EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

白石 都

Shiraishi Miyako

基礎工学研究科 物質創成専攻,助教

keyword DNA複製,好熱菌,アーキア,DNA修復

学歴

  • 2014年04月 ~ 2017年03月,九州大学大学院,生物資源環境科学府 博士後期課程
  • 2012年04月 ~ 2014年03月,九州大学大学院,生物資源環境科学府 博士前期課程
  • 2008年04月 ~ 2012年03月,九州大学,農学部

経歴

  • 2018年09月 ~ 継続中,大阪大学,大学院 基礎工学研究科,助教
  • 2017年04月 ~ 2017年08月,九州大学大学院,農学研究院,学術特定研究者
  • 2014年04月 ~ 2017年03月,日本学術振興会 特別研究員 DC1
  • 2014年05月 ~ 2016年12月,University of Illinois at Urbana-Champaign,Visiting Scholar

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,応用生物化学,アーキア(古細菌)
  • ライフサイエンス,応用微生物学

論文

  • Mutational analysis of Thermococcus kodakarensis endonuclease III reveals the roles of evolutionarily conserved residues,Vol. 90,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Basis of Substrate Recognition of Endonuclease Q from the Euryarchaeon Pyrococcus furiosus.,Shiraishi M,Iwai S,Journal of bacteriology,Vol. 202,No. 2,2020年01月
  • The mesophilic archaeon Methanosarcina acetivorans counteracts uracil in DNA with multiple enzymes: EndoQ, ExoIII, and UDG.,Shiraishi M,Ishino S,Heffernan M,Cann I,Ishino Y,Scientific reports,Vol. 8,No. 1,2018年10月
  • Fluorescence detection of DNA mismatch repair in human cells.,Ito S,Shiraishi M,Tsuchihashi K,Takatsuka R,Yamamoto J,Kuraoka I,Iwai S,Scientific reports,Vol. 8,No. 1,2018年08月
  • A functional endonuclease Q exists in the bacterial domain: identification and characterization of endonuclease Q from Bacillus pumilus,Vol. 81,No. 5,p. 931-937,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • PCNA is involved in the EndoQ-mediated DNA repair process in Thermococcales,Vol. 6,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • EndoQ and EndoV work individually for damaged DNA base repair in Pyrococcus furiosus,Vol. 118,p. 264-269,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel endonuclease that may be responsible for damaged DNA base repair in Pyrococcus furiosus,Vol. 43,No. 5,p. 2853-2863,2015年03月,研究論文(学術雑誌)

特許・実用新案・意匠

  • 新規DNA 分解酵素,石野良純,石野園子,白石 都,特願14/890,009

受賞

  • 平成28年度生物資源環境科学府賞,白石 都,2017年03月
  • 九州大学学生表彰受賞,白石 都,2017年03月
  • 平成28年度日本農芸化学会西日本支部奨励賞(学生),白石 都,2017年01月
  • The International Society for Extremophiles Poster Award,白石 都,The International Society for Extremophiles,2016年09月
  • 2013年日本蛋白質科学会 若手ポスター賞,白石 都,日本蛋白質科学会,2013年06月

講演・口頭発表等

  • Thermococcus kodakarensis由来エンドヌクレアーゼIIIとその変異体を用いた機能解析,水谷謙斗,山元淳平,岩井成憲,白石都,第42回日本分子生物学会年会,2019年12月
  • アーキアから見出された新規修復タンパク質、エンドヌクレアーゼQの基質認識機構,白石 都,岩井成憲,第42回日本分子生物学会年会,2019年12月
  • Endonuclease Q Acts on Various Mutagenic Bases in Hyperthermophilic Archaea,Shiraishi, M,Ishino,S. Yamagami, T,Egashira, Y,Kiyonari, S,Iwai, S,Ishino, Y,Thermophiles2019 (15th International Congress),2019年09月
  • A Novel DNA Repair Pathway for Damaged Bases in Thermococcales,Shiraishi, M,Ishono, S,Egashira, Y,Kiyonari, S,Yamagami, T,Cann, I,Ishino, Y,Extremophiles2016 (11th International Congress),2016年09月
  • A novel DNA repair pathway found in achaeal order Thermococcales,Shiraishi, M,Ishono, S,Egashira, Y,Kiyonari, S,Yamagami, T,Cann, I,Ishino, Y,Molecular Biology of Archaea 5,2016年08月
  • A novel endonuclease responsible for damaged DNA repair in archaeal order Thermococcales,Shiraishi, M,Ishono, S,Egashira, Y,Kiyonari, S,Yamagami, T,Cann, I,Ishino, Y,日本農芸化学会 2016年度,2016年03月
  • アーキアに見出された損傷塩基修復酵素Endonuclease Qの特性,白石 都,石野園子,牧田成人,江頭由里子,清成信一,山上 健,石野良純,第26回日本Archaea研究会,2013年07月
  • 超好熱性アーキアPyrococcus furiosusから同定された新規な修復エンドヌクレアーゼ,白石 都,石野園子,牧田成人,江頭由里子,清成信一,山上 健,石野良純,第13回 日本蛋白質科学会年会,2013年06月
  • アーキアの損傷塩基除去修復に関わる新規酵素の発見,白石 都,石野園子,牧田成人,江頭由里子,清成信一,山上 健,石野良純,日本生化学会 九州支部例会,2013年05月

委員歴

  • 学協会,Frontiers in Microbiology (Biology of Archaea),Review Editor,2019年07月 ~ 継続中