構築,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S175_01-S175_01,2015年
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者における終夜睡眠ポリグラフデータの特性と予後との関係,松井 翔士郎,渡邊 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S428-S429,2015年
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者における終夜睡眠ポリグラフデータの特性と予後との関係,松井 翔士郎,渡邊 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S223_02-S223_02,2015年
  • 心拍変動に見られる分散不均一構造の解析,森脇 康貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邊 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S270_03-S270_03,2015年
  • 巻頭言:特集号「健康・医療・福祉・生命の分野における計測・制御・システム技術」について,福岡 豊,田中 志信,片山 統裕,太田 裕治,小池 康晴,野村 泰伸,計測自動制御学会論文集,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 51,No. 8,p. 519-519,2015年
  • 数理的モデルによるすくみ足症例の両下肢間協調運動に関する検討,棚橋 貴夫,山本 智久,片畑 亨,吉川 直也,鈴木 康之,遠藤 卓行,藤村 晴俊,望月 秀樹,野村 泰伸,佐古田 三郎,臨床神経学,(一社)日本神経学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. S245-S245,2014年12月
  • 両下肢間協調運動パターンによるパーキンソン病歩行の分類,棚橋 貴夫,片畑 亨,吉川 直也,山本 智久,鈴木 康之,遠藤 卓行,藤村 晴俊,望月 秀樹,野村 泰伸,佐古田 三郎,パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集,Movement Disorder Society of Japan (MDSJ),Vol. 8回,p. 102-102,2014年10月
  • 立位姿勢と二足歩行運動の間欠制御モデル,野村泰伸,計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年09月17日
  • 看護と工学 身体バランスの視点からみた腰部サポートウェアの効果,Vol. 2014,p. 46-46,2014年09月
  • 看護と工学 重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討,Vol. 2014,p. 47-47,2014年09月
  • 重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,丁 憙勇,清水 咲希,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2014,p. OS3-2,2014年09月
  • An Influence on Human Postural Balance of Waist Support Wear during Lifting Loads,JEONG Hieyong,SHIMIZU Saki,WATANABE Soichiro,TORIGAI Kazuo,HAYASHI Masanobu,KIDO Michiko,NOMURA Taishin,MIYOSHI Eiji,YAMADA Kenji,OHNO Yuko,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,p. OS3-2,2014年09月
  • 回路モデルを用いた四肢歩行パターンに関する研究,前田義信,丸山陽央,小島颯,市村智康,野村泰伸,電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年03月04日
  • AS-1-3 回路モデルを用いた四肢歩行パターンに関する研究(AS-1.脳にインスパイアされたシステムとその応用,シンポジウムセッション),前田 義信,丸山 陽央,小島 颯,市村 智康,野村 泰伸,電子情報通信学会総合大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2014,p. "S-5"-"S-6",2014年03月04日
  • 汎用生体モデルの高速な並列シミュレーションのための階層的依存グラフの自動分割,吉川 禎,中村 亜希,置田 真生,安部 武志,浅井 義之,北野 宏明,野村 泰伸,萩原 兼一,情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング],一般社団法人情報処理学会,Vol. 2014,No. 17,p. 1-7,2014年02月24日
  • Study on change of the gaits using the electronic circuit CPG network,Vol. 52,No. 0,p. O-269-O-270,2014年
  • Development of model database at Physiome.jp and interoperability with tools for modeling and simulation,Vol. 52,No. 0,p. O-263-O-264,2014年
  • サドル型不安定性を利用した新しい前立腺癌間欠的アンドロゲン抑制療法の提案,鈴木康之,酒井大地,平田祥人,合原一幸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53rd,No. 0,p. ROMBUNNO.O3-13-6-424-O-425,2014年
  • 慢性心房細動患者の心電図情報を用いた睡眠時無呼吸症候群の検出法の検討,竹内 公一,清野 健,杉山 裕章,白濱 龍太郎,鈴木 康之,野村 泰伸,山本 義春,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 52,No. 0,p. O-394-O-395,2014年
  • Physiome.jpにおけるモデルデータベースとモデリング・シミュレーションプラットフォームとの連携,浅井 義之,野村 泰伸,北野 宏明,計測と制御,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 53,No. 5,p. 426-431,2014年
  • Detection of sleep apnea syndrome for atrial fibrillation patients using ECG signal,Vol. 52,2014年
  • Experimental Evaluation of Human Postural Balance through Lifting Loads,Vol. 2014-January,p. 3675-3678,2014年
  • A Difference of Human Posture between Beginner and Expert during Lifting a Heavy Load,2014年
  • Effectiveness Evaluation of Waist Support Tool through Human Posture Balance,2014年
  • Development of model database at Physiome.jp and interoperability with tools for modeling and simulation,ASAI Yoshiyuki,ABE Takeshi,LI Li,OKA Hideki,NOMURA Taishin,KITANO Hiroaki,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 53rd,2014年01月01日
  • Study on change of the gaits using the electronic circuit CPG network,MARUYAMA Akihiro,KOJIMA Hayate,ICHIMURA Tomoyasu,NOMURA Taishin,MAEDA Yoshinobu,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 53rd,2014年01月01日
  • ビッグデータサイエンスとマルチスケールモデリング,野村 泰伸,日本神経回路学会誌,日本神経回路学会,Vol. 21,No. 1,p. 1-2,2014年
  • Connecting local and orbital stability during dynamic walking,Chunjiang Fu,Nomura Taishin,Proceedings of the SICE Annual Conference,p. 1296-1297,2013年12月04日
  • CPGネットワークを用いた四肢歩行シミュレーション研究 (ニューロコンピューティング),小島 颯,市村 智康,塚田 章,野村 泰伸,前田 義信,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 223,p. 17-22,2013年09月24日
  • CPGネットワークを用いた四肢歩行シミュレーション研究 (MEとバイオサイバネティックス),小島 颯,市村 智康,塚田 章,野村 泰伸,前田 義信,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 222,p. 17-22,2013年09月24日
  • CPGネットワークを用いた四肢歩行シミュレーション研究,小島颯,市村智康,塚田章,野村泰伸,前田義信,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 113,No. 223(NC2013 22-45),p. 17-22,2013年09月17日
  • Notes on Stability of Human Motor Control,NOMURA Taishin,計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 2013,2013年09月12日
  • 人・社会のモデル化の最前線 ヒトと人の数理モデルシミュレーション,野村泰伸,日本バーチャルリアリティ学会誌,Vol. 18,No. 3,p. 160-163,2013年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 招待講演 サドル型平衡点を伴うシステムを含むハイブリッド力学系の安定化制御 : ヒト立位姿勢・歩行運動制御および前立腺がんの間欠制御 (システム数理と応用),野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 121,p. 59-62,2013年07月11日
  • 招待講演 サドル型平衡点を伴うシステムを含むハイブリッド力学系の安定化制御 : ヒト立位姿勢・歩行運動制御および前立腺がんの間欠制御 (システム数理と応用),野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 121,p. 59-62,2013年07月11日
  • 招待講演 サドル型平衡点を伴うシステムを含むハイブリッド力学系の安定化制御 : ヒト立位姿勢・歩行運動制御および前立腺がんの間欠制御 (回路とシステム),野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 118,p. 59-62,2013年07月11日
  • 招待講演 サドル型平衡点を伴うシステムを含むハイブリッド力学系の安定化制御 : ヒト立位姿勢・歩行運動制御および前立腺がんの間欠制御 (VLSI設計技術),野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 119,p. 59-62,2013年07月11日
  • サドル型平衡点を伴うシステムを含むハイブリッド力学系の安定化制御―ヒト立位姿勢・歩行運動制御および前立腺がんの間欠制御―,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 113,No. 119(VLD2013 11-45),p. 59-62,2013年07月
  • Eigen-Space Analysis of Alternans in a Cardiac Cell Model,Takahata Takayuki,Nomura Taishin,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 51,No. 0,p. R-33-R-33,2013年
  • Marker-Less Motion Capture System with Kinect and Foot Pressure Distribution Measurement,Hatta Toshiyuki,Yamamoto Tomohisa,Suzuki Yasuyuki,Kiyono Ken,Nomura Taishin,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 51,No. 0,p. R-296-R-296,2013年
  • An Intermittent Control of a Double Inverted Pendulum: Relationship between Control Strategy and Hip Joint Stiffness,SUZUKI Yasuyuki,NOMURA Taishin,Int Conf Simul Technol (CD-ROM),Vol. 2013,2013年
  • A Müntz type theorem for a family of corner cutting schemes,Vol. 30,No. 2,p. 240-253,2013年
  • Chebyshev blossoming in Müntz spaces: Toward shaping with Young diagrams,Vol. 247,No. 1,p. 172-208,2013年
  • 心室筋細胞モデルを用いた交互脈生成メカニズムの解析,高畑隆之,野村泰伸,自動制御連合講演会(CD-ROM),Vol. 55th,2012年11月17日
  • 四肢動物の歩行パターンを制御する電子回路ネットワークの設計,小島 颯,久保田 真仁,土門 立志,鈴木 康之,野村 泰伸,前田 義信,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 112,No. 297,p. 5-10,2012年11月09日
  • 生体機能発現の動的メカニズムの解明に向けた統合的生体工学研究,野村 泰伸,計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 51,No. 10,p. 927-933,2012年10月10日
  • 四足歩行運動パターンを制御するアナログ回路設計の試み (非線形問題),前田 義信,久保田 真仁,鈴木 康之,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 112,No. 205,p. 7-12,2012年09月20日
  • 四足歩行運動パターンを制御するアナログ回路設計の試み (回路とシステム),前田 義信,久保田 真仁,鈴木 康之,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 112,No. 204,p. 7-12,2012年09月20日
  • Stability examination of biped model by Floquet theory,FU Chunjiang,SUZUKI Yasuyuki,KIYONO Ken,NOMURA Taishin,生体・生理工学シンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 27th,2012年09月19日
  • 四足歩行運動パターンを制御するアナログ回路設計の試み,前田義信,久保田真仁,鈴木康之,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 112,No. 205(NLP2012 56-75),p. 7-12,2012年09月13日
  • 生体モデルにおける数式の類似性に着目したOpenMPによる並列シミュレーションの検討,吉川禎,奥山倫弘,置田真生,浅井義之,安部武志,野村泰伸,八木哲也,萩原兼一,先進的計算基盤システムシンポジウム論文集,Vol. 2012,No. 2012,p. 75-76,2012年05月09日
  • AS-1-1 ヒト静止立位姿勢の神経制御メカニズムと中枢神経疾患による姿勢の不安定化(AS-1.モデリングとシミュレーションの最新動向,シンポジウムセッション),野村 泰伸,電子情報通信学会総合大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2012,p. "S-1"-"S-2",2012年03月06日,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • D-6-6 並列生体シミュレータinsilicoSimにおけるエージェント割当手法(D-6.コンピュータシステムA(アーキテクチャ),一般セッション),福井 伸弥,奥山 倫弘,置田 真生,安部 武志,浅井 義之,野村 泰伸,萩原 兼一,電子情報通信学会総合大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2012,No. 1,p. 67-67,2012年03月06日
  • ヒト静止立位姿勢の神経制御メカニズムと中枢神経疾患による姿勢の不安定化,野村泰伸,電子情報通信学会大会講演論文集,Vol. 2012,2012年03月06日
  • 並列生体シミュレータinsilicoSimにおけるエージェント割当手法,福井伸弥,奥山倫弘,置田真生,安部武志,浅井義之,野村泰伸,萩原兼一,電子情報通信学会大会講演論文集,Vol. 2012,2012年03月06日
  • A Statistical Classification of Upright Postural Sway in Healthy Adults and Patients with Parkinson's Disease,YAMAMOTO Tomohisa,SMITH Charles E,SUZUKI Yasuyuki,TANAHASHI Takao,ENDO Takayuki,SAKODA Saburo,NOMURA Taishin,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月06日
  • 異種混合生体シミュレータinsilicoSimの自動並列化,置田真生,奥山倫弘,福井伸弥,松井龍,安部武志,HEIEN Eric,浅井義之,野村泰伸,萩原兼一,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月06日
  • 二重振子の間欠制御を用いたヒト静止立位姿勢制御のモデル化,鈴木康之,MORASSO Pietro,野村泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月06日
  • 統合的バイオエンジニアリングサイエンスの創成に向けて,野村泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月06日
  • In sillico1次視覚野神経回路,津崎圭亮,鳥野翔太,岡本達秀,置田真生,萩原兼一,野村泰伸,林田祐樹,八木哲也,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月06日
  • ヒト全身運動のモーションキャプチャデータに基づく4次元全身姿勢推定,吉川直也,鈴木康之,尾崎航,山本智久,野村泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月06日
  • Multilevel modeling on PhysioDesigner,ASAI Yoshiyuki,ABE Takeshi,OKAMOTO Tatsuhide,OKA Hideki,NOMURA Taishin,KURACHI Yoshihisa,KITANO Hiroaki,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • 健常者およびパーキンソン病患者の重心動揺のパターン分類に対する統計的検証,山本智久,SMITH C.E,鈴木康之,棚橋貴夫,遠藤卓行,佐古田三郎,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • すくみ足の歩行解析;両下肢間協調運動障害に関する検討,棚橋貴夫,山本智久,寺村俊哉,鈴木康之,遠藤卓行,藤村晴俊,望月秀樹,野村泰伸,佐古田三郎,パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集,Vol. 6th,2012年
  • モーションキャプチャによる4次元姿勢推定に体表面上のマーカ変位が及ぼす影響,吉川直也,鈴木康之,尾崎航,山本智久,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • ヒト静止立位の倒立二重振子間欠制御モデル,鈴木康之,MORASSO Pietro,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • 1分子イメージングによる転写因子CREBの動態解析,菅生紀之,森松賢順,新井由之,香束剛章,大國紋,野村泰伸,柳田敏雄,山本亘彦,日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),Vol. 35th,2012年
  • すくみ足を伴うパーキンソン症候群における歩行解析,棚橋貴夫,寺村俊哉,吉田信久,山本智久,鈴木康之,野村泰伸,遠藤卓行,藤村晴俊,望月秀樹,佐古田三郎,日本神経学会学術大会プログラム・抄録集,Vol. 53rd,2012年
  • 8B46 ヒト全身運動のモーションキャプチャデータに基づく4次元全身姿勢推定(GS04 ヒューマンダイナミクス2),吉川 直也,鈴木 康之,尾崎 航,山本 智久,野村 泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,2012年
  • 8A14 二重振子の間欠制御を用いたヒト静止立位姿勢制御のモデル化(OS1 筋骨格系のバイオメカニクス3),鈴木 康之,MORASSO Pietro,野村 泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _8A14-1_-_8A14-2_,2012年
  • 8B45 健常者およびパーキンソン病患者の立位姿勢動揺パターンの統計的分類(GS04 ヒューマンダイナミクス2),山本 智久,SMITH Charles E.,鈴木 康之,棚橋 貴夫,遠藤 卓行,佐古田 三郎,野村 泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _8B45-1_-_8B45-2_,2012年
  • EEG Analysis in insilicoIDE/PhysioDesigner,OKA Hideki,LI Li,OKAMOTO Tatsuhide,URAI Takahito,ABE Takeshi,ASAI Yoshiyuki,NOMURA Taishin,日本神経回路学会全国大会講演論文集,Vol. 21st,p. 10-11,2011年12月15日
  • 下肢への干渉波電流刺激による身体動揺低減効果,野村国彦,野村泰伸,体力科学,Vol. 60,No. 6,2011年12月01日
  • Gelfond-Bezier Curves,Rachid Ait-Haddou,Yusuke Sakane,Taishin Nomura,2011年11月15日,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 健康をささえるスパコン「京」!!医療の世界で活躍するスパコン,野村泰伸,情報計算化学生物学会大会予稿集,Vol. 2011 (CD-ROM),2011年11月08日
  • 汎用生体シミュレータinsilicoSimにおける生体モデル内の依存関係に着目し たスケジューリング,松井龍,奥山倫弘,置田真生,安部武志,浅井義之,野村泰伸,萩原兼一,平成23年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,Vol. 2011,No. 2011,2011年09月22日
  • Dynamics of neuronal network models with a large number of ion-channel-based interneuron models for motor pattern generation,OKAWA Kazuya,NOMURA Taishin,生体・生理工学シンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 26th,2011年09月20日
  • Slow fluctuations with long-term correlations in postural sway during human quiet standing,NOMURA Taishin,生体・生理工学シンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 26th,2011年09月20日
  • インタプリタ型汎用生体シミュレータinsilicoSimのGPUによる高速化,奥山倫弘,奥山倫弘,置田真生,安部武志,浅井義之,野村泰伸,萩原兼一,情報処理学会研究報告(CD−ROM),Vol. 2011,No. 2,2011年08月15日
  • インタプリタ型汎用生体シミュレータinsilicoSimのGPUによる高速化,奥山 倫弘,置田 真生,安部 武志,浅井 義之,野村 泰伸,萩原 兼一,研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC),一般社団法人情報処理学会,Vol. 2011,No. 9,p. 1-8,2011年07月20日
  • Physiome.jpにおける汎用マルチエージェントモデル開発システムの構築,弓倉 陽介,浅井 義之,鈴木 康之,安部 武志,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 461,p. 29-34,2011年02月28日
  • Finite Element Method Analysis in insilicoIDE,OKA Hideki,LI Li,OKAMOTO Tatsuhide,URAI Takahito,ABE Takeshi,KIDO Yoshiyuki,ASAI Yoshiyuki,NOMURA Taishin,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 50th,2011年
  • 倒立二重振子の間欠制御を用いたヒト静止立位モデルの構築,鈴木康之,MORASSO Pietro,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 50th,2011年
  • パーキンソン症候を方程式で解こう,佐古田三郎,遠藤卓行,朴宗仁,横江勝,野村泰伸,辻敏夫,赤澤堅造,日本神経学会学術大会プログラム・抄録集,Vol. 52nd,2011年
  • ペースメーカ仮説とネットワーク仮説に基づく脊髄神経回路モデルを用いた交互バースト生成メカニズムの解析,冨永 圭祐,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 294,p. 63-68,2010年11月11日
  • ヒト静止立位姿勢の倒立二重振子間欠制御モデル,鈴木 康之,Morasso Pietro,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 294,p. 69-74,2010年11月11日
  • 生体・生理機能データベース構築の重要性と必要性,野村泰伸,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 25th,p. 13-14-14,2010年09月23日
  • 統合生命科学・予測生命科学を支えるソフトウェア基盤技術 Physiome.jpにおける統合生命科学推進のためのプラットフォーム開発,浅井義之,野村泰伸,計測と制御,Vol. 49,No. 8,p. 525-530-530,2010年08月10日
  • 統合生命科学・予測生命科学の潮流と工学が果たす役割,野村 泰伸,計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,Vol. 49,No. 8,p. 505-506,2010年08月10日
  • 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター,野村 泰伸,計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,Vol. 49,No. 8,p. 558-559,2010年08月10日
  • マルチスケールシミュレーションのためのWebサービスとデータ探索に関する研究,木戸善之,福本貴紀,野村泰伸,野村泰伸,倉智嘉久,倉智嘉久,松田秀雄,松田秀雄,情報処理学会研究報告(CD−ROM),Vol. 2009,No. 6,2010年04月15日
  • マルチスケールシミュレーションのための Web サービスとデータ探索に関する研究,木戸 善之,福本 貴紀,野村 泰伸,倉智 嘉久,松田 秀雄,情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 = IPSJ SIG technical reports,情報処理学会,Vol. 20,No. 13,p. M1-M6,2010年03月04日
  • ヒト静止立位時の重心動揺と下腿筋活動の立位条件依存性と制御モデルに基づくその解釈,竹内 康浩,立山 翔太,野村 国彦,浅井 義之,深田 慶,佐古田 三郎,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 461,p. 201-206,2010年03月02日
  • 足裏への微小機械刺激がヒト静止立位時の重心動揺に与える影響,小松 一貴,立山 翔太,野村 国彦,浅井 義之,佐古田 三郎,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 460,p. 37-42,2010年03月02日
  • An Open Platform for Physiome and Systems Biology,NOMURA Taishin,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 49th,2010年
  • Development and extension of physiome and systems biology oriented open platform,insilicoPlatform,ASAI Yoshiyuki,SUZUKI Yasuyuki,KIDO Yoshiyuki,OKA Hideki,HEIEN Eric,URAI Takahito,OKAMOTO Tatsuhide,ABE Takeshi,HAGIHARA Ken‐ichi,KURACHI Yoshihisa,NOMURA Taishin,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 49th,2010年
  • パーキンソン病の歩行解析(2)〜すくみ足と歩行リズム異常〜,深田慶,野村泰伸,佐古田三郎,日本神経学会総会プログラム・抄録集,Vol. 51st,2010年
  • ヒト立位時の足関節筋筋電図を用いた倒立振子バランス制御課題,立山 翔太,浅井 義之,福嶋 誠,野村 泰伸,システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 10,No. 0,p. 89-89,2010年
  • 統合的生命科学・生体医工学推進のための情報基盤,野村泰伸,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD−ROM),Vol. 2009,2009年11月24日
  • Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE (コンピューティングシステム Vol.2 No.2),HEIEN ERIC M.,ASAI YOSHIYUKI,NOMURA TAISHIN,情報処理学会論文誌 論文誌トランザクション,情報処理学会,Vol. 2009,No. 1,p. 131-143,2009年11月
  • From Cellular and Medical Images to Bio-simulations: MedMod Software,AIT‐HADDOU Rachid,KURACHI Yoshihisa,NOMURA Taishin,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 24th,p. 197-198,2009年09月24日
  • 生体機能マルチスケールモデリングのためのオープンプラットフォーム insilicoML & insilicoIDE,浅井義之,鈴木康之,岡秀樹,HEIEN Eric,浦井誉仁,木戸善之,萩原兼一,萩原兼一,倉智嘉久,倉智嘉久,野村泰伸,野村泰伸,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 24th,p. 195-196-196,2009年09月24日
  • Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE,EricM. Heien,Yoshiyuki Asai,Taishin Nomura,Kenichi Hagihara,情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS),Vol. 2,No. 2,p. 131-143,2009年07月02日
  • 薬物誘発不整脈発生危険度の予測システム:Arrhythmo predictor,村上慎吾,鈴木慎悟,倉智嘉久,津元国親,上島豊,野村泰伸,心電図,Vol. 29,No. Supplement 3,2009年06月05日
  • 心筋細胞におけるL型カルシウムチャネル不活性化モデル,村上慎吾,鈴木慎悟,倉智嘉久,河津俊宏,野村泰伸,イアン フィンドレイ,赤羽悟美,心電図,Vol. 29,No. Supplement 3,2009年06月05日
  • アナログ・デジタルハイブリッドモデルを用いた心筋興奮の実時間シミュレーション,マハムッド ファルハナハニ,咲花 騰,塩澤 成弘,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 50,p. 45-49,2009年05月15日
  • Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE,HEIEN Eric M,ASAI Yoshiyuki,NOMURA Taishin,HAGIHARA Kenichi,情報処理学会シンポジウム論文集,Vol. 2009,No. 2,p. 1-8,2009年01月15日
  • AN INTEGRATED DEVELOPMENT ENVIRONMENT FOR IN SILICO MODELING OF PHYSIOLOGICAL SYSTEMS,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 354-354,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • AN EXTENSION TO THE INSILICO ML AND INSILICO IDE TO SUPPORT SURGICAL SIMULATION AND PRE-OPERATIVE PLANNING,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 308-308,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • IN SILICO ML AND INTEGRATED ENVIRONMENT,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 101-101,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • STRUCTURE BASED FUNCTIONAL MODELLING OF CELLULAR Ca2+ DYNAMICS,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 47-47,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ANALOG-DIGITAL HYBRID MODEL OF CARDIAC EXCITATION-CONDUCTION,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 305-305,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • FROM TOMOGRAMS TO BIOSIMULATIONS: CASE STUDIES ON SUB-CELLULAR DYNAMICS,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 354-354,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • DISCOVERY OF RELATION BETWEEN MODELING DATA USING IN-SILICO MODELING ONTOLOGY AND META-ONTOLOGY,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 308-308,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by <i>insilico</i>IDE,Heien Eric M.,Asai Yoshiyuki,Nomura Taishin,Hagihara Kenichi,Information and Media Technologies,Information and Media Technologies 編集運営会議,Vol. 4,No. 4,p. 789-801,2009年
  • In silico modeling of mechanism of formation of endocochlear potential in inner ear,Vol. 109,No. Supplement 1,p. 201P-201P,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE,Heien Eric M.,Asai Yoshiyuki,Nomura Taishin,Hagihara Kenichi,IPSJ Online Transactions,一般社団法人 情報処理学会,Vol. 2009,No. 2,p. 149-161,2009年
  • 生体生理機能の多階層的モデル記述言語insilicoML1.0並びに統合開発環境insilicoIDE1.0の開発,浅井義之,鈴木康之,木戸善之,岡秀樹,HEIEN Eric,浦井誉仁,萩原兼一,萩原兼一,倉智嘉久,倉智嘉久,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 48th,2009年
  • 薬物誘発不整脈発生危険度の予測システムArrhythmoPredictorの開発,村上慎吾,村上慎吾,鈴木慎悟,津元国親,上島豊,野村泰伸,野村泰伸,倉智嘉久,倉智嘉久,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 48th,2009年
  • 慣性センサによるヒトの運動軌跡の推定,高本健吾,牧川方昭,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 48th,2009年
  • パーキンソン病の歩行解析〜すくみ足と歩行リズム異常〜,深田慶,野村泰伸,佐古田三郎,日本神経学会総会プログラム・抄録集,Vol. 50th,2009年
  • 心筋興奮伝播のアナログ・デジタルハイブリッドモデル,MAHMUD Farhanahani,咲花騰,塩澤成弘,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 48th,2009年
  • 生体機能モデルの統合開発環境insilicoIDEにおける行列と時系列データの取り扱い,鈴木康之,浅井義之,弓倉陽介,浦井誉仁,岡本達秀,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 48th,2009年
  • Monte Carlo simulation of Ca2+ influx through L-type calcium channel in Cardiac Myocytes,Vol. 45,p. S31-S31,2008年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 倒立振子モデルを用いたヒト静止立位姿勢の有界安定性に関する考察,田坂優一,浅井義之,野村国彦,PIETRO MORASSO G,野村泰伸,野村泰伸,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 23rd,p. 137-140-140,2008年09月28日
  • 心室筋細胞ダイアッド構造でのカルシウム動態シミュレーション,河津俊宏,村上慎吾,村上慎吾,鈴木慎悟,赤羽悟美,FINDLAY Ian,倉智嘉久,倉智嘉久,野村泰伸,野村泰伸,日本薬理学雑誌,Vol. 132,No. 3,2008年09月01日
  • フィジオーム・システムバイオロジーのオープンプラットフォーム構築に向けて,野村泰伸,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD−ROM),Vol. 52nd,p. 43-46-46,2008年05月16日
  • Modeling of cardiac Ca2+ channel inactivation,MURAKAMI Shingo,KAWAZU Toshihiro,FINDLAY Ian,SUZUKI Shingo,ADACHI‐AKAHANE Satomi,NOMURA Taishin,KURACHI Yoshihisa,J Physiol Sci,Vol. 58,No. Supplement,2008年04月01日
  • 医・工・情報学連携によるフィジオーム研究の推進,野村泰伸,日本機械学会関西支部定時総会講演会講演論文集,Vol. 83rd,2008年03月14日
  • フィジオーム研究推進のためのオープンプラットフォーム構築,野村 泰伸,倉智 嘉久,萩原 兼一,日本生理学会大会発表要旨集,日本生理学会,Vol. 2008,No. 0,p. 33-33,2008年
  • 生体機能モデリング統合プラットフォーム(in silico IDE)におけるCellML互換機能の開発,鈴木康之,浅井義之,河津俊宏,中西正夫,谷口善紀,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 47th,2008年
  • グローバルCOE予測医学プロジェクトにおけるフィジオームプラットフォーム,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 47th,2008年
  • 多階層性オブジェクト指向アーキテクチャを実装した生体機能モデリング統合プラットフォーム—in silico IDE—,浅井義之,河津俊宏,中西正夫,鈴木康之,HEIEN Eric,萩原兼一,倉智嘉久,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 47th,2008年
  • 化合物の毒性予測システムの構築,山崎大典,山崎大典,吉本祐子,橘敬祐,古谷和春,古谷和春,稲野辺厚,神谷成敏,神谷成敏,中村春木,中村春木,野村泰伸,野村泰伸,倉智嘉久,倉智嘉久,土井健史,土井健史,土井健史,生化学,2008年
  • 心室筋細胞ダイアッド構造でのカルシウム動態シミュレーション,河津俊宏,村上慎吾,村上慎吾,鈴木慎悟,赤羽悟美,FINDLAY Ian,倉智嘉久,倉智嘉久,野村泰伸,野村泰伸,日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集,Vol. 113rd,2008年
  • 間欠的神経制御による静止立位時の身体動揺とCoP軌跡の度数分布形状,野村国彦,深田慶,浅井義之,佐古田三郎,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 47th,2008年
  • 生体機能モデリング統合プラットフォーム(in silico IDE)を用いた脊髄神経回路網動態の大規模シミュレーション,中西正夫,浅井義之,HEIEN Eric,萩原兼一,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 47th,2008年
  • 心臓におけるCa<SUP>2+</SUP>チャネル不活性化モデル,村上 慎吾,河津 俊宏,Findlay Ian,鈴木 慎悟,赤羽 悟美,野村 泰伸,倉智 嘉久,日本生理学会大会発表要旨集,日本生理学会,Vol. 2008,No. 0,p. 46-46,2008年
  • 夢はバラ色 予測医学基盤オープンプラットフォームの構築に向けて,野村 泰伸,倉智 嘉久,萩原 兼一,生産と技術,生産技術振興協会,Vol. 60,No. 1,p. 110-112,2008年
  • 医・工・情報学連携によるフィジオーム研究の推進(OS-8),野村 泰伸,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _5-1_-_5-2_,2008年
  • 全身ボクセルデータ作成の高度化と臓器全身力学モデルの構築へのアプローチ,野田茂穂,野田茂穂,横田秀夫,片岡弘之,覚正信徳,高木周,姫野龍太郎,野村泰伸,佐古田三郎,村上慎吾,中村亨,幸村琢,松澤照男,熊畑清,岡澤重信,岡田裕,岡田裕,北脇知己,北脇知己,日本機械学会計算力学講演会講演論文集,Vol. 20th,p. 185-186-186,2007年11月25日
  • 細胞内微細構造に基づくカルシウム動態モデルシミュレーション,河津俊宏,村上慎吾,鈴木慎悟,赤羽悟美,FINDLAY Ian,倉智嘉久,野村泰伸,日本循環薬理学会口演要旨集,Vol. 17th,2007年
  • 心筋細胞活動電位伝播の実時間シミュレーション,清水俊博,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 46th,2007年
  • ヒューマノイドを用いた二足歩行の動的安定性解析手法の構築,東道年,河寿嘉,野村泰伸,システム・情報部門学術講演会講演論文集,Vol. 2007,p. 461-464-464,2007年
  • CellMLに記述された細胞ダイナミクスモデルの計算エンジンの開発,鈴木康之,河津俊宏,尾臺晋介,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 46th,2007年
  • サーカディアンリズム生成機構モデルの確率論的手法に基づく解析,三浦成弘,下川哲也,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM),Vol. 46th,2007年
  • 2302 全身ボクセルデータ作成の高度化と臓器全身力学モデルの構築へのアプローチ(OS23.生命体統合シミュレーション(1)),野田 茂穂,中村 亨,幸村 琢,松澤 照男,熊畑 清,岡澤 重信,岡田 裕,北脇 知己,横田 秀夫,片岡 弘之,覚正 信徳,高木 周,姫野 龍太郎,野村 泰伸,佐古田 三郎,村上 慎吾,計算力学講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. 185-186,2007年
  • イオンチャネル・細胞・細胞ネットワークの構造とダイナミクス,野村泰伸,河津俊宏,尾臺晋介,鈴木康之,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 21st,p. 107-108-108,2006年11月17日
  • ヒト静止立位における間欠的神経制御の介入,安武 瑶子,中村 亨,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 106,No. 330,p. 17-20,2006年10月20日
  • 歩行運動リズムの生成と制御,野村泰伸,野村泰伸,臨床神経生理学,Vol. 34,No. 5,p. 349-350-350,2006年10月01日
  • 大阪大学臨床医工学融合研究教育センターの研究開発と人材育成の取り組みについて,倉智嘉久,倉智嘉久,野村泰伸,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集,Vol. 45th,2006年05月15日
  • 生体の構造とダイナミクスの汎用モデリング支援ツールの開発,河津俊宏,渋谷典子,尾臺晋介,野村泰伸,日本生体医工学会大会プログラム・論文集,Vol. 45th,2006年05月15日
  • バランス課題の運動学習過程で獲得される低フィードバックゲインによる予測的立位安定化戦略,谷口 悟史,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 105,No. 659,p. 37-42,2006年03月17日
  • バランス課題の運動学習過程で獲得される低フィードバックゲインによる予測的立位安定化戦略,谷口悟史,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 105,No. 659(NC2005 151-173),p. 37-42-42,2006年03月10日
  • 神経疾患の理学療法とシミュレーション(第40回日本理学療法学術大会(大阪)(テーマ: 臨床的感性からの創造)),松尾 善美,野村 泰伸,阿部 和夫,理学療法学,社団法人日本理学療法士協会,Vol. 32,No. 8,p. 524-529,2005年12月20日
  • 階層および機能的ネットワーク構造モデリング支援ツールの開発(第1報),渋谷 典子,尾臺 晋介,河津 俊宏,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 105,No. 402,p. 21-24,2005年11月17日
  • 階層および機能的ネットワーク構造モデリング支援ツールの開発(第1報),渋谷典子,尾台晋介,河津俊宏,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 105,No. 402(MBE2005 85-91),p. 21-24-24,2005年11月10日
  • 歩行・姿勢制御系のモデリング,野村泰伸,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 20th,p. 305-306-306,2005年09月05日
  • 筋電信号による上肢筋骨格系モデルの実時間制御システムを用いたヒト運動制御原理の考察,松本 洋日,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 104,No. 758,p. 59-64,2005年03月21日
  • ヒト静止立位の予測的神経フィードバック制御,谷口 悟史,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 104,No. 758,p. 65-70,2005年03月21日
  • 神経疾患の理学療法とシミュレーション,松尾 善美,野村 泰伸,阿部 和夫,理学療法学,日本理学療法士学会,Vol. 32,No. 8,p. 524-529,2005年
  • 神経疾患の理学療法とシミュレーション(セミナー6),阿部 和夫,野村 泰伸,松尾 善美,理学療法学Supplement,公益社団法人 日本理学療法士協会,Vol. 2005,No. 0,p. 127-127,2005年
  • 小脳性失調症における両下肢協調運動,阿部和夫,松尾善美,浅井義之,井上悟,野村泰伸,水庫功,佐古田三郎,臨床神経学,Vol. 44,No. 12,2004年12月01日
  • 運動制御系における神経興奮・神経回路・筋骨格系の動態モデリングに向けて,野村泰伸,日本ME学会秋季大会論文集,Vol. 18th,2004年11月05日
  • Winters 骨格筋モデルの動特性解析,谷口 悟史,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 104,No. 401,p. 19-22,2004年10月27日
  • 興奮性細胞膜動態のマルチエージェントシミュレーション,藤田直也,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 104,No. 54(MBE2004 1-10),p. 29-32-32,2004年05月19日
  • 興奮性細胞膜動態のマルチエージェントシミュレーション,藤田直也,野村泰伸,佐藤俊輔,日本ME学会大会論文集,Vol. 43rd,2004年05月19日
  • 興奮性細胞膜動態のマルチエージェントシミュレーション,藤田 直也,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 104,No. 54,p. 29-32,2004年05月12日
  • 小脳性失調症における両下肢協調運動,阿部和夫,松尾善美,浅井義之,井上悟,野村泰伸,水庫功,佐古田三郎,日本神経学会総会プログラム・抄録集,Vol. 45th,2004年04月01日
  • 小型二足歩行ロボット用両側分離型トレッドミルの開発とその評価,小出一希,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 103,No. 731(MBE2003 145-159),p. 11-16-16,2004年03月18日
  • 安定な二足歩行維持に位相リセットが果たす役割のヒューマノイドによる検証,中西正夫,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 103,No. 731(MBE2003 145-159),p. 5-9-9,2004年03月18日
  • 安定な二足歩行維持に位相リセットが果たす役割のヒューマノイドによる検証,中西 正夫,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 731,p. 5-9,2004年03月11日
  • 小型二足歩行ロボット用両側分離型トレッドミルの開発とその評価,小出 一希,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 731,p. 11-16,2004年03月11日
  • Central pattern generator(CPG)modelの安定には中脳黒質-基底核系の制御が必要である,松尾 善美,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,井上 悟,水庫 功,米田 稔彦,三木 明徳,阿部 和夫,理学療法学Supplement,公益社団法人 日本理学療法士協会,Vol. 2003,No. 0,p. A0795-A0795,2004年
  • Central pattern generator(CPG)modelの安定には中脳黒質-基底核系の制御が必要である,松尾 善美,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,井上 悟,水庫 功,米田 稔彦,三木 明徳,阿部 和夫,理学療法学Supplement,公益社団法人 日本理学療法士協会,Vol. 2003,No. 0,p. A0795-A0795,2004年
  • 運動失調症における下肢協調運動障害,松尾善美,浅井義之,野村泰伸,佐藤俊輔,井上悟,水庫功,阿部和夫,体力科学,Vol. 52,No. 6,2003年12月01日
  • 足部ストレッチの簡易評価における生体工学的検証,入江清五,野村泰伸,飯田寛和,大畑光司,中村孝志,体力科学,Vol. 52,No. 6,2003年12月01日
  • パーキンソン病での両下肢協調運動障害の分類およびシミュレーション,阿部和夫,浅井義之,野村泰伸,松尾善美,井上悟,佐藤俊輔,佐古田三郎,臨床神経学,Vol. 43,No. 12,2003年12月01日
  • 169. 足部ストレッチの簡易評価における生体工学的検証(バイオメカニクス),入江 清五,野村 泰伸,飯田 寛和,大畑 光司,中村 孝志,体力科學,日本体力医学会,Vol. 52,No. 6,p. 799-799,2003年12月01日
  • 234. 運動失調症における下肢協調運動障害(神経・感覚),松尾 善美,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,井上 悟,水庫 功,阿部 和夫,体力科學,日本体力医学会,Vol. 52,No. 6,p. 831-831,2003年12月01日
  • ヒトの二足歩行運動の神経制御と動的安定性の理解に向けて,野村 泰伸,バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms,バイオメカニズム学会,Vol. 27,No. 4,p. 168-172,2003年11月01日
  • インシリコヒューマンにおける歩行系ダイナミクスのシミュレーション,野村泰伸,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 103,No. 376(MBE2003 73-85),2003年10月22日
  • インシリコヒューマンにおける歩行系ダイナミクスのシミュレーション,野村泰伸,日本ME学会秋季大会論文集,Vol. 17th,2003年10月20日
  • インシリコヒューマンにおける歩行系ダイナミクスのシミュレーション,野村 泰伸,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 376,p. 41-41,2003年10月15日
  • 運動リズムの生成・制御モデルの構築における階層性,野村泰伸,佐藤俊輔,日本ME学会大会論文集,Vol. 42nd,2003年06月03日
  • Central pattern generator modelに基づいたクラスタ解析による失調症の協調運動障害の特徴,松尾 善美,淺井 義之,野村 泰伸,水庫 功,井上 悟,佐藤 俊輔,米田 稔彦,三木 明徳,阿部 和夫,理学療法学,公益社団法人日本理学療法士協会,Vol. 30,No. 2,p. 230-230,2003年04月20日
  • 神経系による歩行運動制御におけるフィジオーム,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 102,No. 728(MBE2002 147-151),p. 13-16-16,2003年03月19日
  • 神経系による歩行運動制御におけるフィジオーム,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 102,No. 728,p. 13-16,2003年03月12日
  • Central pattern generator modelに基づいたクラスタ解析による失調症の協調運動障害の特徴,松尾 善美,淺井 義之,野村 泰伸,水庫 功,井上 悟,佐藤 俊輔,米田 稔彦,三木 明徳,阿部 和夫,理学療法学Supplement,公益社団法人 日本理学療法士協会,Vol. 2002,No. 0,p. 38-38,2003年
  • パーキンソン病患者における下肢協調運動失調データを再現する力学系モデルの同定とその分岐構造の解析,浅井義之,野村泰伸,佐藤俊輔,松尾善美,水庫功,阿部和夫,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 102,No. 297(NLP2002 35-48),p. 19-23-23,2002年09月03日
  • ヒトの二足歩行運動の外乱に対するリズムリセットと歩行の動的安定性の関係,山崎大河,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 102,No. 297(NLP2002 35-48),p. 13-18-18,2002年09月03日
  • Impairment of interlimb coordination in patients with Parkinson's disease; Analyses by a clinical experiment and a mathematical model,Vol. 52,No. 3,p. S32-S32,2002年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ヒトの二足歩行運動の外乱に対するリズムリセットと歩行の動的安定性の関係,山崎 大河,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 102,No. 295,p. 13-18,2002年08月27日
  • パーキンソン病患者における下肢協調運動失調データを再現する力学系モデルの同定とその分岐構造の解析,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,松尾 善美,水庫 功,阿部 和夫,電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 102,No. 297,p. 19-23,2002年08月27日
  • ヒトの二足歩行運動の外乱に対するリズムリセットと歩行の動的安定性の関係,山崎 大河,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 102,No. 297,p. 13-18,2002年08月27日
  • パーキンソン病患者における下肢協調運動失調データを再現する力学系モデルの同定とその分岐構造の解析,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,松尾 善美,水庫 功,阿部 和夫,電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 102,No. 295,p. 19-23,2002年08月27日
  • 関節キネマティクス検出に関する計算論的考察,小出 一希,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 102,No. 89,p. 49-52,2002年06月17日
  • 関節キネマティクス検出に関する計算論的考察,小出一希,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 102,No. 89(MBE2002 1-14),p. 49-52-52,2002年05月24日
  • 歩行運動リズムの生成と制御,野村泰伸,山崎大河,浅井義之,阿部和夫,松尾善美,佐藤俊輔,日本ME学会大会論文集,Vol. 41st,2002年05月09日
  • 歩行リズム制御における位相リセットの役割,山崎大河,野村泰伸,佐藤俊輔,日本ME学会大会論文集,Vol. 41st,2002年05月09日
  • 持続性および一過性交互脈の生成メカニズム,中尾善明,野村泰伸,佐藤俊輔,入部玄太郎,荒木淳一,梶谷文彦,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 101,No. 734(MBE2001 182-197),p. 65-70-70,2002年03月19日
  • 筋モデルに基づいた二足歩行運動中の下肢筋張力および関節弾性係数の推定,小西泰平,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 101,No. 734(MBE2001 182-197),p. 71-76-76,2002年03月19日
  • 3次元剛体リンクモデルに基づく二足歩行運動中のゼロモーメントポイント軌道の推定,西山正剛,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 101,No. 734(MBE2001 182-197),p. 59-64-64,2002年03月19日
  • 表面筋電と指関節モデルによる指屈伸運動関連脳磁図の再構成,安藤隆史,吉野公三,野村泰伸,佐藤俊輔,外池光雄,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 101,No. 734(MBE2001 182-197),p. 77-82-82,2002年03月19日
  • 歩行運動制御において運動リズムリセットが果たす役割,山崎大河,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 101,No. 734(MBE2001 182-197),p. 83-88-88,2002年03月19日
  • 3次元剛体リンクモデルに基づく二足歩行運動中のゼロモーメントポイント軌道の推定,西山 正剛,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 734,p. 59-64,2002年03月12日
  • 持続性および一過性交互脈の生成メカニズム,中尾 善明,野村 泰伸,佐藤 俊輔,入部 玄太郎,荒木 淳一,梶谷 文彦,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 734,p. 65-70,2002年03月12日
  • 筋モデルに基づいた二足歩行運動中の下肢筋張力および関節弾性係数の推定,小西 泰平,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 734,p. 71-76,2002年03月12日
  • 表面筋電と指関節モデルによる指屈伸運動関連脳磁図の再構成,安藤 隆史,吉野 公三,野村 泰伸,佐藤 俊輔,外池 光雄,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 734,p. 77-82,2002年03月12日
  • 歩行運動制御において運動リズムリセットが果たす役割,山崎 大河,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 734,p. 83-88,2002年03月12日
  • Parkinson病患者のpedaling運動異常はCentral pattern generator dynamicsと関連している(神経・筋疾患),松尾 善美,井上 悟,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,水庫 功,米田 稔彦,三木 明徳,阿部 和夫,理学療法学Supplement,公益社団法人 日本理学療法士協会,Vol. 2002,No. 0,p. 412-412,2002年
  • 三次元位置解析システムによるイヌ末梢神経再生過程の運動機能評価,藤川孝満,山崎敦,木村智子,田里博,清水慶彦,野村泰伸,佐藤俊輔,中田泰司,遠藤克昭,日本神経科学大会プログラム・抄録集,Vol. 24th,2001年09月26日
  • 三次元位置解析システムによるイヌ末梢神経再生過程の運動機能評価,藤川孝満,山崎敦,木村智子,田里博,清水慶彦,野村泰伸,佐藤俊輔,中田泰司,遠藤克昭,神経化学,Vol. 40,No. 2/3,2001年09月01日
  • トレッドミルの回転速度と斜度が歩行運動のキネマティクスに与える影響,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 101,No. 181(MBE2001 33-51),p. 13-18-18,2001年07月13日
  • トレッドミルの回転速度と斜度が歩行運動のキネマティクスに与える影響,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 181,p. 13-18,2001年07月06日
  • 筋活動を考慮したヒトの静止立位姿勢制御モデル,高崎真一,林祥平,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 101,No. 93(MBE2001 1-17),p. 117-124-124,2001年05月25日
  • 筋活動を考慮したヒトの静止立位姿勢制御モデル,高崎 真一,林 祥平,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 93,p. 117-124,2001年05月18日
  • ポリグリコール酸(PGA)‐コラーゲン複合チューブによる末梢神経再生の評価 特に歩行運動機能について,藤川孝満,中村達雄,清水慶彦,大西克則,松本和也,遠藤克昭,野村泰伸,佐藤俊輔,日本ME学会大会論文集,Vol. 40th,2001年05月09日
  • 中枢神経系による歩行運動制御機構のモデル化の試み,野村泰伸,山崎大河,浅井義之,佐藤俊輔,日本ME学会大会論文集,Vol. 40th,2001年05月09日
  • Central Pattern Generatorモデルシミュレータを用いた様々なCPGモデルの非線形ダイナミクスの比較,浅井義之,野村泰伸,佐藤俊輔,日本ME学会大会論文集,Vol. 40th,2001年05月09日
  • 運動関連脳磁図による指のタッピング運動制御機構の解明,吉野公三,高木健太郎,安藤隆史,野村泰伸,佐藤俊輔,外池光雄,日本ME学会大会論文集,Vol. 40th,2001年05月09日
  • 周期運動の制御に運動リズムリセットが与える影響,山崎 大河,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 100,No. 686,p. 71-78,2001年03月14日
  • 静止立位時の重心動揺と筋電図に基づく姿勢制御機構に関する考察,林祥平,高崎真一,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会大会講演論文集,Vol. 2001,2001年03月07日
  • SD-2-4 静止立位時の重心動揺と筋電図に基づく姿勢制御機構に関する考察,林 祥平,高崎 真一,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会総合大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2001,No. 1,p. 273-273,2001年03月07日
  • 大阪大学大学院基礎工学研究科生物工学分野バイオサイバネティクス研究室,佐藤 俊輔,野村 泰伸,館野 高,BME : bio medical engineering,Vol. 14,No. 11,p. 76-76,2000年11月10日
  • 情報活用基礎を担当して,野村 泰伸,サイバーメディア・フォーラム,大阪大学サイバーメディアセンター,No. 1,p. 43-44,2000年09月
  • 周期的に変調された神経モデルにおける雑音の効果 : 確率共振,下川 哲也,Pakdaman Khashayar,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 100,No. 98,p. 125-132,2000年05月19日
  • 二足歩行運動における歩容と力学的エネルギー消費量の相関,戸嶋 厚司,野村 泰伸,佐藤 俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 14,p. 271-274,1999年10月06日
  • ヒトの直立姿勢動揺と足関節粘弾性調節,蓮池 篤,林 祥平,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 99,No. 82,p. 117-124,1999年05月21日
  • 二足歩行運動におけるエネルギー消費量の歩容依存性,戸嶋 厚司,坂本 修一,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 99,No. 82,p. 109-116,1999年05月21日
  • 逆相振動を示す結合2振動子系の摂動に対する応答,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 673,p. 343-350,1999年03月18日
  • 二足歩行運動の外乱に対する応答とその力学系モデル,中島 崇量,小林 誠,野村 泰伸,佐藤 俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 13,p. 125-128,1998年09月09日
  • 歩行運動に伴う力学的エネルギー消費量の評価,坂本 修一,野村 泰伸,佐藤 俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 13,p. 133-136,1998年09月09日
  • 二足歩行運動の外乱に対する左右脚の協調的な応答,小林 誠,小塚 淳,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 94,p. 101-108,1998年05月29日
  • 甲殻類伸張受容器の数理モデル,竹内 英二,山野辺 貴信,PAKDAMAN Khashayar,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 94,p. 85-92,1998年05月29日
  • 甲殻類伸長受容器の非線形ダイナミクス,山野辺 貴信,PAKDAMAN K.,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 94,p. 93-100,1998年05月29日
  • Z<sub>2</sub>.+.Z<sub>2</sub>対称性を持つ退化した分岐問題の普遍開折,浅井義之,野村泰伸,佐藤俊輔,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 98,No. 45(NLP98 9-21),p. 57-64-64,1998年05月15日
  • 周期パルス入力を受ける興奮性・振動性膜モデルのダイナミクス,吉野 公三,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 45,p. 25-32,1998年05月15日
  • Leaky Integrate-and-Fire 神経モデルにおける確率共振,下川 哲也,PAKDAMAN Khashayar,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 45,p. 33-40,1998年05月15日
  • Leaky Integrate-and-Fire 神経モデルのアンサンブルのダイナミクスとパルス入力に対する応答,田辺 誠司,PAKDAMAN Khashayar,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 45,p. 41-48,1998年05月15日
  • 簡約化 Hodgkin-Huxley 方程式における Twisted homoclinic orbit,深井 英和,前田 義信,PAKDAMAN K.,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 45,p. 49-56,1998年05月15日
  • Z_2〓Z_2対称性を持つ退化した分岐問題の普遍開折,淺井 義之,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 45,p. 57-64,1998年05月15日
  • FitzHugh-Nagumo方程式の結合系が示す非線形ダイナミクス,野村 泰伸,BME : bio medical engineering,Vol. 12,No. 5,p. 37-48,1998年05月10日
  • 歩行運動の生成と制御に関する実験・理論的研究 (文部省S),PAKDAMAN K,佐藤俊輔,野村泰伸,高次脳機能のシステム的理解 文部省科学研究費補助金重点領域研究報告書2 平成10年,p. 84-85-85,1998年
  • リエントリー性頻拍の力学系モデルと制御,野村泰伸,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 10th,p. 450-451-451,1998年01月
  • 過渡的パルス入力に対するペースメーカ細胞モデルの応答,山野辺 貴信,PAKDAMAN Khashayar,野村 泰伸,佐藤 俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 12,p. 45-48,1997年09月04日
  • Hodgkin-Huxley 方程式における多安定な周期解およびその大域的分岐構造,深井 英和,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,土居 伸二,佐藤 俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 12,p. 77-80,1997年09月04日
  • 神経細胞モデルの簡約化に対する考察,前田 義信,PAKDAMAN K.,野村 泰伸,土居 伸二,佐藤 俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 12,p. 81-84,1997年09月04日
  • 不整脈の力学系モデル,野村 泰伸,佐伯 康広,PAKDAMAN Khashayar,佐藤 俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 12,p. 137-140,1997年09月04日
  • 二足歩行運動の動的安定性,小林 誠,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 214,p. 63-69,1997年07月25日
  • 1次元興奮性ケーブルの興奮波伝導特性,濱口 幸子,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 214,p. 55-62,1997年07月25日
  • 二足歩行運動の力学系モデル,中島 崇量,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 214,p. 71-78,1997年07月25日
  • 周期パルス刺激に対する興奮性/振動性膜モデルの応答特性,吉野 公三,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 45,p. 75-82,1997年05月16日
  • 心拍・呼吸・歩行リズム間の相互作用と協調,坂本 修一,野村 泰伸,PAKDAMAN Khashayar,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 45,p. 53-60,1997年05月16日
  • 正弦波プラスノイズ入力に対する Leaky Integrator モデルの応答特性,下川 哲也,PAKDAMAN Khashayar,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 45,p. 99-106,1997年05月16日
  • バースト放電入力に対する神経細胞の興奮性膜モデルの応答特性,前田義信,土居伸二,野村泰伸,佐藤俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 11th,p. 73-76-76,1996年11月
  • ペースメーカ細胞モデルの情報コーディング様式について,山野辺貴信,野村泰伸,土居伸二,佐藤俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 11th,p. 77-80-80,1996年11月
  • 間隔変動パルス列入力に対するmRICの応答特性について,山野辺 貴信,野村 泰伸,土居 伸二,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 96,No. 75,p. 127-134,1996年05月24日
  • Morris-Lecar 神経モデルの大域的分岐,橘 正樹,野村 泰伸,土居 伸二,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 95,No. 482,p. 9-15,1996年01月25日
  • バースト神経細胞モデルの簡約化とダイナミクスの解析,前田義信,土居伸二,野村泰伸,佐藤俊輔,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 10th,p. 461-464-464,1995年11月
  • バースト神経細胞モデルの非線形ダイナミクス,前田 義信,土居 伸二,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 95,No. 84,p. 85-92,1995年05月26日
  • ペースメーカ細胞モデルとしての変形ラジアルアイソクローン振動子と周期刺激を加えたときの大域分岐構造,野村 泰伸,佐藤 俊輔,土居 伸二,Segundo J.P.,Stiber M.D.,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 94,No. 129,p. 1-8,1994年06月28日
  • イソアワモチペースメーカ細胞モデルの簡約とその相空間解析,前田 義信,土居 伸二,野村 泰伸,佐藤 俊輔,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 94,No. 80,p. 25-32,1994年05月27日
  • 小規模ネットワークによるCPG (中枢パターン発生器) の構成と周期入力に対する応答,高畑友昭,野村 泰伸,土居 伸二,佐藤 俊輔,信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 94,No. 80(MBE94 1-17),p. 17-24,1994年
  • イソアワモチペースメーカ細胞モデルの簡約化について,前田 義信,土居 伸二,野村 泰伸,佐藤 俊輔,日本神経回路学会誌,日本神経回路学会,Vol. 1,No. 1,p. 12-19,1994年
  • 自発的神経活動のモデル : BVPモデルからmRICモデルへ,野村 泰伸,佐藤 俊輔,土居 伸二,Segundo Jose P.,Stiber Michael D.,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 93,No. 84,p. 129-136,1993年05月28日
  • LOCKED AND NON-LOCKED RESPONSES OF THE BVP OSCILLATOR TO PERIODIC PULSE TRAINS,Vol. 2,p. 1313-1316,1993年
  • BVP振動子の周期パルス刺激に対する応答特性,野村泰伸,佐藤俊輔,土居伸二,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 92,No. 32(MBE92 8-22),p. 29-36-36,1992年05月19日

著書

  • 教科書・概説・概論,医療に活かす生体医工学,日本生体医工学会,平田 雅之,齋藤 充弘,紀ノ岡 正博,和田 成生,伊井 仁志,大谷 智仁,武石 直樹,橋爪 誠,大城 理,岡山 慶太,坂田 泰史,河野 喬仁,村田 正治,佐久間 一郎,篠原 一彦,江藤 正俊,小林 聡,牟田口 淳,今田 憲二郎,家入 里志,山田 耕嗣,大西 峻,山家 智之,不二門 尚,松村 泰志,野村 泰伸,コロナ社,ISBN:9784339072471,2020年11月
  • スポーツと脳: 脳を知る・創る・守る・育む16,津本忠治,室伏広治,森 郁恵,野村泰伸,水澤英洋,下郡智美,宮下保司,NPO法人脳の世紀推進会議,クバプロ,ISBN:4878051426,2015年09月15日
  • 生体システム工学の基礎 (計測・制御テクノロジーシリーズ),福岡 豊,野村 泰伸,内山 孝憲,計測自動制御学会,コロナ社,ISBN:4339033715,2015年04月
  • Harnessing Biological Complexity: An Introduction to Computational Physiology (First Course in),Taishin Nomura,Springer-Verlag,ISBN:4431538798,2011年01月07日
  • 神経内科の最新医療 (先端医療シリーズ (30神経内科)),金沢 一郎,柴崎 浩,東儀 英夫,寺田国際事務所/先端医療技術研究所,ISBN:4925089374,2005年06月
  • 生体リズムの動的モデルとその解析―MEと非線形力学系 (ME教科書シリーズ),川上 博,日本エムイー学会,コロナ社,ISBN:433907151X,2001年03月

特許・実用新案・意匠

  • 感覚における時間順序判断計測装置,佐古田 三郎,野村 泰伸,中村 亨,深田 慶,青池 太志,特願2007-293362,出願日:2007年11月12日
  • シミュレーション装置、生体モデルのデータ構造、モデル作成装置、検索装置、生体モデル開発システム、モデル作成プログラムおよび記録媒体,野村 泰伸,河津 俊宏,中西 正夫,鈴木 康之,倉智 嘉久,特願2007-278222,出願日:2007年10月25日

作品

  • OpenNeuro Repository,RIKEN INCF J-Node,2018年06月 ~
  • Physiome.jp,Physiome.jp developer member, ~

受賞

  • 大阪大学賞,野村泰伸,大阪大学,2020年11月
  • 上原記念生命科学財団・研究助成,野村泰伸,上原記念生命科学財団,2020年03月
  • Physiological Measurement: 2018 Reviewer Awards,野村泰伸,IOP Publishing (Institute of Physics),2019年03月
  • 大阪大学総長顕賞,野村泰伸,大阪大学,2016年10月
  • 著述賞,福岡豊,内山孝憲,野村泰伸,計測自動制御学会,2016年09月
  • 計測自動制御学会技術賞,野村泰伸,浅井義之,計測自動制御学会,2012年08月
  • 三菱財団自然科学助成,野村泰伸,三菱財団,2011年09月
  • 日本神経回路学会研究賞,山崎大河,野村泰伸,佐藤俊輔,日本神経回路学会,2002年09月
  • 日本エムイー学会論文賞坂本賞,小林誠,野村泰伸,佐藤俊輔,日本エムイー学会,2002年05月

委員歴

  • 学協会,ヘルスケアIoTコンソーシアム,専門委員,2016年 ~ 継続中
  • 学協会,計測自動制御学会,ライフエンジニアリング部門 統合情報生物工学部会 委員,2013年04月 ~ 継続中
  • 理化学研究所神経情報基盤センターNIJC,運営委員会委員,2012年04月 ~ 継続中
  • 学協会,Frontiers in Physiology,,Associate Editor,2009年12月 ~ 継続中
  • 学協会,電子情報通信学会MEとバイオサイバネティクス研究会,委員長,2019年04月 ~ 2020年03月
  • 学協会,日本生体医工学会,理事,2017年05月 ~ 2019年05月
  • 学協会,電子情報通信学会,MEとバイオサイバネティクス研究会 副委員長,2018年04月 ~ 2019年03月
  • 理化学研究所 神経情報基盤センター (NIJC),6th International Workshop Advances in Neuroinformatics 2018 (AINI2018), Chair,2018年03月 ~ 2018年12月
  • 学協会,計測自動制御学会,会誌出版委員会委員,2016年04月 ~ 2018年03月
  • 学協会,計測自動制御学会,Associate Editor: SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI),2015年01月 ~ 2017年01月
  • 学協会,計測自動制御学会,ライフエンジニアリング部門シンポジウム 実行委員長,2016年01月 ~ 2016年11月
  • 学協会,The 8th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI2016) [co-sponsored by IEEE EMBC, IFMBE, SICE],,Program Chair,2015年06月 ~ 2016年11月
  • 学協会,日本生体医工学会,副理事長,2014年05月 ~ 2016年05月
  • 学協会,計測自動制御学会,ライフエンジニアリング部門 統合情報生物工学部会 主査,2014年01月 ~ 2015年12月
  • 学協会,IEEE EMBS,35th Annual Conference of the IEEE EMBC, Theme Chair of Bioinformatics, Computational Biology; Systems Biology, Modeling Methodology,2012年06月 ~ 2013年07月