EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

韓 喜善

Han Heesun

国際教育交流センター,特任講師(常勤)

keyword 日本語学,日本語教育,韓国語学,音声学,言語学

経歴

  • 2015年04月 ~ 2018年03月,大阪大学大学院言語文化研究科言語情報科学講座

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,言語学

所属学会

  • Phonological Association in Kansai
  • 日本言語学会
  • 日本音声学会
  • Acoustical Society of America
  • 日本語教育学会
  • 近畿音声言語研究会

論文

  • 韓国語母語話者を対象とした日本語のプロソディー研究再考(1),韓 喜善,言語文化共同研究プロジェクト2020音声言語の研究15,p. 29-33,2021年05月31日
  • 母音間における撥音の知覚判断 : 日本語母語話者と韓国語を母語とする日本語学習者との比較,韓 喜善,Han Heesun,多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集,大阪大学国際教育交流センター,No. 25,p. 13-19,2021年03月31日
  • 日本語学習支援の全学的な展開に向けて : OUマルチリンガルプラザとOU日本語ひろばの実践報告,義永 美央子,瀬井 陽子,難波 康治,角南 北斗,韓 喜善,Yoshinaga Mioko,Sei Yoko,Namba Koji,Sunami Hokuto,Han Heesun,ヨシナガ ミオコ,セイ ヨウコ,ナンバ コウジ,スナミ ホクト,多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集,大阪大学国際教育交流センター,No. 25,p. 55-61,2021年03月31日
  • F0 influence on the perception of Korean initial stops, affricates and fricatives by Japanese learners of Korean,Han Heesun,韓 喜善,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,p. 49-58,2020年07月31日
  • 韓国語母語話者による英語母音の知覚 : 母音の比較における話者の組み合わせの認知への影響について,韓 喜善,Han Heesun,多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集,大阪大学国際教育交流センター,No. 24,p. 1-7,2020年03月31日
  • 撥音の知覚判断に影響を及ぼす音声的特徴 : 撥音に母音が後続する場合,韓 喜善,Han Heesun,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,No. 2018,p. 69-78,2019年05月31日
  • 日本語話者と韓国語話者のアメリカ英語の母音の同定 : L1 の母音音素の数の影響,野澤 健,韓 喜善,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,No. 2018,p. 53-67,2019年05月31日
  • 日本語の撥音の音声としての自然さに関する調査,韓 喜善,Han Heesun,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,No. 2017,p. 65-72,2018年05月30日
  • 韓国語母語話者による日本語の撥音の知覚判断 : 撥音に母音が後続する場合,韓 喜善,Han Heesun,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,No. 2016,p. 73-84,2017年05月31日
  • "breathy voice","creaky voice"の音声学的特徴 : 韓国語ソウル方言における平音・激音・濃音への適用の妥当性について,韓 喜善,Han Heesun,言語文化共同研究プロジェクト,大阪大学大学院言語文化研究科,No. 2015,p. 13-22,2016年05月31日
  • 初級および上級学習者による語頭平音・激音・濃音の知覚判断-子音部の影響について-,韓喜善,音声言語Ⅶ,p. 13-30,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 韓国語ソウル方言の平音・激音・濃音の先行母音および後続母音における高さ,強さ,フォルマントの時間的変化,韓 喜善,音声研究,日本音声学会,Vol. 20,No. 2,p. 1-22,2016年
  • F0 influence in the perception of Korean initial stops, affricates and fricatives: A Comparison between Native Speakers and Japanese Learners,Heesun Han,Proceedings of the 18th International Congress of Phonetic Sciences (PDF),2015年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 韓国語ソウル方言の平音・激音・濃音の空気力学的検討,韓喜善,言語文化共同研究プロジェクト2011音声言語の研究6,p. 37-44,2012年05月
  • 韓国ソウル方言における語頭の平音・激音・濃音の弁別−後続母音の長さの影響について−,韓喜善,言語文化共同研究プロジェクト2010音声言語の研究5,p. 31-36,2011年05月
  • 韓国語ソウル方言の語中摩擦濃音に対する母語話者と日本人学習者の知覚判断 : 摩擦区間長と先行母音長が与える影響を中心に,韓 喜善,音声研究,日本音声学会,Vol. 15,No. 2,p. 11-22,2011年
  • 韓国語のオノマトペにおける強調形の韻律−ABAB反復型の4音節語を中心とした予備的考察−,韓喜善,言語文化共同研究プロジェクト2009ことばと反復5,p. 11-20,2010年05月
  • 韓国語ソウル方言における初級および上級日本人学習者による濃音の発音の特徴--歯茎摩擦音の場合,韓 喜善,한 희선,Han Heesun,大阪大学言語文化学,大阪大学言語文化学会,Vol. 19,p. 15-28,2010年

MISC

  • 韓国語母話者による英語の母音の知覚判断-後続子音の影響について-,韓喜善,野澤健,音声研究,Vol. 21,No. 3,2017年
  • A1-3. 母語話者による韓国ソウル方言の母音間における平音・激音・濃音の知覚判断 : 子音の持続時間長が弁別に及ぼす影響を中心に(研究発表,音声学会2011年度(第25回)全国大会発表要旨),韓 喜善,音声研究,日本音声学会,Vol. 15,No. 3,p. 83-83,2011年
  • A2-1.韓国ソウル方言における平音・激音・濃音の知覚判断 : VOTの長さと合成音声の原音の種類が弁別に与える影響について(研究発表,音声学会2010年度(第24回)全国大会発表要旨),韓 喜善,音声研究,日本音声学会,Vol. 14,No. 3,p. 64-65,2010年
  • B6.初級・上級の日本人学習者の韓国語ソウル方言における語中濃音の知覚判断と生成 : 先行母音長と摩擦区間長の伸縮が弁別に与える影響(研究発表,音声学会2009年度(第23回)全国大会発表要旨),韓 喜善,音声研究,日本音声学会,Vol. 13,No. 3,p. 119-120,2009年

著書

  • 韓国語ソウル方言の平音・激音・濃音の研究,韓, 喜善,大阪大学出版会,ISBN:9784872595642,2016年10月

講演・口頭発表等

  • Perception of Japanese moraic-nasal (/ɴ/) sounds followed by a vowel: A comparison of Japanese native speakers and Korean learners of Japanese,Heesun Han, Koji Namba,The 179th Meeting of the Acoustical Society of America,2020年12月
  • 母音間における撥音の知覚判断-子音の閉鎖の度合いについて-,韓喜善,難波康治,第161回日本言語学会全国大会(オンライン),2020年11月
  • 日本語学習者による日本語の撥音の知覚判断-母音に撥音が後続する場合-,韓喜善,難波康治,2019年 韓国日語日文学会 冬季国際学術大会(韓国外国語大学校),2019年12月
  • Effects of the manner of articulation of the following consonant on the identification and discrimination of American English vowels by native speakers of Japanese and Korean,Heesun Han,Takeshi Nozawa,Joint Meeting 176th Meeting Acoustical Society of America and 2018 Acoustics Week in Canada Canadian Acoustical Association (Victoria, Canada),2018年11月
  • 日本語の撥音の音声に関する調査-撥音に母音が後続する場合,韓喜善,第156回日本言語学会全国大会(東京大学),2018年06月
  • The perception of English Vowels by Korean Native Speakers: Concerning the influence of the manner of articulation for consonants following vowels,Heesun Han, Takeshi Nozawa,The 174th Meeting of the Acoustical Society of America (New Orleans, USA),2017年12月
  • 韓国語母語話者による英語の母音の知覚判断-後続子音の影響について-,韓喜善、野澤健,第31回日本音声学会全国大会(東京大学),2017年09月
  • Perception of the Japanese moraic-nasal (/N/) by Korean native speakers: Concerning /N/ followed by vowels,Heesun Han,5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan(Hawaii, USA),2016年12月
  • F0 influence in the perception of Korean initial stops, affricates and fricatives: A Comparison between Native Speakers and Japanese Learners,Heesun Han,The 18th International Congress of Phonetic Sciences (Glasgow, UK),2015年08月
  • 日本語を母語とする韓国語学習者の語頭平音・激音・濃音の知覚判断:初級および上級学習者と母語話者の比較から,韓喜善,第149 回日本言語学会全国大会(愛媛大学),2014年11月
  • 韓国語ソウル方言の平音・激音・濃音の実験音声学的研究 -先行母音と後続母音における高さ、強さ、およびフォルマントの時間的変化について-,韓喜善,日本言語学会、第146回日本言語学会全国大会(茨城大学),2013年06月
  • 韓国語ソウル方言の語頭および語中の母音間摩擦音に関する音響的特徴と知覚判断,韓喜善,韓国音声学会秋期学術大会(延世大学校),2012年11月
  • 語頭および母音間における平音・激音・濃音の音響的特徴−談話レベルにおける検討−,韓喜善,第143回日本言語学会全国大会(大阪大学),2011年11月
  • 母語話者による韓国ソウル方言の母音間における平音・激音・濃音の知覚判断-子音の持続時間長が弁別に及ぼす影響を中心に,韓喜善,第25回日本音声学会全国大会(京都大学),2011年09月
  • 韓国ソウル方言における平音・激音・濃音の知覚判断−VOT の長さと合成音声の原音の種類が弁別に与える影響について−,韓喜善,第24回日本音声学会全国大会(国學院大学),2010年09月
  • 初級・上級の日本人学習者の韓国語ソウル方言における語中濃音の知覚判断と生成−先行母音長と摩擦区間長の伸縮が弁別に与える影響−,韓喜善,第23回日本音声学会全国大会(九州大学),2009年09月