EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

赤坂 憲

Hiroshi Akasaka

医学部附属病院,助教

keyword 老年医学,ゲノム医学,医学教育,予防医学,内分泌学,糖尿病学,循環器内科学,疫学

経歴

  • 2019年10月 ~ 継続中,大阪大学,大学院医学系研究科老年・総合内科学,医学部講師
  • 2016年04月 ~ 2019年09月,大阪大学,大学院医学系研究科老年・総合内科学,助教

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,内科学一般,老年医学
  • ライフサイエンス,ゲノム生物学
  • ライフサイエンス,代謝、内分泌学
  • ライフサイエンス,代謝、内分泌学
  • ライフサイエンス,循環器内科学
  • ライフサイエンス,医療管理学、医療系社会学

所属学会

  • 日本疫学会
  • 国際高血圧学会
  • 日本医学教育学会
  • 日本老年医学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本循環器病予防学会
  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会

論文

  • The association of blood pressure with physical frailty and cognitive function in community-dwelling septuagenarians, octogenarians, and nonagenarians: the SONIC study,2020年07月08日,研究論文(学術雑誌)
  • Association of anemia and SRH in older people: the SONIC study.,Vol. 20,No. 7,p. 720-726,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Day-to-day blood pressure variability is associated with lower cognitive performance among the Japanese community-dwelling oldest-old population: the SONIC study.,Vol. 43,No. 5,p. 404-411,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Obesity predicts persistence of resistant hypertension after surgery in patients with primary aldosteronism.,2020年04月23日,研究論文(学術雑誌)
  • The importance of stroke as a risk factor of cognitive decline in community dwelling older and oldest peoples: the SONIC study.,Vol. 20,No. 1,p. 24-24,2020年01月22日,研究論文(学術雑誌)
  • Lower limb muscle mass is associated with insulin resistance more than lower limb muscle strength in non-diabetic older adults.,Vol. 19,No. 12,p. 1254-1259,2019年12月
  • Age group differences in association between IADL decline and depressive symptoms in community-dwelling elderly.,Vol. 19,No. 1,p. 309-309,2019年11月13日,研究論文(学術雑誌)
  • 地域在住の超高齢者における血圧日間変動と認知機能との関連 SONIC研究からの知見,呉代 華容,樺山 舞,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,佐藤 倫広,浅山 敬,大久保 孝義,楽木 宏実,神出 計,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 42回,p. 379-379,2019年10月
  • Serum albumin/globulin ratio is associated with cognitive function in community-dwelling older people: The Septuagenarians, Octogenarians, Nonagenarians Investigation with Centenarians study.,Vol. 19,No. 10,p. 967-971,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of primary aldosteronism with resistant hypertension successfully treated by unilateral adrenalectomy after unsuccessful classification of subtype in adrenal venous sampling.,Vol. 7,No. 10,p. 1895-1899,2019年10月
  • Angiotensin 1-7 alleviates aging-associated muscle weakness and bone loss, but is not associated with accelerated aging in ACE2-knockout mice.,Vol. 133,No. 18,p. 2005-2018,2019年09月30日
  • The Usefulness of an Alternative Diagnostic Method for Sarcopenia Using Thickness and Echo Intensity of Lower Leg Muscles in Older Males.,Vol. 20,No. 9,2019年09月
  • Sex Difference in the Association Between Subtype Distribution and Age at Diagnosis in Patients With Primary Aldosteronism.,Vol. 74,No. 2,p. 368-374,2019年08月
  • Insulin Resistance is Associated with Longitudinal Changes of Cardiac Repolarization Heterogeneity in Apparently Healthy Subjects.,p. 239-251,2019年07月04日
  • Preventive effects of low-intensity exercise on cancer cachexia-induced muscle atrophy.,Vol. 33,No. 7,p. 7852-7862,2019年07月
  • Influence of antihypertensive drugs in the subtype diagnosis of primary aldosteronism by adrenal venous sampling.,Vol. 37,No. 7,p. 1493-1499,2019年07月
  • Severity of obstructive sleep apnea is associated with the nocturnal fluctuation of pulse rate, but not with that of blood pressure, in older hypertensive patients receiving calcium channel blockers.,Vol. 19,No. 7,p. 604-610,2019年07月
  • Serum albumin/globulin ratio is associated with cognitive function in community-dwelling elderly people: The SONIC study.,Maeda S,Takeya Y,Oguro R,Akasaka H,Ryuno H,Kabayama M,Yokoyama S,Nagasawa M,Fujimoto T,Takeda M,Takeya M,Itoh N,Takami Y,Yamamoto K,Sugimoto K,Inagaki H,Ogawa M,Nakagawa T,Yasumoto S,Masui Y,Arai Y,Ishizaki T,Ikebe K,Gondo Y,Kamide K,Rakugi H,Geriatr Gerontol Int.,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Association between long-term care and chronic and lifestyle-related disease modified by social profiles in community-dwelling people aged 80 and 90; SONIC study.,Kiyoshige E,Kabayama M,Gondo Y,Masui Y,Ryuno H,Sawayama Y,Inoue T,Akagi Y,Sekiguchi T,Tanaka K,Nakagawa T,Yasumoto S,Ogawa M,Inagaki H,Oguro R,Sugimoto K,Akasaka H,Yamamoto K,Takeya Y,Takami Y,Itoh N,Takeda M,Nagasawa M,Yokoyama S,Maeda S,Ikebe K,Arai Y,Ishizaki T,Rakugi H,Kamide K,Archives of gerontology and geriatrics,Vol. 81,p. 176-181,2019年03月
  • Overexpression of Interleukin-15 exhibits improved glucose tolerance and promotes GLUT4 translocation via AMP-Activated protein kinase pathway in skeletal muscle.,Vol. 509,No. 4,p. 994-1000,2019年02月19日
  • Pathophysiological significance of cylindromatosis in the vascular endothelium and macrophages for the initiation of age-related atherogenesis.,Vol. 508,No. 4,p. 1168-1174,2019年01月22日
  • A klotho gene single nucleotide polymorphism is associated with the onset of stroke and plasma klotho concentration.,Vol. 11,No. 1,p. 104-114,2018年12月31日,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical Characteristics and Postoperative Outcomes of Primary Aldosteronism in the Elderly.,Vol. 103,No. 10,p. 3620-3629,2018年10月01日
  • Angiotensin-converting enzyme 2 deficiency accelerates and angiotensin 1-7 restores age-related muscle weakness in mice.,Vol. 9,No. 5,p. 975-986,2018年10月
  • Relationship between serum lipid profiles and carotid arteriosclerosis in community dwelling old population: SONIC study.,Higuchi A,KabayamaM,Kiyoshige E,Akagi Y,Akasaka H,Sugimoto K,Ikebe K,Gondo Y,Rakugi H,Kamide K,Hypertension Beijing 2018 Final programme.,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Gene polymorphisms of fraility are associated with Atherosclerosis in old Japanese:The SONIC study.,Akagi Y,Kamide K,Kabayama M,Akasaka H,Sugimoto K,Yamamoto K,Gondo Y,Ikebe K,Masui Y,Ishizaki T,Arai Y,Rakugi H,Hypertension Beijing 2018 Final programme.,p. 208-208,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • High plasma adiponectin levels are associated with frailty in a general old-old population: The Septuagenarians, Octogenarians, Nonagenarians Investigation with Centenarians study.,Vol. 18,No. 6,p. 839-846,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison between L-type and N/L-type calcium channel blockers in the regulation of home blood-pressure variability in elderly hypertensive patients.,Vol. 41,No. 4,p. 290-298,2018年04月
  • Clinical benefits of single-incision laparoscopic surgery for postoperative delirium in elderly colon cancer patients.,Vol. 32,No. 3,p. 1434-1440,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ヘモグロビンA1cと総死亡,循環器疾患死亡の関連 NIPPON DATA90. 厚生労働行政推進調査事業費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規模コホート研究,櫻井 勝,斎藤重幸,三浦克之,中川秀昭,大西浩文,赤坂 憲,門田 文,喜多義邦,早川岳人,大久保孝義,岡山 明,岡村智教,上島弘嗣,NIPPON DATA80/90/2010 平成25~29年度総合研究報告書 (研究代表者 三浦克之),Vol. -,p. 120-122,2018年
  • The Serum Level of KL-6 Is Associated with the Risk of Insulin Resistance and New-onset Diabetes Mellitus: The Tanno-Sobetsu Study,Vol. 56,No. 22,p. 3009-3018,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Distinct risk factors of atrial fibrillation in patients with and without coronary artery disease: A cross-sectional analysis of the BOREAS-CAG Registry data,Vol. 4,No. 1,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Relationship of serum levels and dietary intake of isoflavone, and the novel bacterium Slackia sp strain NATTS with the risk of prostate cancer: a case-control study among Japanese men,Vol. 48,No. 9,p. 1453-1460,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of longitudinal status change in metabolic syndrome defined by two different criteria on new onset of type 2 diabetes in a general Japanese population: the Tanno-Sobetsu Study,Vol. 8,No. 1,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Combination of type 2 diabetes and smoking increases total cancer mortality in Japanese men using competing risk analysis: the Tanno-Sobetsu study,Vol. 7,No. 2,p. 167-172,2016年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Dietary sodium-to-potassium ratio as a risk factor for stroke, cardiovascular disease and all-cause mortality in Japan: the NIPPON DATA80 cohort study,Vol. 6,No. 7,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Relationship of serum isoflavone, insulin and adiponectin levels with breast cancer risk,Vol. 22,No. 5,p. 452-461,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Low alpha-synuclein levels in the blood are associated with insulin resistance,Vol. 5,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • The combination of abdominal obesity and high-sensitivity C-reactive protein predicts new-onset hypertension in the general Japanese population: The Tanno-Sobetsu study,Vol. 38,No. 6,p. 426-432,2015年06月08日,研究論文(学術雑誌)
  • Disease-associated polymorphisms in 9p21 are not associated with extreme longevity.,Vol. 15,No. 6,p. 797-803,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Estimated daily intake and seasonal food sources of quercetin in Japan,Vol. 7,No. 4,p. 2345-2358,2015年04月02日,研究論文(学術雑誌)
  • FABP4 is secreted from adipocytes by adenyl cyclase-PKA- and guanylyl cyclase-PKG-dependent lipolytic mechanisms.,Vol. 23,No. 2,p. 359-67,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Associations of serum isoflavone, adiponectin and insulin levels with risk for epithelial ovarian cancer: Results of a case-control study,Vol. 16,No. 12,p. 4987-4991,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Urinary Angiotensin-Converting Enzyme 2 in Hypertensive Patients May Be Increased by Olmesartan, an Angiotensin II Receptor Blocker,Vol. 28,No. 1,p. 15-21,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Urinary Excretion of Fatty Acid-Binding Protein 4 is Associated with Albuminuria and Renal Dysfunction,Vol. 9,No. 12,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The impact of elevation of serum uric acid level on the natural history of glomerular filtration rate (GFR) and its sex difference,Vol. 29,No. 10,p. 1932-1939,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Does glycemic control reverse dispersion of ventricular repolarization in type 2 diabetes?,Vol. 13,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Elevation of circulating fatty acid-binding protein 4 is independently associated with left ventricular diastolic dysfunction in a general population,Vol. 13,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparative effects of telmisartan and valsartan as add-on agents for hypertensive patients with morning blood pressure insufficiently controlled by amlodipine monotherapy,Vol. 37,No. 3,p. 225-231,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Relation of serum adiponectin levels and obesity with breast cancer: A Japanese case-control study,Vol. 15,No. 19,p. 8325-8330,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Counts of Slackia sp strain NATTS in Intestinal Flora are Correlated to Serum Concentrations of Equol both in Prostate Cancer Cases and Controls in Japanese Men,Vol. 15,No. 6,p. 2693-2697,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • HbA(1c) and the Risks for All-Cause and Cardiovascular Mortality in the General Japanese Population NIPPON DATA90,Vol. 36,No. 11,p. 3759-3765,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Circulating Levels of Fatty Acid-Binding Protein Family and Metabolic Phenotype in the General Population,Vol. 8,No. 11,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Glucagon-Like Peptide-1 Secretory Function as an Independent Determinant of Blood Pressure: Analysis in the Tanno-Sobetsu Study,Vol. 8,No. 7,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Consumption of dairy products and death from cardiovascular disease in the Japanese general population: the NIPPON DATA80.,Vol. 23,No. 1,p. 47-54,2013年
  • Effects of Parental Hypertension on Longitudinal Trends in Blood Pressure and Plasma Metabolic Profile Mixed-Effects Model Analysis,Vol. 60,No. 5,p. 1124-+,2012年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Molecular targeted therapy for hypertension and cardiovascular diseases].,Akasaka H,Miura T,Shimamoto K,Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine,Vol. 70 Suppl 8,p. 593-596,2012年11月
  • Matsuda-DeFronzo insulin sensitivity index is a better predictor than HOMA-IR of hypertension in Japanese: the Tanno-Sobetsu study,Vol. 26,No. 5,p. 325-333,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A single nucleotide polymorphism of the adenosine deaminase, RNA-specific gene is associated with the serum triglyceride level, abdominal circumference, and serum adiponectin concentration,Vol. 47,No. 2,p. 183-187,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Associations of metabolic factors, especially serum retinol-binding protein 4 (RBP4), with blood pressure in Japanese -the Tanno and Sobetsu study-,Vol. 57,No. 9,p. 811-817,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Variation in OSBPL10 is associated with dyslipidemia,Vol. 33,No. 5,p. 511-514,2010年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Association of gene polymorphism of the fat-mass and obesity-associated gene with insulin resistance in Japanese,Vol. 33,No. 3,p. 214-218,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • C allele of angiotensin II type 1 receptor gene A1166C polymorphism affects plasma adiponectin concentrations in healthy young Japanese women,Vol. 32,No. 10,p. 901-905,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • A Promoter Polymorphism of Lamin A/C Gene is an Independent Genetic Predisposition to Arterial Stiffness in a Japanese General Population (The Tanno and Sobetsu Study),Vol. 16,No. 4,p. 404-409,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • A Polymorphism Regulates CYP4A11 Transcriptional Activity and Is Associated With Hypertension in a Japanese Population,Vol. 52,No. 6,p. 1142-1148,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Differences in Insulin Action and Secretion, Plasma Lipids and Blood Pressure Levels between Impaired Fasting Glucose and Impaired Glucose Tolerance in Japanese Subjects,Vol. 31,No. 7,p. 1357-1363,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Incidence of Hypertension in Individuals with Abdominal Obesity in a Rural Japanese Population: The Tanno and Sobetsu Study,Vol. 31,No. 7,p. 1385-1390,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • [Relationship of metabolic syndrome and insulin resistance with microalbuminuria in senior citizens of rural communities in Japan --the Tanno and Sobetsu study--].,Tabeya T,Ohnishi H,Saitoh S,Akasaka H,Mitsumata K,Chiba M,Furugen M,Mori M,Shimamoto K,Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics,3,Vol. 45,p. 302-307,2008年05月
  • Gene polymorphism of myospryn (cardiomyopathy-associated 5) is associated with left ventricular wall thickness in patients with hypertension,Vol. 30,No. 12,p. 1239-1246,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of abnormal glucose tolerance, hypertension and other risk factors on coronary artery disease,Vol. 71,No. 1,p. 20-25,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of angiotensin II type I receptor gene polymorphisms on insulin resistance in a Japanese general population: The Tanno-Sobetsu study,Vol. 29,No. 12,p. 961-967,2006年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Incidence of type 2 diabetes in individuals with central obesity in a rural Japanese population - The Tanno and Sobetsu Study,Vol. 29,No. 5,p. 1128-1129,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Relationship of bradykinin B2 receptor gene polymorphism with essential hypertension and left ventricular hypertrophy,Vol. 27,No. 12,p. 933-938,2004年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of asymptomatic arteriosclerosis obliterans and its relationship with risk factors in inhabitants of rural communities in Japan: Tanno-Sobetsu study,Vol. 177,No. 1,p. 83-88,2004年11月,研究論文(学術雑誌)
  • A Review of Cohort Studies on the Association Between History of Diabetes Mellitus and Occurrence of Cancer.,Mori M,Saitoh S,Takagi S,Obara F,Ohnishi H,Akasaka H,Izumi H,Sakauchi F,Sonoda T,Nagata Y,Shimamoto K,Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP,4,Vol. 1,p. 269-276,2000年

MISC

  • 超高齢者における電子血圧測定機器の精度に関する検討,呉代 華容,樺山 舞,齊藤 加奈子,栗波 仁美,赤坂 憲,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 561-561,2019年10月
  • 地域在住高齢者における長寿関連遺伝子サーチュイン遺伝子 塩基多型と骨粗鬆症の関連,田中 健太,赤木 優也,樺山 舞,赤坂 憲,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 558-559,2019年10月
  • 超高齢者における電子血圧測定機器の精度に関する検討,呉代 華容,樺山 舞,齊藤 加奈子,栗波 仁美,赤坂 憲,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 561-561,2019年10月
  • 地域在住高齢者における上腕血圧の左右差と動脈硬化との関連についての検討,廣瀬 充登,樺山 舞,呉代 華容,赤木 優也,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,楽木 宏実,神出 計,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 42回,p. 315-315,2019年10月
  • 地域在住の超高齢者における血圧日間変動と認知機能との関連 SONIC研究からの知見,呉代 華容,樺山 舞,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,佐藤 倫広,浅山 敬,大久保 孝義,楽木 宏実,神出 計,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 42回,p. 379-379,2019年10月
  • 高血圧の栄養管理,赤坂 憲,楽木宏実,臨床栄養,Vol. 135,No. 4,p. 472-477,2019年09月
  • 地域在住高齢者における飲酒と認知機能の関連 SONIC研究,赤木 優也,樺山 舞,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 122-123,2019年05月
  • 後期高齢者・超高齢者における腹囲測定の意義 SONIC研究,神出 計,樺山 舞,杉本 研,赤坂 憲,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 94,No. 4,p. 1561-1561,2018年12月
  • 高齢糖尿病患者の血糖コントロール状態とサルコペニアとの関連,杉本 研,赤坂 憲,高橋 利匡,藤本 拓,安延 由紀子,竹屋 泰,山本 浩一,楽木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. 4,p. 709-709,2018年10月
  • 再転倒における転倒自己効力感の意義に関する検討,安延 由紀子,杉本 研,藤本 拓,赤坂 憲,高橋 利匡,竹屋 泰,山本 浩一,楽木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. 4,p. 713-713,2018年10月
  • 地域在住高齢者の3年後調査脱落率に関連する要因(SONIC研究) 血圧値に着目した検討,樺山 舞,神出 計,龍野 洋慶,赤木 優也,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,樂木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 41回,p. OE05-03,2018年09月
  • 地域在住高齢者におけるフレイル関連遺伝子多型と動脈硬化の関連性の検討 SONIC研究,赤木 優也,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,樂木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 41回,p. PE01-01,2018年09月
  • 地域在住の超高齢者における血圧特性 随時血圧と家庭血圧との違い SONIC研究からの知見,呉代 華容,樺山 舞,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,佐藤 倫広,浅山 敬,大久保 孝義,樂木 宏実,神出 計,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 41回,p. OE06-05,2018年09月
  • 地域在住の超高齢者における血圧特性 随時血圧と家庭血圧との違い SONIC研究からの知見,呉代 華容,樺山 舞,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,佐藤 倫広,浅山 敬,大久保 孝義,樂木 宏実,神出 計,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 41回,p. OE06-05,2018年09月
  • サルコペニア肥満を同定することの臨床的意義についての検討,杉本 研,赤坂 憲,高橋 利匡,藤本 拓,竹屋 泰,山本 浩一,楽木 宏実,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 61,No. 6,p. 447-447,2018年06月
  • 【老年医学(上)-基礎・臨床研究の最新動向-】 高齢患者へのアプローチ 老年医学的評価法 予後予測ツール ePrognosis,赤坂 憲,日本臨床,(株)日本臨床社,Vol. 76,No. 増刊5 老年医学(上),p. 322-326,2018年06月
  • 地域在住高齢者における年代別血圧値と3年後調査脱落率との関連性 SONIC研究,樺山 舞,神出 計,権藤 恭之,山本 浩一,杉本 研,赤坂 憲,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 53,No. 2,p. 179-179,2018年05月
  • 地域在住高齢者における血清脂質プロファイルと頸動脈硬化との関連 SONIC研究,樋口 温子,樺山 舞,清重 映里,赤木 優也,赤坂 憲,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 53,No. 2,p. 185-185,2018年05月
  • 地域在住高齢者におけるフレイル関連遺伝子多型と握力の縦断比較 SONIC研究,赤木 優也,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 106-106,2018年05月
  • 地域一般住民高齢者を対象にした血清尿酸と頸動脈アテローム性動脈硬化症との関連について SONIC研究,田中 健太郎,樺山 舞,杉本 研,赤坂 憲,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 135-135,2018年05月
  • 閉塞性睡眠時無呼吸の重症度と関連する血漿中micro RNAの探索,伊東 範尚,本行 一博,永澤 元規,武田 昌生,赤坂 憲,鷹見 洋一,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,楽木 宏実,日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 7回,p. 221-221,2018年05月
  • 【高齢者における外科治療の意義と限界】 老年科医に必要な、高齢者手術の予後指標について,赤坂 憲,杉本 研,Geriatric Medicine,(株)ライフ・サイエンス,Vol. 56,No. 4,p. 307-310,2018年04月
  • 特徴的な病歴をもつ周期的発熱の一例,中神 太志,大山 茜,赤坂 憲,楽木 宏実,日本病院総合診療医学会雑誌,(一社)日本病院総合診療医学会,Vol. 14,No. 1,p. 100-100,2018年01月
  • 骨格筋細胞におけるIL-15の発現・作用に関する検討,藤本 拓,杉本 研,謝 可宇,田中 稔,高橋 利匡,赤坂 憲,楽木 宏実,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 93,No. 4,p. 1385-1385,2017年12月
  • 高齢者におけるフレイルと血中アディポネクチン濃度についての検討 SONIC研究,永澤 元規,鷹見 洋一,赤坂 憲,竹屋 泰,杉本 研,山本 浩一,池邉 一典,権藤 恭之,神出 計,楽木 宏実,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 93,No. 4,p. 1385-1385,2017年12月
  • 【高齢者糖尿病-病態・臨床の最新知見-】 高齢者糖尿病の予後増悪因子とその予防・管理 高血圧,赤坂 憲,樂木 宏実,日本臨床,(株)日本臨床社,Vol. 75,No. 11,p. 1660-1664,2017年11月
  • 高齢地域住民におけるA/G比と認知機能との関連(SONIC研究),前田 聡美,竹屋 泰,赤坂 憲,武田 朱公,鷹見 洋一,樺山 舞,神出 計,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 619-619,2017年10月
  • 高齢者癌術前におけるサルコペニア、筋質評価の術後合併症予測における有用性,杉本 研,赤坂 憲,安延 由紀子,井坂 昌明,田中 稔,藤本 拓,竹屋 秦,山本 浩一,楽木 宏実,日本サルコペニア・フレイル学会雑誌,(一社)日本サルコペニア・フレイル学会,Vol. 1,No. 2,p. 116-116,2017年10月
  • 骨格筋エコーにおけるサルコペニア判定に対する下腿筋指標の有用性,井坂 昌明,杉本 研,安延 由紀子,田中 稔,赤坂 憲,竹屋 泰,山本 浩一,楽木 宏実,日本サルコペニア・フレイル学会雑誌,(一社)日本サルコペニア・フレイル学会,Vol. 1,No. 2,p. 150-150,2017年10月
  • 地域在住高齢者における長寿関連遺伝子SIRT1、FOXO3A遺伝子多型と動脈硬化の関連性の検討 SONIC研究,赤木 優也,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,増井 幸恵,石崎 達郎,新井 康通,権藤 恭之,楽木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 40回,p. 406-406,2017年10月
  • 高齢者における血圧値と認知機能の関連性(SONIC研究) 年代およびフレイル別検討,樺山 舞,神出 計,龍野 洋慶,権藤 恭之,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,稲垣 宏樹,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,楽木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 40回,p. 412-412,2017年10月
  • 高齢糖尿病患者の血糖コントロール状態とサルコペニアとの関連,杉本 研,赤坂 憲,高橋 利匡,藤本 拓,竹屋 泰,山本 浩一,楽木 宏実,日本臨床内科医会会誌,(一社)日本臨床内科医会,Vol. 32,No. 3,p. 487-487,2017年09月
  • 高齢者高血圧診療ガイドライン2017,荒木 厚,横手 幸太郎,井藤 英喜,荒井 秀典,大石 充,小林 一貴,櫻井 孝,田村 嘉章,林 登志雄,楽木 宏実,山本 浩一,赤坂 憲,伊東 範尚,小黒 亮輔,杉本 研,鷹見 洋一,武田 昌生,竹屋 泰,樋口 勝能,前川 佳敬,小原 克彦,大久保 孝義,苅尾 七臣,崎間 敦,谷津 圭介,日本老年医学会,高齢者の生活習慣病管理ガイドライン,作成ワーキング,日本高血圧学会,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. 3,p. 236-298,2017年07月
  • 【高齢者糖尿病の血糖コントロール目標-新しい考え方と栄養指導のあり方】 高齢者糖尿病における透析予防指導 血圧管理と栄養指導の要点、留意点,赤坂 憲,樂木 宏実,臨床栄養,医歯薬出版(株),Vol. 130,No. 7,p. 1053-1057,2017年06月
  • 高齢者におけるフレイル関連遺伝子多型と握力の関連性 SONIC研究,赤木 優也,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 162-162,2017年05月
  • 地域一般住民におけるサルコペニアの頻度と表現型 端野・壮瞥町研究,赤坂 憲,杉本 研,大西 浩文,樋室 伸顕,斎藤 重幸,楽木 宏実,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 52,No. 2,p. 206-206,2017年05月
  • 腎動脈再狭窄と原発性アルドステロン症が疑われ投薬加療が奏功した高血圧合併妊娠の一例,伊東 範尚,本行 一博,武田 昌生,栗波 仁美,赤坂 憲,鷹見 洋一,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,楽木 宏実,日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 6回,p. 169-169,2017年05月
  • 移行期医療における患者-医療者間の関係性発達への援助 小児期発症疾患をもつAYA世代男性の1症例を通して,田口 真由美,吉川 紀久子,白神 美智恵,福本 のりえ,南 正人,赤坂 憲,樂木 宏実,子どもの心とからだ,(一社)日本小児心身医学会,Vol. 26,No. 1,p. 55-55,2017年05月
  • 高齢糖尿病患者の血糖コントロール状態とサルコペニアとの関連,杉本 研,赤坂 憲,藤本 拓,安延 由紀子,竹屋 泰,山本 浩一,楽木 宏実,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 60,No. Suppl.1,p. S-148,2017年04月
  • 社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規模コホート研究:NIPPON DATA80/90/2010 食事中のナトリウムとカリウムの比が高い人で循環器病死亡リスクが増加―国民栄養調査対象者の追跡研究NIPPON DATA80の24年追跡結果より―,岡山明,奥田奈賀子,三浦克之,岡村智教,早川岳人,赤坂憲,大西浩文,斎藤重幸,荒井裕介,清原裕,高嶋直敬,由田克士,藤吉朗,ZAID Maryam,大久保孝義,上島弘嗣,社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規模コホート研究:NIPPON DATA80/90/2010 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web),2017年
  • 【循環器薬物療法UPDATE】 循環器疾患の最新薬物療法 高血圧の薬物療法,赤坂 憲,樂木 宏実,医学のあゆみ,医歯薬出版(株),Vol. 259,No. 14,p. 1299-1305,2016年12月
  • 地域一般住民における尿中Na/K比の変化と血圧変化との関連:端野・壮瞥町研究,大西浩文,大西浩文,齋藤重幸,齋藤重幸,赤坂憲,古川哲章,森満,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 39th,2016年09月30日
  • Is Insulin Resistance or Hyperglycemia Responsible for Abnormality of the Ventricular Repolarization in Diabetic Patients?,Vol. 22,No. 9,p. S167-S168,2016年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 地域一般住民における血漿アディポネクチン濃度が総死亡に及ぼす影響とBNPの関連 端野・壮瞥町研究,赤坂 憲,古川 哲章,大西 浩文,斎藤 重幸,三浦 哲嗣,楽木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 39回,p. 386-386,2016年09月
  • 肥満度別にみた高齢者の身体機能、転倒に関する検討,杉本 研,藤本 拓,安延 由紀子,赤坂 憲,竹屋 泰,山本 浩一,楽木 宏実,New Diet Therapy,(一社)日本臨床栄養協会,Vol. 32,No. 2,p. 198-198,2016年09月
  • 【高血圧を再考する:注目点とこれからの診療】 厳格降圧(120mmHg未満)のこれから,赤坂 憲,楽木 宏実,Pharma Medica,(株)メディカルレビュー社,Vol. 34,No. 8,p. 25-29,2016年08月
  • 心血管疾患危険因子に対する塩分摂取の関与と減塩効果に関する臨床研究,赤坂憲,館脇清美,藤原敏子,大西浩文,斎藤重幸,日本循環器病予防学会誌,Vol. 51,No. 2,2016年05月26日
  • 地域一般高齢者住民における耐糖能障害発症の予測因子としての肺間質障害血清マーカーの検討:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,成田欣史,亀田優美,大西浩文,齋藤重幸,三浦哲嗣,日本老年医学会雑誌,Vol. 53,2016年05月18日
  • JSH2014―診療の現場から検証する JSH2014理解と応用―実地医家へのアンケート調査より―,斎藤重幸,赤坂憲,大西浩文,島本和明,甲斐久史,血圧,Vol. 22,No. 12,p. 893-897,2015年12月01日
  • Predictors for atrial fibrillation in patients with coronary artery disease: a cross-sectional analysis of BOREAS registry data,Vol. 36,p. 905-905,2015年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 心血管疾患危険因子に対する塩分摂取の関与と減塩効果に関する臨床研究,赤坂憲,館脇清美,藤原敏子,大西浩文,斎藤重幸,日本循環器病予防学会誌,Vol. 50,No. 2,2015年06月01日
  • JSH2014の実地医科へのインパクト:北海道内科医会,神奈川県内科医会,福岡県内科医会へのアンケート調査より,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,三木隆幸,三浦哲嗣,甲斐久史,島本和明,日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,Vol. 4th,2015年05月23日
  • 地域一般住民における1,5‐AG測定の検討:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,大西浩文,三木隆幸,斎藤重幸,三浦哲嗣,糖尿病,Vol. 58,No. Supplement 1,2015年04月25日
  • 個人に適した効果的な摂取条件等を特定する手法の開発及び摂取条件等 2 壮瞥町住民に適したタマネギの効果的な摂取方法の検討と普及,佐藤緑,阿部正一,大西浩文,赤坂憲,斎藤重幸,島本和明,農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果,No. 529,p. 497-499,2015年02月27日
  • 個人に適した効果的な摂取条件等を特定する手法の開発及び摂取条件等 1 北海道の地域一般住民におけるタマネギの効果的な摂取方法の指導・普及に関する検討,大西浩文,赤坂憲,斎藤重幸,島本和明,農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果,No. 529,p. 493-497,2015年02月27日
  • ケルセチン・イソフラボンの生活習慣病予防機能の科学的エビデンス強化と高含有農作物の作出 6 北海道の地域一般住民におけるケルセチン・イソフラボンを含む食品の摂取量とケルセチン・イソフラボン及びその代謝物の血中・尿中レベルに関する疫学的検討,大西浩文,井出晋太郎,赤坂憲,斎藤重幸,島本和明,農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果,No. 529,p. 248-257,2015年02月27日
  • 地域一般住民における口腔内健康状態とインスリン抵抗性の関係,藤井瑞恵,大西浩文,赤坂憲,村松真澄,齋藤重幸,三浦哲嗣,森満,日本循環器病予防学会誌,Vol. 49,No. 2,2014年07月01日
  • 尿中FABP4濃度の臨床的意義の検討,大野紘平,田中希尚,古橋眞人,赤坂憲,美田知宏,伏屋敬博,石村周太郎,大西浩文,吉田英昭,斉藤重幸,三浦哲嗣,日本腎臓学会誌,Vol. 56,No. 3,2014年05月25日
  • 各種降圧薬による尿中ACE2排泄量への影響,柴田智,古橋眞人,茂庭仁人,美田知宏,伏屋敬博,石村周太郎,渡邊礼,赤坂憲,大西浩文,吉田英昭,滝沢英毅,斎藤重幸,浦信行,島本和明,三浦哲嗣,日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,Vol. 3rd,2014年05月24日
  • 地域一般住民における血漿GLP‐1分泌能と高血圧発症の関連:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,大西浩文,吉原真由美,三木隆幸,斎藤重幸,三浦哲嗣,糖尿病,Vol. 57,No. Supplement 1,2014年04月25日
  • JAS2012による動脈硬化疾患リスクと頚動脈エコー所見の対比―端野壮瞥町研究―,川向美奈,湯田聡,村中敦子,赤坂憲,橋本暁佳,大西浩文,斎藤重幸,土橋和文,三浦哲嗣,超音波医学,Vol. 41,No. 1,p. 57-58,2014年01月15日
  • 特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 端野・壮瞥町研究,島本和明,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,吉原真由美,特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 平成25年度 総括・分担研究報告書,p. 15-20,2014年
  • 社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規模コホート研究:NIPPON DATA80/90/2010 2.ヘモグロビンA1cと総死亡,循環器疾患死亡の関連,櫻井勝,斎藤重幸,三浦克之,中川秀昭,大西浩文,赤坂憲,門田文,喜多義邦,早川岳人,大久保孝義,岡山明,岡村智教,上島弘嗣,社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規模コホート研究:NIPPON DATA80/90/2010 平成25年度 総括・分担研究報告書,p. 147-148,2014年
  • GLP‐1分泌能は独立した血圧規定因子である:端野・壮瞥町研究,吉原真由美,赤坂憲,大西浩文,三木隆幸,古川哲章,湯田聡,斎藤重幸,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 36th,2013年10月24日
  • 一般住民において血中脂肪酸結合タンパク4濃度の上昇は左室肥大ならびに拡張能障害と関連する,伏屋敬博,古橋眞人,湯田聡,村中敦子,石村周太郎,美田知宏,大野紘平,田中希尚,赤坂憲,大西浩文,吉田英昭,齋藤重幸,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 36th,2013年10月24日
  • Predictors of Left Ventricular Diastolic Dysfunction in a General Population: Analysis in the Tanno-Sobetsu Study,Vol. 19,No. 10,p. S134-S134,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Elevation of Fatty Acid-Binding Protein 4 is Associated with Left Ventricular Hypertrophy and Diastolic Dysfunction in a General Population,Vol. 62,No. 3,2013年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 血圧 (特集 糖尿病における性差医療),赤坂 憲,大西 浩文,島本 和明,糖尿病,日本糖尿病学会,Vol. 56,No. 8,p. 525-527,2013年08月
  • JSH2009ガイドラインのリスク層別化の地域一般住民における心血管イベント予測能に関する検討:端野・壮瞥町研究,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,森満,島本和明,三浦哲嗣,医学のあゆみ,Vol. 245,No. 8,p. 675-676,2013年05月25日
  • 地域一般住民における正常高値血糖と血圧高値との組み合わせによる新規糖尿病発症予測に関する検討―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,森満,三浦哲嗣,糖尿病,Vol. 56,No. Supplement 1,2013年04月25日
  • 特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 端野・壮瞥町研究,島本和明,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,吉原真由美,特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 平成24年度 総括・分担研究報告書,p. 16-19,2013年
  • 腹部肥満とメタボリックシンドロームに関与する新規分子マーカーの探索,島本和明,古橋眞人,石村周太郎,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,代謝異常治療研究基金研究業績集,Vol. 40,p. 1-9,2013年
  • Elevation of Fatty Acid-Binding Protein 4 is Predisposed by Family History of Hypertension and Contributes to Blood Pressure Elevation,Vol. 126,No. 21,2012年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 端野・壮瞥町研究 (特集 メタボリックシンドロームと糖尿病 : 日本人の健康増進のために) -- (日本人のエビデンス 日本人の疫学研究より),赤坂 憲,大西 浩文,吉原 真由美,糖尿病,医学出版,Vol. 4,No. 12,p. 57-63,2012年11月
  • Determinants of Plasma BNP Level in Apparently Healthy Subjects: A Cross-sectional Analysis in the Tanno-Sobetsu Study,Vol. 18,No. 10,p. S154-S154,2012年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Classification and Regression Treeによる解析からの高血圧発症要因の検討,斎藤重幸,三俣兼人,大西浩文,赤坂憲,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 35th,2012年09月20日
  • 端野・壮瞥町研究からみた糖尿病患者の降圧目標,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,三俣兼人,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 35th,2012年09月20日
  • 地域住民での尿酸値変化と腎機能変化の関連の検討:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,大西浩文,斎藤重幸,三俣兼人,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 35th,2012年09月20日
  • 地域一般住民における血清γ‐glutamyltranspeptidaseレベルと高血圧罹患との関連―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,古川哲章,森満,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 35th,2012年09月20日
  • 脳梗塞発症者における経時的血圧変化の検討:端野・壮瞥町研究―混合効果モデルを用いた時系列解析―,三俣兼人,斎藤重幸,赤坂憲,大西浩文,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 35th,2012年09月20日
  • 地域一般住民健診における頚動脈エコー施行の意義:Framingham Risk Scoreとの関連について―端野壮瞥町研究―,川向美奈,湯田聡,村中敦子,赤坂憲,橋本暁佳,大西浩文,斉藤重幸,土橋和文,渡邉直樹,三浦哲嗣,日本心臓病学会誌,Vol. 7,No. Supplement 1,2012年08月06日
  • 高血圧の家族歴が脂質値の経時的変化に及ぼす影響:混合効果モデルを用いた時系列解析,三俣兼人,赤坂憲,大西浩文,斎藤重幸,三浦哲嗣,日本循環器病予防学会誌,Vol. 47,No. 2,2012年04月30日
  • 心血管危険因子としてのCKD (特集 心腎連鎖の克服を目指した糖尿病腎症の治療) -- (心腎連関と各因子・疾患のかかわり),赤坂 憲,吉原 真由美,斎藤 重幸,糖尿病,医学出版,Vol. 4,No. 2,p. 25-31,2012年02月
  • 地域一般男性住民における飲酒とインスリン抵抗性との関連―端野・壮瞥町研究―,藤井瑞恵,大西浩文,赤坂憲,斉藤重幸,三浦哲嗣,森満,J Epidemiol,Vol. 22,No. Supplement 1,2012年01月26日
  • 特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 端野・壮瞥町研究,島本和明,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,吉原真由美,特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 平成23年度 総括・分担研究報告書,p. 81-84,2012年
  • 腹部肥満とメタボリックシンドロームに関与する新規分子マーカーの探索:脂肪酸結合タンパク4(FABP4)の可能性を中心に,島本和明,古橋眞人,赤坂憲,石村周太郎,大西浩文,斎藤重幸,代謝異常治療研究基金研究業績集,Vol. 39,p. 1-10,2012年
  • 卵巣がんにおける表層上皮由来とされる各腺がんの血中Isoflavone類,InsulinおよびAdiponectin 濃度を含む症例対照研究,男澤聖子,田中綾一,赤坂憲,大西浩文,朝倉純代,伊東英樹,斉藤重幸,三浦哲嗣,斉藤豪, 森満,日本がん疫学・分子疫学研究会総会プログラム・抄録集(Web),Vol. 35th,2012年
  • Clinical Characteristics and Outcomes of Out-of-Hospital Cardiac Arrest Patients in Areas of Tremendous Snowfall,Vol. 124,No. 21,2011年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Uric Acid Level Controls the Development of Hypertension,Vol. 58,No. 5,p. E133-E133,2011年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 喫煙及び禁煙に伴う経時的血圧変化の検討:端野・壮瞥町研究,三俣兼人,三浦哲嗣,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2011年10月20日
  • 酸化ストレスマーカー,推定塩分摂取量と血圧の関連:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,古川哲章,島本和明,三浦哲嗣,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2011年10月20日
  • 地域一般住民におけるITを用いた遠隔在宅血圧管理サポートシステムの試み―壮瞥町在宅血圧管理プロジェクトからの報告―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,古川哲章,森満,三浦哲嗣,島本和明,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2011年10月20日
  • Tissue inhibitor of metalloproteinase 3(TIMP-3)遺伝子プロモーター領域の一塩基多型は血圧値と関連する,小黒 亮輔,神出 計,勝谷 友宏,杉本 研,赤坂 憲,大久保 孝義,菊谷 昌浩,目時 弘仁,廣瀬 卓男,佐藤 倫広,斎藤 重幸,大石 充,島本 和明,今井 潤,楽木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 34回,p. 474-474,2011年10月
  • 地域一般住民検診における頸動脈エコー施行の意義:2Dスペックルトラッキング法を用いた検討(端野壮瞥町研究),村中敦子,湯田聡,川向美奈,西田絢一,望月敦史,神津英至,赤坂憲,國分宣明,大西浩文,下重晋也,橋本暁佳,斎藤重幸,土橋和文,渡邉直樹,三浦哲嗣,日本心臓病学会誌,Vol. 6,No. Supplement 1,2011年08月14日
  • 地域住民における高齢者と非高齢者での血圧コントロール状況:端野・壮瞥町研究,古川哲章,赤坂憲,大西浩文,斎藤重幸,島本和明,日本老年医学会雑誌,Vol. 48,No. 4,2011年07月25日
  • 高齢者,非高齢者における血圧と血漿GLP‐1の関連:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,古川哲章,島本和明,三浦哲嗣,日本老年医学会雑誌,Vol. 48,2011年05月15日
  • 年齢変化による血圧変化の世代間比較:端野・壮瞥研究,三俣兼人,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,三浦哲嗣,日本循環器病予防学会誌,Vol. 46,No. 2,2011年04月30日
  • 地域一般住民におけるALT,γ‐GTPの組み合わせによる新規糖尿病発症予測に関する検討―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,古川哲章,森満,三浦哲嗣,糖尿病,Vol. 54,No. Supplement 1,2011年04月25日
  • 選択的膵流入動脈カルシウム注入法が確定診断および局在診断に有用であったインスリノーマの一例,山本 諭,古橋 眞人,田中 希尚,小山 雅之,山下 智久,赤坂 憲,下重 晋也,橋本 暁佳,吉田 英昭,三浦 哲嗣,木村 康利,今村 将史,平田 公一,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 87,No. 1,p. 388-388,2011年04月
  • 牛乳・乳製品摂取量と総死亡および主要死因との関連(NIPPON DATA80),近藤今子,尾島俊之,中村美詠子,早坂信哉,寳澤篤,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,早川岳人,村上義孝,奥田奈賀子,三浦克之,岡山明,上島弘嗣,J Epidemiol,Vol. 21,No. 1 Supplement,2011年01月21日
  • 血中レプチン濃度及びインスリン抵抗性と体重増加の関連の検討:端野・壮瞥町研究,三俣兼人,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,千葉瑞恵,三浦哲嗣,J Epidemiol,Vol. 21,No. 1 Supplement,2011年01月21日
  • 血中Isoflavone類,Insulin濃度の測定を含む卵巣がんのCase‐Control Study,男澤聖子,田中綾一,伊東英樹,斉藤豪,赤坂憲,斉藤重幸,三浦哲嗣,朝倉純代,大西浩文,森満,がん予防大会プログラム・抄録集,Vol. 2011,2011年
  • 腹部肥満とメタボリックシンドローム発症予防に関する新規分子マーカーを用いた地域住民縦断研究(端野・壮瞥町研究),島本和明,古橋眞人,赤坂憲,石村周太郎,大西浩文,斎藤重幸,代謝異常治療研究基金研究業績集,Vol. 38,p. 7-16,2011年
  • 特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 保健指導への活用を前提としたメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出のための横断・縦断研究,島本和明,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究 平成22年度 総括・分担研究報告書,p. 15-18,2011年
  • GENOME-WIDE ASSOCIATION STUDY IN JAPANESE POPULATION IDENTIFIES SUSCEPTIBLE LOCI FOR PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE.,Vol. 12,No. 12,p. 1046-1046,2010年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 地域住民での血圧と血漿GLP‐1の関連の検討:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,古堅真,横山豊,三俣兼人,島本和明,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2010年10月15日
  • 地域一般住民における空腹時血糖高値の高血圧罹患リスクに関する検討―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2010年10月15日
  • インスリン抵抗性と経時的血圧変化の検討:端野・壮瞥町研究,三俣兼人,斉藤重幸,大西浩文,赤坂憲,千葉瑞恵,古川哲明,森満,島本和明,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2010年10月15日
  • 地域一般住民における心形態・心機能異常の検出頻度に関する検討:端野・壮瞥町研究,村中敦子,湯田聡,舟山直宏,西田絢一,望月敦史,土井崇裕,赤坂憲,大西浩文,下重晋也,橋本暁佳,斉藤重幸,土橋和文,渡邉直樹,島本和明,日本心臓病学会誌,Vol. 5,No. Supplement 1,2010年08月14日
  • 推定塩分摂取量と心血管疾患危険因子の関連の検討:端野・壮瞥町研究,古堅真,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,千葉瑞恵,島本和明,日本老年医学会雑誌,Vol. 47,No. 4,2010年07月25日
  • 地域一般住民高齢者・非高齢者におけるメタボリックシンドロームの高血圧発症リスクの相違に関する検討―端野・壮瞥町研究―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,日本老年医学会雑誌,Vol. 47,No. 4,2010年07月25日
  • 北海道帯広市における脳卒中発症率の変遷の検討,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,赤坂里美,三俣兼人,古堅真,島本和明,日本老年医学会雑誌,Vol. 47,No. 4,2010年07月25日
  • 地域一般住民におけるメタボリックシンドロームと既知の危険因子が動脈硬化進展に与える影響―端野・壮瞥町研究―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,Ther Res,Vol. 31,No. 6,p. 812-817,2010年06月20日
  • 地域一般住民高齢者・非高齢者における正常高値血糖からの糖尿病発症リスクに関する検討―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,日本老年医学会雑誌,Vol. 47,p. 73-74,2010年05月24日
  • 地域一般住民における糖尿病と喫煙のがん死亡に与える影響―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,糖尿病,Vol. 53,No. Supplement 1,2010年04月25日
  • 地域住民における経口糖負荷試験中の血漿GLP‐1濃度の検討:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,横山豊,古堅真,千葉瑞恵,島本和明,糖尿病,Vol. 53,No. Supplement 1,2010年04月25日
  • 地域一般住民における睡眠時間と糖尿病との関連―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,糖尿病,Vol. 53,No. 3,2010年03月30日
  • Association of gene polymorphism of the fat-mass and obesity-associated gene with insulin resistance in Japanese,Vol. 57,p. S414-S415,2010年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 肥満例における高インスリン血症のIntra‐atrial Electromechanical Delayへの影響,村中敦子,湯田聡,山本均美,神津英至,土井崇裕,赤坂憲,大西浩文,下重晋也,橋本暁佳,斉藤重幸,土橋和文,渡邉直樹,島本和明,日本心エコー図学会学術集会抄録集,Vol. 21st,2010年
  • 大規模コホート共同研究による生活習慣病発症予防データベース構築とその高度利用に関する研究 北海道における疫学研究,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,古堅真,三俣兼人,千葉瑞恵,島本和明,大規模コホート共同研究による生活習慣病発症予防データベース構築とその高度利用に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書,p. 99-109,2010年
  • 食生活・栄養素摂取状況が高齢者の健康寿命に与える影響に関する研究:NIPPON DATA80・90の追跡調査 牛乳・乳製品摂取量と総死亡および主要死因との関連,尾島俊之,近藤今子,船橋香緒里,中村美詠子,早坂信哉,寳澤篤,斎藤重幸,大西浩文,赤坂憲,早川岳人,村上義孝,食生活・栄養素摂取状況が高齢者の健康寿命に与える影響に関する研究:NIPPON DATA80・90の追跡調査 平成21年度 総括・分担研究報告書,p. 89-94,2010年
  • 保健指導への活用を前提としたメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出のための横断・縦断研究 端野・壮瞥町研究,島本和明,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,古堅真,保健指導への活用を前提としたメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出のための横断・縦断研究 平成21年度 総括・分担研究報告書,p. 25-29,2010年
  • 地域一般住民における糖尿病と喫煙が総死亡および心血管疾患イベントに与える影響―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,島本和明,森満,北海道公衆衛生学雑誌,Vol. 23,No. 1,2009年11月01日
  • 地域一般住民における食塩感受性と脈拍との関連:端野・壮瞥町研究,三俣兼人,斉藤重幸,大西浩文,赤坂憲,古堅真,古川哲明,千葉瑞恵,島本和明,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 32nd,2009年10月01日
  • 女性のメタボリックシンドロームが心血管疾患発症に及ぼす影響の検討:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,古堅真,千葉瑞恵,古川哲章,島本和明,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 32nd,2009年10月01日
  • JSH2009ガイドラインのリスク層別化の地域一般住民における心血管イベント予測能に関する検討‐端野・壮瞥町研究より‐,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,Vol. 32nd,2009年10月01日
  • メタボリックシンドローム,高感度CRPと尿中微量アルブミンとの関連:端野・壮瞥町研究,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,肥満研究,Vol. 15,No. Supplement,2009年09月17日
  • 北海道地域住民における血清Retinol Binding Protein4(RBP4)の検討:端野・壮瞥町研究,千葉瑞恵,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,古堅真,古川哲章,島本和明,肥満研究,Vol. 15,No. Supplement,2009年09月17日
  • 高齢者,非高齢者における降圧治療と血圧コントロールの状況:端野・壮瞥町研究,赤坂憲,斎藤重幸,大西浩文,三俣兼人,古堅真,千葉瑞恵,古川哲章,島本和明,日本老年医学会雑誌,Vol. 46,2009年05月18日
  • 高齢者・非高齢者における正常高値血圧と腎機能低下の心血管イベント発生リスクに関する検討―端野・壮瞥町研究より―,大西浩文,斎藤重幸,赤坂憲,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,森満,島本和明,日本老年医学会雑誌,Vol. 46,2009年05月18日
  • Classification and Regression Treeを使用した高血圧発症予測の検討:端野・壮瞥町研究,三俣兼人,千葉瑞恵,古堅真,古川哲章,赤坂憲,大西浩文,斉藤重幸,島本和明,日本循環器病予防学会誌,Vol. 44,No. 2,2009年04月30日
  • POLYMORPHISMS OF CYP4A11, A PRODUCING ENZYME OF 20-HETE, ARE ASSOCIATED WITH HYPERTENSION,Vol. 46,p. 150-150,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • メタボリックシンドローム、危険因子集積と尿中微量アルブミンとの関連 : 端野・壮瞥町研究,大西 浩文,斎藤 重幸,赤坂 憲,三俣 兼人,千葉 瑞恵,古堅 真,古川 哲章,森 満,島本 和明,日本循環器病予防学会誌 = Japanese journal of cardiovascular disease prevention,Vol. 43,No. 2,p. 132-138,2008年10月31日
  • OSBPL10 is Identified as a Novel Susceptible Gene for Peripheral Arterial Disease by Genome-Wide Association Study in Japan,Vol. 118,No. 18,p. S1144-S1144,2008年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The relationship between adipocyte fatty acid binding protein (A-FABP) and insulin resistance in Japanese rural population,Vol. 26,p. S104-S104,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The relationship between hypertension and insulin resistance based on HOMA-R and Matsuda-DeFronzo index: The Tanno and Sobetsu study,Vol. 26,p. S122-S122,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Impact of both chronic kidney disease and hypertension on cardiovascular events in rural communities in Japan - The Tanno and Sobetsu study,Vol. 26,p. S116-S116,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 地域一般住民高齢者におけるメタボリックシンドローム, インスリン抵抗性と尿中微量アルブミンとの関連 : 端野・壮瞥町研究,田辺谷 徹也,大西 浩文,斎藤 重幸,赤坂 憲,三俣 兼人,千葉 瑞恵,古堅 真,森 満,島本 和明,日本老年医学会雑誌,日本老年医学会,Vol. 45,No. 3,p. 302-307,2008年05月25日
  • 端野・壮瞥町研究 (特集 メタボリックシンドローム) -- (日本におけるメタボリックシンドロームの疫学),赤坂 憲,斎藤 重幸,浦 信行,診断と治療,診断と治療社,Vol. 96,No. 2,p. 297-301,2008年02月
  • 地域一般住民高齢者におけるメタボリックシンドローム,インスリン抵抗性と尿中微量アルブミンとの関連‐端野・壮瞥町研究‐,田辺谷 徹也,大西 浩文,斎藤 重幸,赤坂 憲,三俣 兼人,千葉 瑞恵,古堅 真,森 満,島本 和明,日本老年医学会雑誌,一般社団法人 日本老年医学会,Vol. 45,No. 3,p. 302-307,2008年
  • 地域疫学研究からみた生活習慣病,メタボリックシンドローム--端野・壮瞥研究より (特集 40歳からの生活習慣病健診--平成20年の開始に備えて),斎藤 重幸,大西 浩文,赤坂 憲,成人病と生活習慣病,東京医学社,Vol. 37,No. 10,p. 1133-1138,2007年10月
  • 若年女性において内皮由来一酸化窒素合成酵素(eNOS)遺伝子Glu298Asp多型が血中アディポネクチン濃度に与える影響,宮永 克子,福尾 惠介,赤坂 憲,勝谷 友宏,深田 瑠美,荻原 俊男,鹿住 敏,日本臨床栄養学会雑誌,日本臨床栄養学会,Vol. 29,No. 1,p. 8-13,2007年07月20日
  • The polymorphisms of CYP4A11 gene can predict the development of hypertension,Vol. 25,p. S397-S397,2007年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Insulin action and secretion, plasma lipids and blood pressure (BP) in Japanese subjects with impaired fasting glucose (IFG) and/or impaired glucose tolerance (IGT),Vol. 56,p. A241-A241,2007年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • A polymorphism in promoter region of cytochrome P450 4A11 gene is associated with a new onset of hypertension: the Tanno and Sobetsu study,Vol. 49,No. 9,p. 414A-414A,2007年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Relationship between gene polymorphisms in beta-2 and beta-3 adrenergic receptors and metabolic syndrome: The tanno and sobetsu study,Vol. 24,p. 174-174,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Association of a gene polymorphism of novel Z-disc protein, myospryn, and left ventricular diastolic dysfunction,Vol. 24,p. 381-381,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • A polymorphism in the promoter region of cytochrome P450 4a11 gene is associated with new onset of hypertension: The tanno and sobetsu study,Vol. 24,p. 240-240,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Incidence of hypertension in individuals with abdominal obesity in a rural Japanese population: The tanno and sobetsu study,Vol. 24,p. 63-63,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Metabolic syndrome is a significant risk factor for atherosclerosis beyond cholesterol in Japanese,Vol. 24,p. 385-385,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Identification of the genetic bases for hypertension: From rats to human,Vol. 24,p. 134-134,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Accumulation of risk factors in individuals with abdominal obesity in a rural Japanese population: The Tanno and Sobetsu study,Vol. 24,p. 386-386,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Post-challenge hyperglycemia causes arteriosclerosis if fasting glucose level is normal.,Vol. 24,p. 223-223,2006年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Gene polymorphism of novel Z-disc protein, myospryn, is associated with left ventricular hypertrophy and diastolic dysfunction,Vol. 48,No. 4,p. E78-E78,2006年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 心血管疾患危険因子からみた腹部超音波法による内臓脂肪量評価の試み : 端野・壮瞥町研究,千葉 雄,斉藤 重幸,高木 覚,大西 浩文,加藤 伸郎,赤坂 憲,中村 陽介,島本 和明,肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity,日本肥満学会,Vol. 12,No. 2,p. 142-146,2006年08月25日
  • Synergistic effects of angiotensin converting enzyme and angiotensin II type 1 receptor gene polymorphisms on insulin resistance - The Tanno-Sobetsu study,Vol. 18,No. 5,p. 78A-78A,2005年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The identification of a new candidate gene for hypertension: A polymorphism in the promoter region of CYP4A11 gene is associated with its transcriptional activity and hypertension,Vol. 45,No. 3,p. 441A-441A,2005年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 腹部超音波法と腹囲による男性内臓脂肪蓄積評価と動脈硬化危険因子の関連 : 端野・壮瞥町研究,千葉 雄,斉藤 重幸,高木 覚,磯部 健,竹内 宏,加藤 伸郎,藤原 禎,赤坂 憲,中村 陽介,島本 和明,日本循環器病予防学会誌 = Japanese journal of cardiovascular disease prevention,Vol. 40,No. 1,p. 9-14,2005年01月31日
  • Incidence of insulin resistance in obese subjects in a rural Japanese population: The Tanno and Sobetsu study,Vol. 7,No. 1,p. 83-87,2005年01月
  • Relationship between visceral fat assessed by ultrasonography and waist circumference and accumulation of cardiovascular disease risk factors,千葉 雄,斉藤 重幸,高木 覚,磯部 健,竹内 宏,加藤 伸郎,藤原 禎,赤坂 憲,中村 陽介,島本 和明,日本循環器病予防学会誌,社団法人 日本循環器管理研究協議会,Vol. 40,No. 1,p. 9-14,2005年
  • Post-challenge hyperglycemia results in accumulation of risk factors and acceleration of cardiovascular morbidity,Vol. 22,p. S107-S107,2004年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 日本人男性における Metabolic Syndrome とインスリン抵抗性の検討 : 端野・壮瞥研究,竹内 宏,斎藤 重幸,高木 覚,大西 浩文,大畑 純一,磯部 健,藤原 禎,赤坂 憲,島本 和明,糖尿病,日本糖尿病学会,Vol. 46,No. 9,p. 739-744,2003年09月30日
  • 本邦における高血圧の疫学,斎藤 重幸,大畑 純一,竹内 宏,磯部 健,藤原 禎,赤坂 憲,日本内科学会雑誌,社団法人 日本内科学会,Vol. 92,No. 2,p. 179-186,2003年02月10日
  • Metabolic Syndrome and Insulin Resistance in Japanese Males-Tanno-Soubestu Study,竹内 宏,斎藤 重幸,高木 覚,大西 浩文,大畑 純一,磯部 健,藤原 禎,赤坂 憲,島本 和明,糖尿病,一般社団法人 日本糖尿病学会,Vol. 46,No. 9,p. 739-744,2003年
  • 老年者男性における高血圧と耐糖能異常の動脈硬化への影響PWVを用いた検討 : 端野・壮瞥町研究,磯部 健,斎藤 重幸,高木 覚,大西 浩文,大畑 純一,竹内 宏,藤原 禎,赤坂 憲,島本 和明,日本老年医学会雑誌,日本老年医学会,Vol. 40,No. 6,p. 610-614,2003年
  • Relationship between insulin resistance and accumulation of coronary risk factors,Vol. 4,No. 6,p. 388-393,2002年11月
  • 地域集団における動脈硬化の検出 : 高感度C反応性蛋白(CRP)と大動脈脈派伝播速度(PWV)の可能性-端野・壮瞥町研究より,大畑 純一,斎藤 重幸,高木 覚,大西 浩文,菊池 由佳,磯部 健,竹内 宏,藤原 禎,赤坂 憲,島本 和明,Journal of epidemiology,Vol. 12,No. 1,2002年01月01日
  • Waist/hip ratio is a risk factor for progression to hypertension in Japanese males,Vol. 18,p. S142-S142,2000年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)