EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

武田 朱公

Takeda Shukou

医学系研究科,寄附講座准教授

keyword 人工知能,アイトラッキング,エクソソーム,デジタル治療薬,デジタルバイオマーカー,バイオマーカー,免疫療法,タウ伝播,タウ,脳血管,炎症,包括脳ネットワーク,診断・治療法,後天的危険因子,認知症,アルツハイマー病

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,大阪府立病院機構大阪精神医療センター こころの科学リサーチセンター,診断・治療創生部門,認知症ユニットリーダー(兼任)
  • 2016年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学寄附講座 准教授
  • 2015年02月 ~ 2016年03月,米国ハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院 研究員
  • 2013年02月 ~ 2015年01月,日本学術振興会 海外特別研究員(米国ハーバード大学医学部)
  • 2011年04月 ~ 2013年01月,日本学術振興会 特別研究員PD (米国ハーバード大学医学部)
  • 2011年01月 ~ 2011年03月,東京大学大学院医学系研究科 先端臨床医学開発講座,特任助教
  • 2010年04月 ~ 2010年12月,大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学,研究生
  • 2006年04月 ~ 2010年03月,大阪大学大学院医学系研究科(老年腎臓内科),大学院生 (学位取得日:2010年3月23日 内科系臨床医学専攻(学位記番号:23637号))
  • 2005年04月 ~ 2006年03月,財団法人日本生命済生会付属日生病院,研修医
  • 2004年04月 ~ 2005年03月,大阪大学医学部附属病院,研修医
  • 1998年04月 ~ 2004年03月,北海道大学医学部医学科卒業 (首席)

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,内科学一般
  • ライフサイエンス,代謝、内分泌学
  • ライフサイエンス,神経内科学
  • ライフサイエンス,神経科学一般
  • ライフサイエンス,神経科学一般

所属学会

  • 日本脳循環代謝学会
  • 日本てんかん学会
  • 日本内科学会
  • 日本血管生物医学会
  • 日本循環器学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本実験動物学会
  • 日本糖尿病・肥満動物学会
  • ISTAART (International Society to Advance Alzheimer Research and Treatment)
  • Society for Neuroscience
  • 日本肥満学会
  • 日本心血管内分泌代謝学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本老年医学会
  • 日本認知症学会
  • 日本神経科学学会

論文

  • Roles of vascular risk factors in the pathogenesis of dementia,Shuko Takeda,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Hypertension Research,Vol. 43,No. 3,p. 162-167,2020年03月01日
  • Increased levels of Aβ42 decrease the lifespan of ob/ob mice with dysregulation of microglia and astrocytes,Mitsuru Shinohara,Yoshitaka Tashiro,Motoko Shinohara,Junko Hirokawa,Kaoru Suzuki,Miyuki Onishi-Takeya,Masahiro Mukouzono,Shuko Takeda,Takashi Saito,Akio Fukumori,Takaomi C. Saido,Ryuichi Morishita,Naoyuki Sato,FASEB Journal,Vol. 34,No. 2,p. 2425-2435,2020年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Novel properties of myoferlin in glucose metabolism via pathways involving modulation of adipose functions,Yoichi Nozato,Yoichi Takami,Koichi Yamamoto,Motonori Nagasawa,Satoko Nozato,Yuki Imaizumi,Hikari Takeshita,Cheng Wang,Yuki Ito,Shuko Takeda,Yasushi Takeya,Ken Sugimoto,Hironori Nakagami,Rikinari Hanayama,Hiromi Rakugi,FASEB Journal,Vol. 34,No. 2,p. 2792-2811,2020年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic vaccines targeting alzheimer’s disease,Shuko Takeda,Therapeutic Vaccines as Novel Immunotherapy: Biological and Clinical Concepts,p. 9-20,2020年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Tau Propagation as a Diagnostic and Therapeutic Target for Dementia: Potentials and Unanswered Questions,Shuko Takeda,Frontiers in Neuroscience,Vol. 13,p. 1274-1274,2019年12月13日
  • Frequency-dependent exacerbation of Alzheimer’s disease neuropathophysiology,Ksenia V. Kastanenka,Maria Calvo-Rodriguez,Steven S. Hou,Heng Zhou,Shuko Takeda,Michal Arbel-Ornath,Amanda Lariviere,Yee Fun Lee,Alex Kim,Jonathan M. Hawkes,Robert Logan,Danielle Feng,Xiqun Chen,Stephen N. Gomperts,Brian J. Bacskai,Scientific Reports,Vol. 9,No. 1,p. 8964-8964,2019年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Novel Method for Rapid Assessment of Cognitive Impairment Using High-Performance Eye-Tracking Technology,Akane Oyama,Shuko Takeda,Yuki Ito,Tsuneo Nakajima,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Ken Sugimoto,Hideo Shimizu,Munehisa Shimamura,Taiichi Katayama,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Scientific Reports,Vol. 9,No. 1,p. 12932-12932,2019年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of heat stress on blood-brain barrier integrity in iPS cell-derived microvascular endothelial cell models,Tomoko Yamaguchi,Kentaro Shimizu,Yasuhiro Kokubu,Misae Nishijima,Shuko Takeda,Hiroshi Ogura,Kenji Kawabata,PLoS ONE,Vol. 14,No. 9,2019年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Progression of Alzheimer's disease, tau propagation, and its modifiable risk factors,Shuko Takeda,Neuroscience Research,Vol. 141,p. 36-42,2019年04月
  • Mutant torsinA in the heterozygous DYT1 state compromises HSV propagation in infected neurons and fibroblasts,Bence György,Lilian Cruz,David Yellen,Massimo Aufiero,Isabel Alland,Xuan Zhang,Maria Ericsson,Cornel Fraefel,Yu Ching Li,Shuko Takeda,Bradley T. Hyman,Xandra O. Breakefield,Scientific Reports,Vol. 8,No. 1,p. 2324-2324,2018年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic vaccine against S100A9 (S100 calcium-binding protein A9) inhibits thrombosis without increasing the risk of bleeding in ischemic stroke in mice,Tomohiro Kawano,Munehisa Shimamura,Hironori Nakagami,Tatsuya Iso,Hiroshi Koriyama,Shuko Takeda,Kosuke Baba,Tsutomu Sasaki,Manabu Sakaguchi,Ryuichi Morishita,Hideki Mochizuki,Hypertension,Vol. 72,No. 6,p. 1355-1364,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Secretion and Uptake of α-Synuclein Via Extracellular Vesicles in Cultured Cells,Gabriel Gustafsson,Camilla Lööv,Emma Persson,Diana F. Lázaro,Shuko Takeda,Joakim Bergström,Anna Erlandsson,Dag Sehlin,Leonora Balaj,Bence György,Martin Hallbeck,Tiago F. Outeiro,Xandra O. Breakefield,Bradley T. Hyman,Martin Ingelsson,Cellular and Molecular Neurobiology,Vol. 38,No. 8,p. 1539-1550,2018年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Angiotensin-converting enzyme 2 deficiency accelerates and angiotensin 1-7 restores age-related muscle weakness in mice,Hikari Takeshita,Koichi Yamamoto,Satoko Nozato,Masao Takeda,So ichiro Fukada,Tadakatsu Inagaki,Hirotsugu Tsuchimochi,Mikiyasu Shirai,Yoichi Nozato,Taku Fujimoto,Yuki Imaizumi,Serina Yokoyama,Motonori Nagasawa,Go Hamano,Kazuhiro Hongyo,Tatsuo Kawai,Hiroko Hanasaki-Yamamoto,Shuko Takeda,Toshimasa Takahashi,Hiroshi Akasaka,Norihisa Itoh,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Ken Sugimoto,Hironori Nakagami,Hiromi Rakugi,Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle,Vol. 9,No. 5,p. 975-986,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • CRISPR/Cas9 Mediated Disruption of the Swedish APP Allele as a Therapeutic Approach for Early-Onset Alzheimer's Disease,Bence György,Camilla Lööv,Mikołaj P. Zaborowski,Shuko Takeda,Benjamin P. Kleinstiver,Caitlin Commins,Ksenia Kastanenka,Dakai Mu,Adrienn Volak,Vilmantas Giedraitis,Lars Lannfelt,Casey A. Maguire,J. Keith Joung,Bradley T. Hyman,Xandra O. Breakefield,Martin Ingelsson,Molecular Therapy - Nucleic Acids,Vol. 11,p. 429-440,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Diabetes and Alzheimer's disease,Shuko Takeda,Ryuichi Morishita,Diabetes and Aging-related Complications,Springer Singapore,p. 101-111,2017年12月01日,論文集(書籍)内論文
  • Tau Antibody Targeting Pathological Species Blocks Neuronal Uptake and Interneuron Propagation of Tau in Vitro,Chloe K. Nobuhara,Sarah L. DeVos,Caitlin Commins,Susanne Wegmann,Benjamin D. Moore,Allyson D. Roe,Isabel Costantino,Matthew P. Frosch,Rose Pitstick,George A. Carlson,Christoph Hock,Roger M. Nitsch,Fabio Montrasio,Jan Grimm,Anne E. Cheung,Anthone W. Dunah,Marion Wittmann,Thierry Bussiere,Paul H. Weinreb,Bradley T. Hyman,Shuko Takeda,American Journal of Pathology,Vol. 187,No. 6,p. 1399-1412,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of TauC3 antibody and demonstration of its potential to block tau propagation,Samantha B. Nicholls,Sarah L. Devos,Caitlin Commins,Chloe Nobuhara,Rachel E. Bennett,Diana L. Corjuc,Eduardo Maury,Bahareh Eftekharzadeh,Ololade Akingbade,Zhanyun Fan,Allyson D. Roe,Shuko Takeda,Susanne Wegmann,Bradley T. Hyman,PLoS ONE,Vol. 12,No. 5,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Soluble oligomeric amyloid-β induces calcium dyshomeostasis that precedes synapse loss in the living mouse brain,Michal Arbel-Ornath,Eloise Hudry,Josiah R. Boivin,Tadafumi Hashimoto,Shuko Takeda,Kishore V. Kuchibhotla,Steven Hou,Carli R. Lattarulo,Arianna M. Belcher,Naomi Shakerdge,Pariss B. Trujillo,Alona Muzikansky,Rebecca A. Betensky,Bradley T. Hyman,Brian J. Bacskai,Molecular Neurodegeneration,Vol. 12,No. 1,p. 27-27,2017年03月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic presenilin 1 and synaptotagmin 1 interaction modulates exocytosis and amyloid β production,Katarzyna Marta Zoltowska,Masato Maesako,Iryna Lushnikova,Shuko Takeda,Laura J. Keller,Galina Skibo,Bradley T. Hyman,Oksana Berezovska,Molecular Neurodegeneration,Vol. 12,No. 1,p. 15-15,2017年02月13日,研究論文(学術雑誌)
  • Formation, release, and internalization of stable tau oligomers in cells,Susanne Wegmann,Samantha Nicholls,Shuko Takeda,Zhanyun Fan,Bradley T. Hyman,Journal of Neurochemistry,Vol. 139,No. 6,p. 1163-1174,2016年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Seed-competent high-molecular-weight tau species accumulates in the cerebrospinal fluid of Alzheimer's disease mouse model and human patients,Shuko Takeda,Caitlin Commins,Sarah L. DeVos,Chloe K. Nobuhara,Susanne Wegmann,Allyson D. Roe,Isabel Costantino,Zhanyun Fan,Samantha B. Nicholls,Alexis E. Sherman,Ana T. Trisini Lipsanopoulos,Clemens R. Scherzer,George A. Carlson,Rose Pitstick,Elaine R. Peskind,Murray A. Raskind,Ge Li,Thomas J. Montine,Matthew P. Frosch,Bradley T. Hyman,Annals of Neurology,Vol. 80,No. 3,p. 355-367,2016年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Removing endogenous tau does not prevent tau propagation yet reduces its neurotoxicity,Susanne Wegmann,Eduardo A. Maury,Molly J. Kirk,Lubna Saqran,Allyson Roe,Sarah L. DeVos,Samantha Nicholls,Zhanyun Fan,Shuko Takeda,Ozge Cagsal-Getkin,Christopher M. William,Tara L. Spires-Jones,Rose Pitstick,George A. Carlson,Amy M. Pooler,Bradley T. Hyman,EMBO Journal,Vol. 34,No. 24,p. 3028-3041,2015年12月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Neuronal uptake and propagation of a rare phosphorylated high-molecular-weight tau derived from Alzheimer's disease brain,Shuko Takeda,Susanne Wegmann,Hansang Cho,Sarah L. Devos,Caitlin Commins,Allyson D. Roe,Samantha B. Nicholls,George A. Carlson,Rose Pitstick,Chloe K. Nobuhara,Isabel Costantino,Matthew P. Frosch,Daniel J. Muller,Daniel Irimia,Bradley T. Hyman,Nature Communications,Vol. 6,p. 8490-8490,2015年10月13日,研究論文(学術雑誌)
  • Ultrasound attacks Alzheimer's disease?,Shuko Takeda,Ryuichi Morishita,Annals of Translational Medicine,AME Publishing Company,Vol. 3,No. 18,p. 276-276,2015年10月,研究論文(学術雑誌)
  • A Food and Drug Administration-approved asthma therapeutic agent impacts amyloid β in the brain in a transgenic model of Alzheimer disease,Yukiko Hori,Shuko Takeda,Hansang Cho,Susanne Wegmann,Timothy M. Shoup,Kazue Takahashi,Daniel Irimia,David R. Elmaleh,Bradley T. Hyman,Eloise Hudry,Journal of Biological Chemistry,Vol. 290,No. 4,p. 1966-1978,2015年01月23日,研究論文(学術雑誌)
  • Oxidative stress and lipid peroxidation are upstream of amyloid pathology,Muriel Arimon,Shuko Takeda,Kathryn L. Post,Sarah Svirsky,Bradley T. Hyman,Oksana Berezovska,Neurobiology of Disease,Vol. 84,p. 109-119,2015年01月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Systemic inflammation, blood-brain barrier vulnerability and cognitive / non-cognitive symptoms in Alzheimer disease: Relevance to pathogenesis and therapy,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Ryuichi Morishita,Frontiers in Aging Neuroscience,Vol. 6,No. JUL,p. 171-171,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Gene transfer of human Apoe isoforms results in differential modulation of amyloid deposition and neurotoxicity in mouse brain,Eloise Hudry,Jonathan Dashkoff,Alysson D. Roe,Shuko Takeda,Robert M. Koffie,Tadafumi Hashimoto,Maria Scheel,Tara Spires-Jones,Michal Arbel-Ornath,Rebecca Betensky,Beverly L. Davidson,Bradley T. Hyman,Science Translational Medicine,Vol. 5,No. 212,2013年11月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Brain interstitial oligomeric amyloid β increases with age and is resistant to clearance from brain in a mouse model of Alzheimer's disease,Shuko Takeda,Tadafumi Hashimoto,Allyson D. Roe,Yukiko Hori,Tara L. Spires-Jones,Bradley T. Hyman,FASEB Journal,Vol. 27,No. 8,p. 3239-3248,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Increased blood-brain barrier vulnerability to systemic inflammation in an Alzheimer disease mouse model,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kazuko Ikimura,Hirohito Nishino,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Neurobiology of Aging,Vol. 34,No. 8,p. 2064-2070,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Differential regulation of amyloid precursor protein/presenilin 1 interaction during Aβ40/42 [corrected] production detected using fusion constructs.,Sato N,Okochi M,Shinohara M,Thinakaran G,Takeda S,Fukumori A,Shinohara-Noma M,Mori-Ueda M,Hamada H,Takeda M,Rakugi H,Morishita R,PloS one,Vol. 7,No. 11,2012年11月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Pathological interaction between diabetes mellitus and Alzheimer's disease,Shuko Takeda,Japanese Journal of Neuropsychopharmacology,Vol. 32,No. 5-6,p. 239-244,2012年11月
  • Apolipoprotein e, especially apolipoprotein E4, increases the oligomerization of amyloid β peptide,Tadafumi Hashimoto,Alberto Serrano-Pozo,Yukiko Hori,Kenneth W. Adams,Shuko Takeda,Adrian Olaf Banerji,Akinori Mitani,Daniel Joyner,Diana H. Thyssen,Brian J. Bacskai,Matthew P. Frosch,Tara L. Spires-Jones,Mary Beth Finn,David M. Holtzman,Bradley T. Hyman,Journal of Neuroscience,Vol. 32,No. 43,p. 15181-15192,2012年10月24日,研究論文(学術雑誌)
  • Oral glucose loading modulates plasma β-amyloid level in alzheimer's disease patients: potential diagnostic method for Alzheimer's disease.,Takeda S,Sato N,Uchio-Yamada K,Yu H,Moriguchi A,Rakugi H,Morishita R,Dementia,geriatric cognitive disorders, v,Dementia and geriatric cognitive disorders,Vol. 34,No. 1,p. 25-30,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 高血圧治療と認知症予防 (認知症学(下)その解明と治療の最新知見) -- (臨床編),里 直行,武田 朱公,森下 竜一,日本臨床,日本臨床社,Vol. 69,No. 1012,p. 186-191,2011年12月
  • Molecular mechanisms linking diabetes mellitus and Alzheimer disease: Beta-amyloid peptide, insulin signaling, and neuronal function,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Molecular BioSystems,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 7,No. 6,p. 1822-1827,2011年06月01日
  • NOVEL MICRODIALYSIS METHOD TO ASSESS NEUROPEPTIDES AND LARGE MOLECULES IN FREE-MOVING MOUSE,S. Takeda,N. Sato,K. Ikimura,H. Nishino,H. Rakugi,R. Morishita,NEUROSCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 186,p. 110-119,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of insulin signaling in the interaction between Alzheimer disease and diabetes mellitus: A missing link to Therapeutic potential,Naoyuki Sato,Shuko Takeda,Kozue Uchio-Yamada,Hironori Ueda,Tomomi Fujisawa,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Current Aging Science,Vol. 4,No. 2,p. 118-127,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Animal Models of Alzheimer Disease for Translational Research:Current and Future Concepts,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Alzheimer's Disease Research Journal,Vol. 3,No. 3-4,p. 347-360,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Plasma β-amyloid as potential biomarker of Alzheimer disease: Possibility of diagnostic tool for Alzheimer disease,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Molecular BioSystems,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 6,No. 10,p. 1760-1766,2010年10月
  • Reduction of brain β-amyloid (Aβ) by fluvastatin, a hydroxymethylglutaryl-CoA reductase inhibitor, through increase in degradation of amyloid precursor protein C-terminal fragments (APP-CTFs) and Aβ clearance,Mitsuru Shinohara,Naoyuki Sato,Hitomi Kurinami,Daisuke Takeuchi,Shuko Takeda,Munehisa Shimamura,Toshihide Yamashita,Yasuo Uchiyama,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Journal of Biological Chemistry,Vol. 285,No. 29,p. 22091-22102,2010年07月16日,研究論文(学術雑誌)
  • Diabetes-accelerated memory dysfunction via cerebrovascular inflammation and Aβ deposition in an Alzheimer mouse model with diabetes,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Kyoko Sawada,Takanori Kunieda,Daisuke Takeuchi,Hitomi Kurinami,Mitsuru Shinohara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,NATL ACAD SCIENCES,Vol. 107,No. 15,p. 7036-7041,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Angiotensin receptor blocker prevented β-amyloid-induced cognitive impairment associated with recovery of neurovascular coupling,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Daisuke Takeuchi,Hitomi Kurinami,Mitsuru Shinohara,Kazue Niisato,Masanobu Kano,Toshio Ogihara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Hypertension,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 54,No. 6,p. 1345-1352,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Elevation of plasma β-amyloid level by glucose loading in Alzheimer mouse models,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Kyoko Sawada,Takanori Kunieda,Daisuke Takeuchi,Hitomi Kurinami,Mitsuru Shinohara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Biochemical and Biophysical Research Communications,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 385,No. 2,p. 193-197,2009年07月24日,研究論文(学術雑誌)
  • Validation of Aβ1-40 administration into mouse cerebroventricles as an animal model for Alzheimer disease,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kazue Niisato,Daisuke Takeuchi,Hitomi Kurinami,Mitsuru Shinohara,Hiromi Rakugi,Masanobu Kano,Ryuichi Morishita,Brain Research,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1280,p. 137-147,2009年07月14日,研究論文(学術雑誌)
  • 【ACE阻害薬とARB どう使い分けるか】診る 循環系RASと組織RAS,谷山 義明,家串 和真,眞田 文博,武田 朱公,森下 竜一,Heart View,(株)メジカルビュー社,Vol. 13,No. 2,p. 132-139,2009年02月
  • Elevation of Plasma β-amyloid Levels by Glucose Loading in Amyloid Precursor Protein Transgenic Mice.,Takeda S,Sato N,Uchio-Yamada K,Sawada K,Kunieda T,Takeuchi D,Kurinami H,Shinohara M,Rakugi H,Morishita R,Biochem Biophys Res Commun.,Vol. 385,No. 2,p. 193-197,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Prevention of amyloid β-induced memory impairment by fluvastatin, associated with the decrease in amyloid β accumulation and oxidative stress in amyloid β injection mouse model,Hitomi Kurinami,Naoyuki Sato,Mitsuru Shinohara,Daisuke Takeuchi,Shuko Takeda,Munehisa Shimamura,Toshio Ogihara,Ryuichi Morishita,International Journal of Molecular Medicine,Vol. 21,No. 5,p. 531-537,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • The renin-angiotensin system, hypertension and cognitive dysfunction in Alzheimer's disease: New therapeutic potential,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Toshio Ogihara,Ryuichi Morishita,Frontiers in Bioscience,FRONTIERS IN BIOSCIENCE INC,Vol. 13,No. 6,p. 2253-2265,2008年
  • Deletion of angiotensin-converting enzyme 2 accelerates pressure overload-induced cardiac dysfunction by increasing local angiotensin II.,Yamamoto K,Ohishi M,Katsuya T,Ito N,Ikushima M,Kaibe M,Tatara Y,Shiota A,Sugano S,Takeda S,Rakugi H,Ogihara T,Hypertension,Dallas, Te,Vol. 47,No. 4,p. 718-726,2006年04月

MISC

  • 視線検出技術を用いたせん妄の定量的評価と発症予測,武田 朱公,大山 茜,中嶋 恒男,伊藤 祐規,鷹見 洋一,山本 浩一,杉本 研,竹屋 泰,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 134-134,2020年07月
  • 認知症の早期診断と早期介入を実践する次世代の認知症医療 認知症デジタルバイオマーカーの開発と社会実装に向けて,武田 朱公,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 143-143,2020年07月
  • 【高血圧学 上-高血圧制圧の現状と展望-】レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAA系)研究の現状と展望 レニン-アンジオテンシン系と認知症,武田 朱公,日本臨床,(株)日本臨床社,Vol. 78,No. 増刊1 高血圧学(上),p. 315-319,2020年06月
  • タウ伝播を標的とした治療法開発 (第1土曜特集 神経変性疾患の治療開発の現状 : 新たな戦略構築の基盤をめざして) -- (各分野の動向),武田 朱公,医学のあゆみ,医歯薬出版,Vol. 273,No. 1,p. 23-27,2020年04月04日
  • 意識障害と注意障害 (特集 精神科臨床における意識障害 : せん妄ともうろう状態を中心に),武田 朱公,谷向 仁,臨床精神医学 = Japanese journal of clinical psychiatry,アークメディア,Vol. 49,No. 3,p. 327-332,2020年03月
  • アルツハイマー型認知症の病態解明と新規治療・診断法の確立に向けた研究,武田 朱公,日本応用酵素協会誌,(公財)日本応用酵素協会,No. 54,p. 65-66,2020年03月
  • 肥満・糖尿病合併APPトランスジェニックマウス脳における遺伝子発現解析,篠原充,菊池正隆,大西(竹屋)美幸,田代善崇,鈴木香,野田泰裕,武田朱公,向園昌弘,長野清一,福森亮雄,森下竜一,中谷明弘,里直行,Dementia Japan,Vol. 34,No. 4,2020年
  • 覚醒・自由行動下におけるマウス脳脊髄液回収法の確立,武田 朱公,中嶋 恒男,大山 茜,伊藤 祐規,鷹見 洋一,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 559-559,2019年10月
  • 高精度視線検出技術を用いた定量的認知機能評価法の開発,大山 茜,武田 朱公,伊藤 祐規,中嶋 恒男,鷹見 洋一,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 563-563,2019年10月
  • 認知症バイオマーカー探索の新潮流 視線検出技術と機械学習の融合による次世代型認知機能評価法の開発,武田 朱公,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 33,No. 4,p. 501-501,2019年10月
  • 視線検出技術を用いた客観的かつ定量的なせん妄評価法の開発,武田 朱公,大山 茜,中嶋 恒男,伊藤 祐規,鷹見 洋一,山本 浩一,杉本 研,竹屋 泰,樂木 宏実,森下 竜一,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 33,No. 4,p. 563-563,2019年10月
  • アルツハイマー病のタウ病理と治療法開発,武田 朱公,老年期認知症研究会誌,老年期認知症研究会,Vol. 22,No. 15,p. 94-96,2019年09月
  • 【タウの生理・病態を踏まえた認知症治療戦略】タウ脳内進展過程を標的とする診断・治療法の開発,武田 朱公,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 33,No. 3,p. 298-305,2019年09月
  • 早期診断の新たなバイオマーカー 認知症発症早期のバイオマーカー,武田 朱公,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 19回,p. 180-180,2019年06月
  • 認知症神経病理の進行を規定する因子の同定と診断・治療法への応用,武田 朱公,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 82-82,2019年05月
  • Digestシリーズ 新薬開発まで待てない認知症(Vol.5) 高血圧制御と認知症予防,武田 朱公,楽木 宏実,Medical Science Digest,(株)ニュー・サイエンス社,Vol. 45,No. 4,p. 182-184,2019年04月
  • Digestシリーズ 新薬開発まで待てない認知症(Vol.5) 高血圧制御と認知症予防,武田 朱公,楽木 宏実,Medical Science Digest,(株)ニュー・サイエンス社,Vol. 45,No. 4,p. 182-184,2019年04月
  • アルツハイマー型認知症の病態解明と新規治療・診断法の確立に向けた研究,武田 朱公,日本応用酵素協会誌,(公財)日本応用酵素協会,No. 53,p. 72-73,2019年03月
  • 病的タウの神経細胞間伝播を標的とした認知症治療法の開発,武田 朱公,先進医薬研究振興財団研究成果報告集,(公財)先進医薬研究振興財団,Vol. 2018年度,p. 64-65,2019年03月
  • 新規病態モデルを用いた糖尿病と認知症の病態関連の分子機序の解明,武田 朱公,医科学応用研究財団研究報告,(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団,Vol. 36,p. 211-215,2019年02月
  • 循環薬理学からみる認知症 生活習慣病・血管性危険因子と認知症の関連,武田 朱公,血管,日本心脈管作動物質学会,Vol. 42,No. 1,p. 37-37,2019年01月
  • アルツハイマー病タウ病理を標的とした免疫療法の開発,武田 朱公,Commins Caitlin,Nobuhara Chloe,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Hyman Bradley,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 10,No. 1,p. 67-67,2018年12月
  • 変性蛋白の細胞間伝播を標的とした認知症治療法の開発,武田 朱公,上原記念生命科学財団研究報告集,(公財)上原記念生命科学財団,Vol. 32,p. 1-5,2018年12月
  • マイクロ流路チップを用いた新規神経細胞培養チャンバーの開発と認知症病態解析への応用,武田 朱公,Cho Hansang,Irimia Daniel,Hyman Bradley,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. 4,p. 713-713,2018年10月
  • 高齢入院患者における薬物有害事象と身体フレイルとの関連,大山 茜,竹屋 泰,川上 瑛子,中嶋 恒男,竹屋 美幸,武田 朱公,鷹見 洋一,杉本 研,山本 浩一,楽木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. 4,p. 711-712,2018年10月
  • 実地臨床の中で捉まえる次世代認知症医療への糸口,武田 朱公,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 32,No. 3,p. 303-303,2018年09月
  • タウの生理・病態を踏まえた認知症治療戦略 タウ脳内進展過程を標的とする診断・治療法の開発,武田 朱公,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 32,No. 3,p. 394-394,2018年09月
  • 動脈硬化性因子と認知症の病態関連に関する基礎的研究,武田 朱公,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 41回,p. HAL1-HAL1,2018年09月
  • アルツハイマー病モデルマウスは性差のある骨格筋機能低下を呈する,竹下 ひかり,山本 浩一,武田 朱公,伊藤 祐規,樂木 宏実,日本筋学会学術集会プログラム・抄録集,日本筋学会,Vol. 4回,p. 143-143,2018年08月
  • Tauトランスジェニックマウスとアルツハイマー病患者の脳脊髄液における凝集原となりうるtau蓄積(Seed-competent tau accumulates in the cerebrospinal fluid of Tau-transgenic mice and patients with Alzheimer's disease),武田 朱公,Commins Caitlin,Wegmann Susanne,De Vos Sarah,Hyman Bradley,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 18回,p. 205-205,2018年05月
  • タウ脳内伝播を標的とした抗体療法の最適エピトープの選定,武田 朱公,Nobuhara Chloe K.,Commins Caitlin,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Roe Allyson D.,Hyman Bradly,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 97-97,2018年05月
  • アルツハイマー病理が骨格筋機能に及ぼす影響とその性差の基礎的検討,竹下 ひかり,山本 浩一,武田 朱公,伊藤 祐規,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 98-98,2018年05月
  • アルツハイマー型認知症の病態解明と新規治療・診断法の確立に向けた研究,武田 朱公,日本応用酵素協会誌,(公財)日本応用酵素協会,No. 52,p. 74-74,2018年03月
  • アルツハイマー病に対するタウ抗体療法の最適エピトープの選定,武田 朱公,Nobuhara Chloe,Commins Caitlin,Hyman Bradley,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 9,No. 2,p. 99-99,2017年12月
  • 変性タウ蛋白の神経細胞間伝播メカニズムの解明,武田 朱公,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Commins Caitlin,Hyman Bradley,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. 4,p. 616-617,2017年10月
  • アルツハイマー病患者脳脊髄液中に存在する高分子量リン酸化タウは細胞内タウ凝集体のシーズとなる生物活性を持つ,武田 朱公,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Commins Caitlin,Hyman Bradley,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. 4,p. 617-617,2017年10月
  • アルツハイマー病モデルマウスの脳間質液中オリゴマーAβは代謝抵抗性を示し加齢により増加する,武田 朱公,Roe Allyson,Spires Tara,Hyman Bradley,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. 4,p. 617-617,2017年10月
  • Tau抗体標的化pathological speciesはin vitroにおいてtau増加を抑制する(Tau antibody targeting pathological species blocks propagation of tau in vitro),武田 朱公,Nobuhara Chloe K.,Commins Caitlin,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Roe Allyson D.,Hyman Bradly T.,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 553-553,2017年10月
  • アルツハイマー病タウ病理の脳内伝播に関わる病的タウ蛋白の解析,武田 朱公,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Roe Allyson D.,Commins Caitlin,Hyman Bradly T.,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 553-553,2017年10月
  • アルツハイマー病脳脊髄液中に存在する高分子量タウはシード活性を有する,武田 朱公,Commins Caitlin,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Roe Allyson D.,Hyman Bradly T.,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 557-557,2017年10月
  • 新規microdialysis法によるアルツハイマー病マウス脳内オリゴマーAβの代謝動態解析,武田 朱公,Hashimoto Tadafumi,Roe Allyson D.,Spires-Jones Tara L.,Hyman Bradley T.,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 560-560,2017年10月
  • モデルマウスを用いたアルツハイマー病と骨格筋機能障害の関連についての検討,竹下 ひかり,山本 浩一,武田 朱公,樂木 宏実,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 566-566,2017年10月
  • 高齢地域住民におけるA/G比と認知機能との関連(SONIC研究),前田 聡美,竹屋 泰,赤坂 憲,武田 朱公,鷹見 洋一,樺山 舞,神出 計,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 619-619,2017年10月
  • アルツハイマー病における血液脳関門の脆弱性は炎症に伴うせん妄様症状の増悪に関与する,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. 4,p. 617-617,2017年10月
  • アルツハイマー病マウスにおける血液脳関門の脆弱性は炎症に伴う行動異常を増悪させる,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 574-574,2017年10月
  • 高齢入院患者における薬物有害作用 低血圧の実態調査,大山 茜,竹屋 泰,小泉 美希,川上 瑛子,中嶋 恒男,竹屋 美幸,武田 朱公,鷹見 洋一,山本 智也,伊東 範尚,山本 浩一,杉本 研,三輪 芳弘,楽木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 40回,p. 440-440,2017年10月
  • 高齢者てんかん(脳卒中後、重積、認知症、自己免疫) 高齢者てんかんと認知症の病態 変性蛋白の脳内伝播と神経活動の観点から,武田 朱公,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 35,No. 2,p. 354-355,2017年09月
  • 覚醒・自由行動下でのマウス脳脊髄液持続回収系の開発とてんかん病態解析への応用,中嶋 恒男,武田 朱公,大山 茜,伊藤 祐規,楽木 宏実,森下 竜一,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 35,No. 2,p. 540-540,2017年09月
  • 【高血圧 高血圧学アップデート】最新の実地診療のポイントの整理と活用 認知症と高血圧,大山 茜,武田 朱公,Medical Practice,(株)文光堂,Vol. 34,No. 8,p. 1315-1319,2017年08月
  • 【認知症 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?】(第5章)診断・治療の対象としてのバイオマーカー 認知症バイオマーカーとしてのCSFタウ,武田 朱公,中嶋 恒男,実験医学,(株)羊土社,Vol. 35,No. 12,p. 2078-2081,2017年08月
  • 【認知症 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?】(第7章)発症分子機構update 伝播仮説 タウ伝播仮説の可能性と限界について,武田 朱公,実験医学,(株)羊土社,Vol. 35,No. 12,p. 2136-2141,2017年08月
  • 血管性認知症と生活習慣病の病態新展開 (特集 血管性認知症の新しい展開),武田 朱公,中嶋 恒男,森下 竜一,医学のあゆみ,医歯薬出版,Vol. 262,No. 3,p. 205-209,2017年07月15日
  • アルツハイマー型認知症の進行を規定する因子の同定とその診断・治療法への応用,武田 朱公,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 17回,p. 82-82,2017年06月
  • タウ蛋白の脳内伝播制御をターゲットにしたアルツハイマー病の新規治療戦略,武田 朱公,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 17回,p. 161-161,2017年06月
  • 新規in vivo microdialysisを用いたアルツハイマー病モデルマウス脳内オリゴマーAβの生体内代謝動態の解析,武田 朱公,アリソン・ロー,タラ・スパイアー・ジョーンズ,ブラッドリー・ハイマン,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 17回,p. 197-197,2017年06月
  • 血液脳関門の脆弱性は炎症に伴うせん妄の増悪に関与する,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 17回,p. 168-168,2017年06月
  • 高齢入院患者における薬物有害事象の実態,大山 茜,竹屋 泰,中嶋 恒男,前田 聡美,吉岡 義治,竹屋 美幸,武田 朱公,山本 浩一,杉本 研,森下 竜一,楽木 宏実,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 17回,p. 202-202,2017年06月
  • 海外の老年医学 経験者が伝える診療・研究・教育 米国の基礎老化研究・臨床・学生教育の現場で見聞したこと 米国型システムの強みと弱み,武田 朱公,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 121-121,2017年05月
  • アルツハイマー病タウ蛋白の脳内伝播機構の解明と新規診断・治療法への応用,武田 朱公,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 134-134,2017年05月
  • アルツハイマー病関連オリゴマーAβの生体内代謝動態の解析,武田 朱公,Roe Allyson,Spires-Jones Tara,Hyman Bradley,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 139-140,2017年05月
  • アルツハイマー病におけるせん妄の発症には血液脳関門の破綻が関与する,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 139-139,2017年05月
  • なぜせん妄は特定の患者で起こりやすいのか (特集 地域・在宅ケアに役立つせん妄の必須知識と対策) -- (せん妄のなぜ? : 診断・治療から予防まで),武田 朱公,谷向 仁,Modern physician,新興医学出版社,Vol. 37,No. 4,p. 319-324,2017年04月
  • Angiotensin receptor blocker protects Alzheimer's disease brain from ischemic insult,Shuko Takeda,Ryuichi Morishita,American Journal of Hypertension,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 30,No. 2,p. 110-111,2017年02月01日,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 認知症神経病理の空間的進展過程に関わる変性タウ蛋白の同定,武田 朱公,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Commins Caitlin,Hyman Bradley T.,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 8,No. 1,p. 60-60,2016年12月
  • アルツハイマー病マウスにおけるオリゴマーAβの脳内代謝動態の解析,武田 朱公,Hashimoto Tadafumi,Roe Allyson D.,Hori Yukiko,Spires-Jones Tara L.,Hyman Bradley T.,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 8,No. 1,p. 72-72,2016年12月
  • アルツハイマー病の新規バイオマーカーとしての高分子リン酸化タウ蛋白,武田 朱公,Commins Caitlin,Wegmann Susanne,Devos Sarah,Hyman Bradley T.,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 8,No. 1,p. 72-72,2016年12月
  • 血液脳関門の脆弱性は炎症に伴う認知症症状の増悪に関与する,武田 朱公,里 直行,楽木 宏実,森下 竜一,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 8,No. 1,p. 73-73,2016年12月
  • 知っておこう、高齢者認知症のABC 糖尿病と認知症,武田 朱公,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 14回,p. 174-174,2014年06月
  • 糖尿病はアルツハイマー病における恒常性維持機構を破綻させる,里直行,森(植田)茉莉,田中稔久,澤口翔伍,向園昌弘,武田朱公,篠原充,村山繁雄,内尾(山田)こずえ,武田雅俊,樂木宏実,森下竜一,日本内分泌学会雑誌,Vol. 90,No. 1,2014年04月01日
  • 糖尿病によるアルツハイマー病に対する恒常性維持機構の破綻,里直行,森(植田)茉莉,田中稔久,澤口翔伍,向園昌弘,武田朱公,内尾(山田)こずえ,篠原充,村山繁雄,武田雅俊,楽木宏実,森下竜一,Anti Aging Sci,Vol. 5,No. 3,2013年12月10日
  • 糖尿病はアルツハイマー病における恒常性維持機構を破綻させる,里直行,森(植田)茉莉,田中稔久,澤口翔伍,向園昌弘,武田朱公,村山繁雄,武田雅俊,樂木宏実,森下竜一,Dement Jpn,Vol. 27,No. 4,2013年10月15日
  • アルツハイマー病に対する生体の恒常性維持機構を糖尿病は破綻させる,里直行,森(植田)茉莉,田中稔久,武田朱公,内尾(山田)こずえ,篠原充,村山繁雄,武田雅俊,樂木宏実,森下竜一,高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集,Vol. 49th,2013年
  • 脳血管病態の制御を基軸としたアルツハイマー病の革新的治療法の開発,武田 朱公,心臓,(公財)日本心臓財団,Vol. 44,No. 12,p. 1628-1628,2012年12月
  • 糖負荷血中ベータ・アミロイドを指標としたアルツハイマー病診断の可能性,里直行,武田朱公,湯久浩,守口篤,樂木宏実,森下竜一,日本老年医学会雑誌,Vol. 49,No. 6,2012年11月25日
  • アルツハイマー病と糖尿病の相互作用について,里直行,武田朱公,樂木宏実,森下竜一,日本老年医学会雑誌,Vol. 49,No. 6,2012年11月25日
  • アルツハイマー病モデル脳内への全身炎症の波及増幅,里直行,武田朱公,樂木宏実,森下竜一,日本老年医学会雑誌,Vol. 49,No. 6,2012年11月25日
  • アルツハイマー病APP Tgマウス脳における糖尿病によるタウ・リン酸化の亢進,里直行,森(植田)茉莉,田中稔久,武田朱公,内尾(山田)こずえ,篠原充,村山繁雄,武田雅俊,樂木宏実,森下竜一,Anti Aging Sci,Vol. 4,No. 3,2012年11月10日
  • 【代謝性疾患と神経精神疾患を中心とした高次脳機能障害との関連】糖尿病とアルツハイマー病の相互的病態修飾関係,武田 朱公,日本神経精神薬理学雑誌,(一社)日本神経精神薬理学会,Vol. 32,No. 5-6,p. 239-244,2012年11月
  • 糖負荷試験における血中βアミロイド測定 アルツハイマー病診断補助法としての可能性,里 直行,武田 朱公,内尾 こずえ[山田],湯 久浩,守口 篤,樂木 宏実,森下 竜一,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 4,No. 3,p. 220-220,2012年11月
  • 糖尿病はAPPトランスジェニック・マウス脳においてタウのリン酸化を促進する,里直行,森(植田)茉莉,田中稔久,武田朱公,内尾(山田)こずえ,篠原充,村山繁雄,武田雅俊,樂木宏実,森下竜一,Dement Jpn,Vol. 26,No. 4,2012年10月15日
  • 認知症病棟入院患者の周辺症状に対する抑肝散,非定型抗精神病薬,アンジオテンシン受容体拮抗薬の効果の検討,里直行,武田朱公,湯久浩,守口篤,楽木宏実,森下竜一,日本老年医学会雑誌,Vol. 49,No. 5,2012年09月25日
  • 糖・エネルギー代謝が血中Aβ値に与える影響とその診断的応用,武田 朱公,里 直行,湯久 浩,守口 篤,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 49,No. 5,p. 659-659,2012年09月
  • アルツハイマー病マウスモデルにおける全身性炎症に対する脳血管門の脆弱性の増加(Increased blood-brain barrier vulnerability to systemic inflammation in Alzheimer disease mouse model),武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 49,No. 5,p. 659-659,2012年09月
  • 短期間の高カロリー食負荷はアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害を改善する,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 49,No. 5,p. 659-659,2012年09月
  • 新規マイクロダイアリシス回収システムによる脳内ペプチドin vivo測定系の開発,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 49,No. 5,p. 659-659,2012年09月
  • 入院認知症患者における糖負荷後血中βアミロイド値測定,里 直行,武田 朱公,湯 久浩,守口 篤,楽木 宏実,森下 竜一,日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 1回,p. 147-147,2012年04月
  • 糖負荷後血中ベータ・アミロイド変動パターンのアルツハイマー病診断補助法としての有用性について,里 直行,武田 朱公,植田 茉莉,湯 久浩,守口 篤,樂木 宏実,森下 竜一,日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集,日本臨床分子医学会,Vol. 49回,p. 106-106,2012年04月
  • 後天的危険因子に着目したアルツハイマー病の新規診断・治療法の開発,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ[山田],島村 宗尚,湯 久浩,守口 篤,楽木 宏実,森下 竜一,精神薬療研究年報,(公財)先進医薬研究振興財団,No. 44,p. 85-86,2012年03月
  • 糖負荷血中ベータ・アミロイド変動パターンを指標としたアルツハイマー病診断法の開発,里 直行,武田 朱公,湯 久浩,守口 篤,楽木 宏実,森下 竜一,日本内科学会雑誌,(一社)日本内科学会,Vol. 101,No. Suppl.,p. 204-204,2012年02月
  • 糖尿病がアルツハイマー病促進因子である機序の解析―新規脳マクロダイアリシス法による脳内神経細胞外環境の解析,里直行,植田茉莉,武田朱公,生村和子,西野博仁,樂木宏実,森下竜一,日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会プログラム・講演抄録集,Vol. 26th,2012年
  • 糖尿病がアルツハイマー病の後天的危険因子である機序,里 直行,武田 朱公,内尾 こずえ[山田],楽木 宏実,森下 竜一,臨床神経学,(一社)日本神経学会,Vol. 51,No. 12,p. 1324-1324,2011年12月
  • 【認知症学 下-その解明と治療の最新知見-】臨床編 生活習慣病における認知症予防 高血圧治療と認知症予防,里 直行,武田 朱公,森下 竜一,楽木 宏実,日本臨床,(株)日本臨床社,Vol. 69,No. 増刊10 認知症学(下),p. 186-191,2011年12月
  • 糖負荷後血中ベータ・アミロイド値変動パターンによるアルツハイマー病診断の可能性,里 直行,武田 朱公,湯 久浩,守口 篤,楽木 宏実,森下 竜一,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 3,No. Suppl.1,p. 334-334,2011年11月
  • アルツハイマー病における全身炎症の脳内への波及増幅,里 直行,武田 朱公,楽木 宏実,森下 竜一,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 3,No. Suppl.1,p. 334-334,2011年11月
  • 糖尿病がアルツハイマー病の発症危険因子である機序について,里 直行,武田 朱公,楽木 宏実,森下 竜一,Anti-aging Science,(株)メディカルレビュー社,Vol. 3,No. Suppl.1,p. 335-335,2011年11月
  • 代謝性疾患と神経精神疾患を中心とした高次脳機能障害との関連 糖尿病とアルツハイマー病の相互的病態修飾機序の解明,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ[山田],湯 久浩,守口 篤,楽木 宏実,中神 啓徳,森下 竜一,日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集,日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会,Vol. 21回・41回,p. 99-99,2011年10月
  • アルツハイマー病における血液脳関門の破綻による炎症の脳内への波及増幅,里 直行,武田 朱公,楽木 宏実,森下 竜一,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 34回,p. 608-608,2011年10月
  • 新規脳マイクロダイアリシス法開発とアルツハイマー病研究への応用,里 直行,武田 朱公,樂木 宏実,森下 竜一,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 87,No. 2,p. 776-776,2011年09月
  • 【分子レベルからみた血管破綻】糖尿病による血管破綻とアルツハイマー病,里 直行,武田 朱公,森下 竜一,分子脳血管病,(株)先端医学社,Vol. 10,No. 3,p. 302-307,2011年07月
  • 血中Aβのアルツハイマー病診断バイオマーカーとしての最適化条件の検討 糖負荷による血中Aβ値の上昇,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,栗波 仁美,竹内 大亮,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 48,No. 4,p. 414-414,2011年07月
  • 糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスの作成とその表現形解析,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,栗波 仁美,竹内 大亮,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 48,No. 4,p. 414-414,2011年07月
  • アンジオテンシンII受容体拮抗薬はアルツハイマー病モデルマウスにおけるNeurovascular-couplingを回復し認知機能障害を改善する,武田 朱公,里 直行,新里 和恵,篠原 充,狩野 方伸,荻原 俊男,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 48,No. 4,p. 414-414,2011年07月
  • 【新たな治療戦略につながる糖尿病の分子標的 インスリン・グルカゴン分泌制御のシグナル機構から摂食調節や慢性炎症、認知症の関与まで】認知症の病態進展におけるインスリン抵抗性の役割,里 直行,武田 朱公,内尾 こずえ[山田],樂木 宏実,森下 竜一,実験医学,(株)羊土社,Vol. 29,No. 8,p. 1250-1256,2011年05月
  • 【知っておきたい認知症の基礎知識】アルツハイマー病と生活習慣病の関係,里 直行,武田 朱公,森下 竜一,Mebio,(株)メジカルビュー社,Vol. 28,No. 5,p. 52-60,2011年05月
  • 糖負荷後の血中ベータ・アミロイド測定はアルツハイマー病診断に有用か?,里 直行,武田 朱公,湯久 浩,守口 篤,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 48,No. Suppl.,p. 124-124,2011年05月
  • 糖尿病がアルツハイマー病の後天的危険因子である機序 糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスの解析から,里 直行,武田 朱公,楽木 宏実,森下 竜一,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 87,No. 1,p. 281-281,2011年04月
  • アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾,里 直行,武田 朱公,内尾 こずえ[山田],楽木 宏実,森下 竜一,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 54,No. Suppl.1,p. S-308,2011年04月
  • 糖・エネルギー代謝状態が血中Aβ値に与える影響の検討とそのアルツハイマー病診断指標への応用,里 直行,武田 朱公,森下 竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 11回,p. 224-224,2011年04月
  • 糖尿病合併症としてのアルツハイマー病 (特集 血管から認知症を考える),武田 朱公,里 直行,森下 竜一,Cardiovascular frontier,メディカルレビュー社,Vol. 2,No. 1,p. 17-22,2011年02月
  • Development of a novel microdialysis method to analyze molecules in brain interstitial fluid,Naoyuki Sato,Shuko Takeda,Kazuko Ikimura,Hirohito Nishino,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E86-E86,2011年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 糖尿病がアルツハイマー病の後天的危険因子である機序,里直行,武田朱公,内尾(山田)こずえ,楽木宏実,森下竜一,日本神経学会学術大会プログラム・抄録集,Vol. 52nd,2011年
  • 糖尿病とアルツハイマー病における相互的な病態修飾機序の解明,武田 朱公,里 直行,楽木 宏実,森下 竜一,肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity,日本肥満学会,Vol. 16,No. 3,p. 192-195,2010年12月25日,書評論文,書評,文献紹介等
  • A STATIN PROTECTS ABETA-INDUCED MEMORY IMPAIRMENT IN MICE,Hitomi Kurinami,Naoyuki Sato,Mitsuru Shinohara,Daisuke Takeuchi,Shuko Takeda,Munehisa Shimamura,Ryuichi Morishita,JOURNAL OF GENE MEDICINE,JOHN WILEY & SONS LTD,Vol. 12,No. 12,p. 1027-1028,2010年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • THE PROTECTIVE EFFECT OF FLUVASTATIN, A HMG-COA REDUCTASE INHIBITOR, ON A beta ACCUMULATIONS IN THE BRAIN,Mitsuru Shinohara,Naoyuki Sato,Hitomi Kurinami,Daisuke Takeuchi,Shuko Takeda,Motoko Noma,Ryuichi Morishita,JOURNAL OF GENE MEDICINE,JOHN WILEY & SONS LTD,Vol. 12,No. 12,p. 1048-1048,2010年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ULTRASOUND-MEDIATED GENE TRANSFER OF HGF IMPROVED ABETA-INDUCED COGNITIVE IMPAIRMENT IN MICE ASSOCIATED WITH UPREGULATION OF BDNF, AND DOWNREGULATION OF OXIDATIVE STRESS.,Daisuke Takeuchi,Naoyuki Sato,Hitomi Kurinami,Munehisa Shimamura,Shuko Takeda,Mitsuru Shinohara,Ryuichi Morishita,JOURNAL OF GENE MEDICINE,JOHN WILEY & SONS LTD,Vol. 12,No. 12,p. 1048-1049,2010年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Possible Mutual Interaction Between Diabetes Mellitus and Alzheimer Disease: Generation of Novel Transgenic Mice Models of Alzheimer Disease With Diabetes,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,CIRCULATION,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 122,No. 21,2010年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • アルツハイマー病における血管性危険因子による病態修飾機序の解明,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ[山田],澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,荻原 俊男,楽木 宏実,森下 竜一,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 33回,p. 388-388,2010年10月
  • HMG還元酵素阻害薬フルバスタチンのAβ代謝作用の解析,篠原充,里直行,武田朱公,野間基子,森下竜一,Dement Jpn,Vol. 24,No. 3,2010年09月15日
  • 糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスにおける脳血管病態と脳内インスリンシグナルの変化,武田朱公,里直行,内尾(山田)こずえ,楽木宏実,森下竜一,Dement Jpn,Vol. 24,No. 3,2010年09月15日
  • 糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスにおける脳血管病態と脳内インスリンシグナルの変化,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ[山田],楽木 宏実,森下 竜一,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 24,No. 3,p. 394-394,2010年09月
  • 糖尿病とアルツハイマー病における相互的な病態修飾機序の解明,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ[山田],楽木 宏実,森下 竜一,肥満研究,(一社)日本肥満学会,Vol. 16,No. Suppl.,p. 121-121,2010年09月
  • アミロイド・カスケード仮説を基に認知症は治るか? 認知症治療法開発の新機軸 アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾(Therapies based on the amyloid cascade hypothesis cure dementia? Innovation in dementia therapies Possible pathological interaction between diabetes mellitus and Alzheimer disease),里 直行,武田 朱公,内尾 こずえ[山田],楽木 宏実,森下 竜一,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 453-453,2010年08月
  • アルツハイマー病病態における血管性危険因子の役割 糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスの解析から(Role of vascular risk factors in the pathogenesis of Alzheimer disease: Analysis of novel mouse models of Alzheimer disease with diabetes),武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ[山田],篠原 充,楽木 宏実,森下 竜一,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 486-486,2010年08月
  • アルツハイマー病の遺伝子治療の今後 (特集 認知症治療の今後を予測する),武田 朱公,里 直行,森下 竜一,医薬ジャ-ナル,医薬ジャ-ナル社,Vol. 46,No. 5,p. 97-101,2010年05月
  • 糖尿病は脳血管障害と脳内インスリンシグナルの障害を介してアルツハイマー病脳内病態を修飾する,武田 朱公,里 直之,内尾 こずえ[山田],澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,楽木 宏実,森下 竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 10回,p. 161-161,2010年05月
  • 糖負荷による血中Aβの変動を利用した新たなアルツハイマー病診断指標の探索 全身糖代謝が血中Aβ濃度に与える影響の検討,武田 朱公,里 直之,内尾 こずえ[山田],澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,楽木 宏実,森下 竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 10回,p. 254-254,2010年05月
  • 全身糖代謝が血中Aβ濃度に与える影響の検討 糖負荷後血中Aβの変動を利用した新たなアルツハイマー病診断指標の探索,武田 朱公,里 直行,藤澤 智巳,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 47,No. Suppl.,p. 96-96,2010年05月
  • アルツハイマー病病態は末梢臓器でのインスリン抵抗性を増悪させることで糖尿病病態を増悪させる,武田 朱公,里 直行,藤澤 智巳,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 47,No. Suppl.,p. 96-96,2010年05月
  • アルツハイマー病の遺伝子治療の今後,武田朱公,里直行,森下竜一,医薬ジャーナル,Vol. 46,No. 5,p. 1395-1399,2010年05月,書評論文,書評,文献紹介等
  • アンチエイジングをめぐる最近の話題 PART2 アルツハイマー病と後天的危険因子,里直行,武田朱公,篠原充,栗波仁美,林真一郎,島村宗尚,森下竜一,Anti Aging Sci,Vol. 2,No. 1,p. 82-88,2010年02月25日
  • アルツハイマー病と後天的危険因子 (特集 アンチエイジングをめぐる最近の話題(PART 2)),里 直行,武田 朱公,篠原 充,Anti-aging science,メディカルレビュー社,Vol. 2,No. 1,p. 82-88,2010年02月
  • Role of vascular risk factors in the pathogenesis of Alzheimer disease: Analysis of novel mouse models of Alzheimer disease with diabetes,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Mitsuru Shinohara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E68-E68,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 糖尿病とアルツハイマー病の相互的な病態修飾機序の解明:糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスの作成とその病態解析,武田朱公,里直行,内尾(山田)こずえ,澤田京子,國枝孝典,栗波仁美,篠原充,藤澤智巳,樂木宏実,森下竜一,日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会プログラム・講演抄録集,Vol. 24th,2010年
  • 糖尿病は,糖尿病合併アルツハイマー病マウスモデルにおいて脳血管機能不全を経て記憶障害を加速する,武田朱公,里直行,内尾(山田)こずえ,楽木宏実,森下竜一,日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 18th,2010年
  • アルツハイマー病マウスにおける全身炎症に対して血液脳関門を脆弱化する,武田朱公,里直行,楽木宏実,森下竜一,日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 18th,2010年
  • スタチンによるアルツハイマー病予防効果の機序の解明,里直行,篠原充,島村宗尚,武田朱公,楽木宏実,森下竜一,日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 18th,2010年
  • 糖代謝が血中β・アミロイド蛋白(Aβ)量に与える影響の検討:アルツハイマー病の新規診断指標への応用,武田朱公,里直行,内尾(山田)こずえ,湯久浩,守口篤,楽木宏実,森下竜一,日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 18th,2010年
  • Psychiatry Today from ICAD2009, Physician’s Report: 動物ならびに細胞モデルを用いた研究,武田朱公,Psychiatry Today,Vol. 25,p. 18-19,2010年
  • AT1受容体阻害薬による認知症病態修飾の新たな視点 (高血圧(第4版)--日本における最新の研究動向(上)) -- (特論),武田 朱公,里 直行,森下 竜一,日本臨床,日本臨床社,Vol. 67,No. 0,p. 691-695,2009年10月
  • アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明 新規病態合併モデル動物の作製とその解析,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,栗波 仁美,竹内 大亮,楽木 宏実,森下 竜一,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 85,No. 2,p. 714-714,2009年09月
  • HMG還元酵素阻害薬フルバスタチンの生体脳内での抗Aβ作用の解明,篠原充,里直行,栗波仁美,武田朱公,野間基子,森下竜一,Dement Jpn,Vol. 23,No. 2,2009年08月15日
  • アルツハイマー病と糖尿病の相互的な病態修飾機序の解明 新規病態合併モデル動物の作成とその解析,武田 朱公,里 直之,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,楽木 宏実,森下 竜一,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 23,No. 2,p. 127-127,2009年08月
  • アルツハイマー病根本治療を目指したフルバスタチンの新規抗Aβ作用の解明,篠原充,里直行,栗波仁美,竹内大亮,武田朱公,樂木宏実,森下竜一,日本老年医学会雑誌,Vol. 46,2009年05月18日
  • 血糖状態及び血中インスリン値は血中Aβ量を修飾する 血中Aβ値のアルツハイマー病バイオマーカーとしての最適化条件の検討,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 46,No. Suppl.,p. 53-53,2009年05月
  • AT1受容体拮抗薬はAβによる脳血管反応性障害を改善しアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害を改善する,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 46,No. Suppl.,p. 53-53,2009年05月
  • アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明 新規病態合併モデル動物の作成とその解析,武田 朱公,里 直行,樂木 宏実,森下 竜一,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 46,No. Suppl.,p. 116-117,2009年05月
  • AT1受容体拮抗薬はAβによる脳血管反応性障害を改善しアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害を改善する,武田 朱公,里 直行,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,荻原 俊男,楽木 宏美,森下 竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 9回,p. 193-193,2009年04月
  • アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明 新規病態合併モデル動物の作成とその解析,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,楽木 宏美,森下 竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 9回,p. 194-194,2009年04月
  • 血糖状態及び血中インスリン値は血中Aβ量を修飾する 血中Aβ値のアルツハイマー病バイオマーカーとしての最適化条件の検討,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,楽木 宏美,森下 竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 9回,p. 192-192,2009年04月
  • Possible mutual interaction between diabetes mellitus and Alzheimer disease: Generation of novel transgenic mice models of Alzheimer disease with diabetic conditions,Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Kyoko Sawada,Takanori Kunieda,Hirorni Rakugi,Ryuichi Morishita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S39-S39,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Fluvastatin reduces A beta levels in brain by upregulating APP-CTFs degradation and A beta clearance,Mitsuru Shinohara,Naoyuki Sato,Hitomi Kurinami,Daisuke Takeuchi,Shuko Takeda,Motoko Noma,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S64-S64,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Infromation Up-to-Date 超高齢者の降圧療法と認知機能,里直行,武田朱公,森下竜一,血圧,Vol. 16,No. 3,p. 18-19,2009年,書評論文,書評,文献紹介等
  • 【アンチエイジングにおけるRASの重要性を知る】神経年齢とRAS 認知症に対する新たな治療ターゲットとしての可能性を探る,武田 朱公,里 直行,森下 竜一,Angiotensin Research,(株)先端医学社,Vol. 6,No. 1,p. 31-37,2009年01月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 認知症の分子メカニズム--予防および治療法開発のターゲット (あゆみ 老年医学研究の最前線),里 直行,武田 朱公,森下 竜一,医学のあゆみ,医歯薬出版,Vol. 227,No. 8,p. 597-602,2008年11月22日
  • 脳血管作動性の改善を介したアルツハイマー病モデルマウスに対するAT1受容体拮抗薬による治療効果の検討,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,樂木 宏美,森下 竜一,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 31回,p. 267-267,2008年10月
  • AT1受容体拮抗薬は脳血管反応性を改善することでアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害を回復させる,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,楽木 宏美,森下 竜一,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 84,No. 2,p. 688-688,2008年09月
  • Brain efflux systemsによる脳内のAβクリアランスの検討,篠原充,里直行,栗波仁美,竹内大亮,武田朱公,中神太志,野間基子,森下竜一,Dement Jpn,Vol. 22,No. 2,2008年08月15日
  • 脳血管反応性改善を介したアルツハイマー病モデルマウスに対するAT1受容体拮抗薬による治療効果の検討,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,楽木 宏美,森下 竜一,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 22,No. 2,p. 191-191,2008年08月
  • Improvement of cognitive decline and cerebrovascular dysfunction in a mouse model of Alzheimer disease with the angiotensin receptor blocker, olmesartan,S. Takeda,N. Sato,H. Rakugi,T. Ogihara,R. Morishita,JOURNAL OF HYPERTENSION,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 26,p. S445-S445,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • フルバスタチンはアミロイドベータ蓄積を減少させ,酸化ストレスを軽減することで認知機能障害を予防する,栗波仁美,里直行,篠原充,竹内大亮,武田朱公,島村宗尚,荻原俊男,森下竜一,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,Vol. 8th,2008年
  • 動脈硬化と脳年齢,里直行,武田朱公,森下竜一,アンチエイジング医学の基礎と臨床 改定2版,p. 179-181,2008年
  • curcuminのAβ離散促進能からみたAD治療へのアプローチ,石本美穂,里直行,篠原充,武田朱公,栗波仁美,竹内大亮,浜田日月,荻原俊男,森下竜一,日本老年医学会雑誌,Vol. 44,No. 4,2007年07月25日
  • 【高血圧と認知症】高血圧とアルツハイマー型認知症,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,森下 竜一,血圧,(株)先端医学社,Vol. 14,No. 5,p. 165-169,2007年05月
  • 高血圧とアルツハイマー型認知症,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,森下 竜一,血圧,Vol. 14,No. 5,p. 45-49,2007年,書評論文,書評,文献紹介等
  • アルツハイマー病に対する遺伝子治療,竹内大亮,里直行,栗波仁美,石本美穂,篠原充,武田朱公,荻原俊男,森下竜一,Dementia Japan,Vol. 20,No. 2,2006年08月15日

受賞

  • 科学技術への顕著な貢献2020(ナイスステップな研究者),武田朱公,文部科学省 科学技術・学術政策研究所,2020年12月
  • 日本心血管内分泌代謝学会 第3回中尾一和賞,2020年
  • 日本認知症学会学会賞(基礎部門),2019年
  • 日本抗加齢医学会 第1回ヘルスケアベンチャー大賞(学会賞),2019年
  • てんかん治療研究振興財団 2019年度研究助成,2019年
  • 平成30年度 大学発新産業創出プログラムSTART(代表),2018年
  • 第2回先進医薬研究報告会精神薬療分野 最優秀若手研究者賞,2018年
  • AMED 平成30年度認知症研究開発事業(代表),2018年
  • 平成30年 第8回日本高血圧学会学術賞,2018年
  • 第9回日本脳血管・認知症学会YIA最優秀賞,2018年
  • 日本応用酵素協会 成人病の病因・病態の解明に関する研究助成(A),2018年
  • 日本神経科学学会奨励賞,2018年
  • 平成30年度 大阪難病研究財団 医学研究助成,2018年
  • 平成30年度 細胞科学研究財団 研究助成,2018年
  • 第36回日本認知症学会学術集会 学会奨励賞(臨床研究部門),2017年
  • 平成29年度 興和生命科学振興財団 研究助成,2017年
  • 2017年度 先進医薬研究振興財団 精神薬療分野 若手研究助成,2017年
  • 2017年度 武田薬品工業 COCKPI-T 中枢疾患研究,2017年
  • 平成29年度 横山臨床薬理研究助成基金,2017年
  • 2017年度 武田科学振興財団 医学系研究奨励,2017年
  • 第59回日本老年医学会学術集会 最優秀賞(合同ポスターセッション),2017年
  • 第17回抗加齢医学会総会 最優秀演題賞,2017年
  • 日本応用酵素協会 成人病の病因・病態の解明に関する研究助成(A),2017年
  • 文部科学省 科研費 若手研究(A)(平成29~32年度),2017年
  • 平成28年度健康科学財団研究助成,2017年
  • 2017年度 第2回 日本老年医学会 老化および老年医学研究助成,2017年
  • 2017年度日本抗加齢医学会研究奨励賞,2017年
  • 上原記念生命科学財団 平成28年度研究奨励金,2016年
  • 平成28年度 日本脳神経財団 研究助成,2016年
  • 平成28年度 赤枝医学研究財団 研究助成,2016年
  • 脳心血管抗加齢研究会2016 YIA優秀賞,2016年
  • 第一三共生命科学研究振興財団 平成28年度(第34回)研究助成,2016年
  • 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 平成28年度 研究助成,2016年
  • 平成28年度 第45回かなえ医薬振興財団 助成金,2016年
  • 平成28年度 持田記念医学薬学振興財団 研究助成金,2016年
  • 大阪大学産学連携プロジェクトMEET 平成28年度研究シーズ採択,2016年
  • 2016年度 Banyu Foundation Research Grant-生活習慣病領域-,2016年
  • 平成28-29年度 科研費 研究スタート活動支援,2016年
  • Premium Hypertension Conference 最優秀演題賞,2016年
  • 第7回日本脳血管・認知症学会学術大会 Y.I.A.,2016年
  • 日本応用酵素協会 成人病の病因・病態の解明に関する研究助成,2016年
  • 平成28年度 大阪難病研究財団 医学研究助成,2016年
  • Poster of Distinction, Massachusetts General Hospital 9th annual research fellow poster celebration, Massachusetts General Hospital, Boston, U.S.A.,2015年
  • 第3回日本血管性認知障害研究会Y.I.A. 臨床部門 優秀賞,2012年12月
  • 第3回日本血管性認知障害研究会Y.I.A. 基礎部門 最優秀賞,2012年12月
  • 平成23年度 第26回 岡本研究奨励賞,2011年12月
  • 「ADPD2011 Junior Faculty Award」受賞,武田朱公,The 10th International Conference on Alzheimer's & Parkinson's Diseases,2011年02月
  • 「2011年度ノバルティス老化および老年医学研究基金海外研究交流助成」,武田朱公,ノバルティス老化および老年医学研究基金,2011年02月
  • 「第27回内藤記念海外留学助成」(採用・辞退),武田朱公,(財)内藤記念科学振興財団,2011年02月
  • 「平成22年度上原記念生命科学財団 海外留学助成」(採用・辞退),武田朱公,公益財団法人上原記念生命科学財団,2010年12月
  • 「第18回日本血管生物医学会学術集会 Young Investigator Award 優秀賞」受賞,武田朱公,日本血管生物医学会,2010年12月
  • 「平成22年度国際学術交流助成」受賞,武田朱公,(社)医学振興銀杏会,2010年12月
  • 「第42回アステラス病態代謝研究会海外留学助成」,武田朱公,公益財団法人アステラス病態代謝研究会,2010年11月
  • 「第39回かなえ医薬振興財団海外留学助成」受賞,武田朱公,かなえ医薬振興財団,2010年10月
  • 「第31回日本肥満学会 若手研究奨励賞」受賞,武田朱公,2010年10月
  • 「第22回国際交流助成」受賞,武田朱公,加藤記念バイオサイエンス研究振興財団,2010年10月
  • 「The 4th AFLAS Congress Meeting: Young Investigator Award」受賞,武田朱公,Asian Federation of Laboratory Animal Science Association,2010年09月
  • 「Best Poster Award」受賞,武田朱公,第1回Molecular Cardiovascular Conference,2010年09月
  • 「第10回日本抗加齢医学会優秀演題賞」受賞,武田朱公,(社)日本抗加齢医学会,2010年06月
  • 「第57回日本実験動物学会総会 若手研究者優秀発表賞」受賞,武田朱公,(社)日本実験動物学会,2010年05月
  • 「ICAD2010 Travel Fellowship」,武田朱公,International Conference on Alzheimer's Disease,2010年04月
  • 「第14回日本心血管内分泌代謝学会若手研究奨励賞」受賞,武田朱公,(社)日本心血管内分泌代謝学会,2010年04月
  • 「第12回 荻原賞(荻原俊男大阪大学名誉教授)」受賞,武田朱公,2010年02月
  • 「Best Scientist Award (3rd International Congress ASAD 2009)」受賞,武田朱公,Asian Society Against Dementia,2009年10月
  • 「ASAD2009 Travel Grant」,武田朱公,Asian Society Against Dementia,2009年08月
  • 「第26回日本老年学会総会最優秀演題賞」受賞,武田朱公,(社)日本老年医学会,2009年06月
  • 「第9回日本抗加齢医学会最優秀演題賞」受賞,武田朱公,(社)日本抗加齢学会,2009年05月
  • 「第23回高桑榮松賞」受賞,武田朱公,高桑榮松記念奨学基金,2004年03月

講演・口頭発表等

  • 認知症の進行を規定する因子の解析と診断・治療法への応用,武田 朱公,第39回日本認知症学会学術集会,2020年11月28日
  • 視線検出技術を利用した次世代型認知機能評価法の開発とその社会実装に向けて,武田朱公,関西バイオ医療研究会第11回講演会,2020年11月20日
  • 認知症を正確かつ早期に診断するための次世代型病態評価システムの開発,武田 朱公,こころの科学リサーチセンター設立記念オープニングセミナー,2020年10月14日
  • 早期の認知症を正確に診断するためのBiofluid biomarkerとDigital biomarker,武田 朱公,第4回日本脳神経外科認知症学会学術総会,2020年08月07日
  • 認知症の早期診断と早期介入を実践する次世代の認知症医療 -認知症デジタルバイオマーカーの開発と社会実装に向けて,武田 朱公,第62回日本老年医学会学術集会,2020年08月05日
  • Cutting-edge science and technology for the early diagnosis and intervention against dementia,Shuko Takeda,Hiromi Rakugi,5th Geriatric Innovation Forum,2020年01月18日
  • 視線検出技術を用いた次世代型せん妄評価法の開発,武田 朱公,第67回兵庫県精神医療学術講演会,2020年01月18日
  • 認知症診断と予防の最前線,武田 朱公,抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会講習会,2020年01月12日
  • 視線検知を用いて簡単に認知機能を測るシステムの開発,武田 朱公,イノベーションストリームKANSAI,2019年12月18日
  • 視線検出技術を利用した次世代型認知機能評価法の開発,武田 朱公,Dementia Expert Meeting 2019,2019年11月23日
  • アルツハイマー病と危険因子としての心血管病とそのメカニズム,武田 朱公,新潟分子心血管セミナー,2019年10月29日
  • 視線検出技術と機械学習の融合による次世代型認知機能評価システムの開発,武田 朱公,第10回認知症の早期発見 予防・治療研究会,2019年09月22日
  • 抗加齢を目指す認知症早期診断法開発の最前線:バイオマーカー・視線検出技術と人工知能,武田 朱公,第85回ゼルコバの会,2019年09月19日
  • 視線検出技術を利用した認知症診断法の開発による社会システムの負荷軽減,武田 朱公,大阪大学経済人会,2019年07月17日
  • 視線検出技術を用いた認知機能評価法の開発とメンズヘルス研究への応用,武田 朱公,第19回日本Men's Health医学会,2019年07月13日
  • アルツハイマー病タウ病理を標的とした新規診断・治療法の開発,武田 朱公,武田薬品工業社内セミナー,2019年07月09日
  • せん妄の分子病態の解明に向けた基盤的研究,武田 朱公,武田薬品COCKPI-T研究成果発表会,2019年07月09日
  • 視線検出技術と機械学習の融合による次世代型認知機能評価・認知症診断法の開発,武田 朱公,Novartis Web Live Symposium,2019年06月18日
  • 認知症神経病理の進行を規定する因子の同定と診断・治療法への応用,武田 朱公,第61回日本老年医学会学術集会、第2回日本老年医学会老化および老年医学研究助成受賞者講演特別講演,2019年06月06日
  • 認知症の早期発見と早期介入の重要性,武田 朱公,伊丹市認知症かかりつけ医研修会,2019年05月30日
  • アルツハイマー型認知症における早期発見・早期治療の重要性,武田 朱公,Yannsen Web seminar,2019年05月28日
  • アルツハイマー病のタウ病理と治療法開発,武田 朱公,第22回中・四国老年期認知症研究会,2019年04月13日
  • 糖尿病を認知症の危険因子として理解する ~認知症の早期発見と早期介入に生かすために~,武田 朱公,Neurocognitive Impairment Forum,2019年04月11日
  • 認知症の早期発見と早期治療の重要性 最新のエビデンスと予防・薬物治療,武田 朱公,認知症治療の最前線,2019年02月21日
  • アルツハイマー病タウ病理を標的とした新規診断・治療法の開発,武田 朱公,Alzheimer's Disease Frontier 2019,2019年02月16日
  • 生活習慣病・血管性危険因子と認知症の関連,武田 朱公,第48回日本心脈管作動物質学会,2019年02月08日
  • 視線検出技術と機械学習の融合による次世代型認知機能評価・認知症診断法の開発,武田 朱公,襷 Living well with dementia 2019,2019年01月26日
  • 病的タウの神経細胞間伝播を標的とした認知症治療法の開発,武田 朱公,先進医薬研究振興財団 第2回先進医薬研究報告会,2018年12月14日
  • 認知症にならないために今日からできること,武田 朱公,神農祭記念 アンチエイジングデイ特別イベント 日本抗加齢協会市民公開講座,2018年11月23日
  • アルツハイマー型認知症とてんかん,武田 朱公,第17回静岡てんかん地域ネットワーク研究会,2018年10月04日
  • 生活習慣病と認知症予防,武田 朱公,第8回日本認知症予防学会学術集会、第5回専門医教育セミナー,2018年09月23日
  • 動脈硬化性因子と認知症の病態関連に関する基礎的研究,武田 朱公,第41回日本高血圧学会総会,2018年09月14日
  • 老年内科が創る次世代の認知症医療,武田朱公,若手医師のための高齢者医療セミナー,2018年07月13日
  • タウオパチーの病態解明と治療法開発研究 ~タウ脳内伝播の観点から~,武田朱公,第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,2018年07月07日
  • アルツハイマー型認知症の病態解明と新規治療・診断法の確立に向けた研究,武田朱公,成人病の病因・病態の解明に関する研究助成(TMFC) 第24回研究発表会,2018年07月07日
  • 高齢者てんかんと認知症の病態,武田朱公,第5回大阪てんかん診療ネットワーク研究会,2018年06月23日
  • 視線検出技術を用いた簡易認知機能評価法の開発,武田朱公,国立重度知的障碍者総合施設のぞみの園,2018年06月19日
  • 自身の経験について(海外特別研究員),武田朱公,平成31年度日本学術振興会特別研究員・海外特別研究員説明会,2018年03月01日
  • 認知症診療と研究の最前線,武田 朱公,第77回千里ライフサイエンス市民公開講座,2018年02月17日
  • 認知症発症のメカニズムとその対策,武田朱公,日本抗加齢医学会 専門医・指導士認定委員会講習会,2018年02月11日
  • 分子病態とバイオマーカーから考える認知症患者の診療 ~神経活動・てんかんとタウ蛋白~,武田 朱公,第17回阪神認知症談話会,2018年02月01日
  • 分子病態とバイオマーカーから考える認知症患者の診療,武田 朱公,大阪大学医学部附属病院 第40回 内科系セミナー,2018年01月11日
  • アルツハイマー病の神経病理と神経活動・てんかんの関連,武田 朱公,西宮市精神科医会学術講演会,2017年12月07日
  • 第51回日本てんかん学会学術集会,武田 朱公,第51回日本てんかん学会学術集会,2017年11月03日
  • この5年間で認知症の診断と治療はどのように変わったか,武田 朱公,老年病フォーラム,2017年10月05日
  • 『血糖値スパイク』を知って認知症を予防する,武田 朱公,朝日カルチャーセンター Handai-Asahi中之島塾,2017年09月16日
  • 認知症にならないために今日からできること,武田 朱公,高齢者のための医療・介護市民公開講座 「教えて!老いとの上手な付き合い方(第2回)」,2017年09月08日
  • 最新の研究から解き明かす認知症の実践的予防法,武田 朱公,メットライフ生命社内セミナー,2017年09月08日
  • Tau Antibody Targeting Pathological Species Blocks Intracellular Propagation of Tau in Vitro,武田 朱公,Molecular Cardiovascular Metabolic Conference 2017,2017年09月01日
  • 脳脊髄液タウはどこから来て何を反映しているのか?,武田 朱公,タウ研究会2017,2017年08月31日
  • 脳内伝播を標的としたタウ抗体療法の最適エピトープの選定,武田 朱公,第6回大阪大学神経難病フォーラム,2017年08月19日
  • 地域連携を強化してアルツハイマー病の基礎病態を解明する,武田 朱公,高齢者診療・地域連携セミナー2017,2017年08月02日
  • アルツハイマー病の克服に向けて -糖代謝異常と神経病理の関連-,武田 朱公,17th Hypertension Conference,2017年07月22日
  • 自身の経験について(海外特別研究員) -これから申請する君へ-,武田 朱公,平成30年度採用分日本学術振興会特別研究員・海外特別研究員説明会,2017年03月15日
  • アルツハイマー病タウ病理の空間的進展メカニズムの解明と新規治療法の開発 ~神経活動と細胞外タウ~,武田 朱公,第4回アルツハイマー病とてんかんを考える会 ~基礎から臨床まで~ 特別講演,2017年03月06日
  • アルツハイマー病の克服に向けて -根本的治療法開発への新たな試み-,武田 朱公,第11回 最先端医療イノベーションセンター定例セミナー,2017年01月10日
  • アルツハイマー病タウ病理の空間的進展メカニズムの解明と診断・治療法への応用,武田 朱公,文部科学省・課題解決型高度医療人材養成プログラム 北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(認プロ) 第13回認プロFD講演会,2016年12月22日
  • A human-to-mouse reverse translational study : 孤発性アルツハイマー病におけるタウ病理進展の新メカニズム,武田 朱公,第15回 関西中部認知症研究会,2016年10月01日
  • アルツハイマー病神経病理の空間的進展メカニズムの解明と診断・治療法への応用,武田 朱公,第5回 大阪大学神経難病フォーラム,2016年08月20日
  • Role of cerebro-vascular alternations in the pathogenesis of Alzheimer disease. -Modification of neurodegenerative processes by atherosclerotic risk factors,武田 朱公,2016 Premium Hypertension Conference,2016年08月20日
  • Brain interstitial oligomeric amyloid β increases with age and is resistant to clearance from brain in a mouse model of Alzheimer's disease,武田 朱公,Molecular Cardiovascular Conference II,2016年08月02日
  • アルツハイマー病における血液脳関門の脆弱性は炎症に伴う意識障害の増悪に関与する,武田 朱公,Molecular Cardiovascular Conference II,2016年08月02日
  • 病的タウ蛋白の脳内伝播機構の解明と認知症診断・治療法への応用,武田 朱公,Molecular Cardiovascular Conference II,2016年08月02日
  • "Increased brain vulnerability to systemic inflammation in Alzheimer disease transgenic mouse model",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Ryuichi Morishita,The 40th annual meeting of the Society for Neuroscience (Neuroscience 2010), San Diego, U.S.A.,2010年11月
  • "Angiotensin Receptor Blocker Prevented β-Amyloid-Induced Memory Impairment Associated with Recovery of Neurovascular Coupling",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Masanobu Kano,Toshio Ogihara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,The 23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (Hypertension 2010), Vancouver, Canada,2010年09月
  • "Diabetes accelerated memory dysfunction via cerebrovascular inflammation and beta-amyloid deposition in Alzheimer mouse model: Generation of novel transgenic mouse models of Alzheimer disease with diabetes",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Kyoko Sawada,Takanori Kunieda,Mitsuru Shinohara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,The 23rd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (Hypertension 2010), Vancouver, Canada,2010年09月
  • "Diabetes mellitus exacerbated learning impairment via cerebrovascular inflammation and disturbance of brain insulin signaling in Alzheimer mouse models with diabetes",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Kyoko Sawada,Takanori Kunieda,Mitsuru Shinohara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,Alzheimer’s Association International Conference on Alzheimer Disease (ICAD2010), Honolulu, Hawaii,2010年07月
  • 「糖負荷による血中Aβの変動を利用した新たなアルツハイマー病診断指標の探索:全身糖代謝が血中Aβ濃度に与える影響の検討」,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,楽木 宏実,森下 竜一,第10回日本抗加齢医学会総会、京都,2010年06月
  • 「糖尿病は脳血管障害と脳内インスリンシグナルの障害を介してアルツハイマー病脳内病態を修飾する」,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,楽木 宏実,森下 竜一,第10回日本抗加齢医学会総会、京都,2010年06月
  • 「アルツハイマー病病態は末梢臓器でのインスリン抵抗性を増悪させることで糖尿病病態を増悪させる」,武田 朱公,里 直行,藤澤 智巳,楽木 宏実,森下 竜一,第52回日本老年医学会総会、神戸,2010年06月
  • 「全身糖代謝が血中Aβ濃度に与える影響の検討:糖負荷後血中Aβの変動を利用した新たなアルツハイマー病診断指標の探索」,武田 朱公,里 直行,藤澤 智巳,楽木 宏実,森下 竜一,第52回日本老年医学会総会、神戸,2010年06月
  • 「糖尿病とアルツハイマー病の相互的病態修飾機序の解明:糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスの作成とその病態解析」,武田 朱公,里 直行,内尾-山田 こずえ,楽木 宏実,森下 竜一,第57回日本実験動物学会総会、京都,2010年05月
  • "Mechanistic interaction between Alzheimer disease and diabetes mellitus",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Rakugi Hiromi,Ryuichi Morishita,XXth World Congress of the International Society for Heart Research (ISHR2010), Kyoto, Japan,2010年05月
  • "Possible mutual interaction between diabetes mellitus and Alzheimer disease: Generation of novel transgenic mouse models of Alzheimer disease with diabetes",Shuko Takeda,International Symposium on Cardiovascular Endocrinology and Metabolism 2010, Nara, Japan,2010年04月
  • 「糖尿病とアルツハイマー病の相互的な病態修飾機序の解明:糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスの作製とその解析」,武田朱公,第24回日本糖尿病・肥満動物学会、大阪,2010年01月
  • 「アンジオテンシンII受容体拮抗薬はアルツハイマー病モデルマウスにおけるNeurovascular-couplingを回復し認知機能障害を改善する」,武田朱公,第20回日本老年医学会近畿地方会、大阪,2009年12月
  • 「糖尿病合併アルツハイマー病モデルマウスの作成とその表現形解析」,武田朱公,第20回日本老年医学会近畿地方会、大阪,2009年12月
  • 「血中Aβのアルツハイマー病診断バイオマーカーとしての最適化条件の検討:糖負荷による血中Aβ値の上昇」,武田朱公,第20回日本老年医学会近畿地方会、大阪,2009年12月
  • 「アルツハイマー病と糖尿病の相互的な病態修飾機序の解明:新規病態合併モデル動物の作成とその解析」,武田朱公,第28回日本認知症学会学術集会、仙台,2009年11月
  • 「アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明:新規病態合併モデル動物の作成とその解析」,武田朱公,第2回関西・中部認知症研究会、京都,2009年10月
  • 「アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明」,武田朱公,第13回日本心血管内分泌代謝学会学術総会、埼玉,2009年10月
  • "Elevation of plasma β-amyloid level by glucose loading in Alzheimer mouse models",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,The 3rd congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD) 2009, Seoul, Korea,2009年10月
  • "Angiotensin receptor blocker prevented β-amyloid-induced cognitive impairment associated with recovery of neurovascular coupling",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Toshio Ogihara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,The 3rd congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD) 2009, Seoul, Korea,2009年10月
  • "Possible mutual interaction between diabetes and Alzheimer disease: Generation of novel transgenic mouse models of Alzheimer disease with diabetic conditions",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,The 3rd congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD) 2009, Seoul, Korea,2009年10月
  • "Gene therapy for Alzheimer disease",Shuko Takeda,The 3rd congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD) 2009, Seoul, Korea,2009年10月
  • 「Possible mutual interaction between diabetes mellitus and Alzheimer's disease: Generation of novel transgenic mice models of Alzheimer's disease with diabetic conditions」,武田朱公,第32回日本神経科学大会、名古屋,2009年09月
  • "Possible mutual interaction between diabetes mellitus and Alzheimer's disease",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Kozue Uchio-Yamada,Kyoko Sawada,Takanori Kunieda,Daisuke Takeuchi,Hitomi Kurinami,Mitsuru Shinohara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,ICAD(International Conference on Alzheimer's Disease)2009、Vienna、Austria,2009年07月
  • 「アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明:新規病態合併モデル動物の作成とその解析」,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,楽木 宏美,森下 竜一,第51回日本老年医学会学術集会、横浜,2009年06月
  • 「AT1受容体拮抗薬はAβによる脳血管反応性を改善しアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害を改善する」,武田 朱公,里 直行,新里 和恵,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,楽木 宏美,狩野 方伸,森下 竜一,第51回日本老年医学会学術集会、横浜,2009年06月
  • 「血糖状態及び血中インスリン値は血中Aβ量を修飾する:血中Aβ値のアルツハイマー病バイオマーカーとしての最適化条件の検討」,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,篠原 充,栗波 仁美,竹内 大亮,楽木 宏美,森下 竜一,第51回日本老年医学会学術集会、横浜,2009年06月
  • 「AT1受容体拮抗薬はAβによる脳血管反応性を改善しアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害を改善する」,武田 朱公,里 直行,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,荻原 俊男,楽木 宏美,森下 竜一,第9回日本抗加齢医学会総会、東京,2009年05月
  • 「血糖状態及び血中インスリン値は血中Aβ量を修飾する:血中Aβ値のアルツハイマー病バイオマーカーとしての最適化条件の検討」,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,楽木 宏美,森下 竜一,第9回日本抗加齢医学会総会、東京,2009年05月
  • 「アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明:新規モデル動物の作成とその解析」,武田 朱公,里 直行,内尾 こずえ,澤田 京子,國枝 孝典,栗波 仁美,竹内 大亮,篠原 充,楽木 宏美,森下 竜一,第13回Molecular Cardiovascular Conference、北海道,2009年05月
  • 「アルツハイマー病と糖尿病の相互的病態修飾機序の解明:新規病態合併モデル動物の作成とその解析」,武田朱公,第9回日本抗加齢医学会総会、東京,2009年05月
  • 「AT1受容体拮抗薬は脳血管反応性を改善することでアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害を回復させる」,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,楽木 宏美,森下 竜一,第12回日本心血管内分泌代謝学会学術総会、熊本,2008年11月
  • 「脳血管反応性改善を介したアルツハイマー病モデルマウスに対するAT1受容体拮抗薬による治療効果の検討」,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,楽木 宏美,森下 竜一,第31回日本高血圧学会総会、札幌,2008年10月
  • 「脳血管反応性改善を介したアルツハイマー病モデルマウスに対するAT1受容体拮抗薬による治療効果の検討」,武田 朱公,里 直行,荻原 俊男,楽木 宏美,森下 竜一,第27回日本認知症学会学術集会、前橋,2008年10月
  • 「アルツハイマー病モデルマウスに対するAT1受容体拮抗薬の効果の検討」,武田 朱公,里 直行,森下 竜一,第11回Molecular Cardiovascular Conference、北海道,2008年09月
  • "Improvement of cognitive decline and cerebrovascular dysfunction in a mouse model of Alzheimer disease by the angiotensin receptor blocker, olmesartan",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Toshio Ogihara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,ICAD(International Conference on Alzheimer's Disease)2008、Chicago、USA,2008年07月
  • "Improvement of cognitive decline and cerebrovascular dysfunction in a mouse model of Alzheimer disease with the angiotensin receptor blocker, olmesartan",Shuko Takeda,Naoyuki Sato,Toshio Ogihara,Hiromi Rakugi,Ryuichi Morishita,ISH(International Society of Hypertention)2008、Berlin,2008年06月
  • 「マウス脳室内Aβ投与に伴う認知機能障害に対するAT1受容体拮抗薬の効果の検討」,武田 朱公,里 直行,楽木 宏美,森下 竜一,『第10回Molecular Cardiovascular Conference、北海道,2007年09月

報道

  • 長寿社会のリアル,2020年10月17日
  • テクノロジーと知恵を使う 親と実家の問題解決 5.親の認知症に対応,2020年08月04日
  • 大阪精神医療センター、こころの科学リサーチセンター開設,2020年07月30日
  • 認知症、早めに備える、発症リスク診断で生活改善。,2020年07月07日
  • 認知症、簡単に早期発見 医学手法使わず、負担軽く,2020年06月22日
  • 認知症、早期発見に挑む,2020年04月09日
  • 認知症予防「目の動きで認知機能を評価」,2020年04月03日
  • +5G~想像の世界を現実に~ 第4回「医療が変わる」,CS放送スカバーチャンネル,2020年03月18日
  • 「見えにくい」は認知症のリスク 目の変調は対応早く,2020年03月18日
  • 2025年大阪万博の展望,NHK大阪放送局,2020年03月14日
  • 「ウェルネス産業 新潮流」大阪大学 3分間で認知症早期発見,2020年03月10日
  • 大阪大による認知症測定と予防・進行抑制の研究に参画,2020年03月01日
  • 認知症の兆し、視線で検知,2020年02月27日
  • アイトラッキングシステムを用いた認知症スクリーニングの可能性,2020年02月17日
  • アイ・ブレインサイエンス、視線を検出して認知機能を評価,2020年01月22日
  • 阪大、認知症診断システム事業化 大学発ベンチャー設立,2019年12月26日
  • 視線の動きからAIが認知症の診断を支援、阪大発ベンチャーが2022年に実用化へ,2019年12月19日
  • 国内初の遺伝子治療学・目で答える認知機能テスト,九州朝日放送,2019年11月23日
  • 世界初の3分間眺めるだけの認知機能検査法を開発 阪大の研究チーム,2019年11月21日
  • JVCケンウッド,視線計測装置「Gazefinder」を用いた認知機能検査技術を大阪大学と共同開発,2019年10月16日
  • けさのクローズアップ 認知症実は脳の〇〇だった!?,朝日放送テレビ,2019年10月14日
  • 3分で認知機能検査 新方法開発,日本放送協会(NHK),2019年10月08日
  • 映像見て3分、認知機能を検査 目の動きをAIで評価,2019年09月16日
  • 新聞記事紹介,TBSテレビ,2019年09月15日
  • 阪大,目の動きから3分で認知機能を評価,2019年09月12日
  • 「3分弱の目の動き」解析で認知機能評価の可能性,2019年09月12日
  • 認知機能「3分」で検査 数十分の問診→モニター眺めるだけ,2019年09月12日
  • 認知機能目の動きで検査 簡便な方法3分で結果,2019年09月11日
  • 目の動き捉え認知機能を検査 大阪大開発、3分で結果,2019年09月11日
  • 目の動きで解析、認知症3分診断 阪大が技術開発,2019年09月11日
  • モニター画面3分眺めるだけ、認知症をチェック,2019年09月11日
  • 目の動き捉え認知機能を検査 大阪大開発、3分で結果,2019年09月10日
  • 目の動き捉え認知機能を検査 大阪大開発、3分で結果,2019年09月10日
  • 目の動き捉え認知機能を検査 大阪大開発、3分で結果,2019年09月10日
  • 目の動き捉え認知機能を検査 大阪大開発、3分で結果,2019年09月10日
  • モニター画面3分眺めるだけ、認知症をチェック,2019年09月10日
  • モニター画面3分眺めるだけ、認知症をチェック,2019年09月10日
  • モニターを“見るだけ”の認知症検査、そのインパクト,2019年07月08日

委員歴

  • 日本脳血管・認知症学会,監事,2019年04月 ~ 継続中
  • 日本認知症学会,代議員,2019年 ~ 継続中
  • 日本抗加齢医学会,将来構想委員会委員,2017年 ~ 継続中
  • 日本抗加齢医学会,評議員,2017年 ~ 継続中
  • 日本神経科学学会,神経科学教育委員会,2017年 ~ 継続中
  • 日本脳血管・認知症学会,学会誌編集委員,2018年 ~ 2019年
  • 日本認知症学会,基礎研究促進委員会 若手研究者委員,2017年 ~ 2018年
  • 日本脳血管・認知症学会,評議員,2016年 ~ 2017年

その他の活動内容

  • 認知機能障害診断装置および認知機能障害診断プログラム, ~
  • 認知機能障害診断装置および認知機能障害診断プログラム, ~