EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

堀 雄一郎

Hori Yuuichirou

工学研究科 応用化学専攻,准教授

keyword グルコーストランスポーター,生体分子修飾,蛍光イメージング,ケミカルバイオロジー,PYP,タンパク質標識,タグタンパク質,蛍光プローブ,エピジェネティクス

学歴

  • 1999年04月 ~ 2004年03月,京都大学,大学院薬学研究科
  • ~ 2001年,京都大学
  • 1995年04月 ~ 1999年03月,京都大学,薬学部,製薬化学
  • ~ 1999年,京都大学

経歴

  • 2016年04月 ~ 継続中,大阪大学,免疫学フロンティア研究センター,准教授
  • 2016年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科,准教授
  • 2013年04月 ~ 2016年03月,大阪大学,免疫学フロンティア研究センター,助教
  • 2012年10月 ~ 2016年03月,科学技術振興機構(JST),さきがけ研究者
  • 2007年04月 ~ 2016年03月,大阪大学,大学院工学研究科,助教
  • 2006年08月 ~ 2007年03月,大阪大学,大学院工学研究科,助手
  • 2004年04月 ~ 2006年07月,ロックフェラー大学,博士研究員
  • 2001年04月 ~ 2004年03月,京都大学,大学院薬学研究科,日本学術振興会特別研究員(DC1)

研究内容・専門分野

  • ナノテク・材料,生体化学
  • ナノテク・材料,生物分子化学
  • ナノテク・材料,ケミカルバイオロジー
  • ライフサイエンス,薬系化学、創薬科学

所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本分子イメージング学会
  • 日本ケミカルバイオロジー学会
  • アメリカ化学会
  • 日本化学会フロンティア生命化学研究会
  • 日本化学会生体機能関連化学部会
  • 日本化学会
  • 蛋白質科学会
  • 生物物理学会
  • 薬学会

論文

  • Fluorogenic probes for detecting deacylase and demethylase activity towards post-translationally-modified lysine residues,2021年,研究論文(学術雑誌)
  • Near-infrared fluorescent probes: a next-generation tool for protein-labeling applications,Shahi Imam Reja,Masafumi Minoshima,Yuichiro Hori,Kazuya Kikuchi,Chemical Science,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of photoswitchable fluorescent molecules using arylazopyrazole,Kenji Torii, Yuichiro Hori, Keiichiro Watabe, and Kazuya Kikuchi,Bulletin of the Chemical Society of Japan,Vol. 93,No. 7,p. 821-824,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of fluorogenic probes for rapid, high-contrast imaging of transient nuclear localization of sirtuin 3,Gao J,Hori Y,Shimomura T,Bordy M,Hasserodt J,Kikuchi K,ChemBioChem,Vol. 21,No. 5,p. 656-662,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Rapid no-wash labeling of PYP-tag proteins with reactive fluorogenic ligands affords stable fluorescent protein conjugates for long-term cell imaging studies,Naresh Kumar, Yuichiro Hori, Miyako Nishiura and Kazuya Kikuchi,Chemical Science,Vol. 11,p. 3694-3701,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Engineered Protein-tag for Rapid Live-cell Fluorogenic Visualization of Proteins by Anionic Probes,Jingchi Gao,Yuichiro Hori,Miyako Nishiura,Mathieu Bordy,Jens Hasserodt,Kazuya Kikuchi,Chemistry Letters,Vol. 49,No. 3,p. 232-235,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Live-Cell Imaging of Protein Degradation Utilizing Designed Protein-Tag Mutant and Fluorescent Probe with Turn-Off Switch.,Vol. 31,No. 3,p. 577-583,2020年01月09日
  • Chemical Tools with Fluorescence Switches for Verifying Epigenetic Modifications,Hori Y,Kikuchi K,Acc. Chem. Res.,Vol. 52,No. 10,p. 2849-2857,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Photoactive yellow protein and its chemical probes: an approach to protein labelling in living cells.,Kumar N,Hori Y,Kikuchi K,J. Biochem,Vol. 166,No. 2,p. 121-127,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an effective protein-labeling system based on smart fluorogenic probes.,Reja SI,Minoshima M,Hori Y,Kikuchi K,J. Biol. Inorg. Chem.,Vol. 24,No. 4,p. 443-455,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • SCOTfluors: Small, Conjugatable, Orthogonal, and Tunable Fluorophores for In Vivo Imaging of Cell Metabolism.,Benson S,Fernandez A,Barth ND,de Moliner F,Horrocks MH,Herrington CS,Abad JL,Delgado A,Kelly L,Chang Z,Feng Y,Nishiura M,Hori Y,Kikuchi K,Vendrell M,Angew Chem Int Ed,Vol. 58,No. 21,p. 6911-6915,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthetic-Molecule/Protein Hybrid Probe with Fluorogenic Switch for Live-Cell Imaging of DNA Methylation,Vol. 140,No. 5,p. 1686-1690,2018年02月07日,研究論文(学術雑誌)
  • Live-Cell Imaging of DNA Methylation Based on Synthetic-Molecule/Protein Hybrid Probe,Kumar, N,Hori, Y,Kikuchi, K,Chem. Rec.,Vol. 18,No. 12,p. 1672-1680,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of cyanine probes with dinitrobenzene quencher for rapid fluorogenic protein labelling,Vol. 375,No. 2107,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Enzyme-triggered compound release using functionalized antimicrobial peptide derivatives (vol 8, pg 3047, 2017),Vol. 8,No. 4,p. 3276-3276,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Enzyme-triggered compound release using functionalized antimicrobial peptide derivatives,Vol. 8,No. 4,p. 3047-3053,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Fluorogenic probes reveal a role of GLUT4 N-glycosylation in intracellular trafficking,Vol. 12,No. 10,p. 853-+,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of “Clickable” Polyfluorene Nanowires with High Aspect Ratio as Biological Sensing Platforms,Wasin, T,Enomoto, K,Sakurai, T,Padalkar, V,Cheng, H,Tang, M,Horio, A,Sakamaki, D,Omichi, M,Saeki, A,Kikuchi, K,Hori, Y,Chiba, A,Saito, Y,Kamiya, T,Sugimoto, M,Seki, S,ACS Sensors,Vol. 1,No. 6,p. 766-774,2016年06月24日,研究論文(学術雑誌)
  • Design of a protein tag and fluorogenic probe with modular structure for live-cell imaging of intracellular proteins,Vol. 7,No. 1,p. 308-314,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Redesign of a Fluorogenic Labeling System To Improve Surface Charge, Brightness, and Binding Kinetics for Imaging the Functional Localization of Bromodomains,Vol. 54,No. 48,p. 14368-14371,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Intramolecular Long-Distance Nucleophilic Reactions as a Rapid Fluorogenic Switch Applicable to the Detection of Enzymatic Activity,Vol. 21,No. 12,p. 4695-4702,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • New frontiers of epigenetics researches in pharmaceutical sciences,Vol. 135,No. 1,p. 1-2,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of Fluorogenic Probes for the Detection of Histone Deacetylase Activity,Vol. 135,No. 1,p. 23-29,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Small-Molecule-Based Protein-Labeling Technology in Live Cell Studies: Probe-Design Concepts and Applications,Vol. 47,No. 1,p. 247-256,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of fluorogenic probes for quick No-Wash live-cell imaging of intracellular proteins,Vol. 135,No. 33,p. 12360-12365,2013年08月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Protein labeling with fluorogenic probes for no-wash live-cell imaging of proteins,Vol. 17,No. 4,p. 644-650,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a Fluorogenic Probe with a Transesterification Switch for Detection of Histone Deacetylase Activity,Vol. 134,No. 35,p. 14310-14313,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • A fluorescent probe for detection of histone deacetylase activity based on aggregation-induced emission,Vol. 48,No. 94,p. 11534-11536,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of Protein-Labeling Probes with a Redesigned Fluorogenic Switch Based on Intramolecular Association for No-Wash Live-Cell Imaging,Vol. 51,No. 23,p. 5611-5614,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Intracellular Protein Labeling with Prodrug-Like Probes Using a Mutant beta-Lactamase Tag,Vol. 17,No. 30,p. 8342-8349,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Switching Modulation for Protein Labeling with Activatable Fluorescent Probes,Vol. 12,No. 9,p. 1299-1308,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Cell-Surface Protein Labeling with Luminescent Nanoparticles through Biotinylation by Using Mutant beta-Lactamase-Tag Technology,Vol. 12,No. 7,p. 1031-1034,2011年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel protein labeling system based on synthetic fluorescent probe and protein tag,Vol. 83,No. 2,p. 135-139,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Multicolor Protein Labeling in Living Cells Using Mutant beta-Lactamase-Tag Technology,Vol. 21,No. 12,p. 2320-2326,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Photocontrolled Compound Release System Using Caged Antimicrobial Peptide,Vol. 132,No. 28,p. 9524-9525,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Noncovalent-Interaction-Promoted Ligation for Protein Labeling,Vol. 11,No. 5,p. 646-648,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Photoactive Yellow Protein-Based Protein Labeling System with Turn-On Fluorescence Intensity,Vol. 131,No. 46,p. 16610-+,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Covalent Protein Labeling Based on Noncatalytic beta-Lactamase and a Designed FRET Substrate,Vol. 131,No. 14,p. 5016-+,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Paramagnetic relaxation-based F-19 MRI probe to detect protease activity,Vol. 130,No. 3,p. 794-+,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Activation of protein splicing by protease- or light-triggered O to N acyl migration,Vol. 47,No. 40,p. 7764-7767,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Zn(II) binding and apoprotein structural stability on the conformation change of designed antennafinger proteins,Vol. 43,No. 11,p. 3068-3074,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Conversion of Antennapedia homeodomain to zinc finger-like domain: Zn(II)-induced change in protein conformation and DNA binding,Vol. 124,No. 32,p. 9362-9363,2002年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Design of novel zinc finger proteins: towards artificial control of specific gene expression,Vol. 13,No. 1,p. 91-97,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiconnection of identical zinc finger: Implication for DNA binding affinity and unit modulation of the three zinc finger domain,Vol. 40,No. 9,p. 2932-2941,2001年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Artificial zinc finger peptide containing a novel His(4) domain,Vol. 122,No. 32,p. 7648-7653,2000年08月,研究論文(学術雑誌)
  • DNA-bending finger: Artificial design of 6-zinc finger peptides with polyglycine linker and induction of DNA bending,Vol. 39,No. 15,p. 4383-4390,2000年04月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 生細胞でのタンパク質蛍光標識技術の開発と糖鎖機能の解明,堀 雄一郎,菊地 和也,生体の科学,Vol. 68,No. 5,p. 2-3,2017年
  • GLUT4の細胞内動態を可視化する 化学アプローチで明らかとなった糖鎖の役割,堀 雄一郎,菊地 和也,化学と生物,Vol. 55,No. 10,p. 659-660,2017年
  • ケミカルバイオロジーと分子イメージング,堀 雄一郎,菊地 和也,感染・炎症・免疫,Vol. 47,No. 1,p. 48-57,2017年
  • ヒストンデアセチラーゼ活性を検出する発蛍光プローブの開発,堀 雄一郎,菊地 和也,薬学雑誌,Vol. 135,No. 1,p. 23-29,2015年,書評論文,書評,文献紹介等
  • ヒストン脱アセチル化酵素の活性を検出する化学プローブの開発,堀 雄一郎,菊地 和也,生体の科学,Vol. 65,No. 6,p. 559-564,2014年
  • PYPタグと発蛍光プローブを利用した生細胞タンパク質イメージング技術の開発,堀 雄一郎,菊地 和也,Dojin News,Vol. 150,p. 1-6,2014年
  • PYPタグと発蛍光プローブを用いた生細胞タンパク質イメージング法 の開発と応用,堀 雄一郎,菊地 和也,バイオサイエンスとインダストリー,Vol. 72,No. 3,p. 230-231,2014年
  • タンパク質イメージング技術の新展開,堀 雄一郎,菊地 和也,バイオサイエンスとバイオインダストリー,Vol. 72,No. 3,p. 188-189,2014年
  • 発蛍光型スイッチ機能を持ったタンパク質ラベル化技術の開発による細胞内標的分子イメージング,堀 雄一郎,菊地 和也,CSJ Current Review,Vol. 12,p. 162-168,2013年
  • PYPタグと発蛍光プローブを利用したタンパク質の生細胞蛍光イメージング,堀 雄一郎,菊地 和也,化学と生物,Vol. 51,No. 3,p. 189-192,2013年
  • 発蛍光プローブによる次世代型タンパク質標識技術 -化学アプローチに基づくタンパク質蛍光イメージングの新展開,堀 雄一郎,菊地 和也,化学,Vol. 67,No. 12,p. 68-69,2012年
  • 合成蛍光プローブと発現タンパク質を用いた新規タンパク質ラベル化システム,堀 雄一郎,菊地 和也,生化学,Vol. 83,p. 135-139,2011年
  • Conversion of Antennapedia homeodomain to zinc finger-like domain: Zn(II)-induced change in protein conformation and DNA binding,Vol. 124,No. 32,p. 9362-9363,2002年08月
  • Artificial zinc finger peptide containing a novel His(4) domain,Vol. 122,No. 32,p. 7648-7653,2000年08月
  • DNA-bending finger: Artificial design of 6-zinc finger peptides with polyglycine linker and induction of DNA bending,Vol. 39,No. 15,p. 4383-4390,2000年04月
  • The engineering, structure, and DNA binding properties of a novel His4-type zinc finger peptide.,Y. Hori,K. Suzuki,Y. Okuno,M. Nagaoka,S. Futaki,Y. Sugiura,Nucleic acids symposium series,No. 44,p. 295-296,2000年01月01日

受賞

  • The 2017 FASMI Young Investigator’s Award,堀 雄一郎,Federation of Asian societies for molecular imaging,2017年08月
  • 平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,堀 雄一郎,文部科学省,2016年07月
  • 大阪大学総長奨励賞,堀 雄一郎,大阪大学,2015年07月
  • 大阪大学総長奨励賞,堀 雄一郎,大阪大学,2014年07月
  • バイオ関連化学シンポジウム講演賞,堀 雄一郎,日本化学会生体機能関連化学部会,2013年09月
  • 大阪大学総長奨励賞,堀 雄一郎,大阪大学,2013年08月