EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

狩野 裕

Kano Yutaka

基礎工学研究科 システム創成専攻,教授

keyword 統計科学,データ科学,数理統計学,多変量解析

学歴

  • ~ 1986年06月,工学博士,(大阪大学)
  • 1983年04月 ~ 1984年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,数理系専攻 博士後期課程 退学
  • 1981年04月 ~ 1983年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,数理系専攻 博士前期課程 修了
  • 1977年04月 ~ 1981年03月,大阪大学,理学部,数学科 卒業

経歴

  • 2004年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院基礎工学研究科
  • 2017年04月 ~ 2021年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,研究科長・同学部長
  • 2013年08月 ~ 2017年03月,大阪大学,教育研究評議員
  • 1997年04月 ~ 2004年03月,大阪大学,人間科学部
  • 1994年04月 ~ 1997年03月,筑波大学 数学系
  • 1990年 ~ 1994年,大阪府立大学 工学部
  • 1987年10月 ~ 1990年03月,大阪大学 基礎工学部
  • 1984年04月 ~ 1987年09月,運輸省 海技大学校 教養

研究内容・専門分野

  • 自然科学一般,応用数学、統計数学
  • 自然科学一般,数学基礎
  • 人文・社会,教育心理学
  • 情報通信,統計科学

所属学会

  • 日本分類学会
  • 日本数学会
  • 応用統計学会
  • 計量心理学会(Psychometric Society)
  • 日本行動計量学会
  • 日本統計学会

論文

  • 欠測データ解析のmissとmyth,狩野 裕,日本統計学会誌,Vol. 48,No. 3,p. 199-214,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Meta analytical SEM: Equivalence between maximum likelihood and generalized least squares,Ke-Hai Yuan,Yutaka Kano,Journal of Educational and Behavioral Statistics,Sage, ASA, American Educational Research Association,Vol. 43,No. 6,p. 639-720,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Missing data mechanisms and homogeneity of means and variances–covariances,Ke-Hai Yuan,Mortaza Jamshidian,Yutaka Kano,Psychometrika,The Psychometric Society,Vol. 83,No. 2,p. 425-442,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Identifiability of nonrecursive structural equation models,Vol. 122,p. 109-117,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Full information maximum likelihood estimation in factor analysis with a large number of missing values,Vol. 86,No. 1,p. 91-104,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • NMARの下での尤度法,狩野 裕,日本統計学会誌,Vol. 43,No. 2,p. 359-377,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A New Test on High-Dimensional Mean Vector Without Any Assumption on Population Covariance Matrix,Vol. 43,No. 24,p. 5290-5304,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Corrigendum to "A two sample test in high dimensional data" [J. Multivariate Anal. 114 (2013) 349-358],Vol. 119,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Asymptotic distributions of some test criteria for the mean vector with fewer observations than the dimension,Vol. 116,p. 410-421,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A two sample test in high dimensional data,Vol. 114,No. 1,p. 349-358,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • A criterion-based model comparison statistic for structural equation models with heterogeneous data,Vol. 112,p. 92-107,2012年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Variable selection for structural models,Yutaka Kano,Vol. 108(3), 305-314,2002年
  • Stepwise variable selection in factor analysis(jointly worked),Yutaka Kano,Akira Harada,Vol. 65,p. 7-22,2000年
  • Delta method approach in certain irregular condition,Yutaka Kano,Vol. 28,p. 789-807,1999年
  • More higher order efficiency,Yutaka Kano,Journal of Multivariate Analysis,Vol. 67,p. 349-366,1998年
  • Beyond third-order efficiency,Yutaka Kano,Sankhy,Vol. 59,No. 2,p. 179-197,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • A note on robustness of two-stage procedure for a multivariate compounded normal distribution(jointly worked),Makoto Aoshima,Yutaka Kano,Sequential Analysis,Vol. 16,No. 2,p. 175-187,1997年
  • Exploratory factor analysis with a common factor with two indicators,Yutaka Kano,Behaviormetrika,Vol. 24,No. 2,p. 129-145,1997年
  • On averaging variables in a confirmatory factor analysis model(jointly worked),Ke-Hai Yuan,Peter M. Bentler,Yutaka Kano,Vol. 24,No. 1,p. 71-83,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Third-order efficiency implies fourth-order efficiency,Yutaka Kano,Journal of Japan Statistical Society,Vol. 26,No. 1,p. 101-117,1996年
  • Fourth and fifth order efficienc : Fisher information,Yutaka Kano,Probability Theory and Mathematical Statistics(World Scientific),p. 193-200,1996年
  • Identifiability of full, marginal, and conditional factor analysis models,Vol. 23,No. 4,p. 343-350,1995年,研究論文(学術雑誌)
  • An asymptotic expansion of the distribution of Hotelling's $T<sup>2</sup>$-statistic under general distributions.,Yutaka Kano,American Journal of Mathematical and Management Sciences.,Vol. 15,No. 3-4,p. 317-341,1995年
  • CONSISTENCY PROPERTY OF ELLIPTIC PROBABILITY DENSITY-FUNCTIONS,Vol. 51,No. 1,p. 139-147,1994年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of inconsistent variates in factor analysis,Vol. 59,No. 1,p. 5-20,1994年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Statistical Inference Based on Pseudo Maximum Likelihood Estimators in Elliptical Populations(jointly worked),Yutaka Kano,Maia Berkane,Peter Bentler,Journal of the American Statistical Association,Vol. 88,1993年,研究論文(学術雑誌)
  • Robust statistics for test-of-independence and related structural models,Vol. 15,No. 1,p. 21-26,1992年09月03日,研究論文(学術雑誌)
  • Asymptotic equivalence of unique variance estimators in marginal and conditional factor analysis models,Vol. 14,No. 5,p. 337-341,1992年07月11日,研究論文(学術雑誌)
  • Can test statistics in covariance structure model be trusted?,Litze Hu,Peter M. Bentler,Yutaka Kano,Psychological Bulletin,Vol. 112,No. 2,p. 337-341,1992年,研究論文(学術雑誌)
  • THE ASYMPTOTIC-DISTRIBUTION OF A NONITERATIVE ESTIMATOR IN EXPLORATORY FACTOR-ANALYSIS,Vol. 19,No. 1,p. 272-282,1991年03月,研究論文(学術雑誌)
  • COVARIANCE STRUCTURE-ANALYSIS WITH HETEROGENEOUS KURTOSIS PARAMETERS,Vol. 77,No. 3,p. 575-585,1990年09月,研究論文(学術雑誌)
  • NONITERATIVE ESTIMATION AND THE CHOICE OF THE NUMBER OF FACTORS IN EXPLORATORY FACTOR-ANALYSIS,Vol. 55,No. 2,p. 277-291,1990年06月,研究論文(学術雑誌)
  • ON THE EQUIVALENCE OF FACTORS AND COMPONENTS,Vol. 25,No. 1,p. 67-74,1990年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparative studies of non-iterative estimators based on ihara and kano’s method in exploratory factor analysis,Vol. 19,No. 2,p. 431-444,1990年,研究論文(学術雑誌)
  • A new estimation procedure using G-inverse matrix in factor analysis,Mathematica Japonica,Vol. 34,No. 1,p. 43-52,1989年
  • ON ASYMPTOTIC VARIANCES OF UNIQUENESS ESTIMATORS IN FACTOR-ANALYSIS,Vol. 21,No. 2,p. 131-139,1987年,研究論文(学術雑誌)
  • A NEW ESTIMATOR OF THE UNIQUENESS IN FACTOR-ANALYSIS,Vol. 51,No. 4,p. 563-566,1986年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Consistency conditions on the least squares estimator in single common factor analysis model,Vol. 38,No. 1,p. 57-68,1986年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Conditions on consistency of estimators in covariance structure model,Yutaka Kano,Journal of the Japan Statistical Society,Vol. 16,No. 1,p. 75-80,1986年
  • A condition for the regression predictor to be consistent in a single common factor model,Vol. 39,No. 2,p. 221-227,1986年,研究論文(学術雑誌)
  • Construction of additional variables conforming to a common factor model,Yutaka Kano,Vol. 2,No. 4,p. 241-244,1984年,研究論文(学術雑誌)
  • Consistency of estimators in factor analysis.,Yutaka Kano,Journal of the Japan Statistical Society,Vol. 13,No. 2,p. 137-144,1983年

MISC

  • データの欠測,狩野 裕,今田美幸,電気情報通信学会誌,Vol. 100,No. 11,p. 1274-1279,2017年11月
  • Consistency of penalized risk of boosting methods in binary classification,Kenichi Hayashi,Yasutaka Shimizu,Yutaka Kano,New Trends in Psychometrics,Universal Academic Press,2008年12月
  • Factor rotation and ICA(jointly worked),Yutaka Kano,Shohei Shimizu,Yusuke Miyamoto,Proceedings of the Fourth International Symposium on ICA and BSS,p. 101-105,2003年,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Independent component analysis for non-normal factor analysis(jointly worked),In New Developments in Psychometrics (Yanai, H. et al., Eds.). Springer Verlag: Tokyo.,2002年
  • Use of SEM programs to precisely measure scale reliability(jointly worked),In New Developments in Psychometrics (Yanai, H. et al., Eds.). Springer Verlag: Tokyo,2002年
  • 統計学パラダイムの変換に向けて : 「有意な共同研究」のススメ,日本統計学会誌,Vol. 30,No. 3,p. 305-314,2000年
  • Improper solutions in exploratory factor analysis : Causes and treatments.,In Advances in Data Sciences and Classification(Eds Rizzi, A. , Vichi, M. And Bock, H. ),p. 375-382,1998年
  • SELECTION OF VARIABLES IN FACTOR-ANALYSIS,p. 171-176,1993年
  • ASYMPTOTIC PROPERTIES OF STATISTICAL-INFERENCE BASED ON FISHER CONSISTENT ESTIMATORS IN THE ANALYSIS OF COVARIANCE-STRUCTURES,Vol. 173-190,p. 173-190,1993年
  • Additional information and precision of estimators in multivariate structural models (jointly worked),Vol. 187-196,1993年
  • COVARIANCE STRUCTURE-ANALYSIS UNDER A SIMPLE KURTOSIS MODEL,p. 463-465,1991年
  • 因子分析における統計的推測:最近の発展,狩野 裕,行動計量学,Vol. 18,No. 1,p. 3-12,1990年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

著書

  • 新装版 AMOS, EQS, CALISによるグラフィカル多変量解析 : 目で見る共分散構造分析,狩野, 裕,三浦, 麻子,現代数学社,ISBN:9784768705407,2020年08月
  • Handbook of Latent Variable and Related Models,Elsevier,2007年06月
  • New Developments in Psychometrics,Springer,2003年05月
  • (共編著)文科系の学生のための数学(上)(下),ナカニシヤ出版,2003年
  • 多変量解析の展開 -- 隠れた構造と因果を推理する,竹内啓 (編著),2002年
  • Structural equation modeling for experimental data,Structural Equation Models : Present and future (A Festschrift in honor of Karl Joreskog) 381-402. SSI: Chicago.,2001年

受賞

  • 第23回 日本統計学会賞,日本統計学会,2018年06月
  • 第29回 林知己夫賞(功績賞),日本行動計量学会,2014年09月
  • 第 7回 研究業績賞,日本統計学会,2013年06月
  • 平成20年度 第2学期 共通教育賞(優れた授業を実践した教員),大阪大学,2009年05月
  • 平成15年度 第1学期 共通教育賞(優れた授業を実践した教員),大阪大学,2003年12月
  • 第11回 小川研究奨励賞,日本統計学会,1997年10月
  • 第12回 林知己夫賞(優秀賞),日本行動計量学会,1997年09月

委員歴

  • 学協会,計量心理学会(Psychometric Society),Psychometrka編集委員 Board of Trustee(理事),2000年 ~ 2003年
  • 学協会,日本行動計量学会,理事,欧文誌編集委員,欧文誌編集委員長,1994年 ~ 2000年
  • 学協会,日本統計学会,評議員,欧文誌編集委員,1994年 ~ 2000年
  • 学協会,Academic Press,Journal of Multivariate Analysis,Associate Editor,2002年 ~
  • 学協会,応用統計学会,編集委員,2000年 ~
  • 学協会,日本数学会,雑誌「数学(岩波書店)」常任編集委員,1995年 ~
  • 学協会,日本計算機統計学会,欧文誌編集委員,1995年 ~