EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

工藤 充

Mitsuru Kudo

COデザインセンター,特任講師(常勤)

学歴

  • ~ 2014年12月,The Australian National University,Australian National Centre for the Public Awareness of Science

経歴

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 COデザインセンター,特任講師(常勤)
  • 2016年07月01日 ~ 2018年03月31日,大阪大学 COデザインセンター,特任助教(常勤)
  • 2016年01月01日 ~ 2016年06月30日,大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター,特任助教(常勤)
  • 2015年11月01日 ~ 2015年12月31日,大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター,特任研究員
  • 2015年04月 ~ 2015年12月,英国総領事館 科学技術イノベーション部 科学技術イノベーション担当官
  • 2013年04月 ~ 2015年03月,京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)科学コミュニケーショングループ 特任研究員

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,科学教育
  • 人文・社会,科学社会学、科学技術史

所属学会

  • Network for the Public Communication of Science and Technology

MISC

  • Creating opportunities to discuss the nature of Japanese science communication,Mitsuru Kudo,Matthew Wood,Journal of Science Communication,Vol. 19,No. 1,2020年01月,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 海外のサイエンスコミュニケーション研究の動向:「理解からエンゲージメントへ」のその後,工藤充,日本サイエンスコミュニケーション協会誌,Vol. 9,No. 2,p. 8-11,2019年12月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Understanding the plurality of public interests for open strategy in science and innovation,Go Yoshizawa,Makiko Suga,Mitsuru Kudo,Eri Mizumachi,Kei Kano,OECD Bluesky3,p. 1-44,2016年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 難易度の高い協力型ボードゲームによる縦割り組織思考の克服,塩瀬隆之,加納圭,江間有沙,工藤充,吉沢剛,水町衣里,情報処理学会研究報告,Vol. 39,p. 1-4,2016年03月,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 科学技術リテラシーを巡る議論の射程についての省察:「科学技術の智」プロジェクト総合報告書の記述の検討を通じて,工藤充,科学技術リテラシーに関する課題研究報告書改訂版,2015年02月
  • 科学技術イノベーション政策へのパブリックエンゲージメント:「再生医療」と「夢ビジョン2020」を対象とした取組み,加納圭,工藤充,菅万希子,前波晴彦,水町衣里,吉澤剛,平成25年度文部科学省委託調査研究「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』の推進に向けた試行的実践」成果報告書,2014年06月

著書

  • リスク社会における市民参加,八木絵香,三上直之,放送大学教育振興会,ISBN:9784595141508,2021年03月
  • 学術書,Communicating Science: A Global Perspective,Toss Gascoigne,Bernard Schiele,Joan Leach,Michelle Riedlinger,Bruce V. Lewenstein,Luisa Massarani,Peter Broks,Canberra: ANU Press,ISBN:9781760463663,2020年09月
  • 現代の事例から学ぶサイエンスコミュニケーション:科学技術と社会とのかかわり、その課題とジレンマ,小川義和,加納圭,常見俊直,慶應義塾大学出版会,ISBN:9784766422030,2015年04月

講演・口頭発表等

  • ファシリテーション実践の省察から「市民参加」の意味を再考する,工藤充,2019年11月
  • A qualitative study of reflective accounts of a science communication training programme provided by its former trainees,Mitsuru KUDO,Eri MIZUMACHI,Ekou YAGI,2018年04月
  • 「政策のための科学」と専門知コミュニケーション,工藤充,2017年09月
  • Science communication glocalised: examining how the Western science communication discourse on citizen participation has been incorporated into Japanese science policy,KUDO, Mitsuru,2017年06月
  • Potentials, limitations and the future direction of postgraduate education and training in science communication,KUDO, Mitsuru,2017年02月
  • A support tool for addressing the ELSI of emerging science and technology in Japan,SUGAWARA, Yuki,KUDO, Mitsuru,YAGI, Ekou,WATANABE,Hirotaka,MIZUMACHI, Eri,HIRAKAWA, Hideyuki,2017年02月
  • 社会問題解決のためのエコシステムと研究コミュニティの役割,田原敬一郎,白根純人,工藤充,八木絵香,2016年11月
  • Promotion of "science communication" over the last two decades in Japan,KUDO, Mitsuru,2016年11月
  • Engaging the public in STI policymaking: Using segmentation method as an indicator for science and society,KANO, Kei,SUGA, Makiko,YOSHIZAWA, Go,KUDO, Mitsuru,MIZUMACHI, Eri,GOTO, Takayuki,EBINA, Kuniyoshi,2016年09月
  • これまでの転機を振り返る,工藤充,2016年09月
  • Potential and challenges of implementing RRI postgraduate education: a case from Japan,KUDO, Mitsuru,2016年03月
  • STI政策へのパブリックエンゲージメント:「再生医療」と「夢ビジョン2020」を対象に,吉澤剛,加納圭,工藤充,菅万希子,前波晴彦,水町衣里,2014年10月
  • Reflecting on the close collaboration with policy practitioners in developing a model of public engagement with science, technology and innovation policy in Japan,KUDO, Mitsuru,2014年09月
  • 科学技術イノベーション政策形成のためのパブリックエンゲージメントについての省察:「夢ビジョン2020」への取組みを事例として,工藤充,2014年09月
  • Developing a model of public engagement with science, technology and innovation policy in Japan,KUDO, Mitsuru,2014年01月
  • STIに向けた政策プロセスへの関心層別関与フレーム設計,加納圭,工藤充,2013年11月
  • 科学技術イノベーションに向けた政策プロセスへの関心層別関与フレーム設計,工藤充他,2013年09月
  • Science communication as a university subject in Australia,KUDO, Mitsuru,2013年08月
  • 「国民ニーズ」と「専門家ニーズ」を包含した政策メニュー提言プロセスの検討,前波晴彦,加納圭,水町衣里,工藤充,2013年06月
  • A critical examination of the promotion of public understanding of science in Japan,KUDO, Mitsuru,2012年02月