EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

瀬井 陽子

Sei Youko

国際教育交流センター,特任助教(常勤)

keyword 自己主導型学習,質的研究,学習者オートノミー,日本語教育,第二言語習得研究

学歴

  • ~ 2013年03月,大阪大学,文学研究科,文化表現論専攻 日本語学専門

経歴

  • 2019年09月01日 ~ 継続中,大阪大学 国際教育交流センター,特任助教(常勤)

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,日本語教育

所属学会

  • 日本自律学習学会
  • 異文化間教育学会
  • 言語文化教育研究学会
  • 日本語教育学会

論文

  • 日本語学習支援の全学的な展開に向けて― OU マルチリンガルプラザとOU 日本語ひろばの実践報告―,義永美央子,瀬井陽子,難波康治,角南北斗,韓喜善,多文化社会と留学生交流,No. 25,p. 55-61,2021年03月
  • 教室外で日本語を学ぶ学習者向けの日本語学習アドバイジング : 理論的枠組みと導入への取り組み,瀬井陽子,多文化社会と留学生交流,No. 25,p. 31-36,2021年03月
  • これからのSALC(Self-Access Learning Center)の意義と課題,瀬井陽子,多文化社会と留学生交流,No. 24,p. 19-27,2020年03月
  • 学習者の自律学習ノートに見られる個々の学習の進め方,郷矢明美,瀬井陽子,関西学院大学日本語教育センター紀要,No. 9,p. 21-35,2020年03月
  • 日本語の自律学習を支援するオンラインプラットフォーム「OU日本語ひろば」の開発について,義永美央子,角南北斗,瀬井陽子,難波康治,多文化社会と留学生交流,No. 24,p. 27-34,2020年03月
  • 共通理念に基づく実践をめぐる教師の話し合い ―初級レベルにおける作文授業の変遷をもとに―,西村由美,早川杏子,中岡樹里,志村ゆかり,瀬井陽子,2019年11月
  • 国際結婚を機に来 日した女性の日本 語学習とアイデン ティティはどう変 化したのか―6年後 に語られた「続き」 のストーリーから―,瀬井陽子,2019年03月
  • 学習者オートノ ミーを活かす授業 を考える―理論と 実践例から―,瀬井陽子,関西学院大学日本語教育センター紀要,No. 8,p. 51-59,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 日本語学習を通して見える学習者の「自己実現」の過程-国際結婚を機に来日した上海出身女性のケース・スタディ-,瀬井陽子,待兼山論叢,No. 47,p. 71-87,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 移住女性の文化資本としての言語,瀬井陽子,久野弓枝,範玉梅,青木直子,2013年10月
  • 母親側から捉えた母語継承意識-国際結婚を機に来日したウクライナ人女性のケーススタディ-,瀬井陽子,2013年08月
  • How women in a cross-linguistic marriage reconstruct and redefine their identities: Two case studies from the Japanese context,SEI Yoko,2012年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)

講演・口頭発表等

  • Support for Multi-Language Learning: A Case of OU Multilingual Plaza at Osaka University,SEI, Yoko,ABE, Maya,The Japan Association for Self-Access Learning 2020 National Conference,2020年12月
  • ポストコロナ時代の学習者オートノミー育成 ―セルフアクセスセンターの再考―,瀬井陽子,2020年日本語教育学会秋季大会,2020年10月
  • 国際結婚を機に来日した女性の日本語学習とアイデンティティはどう変化したのか―6年後に語られた「続き」のストーリーから―,瀬井陽子,言語文化教育研究学会第5回年次大会,2019年03月
  • 移住女性の文化資本としての言語,瀬井陽子,久野弓枝,範玉梅,青木直子,第39回全国語学教育学会年次国際大会,2013年10月
  • 母親側から捉えた母語継承意識-国際結婚を機に来日したウクライナ人女性のケース・スタディ-,瀬井陽子,母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究会10 周年記念大会,2013年08月
  • How women in a cross-linguistic marriage reconstruct and redefine their identities: Two case studies from the Japanese context,SEI Yoko,Independent Learning Association 2012 Conference,2012年09月
  • 共通理念に基づく実 践をめぐる教師の話し合い―初級レベルにおける作文授業の変遷をもとに―,西村由美,早川杏子,中岡樹里,志村ゆかり,瀬井陽子,第7回言語文化教育研究国際研究集会

学術貢献

  • 言語文化教育研究学会 第7回年次大会 副委員長,2020年04月01日 ~ 継続中