EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

藤田 一郎

Ichiro Fujita

生命機能研究科 生命機能専攻,教授

keyword 包括脳ネットワーク・育成支援委員会,包括脳ネットワーク・将来計画委員会,包括脳ネットワーク・包括支援委員会・脳システム機能,包括脳ネットワーク,統合脳・脳の高次機能学,情報理論,錯視,脳賦活領域,長期増強,双曲割引,Glimcher,f-MRI,GABA,ニューロエコノミクス,記憶,V4野,多細胞活動同時記録,ステレオビジョン,面構造,上側頭溝,コラム構造,ニホンザル,腹側視覚経路,抑制性伝達物質,光学測定,大脳皮質,両眼立体視,物体認識,視覚情報処理,下側頭葉皮質,側頭葉,視覚認識,両眼視差,霊長類,視覚連合野

学歴

  • 1984年03月 ~ ,東京大学,理学系動物学専攻 修了 (理学博士)
  • 1981年03月 ~ ,東京大学,理学系動物学専攻 修了 (理学修士)
  • 1979年03月 ~ ,東京大学,理学部,動物学専門課程 卒業 (理学学士)

経歴

  • 2011年04月 ~ 継続中,脳情報通信融合研究センター,PI
  • 2001年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院生命機能研究科,教授
  • 1998年04月 ~ 2001年03月,大阪大学大学院基礎工学研究科,教授
  • 1994年04月 ~ 1998年03月,大阪大学医学部認知脳科学(小野薬品)寄付講座,教授
  • 1989年06月 ~ 1994年03月,理化学研究所国際フロンティア研究システム,研究員
  • 1987年01月 ~ 1989年05月,カリフォルニア工科大学生物学科,客員研究員
  • 1984年04月 ~ 1986年12月,岡崎国立共同研究機構生理学研究所,特別協力研究員ー助手
  • 1979年04月 ~ 1984年03月,東京大学大学院理学研究科,大学院生

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,金融、ファイナンス
  • 人文・社会,公共経済、労働経済
  • ライフサイエンス,神経科学一般
  • ライフサイエンス,神経科学一般

所属学会

  • 日本神経回路学会
  • 日本比較生理学会
  • 視覚学会
  • 視覚科学フォーラム
  • ニューロエソロジー談話会
  • International Brain Research Organization
  • International Society for Neuroethology
  • Society for Neuroscience
  • 日本神経科学会

論文

  • Impaired inhibition of return during free-viewing behaviour in patients with schizophrenia,Ken-ichi Okada,Kenichiro Miura,Michiko Fujimoto,Kentaro Morita,Masatoshi Yoshida,Hidenaga Yamamori,Yuka Yasuda,Masao Iwase,Mikio Inagaki,Takashi Shinozaki,Ichiro Fujita,Ryota Hashimoto,Scientific Reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 11,No. 1,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 畳み込みニューラルネットワークを用いた皮質下経路の粗い情報処理の説明,林 燦碩,稲垣 未来男,篠崎 隆志,藤田一郎,2021年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • A mosaic adeno-associated virus vector as a versatile tool that exhibits high levels of transgene expression and neuron specificity in primate brain,Kei Kimura,Yuji Nagai,Gaku Hatanaka,Yang Fang,Andi Zheng,Maki Fujiwara,Mayuko Nakano,Yukiko Hori,Ryosuke Takeuchi,Mikio Inagaki,Takafumi Minamimoto,Ichiro Fujita,Ken-ichi Inoue,Masahiko Takada,BioRxiv,Cold Spring Harbor Laboratory,2021年07月19日
  • Specialized contributions of mid-tier stages of dorsal and ventral pathways to stereoscopic processing in macaque,Toshihide W Yoshioka,Takahiro Doi,Mohammad Abdolrahmani,Ichiro Fujita,eLife,eLife Sciences Publications, Ltd,Vol. 10,2021年02月24日,研究論文(学術雑誌)
  • Spatiotemporal dynamics of responses to biological motion in the human brain,Dorita H.F. Chang,Nikolaus F. Troje,Yuji Ikegaya,Ichiro Fujita,Hiroshi Ban,Cortex,Elsevier BV,Vol. 136,p. 124-139,2021年01月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Specialization of mid-tier stages of dorsal and ventral pathways in stereoscopic processing,Toshihide W. Yoshioka,Takahiro Doi,Mohammad Abdolrahmani,Ichiro Fujita,BioRxiv,Cold Spring Harbor Laboratory,2020年03月10日
  • 両眼立体視の神経機構:電気生理学、心理物理学、計算モデルによる解明,藤田一郎,Technical Report on Attention and Cognition,Vol. 19,p. 1-4,2019年03月06日,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 顔表情弁別を行う畳み込みニューラルネットワークの内部における空間周波数特性,小松優介,稲垣未来男,林燦碩,篠崎隆志,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 367,p. 5-10,2018年12月
  • Microstructural properties of the vertical occipital fasciculus explain the variability in human stereoacuity.,Oishi H,Takemura H,Aoki SC,Fujita I,Amano K,Proc Natl Acad Sci USA,Vol. 115,p. 12289-12294,2018年11月27日,研究論文(学術雑誌)
  • CNNにおける扁桃体細胞類似特性獲得のための視覚体験的学習法,林燦碩,稲垣未来男,小松優介,篠崎隆志,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 322,p. 5-10,2018年11月
  • Spatial pooling inherent to intrinsic signal optical imaging might cause V2 to resemble a solution to the stereo correspondence problem,Takahiro Doi,Mohammad Abdolrahmani,Ichiro Fujita,Proceedings of the National Academy of Sciences,Proceedings of the National Academy of Sciences,Vol. 115,No. 30,p. E6967-E6968,2018年07月24日,研究論文(学術雑誌)
  • Mapping stimulus feature selectivity in macaque V1 by two-photon Ca2+ imaging: Encoding-model analysis of fluorescence responses to natural movies.,Ikezoe K,Amano M,Nishimoto S,Fujita I,NeuroImage,2018年01月
  • Cortical and subcortical responses to biological motion.,Chang D,Ban H,Ikegaya Y,Fujita I,Troje N,NeuroImage,Vol. 1,No. 174,p. 87-96,2018年
  • A relative frame of reference underlies reversed depth perception in anti-correlated random dot stereograms.,Aoki SC,Shiozaki HM,Fujita I,J Vision,Vol. 17,No. 12,2017年09月
  • Rapid responses of amygdala neurons discriminate facial expressions,Mikio Inagaki,Ichiro Fujita,BioRxiv,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Postnatal dendritic growth and spinogenesis of Layer-V pyramidal cells differ between visual, inferotemporal, and prefrontal cortex of the macaque.,Oga T,Elston GN,Fujita I,Front. Neurosci.,Vol. 11,2017年05月
  • Postnatal development of intrinsic horizontal axons in macaque inferior temporal and primary visual cortices,Quanxin Wang,Hisashi Tanigawa,Ichiro Fujita,Cerebral Cortex,Oxford University Press,Vol. 27,No. 4,p. 2708-2726,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Switch from ambient to focal processing mode explains the dynamics of free viewing eye movements,Junji Ito,Yukako Yamane,Mika Suzuki,Pedro Maldonado,Ichiro Fujita,Hiroshi Tamura,Sonja Guen,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 7,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 自然動画に含まれる画像特徴量に対するサルV1野およびV4野の神経細胞群の応答,畑中岳,池添貢司,竹内遼介,稲垣未来男,西本伸志,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 116,No. 521,p. 149-154,2017年03月
  • Basal Dendrites of Layer-III Pyramidal Neurons do not Scale with Changes in Cortical Magnification Factor in Macaque Primary Visual Cortex,Tomofumi Oga,Tsuguhisa Okamoto,Ichiro Fujita,FRONTIERS IN NEURAL CIRCUITS,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 10,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Weighted parallel contributions of binocular correlation and match signals to conscious perception of depth,Ichiro Fujita,Takahiro Doi,PHILOSOPHICAL TRANSACTIONS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES,ROYAL SOC,Vol. 371,No. 1697,2016年06月
  • Similarity in Neuronal Firing Regimes across Mammalian Species,Yasuhiro Mochizuki,Tomokatsu Onaga,Hideaki Shimazaki,Takeaki Shimokawa,Yasuhiro Tsubo,Rie Kimura,Akiko Saiki,Yutaka Sakai,Yoshikazu Isomura,Shigeyoshi Fujisawa,Ken-ichi Shibata,Daichi Hirai,Takahiro Furuta,Takeshi Kaneko,Susumu Takahashi,Tomoaki Nakazono,Seiya Ishino,Yoshio Sakurai,Takashi Kitsukawa,Jong Won Lee,Hyunjung Lee,Min Whan Jung,Cecilia Babul,Pedro E. Maldonado,Kazutaka Takahashi,Fritzie I. Arce-McShane,Callum F. Ross,Barry J. Sessle,Nicholas G. Hatsopoulos,Thomas Brochier,Alexa Riehle,Paul Chorley,Sonja Gruen,Hisao Nishijo,Satoe Ichihara-Takeda,Shintaro Funahashi,Keisetsu Shima,Hajime Mushiake,Yukako Yamane,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,Naoko Inaba,Kenji Kawano,Sergei Kurkin,Kikuro Fukushima,Kiyoshi Kurata,Masato Taira,Ken-Ichiro Tsutsui,Tadashi Ogawa,Hidehiko Komatsu,Kowa Koida,Keisuke Toyama,Barry J. Richmond,Shigeru Shinomoto,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 36,No. 21,p. 5736-5747,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Pooled, but not single-neuron, responses in macaque V4 represent a solution to the stereo correspondence problem,Mohammad Abdolrahmani,Takahiro Doi,Hiroshi M. Shiozaki,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 115,No. 4,p. 1917-1931,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Computation of Object Size in Visual Cortical Area V4 as a Neural Basis for Size Constancy,Shingo Tanaka,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 35,No. 34,p. 12033-12046,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Cross-matching: A modified cross-correlation underlying threshold energy model and match-based depth perception.,Doi T,Fujita I,Front. Comput. Neurosci.,Vol. 8,No. 127,p. 1-15,2014年11月
  • Pyramidal cell development: postnatal spinogenesis, dendritic growth, axon growth, and electrophysiology,Guy N. Elston,Ichiro Fujita,FRONTIERS IN NEUROANATOMY,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 8,No. 78,p. 1-20,2014年08月
  • Postnatal development of dendritic structure of layer III pyramidal neurons in the medial prefrontal cortex neurons of marmoset.,Sasaki T,Aoi H,Oga T,Fujita I,Ichinohe N,Brain Struct. Funct.,2014年07月
  • Relationship between the Local Structure of Orientation Map and the Strength of Orientation Tuning of Neurons in Monkey V1: A 2-Photon Calcium Imaging Study,Koji Ikezoe,Yoshiya Mori,Kazuo Kitamura,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 33,No. 42,p. 16818-16827,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Postnatal development of layer III pyramidal cells in the primary visual, inferior temporal, and prefrontal cortices of the marmoset,Tomofumi Oga,Hirosato Aoi,Tetsuya Sasaki,Ichiro Fujita,Noritaka Ichinohe,Frontiers in Neural Circuits,Vol. 7,No. 2013,p. 1-10,2013年02月09日,研究論文(学術雑誌)
  • Temporal channels and disparity representations in stereoscopic depth perception,Takahiro Doi,Maki Takano,Ichiro Fujita,JOURNAL OF VISION,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 13,No. 13,p. 1-25,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Decorrelation of sensory-evoked neuronal responses in rat barrel cortex during postnatal development,Koji Ikezoe,Hiroshi Tamura,Fumitaka Kimura,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 73,No. 4,p. 312-320,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Toward a Unified Theory of Visual Area V4,Anna W. Roe,Leonardo Chelazzi,Charles E. Connor,Bevil R. Conway,Ichiro Fujita,Jack L. Gallant,Haidong Lu,Wim Vanduffel,NEURON,CELL PRESS,Vol. 74,No. 1,p. 12-29,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Neural Activity in Cortical Area V4 Underlies Fine Disparity Discrimination,Hiroshi M. Shiozaki,Seiji Tanabe,Takahiro Doi,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 32,No. 11,p. 3830-3841,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Predicted contextual modulation varies with distance from pinwheel centers in the orientation preference map,Tsuyoshi Okamoto,Koji Ikezoe,Hiroshi Tamura,Masataka Watanabe,Kazuyuki Aihara,Ichiro Fujita,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 1,2011年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Reference Frames for Spatial Frequency in Face Representation Differ in the Temporal Visual Cortex and Amygdala,Mikio Inagaki,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 31,No. 28,p. 10371-10379,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Spinogenesis and pruning in the anterior ventral inferotemporal cortex of the macaque monkey: an intracellular injection study of layer III pyramidal cells,Guy N. Elston,Tomofumi Oga,Tsuguhisa Okamoto,Ichiro Fujita,FRONTIERS IN NEUROANATOMY,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 5,No. 42,p. 00-00,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高圧電子顕微鏡トモグラフィーの生物資料への応用,上岡寛,藤田一郎,小賀智文,岡本嗣久,梶村直子,西田倫盧希,Vol. 4,No. 3,p. 147-152,2011年05月31日
  • Matching and correlation computations in stereoscopic depth perception,Takahiro Doi,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,JOURNAL OF VISION,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 11,No. 3,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Fast activation of feedforward inhibitory neurons from thalamic input and its relevance to the regulation of spike sequences in the barrel cortex,Fumitaka Kimura,Chiaki Itami,Koji Ikezoe,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,Yuchio Yanagawa,Kunihiko Obata,Minoru Ohshima,JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LONDON,WILEY-BLACKWELL,Vol. 588,No. 15,p. 2769-2787,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Multineuronal vectorization is more efficient than time-segmental vectorization for information extraction from neuronal activities in the inferior temporal cortex,Hidekazu Kaneko,Hiroshi Tamura,Shunta Tate,Takahiro Kawashima,Shinya S. Suzuki,Ichiro Fujita,NEURAL NETWORKS,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 23,No. 6,p. 733-742,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Spinogenesis and Pruning from Early Visual Onset to Adulthood: An Intracellular Injection Study of Layer III Pyramidal Cells in the Ventral Visual Cortical Pathway of the Macaque Monkey,Guy N. Elston,Tomofumi Oga,Tsuguhisa Okamoto,Ichiro Fujita,CEREBRAL CORTEX,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 20,No. 6,p. 1398-1408,2010年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Spinogenesis and pruning in the primary auditory cortex of the macaque monkey (Macaca fascicularis): An intracellular injection study of layer III pyramidal cells,Guy N. Elston,Tsuguhisa Okamoto,Tompfumi Oga,Dimity Domanc,Ichiro Fujita,BRAIN RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1316,p. 35-42,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 刺激画像の大きさが顔反応性細胞の空間周波数チューニングに与える効果: 側頭葉視覚皮質と扁桃体との比較,稲垣未来男,藤田一郎,第3回ブレイン・バイオコミュニケーション研究会会報,2009年11月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • A Model for Learning Topographically Organized Parts-Based Representations of Objects in Visual Cortex: Topographic Nonnegative Matrix Factorization,Kenji Hosoda,Masataka Watanabe,Heiko Wersing,Edgar Koerner,Hiroshi Tsujino,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,NEURAL COMPUTATION,M I T PRESS,Vol. 21,No. 9,p. 2605-2633,2009年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Organization of Color-Selective Neurons in Macaque Visual Area V4,Yasuyo Kotake,Hiroshi Morimoto,Yasutaka Okazaki,Ichiro Fujita,Hiroshi Tamura,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 102,No. 1,p. 15-27,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Relating Neuronal Firing Patterns to Functional Differentiation of Cerebral Cortex,Shigeru Shinomoto,Hideaki Kim,Takeaki Shimokawa,Nanae Matsuno,Shintaro Funahashi,Keisetsu Shima,Ichiro Fujita,Hiroshi Tamura,Taijiro Doi,Kenji Kawano,Naoko Inaba,Kikuro Fukushima,Sergei Kurkin,Kiyoshi Kurata,Masato Taira,Ken-Ichiro Tsutsui,Hidehiko Komatsu,Tadashi Ogawa,Kowa Koida,Jun Tanji,Keisuke Toyama,PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 5,No. 7,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Spinogenesis and Pruning Scales across Functional Hierarchies,Guy N. Elston,Tomofumi Oga,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 29,No. 10,p. 3271-3275,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Spatial frequency integration for binocular correspondence in macaque area V4,Hironori Kumano,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 99,No. 1,p. 402-408,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Disparity-energy signals in perceived stereoscopic depth,Seiji Tanabe,Satoko Yasuoka,Ichiro Fujita,JOURNAL OF VISION,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 8,No. 3,p. 22.1-10,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Representation of stereoscopic depth based on relative disparity in macaque area V4,Kazumasa Umeda,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 98,No. 1,p. 241-252,2007年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 二光子励起Ca<sup>2+</sup>イメージング法を用いたラット一次体性感覚野における複数神経細胞活動の同時計測,池添 貢司,森 理也,喜多村 和郎,田村 弘,藤田 一郎,日本生理学会大会発表要旨集,日本生理学会,Vol. 2007,No. 0,p. 167-167,2007年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Efficient signal processing of multineuronal activities for neural interface and prosthesis.,Kaneko T,Tamura H,Kawashima T,Suzuki S,Fujita I,Proceedings of The 5th International Workshop on Biosignal Interpretation,Vol. 46,No. 2,p. 147-150,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • ER81 is expressed in a subpopulation of layer 5 neurons in rodent and primate neocortices,H. Yoneshima,S. Yamasaki,C. C.J. Voelker,Z. Molnár,E. Christophe,E. Audinat,M. Takemoto,M. Nishiwaki,S. Tsuji,I. Fujita,N. Yamamoto,Neuroscience,Vol. 137,No. 2,p. 401-412,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Organization of horizontal axons in the inferior temporal cortex and primary visual cortex of the macaque monkey,H Tanigawa,QX Wang,Fujita, I,CEREBRAL CORTEX,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 15,No. 12,p. 1887-1899,2005年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Neural correlates of fine depth discrimination in monkey inferior temporal cortex,T Uka,S Tanabe,M Watanabe,Fujita, I,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 25,No. 46,p. 10796-10802,2005年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Disparity-tuning characteristics of neuronal responses to dynamic random-dot stereograms in macaque visual area V4,S Tanabe,T Doi,K Umeda,Fujita, I,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 94,No. 4,p. 2683-2699,2005年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Quantitative analysis of functional clustering of neurons in the macaque inferior temporal cortex,H Tamura,H Kaneko,Fujita, I,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 52,No. 4,p. 311-322,2005年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Regional and laminar differences in in vivo firing patterns of primate cortical neurons,S Shinomoto,Y Miyazaki,H Tamura,Fujita, I,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 94,No. 1,p. 567-575,2005年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Rejection of false matches for binocular correspondence in macaque visual cortical area V4,S Tanabe,K Umeda,Fujita, I,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 24,No. 37,p. 8170-8180,2004年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Presumed inhibitory neurons in the macaque inferior temporal cortex: Visual response properties and functional interactions with adjacent neurons,H Tamura,H Kaneko,K Kawasaki,Fujita, I,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 91,No. 6,p. 2782-2796,2004年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Architecture of binocular disparity processing in monkey inferior temporal cortex,K Yoshiyama,T Uka,H Tanaka,Fujita, I,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 48,No. 2,p. 155-167,2004年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Neural mechanisms of binocular correspondence in monkey visual area V4.,Tanabe S,Umeda K,Fujita I,Technical Report on Attention and Cognition,Vol. 6,2004年,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Coding of visual patterns and textures in monkey inferior temporal cortex,Y Wang,Fujita, I,Y Murayama,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 14,No. 3,p. 453-457,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of alpha-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazolepropionate-type glutamate receptor subunits (GluR2/3) along the ventral visual pathway in the monkey,LH Xu,H Tanigawa,Fujita, I,JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY,WILEY-LISS,Vol. 456,No. 4,p. 396-407,2003年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Reduced binocular disparity selectivity of V4 neurons to anti-correlated random-dot stereograms,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,Journal of Vision,Vol. 3,No. 9,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Inhibitory mechanisms underlying stimulus-selective responses of inferior temporal neurons,H Tamura,H Kaneko,K Kawasaki,Fujita, I,NEURAL BASIS OF EARLY VISION,SPRINGER-VERLAG TOKYO,Vol. 11,p. 245-249,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Disparity-selective neurons in area V4 of macaque monkeys,M Watanabe,H Tanaka,T Uka,Fujita, I,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 87,No. 4,p. 1960-1973,2002年04月,研究論文(学術雑誌)
  • The inferior temporal cortex: Architecture, computation, and representation,Fujita, I,JOURNAL OF NEUROCYTOLOGY,KLUWER ACADEMIC PUBL,Vol. 31,No. 3-5,p. 359-371,2002年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Neocortical circuits: Evolutionary aspects and specificity versus non-specificity of synaptic connections. Remarks, main conclusions and general comments and discussion,J DeFelipe,GN Elston,Fujita, I,J Fuster,KH Harrison,PR Hof,Y Kawaguchi,KAC Martin,KS Rockland,AM Thomson,SSH Wang,EL White,R Yuste,JOURNAL OF NEUROCYTOLOGY,KLUWER ACADEMIC PUBL,Vol. 31,No. 3-5,p. 387-416,2002年03月
  • Contribution of GABAergic inhibition to receptive field structures of monkey inferior temporal neurons,Y Wang,Fujita, I,H Tamura,Y Murayama,CEREBRAL CORTEX,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 12,No. 1,p. 62-74,2002年01月,研究論文(学術雑誌)
  • What visual perception tells us about mind and brain,S Shimojo,M Paradiso,Fujita, I,PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA,NATL ACAD SCIENCES,Vol. 98,No. 22,p. 12340-12341,2001年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Attentional modulation of neural activity in the macaque inferior temporal cortex during global and local processing,HK Tanaka,H Onoe,H Tsukada,Fujita, I,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 39,No. 4,p. 469-472,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Processing of shape defined by disparity in inferior temporal cortex.,Tanaka H,Uka T,Yoshiyama K,Kato M,Fujita I,J. Neurophyiol.,Vol. 85,p. 735-744,2001年
  • Global and local processing of visual patterns in macaque monkeys,HK Tanaka,Fujita, I,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 11,No. 13,p. 2881-2884,2000年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Neuronal mechanisms of selectivity for object features revealed by blocking inhibition in inferotemporal cortex,Y Wang,Fujita, I,Y Murayama,NATURE NEUROSCIENCE,NATURE AMERICA INC,Vol. 3,No. 8,p. 807-813,2000年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A new intraretinal recording system with multiple-barreled electrodes for pharmacological studies on cat retinal ganglion cells,M Takao,Y Wang,T Miyoshi,Fujita, I,Y Fukuda,JOURNAL OF NEUROSCIENCE METHODS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 97,No. 1,p. 87-92,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Disparity selectivity of neurons in inferior temporal cortex.,Uka T,Tanaka H,Yoshiyama K,Kato M,Fujita I,J. Neurophysiol.,Vol. 84,p. 120-132,2000年
  • Behavioral evidence for visual perception of 3-dimensional surface structures in monkeys,T Uka,H Tanaka,M Kato,Fujita, I,VISION RESEARCH,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 39,No. 14,p. 2399-2410,1999年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Distribution, morphology, and gamma-aminobutyric acid immunoreactivity of horizontally projecting neurons in the macaque inferior temporal cortex,H Tanigawa,Fujita, I,M Kato,H Ojima,JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY,WILEY-LISS,Vol. 401,No. 1,p. 129-143,1998年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Contrasting forms of synaptic plasticity in monkey inferotemporal and primary visual cortices,Y Murayama,Fujita, I,M Kato,NEUROREPORT,RAPID SCIENCE PUBLISHERS,Vol. 8,No. 6,p. 1503-1508,1997年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Efficient computerized communication for persons with ALS: on-screen keyboard layouts based on PALS' frequency of kana use,T Yamamoto,Fujita, I,8TH WORLD CONGRESS OF THE INTERNATIONAL REHABILITATION MEDICINE ASSOCIATION (IRMA VIII), PTS 1-2,MONDUZZI EDITORE,p. 889-893,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Inferior temporal cortex: columns and horizontal axons.,Fujita I,Physiology and Anatomy of the Association Cortices (Sakata, H. et al. eds), Harwood Academic Publ.,p. 259-268,1997年
  • Intrinsic connections in the macaque inferior temporal cortex,Fujita, I,T Fujita,JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY,WILEY-LISS,Vol. 368,No. 4,p. 467-486,1996年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional architecture and synaptic plasticity in the inferior temporal cortex.,Fujita I,Kato M,Murayama Y,Uka, T,Integrative and Molecular Approach to Brain Function (Ito, M. And Miyashita, Y. eds.), Elsevier,p. 147-155,1996年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The warp and weft in the inferior temporal cortex.,Fujita I,Emotion, Memory and Behavior (Nakajima T, Ono T eds.), Japan Scientific Press,p. 79-89,1995年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Neuronal mechanisms of object recognition.,Tanaka K,Fujita I,Kobatake E,Ito M,Cheng K,Tamura H,RIKEN Review,Vol. 9,p. 3-4,1995年,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • SIZE AND POSITION INVARIANCE OF NEURONAL RESPONSES IN MONKEY INFEROTEMPORAL CORTEX,M ITO,H TAMURA,FUJITA, I,K TANAKA,JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 73,No. 1,p. 218-226,1995年01月,研究論文(学術雑誌)
  • PROCESSING OF CONTRAST POLARITY OF VISUAL IMAGES IN INFEROTEMPORAL CORTEX OF THE MACAQUE MONKEY,M ITO,FUJITA, I,H TAMURA,K TANAKA,CEREBRAL CORTEX,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 4,No. 5,p. 499-508,1994年09月,研究論文(学術雑誌)
  • SERIAL PROCESSING OF VISUAL OBJECT-FEATURES IN THE POSTERIOR AND ANTERIOR PARTS OF THE INFEROTEMPORAL CORTEX,K TANAKA,FUJITA, I,E KOBATAKE,K CHENG,M ITO,BRAIN MECHANISMS OF PERCEPTION AND MEMORY: FROM NEURON TO BEHAVIOR,OXFORD UNIV PRESS,p. 34-46,1993年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • COLUMNS IN THE INFEROTEMPORAL CORTEX - MACHINERY FOR VISUAL REPRESENTATION OF OBJECTS,FUJITA, I,BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO,BIOMED RES FOUND,Vol. 14,No. S4,p. 21-27,1993年,研究論文(学術雑誌)
  • COLUMNS FOR VISUAL FEATURES OF OBJECTS IN MONKEY INFEROTEMPORAL CORTEX,FUJITA, I,K TANAKA,M ITO,K CHENG,NATURE,MACMILLAN MAGAZINES LTD,Vol. 360,No. 6402,p. 343-346,1992年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Detection of object features in visual cortices.,Fujita I,Advanced Computing for Life-Science,p. 191-196,1992年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • THE OLFACTORY SYSTEM, NOT THE TERMINAL NERVE, FUNCTIONS AS THE PRIMARY CHEMOSENSORY PATHWAY MEDIATING RESPONSES TO SEX-PHEROMONES IN MALE GOLDFISH,FUJITA, I,PW SORENSEN,NE STACEY,TJ HARA,BRAIN BEHAVIOR AND EVOLUTION,KARGER,Vol. 38,No. 6,p. 313-321,1991年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The role of GABAergic inhibition in processing of interaural time difference in the owl’s auditory system.,Fujita I,Konishi M,J. Neurosci.,Vol. 11,No. 3,p. 722-739,1991年03月,研究論文(学術雑誌)
  • DISTRIBUTION OF GABAERGIC NEURONS AND TERMINALS IN THE AUDITORY-SYSTEM OF THE BARN OWL,CE CARR,FUJITA, I,M KONISHI,JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY,WILEY-LISS,Vol. 286,No. 2,p. 190-207,1989年08月,研究論文(学術雑誌)
  • CENTRAL CONTROL OF SEXUAL-BEHAVIOR,Y OOMURA,S AOU,Y KOYAMA,FUJITA, I,H YOSHIMATSU,BRAIN RESEARCH BULLETIN,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 20,No. 6,p. 863-870,1988年06月,研究論文(学術雑誌)
  • PROSTAGLANDIN-D2, A CEREBRAL SLEEP-INDUCING SUBSTANCE IN MONKEYS,H ONOE,R UENO,FUJITA, I,H NISHINO,Y OOMURA,O HAYAISHI,PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA,NATL ACAD PRESS,Vol. 85,No. 11,p. 4082-4086,1988年06月,研究論文(学術雑誌)
  • PROCEPTIVE PRESENTING ELICITED BY ELECTRICAL-STIMULATION OF THE FEMALE MONKEY HYPOTHALAMUS,Y KOYAMA,FUJITA, I,S AOU,Y OOMURA,BRAIN RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 446,No. 1,p. 199-203,1988年04月
  • MORPHOLOGY OF PHYSIOLOGICALLY IDENTIFIED MITRAL CELLS IN THE CARP OLFACTORY-BULB - A LIGHT MICROSCOPIC STUDY AFTER INTRACELLULAR STAINING WITH HORSERADISH-PEROXIDASE,FUJITA, I,M SATOU,K UEDA,JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY,WILEY-LISS,Vol. 267,No. 2,p. 253-268,1988年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ELECTROPHYSIOLOGY OF THE TERMINAL NERVE IN CYPRINIDS,FUJITA, I,ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES,NEW YORK ACAD SCIENCES,Vol. 519,p. 69-79,1987年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ACTIVITY OF THERMOSENSITIVE NEURONS OF MONKEY PREOPTIC HYPOTHALAMUS DURING THERMOREGULATORY OPERANT-BEHAVIOR,T HORI,T KIYOHARA,Y OOMURA,H NISHINO,S AOU,FUJITA, I,BRAIN RESEARCH BULLETIN,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 18,No. 5,p. 649-655,1987年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Prostaglandin D2 induces sleep when infused into the cerebral ventricle.,Hayaishi O,Ueno R,Onoe H,Osama H,Fujita I,Nishino H,Oomura Y,Prostaglandin D2 inducAdvances in Prostaglandin, Thromboxane, and Leucotriene Research.,Vol. 17,p. 946-948,1987年
  • RESPONSIVENESS OF MONKEY PREOPTIC THERMOSENSITIVE NEURONS TO NONTHERMAL EMOTIONAL STIMULI,T HORI,T KIYOHARA,M SHIBATA,Y OOMURA,H NISHINO,S AOU,FUJITA, I,BRAIN RESEARCH BULLETIN,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 17,No. 1,p. 75-82,1986年07月,研究論文(学術雑誌)
  • DISTRIBUTION OF LHRH-LIKE IMMUNOREACTIVITY IN THE BRAIN OF THE JAPANESE EEL (ANGUILLA-JAPONICA) WITH SPECIAL REFERENCE TO THE NERVUS TERMINALIS,M NOZAKI,FUJITA, I,N SAITO,T TSUKAHARA,H KOBAYASHI,K UEDA,K OSHIMA,ZOOLOGICAL SCIENCE,ZOOLOGICAL SOC JAPAN,Vol. 2,No. 4,p. 537-547,1985年,研究論文(学術雑誌)
  • A NEW METHOD FOR DRUG APPLICATION USING ELECTROLYSIS OF WATER,T YAMAMOTO,Y OOMURA,S NEMOTO,FUJITA, I,H NISHINO,BRAIN RESEARCH BULLETIN,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 15,No. 5,p. 527-528,1985年
  • GANGLION-CELLS OF THE TERMINAL NERVE - MORPHOLOGY AND ELECTROPHYSIOLOGY,FUJITA, I,M SATOU,K UEDA,BRAIN RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 335,No. 1,p. 148-152,1985年,研究論文(学術雑誌)
  • TELENCEPHALIC AND PREOPTIC AREAS INTEGRATE SEXUAL-BEHAVIOR IN HIME SALMON (LANDLOCKED RED SALMON, ONCORHYNCHUS-NERKA) - RESULTS OF ELECTRICAL BRAIN-STIMULATION EXPERIMENTS,M SATOU,Y OKA,M KUSUNOKI,T MATSUSHIMA,M KATO,FUJITA, I,K UEDA,PHYSIOLOGY & BEHAVIOR,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 33,No. 3,p. 441-447,1984年,研究論文(学術雑誌)
  • A FIELD-POTENTIAL STUDY OF CENTRIPETAL AND CENTRIFUGAL CONNECTIONS OF THE OLFACTORY-BULB IN THE CARP, CYPRINUS-CARPIO (L),FUJITA, I,M SATOU,K UEDA,BRAIN RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 321,No. 1,p. 33-44,1984年,研究論文(学術雑誌)
  • FIELD POTENTIAL AND INTRACELLULAR POTENTIAL STUDIES OF THE OLFACTORY-BULB IN THE CARP - EVIDENCE FOR A FUNCTIONAL SEPARATION OF THE OLFACTORY-BULB INTO LATERAL AND MEDIAL SUBDIVISIONS,M SATOU,FUJITA, I,M ICHIKAWA,K YAMAGUCHI,K UEDA,JOURNAL OF COMPARATIVE PHYSIOLOGY,SPRINGER VERLAG,Vol. 152,No. 3,p. 319-333,1983年,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of preoptic lesions on male reproductive behavior in the hime salmon, landlocked Onchorhynchus nerka.,Satou M,Oka Y,Fujita I,Yamaguchi K,Nagai T,Koyama Y,Shirahata S,Ueda K,Integrative Control Functions of the Brain. (Ito, M., Tsukahara, N., Kubota, K. and Yagi, K. eds.) Kodansha, Tokyo,Vol. 3,p. 333-335,1980年,研究論文(その他学術会議資料等)

MISC

  • 脳のもう一つの主役「グリア」ー新たに判明した驚くべき働き,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2021年11月27日号,p. 84-85,2021年11月27日
  • 数学ができる人ほど濃度が高い?脳の伝達物質GABAの謎,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2021年10月19日号,p. 76-77,2021年10月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ミツバチも「ゼロ」がわかる!始まった数の概念の脳活動研究,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2021年8月21号,p. 72-73,2021年08月
  • 基礎研究が最新医療へと結実:起こり得ないことが可能に,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2021年6月26日号,2021年06月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 顔じゃないのに顔に見える:パレイドリア現象のなぜ?,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2021年5月1/8合併号,p. 86-87,2021年05月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ネアンデルタール人と私たち:どこが同じで何が違うのか?,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2021年3月20日号,p. 98-99,2021年03月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 鼻の穴が二つあるのはなぜか?知らぬ間に左右の匂いを比較,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2021年1月23日号,p. 82-83,2021年01月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • こう見えるという主観的体験は脳内でどうつくり出されるか,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年11月28日号,2020年11月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 学習記憶で大事なのはどちら?解明されたレムとのんレムの役割,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年10月10日号,p. 68-69,2020年10月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 青紫と赤紫は全く別もの:色が見える驚きのメカニズム,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年8月22日号,p. 80-81,2020年08月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 多様な心の機能は脳の中でどう割り振られているか?,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年6月27日号,p. 82-83,2020年06月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 新型コロナと「嗅覚」の異常:緊急下で進む研究の新動向,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年5月2/9合併号,p. 94-95,2020年05月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 脳にも暗黒エネルギー?ぼんやり時に働く脳の回路,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年3月14日号,p. 104-105,2020年03月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 脳の神経細胞とネットのサイト:共通するのは「世間は狭い」か,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年1月25日号,p. 82-83,2020年01月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 見たものの奥行きがわかる脳内メカニズムの多様性,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2020年11月30日号,p. 122-123,2019年11月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 赤ちゃんとフェイスブック:相通じる顔認識のメカニズム,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2019年10月20日号,p. 106-107,2019年10月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 大ざっぱと丁寧を使い分ける私たちの脳の情報処理システム,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2019年8月24日号,p. 80-81,2019年08月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 脳のネットワークの全貌解明挑戦はどこまで進んでいるか,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2019年6月29日号,p. 88-89,2019年06月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ヒトや動物が生まれつき持つ光の点から動きを検出する能力,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2019年5月11日号,p. 78-79,2019年05月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • われら霊長類に備わった色覚は相手の顔色をうかがうため?,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2019年3月16日号,p. 64-65,2019年03月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 色がない所に色が見える!?脳によって作りだされる「色」,藤田一郎,週間ダイヤモンド,No. 2019年1月26日号,p. 78-79,2019年01月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 見える前に危険を察知する脳の処理ルートは存在するか,藤田一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年11月24日号,p. 80-81,2018年11月24日,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ネコも人口知能も錯覚する 錯視で分かった脳の情報処理,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年10月6日号,p. 82-83,2018年10月06日
  • バージョンアップで急進展 ヒトの脳の機能地図作り,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年8月25日号,p. 80-81,2018年08月25日
  • 大きくてスッキリしている?「頭が良い人」の脳の構造,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年7月7日号,p. 64-65,2018年07月07日
  • たった一晩の徹夜で蓄積する⁉アルツハイマー病の原因物質,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年5月26日号,p. 72-73,2018年05月26日
  • 脳の視覚情報処理のヒント 大脳皮質の「細胞の並び方」,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年4月14日号,p. 72-73,2018年04月14日
  • 虹は何色に見えるか?色の「知覚と文化」の不思議,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年3月10日号,p. 86-87,2018年03月10日
  • 音がする位置はなぜ分かるか 脳が作る聴覚地図の仕組み,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2018年2月3日号,p. 82-83,2018年02月03日
  • においを感じるメカニズム 緩さと複雑さの摩訶不思議,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年12月23日号,p. 82-83,2017年12月23日
  • 「脳の90%は使われていない」迷信打ち砕く細胞数の推計法,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年11月18日号,p. 90-91,2017年11月18日
  • 森と木のどちらが優先か?全体と部分の知覚システム,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年10月14日号,p. 68-69,2017年10月14日
  • 光を浴びれば近視は防げる⁉網膜ドーパミンの意外な役割,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年9月9日号,p. 114-115,2017年09月09日
  • ヒトをヒトたらしめるのは脳内の奇妙な細胞の存在か?,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年7月29日号,p. 96-97,2017年07月29日
  • 忘れていても覚えている⁉ミステリアスな潜在記憶,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年6月24日号,p. 84-85,2017年06月24日
  • 見えない部分は周囲が補う 脳の「なめらか補完」機能,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年5月20日号,p. 74-75,2017年05月20日
  • 恐ろしきフグ毒、貝毒、VX[ガス 「神経毒」のもうひとつの顔,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年4月8日号,p. 82-83,2017年04月08日
  • 男女の脳はどれほど違うか「男脳」「女脳」の真相は?,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年3月4日号,p. 86-87,2017年03月04日
  • 考えるだけで機器を操作する「サイボーグ」技術の急進展,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2017年1月28日号,p. 66-67,2017年01月28日
  • 脳を機械につなぐBMI技術 目のはるか先を行く「人工の耳」,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年12月17日号,p. 70-71,2016年12月17日
  • 脳活動から人の心の中を読む デコーディング技術の進化,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年11月12日号,p. 76-77,2016年11月12日
  • 側頭連合野の視覚情報処理 (Visual processing in the Ventral Pathway: Shape, face, color, material propertis, and stereoscopic depth),稲垣未来男,藤田一郎,BRAIN and NERVE,Vol. 68,No. 11,p. 1363-1370,2016年11月01日
  • 「見えない」でも「分かる」? 意識と行動が乖離する不思議,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年10月8日号,p. 72-73,2016年10月08日
  • 「もふもふ」はなぜ柔らかい?研究進む質感の認知システム,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年9月3日号,p. 74-75,2016年09月03日
  • 三つ目のカエルの脳の中にもアニマル柄が現れる不思議,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年7月23日号,p. 82-83,2016年07月23日
  • 「色」は脳で作り出される!見る人によって違う不思議,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年6月18日号,p. 82-83,2016年06月18日
  • 動物にもある「数える」能力 脳はどうやって数を知る?,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年5月14日号,p. 62-63,2016年05月14日
  • 人の心の内を察する仕組み ミラーニューロンシステム,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年4月2日号,p. 132-133,2016年04月02日
  • サル視覚野V1野とV4野における方位と空間周波数に基づく微小配置の比較,天野 真綾,池添 貢司,西本 伸志,藤田 一郎,電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 115,No. 514,p. 119-124,2016年03月22日
  • 大事な機能を優先して収納 ゆがんだ「脳」の再現地図,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年2月27日号,p. 70-71,2016年02月27日
  • 人工知能がネコをネコと認識 ディープラーニングとは?,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2016年1月23日号,p. 72-73,2016年01月23日
  • 脳の科学 Up Date : 大脳皮質と深層学習,三田 真志郎,藤田 一郎,脳21,金芳堂,Vol. 19,No. 3,p. 298-301,2016年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 大脳皮質と深層学習,三田真志郎,藤田一郎,脳21,Vol. 19,No. 3,p. 98-101,2016年
  • 大脳皮質におけるテクスチャ表現,畑中岳,藤田一郎,脳21,Vol. 19,No. 4,p. 154-157,2016年
  • 記憶はどう蓄えられるか?神経細胞のシナプスの働き,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年12月12日号,p. 82-83,2015年12月12日
  • 日本人従軍医師が発見した大脳の中の「視野の地図」,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年11月7日号,p. 90-91,2015年11月07日
  • 物の大きさはなぜ分かるか?プトレマイオス以来の謎解明,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年10月3日号,p. 114-115,2015年10月03日
  • 人々を救った脳科学の恩人 30秒しか記憶できない患者,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年8月29日号,p. 62-63,2015年08月29日
  • Distinct Scan Modes in Monkey's Free Viewing of Natural Images and Related Neuronal Activities,Junji Ito,Yukako Yaname,Ichiro Fujita,Hiroshi Tamura,Sonja Gruen,PERCEPTION,SAGE PUBLICATIONS LTD,Vol. 44,p. 167-167,2015年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 自分の脇腹をくすぐってもこそばゆくないのはなぜ?,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年7月18日号,p. 68-69,2015年07月18日
  • なぜ顔や表情が分かるのか?認識メカニズムの不思議,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年6月13日号,p. 80-81,2015年06月13日
  • 脳科学者を魅了する「鳥の歌」さえずり特有の神経回路,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年5月2・9日合併号,p. 68-69,2015年05月02日
  • 人間の「個性」や「能力」は脳のかたちに表れるのか,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年3月28日号,p. 108-109,2015年03月28日
  • 「立体的に見える」不思議 両目のカラクリと脳の秘密,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年2月21日号,p. 82-83,2015年02月21日
  • ないはずのモノも見える⁉脳の宿命を知り「自分」を疑う,藤田 一郎,週刊ダイヤモンド,No. 2015年1月17日号,p. 66-67,2015年01月17日
  • 超高圧電子顕微鏡による皮質構造の解析,小賀智文,藤田一郎,Clinical Neuroscience,Vol. 33,No. 6,p. 630-633,2015年
  • サルV1における方位地図の局所構造と神経細胞の方位選択性の関係:2光子カルシウムイメージングによる検討,池添 貢司,森 理也,喜多村 和郎,田村 弘,藤田 一郎,研究報告バイオ情報学(BIO),Vol. 2012,No. 11,p. 1-6,2012年06月21日
  • サルV1における方位地図の局所構造と神経細胞の方位選択性の関係 : 2光子カルシウムイメージングによる検討,池添 貢司,森 理也,喜多村 和郎,田村 弘,藤田 一郎,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 112,No. 108,p. 59-64,2012年06月21日
  • 腹側視覚経路における視覚情報処理,藤田一郎,池添貢司,稲垣未来男,Clinical Neuroscience,Vol. 30,No. 8,p. 883-886,2012年
  • 目の前の世界は脳がつくる,藤田一郎,市村均,大人の科学,Vol. 32,p. 35-41,2011年11月30日
  • 視覚の不思議,脳の仕組み:視覚認知脳科学の今,藤田一郎,眼科臨床紀要,Vol. 4,No. 8,2011年08月15日
  • マウス一次視覚野の受容野構造地図の可視化:2光子カルシウムイメージングを用いた逆相関法,森理也,池添貢司,古高潤一,喜多村和郎,田村弘,藤田一郎,日本生理学雑誌,(一社)日本生理学会,Vol. 73,No. 6,p. 179-179,2011年06月01日
  • 顔反応性細胞の表情に対する選択性の潜時 : 側頭葉視覚皮質と扁桃体の比較,稲垣 未来男,藤田 一郎,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 461,p. 277-282,2011年02月28日
  • Comparison of binocular disparity selectivity between V2, V3 and V3A,Yasutaka Okazaki,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E148-E148,2011年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Effects of microstimulation in cortical area V4 on fine disparity discrimination,Hiroshi M. Shiozaki,Takahiro Doi,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E71-E71,2011年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 脳ブームの迷信,真実,教訓,藤田一郎,日本小児精神神経学会プログラム・抄録集,Vol. 105th,2011年
  • 大脳皮質視覚連合野の機能構築とその生後発達,藤田一郎,戦略的創造研究推進事業CREST終了報告書(Web),Vol. 2010,2011年
  • 脳科学とニセ脳科学,藤田一郎,じっきょう理科資料,Vol. 68,p. 1-4,2010年10月
  • 世間に広がる『脳の迷信』~うそと真実を見分けよう,藤田一郎,理科の探検RikaTan, 2010 September リカ先生の10分サイエンス,Vol. 33,p. 82-85,2010年09月
  • 世界は脳が見ている!~『錯覚』が教える心のふしぎ,藤田一郎,理科の探検RikaTan, 2010 August リカ先生の10分サイエンス,Vol. 32,p. 56-59,2010年08月
  • 霊長類大脳皮質におけるシナプスの生後発達,藤田一郎,Clinical Neuroscience,Vol. 28,p. 862-864,2010年08月
  • シナプスの分子生物学 霊長類大脳皮質におけるシナプスの生後発達,藤田一郎,Clin Neurosci,Vol. 28,No. 8,2010年08月01日
  • 脳の中はどうやって見るの?~MRIのしくみ,藤田一郎,理科の探検RikaTan, 2010 July リカ先生の10分サイエンス,Vol. 31,p. 82-85,2010年07月
  • 臨床検査は脳科学に迫れるか 1.脳科学ブーム:脳トレ商品を例に考える,藤田一郎,医療と検査機器・試薬,Vol. 33,No. 3,2010年06月10日
  • 脳科学ブーム:脳トレ商品を例に考える,藤田一郎,医療と検査機器・試薬 別冊,Vol. 33,No. 3,p. 279-283,2010年06月
  • 学生が学ぶ、学生と学ぶ、学生に学ぶ,藤田 一郎,大阪大学出版会 大阪大学教育実践センター編 「魅力ある授業のために2ー双方向型授業の取り組みを中心にー」,p. 109-121,2010年03月
  • 標的神経細胞の樹状突起形態の可視化(II):様々な細胞種への応用と超高圧電子顕微鏡観察,岡本嗣久,小賀智文,藤田一郎,脳21,Vol. 13,No. 1,2010年01月20日
  • Time course of neuronal selectivity for facial expression: comparison between the temporal visual cortex and the amygdala,Mikio Inagaki,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E99-E99,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Inputs from single neurons in the visual cortex affect spike-timing of locally connected neurons but do not modulate their firing rate and sensory tuning curves,Hiroki Tanaka,Yusuke Asada,Rintaro Mizoguchi,Izumi Ohzwa,Ichiro Fujita,Hiroshi Tamua,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E151-E151,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Pairwise interactions account for correlated activity of neurons in the inferior temporal cortex of macaque monkeys,Hiroshi Shiozaki,Taku Motonaga,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E100-E101,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 標的神経細胞の樹状突起形体の可視化(II):様々な細胞種への応用と超高圧電子顕微鏡観察,岡本嗣久,小賀智文,藤田一郎,脳21,Vol. 13,No. 1,p. 85-91,2010年
  • 両眼立体視の脳内メカニズム:両眼視差から奥行き知覚へ,藤田一郎,日本視能矯正学会プログラム・抄録集,Vol. 51st,2010年
  • 両眼立体視の脳内機構,藤田一郎,脳の神経回路の機能解明 平成16−21年度 No.16069101,2010年
  • 両眼立体視の脳内機構,藤田一郎,脳の病態解明 平成16−21年度 No.16071101,2010年
  • 物体および奥行きの知覚形成を支える神経基盤,藤田一郎,脳の高次機能システム 平成16−21年度 No.16068101,2010年
  • 両眼立体視の脳内機構,藤田一郎,脳の高次機能システム 平成16−21年度 No.16068101,2010年
  • 両眼立体視の脳内機構,藤田一郎,分子レベルからの脳機能構築機構の解明 平成16−21年度 No.16070101,2010年
  • 脳ブームの迷信,藤田 一郎,飛鳥新社,2009年11月
  • 標的神経細胞の樹状突起の可視化:(I)軟固定大脳皮質への細胞内色素注入法,小賀尋文,岡本嗣久,藤田一郎,脳21,Vol. 12,No. 4,2009年10月20日
  • SPATIALLY SELECTIVE INTEGRATION OF BINOCULAR DISPARITIES IN FINE DEPTH PERCEPTION,Takahiro Doi,Takahiro Okada,Ichiro Fujita,JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,SPRINGER TOKYO,Vol. 59,p. 191-191,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Spinogenesis and pruning of layer III pyramidal cells in the ventral visual pathway of the macaque monkey,Tsuguhisa Okamoto,Tomofumi Oga,Guy N. Elston,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S107-S107,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • CYCLOPEAN IMAGE SIZE TUNING IN MACAQUE AREA V4 IS DEPENDENT ON BINOCULAR DISPARITY IN A MANNER CONSISTENT WITH SIZE CONSTANCY,Shingo Tanaka,Ichiro Fujita,JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,SPRINGER TOKYO,Vol. 59,p. 200-200,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Arrangement of orientation selective neurons in monkey V1 revealed by in vivo 2-photon calcium imaging,Koji Ikezoe,Yoshiya Mori,Kazuo Kitamura,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S62-S62,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • DIFFERENCE IN NEURAL REPRESENTATIONS OF FACE BETWEEN THE TEMPORAL CORTEX AND THE AMYGDALA IN MONKEYS,Mikio Inagaki,Ichiro Fujita,JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,SPRINGER TOKYO,Vol. 59,p. 191-191,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Dendritic spine size varies more in area TIE than in area V1,Tomofumi Oga,Tsuguhisa Okamoto,Guy N. Elston,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S142-S142,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Mapping receptive fields on mouse primary visual cortex: reverse correlation using two-photon calcium imaging signals,Yoshiya Mori,Koji Ikezoe,Junichi Furutaka,Kazuo Kitamura,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S172-S172,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • CHIOCE-PREDICTIVE ACTIVITY IN MACAQUE AREA V4 DURING FINE DISCRIMINATION OF STEREOSCOPIC DEPTH,Hiroshi Shiozaki,Seiji Tanabe,Takahiro Doi,Ichiro Fujita,JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,SPRINGER TOKYO,Vol. 59,p. 191-191,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Effects of stimulus size on spatial frequency tuning of face-responsive neurons in the temporal visual cortex and the amygdala,Mikio Inagaki,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S51-S51,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • SPATIAL ARRANGEMENT OF ORIENTATION SELECTIVITY IN LAYER 2/3 OF MACAQUE V1 REVEALED WITH IN VIVO 2-PHOTON CALCIUM IMAGING,Koji Ikezoe,Yoshiya Mori,Kazuo Kitamura,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,SPRINGER TOKYO,Vol. 59,p. 190-190,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 標的神経細胞の樹状突起の可視化:(?T) 軟固定大脳皮質への細胞内色素注入法,小賀智文,岡本嗣久,藤田一郎,脳21,Vol. 12,No. 4,p. 71-76,2009年
  • 大脳皮質視覚連合野の機能構築とその生後発達,藤田一郎,戦略的創造研究推進事業研究年報(CD−ROM),Vol. 2009,2009年
  • 空間周波数フィルタリングを適用した顔画像に対するサル側頭葉皮質神経細胞の反応,稲垣未来男,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 107,No. 542(NC2007 112-199),2008年03月05日
  • サルV4野神経細胞における両眼視差選択性と大きさ選択性の相互関係,田中慎吾,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 107,No. 542(NC2007 112-199),2008年03月05日
  • 空間周波数フィルタリングを適用した顔画像に対するサル側頭葉皮質神経細胞の反応,稲垣未来男,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 542,p. 73-78,2008年03月05日
  • サルV4野神経細胞における両眼視差選択性と大きさ選択性の相互関係,田中慎吾,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 542,p. 79-84,2008年03月05日
  • Spatial profile of disparity signal integration for fine depth judgment,Takahiro Doi,Takahiro Okada,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 61,p. S53-S53,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Spatial frequency tuning for face images in macaque temporal cortex,Mikio Inagaki,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 61,p. S52-S52,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Stereopsis: 3D perception with two eyes and two cortical pathways,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 61,p. S2-S2,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Hierarchical development in macaque visual cortex,Tomofumi Oga,Guy N. Elston,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 61,p. S100-S100,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • この10年間の『私の研究エポック』を振り返って-先生はカハールに会ったことがあるんですか?-,藤田一郎,脳21 10周年記念特別号,Vol. 11,No. 1,p. 165-168,2008年
  • 世界は脳でつくられる 視覚と脳の驚くべき関係,藤田 一郎,自然と科学の情報誌milsil[ミルシル]特集「見る-視覚と脳のふしぎな関係」,Vol. 1,No. 3,p. 10-13,2008年
  • 大脳皮質連合野の機能構築とその生後発達,藤田一郎,戦略的創造研究推進事業研究年報(CD−ROM),Vol. 2008,2008年
  • 脳が見る、こころを見る,藤田 一郎,人間総合科学会誌 (通巻第14巻・5号),Vol. 3,No. 2,p. 101-105,2007年08月
  • 脳が見る,こころを見る (第4回人間総合科学会学術集会 シンポジウム テーマ:脳と感性--五感が生み出す"こころ"),藤田 一郎,人間総合科学会誌,人間総合科学会,Vol. 3,No. 2,p. 101-105,2007年08月
  • シリコンマルチプローブを用いたラット大脳皮質感覚応答の生後発達の解析(脳インタフェース(感覚応答など),脳インタフェースの技術と応用,一般),池添貢司,田村弘,木村文隆,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 263,p. 87-92,2007年01月10日
  • Maturation of thalamocortical transmission to GABAergic neurons and its possible relevance to plasticity in the barrel cortex,Fumitaka Kimura,Chiaki Itami,Koji Ikezoe,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,Kunihiko Obata,Yuchio Yanagawa,Minoru Ohshima,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S133-S133,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Depth discrimination for transient and sustained images by the human stereoscopic system,Maki Takano,Takahiro Doi,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S153-S153,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Disparity- and size-selective neurons in macaque area V4 as a neural basis for size constancy,Shingo Tanaka,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S55-S55,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Developmental changes in electrophysiological properties of layer III pyramidal neurons in macaque visual cortices,Atsuko Maruyama,Ayako Ishikawa,Daisuke Hosoyama,Yumiko Yoshimura,Hiroshi Tamura,Hiromichi Sato,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S154-S154,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 「見る」とはどういうことかー脳と心の関係をさぐる,藤田一郎,化学同人社 DOJIN選書007,2007年
  • 行動からニューロンへ,藤田一郎,脳21,Vol. 10,No. 4,p. 348-352,2007年
  • 両眼立体視の脳内機構,藤田一郎,Japanese orthoptic journal,Vol. 35,No. 0,p. 31-32,2006年08月31日
  • 視覚の主観性を支える神経活動─両眼立体視を例に─,藤田一郎,生体の科学,Vol. 57,No. 1,p. 44-50,2006年02月
  • Spatial frequency tuning of disparity-selective neurons in macaque V4,Hironori Kumano,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S68-S68,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Dendritic morphology of layer III pyramidal cells differs among cortical areas in infant monkeys,Koji Ikezoe,Guy N. Elston,Tomofumi Oga,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S149-S149,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Reflexive social attention elicited by biological motion in monkeys and humans,Yoshiya Mori,Mikio Inagaki,Wu Lisa,Taijiro Doi,Eishi Hirasaki,Hiroo Kumakura,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S230-S230,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The role of disparity energy and binocular matching processes in stereopsis,Takahiro Doi,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S69-S69,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Predicting the monkey's behavioral choice in a stereoacuity task from neuronal responses in area V4,Hiroshi Shiozaki,Seiji Tanabe,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S68-S68,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Firing statistics and stimulus selectivity of inferior temporal cortical neurons in the monkey,Shunta Tate,Hiroshi Tamura,Ichiro Fujita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S221-S221,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 視覚の主観性を支える神経活動--両眼立体視を例に (特集 こころと脳--とらえがたいものを科学する),藤田 一郎,生体の科学,金原一郎記念医学医療振興財団,Vol. 57,No. 1,p. 44-50,2006年01月
  • サル下側頭皮質におけるニューロン活動と刺激検出の成否の相関,土井泰次郎,藤田一郎,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,社団法人電子情報通信学会,Vol. 105,No. 457,p. 1-6,2005年12月02日
  • 説明責任, IT社会, サイエンス,藤田一郎,日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks,Vol. 11,No. 2,p. 45-46,2004年06月05日
  • 両眼立体視の脳内表現,田辺誠司,藤田一郎,日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks,Japanese Neural Network Society,Vol. 11,No. 2,p. 64-73,2004年06月05日
  • 形状知覚と物体認識における側頭葉視覚連合野の役割 (特集 知覚と認知の大脳メカニズム),土井 泰次郎,藤田 一郎,神経研究の進歩,医学書院,Vol. 48,No. 2,p. 176-185,2004年04月
  • 形状知覚と物体認識における側頭葉連合野の役割,土井泰次郎,藤田一郎,視覚研究の進歩,Vol. 48,p. 176-185,2004年
  • 2次元網膜像から3次元世界を見る,藤田一郎,学術月報(通巻第701号(日本学術振興会)),Vol. 56,No. 4,2003年04月
  • 主観的経験と神経活動,土井泰次郎,藤田一郎,脳21,Vol. 6,No. 4,p. 118-122,2003年
  • 側頭葉視覚経路における両眼視差情報処理,藤田一郎,田辺誠司,梅田和昌,豊田研究報告,Vol. 56,p. 97-102,2003年
  • 視覚野における機能構築と情報のプーリング,池添貢司,藤田一郎,実験医学増刊,Vol. 21,No. 17,p. 160-165,2003年
  • 側頭葉視覚連合野における物体視覚像の処理,藤田一郎,上原記念生命科学財団研究報告集,Vol. 17,p. 207-209,2003年
  • 下側頭葉皮質における半球間情報の結合,川嵜圭祐,藤田一郎,宮田健二,脳21,Vol. 5,No. 1,p. 42-48,2002年
  • ヘリコプターによる実河川表面流速の画像計測,藤田一郎,綾史郎,玉井昌宏,竹原幸生,宮本仁志,高野保英,江藤剛治,酒井信行,可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan,Vol. 21,p. 61-62,2001年09月01日
  • 「脳が見る、脳を見るー視覚認識の脳内過程」,藤田一郎,学会出版センター「生物はどのように世界を見ているか」(共著)東大出版会,2001年
  • 全体の知覚、部分の知覚ー森を見て、木を見る,田中秀樹,藤田一郎,脳21,Vol. 4,No. 1,p. 90-92,2001年
  • 腹側視覚系路における両眼視差と面の情報処理,藤田一郎,田中宏喜,谷川 久,Vision,Vol. 13,No. 2,p. 87-91,2001年
  • 下側頭葉皮質コラム構造の解剖学的基盤,藤田一郎,財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団 助成金研究報告集 第2集(1992年~1996年),2001年
  • 「側頭葉における両眼視差、形、面の情報処理」,藤田一郎,谷川久,「脳の高次機能」朝倉書店,p. 23-33,2001年
  • 脳の神秘を探る,村上富士夫,倉橋隆,藤田一郎,大阪大学出版会,2001年
  • ものはどうして見えるのか,藤田一郎,小幡邦彦編「脳研究への招待」(共著)共立出版,2000年
  • ものの形の知覚と認識,田中宏喜,藤田一郎,細胞工学別冊「脳を知る」(久野宗編),p. 74-85,1999年
  • 視覚系による3次元面構造の復元,藤田一郎,実験医学増刊「脳・神経科学の最先端」(御子紫克彦編),p. 159-165,1999年
  • 物体形状の視覚情報処理,田中宏喜,藤田一郎,細胞工学,Vol. 17,No. 6,p. 969-979,1998年
  • 記憶と学習の脳内メカニズム,藤田一郎,数理科学,Vol. 415,p. 42-49,1998年
  • 陳述記憶の獲得制御,藤田一郎,脳21,Vol. 1,No. 1,p. 91-93,1998年
  • マップ、モジュール、情報構造,藤田一郎,脳21,Vol. 1,No. 3,p. 9-14,1998年
  • モジュール構造に見る脳の笑顔,藤田 一郎,脳21,Vol. 1,No. 3,p. 4-8,1998年
  • 「サルの視覚認識」「大脳皮質の可塑性」「フクロウの音源定位」,藤田一郎,青木清編著 図解 生物科学講座4「行動生物学」(分担執筆)朝倉書店,p. 34、84-37、85,1997年
  • 錯視のメカニズムーだまし絵が語る視覚認識の脳内機構ム,宇賀貴紀,藤田一郎,臨床科学,Vol. 33,No. 3,p. 348-356,1997年
  • 記憶学習,藤田 一郎,Clinical Neuroscience,Vol. 10,p. 82-85,1997年
  • 「顔視覚像の脳内表現:サル上側頭溝皮質『顔細胞』の生理学的解析」,藤田一郎,田中秀樹,財団法人カシオ科学振興財団 平成8年年報,p. 76-77,1996年
  • 展開する認知脳科学”現状と展望”,藤田一郎,ブレインサイエンス,Vol. 6,No. 4,p. 291-293,1995年
  • 下側頭葉皮質ー細胞とコラム,藤田一郎,蛋白質核酸酵素,Vol. 40,No. 6,p. 192-201,1995年
  • 物体像を脳はどう処理するか?,藤田一郎,生物物理,Vol. 34,No. 3,p. 95-100,1994年
  • 大脳視覚野の生理学,藤田一郎,川人光男編 岩波講座認知科学 第3巻「視覚と聴覚」(分担執筆)岩波書店,p. 41-88,1994年
  • 聴覚神経生理,藤田一郎,計測自動制御学会編 「ファジー・ニューロ・AIシステムハンドブック」(分担執筆)オーム社,1994年
  • 脳ー巨大なる空白に挑む」,藤田一郎,(共著)「禅と生命科学」(共著)紀伊国屋書店,p. 117-142,1994年
  • 神経回路学会第1回論文賞の内容紹介:下側頭葉皮質に見いだされたコラム構造,藤田一郎,日本神経回路学会ニュースレター,1994年
  • 独創的個人研究ー人・その研究(1)大脳側頭葉視覚領野の機能構築,藤田一郎,JRDC(新技術事業団)ニュース,Vol. 56,p. 10-10,1993年
  • フクロウの音源定位,藤田一郎,週間朝日百科「動物たちの地球」,Vol. 96,p. 238-239,1993年
  • ものを見るー視覚と認識,藤田一郎,週間朝日百科「動物たちの地球」,Vol. 96,p. 234-239,1993年
  • 形の認識:下側頭回における情報処理,藤田一郎,日本視能訓練士協会誌,Vol. 21,p. 161-167,1993年
  • 耳のずれたフクロウ:聴覚空間認識の脳内機構,藤田一郎,生物物理,Vol. 32,No. 3,p. 45-51,1992年
  • 下側頭葉皮質のコラム構造,藤田一郎,文部省重点領域研究ニュースレター「脳の高次機能の計算論的および実験的研究」,Vol. 11,p. 9-11,1992年
  • コラム構造,藤田一郎,週間朝日百科「動物たちの地球」,Vol. 96,p. 256-256,1992年
  • 聴覚情報による外界の認知,藤田 一郎,伊藤正男編「脳と思考」(分担執筆)紀伊国屋,p. 197-216,1991年
  • 機能不明の脳神経 (英文題名) “Terminal nerve: the enigmatic cranial nerve”.,藤田一郎,生体の科学,Vol. 42,No. 3,p. 201-203,1991年
  • 下側頭回の形態識別機能,藤田一郎,神経研究の進歩,Vol. 35,p. 414-422,1991年
  • 研究集会討論,下絛信輔,藤田一郎,p. 99-103,1990年
  • 聴覚受容野形成における抑制性伝達物質GABAの役割,藤田 一郎,上原記念生命財団研究報告集,Vol. 2,p. 159-161,1988年
  • 睡眠物質-生理的睡眠におけるPGD2の作用を中心に,尾上浩隆,上野隆司,早石修,藤田一郎,西野仁雄,大村裕,臨床精神医学,Vol. 16,p. 955-959,1987年
  • 性行動時,脳ではどのような変化が起きているか,藤田一郎,大村裕,Clinical Neurosciences,Vol. 3,p. 107-107,1985年
  • AN EVOKED-POTENTIAL STUDY OF OLFACTORY PATHWAYS IN THE CARP,FUJITA, I,M SATOU,K UEDA,CHEMICAL SENSES,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 8,No. 3,p. 248-249,1984年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • MORPHOLOGY OF CARP MITRAL CELLS INTRACELLULARLY LABELED WITH HORSERADISH-PEROXIDASE,FUJITA, I,M SATOU,K UEDA,CHEMICAL SENSES,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 9,No. 1,p. 73-73,1984年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Morphology of carp mitral cells intracellularly labeled with horseradish peroxidase.,Fujita I,Satou M,Ueda K,Proc. Jpn. Symp. Taste Smell. (In Japanese with English abstract),Vol. 17,p. 5-8,1983年
  • ヒメマス性行動に及ぼす脳破壊および電気刺激の影響(生物学),佐藤 真彦,岡 良隆,藤田 一郎,小山 純正,志賀 隆,楠 真琴,松島 俊也,上田 一夫,動物学雑誌,社団法人日本動物学会,Vol. 91,No. 4,1982年02月25日
  • An evoked potential study of efferent and afferent connections of the carp olfactory bulb.,Fujita I,Satou M,Ueda K,Proc. Jpn. Symp. Taste Smell. (In Japanese with English abstract),Vol. 16,p. 135-138,1982年
  • Responses of olfactory bulb to olfactory nerve volleys in the carp.,Satou M,Fujita I,Ueda K,Proc. Jpn. Symp. Taste Smell. (In Japanese with English abstract),Vol. 15,p. 52-55,1981年
  • ヒメマス性行動におよぼす視索前野破壊の効果(行動・生態学),佐藤 真彦,岡 良隆,藤田 一郎,小山 純正,上田 一夫,動物学雑誌,社団法人日本動物学会,Vol. 89,No. 4,1980年12月25日
  • Inhibition of mitral cells in the carp olfactory bulb.,Satou M,Fujita I,Ichikawa M,Ueda K,Proc. Jpn. Symp. Taste Smell. (In Japanese with English abstract),Vol. 14,p. 41-44,1980年
  • 標的神経細胞の樹状突起形態の可視化(2):様々な細胞種への応用と超高圧電子顕微鏡観察,岡本嗣久,小賀智文,藤田一郎,脳21,Vol. 13,No. 1

著書

  • 「奥行きの感覚」を求めて〜美術をめぐる新たな鑑賞と実践,中ハシ克シゲ編,京都市立芸術大学,2021年03月31日
  • 連合野ハンドブック : 神経科学×神経心理学で理解する大脳機能局在 : 完全版,河村, 満,医学書院,ISBN:9784260043434,2021年03月15日
  • 視能訓練学,若山, 暁美,長谷部, 佳世子,松本, 富美子,保沢, こずえ,梅田, 千賀子,医学書院,ISBN:9784260032230,2018年03月
  • 宗教と科学の対話 : 宇宙の摂理への想い,高野山大学密教文化研究所,高野山大学,企業開発センター,星雲社 (発売),ISBN:9784434209550,2015年08月
  • 一般書・啓蒙書,脳がつくる3D世界〜立体視のなぞとしくみ,藤田 一郎,化学同人,ISBN:9784759816648,2015年02月20日
  • 科学の宝箱 : もっと!人に話したくなる25の「すごい」豆知識 : TBSラジオ「夢☆夢Engine!」公式BOOK,TBSラジオ,講談社,ISBN:9784062183574,2014年07月
  • カンデル神経科学,Kandel, Eric R.,Schwartz, James H. (James Harris),Jessell, Thomas M.,Siegelbaum, Steven,Hudspeth, A. James,Mack, Sarah,金澤, 一郎,宮下, 保司,岡野, 栄之,和田, 圭司,加藤, 総夫(医学),入來, 篤史,藤田, 一郎,伊佐, 正,定藤, 規弘,大隅, 典子,笠井, 清登,メディカル・サイエンス・インターナショナル,ISBN:9784895927710,2014年04月
  • 行動生物学辞典,上田, 恵介,岡ノ谷, 一夫,菊水, 健史,坂上, 貴之,辻, 和希,友永, 雅己,中島, 定彦,長谷川, 寿一,松島, 俊也,東京化学同人,ISBN:9784807908370,2013年11月
  • 脳はなにを見ているのか,藤田, 一郎,角川学芸出版,角川グループホールディングス (発売),ISBN:9784044052171,2013年04月
  • 芸術と脳 : 絵画と文学、時間と空間の脳科学,近藤, 寿人,大阪大学出版会,ISBN:9784872593242,2013年03月
  • 岩波生物学辞典,巌佐, 庸,倉谷, 滋,斎藤, 成也,塚谷, 裕一,岩波書店,ISBN:9784000803144,2013年02月
  • 一般書・啓蒙書,脳の風景: 「かたち」を読む脳科学 (筑摩選書),藤田 一郎,筑摩書房,ISBN:4480015264,2011年09月15日
  • 脳科学とどうつきあうか,鈴木貴之,南山大学 社会倫理研究所,2011年03月31日
  • 知デリBOOK vol. 001 ー5つの対話集〜,大阪大学コミュニケーションデザイン,センター(CSCD)ワーキング,大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD),2011年03月
  • 魅力ある授業のために2,大阪大学大学教育実践センター編,大阪大学出版会,2010年03月26日
  • 脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説),藤田 一郎,飛鳥新社,ISBN:4870319691,2009年11月24日
  • 脳を知る本,2007年08月
  • 「見る」とはどういうことか―脳と心の関係をさぐる (DOJIN選書 7),藤田 一郎,化学同人,ISBN:4759813071,2007年05月20日
  • 両眼視,大月, 洋,金原出版,ISBN:9784307351249,2007年01月
  • 眼の事典,三島, 濟一,朝倉書店,ISBN:4254300700,2003年09月
  • AI 事典 第2版,土屋, 俊,中島, 秀之,中川, 裕志,橋田, 浩一,松原, 仁,大澤, 幸生,高間, 康史,共立出版,ISBN:4320120639,2003年03月18日
  • 認知科学辞典,日本認知科学会,共立出版,ISBN:432009445X,2002年07月01日
  • 脳の神秘を探る (大阪大学新世紀セミナー),村上 富士夫,倉橋 隆,藤田 一郎,大阪大学創立,周年記念出版実行委員会,大阪大学出版会,ISBN:4872591216,2001年12月20日
  • 生き物はどのように世界を見ているか―さまざまな視覚とそのメカニズム,日本動物学会,学会出版センター,ISBN:4762229865,2001年11月
  • サイエンスアイのにっぽん名物研究室―生命の謎に迫る凄い研究者たち (KAWADE夢新書),NHKサイエンスアイ,河出書房新社,ISBN:4309502199,2001年05月10日
  • 脳の高次機能,丹治, 順,吉沢, 修治,朝倉書店,ISBN:9784254101775,2001年04月
  • 岩波講座 認知科学〈3〉視覚と聴覚,川人 光男,藤田 一郎,力丸 裕,行場 次朗,乾 敏郎,岩波書店,ISBN:4000106139,1994年07月08日
  • ニューロ・ファジィ・AIハンドブック,計測自動制御学会,オーム社,ISBN:4274034461,1994年05月
  • 禅と生命科学,盛永, 宗興,紀伊國屋書店,ISBN:4314006080,1994年02月
  • 脳と思考,伊藤, 正男,紀伊國屋書店,ISBN:4314005653,1991年10月

受賞

  • 日本神経回路学会最優秀研究賞,藤田 一郎,小松優介,稲垣未来男,林 燦碩,篠崎隆志,日本神経回路学会,2019年10月
  • HKU Social Sciences Outstanding Research Output Award (Basic Research) 2018-2019,Dorita Chang,Hiroshi Ban,Yuji Ikegawa,Ichiro Fujita,Nicholas Troje,香港大学,2019年07月
  • 日本神経回路学会最優秀研究賞,藤田 一郎,畑中岳,池添貢司,稲垣未来男,竹内遼介,西本伸志,日本神経回路学会,2018年10月
  • 研究奨励賞,藤田 一郎,藤田瑞希,青木俊太郎,番浩志,天野薫,第一回ヒト脳イメージング研究会より,2017年09月
  • 研究奨励賞,藤田 一郎,大石浩輝,竹村浩昌,青木俊太郎,天野薫,第一回ヒト脳イメージング研究会,2017年09月
  • Young Researcher Award (YRA),藤田 一郎,畑中岳,池添貢司,竹内遼介,稲垣未来男,西本伸志,IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter,2017年03月
  • 第一回大阪大学功績賞 社会・国際貢献部門,藤田 一郎,大阪大学,2011年04月
  • 論文賞,Shinomoto S, Kim H, Shimokawa T, Matsuno N, Funahashi S, Fujita I, Tamura H, Doi T, Kawano K, Inaba N, Komatsu H, Toyama K,日本神経回路学会,2010年09月
  • 平成20年度教育・研究功績賞,藤田 一郎,国立大学法人大阪大学,2009年02月
  • 時実利彦記念賞,藤田 一郎,日本神経科学学会,2008年03月
  • 平成19年度教育・研究功績賞,藤田 一郎,国立大学法人大阪大学,2008年02月
  • 日本神経回路学会研究賞,藤田 一郎,日本神経回路学会,2007年11月
  • 共通教育賞,藤田 一郎,大阪大学,2006年11月
  • Neuroscience Research Excellent Paper Award,藤田 一郎,日本神経科学学会,2005年07月
  • 第1回日本神経回路学会論文賞,藤田 一郎,日本神経回路学会,1992年01月
  • 第12回視聴覚情報研究賞 (AVIRG賞),藤田 一郎,視聴覚情報研究会,1990年01月

報道

  • なぜそう見える!?「錯視」大発見,関西テレビ,2016年09月25日
  • 「見る」という脳機能の不思議にドイツの研究グループとともに挑む,大阪大学,2015年06月
  • 私たちは、脳がつくり出した世界に住んでいる!,2014年12月
  • 加藤浩次の本気対談:コージ魂!,BS日本テレビ,2014年12月
  • 生物、色をどう区別?進化に応じ識別能力に差,日本経済新聞社,2014年11月16日
  • おちゃのこSai Sai,JCOM 関西,2014年10月
  • 脳科学と仏教の対話~変えられる自分と変えられない自分,NHK,2013年06月
  • 私達は「見ているつもり」になっているだけなんです,NTTコムジン,2012年12月
  • 親子のための「脳のしくみとはたらき」,朝日新聞,2012年11月
  • 夢★夢Engine!,TBS,2012年04月
  • 3D 脳で見る 活動部位を解明,読売新聞,2012年03月15日
  • 「わずかな奥行き」つかむ領域=疲れにくい3D開発に道ー大阪大,日本経済新聞,2012年03月14日
  • 3D:「脳の把握部位」阪大研究チームが解明 サルで実験「映像改良に期待」,毎日新聞,2012年03月14日
  • 「わずかな奥行き」つかむ領域=疲れにくい3D開発に道ー大阪大,The Wall Street Journal 日本版,2012年03月
  • 「わずかな奥行き」つかむ領域=疲れにくい3D開発に道ー大阪大,時事ドットコム,2012年03月
  • 疲れにくい3D開発に道 大阪大,BIGLOBE JAPAN,2012年03月
  • 微小立体視の脳部位特定 自然な3次元映像に期待,産経新聞,2012年03月
  • 「わずかな奥行き」つかむ領域=疲れにくい3D開発に道ー大阪大,Yahoo Japan,2012年03月
  • 「わずかな奥行き」つかむ領域=疲れにくい3D開発に道ー大阪大,Excite ニュース,2012年03月
  • 文脈依存的反応調節と方位選択嗜好性地図,ネイチャー アジア・パシフィック,2011年11月
  • 森山和道の読書日記,日経サイエンス,2011年10月
  • 目視の情報、脳内で再構築。認識担う神経細胞,日本経済新聞,2011年10月
  • 脳と心の研究の魅力を垣間見る,書評空間,2011年09月
  • 「100分de名著~ブッダ真理の言葉」,NHK,2011年09月
  • 「頭が良くなる」は疑う~脳ブームの危うさ藤田一郎さんに聞く,2011年05月21日
  • ひでたけのやじうま好奇心:脳ブームの迷信,ラジオニッポン放送,2011年01月
  • 「脳はだまされる、だから人間らしくいられる」 「脳にまつわる噂80%はウソ!」,テレビ東京,2010年10月
  • 花園大学で仏教・脳科学者トークセッション,中外日報,2010年10月
  • 今月の書庫「脳ブームの迷信」,プリバリ印,2010年08月
  • 「視差」が脳を錯覚させる,毎日新聞社,2010年06月
  • 闇を歩く ~ダイアログ・イン・ザ・ダーク~,WOW WOW,2010年04月
  • ニセ科学 ここが問題 大阪でつどい,しんぶん 赤旗,2009年12月
  • 闘う科学者、ブームに渇,神戸新聞,2009年12月
  • おでかけべんけい/あなたもきっとダマされる!?,テレビ大阪,2009年12月
  • 世界の頭脳 中高生に生理学講義 左京でサイエンスプログラム開催,京都新聞,2009年07月
  • シナプスの生後発達、脳の部位によって異なることを発見!,Nature asia-pacific,2009年05月
  • コスプレで歴史を体験できる授業!?,読売テレビ,2009年05月
  • 物を見分ける脳内メカニズム探究,産経新聞,2009年05月
  • シナプス増減数 脳内の位置で格差―阪大など 発達障害解明に道―,日経産業新聞,2009年03月
  • 脳の発達 使用度より”部位”-阪大 サルで生成・減少過程解明-,日刊工業新聞,2009年03月
  • 脳神経 使っても減る?-部位によって違い-,読売新聞,2009年03月
  • 脳の発達”場所によって異なる”大阪大の藤田教授ら発見,科学新聞,2009年03月
  • 大人の学舎 Vol. 23 脳科学,大同生命保険株式会社,2009年02月
  • 目はどうやってものを見ているの?,日経ヘルス,2008年10月
  • 科学と宗教『心』に迫る,朝日新聞,2008年10月
  • 世界は脳でつくられる 視覚と脳の驚くべき関係,国立自然科学博物館,2008年05月
  • ヒューマンインタフェースを読む,日経サイエンス,2007年12月
  • 任天堂DS「脳トレ」に異論続出,週刊朝日,2007年11月16日
  • 科学者に講じた共通性,朝日新聞,2007年11月
  • 「見る」ことを手がかりに脳と心の関係を探る,日経サイエンス,2007年09月