EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

庵 智幸

Tomoyuki IORI

情報科学研究科 情報数理学専攻,助教

keyword 代数的手法,数式処理,非線形最適化,制御理論

学歴

  • 2018年04月 ~ 2021年03月,京都大学,大学院情報学研究科,システム科学専攻
  • 2016年04月 ~ 2018年03月,京都大学,大学院情報学研究科,システム科学専攻
  • 2012年04月 ~ 2016年03月,京都大学,工学部,物理工学科

経歴

  • 2021年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院情報科学研究科 情報数理学専攻,助教
  • 2018年04月 ~ 2021年03月,独立行政法人日本学術振興会,特別研究員(DC1)

研究内容・専門分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),制御、システム工学

所属学会

  • システム制御情報学会
  • IEEE Control Systems Society
  • IEEE
  • 計測自動制御学会

論文

  • Symbolic-Numeric Computation of Posterior Mean and Variance for a Class of Discrete-Time Nonlinear Stochastic Systems,Tomoyuki Iori,Toshiyuki Ohtsuka,Proceedings of the 59th IEEE Conference on Decision and Control (CDC 2020),IEEE,2020年12月14日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Recursive Elimination Method in Moving Horizon Estimation for a Class of Nonlinear Systems and Non-Gaussian Noise,Tomoyuki Iori,Toshiyuki Ohtsuka,SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration,Informa UK Limited,Vol. 13,No. 6,p. 282-290,2020年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • LIMIT OPERATION IN PROJECTIVE SPACE FOR CONSTRUCTING NECESSARY OPTIMALITY CONDITION OF POLYNOMIAL OPTIMIZATION PROBLEM,Tomoyuki Iori,Toshiyuki Ohtsuka,Journal of the Operations Research Society of Japan,The Operations Research Society of Japan,Vol. 63,No. 4,p. 114-133,2020年10月31日,研究論文(学術雑誌)
  • Recursive Elimination Method for Moving Horizon Estimation of Discrete-Time Polynomial Systems,Tomoyuki Iori,Toshiyuki Ohtsuka,Proceedings of the 58th IEEE Conference on Decision and Control (CDC 2019),IEEE,2019年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Algebraic Approach to Nonlinear Optimal Control Problems with Terminal Constraints: Sufficient Conditions for Existence of Algebraic Solutions,Tomoyuki Iori,Yu Kawano,Toshiyuki Ohtsuka,SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration,Informa UK Limited,Vol. 11,No. 3,p. 198-206,2018年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Algebraic approach to nonlinear finite-horizon optimal control problems with terminal constraints,Tomoyuki Iori,Yu Kawano,Toshiyuki Ohtsuka,Proceedings of the 11th Asian Control Conference (ASCC 2017),IEEE,2017年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Algebraic approach to nonlinear finite-horizon optimal control problems of discrete-time systems with terminal constraints,Tomoyuki Iori,Yu Kawano,Toshiyuki Ohtsuka,Proceedings of SICE Annual Conference 2017,IEEE,2017年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • あるクラスのサイバーフィジカルシステムの感度解析とパラメータ最適化への応用,中西弘明,庵智幸,黒江康明,金田さやか,知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM),Vol. 44th,2017年
  • あるクラスのサイバーフィジカルシステムのサンプリング周期感度解析法,中西弘明,庵智幸,黒江康明,金田さやか,自動制御連合講演会(CD-ROM),自動制御連合講演会,Vol. 60th,No. 0,p. 1211-1216,2017年

講演・口頭発表等

  • Bayesian Filtering for Nonlinear Stochastic Systems Using Holonomic Gradient Method with Integral Transform (accepted),Tomoyuki Iori,Toshiyuki Ohtsuka,60th IEEE Conference on Decision and Control,2021年12月
  • On the Effect of Norm Selection in Scenario Approach to Robust Feasibility Problem (accepted),Tomoyuki Iori,Yasumasa Fujisaki,53rd ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications,2021年10月30日
  • 数値解法と数式処理の融合から得られる制約想定を必要としない最適性の必要条件,庵 智幸,大塚 敏之,京都大学第14回ICTイノベーション,2020年02月
  • 射影空間上での極限操作を用いた多項式最適化問題に対する最適性条件の導出,庵 智幸,大塚 敏之,2019年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会シンポジウム,2020年01月
  • Recursive elimination method for moving horizon estimation of discrete-time polynomial systems,Tomoyuki Iori,Seminars at University of Freiburg (IMTEK), Karlsruhe Institute of Technology (ISAS), and University of Stuttgart (IST),2019年12月
  • ホロノミック勾配法を用いた離散時間マルコフ過程の周辺分布最大化,庵 智幸,大塚 敏之,第62回自動制御連合講演会,2019年11月
  • 古式ゆかしい数値最適化手法と数式処理の融合,庵 智幸,大塚 敏之,真なるダイナミクスの追求によるシステム制御理論の躍進を目指すシンポジウム2019,2019年10月
  • A symbolic-numeric penalty function method for parametric polynomial optimizations via limit operation in a projective space,Tomoyuki Iori,Toshiyuki Ohtsuka,International Conference on Continuous Optimization,2019年08月05日
  • 離散時間多項式システムに対する終端状態固定の有限時間最適制御問題における逐次消去,庵 智幸,河野 佑,大塚 敏之,第59回自動制御連合講演会,2016年11月