JA

Profile

Research

Social

Other

TSUTA Kiyoyuki

蔦 清行

Center for Japanese Language and Culture, Associate Professor

keyword Japanese Linguistics,Japanese Literature,Japanese Philology

Education

  • 2003/04 - 2006/03, 京都大学大学院, 文学研究科
  • 1999/04 - 2002/03, 京都大学大学院, 文学研究科
  • 1995/04 - 1999/03, Kyoto University, Faculty of Letters

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Japanese linguistics
  • Humanities & social sciences, Japanese language education
  • Humanities & social sciences, Literature - Japanese

Professional Memberships

  • THE WAKAN COMPARATIVE LITERATURE ASSOCIATION JAPAN
  • MANYO SOCIETY
  • THE SOCIETY FOR RESEARCH IN KUNTEN LANGUAGE
  • SOCIETY FOR THE STUDY OF JAPANESE LANGUAGE AND CULTURE
  • THE INSTITUTE OF EASTERN CULTURE
  • THE SOCIETY FOR JAPANESE LINGUISTICS

Papers

  • 抄物研究から : 翻訳・注釈としての訓点資料と抄物 (小特集 訓点資料研究に期待すること), 蔦 清行, 訓点語と訓点資料 = Diacritical language and diacritical materials, 訓点語学会 ; 1954-, Vol. 146, p. 110-117, 2021/03
  • A Study on ZONZO : Reading Shomonos through the method of philology, No. 14, p. 192-172, 2020/03
  • 五山禅僧と医界 : 黄山谷の詩の抄物から, 蔦 清行,TSUTA Kiyoyuki, 日本語・日本文化研究, 大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻, No. 29, p. 33-43, 2019/12/01
  • 中世後期の漢故事と抄物, 蔦清行, 日本人と中国故事―変奏する知の世界 (アジア遊学223), 勉誠出版, No. 223, p. 182-195, 2018/09
  • 『毘沙門堂本古今集註』声点の文献学的検討, 蔦清行, 『中世古今和歌集注釈の世界:毘沙門堂本古今集注をひもとく』, 勉誠出版, p. 78-104, 2018/03
  • Su Shi and Huang Tingjian in Japanese Upper Class People in the Late Middle Ages, Tuta Kiyoyuki, Vol. 44, p. 1-30, 2017/03
  • Systems of Grammar in Japanese Pedagogy and TERAMURA Hideo's Theory : In the Case of Inflection, 蔦 清行, 日本語・日本文化研究 = Studies in Japanese language and culture, 大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻, No. 26, p. 16-27, 2016/12
  • Versions of Mogyu-Waka and their literary styles, TUTA Kiyoyuki, Japanese language and culture, Vol. 42, p. 1-30, 2016/03
  • 両足院所蔵『黄氏口義』の構成と成立について, 蔦 清行, 訓点語と訓点資料 = Diacritical language and diacritical materials, 訓点語学会 ; 1954-, Vol. 135, p. 19-40, 2015/09
  • 『蒙求和歌』片仮名本(第二類本)第二種本 本文, 阿尾 あすか,小山 順子,竹島 一希,蔦 清行,南谷 静香,濵中 祐子,森田 貴之,山中 延之, 京都大学國文學論叢, 京都大学大学院文学研究科国語学国文学研究室, No. 34, p. 39-114, 2015/09
  • 連体形結びの役割 : カとコソの場合 (木田章義教授退職記念特輯(第1)), 蔦 清行, 国語国文, 臨川書店, Vol. 84, No. 4, p. 214-240, 2015/04
  • 現代語の係り結び —何と愚かな!—, 蔦 清行, タイ国日本研究国際シンポジウム2014論文報告書, p. 121-135, 2015/03
  • 古活字版『帳中香』カナ抄集成, 山中 延之,蔦 清行, 京都大学國文學論叢, 「國文學論叢」編集部, No. 33, p. 15-54, 2015/03
  • 萬葉集巻四、五七一「行毛不去毛」の訓詁, 蔦 清行, 京都大学国文学論叢, No. 33, p. 1-13, 2015/03
  • 『蒙求和歌』第三類本 本文(3)哀傷部から雑部, 阿尾 あすか,小山 順子,竹島 一希,蔦 清行,中島 真理,濵中 祐子,森田 貴之,山中 延之, 京都大学國文學論叢, 「國文學論叢」編集部, No. 31, p. 49-87, 2014/03
  • The Love Letter in Love Letter, Tsuta Kiyoyuki, 日本語・日本文化, Osaka University Center for Japanese Language and Culture, No. 40, p. 1-22, 2013/03
  • 『蒙求和歌』第三類本 本文(2)恋部から述懐部まで, 阿尾 あすか,小山 順子,竹島 一希,蔦 清行,中島 真理,濵中 祐子,森田 貴之,山中 延之, 京都大学國文學論叢, 「國文學論叢」編集部, No. 29, p. 35-69, 2013/03
  • Word formation of Japanese conjunction, TSUTA Kiyoyuki, Japanese Studies Journal, No. 5, p. 1-14, 2012/04
  • Old Japanese particle mo/no/ha and te/ni/wo, Tsuta Kiyoyuki, 日本語・日本文化, 大阪外国語大学留学生日本語教育センター, No. 38, p. 19-34, 2012/03
  • 『蒙求和歌』第三類本 本文(1)四季部, 小山 順子,竹島 一希,蔦 清行, 京都大学國文學論叢, 「國文學論叢」編集部, Vol. 0, No. 27, p. 67-97, 2012/03
  • The function and development of the kakari-particle "Ka" in old Japanese, 蔦 清行, Studies in Japanese language and culture, 大阪大学日本語日本文化教育センター, No. 21, p. 1-17, 2011/09
  • 「恵美々恵末須毛」本文批判, 蔦 清行, 国語国文, 中央図書出版社, Vol. 79, No. 2, p. 1-15, 2010/02
  • 連用形とカ(下), 蔦 清行, 京都大学國文學論叢, 京都大学大学院文学研究科国語学国文学研究室, Vol. 21, p. 1-16, 2009/04
  • 連用形とカ(上), 蔦 清行, 京都大学國文學論叢, 京都大学大学院文学研究科国語学国文学研究室, Vol. 20, p. 31-46, 2009/02
  • カの接続, 蔦 清行, 萬葉語文研究, No. 4, p. 139-163, 2008/12
  • 係りのコソ, 蔦 清行, 国語国文, 中央図書出版社, Vol. 76, No. 4, p. 20-39, 2007/04
  • ミとミト, 蔦 清行, 国語国文, 中央図書出版社, Vol. 75, No. 10, p. 45-62, 2006/10
  • 終止のコソ, 蔦 清行, 国語国文, 中央図書出版社, Vol. 75, No. 5, p. 34-53, 2006/05
  • 形容詞とオモフ, 蔦 清行, 国語国文, 中央図書出版社, Vol. 74, No. 12, p. 36-53, 2005/12
  • 奈伎志曽母波由の訓詁, 蔦 清行, 京都大学國文學論叢, 京都大学大学院文学研究科国語学国文学研究室, Vol. 14, p. 1-16, 2005/09
  • ミの世界, 蔦 清行, 国語国文, 中央図書出版社, Vol. 73, No. 12, p. 10-29, 2004/12

Misc.

  • 2012〜2013年度 科学研究費補助金(若手研究(B)) 研究成果報告書「引用人名・書名より見る『黄氏口義』の学史・文化史的意義」, 蔦清行, 2014/03
  • A brief history of the research on "koso" and the izenkei (realis), Tsuta Kiyoyuki, Japanese language and culture, 大阪外国語大学留学生日本語教育センター, No. 37, p. 35-57, 2011/03
  • 教材としての蒙求和歌, 蔦 清行,ツタ キヨユキ,Tsuta Kiyoyuki, 大阪大学日本語日本文化教育センター授業研究, 大阪大学日本語日本文化教育センター, Vol. 7, p. 1-37, 2009/03/28

Publications

  • 日本人と中国故事―変奏する知の世界 (アジア遊学223), 森田貴之,小山順子,蔦清行, 勉誠出版, ISBN:9784585226895, 2018/09
  • 中級日本語で読める日本のことばと文化, 蔦 清行, Amazon Services International, Inc., 2016/06/14

Presentations

  • The Syntactic Distribution of Sentence-final Particle zo in Old Japanese, TSUTA Kiyoyuki, NINJAL-Oxford International Symposium on the Japanese Diachronic Corpora : Corpus-Based Studies on Japanese Historical Grammar, 2018/09/08
  • ゾンゾ攷, 蔦 清行, 第32回日本語日本文化教育研究会, 2018/06/30
  • Chinese Anecdotes in Môgyû-shô, TSUTA Kiyoyuki, 5th Japanese studies conferences, 2017/09/06
  • Chinese Anecdotes in the Sho_mono, TSUTA Kiyoyuki, EAJS2017 15th International Conference of the European Association for Japanese Studies, 2017/09/01
  • The Category of Love in "Môgyû-waka", TSUTA Kiyoyuki, The 11th International Symposium for Japanese Language Education and Japanese Studies, 2016/11/19
  • 寺村秀夫と『みんなの日本語』の文法用語:活用の場合, 蔦 清行, 日本語教育国際研究大会 BALI ICJLE2016, 2016/09/10
  • 『黄氏口義』そのものが語る『黄氏口義』の成書過程, 蔦 清行, 訓点語学会第112回研究発表会, 2015/05/10
  • 現代語の係り結び, 蔦 清行, The International Symposium on Japanese Studies in Thailand 2014, 2014/08/26
  • 上代における「ため」の下接語, 蔦 清行, 第66回萬葉学会全国大会, 2013/10/13
  • "Tate", "Yoko", and their oppositeness, 蔦 清行, The Ninth Symposium for Japanese Language Education and Japanese Studies, 2012/11/24
  • 訓点資料のミ語法と形容詞連用形, 蔦 清行, 訓点語学会第106回研究発表会, 2012/05/13
  • 接続詞のいま・むかし, 蔦 清行, チュラーロンコーン大学・大阪大学研究交流会, 2011/09/27
  • 両足院所蔵の黄山谷の抄物二種, 蔦 清行, 訓点語学会第102回研究発表会, 2010/05/23
  • 萬葉集四一〇六番歌校訂私案, 蔦 清行, 第8回日本語日本文化教育研究会, 2009/09/12
  • 疑問表現で用いられるゾ, 蔦 清行, 訓点語学会第98回研究発表会, 2008/05/25
  • 『万葉集』の係助詞の接続, 蔦 清行, 第24回萬葉語学文学研究会, 2007/06/23
  • 形容詞の接続法, 蔦 清行
  • 『毘沙門堂本古今集註』声点の文献学的検討, 蔦 清行
  • 訓点語学会抄物講習会, 蔦 清行

Committee Memberships

  • 日本語日本文化教育研究会, 運営委員, 2016/04 - Present