EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

宮前 良平

Miyamae Ryouhei

人間科学研究科 人間科学専攻,助教

keyword 関係人口,当事者,介助者,障害,記憶,アクションリサーチ,ロラン・バルト,エスノグラフィ,慰霊,死者,共生,ボランティア,東日本大震災,災害,写真,復興

学歴

  • 2016年04月 ~ 2019年03月,大阪大学大学院人間科学研究科 博士後期課程
  • 2014年04月 ~ 2019年03月,大阪大学,未来共生イノベーター博士課程プログラム
  • 2014年04月 ~ 2016年03月,大阪大学大学院,人間科学研究科,博士前期課程

経歴

  • 2019年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院人間科学研究科,助教
  • 2021年04月 ~ 2021年09月,立命館大学,政策科学部,非常勤講師
  • 2020年04月 ~ 2021年09月,関西大学,社会安全学部,非常勤講師
  • 2017年09月 ~ 2018年07月,ノーザンブリア大学,地学研究科,客員研究員
  • 2018年09月 ~ 2021年03月,神戸学院大学,現代社会学部社会防災学科,非常勤講師
  • 2016年04月 ~ 2019年03月,日本学術振興会,特別研究員(DC1)
  • 2016年10月 ~ 2017年01月,ガジャマダ大学,国際関係学部 現地スタッフ

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,芸術実践論,写真論
  • 人文・社会,人文地理学,災害研究
  • 人文・社会,地域研究
  • 社会基盤(土木・建築・防災),防災工学
  • 人文・社会,社会心理学,グループ・ダイナミックス

所属学会

  • 日本グループ・ダイナミックス学会
  • 日本自然災害学会
  • 日本質的心理学会
  • 日本災害復興学会
  • 日本心理学会

論文

  • 実践としてのチームエスノグラフィ――2016年熊本地震のフィールドワークをもとに,宮前 良平,置塩 ひかる,王 文潔,佐々木 美和,大門 大朗,稲場 圭信,渥美 公秀,質的心理学研究,2022年,研究論文(学術雑誌)
  • サービス業化する災害ボランティアセンターにおける反「おもてなし」の可能性,宮前良平,災害と共生,Vol. 5,No. 1,p. 1-11,2021年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 関係人口論からみる大学の地域とのかかわり : 西予市野村地域における事例,川端亮,佐藤功,宮前良平,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 47,p. 75-94,2021年03月
  • 大学新入生たちによる外出自粛生活のオートエスノグラフィ ―文集「パンデミックを歩く」を題材に―,宮前良平,共生学ジャーナル,Vol. 5,p. 186-206,2021年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 集合的トラウマと災害復興に関する理論的検討―カイ・エリクソン『Everything in its Path』を読み返す,大門 大朗,宮前 良平,高原 耕平,日本災害復興学会論文集,Vol. 16,p. 37-46,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 災害復興をめぐることばの諸相:復興ワードマップ研究会による基礎的考察,近藤誠司,宮本匠,石原凌河,木戸崇之,李旉昕,宮前良平,大門大朗,立部知保里,日本災害復興学会学会誌『復興』,Vol. 8,No. 5,p. 35-45,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • The Picturescue Movement: Restoring Lost Photographs Following the Great East Japan Earthquake and Tsunami,宮前良平,渥美公秀,Disasters,Vol. 44,No. 1,p. 85-102,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 〈不在〉の写真を見る/撮る,宮前良平,災害と共生,Vol. 3,No. 1,p. 25-38,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • 復興における死者との共生に関する一考察,宮前良平,渥美公秀,災害と共生,Vol. 2,No. 1,p. 1-11,2018年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 被災写真による「語りえないこと」の恢復,宮前良平,渥美公秀,実験社会心理学研究,Vol. 58,No. 1,p. 29-44,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • (書評)林道朗著『死者とともに生きる ボードリヤール『象徴交換と死』を読み直す』,宮前良平,災害と共生,Vol. 2,No. 1,p. 37-40,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • 被災写真返却活動における第2の喪失についての実践研究,宮前良平,渥美公秀,実験社会心理学研究,Vol. 56,No. 2,p. 122-136,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 大学生ボランティア介助者における障害の透明化,宮前良平,未来共生学,Vol. 4,p. 127-159,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Collective Tools for Disaster Recovery from the Great East Japan Earthquake and Tsunami: Recalling Community Pride and Memory through Community Radio and “Picturescue” in Noda Village, Iwate Prefecture,渥美公秀,石塚裕子,宮前良平,IDRiM Journal,Vol. 6,No. 2,p. 47-57,2016年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 「新しい普通を生きる」阪大生の新型コロナウイルス生活記録,2021年08月
  • 2020年リレー日記(2月22日-2月28日)(連載:東北からの便り),宮前良平,2021年02月
  • 「パンデミックを歩く」阪大生の新型コロナウイルス生活記録,宮前良平,2020年08月
  • 阪大人間科学部の授業とコラボ~学生インターンの受け入れ~,宮前良平,めろん,2020年04月
  • 写真洗浄会@未来共創センター,宮前良平,大阪大学大学院人間科学研究科附属未来共創センター年次報告書2019,2020年03月
  • 復興ボランティアの誕生と、終焉への危機,宮前良平,阪神・淡路大震災25年日中共創シンポジウム 日中比較からみえてくる災害ボランティアの意義と課題報告書,2020年03月
  • 写真を洗う指,宮前良平,未来共創,Vol. 7,p. 332-335,2020年03月
  • 「被災者の言葉を奪った」とはどういうことか——小説『美しい顔』をめぐる論争から,宮前良平,未来共生学,Vol. 6,p. 426-432,2019年03月
  • くろじいとの約束、そして物語について,宮前良平,未来共生学,Vol. 5,p. 431-434,2018年03月
  • 災害大国インドネシアで防災の未来をつくる,宮前良平,大阪大学未来共生イノベーター博士課程プログラム ニューズレター,Vol. 9,2017年06月
  • Five Years of the Picturescue Movement: Restoring Lost Photographs Following the Great East Japan Earthquake and Tsunami,Ryohei Miyamae,Tomohide Atsumi,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 957-957,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • なぜ被災地はボランティアを活かしきれないのか 熊本・益城町で見えた課題,宮前良平,WEBRONZA,2016年07月
  • 2016年熊本地震レポート,宮前良平,大阪大学未来共生イノベーター博士課程プログラムホームページ,2016年04月
  • めざす社会からすごす社会へ 「弱さの思想」をめぐって,宮前良平,未来共生学,Vol. 2,p. 338-342,2015年03月
  • 震災体験を聞くことの困難さ あるインタビュアーの苦悩,宮前良平,志津川小学校避難所記録保存プロジェクト中間報告書,p. 184-184,2015年

著書

  • そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学,宮前良平,大門大朗,高原耕平,夕書房,2021年08月
  • 復興のための記憶論 野田村被災写真返却お茶会のエスノグラフィー,宮前良平,大阪大学出版会,2020年12月
  • 共生社会のアトリエ 大阪大学大学院人間科学研究科附属未来共創センターの挑戦,稲場圭信,宮前良平,大阪大学出版会,2021年03月
  • 東日本大震災と災害ボランティア 岩手県野田村、復興への道,宮前良平,外舘真知子,大阪大学出版会,2021年03月
  • 共生学宣言,山本晃輔,宮前良平,藤高和輝,Mohácsi, Gergely,大阪大学出版会,ISBN:9784872597080,2020年03月
  • 共生学宣言,宮前良平,大阪大学出版会,ISBN:9784872597080,2020年03月

受賞

  • 大阪大学賞,佐藤功,川端亮,松永和浩,宮前良平,2021年11月
  • 大阪大学賞,宮前良平,2021年11月
  • 日本グルー プ・ダイナミックス学会第67回大会2021年度優秀学会発表賞,宮前良平,渥美公秀,稲場圭信,山本晃輔,大門大朗,日本グループ・ダイナミックス学会,2021年09月
  • 令和2年度「新しい東北」復興・創生顕彰,チーム北リアス,復興庁,2021年02月
  • 日本質的心理学会第17回大会優秀発表賞,日本質的心理学会,2020年10月
  • Young Scientist Award,IDRiM Society,2019年10月
  • 次世代防災研究者連盟 第1回次世代防災研究者連盟研究発表優秀賞,2015年03月

講演・口頭発表等

  • 集合的トラウマを正しく理解するためのレッスン -集合的トラウマから見るトラウマ理論の新たな射程-,宮前良平,大門大朗,高原耕平,日本質的心理学会第18回大会,2021年10月24日
  • 復興による喪失としての集合的トラウマ,宮前良平,日本災害復興学会 2021年度岩手大会,2021年09月19日
  • 災害ボランティアを忌避しているのは誰か? 新型コロナウイルス感染症社会のボランティアイメージの変容,宮前良平,渥美公秀,稲場圭信,山本晃輔,大門大朗,日本グルー プ・ダイナミックス学会第67回大会,2021年09月12日
  • 空白の傷を聴くとは,宮前良平,浅田政志,2021年09月06日
  • 集合的トラウマ:復興による喪失,宮前良平,復興パラダイム研究会,2021年05月19日
  • (写真/語り/記憶)の空白を知覚する,宮前良平,ランチトーク特別編:記憶と風化そして『復興のための記憶論』をめぐって,2021年03月27日
  • 記憶を復興する,宮前良平,弘前大学人文社会科学部地域未来創生センターフォーラム,2021年03月10日
  • 大学新入生たちによる外出自粛生活のオートエスノグラフィの実践報告,宮前良平,大阪大学FDセミナー,2020年12月24日
  • 自粛生活中の集合的オートエスノグラフィの試み,宮前良平,日本質的心理学会第17回大会,2020年10月24日
  • Photograph of “lacuna:” the case of remembering and seeing unphotographed things in a tsunami-damaged photo,Ryohei Miyamae,2020 Disaster Science Seminar Series, Disaster Research Center,2020年02月24日
  • 「被災写真」「写真救済」をめぐることば(シンポジウム:復興をめぐることばの特性、変容、課題~復興ワードマップ研究会の報告(2)~, 近藤誠司・宮本匠・石原凌河・李フシン・立部知保里・大門大朗・宮前良平),宮前良平,日本災害復興学会2019年度鳥取大会,2019年11月
  • The closer I get to them, the more distant I feel from them,宮前良平,The 10th Conference on Integrated Disaster Risk Management,2019年10月
  • 今こそカイ・T・エリクソン「Everything in Its Path」を読み直す,宮前良平,大門大朗,高原耕平,宮地尚子,高森順子,日本質的心理学会第16回大会,2019年09月
  • 災害ボランティアにおける当事者性のジレンマ,宮前良平,日本質的心理学会第16回大会,2019年09月
  • 災害復興と集合的トラウマ:カイ・エリクソン『Everything in its Path』を読み直す,大門大朗,宮前良平,高原耕平,日本心理学会第83回大会,2019年09月
  • 復興過程における〈不在〉の知覚について,宮前良平,日本心理学会第83回大会,2019年09月
  • Recovery from disaster with “当事者 (Tojisha, people concerned)”,宮前良平,The 9th Conference on Integrated Disaster Risk Management,2018年10月
  • 「非当事者の復興学」の構築に向けて,宮前良平,日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会,2018年09月
  • Restoration of the Place Identity: from a perspective of `Picturescue`,The 2018 Annual Meeting of American Association of Geographers,2018年04月
  • Discovery of everyday lives for the future recovery: a case study of 'Picturescue',The 2018 Annual Meeting of Society for Applied Anthropology,2018年04月
  • A discussion of “the power of 当事者 (Tojisha, people concerned)” in Disaster study,UK Alliance for Disaster Research Annual Conference,2018年03月
  • Shrinking Community Remembrance and Commemoration: A case of forget-ness of forgetting,The 8th Conference on Integrated Disaster Risk Management,2017年08月
  • Remembrance and Recovery: from the “Picturescue” Movement following the Great East Japan Disaster,The 1st Disaster and Development Society Conference,2016年10月
  • 被災写真返却活動の現場から(ワークショップ:災害復興再考:「現場」という概念に注目した人文学的アプローチの挑戦),宮前良平,日本災害復興学会2016年度石巻大会,2016年10月
  • 防災教育に資する災害伝承の変遷に関する研究―1925年北但馬地震を事例に,杉山高志,石原凌河,高森順子,宮前良平,日本災害復興学会2016年度石巻大会,2016年10月
  • 野田に行っていた夏―ボラバス終了後のボランティア―,宮前良平,渥美公秀,日本災害復興学会2016年度石巻大会,2016年10月
  • 思い出すことと忘れることの間で揺れる供養の意味合い ―津波流出写真返却における死者との共生への一考察,宮前良平,日本質的心理学会第13回全国大会,2016年09月
  • The Social Implications of "Staying" Approach in Post-Disaster Society: A Case Study from "Picturescue Movement",The 23rd International Congress of International Association for Cross-Cultural Psychology,2016年08月
  • Five Years of the Picturescue Movement: Restoring Lost Photographs Following the Great East Japan Earthquake and Tsunami,The 31st International Congress of Psychology,2016年08月
  • 記憶與重建Remembrance and Recovery: from the“Picturescue” Movement following the Great East Japan Disaster,宮前良平,2016災後重建社會科學研究交流演講,国立臺灣大学,2016年06月
  • Collective Tools for Disaster Recovery: Recalling Communal Pride And Memory Through Community Radio And "PICTURESCUE",The 6th Conference on Integrated Disaster Risk Management,2015年10月
  • Rescuing Pictures (Picturescue) Movement for Disaster Recovery,The 6th Conference on Integrated Disaster Risk Management,2015年10月
  • 野田村における被災写真返却活動の取り組み(ワークショップ:東日本大震災からの復興に向けた恊働的実践とアクションリサーチ(3)震災5年目の成果と課題),宮前良平,渥美公秀,日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会,2015年10月
  • 写真返却活動において返却されるものは何か?,宮前良平,渥美公秀,日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会,2015年10月
  • 被災写真返却活動における「めざす」と「すごす」,宮前良平,渥美公秀,日本質的心理学会第12回全国大会,2015年10月
  • 復興による喪失という視点から見た被災写真返却活動,宮前良平,渥美公秀,日本災害復興学会大会2015年度東京大会,2015年09月
  • 震災前の写真を用いたワークショップの事例報告,宮前良平,渥美公秀,第34回日本自然災害学会 年次学術講演会,2015年09月
  • Disaster Recovery by Restoration of Photos Flooded by March 11 Tsunami,The 5th Conference on Integrated Disaster Risk Management,2014年10月

社会貢献

  • グローバルビレッジ津雲台レシピBOOK作成, ~
  • 岩手県野田村 震災前の街並みアーカイブ事業 審査員, ~

委員歴

  • グローバルビレッジ津雲台街づくり協議会 副事務局長,2021年06月 ~ 継続中
  • 学協会,日本質的心理学会,研究交流委員,2020年04月 ~ 継続中
  • 一般社団法人地域情報共創センター,副事務局長,2019年10月 ~ 継続中
  • 大阪大学大学院人間科学研究科共生学系研究倫理審査委員,2019年04月 ~ 継続中
  • 共生学ジャーナル 編集委員,2019年04月 ~ 継続中
  • 災害と共生 編集委員,2017年04月 ~ 継続中

その他の活動内容

  • クラウドファンディング「復興支援!銘酒「緒方洪庵」を復活させ、野村のまちづくりを応援したい」の実施運営管理,2021年03月 ~ 2021年04月